こんにちわ!小春です♪
いつも、当ブログの記事を読んで頂いてありがとうございます。当ブログでは、「リバウンドを制する者はダイエットを制す」を旗印に掲げるダイエットに関する記事を随時アップしています。
痩せたいのにリバウンドとダイエット
プロフィールでは、なぜ、当ブログを立ち上げるようになったのかをお話したいと思います。
リバウンドしないダイエット

優良ダイエットブログサイトとして紹介されました!

サイトコンテストにて、当ブログサイトが優良ダイエットブログサイトとして紹介されました。これは、当ブログサイトが、地道に役立つダイエット情報をコツコツと掲載して来た結果が実ってくれたのだと思います。
サイトコンテスト受賞

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは下記を参照して下さい。

特定商取引法に基づく表記『運営者情報』

項目 内容
責任者 八木 小春
住所 〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目 38-5
サイト名 スリム本舗!体脂肪率を落とすリバウンドしないダイエットで痩せたい
ビジネス名(店名) スリム本舗
ロゴ

リバウンドしないダイエット

URL https://answer-final.com/slimming-fungus-diet-7930.html
営業時間 24時間営業(0:00-24:00)
休業日 不定休
電話番号 042-561-0017
※お電話でのお問合わせは受け付けておりません。サービス向上のため運営の効率化を行っております。
職業 徹底的に筋トレ運動と栄養管理を行うことで、リバウンドしないダイエットを行うインストラクター
病院・医師、医療関連者 親族に医者や看護師、管理栄養士、薬剤師が多くいる家系であるため、美容や健康に関する最新の知識、情報を入手でき、記事の信頼性を高く保つことが可能となっています。

失敗談

まだ酵素ドリンクを知って間もない頃、置き換えダイエットや酵素断食(ファスティング)に使う酵素ドリンクは安くて人気なのを選べばいいか!と安易に考えて安物の酵素ドリンクを使ってファスティングを行いました。

準備期間・本断食・復食期間については、理解していたので酵素断食(ファスティング)のやり方については、特に問題なく行いファスティング後には、4キロ程度痩せました。

ですが、この後、安物の酵素ドリンクを安易に使った報いが訪れることになります。そう、ファスティング・ダイエットで痩せた後にリバウンドで太ったのです。

酵素断食(ファスティング)で、4キロ痩せたのですが、その後にリバウンドで5キロ太ったので、差し引き1キロのプラスです。更にリバウンドによって、太りやすくなっているので、ファスティング前より状況は悪化しています。

これは後から知ることになるのですが、本断食時に安物の添加物入りで加水された酵素ドリンクを使ったせいで、空腹感が大きく辛さが倍増していました。初めてだから比較が出来ず分からなかったのです。

このような安くて人気だからという理由だけで安易に酵素ドリンクを選ぶとひどい目に会います。安物買いの銭失いなだけでなく、健康を害し、太りやすく痩せにくい最悪の体質にもなってしまうので気をつけましょう。

ダイエットおすすめランキング

項目 美容 健康 Diet 効果のコメント

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶痩せ菌サプリ人気ランキング
  • 美容:腸内環境が改善されて美肌効果が得られる
  • 健康:腸内環境が改善されて免疫力アップ
  • ダイエット:腸内の痩せ菌が増え、デブ菌が減ることで食べても太らない痩せ体質になる

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶女性用HMB
  • 美容:女性用HMBサプリには美容成分が豊富に入っているので美容効果が高い
  • 健康:余計な脂肪が減るので生活習慣病予防になる
  • ダイエット:体脂肪が減り筋肉量が増えて引き締まった美ボディになる

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶フルーツ青汁
  • 美容:腸内環境が改善されて美肌をゲット
  • 健康:栄養豊富な青汁で体質改善
  • ダイエット:置き換えダイエットでカロリーOFF

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶酵素ドリンク
  • 美容:腸内環境が改善されて美肌をゲット
  • 健康:栄養豊富な酵素ドリンクで体質改善、ファスティングで免疫力アップ
  • ダイエット:置き換えダイエットやファスティングでカロリーOFF

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶ビフィズス菌
  • 美容:腸内環境が改善されて美肌をゲット
  • 健康:便秘が解消されて免疫力アップ
  • ダイエット:大腸に作用して便秘を解消し老廃物の排出により代謝アップ

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶生酵素
  • 美容:酵素のチカラで老廃物を排出して美肌効果
  • 健康:消化酵素と代謝酵素を助け毒素排出
  • ダイエット:代謝アップと便秘解消で痩せやすく


痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶ダイエット

  • 美容:健康的に痩せることでスタイルが良くなる
  • 健康:肥満やメタボは病気の大きな原因なのでダイエットで健康に近づく
  • ダイエット:痩せるためのサプリなので、ダイエットできなければ意味がない

バストアップおすすめランキング

項目 美容 健康 Diet 効果のコメント

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶バストアップ
  • 美容:バストアップにより、美ボディに磨きがかかる
  • 健康:非該当項目
  • ダイエット:バスト周りの余計な脂肪をバストに集めるので、余計な脂肪が減る


痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶バストアップ

  • 美容:バストアップして女性らしいふっくらスタイルに
  • 健康:プエラリア不使用だから生理こないなどの副作用が心配ない
  • ダイエット:女性ホルモンの活性化により太りやすい体質を改善


痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶ナイトブラ

  • 美容:バストアップにより、美ボディに磨きがかかる
  • 健康:非該当項目
  • ダイエット:バスト周りの余計な脂肪をバストに集めるので、余計な脂肪が減る

美肌対策おすすめランキング

項目 美容 健康 Diet 効果のコメント

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶フェイシャル
  • 美容:プロのテクニックと器具によって美肌と小顔効果
  • 健康:非該当項目
  • ダイエット:プロのテクニックと器具によって小顔効果


痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶飲む日焼け止め

  • 美容:肌老化の8割が紫外線なので日焼けを防げば美肌に繋がる
  • 健康:日焼けによる肌老化だけでなく、皮膚がんなどの予防にも繋がる
  • ダイエット:非該当項目


痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶ヒト幹細胞コスメ

  • 美容:幹細胞を活性化させ自己複製機能を促進して美肌になる
  • 健康:ヒト由来なので植物由来や動物由来に比べアレルギー症状が起きにくく効果も高い
  • ダイエット:非該当項目

健康対策おすすめランキング

項目 美容 健康 Diet 効果のコメント

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶乳酸菌
  • 美容:腸内環境が改善されて美肌になる
  • 健康:小腸に作用し免疫力アップ、アレルギー症状の改善
  • ダイエット:便秘が改善され、代謝アップ

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶酵素ドリンク
  • 美容:腸内環境が改善されて美肌をゲット
  • 健康:栄養豊富な酵素ドリンクで体質改善、ファスティングで免疫力アップ
  • ダイエット:置き換えダイエットやファスティングでカロリーOFF

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶生酵素
  • 美容:酵素のチカラで老廃物を排出して美肌効果
  • 健康:消化酵素と代謝酵素を助け毒素排出
  • ダイエット:代謝アップと便秘解消で痩せやすく

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶疲労回復
  • 美容:活性酸素の蓄積が肌や髪の老化に繋がる
  • 健康:疲労回復は病気や老化の予防に繋がる
  • ダイエット:スタミナアップにより運動効率が上がり消費カロリーアップ

痩せたいのにリバウンドとダイエット
▶エクオール
  • 美容:女性ホルモンを補い美肌と薄毛予防に繋がる
  • 健康:更年期症状の改善が期待できる
  • ダイエット:エストロゲンと似た働きをして痩せやすい状態を作る

太っていた頃のダイエット談

今は平均体重よりも少し軽いくらいをずっと維持していますが、過去には最大で15キロ程度太っていたことがあります。

過食症

なぜ、太っていたかと言うと、過食症になってしまい毎食ラーメンどんぶりでご飯を食べないと満足できないカラダになってしまったからです。

来る日も来る日もラーメンどんぶりでご飯を食べるので、一人暮らしなのに5合炊きの炊飯ジャーでは足りないくらいでした。

しかも、食べ過ぎのせいか、過食症で精神的にもおかしくなっているからなのか毎日やる気もおきず、大学にも行かずにゴロゴロしていました。

そりゃあ太るでしょ!大量に食べて、運動もせず、毎日のほとんどをベットの中でゴロゴロするだけの日々。。。太らない方がおかしいです。

ダイエット開始

そんな中、こんなことでは大学も留年してしまうというギリギリの状態に陥ってしまったこともあり、一念発起してダイエットを始めました。

この頃のダイエット知識なんて今の百分の一もありません。しかも、過食症が止まらないので食べることはやめられません。では、どうしたのか?

元々プロレスや格闘技が好きだったので、過食症になる前までは筋トレを良くやっていました。そんなこともあり、とにかく筋トレを再開しようと思いました。

大学生なので大学に行く以外は時間だけは有り余っていました。ですので、カラダが許す限り筋トレを毎日行いました。

筋トレ

毎日最低でも2時間の筋トレとストレッチを繰り返して、ひたすら汗を流しました。筋トレの内容としては、腕立て伏せ・腹筋運動・背筋運動・スクワットのみです。

最初は、自重のみでの筋トレを行っていましたが、そのうち自重では簡単にできるようになってしまった為、足や腰にマジックテープで巻く重りを買って、負荷を加えて行うようにしました。

2時間の筋トレを行っていると、まるでランニングハイのような状態になります。この状態に入ると筋トレが全くきつく感じなくなり、何時間でもできそうな感じになります。

そんな筋トレばかりを行う毎日を過ごしていると過食症も落ち着いてきて、普通の茶碗でご飯を食べるだけで満足できるようになりました。

減量成功

そして、半年ほど経った時には、15キロほどの減量に成功し、逆にもう少し体重を増やそうとして苦労したくらいになりました。

学生時代は、これ以降、特に太ることもなく体重を維持していたのですが、社会人になって運動をする機会もなくなり、食事も不規則になって、また太ってしまいました。

今度は、学生時代のように毎日2時間の筋トレを行うような時間的余裕もありません。では、どうしたのか?

色んなダイエット

色々なダイエット方法を試しまくりました。食事制限や痩せると噂の食べ物、食事の仕方やストレッチ、ツボ、断食、そして、有酸素運動や筋トレについても学んで試しました。

その結果、学生の頃のように毎日2時間の筋トレをしなくても、ダイエットに成功して体重を維持することができるようになりました。

そして、ダイエットにとって一番大切なのは、「リバウンドしない」ダイエット方法を地道に続けることだという結論に至りました。

今までのダイエット経験談を元にブログ記事として書き留めているのが、当ブログです。皆さんのダイエットの参考になれば嬉しいです。

なぜ痩せる必要があるのでしょうか?

そもそもダイエットしなくちゃいけないのは、なぜなんだろうって思いませんか?痩せる為には、リバウンドしない方法を行う事が大切なのは分かるのですが、そもそも、なぜ痩せる必要があるのでしょうか?

間違ったダイエット方法

基礎知識を身につけたアナタは、テレビや雑誌でみんなやってると言っている流行りの方法やすぐに痩せるだけでカラダを壊してしまうような間違った方法に出会っても、すぐには手を出さないでしょう。

ですが、テレビCMや雑誌広告などは実に巧妙にアナタを誘ってきます。誰でも短期間で簡単に痩せますよぉ~!なんていうのは、その典型で、とても魅力的に感じますよね。また、痩せるメカニズムは不明でも周りの友達がやっていたり、流行っていたりすると手を出してしまうかも知れません。

リバウンド女子リバウンド女子

流行ってたり、友達がやってたりする方法ってやりたくなっちゃうよね…


そんな間違った方法を実践すると、一時的な体重減少があっても、その後にリバウンドして、太る結果を招いてしまいます。もしくは、効果が全くなかったり、間違った方法を実践した為に太りやすくなってしまうなんて事もあるんです!!!

ですので、ダイエットを決意したアナタが間違った方法を選んで、頑張ったのに痩せないばかりか太っちゃった!なんて悲しい思いをしないように、間違った方法について一緒に考えて行きましょう。

間違ったダイエットについては理解されましたか?このような間違った方法を行ってしまうと、一時的に痩せる事が出来ても、その後にリバウンドして太るだけではなく、実践前よりも太りやすくなってしまう危険性があります。

間違った方法が危険なのは分かりましたね?次に行く前に、もうさっさと正しい方法について教えて欲しい人の為に、医者が推奨する脳をリセットして痩せる方法についてご紹介します。

この脳をリセットするやり方は、太りやすくなったアナタの体質を正常な状態に戻す事によって、痩せやすい体質に改善するものです。医者が推奨する信頼のおけるやり方です。

リバウンドしないダイエットを考える

ダイエットを成功させる為には、リバウンドしない方法を選択した上で、諦めずに継続する必要があります。言葉で言うのは簡単ですが、これを実践するのは、中々大変なのです。

このリバウンドしない方法と諦めずに続けるという大きな二つのポイントについて考えて行きます。これら二つを間違わずに実践に移せれば、綺麗なスタイルをゲットできると思いませんか?

リバウンドしない方法

せっかく頑張って痩せたのに、ちょっと経ったらリバウンドして太った女性が非常に多いという調査結果が出ています。これは、間違った方法を行った結果が招いたものです。

リバウンドには、ホメオスタシスが関連するとも言われます。ホメオスタシスは、カラダの内部や外部の環境が変化があっても、カラダの状態が一定に保たれるという性質や状態を言います。

口コミやレビューはホント?

数多くの女性が、痩せる方法などに悩んで、体重増減などにも敏感でもあり、細心の注意などを払い、自らの体重管理などを行っているかと思われます。増え続けてしまう体重には、大変神経を尖らせてもおり、どうにか抑えられないものだろうかと、かなり頭を抱えて悩んでいます。

何か良い解決策などは無いものだろうかと、テレビCMや雑誌広告、インターネットなどに掲載されている、あらゆる成功例などの口コミをチェックされていると思います。

さて、その口コミやレビュー内容などは本当に信じられるものなのか?ダイエット商品を売る為に、プレゼントなどを使って良い体験談を書かせたものではないのか?よぉ~く考える必要があります。

食事と運動で王道ダイエット

痩せる基本は、食事制限・改善と運動です。運動には、ジョギングなどの有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動が有ります。運動時の消費カロリーは有酸素運動の方が多いのです。

しかし、運動後に基礎代謝をアップして普段の生活の中での消費カロリーをアップするには、有酸素運動よりも無酸素運動の方が多いというのが有酸素運動と無酸素運動の違いです。口コミにおいても基礎代謝の大切さが多く見受けられます。

社会に出ると運動不足になり易く、メタボや糖尿病などになってしまう方が多いのです。仕事をしていると頭を使いますので、脳の唯一の栄養源である糖質が欲しくなってきます。

ですが、そんな時に砂糖が多く入ったお菓子などを食べていると当たり前ですが、太ります。そうどんどん太るのです。あまり太り過ぎてはメタボや糖尿病の危険性が高まりますので、砂糖不使用の甘いチョコを使って上手にそんな口さみしさ対策をすることが大切です。

また、ダイエットをしているとどうしても甘いものが食べたくなると思いますので、そんな時に砂糖不使用のチョコを使うと痩せる妨げになりません。

運動で消費カロリーをアップして、リバウンドしないカラダを作る

ダイエットにおいて、運動による消費カロリーをアップさせるのは、リバウンドしないカラダ作りには欠かせません。運動には、筋トレなどの無酸素運動とジョギングなどの有酸素運動があります。

無酸素運動

無酸素運動とは、その名の通り運動時に酸素のチカラを使って脂肪を燃焼させる効果が少なく、筋力をアップさせることで、基礎代謝のアップや筋肉量を増やして脂肪を燃焼させ易くすることによって、痩せる効果を得ます。

筋トレには、自宅で自重や簡単な器具を使ってできるものから、ジムに通ってバーベルやトレーニングマシンを使って行うものまで様々な種類が有ります。

リバウンドの原因には、代謝の低下が有りますので、筋トレをして代謝をアップすれば、リバウンドしない可能性が高くなります。

運動の中でも、筋トレのような無酸素運動は、リバウンドしないで痩せる結果を得られる数少ない痩せ方なのです。無酸素運動に限らず、運動は闇雲にやっても効果が薄いだけでなく、怪我の原因にもなるので注意が必要です。

摂取カロリーを減らす為に食事をせず、消費カロリーを増やす為に運動をひたすら行えば、痩せるという考え方は浅はかです。そのような考えは、太る原因にもなるので基礎から学び直す必要有りです。

筋トレ

代謝を上げる為に一番効果的なのが、筋トレです。筋トレを行う事によって、筋肉量がアップして代謝が上がり脂肪が燃焼し易くなり、引き締め効果によって綺麗なスタイルを作り上げる事が出来ます。

筋トレを行うと乳酸が溜まって動けなくなりますが、高強度の筋トレを行った後などには、深呼吸を意識的に行い、カラダに酸素を行きわたらせると良いと言われています。

運動の強度には、METs(メッツ)と呼ばれる単位が用いられており、安静時が1METsで、3METsであれば安静時の3倍のエネルギー消費があると考えるのものです。

筋トレには、様々な種類が有り、例えば「腕立て伏せ」一つを取ってる、負荷が異なる多くのやり方があります。

女性は特に筋トレを避ける傾向に有りますが、リバウンドしないダイエットをする為には、筋トレをする事が、何よりも大切だと言っても良いくらいなのです。

筋トレをすると通常は、アウターマッスルが鍛えられますので、代謝アップとアンチエイジングの効果が期待できます。

また、高強度の筋トレをすると血糖値やコレステロールを正常値に近づけ、糖尿病患者などがインシュリン(インスリン)が不要になった実例があります。血糖値が上がりやすいと感じている場合には、GI値の低い食品を選ぶようにすると良いです。

太った人に多い脂肪は、エネルギーを中性脂肪の形で蓄積する白色脂肪細胞と余分なエネルギーを熱に変え、燃焼すさせる褐色脂肪細胞に分かれます。

アウターマッスルに対し、体幹に主に存在するインナーマッスルを鍛えれば、筋肉が見た目に響かないので女性を中心に、インナーマッスルを鍛えるエクササイズが流行っています。

体脂肪率を下げるには、筋トレを行って内側と外側両方の筋肉を鍛える必要があります。筋トレによって時間はかかるが中性脂肪・内臓脂肪・皮下脂肪もだんだんと減って行くのです。

栄養面においては、筋トレをする前に炭水化物により糖質を摂取するのが良く、筋トレ後には、たんぱく質とビタミンを摂取するのが良いとされています。

筋トレをメインにダイエットを行う事で有名なのが、ライザップですが、多くの有名人をCMに起用するので毎回話題になっていますね!

ライザップに取り組んだ有名人には、ココリコ遠藤章造/森永卓郎/AKB48峯岸みなみ/生島ヒロシ/TKO木本武宏/ナインティナイン岡村/香取慎吾/赤井英和/キャイ~ン天野ひろゆき/葵ゆりか/スギちゃん/エドはるみ/松村邦弘などがいますね!

健康的にダイエットするには、筋トレがとても良いですが、その際には、体重や体脂肪だけでなく、基礎代謝や内臓脂肪、筋肉量のような体組成の状態をチェックするのが重要です。

筋トレをすると言っても、わざわざジムなどに行く必要も有りません。自宅で自分の都合の良い時間帯に、ちょっとの時間を作れば出来てしまいます。

ですので、今日からでも、リバウンドしないダイエットを成功させる為に筋トレを始めましょう。詳しい筋トレのやり方は、下記の特集記事を参照して下さい。

筋トレの効果が出ない?

痩せる為に筋トレをずっと頑張っているのに、全然筋肉量が増えなくて脂肪が減らないと悩む女性は少なくなりません。筋肉がつかない原因には、材料不足が考えられます。この材料不足を補うのがHMBです。

HMBに関連する栄養素には、BCAA・EAA・クレアチン・グルタミン・HMBca・アミノ酸・ペプチド・ロイシン・アルギニン・アスパラギン酸・トリプトファン・リジン・フェニルアラニン・セリン・ヒスチジン・メチオニン・スレオニン・プロリン・システイン・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンCなどがあります。

尚、日本でDHEAが含まれるものを食品として販売するのは違法なので注意する必要があります。オリンピックなどのドーピング検査でも引っかかるのがDHEAです。

筋トレ以外で代謝アップしたい

代謝をアップさせるには、筋トレで筋肉量をアップさせるのが最も良いのですが、筋肉量の少ない女性が筋トレをするのは中々困難を極めます。ですので、他に代謝アップの仕方はないのか?と思って見つけたのが岩盤浴です。

有酸素運動

有酸素運動とは、その名の通り、運動時に酸素のチカラを使って、脂肪を燃焼させることをメインにした運動です。有酸素運動では、20分の時間がポイントになります。

有酸素運動を開始して、20分までは血液中の脂肪が燃焼されます。そして、20分以降からは皮下脂肪や内臓脂肪が燃焼されます。このことから有酸素運動は20分以上継続実施した方が痩せる効果が高いと言われているのです。

有酸素運動の中には、ラテン系の音楽に合わせて行うダンスエクササイズであるZUMBA(ズンバ)のように脂肪燃焼効果の高いものも存在するんです。

有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いのですが、長時間行いすぎると脂肪がつき易くなって、リバウンドする可能性が高くなる危険性があるのです。

筋トレでも、長時間行えば同様にリバウンドの危険性が高くなるのですが、高負荷な筋トレを長時間行うのは現実的に難しいので、筋トレに関してはリバウンドに関して指摘していません。

また、有酸素運動を行う際には、心拍数を一定に保つのも大切です。体重が停滞期に陥って中々減らない時でも、地道に有酸素運動を続けると良いです。

ジョギング

有酸素運動と言えば、ジョギングくらい多くの人が行っている運動です。屋外をジョギングするだけであれば、全くお金はかからず、天候や排気ガスさえ気にしなければ、とても効果的に痩せる方法です。

天候や排気ガスが気になる場合には、ジムに行ってトレッドミルなどのランニングマシンを使うか、自宅にランニングマシンを購入してしまうかです。

ジョギングなどでランニングハイになってしまうと長時間続けてしまい脂肪がつき易くなり、リバウンドの原因になるので、30分程度に抑えることが、リバウンドしないコツと言えます。

屋外でも屋内でも、どちらでジョギングを行うかに関わらず、走り方を誤ると有酸素運動の効果が薄くなるだけでなく、脚が太くなる原因になるので、焦らず正しい走り方を学んでから始めましょう。

踏み台昇降運動

学生の頃に体力測定で誰しも行った経験のある踏み台昇降運動ですが、この運動も有酸素運動になります。しかも、手頃な台があれば、自宅でいつでも簡単に行うことができます。

運動を行うスペースも少なく、テレビを見ながらでも行える気軽な運動です。足腰を中心に筋力アップも行えるので、年齢を問わず推奨できる有酸素運動と言えるでしょう。

この踏み台昇降もテレビを見ながら、ダラダラとやってしまうと長時間行ってしまい脂肪がつき易くなり、リバウンドの原因になるので、30分程度を目安に行うと、リバウンドの危険性を減らせます。

食事を改善して、カラダの中から綺麗にダイエット

ダイエットにおいて、運動と並んで食事は痩せるか太るかの分かれ道と言って良い存在です。食事は、摂取カロリーと消費カロリーの内、摂取カロリーに着目した考え方と言えます。

食事は、基本的に1日3回行いますが、それぞれの食事について、どのような改善を行って行けば良いのかを考えて行きましょう。基礎代謝を考えない極端な食事制限などは論外です。

朝食

朝食の時間帯は、カラダが排泄のリズムになっています。ですので、この時間帯に胃腸に負担がかかるような食事をすることは望ましくないのです。では、どのような食事をすれば良いのでしょうか?

朝食で推奨されるのは、豆乳ヨーグルトです。豆乳ヨーグルトを摂取することで、筋肉の再生に必要なタンパク質(プロテイン)を摂取でき、乳酸菌のチカラで腸内環境(腸内フローラ)を改善し、便秘解消に役立ちます。

腸内フローラは、体調の善悪、若々しさ、便秘をスッキリ、お肌の調子などの美容にまで影響範囲はとても広いのです。

便秘解消には、食物繊維が有効であると言われていますが、この食物繊維1gで摂取するカロリーの値を
FI値(ファイバーインデックス値)と言います。

昼食

昼食の時間帯は、一日の中で最も消費カロリーが多い為に、この昼食時にメインのカロリーを摂取することが望ましいと考えられます。アナタの運動量に合わせて必要なカロリーを摂取しましょう。

ダイエットに重きを置いている場合でも、基礎代謝を下回るような極端な食事制限はリバウンドの危険性が高いので、太りたくない方は実施すべきではなのです。

昼食は、脂肪の多い肉や揚げ物は避けるとしても、お米を食べると血糖値が急上昇するので食べない人がいますが、これは、白米が玄米から栄養を削り取った糖質の塊で粕と呼ばれる存在だからです。

ですので、白米ではなく、発芽玄米を食べるようにすれば、GABAを始めとした多くの栄養素を摂取でき、血糖値の急上昇もしないので、脂肪が付きにくくなります。

但し、脂質も三大栄養素なので、良質な脂質で魚介類に多く含まれるDHAやEPAは積極的に摂取するべき脂質であると言えます。

三大栄養素は、PFC比をタンパク質(15):脂質(25):炭水化物(60)にすると理想的な食生活が送れると言われています。

夕食

夕食の後には、あまりカロリーを消費することがないままに寝てしまいますので、できるだけ早い時間に夕食を食べ、野菜中心の脂肪分が少ない食事にすることが推奨されます。

現在、注目されている食品にまいたけがありますが、この中にはMXフラクションという免疫力を高める効果やダイエット効果が期待できる成分が含まれています。

特に注意したいのが、お酒です。アルコールは、アナタのカラダにとって害である為に、アルコールと一緒に摂取した脂肪分よりも、アルコールが優先して分解されます。そして脂肪はそのままカラダに蓄積されます。

お酒を飲むことで太る原因は、ビールや日本酒などの糖質によるものもありますが、アルコールと一緒に摂取する脂肪分のせいでもあるのです。どうしても、お酒を飲みたい女性は、低脂肪の食事にすることをおすすめします。

酵素ダイエット

リバウンドしないダイエットを成功させる為には、筋トレを行う事が重要であることは分かるのですが、ストイックに筋トレをするのはちょっと苦手な女性も多いことでしょう。

そして、筋トレは効果が出るのに時間がかかるので、途中で諦めてしまったり、早く痩せたい女性は、筋トレだけで痩せるのは難しいかも知れません。

そんな女性にオススメ出来る方法として、酵素を使った方法があります。酵素を使う方法は、酵素ドリンクを使って、カラダの中に食物酵素を摂り入れる事で痩せ易い体質を作り上げます。

また、置き換えや酵素断食(ファスティング)は、酵素を使う方法を行う事によって、大きな効果を得る事が出来ます。

断食を行うとリバウンドしないか心配だ!と思うかも知れません。確かに、断食によって絶食状態になるとリバウンドの危険性が増します。

ですが、酵素ドリンクを使った上で、準備期間・本断食・復食期間を正しく過ごす事で、リバウンドしない断食を行う事が可能なのです。

酵素断食(ファスティング)は医者が推奨する方法なので、正しく行えばリバウンドしないで、体質を改善して健康でスリムなカラダを手に入れる事が出来ます。

他に比べて難解で簡単に取り組めない断食ですが、準備期間・本断食・復食期間を間違いなく手順に沿って過ごせば、痩せる太るを繰り返す間違ったやり方を行って来たアナタも、太る可能性が低くなります。

痩せるにはどうすれば良いのか?太るのはなぜなのか?そのメカニズムを良く理解できれば、間違った痩せるやり方を行って太るなど有り得ないのです。

酵素で痩せる方法は、単純に痩せる効果だけでなく、デトックス効果によってカラダの中から綺麗になり、健康とともに美肌が手に入ることも注目されるポイントです。

そんな酵素で痩せる方法を行うには、どうしたら良いのでしょうか?

ちょっと食べ過ぎてしまったら?

ダイエットをしていても、友達の付き合いとか、ホテルの食べ放題(バイキング・ビュッフェ)などでどうしても、食べ過ぎてしまう場合も有りますよね?

そんな風にちょっと食べ過ぎてしまった場合には、置き換えダイエットをすることでなかったことにしてしまいましょう。置き換えするなら、青汁が簡単で便利です。

青汁には、食物繊維や乳酸菌を中心に様々な栄養が含まれており、それだけでも、便秘改善による美肌効果やダイエット効果が期待できます。

この効果に加え、青汁を置き換えダイエットに使う事で、中年太りを解消しようというのが、おすすめの方法です。でも、青汁って色んな種類があってどれが良いか分かりませんよね?

そんなアナタに代わって、様々な角度からダイエットにピッタリな青汁をランキング形式で紹介するのが下記の特集記事です。

かなり食べ過ぎてしまったら?

ダイエットをしているのに、飲み会や忘年会、新年会、結婚式などなど断れないし、食べないわけにも行かない日々が続いてしまう場合も有りますよね?

そんな風にかなり食べ過ぎてしまった場合には、酵素断食(ファスティング)を行うことで、カラダの中からデトックスして、食べ過ぎた毎日をリセットしてしまいましょう。

酵素ドリンクは自分で作れる

生野菜や果物そして野草などから抽出した栄養素と酵素が、ギュッと凝縮されていつでも飲めるようにしたのが、酵素ドリンクです。この酵素ドリンクですが、自分で作ることも出来ます。

メリット

自分で酵素ドリンクを作れば、好きな果物で作ることも出来ますし、鮮度の高い材料で作れば新鮮な酵素ドリンクが出来て、酵素のチカラを最大限に活用することが出来ます。非加熱で作れるのもポイントが高いのです。

酵素ドリンクは、砂糖を使って作るイメージがありますが、砂糖なしでも作ることが可能です。砂糖なしで酵素ドリンクを作る方法は下記で特集されていますので、そちらを参照して下さい。

デメリット

酵素ドリンクを自分で作ることのデメリットとしては、下記のようなものが考えられます。

  • 鮮度の良い野菜や果物、野草などを手に入れるとなると高価です。
  • 多くの野菜や果物、野草などを使って作ることは自分では困難です。
  • 酵素ドリンクを作るには最低でも1週間は時間がかかります。
  • 簡単な作業でも酵素ドリンクを作るのに1週間の手間をかけるのは面倒とも言えます。
  • 置き換えダイエットや断食に使うには原材料の種類が大量に必要

上記のようなデメリットを考えると、商品化された酵素ドリンクを購入した方が、楽で便利かも知れません。酵素ドリンクのプロが作成したものを購入して使った方が良い方と思われる方は無理して自分で作る必要はありません。

酵素ドリンクは、置き換えダイエットや酵素断食(ファスティング)で使うのですが、多くの種類が有り過ぎてどれを選んだら良いか分からない人も多いでしょう。

酵素ドリンクを選ぶ際には、酵素数・成分・添加物・糖類・コスパなどを総合的に判断した上で、更に目的に合わせる必要があります。無添加で原液100%であるのは最低条件です。

数えきれないほど存在する酵素ドリンクの中から、これらの基準をクリアしたものを探し、更にそれを順位付けするのは困難を極めます。

太る手前のちょいぷよとは?

「ちょいぷよ」とはどのような状態を指す言葉なのでしょうか?「ちょいぷよ」という言葉は、「ちょい」と「ぷよ」に分けることができます。

まずは、「ちょい」から見て行きましょう。「ちょい」というのは「物事の程度や動きがわずかである」ことを言います。「ちょっと」や「少し」という意味で使います。

続いて、「ぷよ」を見て行きましょう。「ぷよ」というのは「肉がついてぷよぷよしている状態」のことを言います。「ぷよぷよ」しているさまから、「ぷよ」だけを取って使っていますね。

「ちょい」と「ぷよ」の意味が分かりました。この意味を合体させれば、「ちょいぷよ」の意味が判明しますね。では、「ちょいぷよ」の意味を見て行きましょう。

「ちょいぷよ」とは、「少し肉がついてぷよぷよしている状態」を指し示しています。普通体系よりも、少し脂肪がついているが、太る結果に陥っていないのを「ちょいぷよ」というわけですね。

そんな体型になったら、痩せる方法を追い求め、一日も早く痩せるのが正解です。太る何らかの原因によって太る結果に陥ったら、脂肪が硬くなる前に痩せる必要があるのです。

痩せるとは?

太る痩せると言いますが、そもそも痩せるというのは何なのでしょうか?そこに立ち返ってみます。この定義が曖昧なままでは、きっとどこかで意識違いが発生してしまうことでしょう。

痩せるというと、体重が減ることを最初に考える人はとても多いと思います。ですが、体重が減ることと痩せることはイコールではないのです。

例えば、体重が増えても、筋肉量が増え、体脂肪率が下がれば、それは痩せることができた事になります。ポイントは脂肪と筋肉の割合である体脂肪率が下がったかどうかです。

どんなに体重が減っても、体脂肪率が上がっていれば太る結果に終わってしまいます。痩せるというのは、体脂肪率が下がる事なので、体重の変化だけに一喜一憂しても仕方がありません。

ダイエットのはじめの一歩

痩せる方法には、食事制限と運動が大きな2本柱であると言えます。運動には、ウォーキングやジョギングのような有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動があります。

有酸素運動は、脂肪を燃やすことに特化しています。この運動は、20分という時間がポイントで、有酸素運動を開始して20分までの間は血液の中にある脂肪を燃焼させます。

有酸素運動を開始して20分以降は、皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させます。痩せる為には、20分以上の有酸素運動を継続することが重要ですが、健康の為には20分未満も重要なのです。

痩せる為に口コミで話題の酵素ドリンクはアナタのダイエットをサポートしてくれます。口コミには、多くの人たちの体験が盛り込まれて、アナタの判断に有益な情報が散りばめられています。

定期解約の方法

ダイエット関連の商品に限りませんが、定期購入の契約をすると様々なプレゼントがあったり、割引特典があったりとお得なのですが、定期契約が解約できるのか?トラブルなどないのか?その辺りが気になるかと思います。

定期契約の解約については、定期しばりというものがあり、最低1ヵ月とか3ヵ月という期間を契約する代わりに、割引特典やプレゼントを受けられるので、この定期しばり期間には気をつけなければなりません。

中には定期しばりがなかったり、返金保証がある商品もあります。また、初回だけ安くてその後が高い商品もあるので、この点も気をつける必要があります。

これを踏まえた上で定期契約を行い、定期購入を停止・解約したくなったら、専用の電話番号やメールアドレスに連絡をする事で、定期契約を解約する事が出来ます。

無理しないダイエット大全集

痩せたいと思ってダイエットを始めるんだけど、頑張り過ぎたり、痩せようとするのがストレスになって、逆に暴飲暴食に繋がったり、中々上手く行かないって思いませんか?だったら、最初っから無理しないダイエットをすれば良いんです!


無理しないダイエット大全集!
下記画像を今すぐタップ♪


無理しない
▶無理しないから続けられる!


美の追求が故に…『夏のケア』

暖かい季節になると表面化して来るのが、デリケートゾーン(VIO)の悩みです。デリケートゾーン(VIO)の悩みとして代表的なのが、黒ずみと臭いです。

美意識が高くダイエットを日々頑張っているアナタは、デリケートゾーン(VIO)の脱毛なども行い、美を追求している事と思います。脱毛をすると気になるのが、黒ずみです。

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみ対策

特に肌が白いアナタは、デリケートゾーン(VIO)の黒ずみが気になる事でしょう。肌の弱いデリケートゾーン(VIO)にとって、脱毛の刺激が黒ずみの原因にもなってしまっているのです。

また、年齢を重ねるとどうしてもメラニン色素の影響も有り、デリケートゾーン(VIO)の黒ずみが目立ってしまう原因にもなってしまいます。でも大丈夫!そんな時には、デリケートゾーン(VIO)専用の対策を行えばいいんです!下記の特集記事を参照して下さい。


デリケートゾーン(VIO)の黒ずみをスッキリ美白!
下記画像を今すぐタップ♪


リバウンドしない
▶VIOの黒ずみを美白?


デリケートゾーン(VIO)の臭い対策ソープ

続いて、デリケートゾーン(VIO)の臭いについてですが、場所が場所だけに自分では気づきにくい臭いであるが故に、自分のデリケートゾーン(VIO)が臭いんじゃないだろうか???と悩む女性はとても多いのが現状です。

そんなデリケートゾーン(VIO)の臭い対策としても、デリケートゾーン(VIO)専用の対策が必要です。これは大きく分けて2つ有り、洗い方と洗った後のケアです。デリケートゾーン(VIO)の洗い方で悩みを解消する!下記の特集記事を参照して下さい。


デリケートゾーン(VIO)洗い方で臭いをスッキリ解消!
下記画像を今すぐタップ♪


リバウンドしない
▶VIOの洗い方とは?


デリケートゾーン(VIO)の臭い対策ケア

続いて、綺麗に洗った後のケアについてです。せっかく綺麗に洗ったのにその後のケアを怠ると臭いの原因になる危険性があります。下記のケア方法を良く学んで対策を取りましょう♪


デリケートゾーン(VIO)のケア方法!
下記画像を今すぐタップ♪


リバウンドしない
▶VIOのケアとは?


女性も加齢臭に注意!

有酸素運動のように多くの汗を流すと、普段は気にならない加齢臭も気になるレベルに達します。カラダの中から老廃物を出すのは良いのですが、加齢臭が嫌で運動が出来ないようでは悪循環にハマります。

加齢臭から想像されるのは、おっさんのイメージですが、中年女性においても加齢臭は発生するので、気をつけなければなりません。本人が気づかなないところで、くさいと思われてるかも!

でも、そんな中年女性の加齢臭はどうやって防げば良いのか分かりませんよね?毎日お風呂にもちゃんと入っているから尚更です。その原因を知れば、解決の糸口になりますよね?


中年女性の加齢臭をスッキリ解消!
下記画像を今すぐタップ♪


リバウンドしない
▶加齢臭を解消するには?


頑張るを止める勇気

日本人は特に
『頑張る』
『努力』
が美徳と思う傾向にある
かくいう私も
スポーツ選手が
「楽しむ」
という言葉を使うようになって
何だか違和感を感じていた

ところが
「楽しむ」と言う人の結果が
なぜか良い
なぜか?
理屈ではわからなかった
だんだんと
違和感を感じた自分の方が
間違っているのかなと思うように
なってきた
ただそれでも
特に辛くなったりすると
「頑張らないと!」
と思う瞬間がある
 
私はやっぱり
楽しい人生を送りたいから
ここで改めて誓う
『頑張る』
を止めよう

気の小さい人ほど怒りっぽく、自分が弱いのを隠したがる。自分を強く見せたくて、他人を上から見下す。弱い犬ほど良く吠えるとはまさにこのこと!

サイトの方針

このサイトでは、サイト訪問者の皆さまがインターネットなどの通販で商品をご購入の際、少しでも安い価格や料金で入手できるように、楽天市場、Amazon(アマゾン)、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトを調べ、激安、格安、割安、最安値で購入できるかどうか、お試し、トライアルキット、トライアルセットなどがあるかどうか、ポイントは付くのか、値引きはあるのか、返金や返品保証はあるのか、送料は無料か、代引手数料は無料かなどの情報を紹介する予定です。公式サイト、ニュースサイト、情報サイト、ブログ、テレビコマーシャル(CM)、新聞、雑誌、チラシ、パンフレットなどを情報源に、口コミ(クチコミ)、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メリット、デメリットなども掲載していく予定です。ケースによっては、人気ランキング形式などで比較していきます。ヤフオクなどのオークション情報、在庫ありか、即納できるか、正規品かどうかについても調査し、掲載していきます。さらに、YOUTUBE(ユーチューブ)、ニコニコ動画、NAVERまとめ、アットコスメ(@cosme)、価格.comなどからの情報についても調べ、コンテンツにしていきます。

 できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。正確な表記をするよう心掛けていますが、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

特記事項

「リバウンドを制する者は、ダイエットを制す」という旗印を掲げ、せっかくダイエットして痩せたのに、また太ってしまった!という悲しいリバウンドの悲劇を繰り返さない為に、どのようにしてリバウンドしないで綺麗に痩せるかというダイエットの成功方法を、口コミも含めて情報収集し、評価・検証・考察することによって、作り上げて行くものです。

アナタの悩みが、太ってしまうことならば、リバウンドしないダイエット方法が必ず役に立つと考えられます。また、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。

この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行って頂きますようにお願い致します。

免責事項:本サイト中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。

本サイトの記事は、美容、健康、ダイエット関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。

また、特定の美容やダイエット、健康法のみを推奨したり、効果、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

景品表示法の考え方の周知・啓発

不当表示等の防止のため、景品表示法の考え方について、表示等に関係している役員及び従業員にその職務に応じた周知・啓発を行います。

法令遵守の方針等の明確化

不当表示等の防止のため、従業員への周知徹底と共に、誤認を与える恐れのある表記が分かった時点で、早急に修正対応する方針とします。

表示等に関する情報の確認

不当表示である、優良誤認、有利誤認、おとり広告、二重価格表示、等の恐れがないか。消費者庁、東京都生活文化局、消費生活部取引指導課より情報を確認しながら、表記を行います。

表示等に関する情報の共有

著しい有料制や効果を保証する表現、数値に関して、合理的根拠資料の有無を確認しながら表記を徹底します。

表示等を管理するための担当者

表示等管理担当者:小春
表示等管理担当者は自社の表示等に関して監視・監督権限を有します。表示等管理担当者は、景品表示法の研修を受けるなど、景品表示に関する一定の知識の習得に努めます。

表示等の根拠となる情報を事後的に確認するために必要な措置

必ず合理的根拠資料の保管に努めます。

不当な表示等が明らかになった場合における迅速かつ適切な対応について

(1)当該事案に係る事実関係を迅速かつ正確に確認します。
(2)前記(1)における事実確認に即して、不当表示等による一般商品者の誤認排除を迅速かつ適正に行います。
(3)再発防止に向けた措置を講じます。

引用・転載のルール

当サイトのいずれかの記事の一部または全部の複製は「引用・転載」です。「リライト」や「記事の模倣」も「引用・転載」と判断されます。「引用・転載」の中で、下記の「引用・転載のルール」のいずれかに違反するものは全て「無断転載」です。

リライトとは

リライトとは、同じ情報を別の文章に書き直すことです。 小規模なリライトでは、段落の順序を入れ替える・同じ意味を持つ別の言葉に置き換える(例えば、「食べ物⇒食品」など)・文体を変えるなどを行うだけですが、大規模なリライトでは全く別の文章へと生まれ変わります。

全く別の文章へと生まれ変わるようなリライトの場合も「引用・転載のルール」の対象範囲内です。

記事の模倣とは

記事の模倣とは、他サイトの運営者が当サイトの記事を読んだ後で当サイトの記事の出典にあたる研究論文を見つけ出して当サイトの記事を模倣した記事を書き、そうして書いた記事の出典として当サイトではなく当サイトの記事の元となった研究のURLを記載することです。

わかりやすく言えば、他サイトの運営者が自分のコンテンツのネタを探すのに当サイト「痩せたいなら体脂肪率を落とす方法で!リバウンドを制したダイエット」を利用するということです。

リライトとの違いは、出典を明記しているという点と、記事の模倣者によっては当サイトが出典とした研究論文にも実際に目を通していることがあるという点ですが、当サイトの記事が無ければ模倣されたコンテンツが存在し得なかったという点においては単なるコピーと同じです。

引用・転載のやり方

当サイトの記事を引用・転載する場合には必ず「rel=”nofollow”を使用していない」引用・転載元となる記事への有効なリンクを貼る必要があります。転載先が紙面の出版物である場合には、転載元にあたる記事のURLを出典として明記が必要です。

リンクの貼り方

リンクの貼り方は下記の通りです。

(<b>引用元</b>: <a href="/リンク先の記事のURL"> 痩せたいなら体脂肪率を落とす方法で! </a>)
(<b>情報提供</b>: <a href="/リンク先の記事のURL"> リンク先の記事タイトル </a>)
(<b>参考情報</b>: <a href="/リンク先の記事のURL"> 痩せたいなら体脂肪率を落とす方法で! </a>)

無断転載への対処

上記のルールを守らない「無断転載」は、DCMAという米国の法律に基づく申し立てにより「Google」と「Yahoo」の検索インデックスから削除が行われます。

このようにしてインデックスから削除されたページが存在するサイトは、検索エンジンによるサイト全体の評価が著しく落ちるます。私はDCMAでインデックス削除を行うことに精通しており、原型を留めていないようなリライトや「記事の模倣」などもインデックス削除に成功した実績があります。

なお、Facebookへの「無断転載」は、Facebookの運営者に連絡してコンテンツを削除して頂いています。

個人情報保護方針

当サイトは、ダイエットと美容に関する情報を医学的な情報ソースに基づいて分かりやすく説明するサイトです。

個人情報保護方針

当サイトは、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当サイトは、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

当サイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当サイトは、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客さまの同意がある場合
  • お客さまが希望されるサービスを行なうために当サイトが業務を委託する業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全対策

当サイトは、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当サイトは、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。

また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。

お問い合わせ

質問などある方は下記から、いつでもお気軽にどうぞ♪
※携帯メールアドレスを指定される方は、@answer-final.comを受信可能にして下さい。返信メールが届きませんので…。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

メッセージ本文


※お預かりした個人情報は、下記項目を除き第3者に譲渡・公開することはございません。

  • 裁判所、警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合
  • フィッシング詐欺目的等を狙った明らかな悪意を持った内容
  • 当管理者が独断で不適切、または不適切である疑いがあると判断した内容