本気で痩せたいなら、体重ではなく体脂肪率を落とす方法じゃないと意味がありません!体重にばかり目が行っているから、脂肪と一緒に筋肉まで落ちちゃって、リバウンドして太っちゃうんです。

えぇ?なんで?ダイエットして、せっかく痩せたのに、あっと言う間に体重が戻って太っちゃった・・・アナタにも、こんな経験ってないですか?リバウンドって体重が戻るだけじゃなく、脂肪が増えて太りやすくなるから怖いですよ!

あぅ、ご挨拶がまだですね・・・失礼しました!
それでは改めて、こんにちは!
当サイトを管理・運営しております
「小春」
と言います。
痩せたい
当サイトは、「リバウンドを制する者はダイエットを制す!」を旗印に掲げ、絶対リバウンドしない方法を追求し、中々痩せる事ができない世の中の多くの女性を救う為に存在しています。
痩せたい
痩せると太るを繰り返す、ダイエットリバウンドの悪循環にハマって抜け出せない・・・一時的には、痩せる効果がある方法でも、結果的に太ったのでは意味がないんです。

ダイエットを始める時って、とにかく食べなきゃいいんだ!って思って、サラダだけとか蒟蒻だけとか、極端な食事制限を行っていませんか?それって、初心者に有りがちな間違いなんです!

ダイエットを行って痩せてもリバウンドして太るアナタは、流行の方法に飛びついて体重が少し減ったかと思ったら元よりさらに増えた経験はないですか?そんなリバウンド地獄から抜け出し本気で痩せたいアナタだけに脱リバウンド法をお届けします。

こんな人におすすめ!

「リバウンドを制する者はダイエットを制す!」を旗印に掲げた当ブログは、ダイエットで上手く痩せられなくて、下記のような悩みを抱えた女性を対象にしています。どれか一つでもピンと来るものがあれば、このブログを読んで良かった!と思うはずですよ。

  • ダイエットして、一時的に痩せたけど、すぐリバウンドして太った
  • ダイエットとリバウンドを繰り返し、どんどんカッコ悪い体型になってしまった
  • 痩せなきゃいけないとは思っているけど、意志が弱くてダイエットを始められない
  • 食事制限が辛すぎて、ダイエットを途中で諦めて、更に太った
  • 食べるのが好きだから、食事を制限するとストレスが溜まり、暴飲暴食してしまった
  • モデル体型を目指してダイエットを始めたが、目標までの道のりが長すぎて挫折した
  • 運動をして消費カロリーを増やそうと思ったけど、運動がツラくて続かなかった
  • 極端な食事制限と激しい運動で、身体がボロボロになり、体調を崩してしまった
  • 筋トレでダイエットが流行っているから、筋トレしたら、ムキムキになった
  • 元々便秘気味だったのに、ダイエットをして便秘が酷くなった

読むとどう変わる?

ダイエットに失敗して来て、悩みのどれか(もくしは複数)と同じ経験・思いをして来たアナタが、このブログを読み進めることで、次に挙げるようなメリットが得られます。これでダイエットに失敗し続ける毎日から抜け出して、スリムなスタイルを手に入れられますよ!

  • ダイエット後にリバウンドしないので、スリムな体型を維持できるようになる
  • 初心者にありがちな始め方がわからない状態から抜け出し、ダイエットして痩せられる
  • ツライ食事制限をしなくても痩せられる方法がわかり、余分な脂肪が落とせる
  • 好きなものを食べても、ちゃんと痩せられるようになり、ダイエットのストレスがなくなる
  • モデル体型を目指すにはどうすれば良いかがわかり、モデルデビューの準備が整う
  • 短時間の運動でも、ダイエット効果がある方法が分かり、痩せやすい体質が作れる
  • 健康的にダイエットする方法が理解できて、肌ツヤの良い綺麗なスタイルが手に入る
  • 女性向けの筋トレで、ムキムキにならない引き締まったスリムボディが手に入る
  • 便秘で苦しむ毎日から解放されて、ぽっこりお腹の悩みがなくなり、お肌がツヤツヤに!

痩せて変わるとどうなる?

このブログを読んで実践することで、痩せやすい身体を手に入れて、ダイエットに成功し、スリムなスタイルになれるということが分かりました。では、ダイエットに成功して変身したアナタにはどのような未来が待っているのでしょうか?
痩せたい

  • 健康的でスリムな強い身体になり、健康診断や病気の恐怖から解放される
  • 憧れていたファッションをカッコよく着こなせて、注目を浴びるようになる
  • 書類選考で落ちていたモデルオーディションをクリアしてモデルへの道が開ける
  • 薄着や水着になっても恥ずかしくなく、友達や恋人とプールや海を楽しめる
  • 恋人や旦那さんとデートで出かけるのが楽しくなり、外出の機会が増える
  • 痩せて綺麗になるから、モテなかった頃がウソのようにモテるようになる
  • 同窓会や結婚式で久しぶりに会う男性に、綺麗になったと言われ恋が芽生える
  • 痩せただけじゃなく、お肌も綺麗になったね!と言われ人と会うのが楽しくなる

太ったままだとどうなる?

このブログが推奨するようなリバウンドしないダイエットを実践せず、太ったままのアナタには、どのような未来が待っているのでしょうか?
痩せたい

  • 体脂肪率がさらに増えて不健康になり、健康診断や病気の恐怖に怯える毎日を送る
  • 太ったカラダで着られる服など、ほとんどなくファッションに興味さえなくなる
  • 書類選考以前にモデルオーディションへの応募すら諦めてしまう
  • 薄着はもとより水着なんて恥ずかしすぎて、引きこもり友達も恋人の作れない
  • ブヨブヨで醜いスタイルなだけじゃなく、肌も汚く、同窓会や結婚式なんて出られない

体脂肪率を落とす方法

ダイエットというと体重にばかり目が行きがちですが、重要なのは体重よりも、体脂肪率を落とす方法かどうかという点です。なぜ、体重を落とすのではなく、体脂肪率を落とすようにしなければならないのでしょうか?

体重を落とすという場合には、脂肪だけでなく、筋肉も一緒に落ちた場合でも、体重が落ちているからOKと判断されてしまいます。体重と一緒に筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が落ちて、リバウンドの原因になるだけでなく、筋力不足と重力によって、肉が垂れ下がりカッコ悪い体型になります。

これに対し、体脂肪率を落とす方法で、ダイエットを行うと脂肪が少なく筋肉が多くなりますので、基礎代謝がアップしてリバウンドの危険性が少なくなり、バストアップ・ウエストのクビレ・ヒップアップなどの効果で、美しいスタイルになれます。では、体脂肪率を落とす方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

体脂肪を減らす

体脂肪率を落とす方法の一つ目は、体脂肪を減らすことです。体脂肪率は、体脂肪と筋肉の割合によって、増えたり減ったりしますから、体脂肪を減らすことが出来れば、筋肉が減らない限り、体脂肪率を落とすことができます。

体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪に分かれています。皮下脂肪は皮膚のすぐ下にあるつまめる脂肪で、内臓脂肪は腹筋と内臓の間につく触れない脂肪です。この体脂肪を減らす為には、どうすれば良いのでしょうか?

その答えとなるのが、有酸素運動です。有酸素運動を行うと20分までは血液中の糖質や筋肉中のグリコーゲンが使われ、その後、血液中の遊離脂肪酸が使われます。これら血中の糖質や脂肪が足りなくなる20分以降になると、内臓脂肪や皮下脂肪が使われます。

有酸素運動を続ければ続けるだけ体脂肪が使われるので、長時間やれば痩せる!と考えるかも知れませんが、長時間行うと脂肪が付きやすくなる諸刃の剣なので、注意が必要です。どの程度の時間が良いかというと、30分程度であればマイナスの影響が少なく良いバランスだと言えます。

でも、有酸素運動って、歩いたり、走ったりというような単純な運動で、面白くないので飽きてしまう!という場合には、遊び感覚で有酸素運動が出来るトランポリンがおすすめです!
トランポリンで体脂肪を減らす

筋肉量を増やす

体脂肪率を落とす方法の二つ目は、筋肉量を増やすことです。体脂肪率は、体脂肪と筋肉の割合によって、増えたり減ったりしますから、筋肉量を増やすことが出来れば、脂肪が増えない限り、体脂肪率を落とすことができます。

筋肉量を増やすには、筋トレを行いますが、ダイエットを行う女性の多くが、ムキムキになりたくない!と言って筋トレを敬遠します。これは、半分正解で、半分間違っています。なぜかと言うと・・・

筋トレには、大きく2種類あるからです。一つは、筋肥大を行って筋肉がムキムキになる方法で、もう一つが筋密度を上げて身体を引き締める方法です。女性がダイエットで筋トレを行う場合には、後者の筋密度を上げる方法を行うのが一般的です。

筋トレで筋肥大を行う場合には、筋トレ種目を実施した際に10回程度がギリギリ上がる負荷で行います。これに対し、筋密度を上げる場合には、30回程度がギリギリ上がる負荷で行います。

このように女性が筋トレで筋肉を鍛える場合には、ムキムキにならないような筋トレ方法を選んだ上で、筋肉がつきにくい女性に必要な栄養素を補給する必要があります。
栄養不足だと筋肉量が増えない

摂取カロリーを減らす

体脂肪率を落とす方法の三つ目は、摂取カロリーを減らすことです。ダイエットにおいて、痩せるか太るかに大きく関係して来るのが、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

摂取カロリーより消費カロリーが多ければ痩せてスリムになり、摂取カロリーの方が多ければ太ってブタになります。消費カロリーを増やすには、既に説明した筋トレや有酸素運動が有効です。

では、摂取カロリーを減らすには、どうすれば良いのでしょうか?カロリーの摂取は、食べ物や飲み物などの食事によって行われます。ですので、食事のカロリーを見直せば、摂取カロリーを減らすことが出来ます。

ここで気をつけなければならないのは、摂取カロリーを減らす為に、食事を食べずに栄養不足になるという極端な食事制限です。このような間違ったカロリー制限はリバウンドの危険性を増大させます。

ダイエットにおいて、摂取カロリーを減らす際には、必要な栄養素を確保した上で、摂取カロリーを減らすという高度なことを行わないとリバウンドしてダイエットの意味がなくなります。まずは、手始めにプチ断食から始めてみましょう。
週末プチ断食で体脂肪率を落とす

なぜリバウンドするのか?

ダイエットを頑張って、やっと痩せたと思ったら、あっという間にリバウンドして太っちゃった!こんな経験を多くの女性がしていますが、なぜ、リバウンドするのか?ここが気になりますよね!

ダイエット後のリバウンドの原因は、何らかの原因で、摂取カロリーが消費カロリーを上回ったからです。ダイエットで痩せるには、消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。

ダイエットで痩せたのならば、その時点において消費カロリーが摂取カロリーを上回っていたのですが、ダイエットを止めた後にこの関係が逆転したのでリバウンドにより太ったというわけです。

消費カロリー

ダイエットで痩せる為にも、リバウンドしない為にも、消費カロリーを増やす必要があります。では、消費カロリーを増やす為には、どのような方法があるのでしょうか?
痩せたい

運動

消費カロリーを増やす為には、運動が考えられます。この運動には、筋トレや有酸素運動のようなダイエットの為にわざわざ時間を作ってする運動から、日常生活をやりながら行う運動まで様々なものがあります。
運動効果を最大化するには?

代謝

次に消費カロリーを増やす為に考えられるのが、代謝です。これは運動にも関係するのですが、体質改善を行って代謝アップすると消費カロリーを増やせます。

代謝には大きく3つあり、それぞれのカロリー消費は、基礎代謝で60%・生活活動代謝で30%・食事誘導性代謝で10%となっています。どれもダイエットには欠かせないカロリー消費です。
代謝アップを最大化するには?

摂取カロリー

ダイエットで痩せる為にも、リバウンドしない為にも、摂取カロリーを減らす必要があります。では、摂取カロリーを減らす為には、どのような方法があるのでしょうか?
痩せたい

食事改善

摂取カロリーを減らす為には、食事改善が考えられます。脂肪の多い肉や揚げ物などを控えて摂取カロリーを減らすもので、サラダと野菜ジュースだけのような極端な食事制限とは異なります。

摂取カロリーは単に減らせば良いというものではなく、消費カロリーで取り上げた代謝と深い関係があります。摂取カロリーを極端に減らすと代謝が落ちて、リバウンドの原因になるのでバランスが大切です。
デブ女の食生活!
その食べ物が太る食べ物かどうかは、単純なカロリーだけでは判断することが出来ません。どのような成分が入っているのか?それを食べることによって、身体にどのような影響があるのかを考えなければならないのです。
気づかなかった太る食べ物
カロリーを気にしている女性でさえ、見逃しがちなのが太る飲み物です。カロリーゼロでも、人工甘味料などの添加物で太りやすいだけでなく、喉が渇けば大量に飲めてしまうのも危険なのです。
見逃していた太る飲み物
食事を改善するのがダイエットに良いのは分かるのだけれど、今まで長年にわたって続けて来た食生活を変えるのは、そんな簡単な話ではありません。であれば、まずは青汁で野菜のビタミンと食物繊維を摂取することから始めてみてはどうだろうか?
青汁はもう不味くない!

カロリーを減らす

摂取カロリーを減らす際に、普段の食事をカロリーが少なく栄養が豊富な食品に置き換えるダイエット方法です。置き換えダイエット用の食品には多くの種類があります。

置き換えダイエットに使う食品で気をつけなければならないのが、添加物です。置き換えダイエットの上位版である断食(ファスティング)では、摂取カロリーを抑えるだけでなく、毒素排出(デトックス)が行われます。

毒素排出(デトックス)によって、身体から排出する毒素は、食品添加物や農薬・薬・トランス脂肪酸などの身体に溜まった脂溶性毒です。これから毒を出そうというのに添加物という毒が入っていては意味がありません。
置き換えダイエットには何を使うのがベストか!

リバウンドしない為には

なぜリバウンドするのかが分かったので、何らかのきっかけでダイエットを始めるアナタが、どのようにすればリバウンドしないダイエットが行えるかを考えて行きます。
ダイエット方法で正しいのは?

基礎知識

ダイエットの始めるにあたって、最低限の基礎知識がないと何が正解なのか判断が出来ません。何事も基礎が一番大切です。いきなり応用問題に挑戦しても解けるわけがないのです。
リバウンドしない
yahoo知恵袋教えてgooなどのダイエット関連の質問を見ていても最低限の知識がない為に、どこから説明して良いのか困ってしまうような質問者が多くいます。

ですので、まずは、自分で考え判断できるように基礎知識を身につけて、それから実践に移せば良いのです。そう、何事も基礎が大切で、いきなり応用に取り組んでもリバウンドして太る原因になります。
ダイエットの始め方

間違った方法

基礎知識を身につけたアナタは、テレビや雑誌でみんなやってると言っている流行りの方法やすぐに痩せるだけでリバウンドによって太るような間違った方法に出会っても、すぐには手を出さないでしょう。

ですが、テレビCMや雑誌広告などは実に巧妙にアナタを誘ってきます。誰でも短期間で簡単に痩せますよぉ~!なんていうのは、その典型で、とても魅力的に感じますよね?また、痩せるメカニズムは不明でも周りの友達がやっていたり、流行っていたりすると手を出す危険性があります。

ですので、ダイエットを決意したアナタが間違った方法を選んで、頑張ったのに痩せないばかりか太っちゃった!なんて悲しい思いをしないように、間違ったやり方を選んではダメです。
そのやり方間違っていますよ!

体重

ダイエットをする際に目標を掲げるのは、とっても大切なことです。ですが、目標体重はあくまで目安でしかありません。ダイエットにおいて、痩せるというのは体重を減らすということではありません。

糖尿病の対策として行われる糖質制限ダイエットが、短期間で痩せるので人気になって流行りましたが、このようなダイエット方法を行って、一時的に体重が落ちたからと言って、喜んでいると・・・あっという間にリバウンドして痛い目に会いますよ!
目標体重をモデルに設定すると?

体脂肪

ダイエットで痩せるというのは、体脂肪率を下げるということです。であれば、体脂肪率はモデルのように低ければ良いのでしょうか?モデルを目指す女性ならともかく、一般の女性がモデルの体脂肪率を目標にするのは危険を伴います。

ダイエット成功を目指して、本気で痩せたいって思うなら、筋トレを中心にしたダイエット方法で、体脂肪率を下げるのは正しいです。ですが、体脂肪率も下げ過ぎると健康的に生きて行くことが難しくなります。何事も、やり過ぎはダメですよ!
女性モデルの体脂肪率は危険?
モデルのようなスタイルを目指すのは良いですが、多くの人たちに注目され、カメラの前に立ち続けるモデルは美を追求し続けなければなりません。その為には、細かなところまで気を抜くことが出来ませんよ!
美の追求が故に・・・

ウワサの真相!ホントか?ウソか?

数多くの女性が、痩せる方法などに悩んで、体重増減などにも敏感でもあり、細心の注意などを払い、自らの体重管理などを行っているかと思われます。

増え続けてしまう体重には、大変神経を尖らせてもおり、どうにか抑えられないものだろうかと、かなり頭を抱えて悩んでいます。

何か良い解決策などは無いものだろうかと、テレビCMや雑誌広告、インターネットなどに掲載されている、あらゆる成功例などの口コミをチェックされていると思います。

さて、その口コミやレビュー内容などは本当に信じられるものなのか?ダイエット商品を売る為に、プレゼントなどを使って良い体験談を書かせたものではないのか?よぉ~く考える必要があります。

諦めない為には?

間違ったやり方を選ぶ原因を学んだアナタは、安易なダイエット方法に引っかからず、正しいダイエット方法を選べるようになっていると思います。

次に問題なのが、リバウンドしない正しいダイエット方法を選んでも、それを継続できなければ意味がないという事です。途中で諦めずに、最後までやり遂げられるかが重要です。
ダイエットでモチベーションを維持するには?
モチベーションが維持できずに、ダイエットを途中で諦めてしまう原因の一つに、ストイックなダイエットがあります。頑張り過ぎず、無理しないダイエットのやり方であれば意外と続けられるものですよ!
無理しないダイエット!

なぜ太ったのか?

ダイエットの方法を考える前に、そもそもアナタはなぜ太ったのか?ここを整理する必要があります。なぜならば、太った原因が分からなければ、ダイエットを行っても、太る原因が解消されなければ、効果が薄いからです。

ダイエットCMや雑誌広告の影響から、体重が増えると太ったと言い、体重が減ると痩せたというのが常識のようになっていますが、太ったか痩せたかと言うのは、体重ではなく体脂肪率の増減が関係するのです。

ここを間違うと、太ったのか痩せたのかも判断できません。また、体重にばかり気を取られると極端な食事制限を行いがちでリバウンドの原因にもなります。これを踏まえて、太る原因を考えます。
なぜ太るのかわからない!

女性特有の太る原因

太る原因の中でも、ぽっこりお腹やプヨプヨの太もも・二の腕などに悩まされる中年太り女性は、若い頃と違った視点でダイエットを行わないといつまで経っても痩せられないリバウンド地獄にハマります。

中年女性が太ったのはなぜか?痩せないのはなぜなのか?中年という年齢になると女性は、糖化・酸化・女性ホルモンの低下という3つの老化原因によって中年太りが加速されて行きます。この老化を防ぎ中年太りを解消する方法とは?
ぽっこりお腹をスッキリさせるには?

ダイエットのやり方

ダイエットの基礎知識を学び、間違ったやり方を選ぶ原因を知り、太る原因まで知ったアナタは、正しいダイエット方法を選ぶ判断力を手に入れたと言って良いですね!

では、リバウンドしないダイエットの方法について考えて行きます。リバウンドしない為には、摂取カロリーより消費カロリーが多い状態を維持する必要があると学びましたね。それを踏まえて考えて行きます。
ダイエットの様々なやり方!

運動

リバウンドしないダイエット方法の消費カロリーを考える上で運動は欠かせません。運動には、筋トレと有酸素運動(生活習慣におけるものを含む)があります。

有酸素運動は、脂肪を燃焼させる目的で行われ、開始20分までは血液中の脂肪が燃焼され、20分以降からは内臓脂肪と皮下脂肪が燃焼される特徴があります。

有酸素運動は、続ければ続けるほど脂肪が燃焼されますが、それと同時に脂肪がつきやすい体質になる諸刃の剣でもあります。ですので、30分程度を目安に行うのがベストだと考えられます。

これに対し筋トレは、筋肉量を増やす目的で行われ、即効性はないが筋肉による引き締め効果や、代謝アップによる消費カロリーアップでダイエットが行えます。

筋肉が増えない

筋トレを頑張っているのに全然引き締まらない!これって本当に筋肉増えてるの?って疑問に思う女性は、努力が無駄になっているかも知れません。

男性に比べて女性は筋肉がつき難く、特に中年女性になると中年太りで脂肪が硬くなり、更に筋肉がつきにくくなっています。じゃあ、どうすればいいのか?
筋トレダイエットで女性が筋肉を増やすには?

気になる部位を部分痩せするには?

ダイエットにおいて部分痩せは出来ない!という意見もあります。これは、脂肪が付く順番と落ちる順番が部位によって決まっているからです。
リバウンドしないダイエット
ですが、気になる部位について、集中的に筋トレを行えば引き締め効果が得られたり、筋肉が増える事で周辺の脂肪が燃えやすくなるので、部分痩せが出来るとも言えます。
気になる部位をスッキリさせるには?

食事

リバウンドしないダイエット方法の摂取カロリーは、食事(飲食)によって決まります。太る原因になるような食べ物や飲み物ばかりを摂取すれば、当然ですが太ります。

だからと言って、摂取カロリーを気にするがあまり極端な食事制限や、カロリーの高い脂質を全てカットすると脂肪が燃えずに太る原因になります。この摂取カロリーに着目したものに、酵素ドリンク・青汁・乳酸菌(デブ菌/ヤセ菌/短鎖脂肪酸)・漢方薬・葛の花由来イソフラボン・機能性食品などがあります。
乳酸菌ダイエットで人気なのは?
これらを踏まえると、必要な栄養素やカロリーそれから良質な脂質を摂取した上で、置き換えダイエットでカロリーコントロールを行い、定期的に断食(ファスティング)を行って、毒素排出(デトックス)を行う必要があります。

低カロリーで高栄養

食事を酵素ドリンクなどに置き換えるダイエット方法は、医者が推奨するものであり、正しい知識を持って手順を間違わなければリバウンドしないダイエットを行う事が出来ます。
リバウンドしない
酵素ドリンクには、野菜や果物などから抽出された栄養素と酵素がギュッと凝縮されています。この酵素のチカラを使えば、リバウンドの危険性が低く、綺麗に痩せるダイエットが可能なのです。

なぁ~んだ、酵素ドリンクなら使った事あるけど、ダメだったよ!という女性も多いかと思います。ですが、ここで重要なポイントがあります。

酵素ドリンクを使った置き換えダイエットや酵素断食(ファスティング)を行う場合には、無添加原液100%の酵素ドリンクでなければ、効果が薄く、一時的に痩せてもリバウンドによって太ってしまうのです。

置き換えやファスティングで使う酵素ドリンクに添加物が入っていたら、どうなるのか?私たちの身体に存在する体内酵素は添加物によっても破壊されます。また、添加物を排出する為にも酵素は消費されます。

ですので、添加物が入った酵素液を飲むと、体内酵素が破壊されて、消費もされるので、飲み意味が全くないのです。ですから、無添加に拘る必要があるんですね!

また、そもそも論として酵素は発酵しているので、水やシロップなどで薄めなければ腐りません。不必要な加水や添加物が入っていなければ保存料も必要がないのです。見た目を良くするだけの着色料や香料などは論外です。

選ぶ際に多くの基準があり、多くの知識が必要な酵素ドリンクですが、色んな種類があるので、どれを選んだら良いのか分からず悩んでいませんか?数えきれないほどの酵素ドリンクを長い時間をかけて調査研究を行い、自信を持っておすすめ出来るものを選び抜きました。

酵素ドリンクを選ぶ際には、酵素数・成分・添加物・糖類・コスパなどを総合的に判断した上で、更に目的に合わせる必要があります。無添加で原液100%であるのは最低条件です。

具体的には、テレビCMも放送されているエリカ健康道場(断食道場)の優光泉や無添加・原液100%に加え発酵時に糖類を使わない天然熟成野草酵素などが使用に適しています。

数えきれないほど存在する酵素ドリンクの中から、これらの基準をクリアしたものを探し、更にそれを順位付けするのは困難を極めます。ですので、アナタに代わってランキング化した下記の記事を参考にして下さい!
酵素ドリンクの選び方を間違えると太る!