体重と見た目

体重と見た目は必ずしも一致しない!周りの友達とかから「痩せた?」って聞かれるんだけど、体重は全然減らない!だから、何キロ?って聞かれると、恥ずかしいからちょっと軽めに答えちゃう!
体重が見た目より重い
でも、これって健康診断とかで、体重を計られるとバレちゃうんだよね。しかも、なぜか、こういう情報って知らぬ間に、広がったりする…でも、なんで見た目が痩せたのに、体重は減らないの?

先生

見た目は痩せた!と喜んでいるのも束の間、体重が減らない事実に戸惑うアナタ…その真相は?

見た目と体重

見た目と体重は、大ざっぱには関係しますが、重要なのは体脂肪率であり、筋肉量なので体重が重くてもスマートな人は大勢いますよね?見た目と体重は必ずしも一致しないということです。

見た目の割に体重が重い

見た目の割に体重が重いのは、体脂肪率が低く筋肉量が多いからです。筋肉は脂肪より比重が重いので、たとえば1キロの脂肪と筋肉なら、脂肪の方が量は多いのです。だから、筋肉が多いと引き締まって見た目が痩せて見えるが、筋肉は重いので体重が重くなります。

体重が気になるなら筋肉量を増やして見た目を細くするだけでなく、腸内フローラを改善して体重を減らすことを取り入れると良いでしょう。筋トレと腸内環境を整えるダイエットなら体重も減ります。

下記画像を今すぐタップ♪
ダイエット
▶腸内フローラ改善

筋トレで体重が減らないのは?

見た目が痩せたのに、なぜか体重が減らない!これってなんで?って思いますよね!これは、テレビCMや番組それから雑誌広告なんかの影響も大きいのですが、「痩せたイコール体重が減った」となっているからなんですね。
見た目が痩せたのに体重が減らない
体重が減るか減らないかというのは、痩せたか太ったかの目安にはなります。ですが、イコールではないのです。ここを間違うから、見た目が痩せたのに体重が減らない!と悩む結果に陥ります。でも、なんで体重が減らないの?

理由1:筋肉量

見た目が痩せたのに、体重が減らない理由の一つ目は、筋肉量です。見た目が痩せた状態で、体重が減らないか、増えた場合には、筋肉量が増えたからだと考えられます。

筋肉と脂肪の重さを比べた場合、体積当たりの重さが重いのは、筋肉です。ですので、同じ1キロでも、筋肉の方が体積が少ないので、見た目的には痩せたとなります。

例えば、同じ体重50キロの女性でも、筋肉質な人と脂肪が多い人では、見た目が全く異なります。筋肉質な人は、引き締まって、見た目は痩せたイメージですが、脂肪が多い人の見た目は太ったイメージです。

体重は減らないかも知れませんが、筋肉量が増えれば見た目は痩せた印象になり、引き締まってカッコ良いので、体重は気にする必要がないのです。何キロって聞かれたら、筋肉は重いんだよ!って教えてあげると良いですね!

筋肉量は短期間で増えるわけではないので、地道な努力が必要です。女性が筋肉を増やす場合には、筋肥大ではなく筋密度を上げる方法を選択することでムキムキにならずに見た目が痩せたスタイルを作り出せます♪
短期間で激やせするダイエット

筋肉量を増やす

見た目が痩せた状態ならば、体重が減らないのは気にする必要がないのが理解できたかと思います。では、筋肉量を増やすにはどうすれば良いのか?

まず必要なのは、筋トレです。筋トレをすれば、筋肉量が増えるのですが、中年女性のほとんどが筋トレをやっても、筋肉量が増えない悩みを抱えています。これは、なぜなのか?
中年太り女性のダイエット
女性は男性に比べて筋肉がつきにくいのに加え、年齢を重ねた中年女性になると更に筋肉がつきにくくなります。じゃあ、筋トレやっても無駄なのか?というと、そうではありません。

じゃあ、どうすれば良いのか?筋トレを頑張った上で、筋肉作りに不足している栄養素を補る必要があります。筋肉に必要なタンパク質は摂取していても、それだけでは十分でないのです。その詳細は下記参照!

筋肉がつかない対策!
下記画像を今すぐタップ♪


見た目が痩せた!でも体重が減らない
▶筋肉がつかない原因とは?

理由2:タイミング

見た目が痩せたのに、体重が減らない理由の二つ目は、タイミングです。この場合は、体重が減らないと思い込んでいるだけとも言えます。

見た目が痩せた状態であるにも関わらず、体重が減らないのであれば、それは、体重を計るタイミングの問題である場合が多いのです。

たとえば、水を大量に飲んだ状態で体重を計れば、体重が増えます。当たり前ですね!ですが、体重ばかりに気を取られていると、この当たり前に気づかないのです。

水だけでなく、食べ物でも同じですね。何かを食べれば、その分だけ体重は増えます。ですので、見た目が痩せた状態で、体重を計るタイミングを間違えれば、体重が減らないか増える可能性があります。
体重が減らない理由

レコーディング

体重を毎日記録するレコーディングという方法があります。このレコーディングをすると、自分の体重を意識するので、食べ過ぎを防止するなどの効果があります。

ですが、このレコーディングをするタイミングを間違えると見た目が痩せたのに体重が減らないとか、逆に増えたという困った状態に陥る危険性があります。レコーディングの詳細は下記参照!

計測タイミング!
下記画像を今すぐタップ♪


見た目が痩せたのに体重が減らない
▶レコーディングのやり方とは?

理由3:むくみ

見た目が痩せたのに、体重が減らない理由の三つ目は、むくみです。このむくみが良く分かるのが、顔です。他の部位と違って、小さな変化が分かりやすいからですね。

顔がパンパンにむくむと、体重が変わったわけでもないのに、見た目が太った印象になりますよね?これとは逆に、むくみが解消されれば、体重が変わらなくても、見た目が痩せた印象になります。

そうそう、むくみって本当にイヤで、悩んでいる女性も非常に多いのです。じゃあ、どうすれば、むくみを解消できるのか?その対策を考えて行きます。
見た目重視のダイエット

むくみ対策

体重が変わらなくても、むくみがあると太って見えるから、むくみを解消するだけで、見た目が痩せた印象になります。これって重要ですよね!じゃあ、どうやって、むくみ対策をすれば良いのか?

  • 特に寝る前に水分や塩分を摂り過ぎない
  • 塩分を排出するカリウムを含む食品を摂取する
  • ゆっくりと温めの湯に浸かり、水分を排出する
  • 筋トレや有酸素運動で、代謝を高め、余分な水分を排出する
  • 漢方薬を飲んで、生薬のチカラで余計な水分を排出する

水分の摂り過ぎや水分の排出に促すようにするのは気をつけるとして、運動ってどんなのをすれば良いのか?って思いますよね!まず、やり始めるならスクワットがオススメです。

スクワットは、筋トレと有酸素運動の両方をバランス良く行えるので、両方の良いとこどりが出来ます。更に、脚の筋肉は大きいので効果がすぐに出て、実感が得られやすいのもポイントです。

スクワット以外であれば、体幹(インナーマッスル)を鍛えるプランクもおすすめです。肘をついた腕立て伏せの状態で動かない状態をキープするだけですが、見た目以上にキツイですよ!
プランクで痩せる

食事や運動だけでは、中々解消されないのが頑固なむくみの厄介なところです。そんなしつこいむくみの解消を生薬のチカラで助けてくれるのが、「生漢煎 防風通聖散」です。

防風通聖散の中でも、生漢煎・防風通聖散は、92.3%の医師が飲み続けたいと答えた満量処方の漢方薬です。効くかどうか分からないモノがあふれる中、医師からの信頼を集め、漢方薬という医薬品であることから、効果・効能が厚生労働大臣や都道府県知事に承認されていますので、とても安心感・信頼感が高いと言えますね!

ここで気になるのが、満量処方という点かと思います。満量処方というのは、医療用漢方薬に含まれる生薬量と同じ配合量の生薬を使っているという意味で、一般的な漢方薬は医療用漢方薬の1/2の生薬量なので、満量処方であれば効果・効能がそれだけ高いのです。

漢方薬の飲み方としては、食事の30分前に水か白湯で飲むのが基本です。この基本に加える応用編として、酢を水で5倍に薄めたもので漢方薬を飲むと薬効が高まります。

では、この漢方薬の効果・効能にはどのようなものがあるのかというと、高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症であり、中年太り女性の肥満解消にはドンピシャな効果なのです。

また、この漢方薬は、大人気テレビ番組「イチおしセレクション」で取り上げられたり、女性誌「GLITTER」にてカラダの中からスッキリというタイトルで紹介されています。テレビ番組や雑誌は効果がないものを取り上げたら、どうなるかは火を見るよりも明らかですよね?

生漢煎・防風通聖散なら、18種類の生薬で余分なお腹の脂肪を分解・燃焼・排出促進してくれます。毎日忙しくて、むくみを解消する為の時間が取れないアナタでも、漢方薬を飲むだけなら出来ると思いませんか?

もう年だからと諦めるのは早過ぎます!〇〇ちゃんのお母さんではなく、一人の女性として輝きを取り戻してみませんか?そんなアナタの夢を叶える生漢煎・防風通聖散がどんなものなのかを下記のレビュー記事にまとめましたので、読んでみて下さいね♪

今まで痩せなかったのは
これが足りていなかったからだ!
気になるアナタは
下記の画像をタップ♪


見た目が痩せた!でも体重が減らない
▶防風通聖散!口コミで痩せた効果

痩せたと言われる

痩せたと言われるのは女性にとって褒め言葉であるので気持ちが良いものです。でも、痩せたって言われるけど、体重は減ってないんだよね…とか、キレイに痩せたならいいけど病的に痩せたのはちょっと…って思いますよね?

痩せたねと言われる

ダイエットして痩せたねと言われると嬉しいものですね!では、その痩せたと言われたバリエーションについて、考えて行きたいと思います。痩せたという意味の違いによって、様々な言われ方があると考えられますね!

痩せたと言われるのは何キロ?

痩せたと言われるのは何キロ?と聞かれた場合には、もとの体重によると答えます。もとの体重が100キロの人と50キロの人では同じ5キロ減った場合でも全く印象が異なりますからね!

ですから、元の体重の何パーセントの体重かで考える必要があります。少し痩せたかなぁって見た目で分かり始めるのは、もとの体重の5%くらいですね。もちろん、重要なのは体重ではなく体脂肪率であることには違いはありませんよ!

体重増えたのに痩せたと言われる

体重増えたのに痩せたと言われるのは、体重が増えたか減ったかが痩せたか太ったの基準であるという誤りからきます。筋肉量が増えて脂肪が減り体脂肪率が下がれば、体重が増えたのに痩せたと言われるのは当然です。

太ったのに痩せたと言われる

太ったのに痩せたと言われるというもの、根本的な考え方に問題があります。体重が増えたのを太ったと考えてしまうと筋肉が増えて体脂肪率が下がり引き締まって痩せたのにおかしいとなってしまうのです。ダイエットの基本を学びなおしましょう。

体重変わらないのに痩せたと言われる

体重変わらないのに痩せたと言われるのは、筋肉量が増えて脂肪が減った状態において、体重は変わらなくても体脂肪率が下がって引き締まっているので、痩せたと言われるのです。当たり前ですね!

痩せてないのに痩せたと言われる

痩せてないのに痩せたと言われるのは、感覚の違いと体脂肪率の問題の二つが考えられます。自分では筋肉で引き締まり痩せたとは感じていないのに、脂肪が減って引き締まったので痩せたと言われるのです。

体重減ってないのに痩せたと言われる

体重減ってないのに痩せたと言われるのも、これまでと同じような考えですね。体重が減ったかどうかを痩せたかどうかの基準にしているから、このような勘違いが起こります。痩せたか太ったかは体脂肪率の上下で決まります。

引き締まったけど体重減らない

引き締まったけど体重減らないと言う場合には、根本的な考え方が間違っています。ダイエットにおいて、体重が減ったかどうかは問題ではありません。体脂肪率が下がって引き締まったのであれば、ダイエット成功です。

見た目痩せたのに体重減らない

見た目痩せたのに体重減らないというのは、要するに筋肉量が増えて体脂肪率が下がったのです。体脂肪が減って引き締まったので、見た目が痩せたんだけど、脂肪より筋肉の方が比重が重いので、体重が減らないってわけです。女性の体脂肪率については下記を参照して下さい。
女性の体脂肪率

見た目痩せて体重が増加した

見た目痩せて体重が増加した場合には、脂肪が筋肉に変わったことによって、体重が増加したと考えられます。これは、体脂肪率が下がったとも言え、とても良いダイエットだと言えます。

体重は変わらないのに痩せた

体重は変わらないのに痩せたという場合には、体重が同じでも、脂肪が減り引き締まって痩せたという意味ですから、これも、体脂肪率が下がった良いダイエットだと言えます。

見た目痩せたけど体重増えた

見た目痩せたけど体重増えたというのは、筋肉量が増えたんですね。女性の多くが体重だけが太ったや痩せたの基準だと勘違いしているのですが、重要なのは見た目であり、見た目を左右するのは体脂肪率なんです。

見た目変わらないけど体重増えた

見た目変わらないけど体重増えたというのは、筋トレを中心としたダイエットの途中に起こる現象です。筋肉量が増えてきて、体重が増えるのですが、まだ体脂肪が落ちていないので、見た目はほとんど変わらず体重だけが増えます。大丈夫、ダイエットは成功に向かって進んでいます。

同じような内容として下記があります。

  • 見た目痩せてるのに体重重い
  • 見た目は痩せてるのに体重が重い
  • 見た目が変わる体重
  • 体重増えたけど見た目痩せた
  • 見た目は変わらないのに体重が増える
  • 体重が見た目より重い
  • 見た目痩せた体重増えたのは病気か
  • 見た目は細いのに体重が重い
  • ダイエットと見た目
  • 見た目は痩せたのに体重が増えた
  • 見た目より体重重い
  • 見た目変わらないのに体重増えた
  • 同じ体重で見た目
  • 見た目変わらないのに体重増える
  • 体脂肪減ると見た目が痩せる
  • 同じ体重で筋肉と脂肪が見た目を左右する
  • 体脂肪と見た目は女性のポイント
  • 見た目痩せた体重増えた
  • 見た目は太ってないのに体重が重い
  • 見た目細いのに体重が重い
  • 見た目が痩せたのに体重増えた
  • 見た目が痩せたけど体重が変わらない
  • 体重増えたけど見た目変わらない
  • 体重重いけど見た目細い
  • 見た目痩せたのに体重変わらない
  • 見た目変わってないのに体重増えた
  • 体重同じで見た目が違う
  • 見た目変わらず体重増える
  • 見た目細いけど体重重い
  • 見た目と体重が違う
  • 見た目は痩せたのに体重増えた
  • 体重変わらないけど見た目太った
  • 体重減ったのに見た目太った
  • 見た目変わる体重
  • 体重減らないのに見た目痩せる
  • 見た目太ってないけど体重増えた
  • 体重増えても見た目変わらない
  • 痩せた見た目と体重
  • 体重変わらないけど見た目痩せた
  • 見た目重視ダイエット
  • 見た目変わるが体重変わらない
  • 見た目細いけど体重重い
  • 見た目以上の体重
  • 見た目が変わらないのに体重が増える
  • 体重増加で見た目変わらない
  • 見た目が変わるが体重変わらない
  • 見た目以上に体重がある
  • 見た目が痩せてるけど体重が重い
  • 見た目よりも体重が重い
  • 見た目痩せても体重減らない
  • 同じ体重で体脂肪が多い見た目デブ
  • 体重増えるけど見た目変わらない
  • 体重が減らないけど見た目痩せた
  • 見た目が変わるけど体重変わらない
  • 痩せたのに見た目が変わらない
  • 見た目変わったのに体重変わらない
  • 筋肉と脂肪が見た目を変える
  • 見た目で痩せたとわかる
  • 体重が増えたのに見た目痩せた
  • 筋トレで見た目痩せ
  • 体重と見た目は筋肉で変わる
  • 見た目が太ってる
  • 体重より筋肉で見た目が変わる
  • 見た目以上に重い
  • 見た目が痩せたとわかる
  • 見た目は変わらないのに体重が減った
  • 太ったけど見た目が変わらない
  • 見た目痩せ
  • 見た目が痩せた
  • 体重落ちたのに見た目変わらない
  • 体脂肪と見た目で女
  • 太ったのに見た目が変わらない
  • ウエストと見た目
  • 体重より筋肉で見た目変わる
  • 体重ではなく見た目
  • ダイエットで体重と見た目
  • 見た目より太ってる
  • 体重と見た目の画像
  • 体重は落ちても見た目が変わらない
  • 痩せても見た目が変わらない
  • 体重より見た目ダイエット
  • 見た目が変わらないのに体重が増えた
  • 体重変わらないのに見た目痩せた
  • 太ったけど見た目変わらない
  • 体重より見た目の画像
  • 体重が変化した見た目変わらず
  • 見た目普通で体重重い
  • 見た目変わらないのに体重減る病気?
  • 3日断食の見た目
  • 同じ体重なのに見た目が違う
  • 脂肪と筋肉で見た目が違う
  • 体重が落ちても見た目が変わらない
  • 体重と見た目の変化
  • 体重が減っても見た目が変わらない
  • 体重変わらず見た目痩せる
  • 体重より体脂肪率で見た目が変わる
  • 見た目は変わらないのに体重が増えた
  • ダイエットで見た目が変わらない
  • 見た目だけ痩せる
  • 体重が同じで見た目が違う
  • 体重増えたのに見た目変わらない
  • 見た目よりも重い
  • 体重減らないのに見た目痩せた
  • 体脂肪と女性の見た目
  • 見た目が痩せる
  • 体重は減るけど見た目が変わらない
  • 20kg痩せた見た目
  • 体重増えるけど見た目痩せた
  • 見た目を細くなるダイエット
  • 体重一緒で見た目違う
  • 見た目は普通なのに体重が重い
  • ダイエットで見た目と体重
  • 体重2キロ増えた見た目
  • 体重減るのに見た目変わらない
  • 体重減ったのに見た目変わらない
  • 見た目より重い人
  • 断食で見た目痩せ
  • 脂肪1キロと見た目
  • 見た目が痩せない
  • 見た目より体重が重い女
  • 体重変化と見た目
  • 女性の体重と見た目
  • 見た目体重を減らす
  • 見た目を痩せる
  • 体重が減ったのに見た目が変わらない
  • 体重は同じなのに見た目が違う
  • 体重減ったけど見た目変わらない
  • ダイエット見た目痩せ
  • 体重減ってるのに見た目変わらない
  • ダイエットで見た目変わらない
  • 体重よりも見た目

見た目より体重が重い

見た目より体重が重いのは、筋肉量が多く引き締まっているからです。女性は体重を気にし過ぎで、重要なのは見た目ですよ!

見た目より重い

見た目より重いのは、太りにくい体質の身体作りが上手にできている証拠です。筋肉量が多いので基礎代謝も高く、食べても太りにくいと言えます。

痩せたのに体重増えた

見た目痩せたのに体重増えた時に体脂肪を減らす方法は下記を参照して下さい。
体脂肪を減らす方法

体型変わらないのに体重増える

体型変わらないのに体重増えるという場合には、内臓脂肪が増えていて、体型にまでは響いていない可能性があります。これは実は危険で生活習慣病になる危険性が高いと言えます。皮下脂肪で太った方が内臓脂肪より安全だとも言えます。

見た目痩せた体重増えたのは病気?

見た目痩せた体重増えたのは病気かと思ってしまうのは、体重至上主義のダイエットが産んだ誤りです。

見た目痩せたのに体重増えた

体重も減り、見た目も痩せたというのなら病気の可能性もありますが、見た目が引き締まり、体重が増えたのは筋肉量が増えただけで病気ではありません。

見た目は痩せたのに体重が減らない

見た目は痩せたのに体重が減らないのは、筋肉量が増えて体脂肪が減ったからです。そのまま、筋肉量を維持するか、増やしていけば、自然と体脂肪がさらに減り、体重もその分減ります。

体重より見た目

重要なのは体重より見た目です。多くのダイエット関連のテレビや雑誌が、どれだけ多くの体重が減ったかどうかを基準に話をするので、体重が重要かのごとく刷り込みがされてしまっていますが、重要なのは見た目です。

筋肉と体重の見た目

筋肉が多いと体重が重くなります。これは、脂肪と筋肉の比重で筋肉の方が重たいからです。それに対し、筋肉が多いと引き締まるので、見た目が痩せて見えます。ですので、見た目が痩せたけど体重が増えたということが起こりますが、とても自然なことです。

体重変わらないのに見た目太った

体重変わらないのに見た目太ったという場合には、筋肉量が減り、体脂肪が増えて、体脂肪率が上がったので、見た目が太ったのです。ですから、筋トレなどをして体脂肪率を下げる必要があります。筋トレダイエットで女性向けのものは下記を参照して下さい。
筋トレダイエット女性向け

痩せたのに体重が減らない

痩せたのに体重が減らないのは、単純に体脂肪率が下がり、筋肉量が増えたからです。体脂肪と筋肉では、比重が異なり、同じ重さであれば脂肪の方が膨らんで見えます。

見た目より体重がある

見た目より体重があるのは、逆に言えば、同じ大きさの立方体であれば、脂肪よりも筋肉の方が重いのです。だから、痩せたのに体重が減らないという状態になります。正しく、ダイエットが行えている証拠です。

同じ体重で見た目が違う画像

同じ体重でも、体脂肪率が20パーセントの場合と40パーセントの場合では見た目が全く違います。そのような画像はネット上で多く見かけますが、これは見た目と体重が必ずしも一致しない良い例です。

体重減らないのにウエスト減る

体重減らないのにウエスト減ると言う場合は、ウエスト周りの筋肉量が増え、ウエスト周りの体脂肪が減ったからです。要するにウエスト周りが引き締まったことでウエストが減ると言う状態になったのですが、筋肉量が増えたので体重が減らないとうことです。

ウエスト減るという状態は、ウエストにくびれが出来る方向へ進んでいるということですが、ウエストにくびれを作る筋トレとしては下記の記事を参照して下さい。
ウエストにくびれを効果的に作る方法

体重変わらないのに顔が痩せる

体重変わらないのに顔が痩せる場合は、体脂肪が減って、筋肉量が増えた為に、体重は変わらないが、顔がほっそりして痩せるという状態か、顔の筋肉が鍛えられて、顔が痩せるという場合があります。後者は、ライザップグループのエステナードリフティを使った可能性が高いでしょう。


見た目が痩せた!でも体重が減らない
▶エステナードリフティで目の下のたるみ取り

痩せてどうなりたいのか?

ダイエットして痩せたい!それは分かります。痩せればそれでいいのでしょうか?体脂肪率を落とす方法ならスタイルが良くなるというわけではありません。女性らしいスタイルを手に入れるには、ただ痩せたいというだけではダメなのです。
痩せたいなら体脂肪率を落とす方法

簡単に痩せるには…

筋トレでダイエットしたいと考える女性が、引き締まった綺麗なスタイルを手に入れる為には、女性が筋トレで失敗しない為のポイントを学び、気になる部位別の1週間筋トレメニューを組み、筋トレ効果を増す食事をするというような総合的な筋トレ対策が必要です。

女性は、筋トレをしてダイエットをする場合には、ムキムキになりたいわけではありませんよね?ですから、筋肥大ではなく、筋密度を上げる筋トレを行ってダイエットする必要があります。

また、40代女性のような中年女性であれば、若い女性とは違った筋トレのやり方がありますので、女性用の筋トレなら良いというわけではありません。これに加え、必要に応じて有酸素運動も取り入れると筋トレ効果が倍増します。
筋トレダイエットをする女性に人気なのは…

見た目と足首

足首が凝り固まって硬いとカラダのバランスが崩れ見た目に影響が出てきます。姿勢が悪くなれば、猫背になるなどしてスタイルが悪くなります。足首を柔らかくするストレッチは下記で特集されているので参考にして下さい。


見た目が痩せた!でも体重が減らない
▶足首の整体ストレッチでむくみや腫れ痛み解消

即効で見た目が痩せたい!

体脂肪を落とすには時間がかかるから、とりあえず即効で見た目が痩せたいんだけど…という場合には、加圧インナーがおすすめです。金剛力という男性用の加圧シャツを作っている会社が女性用の加圧ブラトップを開発しました。

この金剛力は筋肉芸人でお馴染みの品川庄司の庄司がアンバサダーになって有名になったものです。その会社が出した女性用の加圧シャツがカーヴィーフィットです。詳しくは下記のレビュー記事を参照して下さい。


見た目が痩せた!でも体重が減らない
▶カーヴィーフィットでウエストにくびれ!

見た目が痩せた!でも体重が減らない3つの理由のまとめ

見た目が痩せた!だけど、体重が減らないのは、なんで?見た目がスリムになったのなら、それでいいじゃん!とも思えますが、何キロ?って聞かれると答えるのが恥ずかしいのが乙女心というもの。そんな悩みに答えます♪

見た目が痩せたい

見た目が痩せて見えるか、太って見えるかを分けるポイントは何と言っても、お腹周りの脂肪がどれだけついているかです。他の部位に少しくらい脂肪がついていても、お腹の脂肪がほとんどなく、スッキリしていれば痩せて見えます。

ですので、見た目が痩せて見える為には、お腹の脂肪を落とすことが、一番大切です。では、お腹の脂肪を落とす為には、どうしたら良いのでしょうか…食べなければ良いのかも知れませんが、そんなの無理ですよね…

食べても見た目が痩せたい

いくら食べても太らない人っていますよね?スリムなのに大食いなタレントとか、そこまでではなくても、良く食べるのにずっとスリムな友達とかいませんか?そんな食べても太らない人たちと何が違うんだろう…って思いますよね!
見た目が痩せた!でも体重が減らない
その答えは、腸内環境にあります。腸内環境が乱れていると太っている人に多いデブ菌が増え、腸内環境が整うとスリムな人に多い痩せ菌が増えるのです。

この痩せ菌とデブ菌に着目したヤセる方法が痩せ菌ダイエットです。痩せ菌とデブ菌は医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されるほど信頼性の高いものです。

多くの医師が推奨しているこの痩せ菌ダイエットは、食事制限の必要はなく、普通に食べていても健康的に痩せることができるダイエットです。食事制限はストレスにもなるので、マイナス面も多いのです。

ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


女性の体脂肪率がモデル
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。

また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。