女性が体脂肪率で理想とするのは、モデルや芸能人が多く一般女性が憧れる体型だと言えます。成人女性だけでなく、10代の中学生や高校生も無理して美容体重や体脂肪率を目安にダイエットしているようです。

女性の体脂肪率で理想は?

女性が理想とする身長や体脂肪率は世代によって大きく変わります。20代や30代と40代や50代では、女性ホルモンや更年期の影響によって体脂肪の付き方も皮下脂肪と内臓脂肪で違ってくるからです。
女性の体脂肪率
また、女性の体脂肪率は、バストがCカップ、Dカップ、Eカップと大きくなるほど脂肪量が多くなるので大きくなるのが当然です。というのを踏まえて、まずは、理想体脂肪率を選んで、自動計算される計算機で体脂肪量を見て行きましょう。


計算された体脂肪量を目指し、体脂肪率を減らすリバウンドしないダイエット方法に取り組みましょう。それでは、女性が理想とする体脂肪率について詳しく見て行きましょう。
ダイエット先生ダイエット先生

アナタの理想体脂肪率は、モデル体脂肪率?標準体脂肪率?美容体脂肪率?

体脂肪率が理想の女性

女性の体脂肪率において理想を考える場合には、モデルや芸能人のような見た目のスタイルとしての体脂肪率の理想と健康的で病気になりにくい体脂肪率という大きく二つがあります。
女性の体脂肪率
また、見た目の体脂肪率は、女性目線と男性目線にさらに分かれます。女性自身が目指したいと思う体脂肪率の理想と男性が理想の女性像として体脂肪率を基準に見た時の女性の体脂肪率です。

見た目の体脂肪率の理想は?

女性が目指す理想的な体脂肪率は20%です。男性の場合の体脂肪率は17%です。体脂肪の理想値と体脂肪率の理想は異なるので注意しましょう。理想的な体脂肪率を目標とするのであれば、筋トレダイエットをすることで十分に痩せることが可能です。

体脂肪率の目安とは?

体脂肪率というのは、総体重の中で体脂肪が占める割合を言います。ですので、この体脂肪率が高ければ、脂肪がいっぱいでブヨブヨした引き締まりのない体型になります。
目標体脂肪率
これに対し、体脂肪率が低ければ、体重が重たくても、引き締まった体型になります。アナタが目指すのは、体重の減少ですか?それとも、理想的なスタイルが手に入る体脂肪率の減少ですか?

身長と体重と体脂肪率

体脂肪率の目標を決めることによって、本当の意味でのダイエットを進めることが出来ます。なぜなら、目標を体重にしてしまうと体重が減っても体脂肪が落ちない醜いカラダになってしまうからです。
モデルの体脂肪率
目標の体脂肪率を目指すダイエットは、今までダイエットというと体重を減らせばいいと考えていたアナタに最適なダイエット方法です。どのくらい体脂肪率が下がれば体重なんて減らなくても、増えたっていいんです。

ダイエット先生ダイエット先生

体脂肪率が下がれば体重が増えてもダイエットは成功に向かっています。

体脂肪率の計算

体脂肪率の計算は、理想として体脂肪の重さを使ってするのが正しい方法です。体脂肪率の計算は女性と男性で異なりません。
体脂肪率(%)=体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg)×100
女性の体脂肪率
体脂肪率の計算機は、下記を使用して下さい。

BMIと体脂肪率の理想と女性の平均体型

ですが、体脂肪の重さなど自宅で計算できませんので、別の求め方として通常はBMIを使ったBMI指数で体脂肪率の代わりに使われます。中学生や高校生の女性でも計算機を使わずに平均体脂肪率を計算できるでしょう。

BMI指数=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

BMI女性モデル
▶BMIとモデル女性

体脂肪計の計算方法

体脂肪計の計算方法では、インピーダンス方式という分析方法を採用しています。脂肪は電流が流れにくいというのと脂肪以外は電流が流れやすいという性質を用いて計算しています。あくまでも目安の値です。

体脂肪率の計り方

体脂肪率は、体内に微弱な電流を流し体内の水分への電気が通りやすいかどうかで体脂肪率を計算しています。ですので、入浴後に計測すると、体内の水分量が通常と異なり正確な数値が出ません。

体脂肪率の測り方

体脂肪率は、計測する時間や体調によっても異なる結果が出ます。毎日決まった時間に計測する必要があり、ベストなのは朝の空腹時に、排泄・排尿を済ませた後です。運動後や食後、入浴後などは日によって誤差が大きく参考になりません。

体脂肪率を計るタイミング

体脂肪率を計るタイミングとしては、起床後、運動後、食後、入浴後は避けた方が良いです。正しい体脂肪率を計測する場合には、夕食前の16時から17時半くらいに計測するのが良いです。更に正しく計測する場合には血液検査が必要です。
女性の体脂肪率

体重より体脂肪率

ダイエットにおいて痩せたかどうかというのは、体重よりも体脂肪率で判断するのが正解です。体重だけで痩せたかどうかを考えてしまうからゲッソリ痩せたり、筋肉が落ちリバウンドの原因になったりするのです。

体脂肪率と体重

本記事を読まれているアナタは、体脂肪率の大切さはお分かりかと思いますが、ダイエットでは、体重を落とすことは重要ではなく、体脂肪率を落とすことが重要です。体脂肪率が落ちていなければ、体重が落ちてもダイエットは失敗です。
女性の体脂肪率

理想の体脂肪率

理想の体脂肪率は、その人によって異なります。モデルや芸能人、アイドルなどを目指す人の体脂肪率やスポーツ選手や格闘家を目指す人の体脂肪率、女子中学生や女子高校生が理想とする体脂肪率、成人女性のOLが理想とする体脂肪率など職業だけでなく理想の体型によっても異なります。

女性が体脂肪率の理想で腹筋を割る

腹筋を割る為には、腹筋運動で筋肉を鍛えるよりも、体脂肪率を下げる方が効果的です。腹筋は誰でも割れていて、その上に脂肪がのっているのです。では、どの程度の体脂肪率なら腹筋が割れて見えるのでしょうか?※個人差もあるので目安です。

体脂肪率 腹筋状態
18~22% 腹筋の縦線が見える
15~17% 腹筋の横線が見える
 ~14% シックスパックが見える

完璧主義だと極める女性もいますが、そこまでストイックに痩せる必要もありません。

身長と体脂肪率の理想

体重については、身長との関わりが深いですが、体脂肪率は筋肉と脂肪の割合なので、ほとんど関係ないと言って良いです。ですから、身長が極端に高いもしくは、低い場合を除き、15%以下を目指すのが、モデル女性の理想です。

身長が150センチ、151センチ、152センチ、153センチ、154センチ、155センチ、156センチ、157センチ、158センチ、159センチ、160センチ、161センチ、162センチ、163センチ、164センチ、165センチ、166センチ、167センチ、168センチ、169センチ、170センチ、171センチ、172センチと変わっても体脂肪率の計算の求め方に影響はありません。
※センチと㎝は同じ意味です。

では、男性が女性に対して、理想とする身長や体脂肪率はどのような値なのでしょうか?女性が求める理想と男性が女性に求める理想とはえてして違うものですので、比べてみましょう。

女性の体脂肪率と体型で男性が好きなのは?

男性が好きな女性の体型は、女性が理想とする体型とは異なります。女性はモデルのような体型を目標にしますが、男性はそんな体型を好んでいないのです。女性が目指す体脂肪率と男性ウケが良い女性の体脂肪率は違うと心得ましょう。
女性の体脂肪率

男性が理想とする女性の身長と体重の平均

体重はともかく身長は変えられませんが、男性目線で女性に求める身長と体重の平均は下記の通りです。尚、身長別の体脂肪率は無意味です。

年齢 身長 体重
20代の女性 身長158.60㎝ 体重50.76kg
30代の女性 身長158.75㎝ 体重51.07kg
40代の女性 身長158.46㎝ 体重52.36kg
バストサイズ

一般的な男性が求める女性のバストサイズは、CカップかDカップで、73%の男性がここに当てはまります。それ以外は、貧乳好きか巨乳好きということになります。貧乳よりCカップやDカップの方が胸の脂肪分、体脂肪率が高くなるのが一般的です。
女性の体脂肪率
あなたのバストサイズが、これに達していなかったり、好きな男性が求めるバストサイズに達していない場合には、ぷるるぷるるを使うことで理想のバストに近づけます。

下記のようにバストのカップサイズと重さは比例していますので、脂肪率が高いバストが重いということは、AカップよりDカップの方が体脂肪率が高く、EカップやFカップになれば体脂肪率がさらに高くなって当然でしょう。

バストサイズ 平均的な重さ
Aカップ 150g
Bカップ 300g
Cカップ 500g
Dカップ 750g
Eカップ 1kg
Fカップ 1.5kg
Gカップ 2kg
肌が綺麗

多くの男性が口をそろえて言うのが、肌が綺麗で美しい女性が好きだという点です。特に毛穴の三大悩みである毛穴の開き・毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりが気になる場合には、毛穴の美容液を使うと良いでしょう。美しくなるには様々な努力が必要です。

また、肌のたるみ・シワ・シミ・ニキビ・ほうれい線・潤いなど肌の悩み全般が気になるのであれば、結果をコミットするライザップグループのエステナードリフティという美顔器の効果が、あなたの悩みを解消してくれます。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

エステナードリフティで目の下のたるみ取り
▶エステナードリフティで目の下のたるみ取り

体脂肪率とBMIの理想

女性の体脂肪率とBMIの関係には、どんなものがあるのでしょうか?体脂肪率は、自分の体重の何%が脂肪なのかであり、BMIは体重と身長だけから計算され脂肪が関係しませんから、BMIは体脂肪率と関係ないと判断されます。

理想体脂肪率

理想体脂肪率は、性別、年齢、身長などによって異なります。体重に比べればダイエットの指針として正しいのですが、安易に低くするのは女性の場合は特に問題が起こる危険性が高いので気をつけましょう。体脂肪率と骨格筋率を理想値に近づける必要があります。

体を動かす筋肉である骨格筋率は、女性であれば、26パーセントから28パーセントが標準的な平均値とされています。

理想の体脂肪率は、年齢によっても異なりますので、女性の年齢別・年代別に理想の体脂肪率を整理します。この指標では、女性の身長は考慮されていません。年齢別体脂肪率の理想は下記の通りです。筋トレで体脂肪率の理想に近づけることができるでしょう。

筋トレが嫌いだとリバウンドしないダイエットをするのが難しくなります。

18歳~39歳女性の体脂肪率

18歳~39歳女性の体脂肪率と肥満度を表にしたものが下記です。自分の年齢と体脂肪率に当てはめて、標準範囲内でなければ健康的な体脂肪率の理想値ではないので、健康長寿を目指すなら標準値を目指しましょう。

体脂肪率 肥満度
 ~20% 痩せ過ぎ
21~27% 標準(-)
28~34% 標準(+)
35~39% 軽度肥満
40%~ 重度肥満

40歳~59歳女性の体脂肪率

40歳~59歳女性の体脂肪率と肥満度を表にしたものが下記です。自分の年齢と体脂肪率に当てはめて、標準範囲内でなければ健康的な体脂肪率の理想値ではないので、健康長寿を目指すなら標準値を目指しましょう。

体脂肪率 肥満度
 ~21% 痩せ過ぎ
22~28% 標準(-)
29~35% 標準(+)
36~40% 軽度肥満
41%~ 重度肥満

体脂肪計の肥満判定

日本赤十字社の長浜赤十字病院によると女性の体脂肪率は、20%未満だとやせ型だと判断され、標準的な情勢は体脂肪率20%以上から30%未満と規定されています。30%以上であれば軽肥満で、35%以上なら肥満です。

  • 女性(20%未満):やせ
  • 女性(20%以上~30%未満):標準
  • 女性(30%以上~35%未満):軽肥満
  • 女性(35%以上):肥満
隠れ肥満

日本赤十字社の記事にも同じ体重であっても体脂肪率が高いか低いかによって、肥満判定が決まり、皮下脂肪が多ければ見た目が太って見えますが、内臓脂肪が多い場合には標準体型に見えるので、かくれ肥満と呼ばれています。

この隠れ肥満として判断される基準としては、BMI値が25未満なのにも関わらず、女性であれば、体脂肪率が30%以上で、男性であれば、体脂肪率が20%以上というものがあります。

体重が標準であっても体脂肪が高ければ「隠れ肥満」と呼ばれる

体脂肪率とBMI値による肥満判定

体脂肪率とBMI値によって、肥満かどうかの判定を行うのが下記の表です。BMIは普通だけど肥満ってのがあるのが、これを見ると良く分かりますね!

男性体脂肪率 女性体脂肪率 体脂肪率判定 分類
25%以上 35%以上 高い 隠れ肥満 肥満
25%未満-20%以上 35%未満-30%以上 やや高い
20%未満-10%以上 30%未満-20%以上 標準 やせ 標準 かた太り
10%未満 20%未満 低い
BMI判定 やせ 普通 肥満1度 肥満2度
BMI値 18.5未満 18.5以上-25未満 25以上-30未満 30以上
女性体脂肪率と骨盤回りの保護

女性は、妊娠して赤ちゃんを身ごもった時に、お腹の中にいる赤ちゃんをお腹の脂肪により、対外からの衝撃に対してクッションを作って守るのです。自らのカラダで赤ちゃんを守るのだから、妊婦さんは体脂肪が増えるのは仕方ありません。太るのを気にしては赤ちゃんが危険にさらされます。

体脂肪率と病気

体脂肪率が高過ぎると肥満症と診断され病気だと判断されます。肥満症になると糖尿病などから始まり、血圧の上昇などにより心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気に繋がります。肥満症の治療法としては、食事や運動によるダイエットが適切です。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

血糖値スパイク
▶血糖値スパイク

では、体脂肪率が低すぎる場合はどうでしょう。体脂肪率が高いのは病気になりやすいのは分かりやすいのですが、逆に低すぎても病気になりやすくなります。筋肉量が少なく、免疫力が下がり、冷え性や風邪をひきやすくなるなど病気になりやすくなります。

体脂肪率と治療方法

体脂肪率が高い場合には、食事療法と運動療法によるダイエットが正常な状態に戻す治療方法だと言えます。これとは逆に体脂肪率が低い場合には、食事やストレッチなどにより適度に脂肪を増やすデブエットが正しい治療方法だと言えます。

体脂肪率で受診する診療科目は?

体脂肪率が高いか低いかによって病院に行く場合に、初診で何科を受診すれば良いか迷ったら内科を受診しましょう。それ以外で受診するなら消化器科や消化器内科ですが、もう全部診てもらいたいというなら人間ドックでも良いでしょう。

最近は、病院も細分化が進んでいて、デブで太った肥満症に対応する肥満専門外来なるものも出来ています。何事も特化するとスゴイ!と思うのが、心情なので、このような外来を選ばれるのも良いでしょう。

体脂肪率と症状

体脂肪率が高すぎる場合に肥満症となってどのような症状が出るのでしょうか?体脂肪の量が数値が肥満と判定される値になり、筋肉量が少なくなると重い体重が腰や膝に負担をかけます。また、睡眠時無呼吸症候群や高血圧の原因にもなります。

体脂肪率と原因

体脂肪率が増える原因は、食生活を中心とした生活習慣です。昔からの日本人が食べていた和食であれば、栄養のバランスがとれており、脂肪分が少なめて、塩分が多い以外は体脂肪率に悪い影響を与えるものが少なかったのですが…

現代の日本は、欧米を中心に世界各国の料理が食べられるようになり、肉類や揚げ物の比率が多くなって、脂肪分とカロリー(熱量)が圧倒的に増えました。それに対し、日常生活での運動量は激減しています。

歩きと自転車しかなかった状態から、電車や車で移動するようになり、階段はあっても使わず、エスカレーターやエレベーターばかり使うようになって、運動による消費カロリーが減ってしまったので、体脂肪率が高くなったのです。
体脂肪率
要するに体重ではなく、体脂肪率が増えた原因は、摂取カロリーが増えて、消費カロリーが減ったからです。ダイエットするしないに関わらず、太るか痩せるかは、摂取と消費のカロリーバランスによって決まるからです。

体脂肪率の検査や診断

体脂肪率の検査や確認を行う場合には、自宅で体脂肪計に乗るのが簡単なのですが、体重計(ヘルスメーター)にくっついている体脂肪率測定機能は、おおまかな値しか出ません。ですので、病院でMRIやCT、超音波という装置から血液検査などで総合的に診断が行えます。

これ以外に主な体脂肪率測定法としては、水中体重秤量法(水中体重測定法)、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法(DXA, DEXA)、皮下脂肪厚法(キャリパー法)、生体インピーダンス法、体内カリウム測定法 、近赤外分光法 、六フッ化硫黄希釈法などがあります。

体脂肪率の適正

体脂肪率の適正は、女性か男性かによっても異なりますし、職業によっても異なります。体脂肪率が低すぎると日常生活を送ることが困難になる場合があるので日頃の運動量と相談してダイエットを行いましょう。ある程度、落とさないと効果は実感できませんよ。

適正体脂肪率

適正な体脂肪率を計算による求め方において、適正体重は関係ありません。たとえ、体重が理想的な適正体重であったとしても、適正体脂肪率であるとは限りません。体脂肪が多く筋肉量が少ない適正体重の女性がいてもなんの不思議もありません。

体脂肪率と女性ホルモン

体脂肪率と女性ホルモンには、密接な関係があります。女性は、出産に必要なエネルギーを体脂肪にためこむようになっているので体脂肪率が高いのです。また、女性の胸は主に脂肪で出来ていることもこれに拍車をかけます。

これに対し、男性は、男性ホルモンの影響で筋肉が付きやすいので、筋トレなどをすれば女性に比べて簡単に筋肉量が増えます。これにより、男性の体脂肪率は低くなるのです。

筋肉量は基礎代謝量を引き上げますが、筋肉量が多いからと言って、体脂肪が少ないとは限らないので、必ずしもカラダが引き締まっているというわけではありません。重要なのは、筋肉率と体脂肪率です。筋肉量と筋肉率については、下記の関連記事を参考にして下さい。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

女性で筋肉量の増やし方
▶女性で筋肉量の増やし方

体脂肪率と健康

憧れのモデルさんたちを目標に体脂肪率を下げるのも良いですが、体脂肪率は高過ぎても、低すぎても健康に害を及ぼします。この点を知った上で、体脂肪率を下げる必要があります。健康をくだらないなどと考えてはダメです。
女性の体脂肪率

体脂肪率が高い

体脂肪率が高い場合(高すぎ)に、発症する病気としては、糖尿病・高血圧・動脈硬化があります。これらは、発症しても、初期の自覚症状はほとんどなく、重症化したり、他の症状が併発してから問題となるので、早期の対処が大切です。

体脂肪率が低い

体脂肪率が低い場合(低すぎ)に、出て来る症状としては、発がん率の上昇・低血糖・免疫力の低下・生理不順などがあります。女性の場合には、体脂肪率10%前半以下では通常の生活を送るのは危険なレベルだと言えます。

モデルさんたちが、一般的にはありえないような体脂肪率で生活できるのは、専属トレーナーがいたり、専属医がいたりして健康管理を徹底的に行っているからです。一般人が同じことをしたら危険です。脂肪細胞には抗酸化作用もあるんですよ!

体脂肪率を落とす方法とは?減らすにはどうする?

体脂肪率を落とす方法には大きく3つに分かれます。体脂肪率を減らすには、脂肪を減らす・筋肉を増やす・体質改善です。それぞれについてはのちほど説明します。

女性が体脂肪率を減らして痩せるには、4か月が目安になります。もちろん超ストイックに筋トレを行って、糖質制限などの食事制限をすれば短期間で体脂肪率を減らすことも可能ですが、効果を実感して自分でも痩せたとわかる一般的な期間は4か月と考えましょう。

筋肉量を増やすと基礎代謝のアップに繋がります。1日の消費エネルギーのうち70%が基礎代謝量だとされています。ですので、基礎代謝を向上させる筋肉の割合を増加させれば、消費カロリーが増えてダイエットしやすい痩せ体質に生まれ変われるのです。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

基礎代謝の平均を年齢別計算
▶基礎代謝量の平均を年齢別計算

体脂肪率を減らす女性

筋トレ女子の台頭によって、体重ばかりにこだわっていた女性が体脂肪率を気にするようになってきました。体脂肪率を減らすダイエットはリバウンドしないために重要なので良いことですが、女性の体脂肪率を極端に減らすと生理不順などの悪影響があるので適正体脂肪率の範囲内で減らす必要があります。

くびれの黄金比

ウエストとヒップの割合が、7対10がくびれの黄金比だと言われています。この比率を維持する為には、女性の体脂肪率は30%未満である必要があります。35%以上になると、くびれの黄金比を維持するのは困難を極めます。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

くびれ作り動画
▶くびれ作り動画

モデルの体脂肪率

モデル女性の体脂肪率は17%です。男性の場合の体脂肪率は13%です。モデルのような体脂肪率を目標とするのであれば、有酸素運動で体脂肪を落とすだけでなく、筋トレをして筋肉量を増やすことで、体脂肪率を必然的に減らすことになり引き締まった理想的なモデル体型になって痩せることが可能です。
女性の体脂肪率
ダイエットをする際に目安として目標体重を定めますが、重要なのは美容体重を目標にするなどではなく、モデルや芸能人のような目標とする理想の体脂肪率を決めることが本当の意味でのダイエットを行う第一歩と言えます。

標準的な適正体脂肪率に程遠く、いわゆるデブ体型で悩んでいるアナタもダイエットというのは、体重を減らすということではなく、体脂肪率を落とすということを知れば、必然的に正しいダイエットを選ぶことに繋がります。極端な食事制限など論外ですよ!

ダイエット先生ダイエット先生

体脂肪率を目標にすれば、リバウンドしないダイエットを行うことに繋がります!

モデルの体脂肪率は平均/標準いくつ?

モデルの体脂肪率は平均/標準すると、どれくらいなのでしょうか?モデルを目指す女性にとっては気になるところですよね!まずは、モデルの平均/標準くらい体脂肪率を下げないとオーディションにも合格しないでしょう。モデルの体脂肪率の平均/標準としては、17%程度です。

女性が体脂肪率を落とす方法

女性が体脂肪率を落とすには、単純に体重を落とすのではなく、筋肉量を増やすとともに体脂肪を落とす必要があります。そのためには、筋トレと腸内フローラの改善が必要です。体脂肪率を減らすトリセツなら下記記事をご覧ください。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪
腸内フローラの改善
▶腸内フローラの改善

おすすめな体脂肪率を減らす方法というと有酸素運動を思い浮かべるかも知れませんが、長時間の運動は体脂肪がつきやすくなる諸刃の剣なので、長期的に見ると筋トレを続けた方が、おすすめな体脂肪を落とす方法だと言えます。

運動をする時には、水分補給を意識的に行い、特に室外での運動は暑い日中を避けて夕方に行うと良く、さらに夕方の時間帯は体脂肪が燃えやすいので、体脂肪率を効率的に減らすことができます。

ストイックな筋トレだけでなく、スポーツなどで楽しみながら体脂肪を落とすのも有効です。運動時には、浅く早い呼吸より、深くゆっくりとした呼吸の方が良く、体脂肪率を減らす効果も高くなります。

体脂肪を減らすには女性の特性を知る

体脂肪を減らすには女性と男性の違いを知り、脂肪がつきやすい女性の特性を理解しなければなりません。類は友を呼ぶのと同じで体脂肪は体脂肪を好みます。女性は胸やお尻に体脂肪が多く集まっていますね。

ですので、この胸やお尻の近くに体脂肪がつきやすくなり、お尻に近い太ももやバストに近い二の腕、バストとヒップに挟まれたお腹の体脂肪に悩まされていませんか?

体脂肪がつきやすいところを重点的に筋トレなどで鍛えて、筋肉量を増やすことで必然的に体脂肪が減り、体脂肪率を落とすことができます。女性らしいスタイル維持のためにも、胸やお尻の脂肪は出来る限り残すことも大切です。

体脂肪率が30パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率30パーセントの女性には、どんな女性芸能人がいるのでしょうか?森三中の三人(タレント)などがいます。女性も体脂肪率が30パーセントくらいになると、どぉ~んと大きくなって太ってる感じになりますね!

体脂肪率が29パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が29パーセントの女性芸能人には、ジェシカ・シンプソンさんがいます。体脂肪率何パーセントでデブかの判断基準は、男性か女性かによって異なります。ホントの情報を公表しているかどうかはまた別の話です。

体脂肪率が28パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が28パーセントの女性芸能人には、ビヨンセさんがいます。ちょっと大きいからヤバイかも!って感じて、やばい体脂肪率から脱出しなきゃと考える状況です。

体脂肪率が27パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が27パーセントの女性芸能人は、エド・はるみさんがいます。

体脂肪率が26パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が26パーセントの女性芸能人には、ペネロペ・クルスさんがいます。

体脂肪率が25パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率25パーセントの女性には、どんな女性芸能人がいるのでしょうか?島崎遥香(ぱるる)さんなどがいます。女性は体脂肪率が25パーセントくらいだと少しふっくらした感じになりますね。男性が好むのはこの辺りです。

体脂肪率が24パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が24パーセントの女性芸能人は、葵ゆりかさんがいます。

体脂肪率が23パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が23パーセントの女性芸能人は、石田えりさんがいます。深田恭子(深キョン)さんもこれくらいと言われていたが、今はもっと低いでしょう。

体脂肪率が22パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が22パーセントの女性芸能人は、峯岸みなみさんがいます。

体脂肪率が21パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が21パーセントの女性芸能人には、アンジェリーナ・ジョリーさんがいます。さがすともっといますね。

体脂肪率が20パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が20パーセントの女性には、どんな女性芸能人がいるのでしょうか?藤原紀香(女優)さんなどがいます。女性は体脂肪率が20パーセントくらいが理想的なのでは?と感じられますね!モデル体型やアスリート体型がここに入ります。

体脂肪率が19パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が19パーセントの女性芸能人には、ジェニファー・ロペスさんがいます。

体脂肪率が18パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が18パーセントの女性芸能人には、榮倉奈々さんがいます。

体脂肪率が17パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が17パーセントの女性芸能人には、最上もかさんや石田えりさんがいます。体脂肪率が17%以下だと生理不順や生理停止の危険性があります。

体脂肪率が16パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率が16パーセントの女性芸能人には、中島美嘉さんなどがいます。

体脂肪率が15パーセントの女性芸能人やモデル

体脂肪率15パーセントの女性には、どんな女性芸能人がいるのでしょうか?山田優(モデル)さんや上戸彩(女優)さんなどがいます。体脂肪率が15パーセントというのはかなり低いということが分かりますよね!あまり低い体脂肪率だと不妊の危険があります。

また、ビタミンDが不足していても不妊に繋がります。ビタミンDは、日光にあたることで体内で作られる珍しいビタミンですが、体脂肪率が高い肥満体型だと体脂肪率が平均的な女性に比べて半分以下しか作られません。

これは、体脂肪率が高い肥満の人は、脂肪細胞に蓄積されたビタミンDが固着してしまって、肝臓や腎臓でビタミンDに変換されにくいからだとされています。なので、肥満の人は標準体型の人の倍以上ビタミンDを摂取する必要があります。

アイドルの体脂肪率

芸能人の体脂肪率でアイドルと呼ばれる女性たちの体脂肪率は、一般女性の体脂肪率とはかけ離れた値であるので、アイドルの体脂肪率を目指してしまうと健康的な日常生活が送れなくなってしまう危険性があります。健康的な体脂肪率で女性は20%程度までにすると良いでしょう。

女性の体脂肪率と体型

女性の体脂肪率と体型を表にしてまとめたのが下記です。

体脂肪率 体型
10%-15% かなり筋肉質、
かなり細身
15%-20% 筋肉質、
細身
20%-25% 引き締まった体、
痩せ型
25%-30% 平均、
少し細い
30%-35% 平均、
少し肥満
35%-40% 肥満
40%以上 過度な肥満

体脂肪率の理想を女性モデル

体脂肪率の理想を女性のモデルで考える場合には、バストの大きさにもよりますが、12%か13%程度だと考えられます。バストが大きい場合を除き、15%以下を目指しましょう。

女性の体脂肪率でモデルは?

女性モデルの体脂肪率を理想に掲げたダイエットをするのは、非常に大きな目標になります。大きすぎる目標は、途中で諦める原因にもなるので、小さな目標も同時に必要になります。

ですので、モデルのように目標とする理想の体脂肪率を定めるということは、本当の意味でのダイエットを行う第一歩と言えます。ダイエットというのは、体重を減らすということではなく、体脂肪率を落とすということです。

例え体重が増えても体脂肪率が落ちていればダイエットは成功に向かっていますし。体重が減っていても体脂肪率が上がっていればダイエットは失敗に向かっています。ここを間違っている女性はとても多いのが現状です。

脂肪というと何でも害のあるものと考える女性もいますが、脂肪も三大栄養素の一つで、下記のような役割があるのでなくてはならないものです。

  • ホルモンへの影響
  • 飢餓に備えてのエネルギー源
  • 体温の保持
  • 衝撃から身を守る
  • 余剰エネルギーの蓄え

モデルの体脂肪率で女性は?

モデルの体脂肪率で女性を考えた場合には、15%未満にする必要はあります。ですが、女性にはバストの脂肪がありますから少なくても10%程度はないと生きて行くのが困難になります。

モデルの体脂肪率で男性は?

モデルの体脂肪率で男性を考えた場合には、最低でも一桁の体脂肪率である必要があるでしょう。バキバキに割るのであれば、5%以下の体脂肪率が望まれます。

美容体重と体脂肪率

美容体重は下記の計算式で求められます。これはあくまでも体重であって、体脂肪率が考慮されていません。女性の場合であれば、これに加えて体脂肪率15%から20%程度が美容体脂肪率と言えます。

  • 美容体重=身長(m)×身長(m)×係数(20)

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

女性の理想体重を身長別
▶女性の理想体重を身長別!

セレブの体脂肪率

目標をモデルの体脂肪率にした場合には、どのようになるかは分かりましたが、実際のモデルやハリウッド女優などのセレブ女性たちはどのような体脂肪率なのでしょうか?思った以上に体脂肪率がありますが、そのまま鵜呑みにしてはいけません。

  • ミーガン・フォックス(15%)
  • ジェニファー・ロペス(15〜17%)
  • アンジェリーナ・ジョリー(20〜22%)
  • ペネロペ・クルズ(26%)
  • ビヨンセ(26〜29%)
  • ジェシカ・シンプソン(30%)

東洋人と西洋人のスタイルにも違いがありますので、一概にこの体脂肪率だけで判断をしてはダメです。東洋人と西洋人の大きな違いとしては、身長もありますが、バストとヒップの大きさに違いがあるので、この点で体脂肪率に大きな影響がありますからね!

体脂肪率の平均

体脂肪率の平均は、女性と男性によって異なり、女性の体脂肪率は30パーセント前後です。男性の場合の体脂肪率は20パーセント前後です。これに加えて20代より30代、40代さらに50代と年代ごとに体脂肪率は変化して行きます。
女性の体脂肪率

平均体脂肪率

平均体脂肪率を見る際に気をつけることは、女性か男性か、年齢はどれくらいかということです。これが異なると自分が見るべき平均体脂肪率とは異なる値にたどり着いてしまいます。

標準体重と体脂肪率

ダイエットして体重が落ちた際に、体脂肪だけでなく筋肉も減ってしまうと体脂肪率が増えてしまいます。ダイエット後にリバウンドするかどうかは体脂肪率が大きく関わってきます。

ですので、リバウンドのリスクが少ないダイエットをするためには、体重ではなく体脂肪率を落とすことが大切です。体脂肪の正しい求め方は下記の通りです。

体脂肪率の女性平均

女性の平均体脂肪率は下記の通りです。
女性の体脂肪率

年齢 痩せ:体脂肪率 標準(-):体脂肪率 標準(+):体脂肪率 軽肥満:体脂肪率 肥満:体脂肪率
~13歳  ~14% 15~24% 25~33% 34~37% 38%~
14歳~17歳  ~17% 18~26% 27~35% 36~39% 40%~
18歳~39歳  ~20% 21~27% 28~34% 35~39% 40%~
40歳~59歳  ~21% 22~28% 29~35% 36~40% 41%~
60歳~  ~22% 23~29% 30~36% 37~41% 42%~

体脂肪率の標準

体脂肪率の標準は、上記の表における標準(-)と標準(+)が該当します。標準マイナスは痩せ寄りで、標準プラスは軽肥満寄りですが、どちらにしても問題ない範囲の体脂肪率です。

体脂肪率の正常値

体脂肪率の正常値は、標準と同様に痩せ、軽肥満、肥満を除く、標準の範囲内と考えれば間違いありません。

標準体脂肪率

標準的な女性の体脂肪率は22%です。男性の場合の体脂肪率は19%です。標準的な体脂肪率を目標とするのであれば、無理のないダイエットをすることで十分に痩せることが可能です。
女性の体脂肪率

お相撲さんの体脂肪率の平均

お相撲さんの体脂肪率の平均って、40%とか高い値なんじゃないか?って思うのは浅はかな考えです。力士の方々は大量の食事をして体重を増やしていますが、それ以上にトレーニングを行って筋肉を増やしているので、体脂肪率の平均は、23.5%なんです。筋トレの大切さが良く分かりますね!

体脂肪率の男性平均

男性の平均体脂肪率は下記の通りです。

年齢 痩せ:体脂肪率 標準(-):体脂肪率 標準(+):体脂肪率 軽肥満:体脂肪率 肥満:体脂肪率
~14歳  ~6% 7~15% 16~24% 25~29% 30%~
15歳~17歳  ~7% 8%~15% 16%~23% 24%~27% 28%~
18歳~39歳  ~10% 11~16% 17~21% 22~26% 27%~
40歳~59歳  ~11% 12~17% 18~22% 23~27% 28%~
60歳~  ~13% 14~19% 20~24% 25~29% 30%~

体脂肪率女性が男性より高い理由

女性と男性の体脂肪率を一覧で見てみると、男性よりも女性の方が体脂肪率が高いことが分かります。これには、女性ホルモンの影響と骨盤回りを保護するという女性が妊娠・出産を行うことから高くなっていることが分かります。

体脂肪率平均

体脂肪率平均を性別と年齢別に見て来ましたが、体脂肪率はBMI値と異なり身長が関係していないことに気づきましたでしょうか?これは、体脂肪率が、カラダについている脂肪と筋肉の割合を指しているものだからです。

体脂肪率の平均で厚生労働省

厚生労働省による体脂肪率の平均としては、下記を目安としています。

性別 普通 肥満
女性 20%から25% 30%
男性 15%から20% 25%

年代別・年齢別体脂肪率の平均

年代別体脂肪率や年齢別体脂肪率の平均を見ることによって、自分が周りの人たちに比べてどれくらいの太っているのか、痩せているのかが分かります。ですが、あくまでも平均なので平均体脂肪率が健康的や理想的な体脂肪率とは限りません。

未成人女性の体脂肪率

未成人女性の体脂肪率としては、中学生や高校生が中心ですが、小学生の高学年や大学生も10代なので含まれますが、法改正により18歳が成人となり10代後半は成人女性と未成人女性が混在状態になります。

10代女性の平均体脂肪率

10代女性の平均体脂肪率は、28パーセント程度です。10代は、10歳、11歳、12歳、13歳、14歳、15歳、16歳、17歳、18歳、19歳を指します。

成人女性の体脂肪率

成人女性の体脂肪率としては、30%前後が平均的な値になっています。女性の場合には、胸やお尻に脂肪がつくのが普通ですので、バストサイズなども考慮して体脂肪率を考える必要があります。バストが多きれば体脂肪率が多少高くても問題ありません。

20代女性の平均体脂肪率

20代女性の平均体脂肪率は、30パーセント程度です。20代は、20歳、22歳、22歳、23歳、24歳、25歳、26歳、27歳、28歳、29歳を指します。

30代女性の平均体脂肪率

30代女性の平均体脂肪率は、32パーセント程度です。30代は、30歳、33歳、33歳、33歳、34歳、35歳、36歳、37歳、38歳、39歳を指します。

40代女性の平均体脂肪率

40代女性の平均体脂肪率は、35パーセント程度です。40代は、40歳、44歳、44歳、44歳、44歳、45歳、46歳、47歳、48歳、49歳を指します。

50代女性の平均体脂肪率

50代女性の平均体脂肪率は、37パーセント程度です。50代は、50歳、55歳、55歳、55歳、55歳、55歳、56歳、57歳、58歳、59歳を指します。

60代女性の平均体脂肪率

60代女性の平均体脂肪率は、33パーセント程度です。60代は、60歳、66歳、66歳、66歳、66歳、66歳、66歳、67歳、68歳、69歳を指します。

女子の体脂肪率と平均

極端に太っている場合を除き、13歳までの女子は体脂肪率を気にする必要はありません。特に成長期において女子の体脂肪が多くなるのは自然なことです。平均においても、成長期では胸やお尻に大きく脂肪が増えて体脂肪率が増加するので、気にする必要はありません。

体脂肪率と女性の見た目

体脂肪率と見た目の変化は、体重と見た目よりも深い関連性があります。アナタの周りにも、見た目より体重がある人はいませんか?それは、筋肉が脂肪より重たい為に、細いのに体重があり、体脂肪率が低いという場合なんです。まさに見た目が痩せたのに体重が減らないと言う場合ですね!
女性の体脂肪率
体脂肪率が高いと悪い影響がカラダのあちこちに出る場合が多いです。身長が小さい~普通より下の場合には、特に体重より体脂肪率で考えないと体重は軽いけど体脂肪率が高いから、すごい太っているなんてことになりかねません。

身長が大きければ、それに比例して体重が重たいのは普通です。見た目が痩せたと言われると嬉しいですよね?かわいいとか、綺麗と言われるのと同じくらい嬉しく感じる女性が多い傾向にあります。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

見た目が痩せた!でも体重が減らない3つの理由
▶見た目が痩せた!でも体重が減らない3つの理由

体脂肪率を落とす運動

体脂肪率を落とすには、筋肉量を増やして、脂肪量を減らす必要があります。このどちらも効率的に行うには、筋トレが有効です。女性の多くがムキムキになるのが怖いと言って筋トレを避ける傾向にあります。
女性の体脂肪率

体脂肪を減らす運動

ですが、これは、筋トレで筋肥大をする場合の話です。筋肥大ではなく、筋密度を上げる筋トレを行えば、ムキムキにならずに引き締まったスリムなスタイルを手に入れられます。もちろん、体脂肪率は驚くほど減少します。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

筋トレダイエット女性向け
▶女性向け筋トレダイエット

体脂肪率の減らし方・落とし方と食事

体脂肪率の減らし方・落とし方としては、脂肪を減らす・筋肉を増やす・燃えやすい体質を作るという3つが考えられます。それぞれについての対策法としては、下記のような方法がとられます。

  • 脂肪を減らす:有酸素運動
  • 筋肉を増やす:筋トレ
  • 燃えやすい体質を作る:食事改善・習慣改善

若返るには体脂肪率を減らすというのが、太ったデブの場合には手っ取り早いと言えます。ぶくぶくと太った友達にも教えていきましょう。逆に老けるには、体脂肪率を増やすという考え方もあります。胸には脂肪がほしい女性が多いですけどね!

体脂肪率を下げる動画:デットバグ

体脂肪を下げる運動には様々なものがありますが、その中の一つにデットバグがあります。寝転んだ状態から、両手・両足を前後させる運動で、見た目以上にキツク運動効果があります。運動したのに体脂肪率が増えた原因は、ランニングのような有酸素運動は脂肪がつきやすくなるためです。

モデルの体脂肪率
体脂肪率を落とす動画:ヒップリフトレッグリーチキープ

続いて紹介するのが、腰を上げて、脚を伸ばしてキープするヒップリフトレッグリーチキープです。これも、やってみると見た目以上にキツク運動効果が高いことがすぐに分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=szlPVjJhIoA

目標の体脂肪率を定めるとどうなった?

目標の体脂肪率を目指すダイエットは、今までダイエットというと体重を減らせばいいと考えていたアナタに最適なダイエット方法です。体脂肪率が下がれば体重なんて減らなくても、増えたっていいんです。
モデルの体脂肪率
体脂肪率の目標を決めることによって、本当の意味でのダイエットを進めることが出来ます。なぜなら、目標を体重にしてしまうと体重が減っても体脂肪が落ちない醜いカラダになってしまうからです。

ダイエット先生ダイエット先生

体重が減っても体脂肪率が落ちなければ、醜いカラダになってしまいます。

痩せるには筋力トレーニングで筋肉量を増やす

目標とする体脂肪率を定めることによって、やっと本当の意味でのダイエットを行うスタートラインに立ったと言えるでしょう。もう、体重を減らすだけの意味のないダイエットから卒業しましょう。

モデルの体脂肪率
では、今までダイエットを体重を減らすだけのものと思って、体重にしか着目して来なかったアナタは、まず、何から始めれば良いのでしょうか?そう、体脂肪率を下げる事が重要なんです。体重NONO!体脂肪率YES!

体脂肪率を落として綺麗に痩せるには?

女性の体脂肪率
ダイエットしてモデルのような体型になりたい!というのは分かりますが、だからと言ってすごく痩せて骨と皮だけの老人のようなスタイルになりたいわけじゃないですよね?かっこいいスタイルを目指しているはずです。

それじゃあ女性的な魅力が半減どころか全くなくなってしまいます。ですので、バストやヒップは魅力的に膨らみ、ウエストにはくびれが出来て、横から見るとキレイなS字曲線を描くようなスタイルになる必要があります。

体脂肪率の画像で女性

そのようなスタイルを目指すためには、筋トレ女子や腹筋女子に代表されるような体脂肪率を下げ、引き締まったカラダを手に入れなければなりません。
女性の体脂肪率
ですが、男性に比べ女性は、筋トレをしても簡単には筋肉がつかず中々引き締まりません。筋トレ頑張ってるのに全然筋肉がつかないよ!ってアナタには必要な栄養が足りていないだけなのです。

筋トレで引き締まった体の体脂肪率を手に入れている中村アンさん、広瀬すずさん、西内まりやさん、夏菜さん、道端アンジェリカさん、泉里香さん、榮倉奈々さん、菜々緒さんなどは、この秘密を知っているから引き締まったスタイルを手に出来たのです。

その秘密の栄養素というのが、HMBです。筋トレをして筋肉量を増やすにはタンパク質が大切だからと言って、タンパク質を摂っているけど筋肉がつかない場合には、このHMBが不足しているのです。

たしかに、タンパク質は筋肉の材料となるので必要不可欠です。ですが、その筋肉を作る司令塔となるHMBがなくては上手く筋肉が増えないのです。司令塔を失ったチームが弱いのは良く分かりますよね?

ですから、筋肉を作る司令塔になるHMBを摂取することで、筋トレをしても筋肉が中々つかないよ!という悩みを解決することができます。詳しくは下記の女性用HMBの特集記事をご覧下さい。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

女性用HMBランキング
▶女性用HMBランキング

  • そんなに食べてないのにという言い訳や思い込みを捨て食生活を見直す
  • ストレスで太るか痩せるかは本人次第なので、ストレスで暴飲暴食をしない
  • スリム美人は365日いつでもダイエットに励む
  • だらだら運動をやっても効果なし!正しいやり方できちんと取り組む
  • 短期間で痩せてもリバウンドするのがオチなので、長期計画でダイエットをする

女性の体脂肪率!モデル・理想・平均/標準の3つを目指すダイエットのまとめ

女性モデルの体脂肪率を理想に掲げ、モデル・理想・平均/標準の体脂肪率がどう違うかを知ることで、女性が体脂肪率をどの程度にすれば良いかが見えてきます。女性がモデルを目指すダイエットは尋常ではない努力が必要です。体脂肪率はどの程度が理想なのでしょうか?

モデルの体脂肪率を本気で手に入れる方法:激やせ注意!

デブはモテない!これはデブ専などの一部のマニアを除いて真実だと言えます。多くの男性はデブ女を友達にすることはあっても彼女や奥さんにしたいとは思いません。これは、デブでモテない私が痩せてモテ女になった経験から言えることなので間違いありません。
女性の体脂肪率がモデル
妊娠しているわけでもないのに、お腹ぽっこりの女性と男性が一緒に歩きたいと思うと思いますか?どう考えても、スリムでスタイルの良い女性と一緒に歩きたいと思う男性がほとんどだということは分かりますよね?デブな私が体脂肪を落とすことができた方法を知りたくないですか?

体脂肪率を下げるためには、お腹周りの脂肪を中心に体脂肪を落とす必要があります。その為には、運動や食事制限だけでは効果が薄いので、食べても太りにくい腸内環境を作り上げなければなりません。

便秘と体脂肪率

しかも、大きく体脂肪を落としてモデル体型になるのなら、ダイエット方法で注目をあびている痩せ菌ダイエットしかありません。痩せている人には痩せ菌が多く、デブの人にはデブ菌が多いという分かりやすさが人気となっているのでしょう。

この痩せ菌とデブ菌に着目したヤセる方法が痩せ菌ダイエットです。痩せ菌とデブ菌は医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されるほど信頼性の高いものです。

多くの医師が推奨しているこの痩せ菌ダイエットは、食事制限の必要はなく、普通に食べていても健康的に痩せることができるダイエットです。食事制限はストレスにもなるので、マイナス面も多いのです。

ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

痩せ菌サプリダイエット
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング