糖質の多い食品を控えるだけでもゆるい糖質制限が行える。糖質の多い食品のランキングメニューと脂質なんてカロリーも多く最悪だ!糖質オフや糖質ゼロだから食べていいものではない。低糖質の食事メニューでレシピを組み、糖質と炭水化物をごっちゃにしていないか?糖質とは?
糖質の多い食品
糖質の多い食品は太る原因の一つだから、いらなくない?って思うかも知れません。糖尿病になって糖質制限ダイエットを医者に指導されて痩せる人がいるくらいだから、必要ないんじゃないかって思うのも無理はありません。

糖質の多い食品で太る?

ですが、糖質は私たちが健康に生きて行くために必要な三大栄養素の一つでもあって必要ではあります。この糖質を摂ると太る原因になるというのと糖質が必要というジレンマをどう解消すれば良いのでしょうか?

そのような悩みを解決するために、糖質の多い食品ベスト10を始めとした糖質に関する疑問を集め、低糖質な食事メニューでありながら、必要な糖質はきちんと摂るダイエット方法をまとめました。

ダイエット先生ダイエット先生

糖質の多い食品ベスト10を避けるだけでも、糖質制限ダイエットは成功に近づきます。

炭水化物の摂取量が多いほど死亡リスクが高まり、脂質の摂取が多いほど死亡率が低下する

糖質の多い食品とは?

糖質の多い食品とは何?と聞かれると、ケーキやお菓子、アイスなどが最初に思い浮かぶと思います。おやつや食後のデザートで食べるようなもの以外にも糖質の多い食品は意外なものがあります。

糖質の多い食品ベスト10

糖質の多い食品ベスト10は、下記の通りです。これらの食品は特に糖質が多いので、ダイエットの時には控えることをおすすめします。
糖質の多い食品ベスト10

順位 食品名 100gあたりの糖質
1位 グラニュー糖・角砂糖 100.0g
2位 上白糖 99.2g
3位 コーンフレーク 83.6g
4位 カップ麺(非油揚げ) 62.2g
5位 ポップコーン 59.6g
6位 カップ麺(油揚げ) 56.9g
7位 つぶあん 54.0g
8位 うぐいす豆 52.9g
9位 ライ麦パン 52.7g
10位 ?もち 50.3g

主食のごはんは、茶碗1杯でなんと糖質55.1gもあるのですが、単純にご飯を減らしてしまうと栄養不足になる可能性があるので、玄米から栄養を削り取った粕である白米から、玄米を発芽させ、さらに醗酵させて醗酵発芽玄米に変えると栄養素が数倍に増えて、更に血糖値の急上昇も防げます。

糖質の多い食品一覧

先ほどは糖質の多い食品ベスト10を紹介しましたが、糖質が多い食品はこれだけではありませんので、糖質の多い食品一覧を食品の種類ごとにまとめましたので参考にして下さい。

糖質の多い食品一覧表
種別 食品 分量 糖質/g
ごはん類 白 米 茶碗一杯
(150g)
55.1g
玄 米 茶碗一杯
(150g)
53.9g
五穀米 茶碗一杯
(160g)
47.8g
赤 飯 茶碗一杯
(150g)
46.1g
白がゆ 茶碗一杯
(150g)
23.5gg
カレーライス ごはん230g
肉60g
108g
牛 丼 ごはん250g
肉70g
110.8g
いなりずし 2個
(ごはん60g)
27.6g
パン類 食パン 1枚
(60g)
26.6g
フランスパン 25g 13.7g
ロールパン 30g 14.0g
クロワッサン 45g 14.0g
ベーグル 95g 43.1g
麺類 かけうどん めん250g 58.5g
かけそば めん170g 47.3g
醤油ラーメン めん230g
チャーシュー20g
69.7g
焼きそば めん230g
肉35g
73.1g
ミートスパゲッティ めん250g
ひき肉50g
77.7g
はるさめ(乾麺) 30g 25g
インスタント食品 カップラーメン 1杯
(めん65g)
43.7g
カップうどん 1杯
(めん75g)
52.5g
カップ焼きそば 1杯
(めん100g)
71.8g
菓子類 ショートケーキ 1個
(110g)
51.1g
大 福 1個
(70g)
35.2g
アイスクリーム 1個
(100g)
22.2g
チョコレート 1切れ
(20g)
10.4g
クッキー 3枚
(30g)
18.4g
ゼリ- 1個
(80g)
12.1g
ポテトチップス 15g 7.6g
せんべい 2枚
(13g)
10.7g
糖質の多い野菜類 じゃがいも 110g 16.1g
ながいも 180g 20.9g
さつまいも 70g 18.4g
カボチャ 60g 10.3g
ごぼう 100g
(1/2本)
9g
れんこん 30g 4.1g
タマネギ 200g 13.5g
とうもろこし 240g 16.6g
トマト 220g 7.9g
赤ピーマン 146g 4.4g
果物類
バナナ 約1本
(220g)
28.2g
うんしゅうミカン 約1個
(100g)
8.8g
リンゴ 約1/2個
(160g)
20.8g
グレープフルーツ 約1/2個
(205g)
12.9g
約1個
(260g)
33.8g
ぶどう 約1房
(140g)
18.1g
約1個
(280g)
21.2g
なし 約1/2個(160g) 16.8g
洋なし 約1/2個(140g) 13.7g
いちじく 1個(100g) 10.6g
すいか 1切れ(10cmX3cm:180g 実の部分のみ) 9.9g
メロン 約1/4切れ(200g) 9.7g
サクランボ 10粒(50g) 6.2g
いちご 5粒(85g) 6.0g
パイナップル 5切れ(50g) 5.8g
キウイ 半分(45g) 4.2g
干し柿 1個(30g) 15.8g
干しぶどう 10粒(12g) 9.2g
プルーン 1個(10g) 5.5g
調味料 和風ドレッシング 大さじ約1杯
(15g)
2.4g
ノンオイル和風
ごまドレッシング
大さじ約1杯
(15g)
2.0g
中濃ソース 大さじ約1杯
(18g)
5.3g
白醤油 大さじ約1杯
(18g)
3.5g
麺つゆ
(ストレート)
150g 13.1g
ケチャップ 大さじ約1杯
(15g)
3.8g
カレールウ 120g 49.2g
固形コンソメ 1個
(5g)
2.1g
本みりん 大さじ約1杯
(18g)
7.8g
魚介類 うなぎ蒲焼き 100g 3.1g
焼きちくわ 約1本
(70g)
9.4g
さつま揚げ 約1枚
(30g)
4.2g
魚肉ソーセージ 1本
(95g)
12.0g
はんぺん 1枚(120g) 13.7g
缶詰 さば缶詰
(みそ煮)
1缶(190g) 12.5g
いわし缶詰
(味付け)
1缶
(100g)
5.7g
冷凍食品 冷凍ぎょうざ 2個
(50g)
11.9g
冷凍クリームコロ
ッケ
(フライ用)
2個(47g) 9.8g
冷凍エビフライ
(フライ用)
2尾
(58g)
11.8g
乳製品類 牛乳 210g 10.1g
ヨーグルト 100g 11.9g
糖質の多い食品一覧:お菓子

糖質の多い食品一覧で、お菓子についてまとめたのが下記です。
糖質の多い食品ベスト10

食品名 100gあたりの糖質(g) 100gあたりの食物繊維(g)
あめ 97.5 0
ガム 96.9 0
せんべい(甘辛) 85.7 0.6
あられ 82.9 1.3
せんべい(塩) 82.3 0.8
マシュマロ 79.3 0
キャラメル 77.9 0
かりんとう 74.5 1.7
ウエハース 74.1 1.2
きび団子 73.2 0.3
せんべい(揚げ) 70.7 0.5
ようかん 66.9 3.1
コーンスナック 64.3 1
カステラ 62.6 0.6
あま納豆 62.4 4.7
クラッカー 61.8 2.1
ビスケット 61.2 1.4
八つ橋(あん入り) 61 3.3
タルト 59.4 1.5
ドーナッツ 59.1 1.2
まんじゅう(蒸し) 56.3 2.9
どら焼 55.4 3.5
スポンジケーキ 53 0.8
きんつば 52.7 6.5
さくら餅 51.6 2.6
チョコレート 51.5 3.9
ポテトチップス 50.5 4.2
ポップコーン 50.3 9.3
大福もち 50.3 2.5
まんじゅう(くずざくら) 49.2 2.2
いまがわ焼(=たい焼) 46.8 1.8
ショートケーキ 46.5 0.6
かしわもち 45 1.7
くし団子(しょうゆ) 44.9 0.3
くし団子(あん) 44.3 1.2
ういろう 44 0.1
水ようかん 37.8 2.2
ちまき 36.3 0.1
ワッフル 35.3 0.7
アップルパイ 31.4 1.3
エクレア 22.1 0.2
シュークリーム 22.1 0.2
ババロア 20 0
オレンジゼリー 15.2 0.1
プリン 14.7 0
コーヒーゼリー 9.5 0
糖質の多い食品一覧:主食

糖質の多い食品一覧で、主食についてまとめたのが下記です。

食品名 糖質
食パン 66.7g(6枚カットの2枚)
 中華麺  55.8g(中華麺200g)
 パスタ  53.8g(パスタ200g)
 白米  44.2g(白米120g)
 そば  43.2g(そば180g)
 うどん  41.6g(うどん200g)
 じゃがいも  19.6g(じゃがいも120g)
 ビーフン  55.3g(ビーフン70g)
 春雨  83g(春雨100g)

乾麺パスタを生パスタ風に!

乾麺パスタを一工夫するだけで、もっちもちの生パスタ風にすることができます。やり方は下記の通りです。

  • 乾麺パスタを水に浸けて1時間放置
  • 水から出して、1分から2分程度茹でる
糖質の多い食品一覧:調味料

糖質の多い食品一覧で、調味料についてまとめたのが下記です。
糖質の多い食品ベスト10

食品名 100gあたりの糖質(g) 100gあたりの食物繊維(g)
白砂糖 99.2 0
黒砂糖 89.7 0
コーンスターチ 86.3 0
くず粉 85.6 0
さつまいもでん粉 82 0
かたくり粉 81.6 0
はちみつ 79.7 0
白胡椒 70.1 0
コーンスープ(粉末) 67.4 0
黒胡椒 66.6 0
みりん 54.9 0
ハヤシルウ 45 2.5
固形コンソメ 41.8 0.3
カレールウ 41 3.7
からし 40.1 0
わさび(ねり) 39.8 0
顆粒風味調味料(粉) 31.1 0
ソース(とんかつ) 29.9 1
ベーキングパウダー 29 0
カレー粉 26.4 36.9
ソース(ウスター) 26.3 0.5
トマトケチャップ 25.6 1.8
チリソース 24.4 1.9
めんつゆ(3倍濃厚) 20 0
酒粕 18.6 5.2
オイスターソース 18.1 0.2
味噌 17 4.9
ドレッシング(和風・ノンオイル) 15.9 0.2
粒入りマスタード 12.7 0
ドライイースト 10.5 32.6
マーボー豆腐の素 10.4 0
しょうゆ(濃口) 10.1 0
サウザンアイランドドレッシング 8.9 0.3
めんつゆ(ストレート) 8.7 0
コーンスープ(液状) 8.6 0
トマトピューレー 8.1 1.8
薄口醤油 7.8 0
トマトソース 7.4 1.1
ドレッシング(イタリアン) 5.9 0
フレンチドレッシング 5.9 0
チリペッパーソース 5.2 0
マヨネーズ 4.5 0
とうばん醤 3.6 4.3
トマト水煮缶(ホールトマト) 3.1 1.3
2.4 0
マーガリン 1.2 0
昆布だし(液) 0.9 0
洋風だし(液) 0.3 0
バター 0.2 0
バター(無塩) 0.2 0
オリーブオイル 0 0
かつおだし(液) 0 0
ごま油 0 0
サラダ油 0 0
0 0
ショートニング 0 0
ラード(=豚脂) 0 0
ラー油 0 0
牛脂 0 0
煮干だし(液) 0 0
中華だし(液) 0 0
鶏がらだし(液) 0 0
糖質の多い食品一覧:野菜

糖質の多い食品一覧で、野菜についてまとめたのが下記です。野菜はカラダに良いビタミンや食物繊維が豊富ですが、野菜の糖質には注意が必要です。
糖質の多い食品ベスト10

食品名 100gあたりの糖質(g)
切干大根(乾) 46.8
かんぴょう(乾) 37.8
ゆりね 22.7
にんにく 20.6
かぼちゃ(西洋) 17.2
コーン缶(クリーム) 16.8
とうもろこし 15.5
コーン缶(ホール) 14.5
れんこん 13.8
そら豆 12.9
とうがらし 12
グリンピース 11.3
かぼちゃ(日本) 9.7
ごぼう 7.6
スナップえんどう 7.4
たまねぎ 7.2
にんにくの茎 6.9
エシャロット 6.4
ミニトマト 5.8
にんじん 5.8
赤ピーマン 5.6
ながねぎ 5
わけぎ 4.6
芽きゃべつ 4.6
生姜 4.5
枝豆 4.3
レッドキャベツ 3.9
さやえんどう 3.9
トマト 3.7
キャベツ(生) 3.4
かぶ(根) 3.4
ヤングコーン 3.3
こねぎ 2.9
さやいんげん 2.9
米なす 2.9
なす 2.9
きくの花 2.8
だいこん(根) 2.8
ピーマン 2.8
ふきのとう 2.8
アスパラガス(ホワイト) 2.6
キャベツ(ゆで) 2.6
アスパラガス(グリーン) 2.5
オク 2.4
たけのこ 2.2
冬瓜 2.2
ししとうがらし 2.1
白菜(生) 1.9
ラディッシュ 1.9
きゅうり 1.9
カリフラワー 1.9
だいこん(葉・ゆで) 1.8
うど 1.8
セロリ 1.7
レタス 1.7
白菜(ゆで) 1.5
ズッキーニ 1.5
にら 1.4
かいわれだいこん 1.4
リーフレタス(ちりめんちしゃ) 1.4
パセリ 1.4
つまみ菜 1.3
にがうり 1.3
サニーレタス 1.2
明日葉 1.1
水菜 1.1
三つ葉 1
ちんげん菜 0.9
しゅんぎく 0.8
ふき 0.8
もやし(緑豆) 0.8
かぶ(葉) 0.7
小松菜 0.6
せり 0.6
ぜんまい(ゆで) 0.6
ブロッコリー 0.6
みょうが 0.5
葉しょうが 0.5
たらの芽 0.5
サラダ菜 0.4
つるむらさき 0.4
ほうれん草 0.4
モロヘイヤ 0.4
しそ 0.2
たけのこ 0.1
クレソン 0
しその実 0
じゅんさい 0
なの花 0
バジル(生) 0
もやし(大豆) 0
わらび 0
糖質の多い食品一覧:果物

糖質の多い食品一覧で、果物についてまとめたのが下記です。
糖質の多い食品ベスト10

食品名 食べる量 糖質(g)

1個

39.3

ざくろ

1個

31.0

グレープフルーツ

1個

28.4

ぶんたん

1個

28.0

バナナ

1本

27.8

ラフランス

1個

26.9

マンゴー

半分

22.6

リンゴ

半分

20.4

ネーブル

1個

19.4

1個

17.4

バレンシアオレンジ

1個

16.2

いよかん

1個

16.1

ぶどう

1房

14.4

半分

13.5

スイカ

1切(約120g)

11.0

糖質の多い食品一覧:飲み物

糖質の多い食品一覧で、飲み物についてまとめたのが下記です。糖質が多い飲み物は、太る飲み物の一部でもあります。糖質だけが太る原因ではありませんが、糖質の多い飲み物は摂取量に注意しましょう。
太る飲み物
糖質の多い食品ベスト10

食品名 100gあたりの糖質(g) 100gあたりの食物繊維(g)
ミルクココア(粉) 74.9 5.5
昆布茶(粉) 39.6 2.7
梅酒 20.7 0
あま酒 17.9 0.4
ぶどうジュース/ストレート 14.4 0.1
ぶどうジュース/10%果汁 13.1 0
炭酸飲料 12.8 0
パイナップルジュース/10%果汁 12.4 0
りんごジュース/ストレート 11.8 0
グァバジュース/20%果汁 11.5 0.8
コーラ 11.4 0
りんごジュース/30%果汁 11.4 0
ピーチネクター 11.2 0.4
パイナップルジュース/ストレート 11 0
オレンジジュース/50%果汁 10.7 0.1
オレンジジュース/ストレート 10.7 0.3
みかんジュース/ストレート 10.6 0
アセロラジュース/10%果汁 10.3 0.2
グレープフルーツジュース/ストレート 10.2 0.1
オレンジジュース/30%果汁 10 0
グレープフルーツジュース/20%果汁 9.7 0
レモン(果汁) 8.6 0
紹興酒 5.1 0
豆乳(調整豆乳) 4.5 0.3
日本酒 4.5 0
ワイン(ロゼ) 4 0
発泡酒 3.6 0
野菜ジュース 3.6 0.7
トマトジュース 3.3 0.7
ビール 3.1 0
豆乳 2.9 0.2
ワイン(白) 2 0
ワイン(赤) 1.5 0
コーヒー 0.7 0
麦茶 0.3 0
日本茶(せん茶) 0.2 0
ウーロン茶 0.1 0
ジン 0.1 0
ラム 0.1 0
紅茶 0.1 0
日本茶(ほうじ茶) 0.1 0
日本茶(番茶) 0.1 0
ウィスキー 0 0
ブランデー 0 0
焼酎 0 0
日本茶(玉露) 0 0
日本茶(玄米茶) 0 0
抹茶(粉) 0 38.5
レモン

皮を下にして絞ると香り成分が多く出て美味しく感じます。

糖質の少ない食品一覧

先ほどは糖質の少ない食品ベスト10を紹介しましたが、糖質が少ない食品はこれだけではありませんので、糖質の少ない食品一覧を食品の種類ごとにまとめましたので参考にして下さい。

糖質の少ない食品一覧表
種別 食品 分量 糖質/g
肉類 牛肩ロース 266g 0.5g
牛ヒレ 105g 0.6g
牛ひき肉 50g 0.3g
豚ロース 25g 0.1g
豚ヒレ 100g 0.1g
豚ひき肉 50g 0.0g
ロースハム 約1枚
(11g)
0.2g
ベーコン 約1枚
(19g)
0.05g
ウインナーソーセージ 約1本
(15g)
0.5g
鶏むね肉
(皮なし)
125g 0g
鶏もも肉
(皮つき)
40g 0g
鶏ひき肉 50g 0g
魚介類 あ じ 約1匹
(90g)
0g
あ じ
(開き干し)
約1匹
(92g)
0.1g
しらす干し 15g 0.1g
まぐろさしみ 短冊1本
(210g)
0.0g
あさり 90g 0.1g
牡 蠣 20g 0.9g
ブラックタイガー
(エビ)
60g 0.2g
するめいか 1パイ
(190g)
0.3g
ゆでタコ 50g 0.1g
かまぼこ 10g 1.0g
乳製品類 プロセスチーズ 20g 0.3g
ナチュラルチーズ 20g 0.2g
カマンベール
チーズ
100g 0.9g
糖質の少ない野菜類 キャベツ 30 1.1g
レタス 30g 0.5g
ブロッコリ 50g 0.4g
白 菜 約2枚
(280g)
5g
きゅうり 120g
(1本)
2.2g
だいこん(根) 120g 2.9g
な す 130g 3.4g
大豆もやし 50g 0g
枝 豆 50g 1g
しめじ 50g 0.75g
にんにく 8g
(1片)
1.6g
果物類
アボガド 200g
(1個)
1.28g
ブルーベリー 10粒(10g) 1.0g
レモン 1切れ(10g) 0.7g
梅干し(ハチミツ漬けではないもの) 大粒1個(15g) 0.9g
調味料 濃い口しょうゆ 大さじ約1杯
(18g)
1.8g
豆味噌 大さじ約1杯
(18g)
1.4g
オイル オリーブオイル 大さじ約1杯
(18g)
0g
アマニ油 大さじ約1杯
(15g)
0g
サラダ油 大さじ約1杯
(18g)
0g
無塩バター 8g 0g
缶詰 さば缶詰
(水煮)
1缶
(160g)
0.3g
いわし缶詰
(油漬)
1缶
(70g)
0.2g
まぐろツナ缶
(油漬)
1缶
(80g)
0.1g
その他 たまご 58g 0.1g
煎りクルミ 10g 0.4g
アーモンド(無塩) 10g 1g
煎りごま 10g 0.6g
木綿豆腐 400g
(1丁)
4.8g
絹ごし豆腐 400g
(1丁)
6.8g
油揚げ 45g
(約1/2枚)
0.6g
納 豆 50g 2.6g

糖質制限食のレシピ

糖質の多い食品を控え、糖質の少ない食品を積極的に使ったのが、糖質制限食の料理レシピです。糖質は生きて行くために必要な栄養素ですが、気をつけないと摂り過ぎてしまうので、日々の小さな心がけが大切です。
糖質の多い食品ベスト10

糖質制限食で糖質を抑えるいなり肉のレシピ

糖質制限食で糖質を抑えるいなり肉のレシピは、下記の通りです。

材料

白米は糖質の塊なので、糖質制限をする場合には、とっても邪魔な存在ですので、それを肉に置き換えます。

  • 肉:あげに入るだけ
  • 千切りキャベツやカイワレ:あげに入るだけ
  • すしあげ:4枚
  • 白ごま:少量
作り方
  • すしあげを半分にカットして袋状にする
  • すしあげをレンチン1分
  • すしあげの粗熱をとる
  • 塩コショウや焼き肉のたれなどで味付けして肉を焼く
  • すしあげに千切りキャベツなどを入れる
  • すいあげに肉をのせてごまを少々

糖質制限食で糖質を抑えるガッツリ系オススメ昼食肉野菜炒めのレシピ

糖質制限食で糖質を抑えるガッツリ系オススメ昼食肉野菜炒めのレシピは、下記の通りです。

材料
  • 豚肉:100g
  • ニンニクの芽:100g
  • もやし:100g
  • 塩胡椒:お好みの量
作り方
  • 食べやすいサイズに肉とニンニクの芽をカットする
  • 肉、ニンニクの芽、もやしの順に炒めで塩胡椒で味を整える

糖質制限食で糖質を抑える糖質制限ランチに生大根のニラ玉スープがけのレシピ

糖質制限食で糖質を抑える糖質制限ランチに生大根のニラ玉スープがけのレシピは、下記の通りです。

材料
  • 大根:好きなだけお好み量
  • ニラ:好きなだけお好み量
  • 卵:1個
  • 塩:少々
  • こしょう:少々
  • ガラスープのもと:少々
  • みりん:少々
  • 醤油:少々
  • ごま油:少々
  • 乾燥わかめ:好きなだけお好み量
作り方
  • 大根はできる限りうす切りにして(大根サラダみたいに)水にさらしておく ラーメン器にラーメンスープ量くらいの水を入れる
  • 小鍋に移す
  • 強火にかけ食べやすい大きさに切ったニラ、わかめを入れ、沸騰したら弱火にしみりん、塩こしょう、醤油をする
  • ガラスープのもとを加えニラに火が通ったら味見をして調整し強火にして溶き卵を入れふわふわに火が通ったら火をとめる
  • 大根の水気をきり器に入れ、小鍋ニラ玉スープを入れ、ごま油をまわし入れる

糖質制限食で糖質を抑える豆腐キムチのマヨネーズかけのレシピ

糖質制限食で糖質を抑える豆腐キムチのマヨネーズかけのレシピは、下記の通りです。

材料
  • 豆腐:1/4丁(75g)
  • キムチ:豆腐に乗る量
  • 糖質オフのマヨネーズ:お好みで好きなだけ
作り方
  • 豆腐の水を切り、お皿に盛る
  • 豆腐の上にキムチを乗せる
  • 豆腐キムチの上にたっぷりのマヨネーズをかける

糖質制限食で糖質を抑えるお好み焼き弁当のレシピ

糖質制限食で糖質を抑えるお好み焼き弁当のレシピは、下記の通りです。

材料
  • もやし:半袋
  • 小松菜:2束
  • たまご:2個
  • チーズ:ひとつかみ
  • こしょう:少々
  • かつお節:好きなだけお好みで
  • 青のり:好きなだけお好みで
作り方
  • フライパンに油を熱する
  • もやし・小松菜を炒める
  • しんなりしたらチーズを入れる
  • 野菜を手前に寄せる
  • 空いたスペースに、こしょうを入れたタマゴを流し込む
  • 半熟のうちに野菜を巻き込み形を整える
  • 糖質オフのソースとマヨネーズをかける
  • かつお節・青のりをかける
糖質制限の食事メニュー

糖質制限の食事メニューは、思ったほどストレスがかかるものではありません。白米が大好きって人には物足りなさがあるかも知れませんが、それ以外の人は、おかずを多めに食べれば糖質制限は意外とラクにできます。糖質制限ダイエットのやり方は下記の特集記事を参照して下さい。
糖質制限ダイエットやり方

糖質とは

糖質とは何なのでしょうか?三大栄養素の一つであり、摂取すると体内でブドウ糖に変化して、脳の唯一のエネルギー源になります。糖質制限をすると頭が痛く成る場合があるのは、このためです。
糖質の多い食品ベスト10

糖質は英語で

糖質は英語で、carbohydrate・sugariness・saccharinityなどのように言います。Sugarだと単なる糖になってしまいますね。

糖質オフとは

糖質オフとは、食品や飲料に含まれている糖質が、食品100g当たり5g、飲料100ml当たり2.5g以下であれば、糖質オフになりますが、表記として糖質0%オフとされています。

糖質ゼロとは

糖質ゼロとは、食品100gあるいは飲料100mlに含まれる糖質は0.5g未満の場合に使われ、糖質ゼロ以外にも、ノン糖質・糖質レス・糖質無などが使われます。

糖質オフと糖質ゼロの違い

オフもゼロも同じような意味ですが、糖質オフと糖質ゼロの違いがあり、まとめると下記のようになります。

オフ/ゼロ 食品100gあたり 飲料100mlあたり
糖質オフ 5g以下 2.5以下
糖質ゼロ 0.5g未満 0.5g未満
低糖質とは

糖質ゼロや糖質オフというのに似ているのが、低糖質です。糖質ゼロや糖質オフは上記のように定義が決まっていますが、低糖質には定義はありません。おおむね目安としては下記のようになります。

種類 食品100gあたり
肉類 1g以下
魚類 1g以下
魚介類 1g以下
調味料 1g以下
油脂 1g以下
酒類 1g以下
野菜類 3.7g以下
きのこ類 3.7g以下
果物 3.7g以下
豆類 9g以下
海藻類 9g以下
糖質のカロリー

糖質のカロリーは、どれくらいあるのでしょうか?糖質のカロリーは、1gあたり4キロカロリーで、タンパク質と同じです。脂肪はこれよりも高くて、1gあたり9キロカロリーです。

糖質と脂質の組み合わせは太る原因

糖質と脂質の組み合わせはとっても太る原因になります。糖質のカロリーと脂質のカロリーを掛け合わせたくらい体脂肪がつきやすくなるので、脂質たっぷりの丼ものやスイーツは太りたいと言っているようなものです。

糖質と炭水化物の違い

糖質と炭水化物の違いは、主に食物繊維があるかどうかです。糖質と食物繊維を合わせたものが炭水化物と言ってもいいでしょう。ですので、糖質制限と炭水化物制限は同じようなイメージですが異なります。

炭水化物抜きダイエットを行うということは、炭水化物に含まれている食物繊維も一緒に抜いてしまうことになります。そうすることによって食物繊維不足になり、便秘になりやすいのです。

糖質の効果・効能

糖質の効果・効能には、どのようなものがあるのでしょうか?糖質は、ブドウ糖に分解されてカラダ中に送られてエネルギーになりますが、この時にビタミンB1が必要になります。

ビタミンB1の多い食品を糖質と一緒に摂ることによって、糖質を効率的にエネルギー変換できるので、糖質が余って体脂肪になりにくく、ダイエットに繋がります。
ビタミンB1の多い食品

糖質の効果:筋トレ

糖質の効果としては、糖質のエネルギーにより、筋トレの際に高負荷なトレーニングが行えるので、筋力アップに繋がります。筋肉量が増えると体脂肪率が下がります。

体脂肪を落とすことも重要ですが、筋肉量を増やすことも体脂肪率を下げるには重要なのです。体脂肪を減らし、体脂肪率を落とす方法については、下記の特集記事を参照して下さい。
体脂肪率を落とす方法

糖質の必要量

糖質の必要量は、女性や男性と言った性別によって異なるのでしょうか?また、若者や年齢を重ねた中年や老人では、必要な摂取量に違いがあるのでしょうか?

糖質の摂取量

一日に必要な糖質の摂取量は、年齢や性別、活動量によって異なります。これは、消費カロリーが異なるので、それに合わせて糖質を摂取する必要があります。
糖質の多い食品ベスト10
厚生労働省によると、一日の消費カロリーのうち、60%を糖質から摂取するように規定されています。これをもとに必要な摂取量を計算してみます。

30代から40代の女性に必要な糖質

デスクワーク中心で活動量の少ない30代から40代の女性に必要な糖質は、下記のようになります。

  • 1日に必要な摂取カロリー:1750キロカロリー
  • そのうちの糖質:1750キロカロリー×60%=1050キロカロリー
  • 糖質は1gあたり4キロカロリーなので、262g程度の糖質が必要
30代から40代の男性に必要な糖質

デスクワーク中心で活動量の少ない30代から40代の男性に必要な糖質は、下記のようになります。

  • 1日に必要な摂取カロリー:2300キロカロリー
  • そのうちの糖質:2300キロカロリー×60%=1380キロカロリー
  • 糖質は1gあたり4キロカロリーなので、345g程度の糖質が必要

糖質の不足

糖質が不足しても、体脂肪を燃焼させてエネルギーを作るから大丈夫!なんて思っていませんか?この体脂肪を燃焼させる時にケトン体が作られてヤバイことになりますよ!

糖質の欠乏症

糖質の欠乏症になると、エネルギー不足による疲労・ケトアシドーシス・ケトン血症・筋肉量が減ってリバウンドしやすい体質になる・不眠症などが考えられます。

糖質の過剰摂取

他の栄養素に比べて糖質の過剰摂取は簡単に出来てしまいます。糖質は脳のエネルギー源であるブドウ糖になることもあり、カラダが自然と欲する栄養素であり、美味しく感じるので多くの食品に含まれているからですね!

糖質の過剰症

糖質の過剰症になると、肥満・脂肪肝・脳梗塞・心筋梗塞・高血糖・糖尿病・高血圧症・高脂血症・動脈硬化などになります。糖尿病の食事療法を参考に過剰摂取に気をつけましょう。
糖尿病の食事療法

糖質の吸収率

糖質の吸収率は、ほぼ100%です。糖質は、糖類・少糖類・多糖類に分類され、構造が複雑になる多糖類になるほど、血糖値の上昇が抑えられるので、太りにくくなります。

糖質の害

糖質の害によって、免疫力が低下します。砂糖の1日の摂取量の目安は、体重50kgの人で25gなので、糖質が多すぎるという場合には、控えるようにしないと病気になりやすくなります。

糖質の多い食品

糖類とは

糖類とは、単糖類と二糖類に分けられ、もっとも血糖値が急上昇しやすい太りやすい糖質だと言えます。

単糖類とは

単糖類とは、ブドウ糖・ガラクトース・果糖に分けられ太りやすい糖質です。

二糖類とは

二糖類とは、ショ糖・乳糖・麦芽糖・砂糖・ジュースなどの甘いもので太りやすい糖質です。

少糖類

少糖類には、オリゴ糖があります。オリゴ糖には、イソマルトオリゴ糖・ガラクトオリゴ糖・大豆オリゴ糖・フラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖・ビートオリゴ糖(ラフィノース)・乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)という種類があります。

オリゴ糖を摂取することによって、腸内環境が改善されて、便秘解消になり美肌やダイエット効果が期待できます。オリゴ糖に加えて、乳酸菌ダイエットで人気な乳酸菌サプリを摂取すると更に効果が高まります。
乳酸菌サプリのランキング

多糖類とは

多糖類には、デンプン・ご飯・パン・麺類・イモなどがあります。糖質のなかでは血糖値が比較的上がりにくく太りにくいのですが、食べる量が多いので、太る原因になるで注意が必要です。

特に、イモは、ポテトサラダとして使われていますが、サラダという名前からダイエットや健康に気を使っている風なのに、マヨネーズなどで脂質も加えられて、糖質と脂質が多く太る原因にもなるので注意しましょう。

糖質の監修医師、教授

糖質の監修医師、教授としては、ゆるやかな糖質制限の提唱者として、情熱をもって治療と研究に取り組んでいる糖尿病センター長の山田悟医師がいらっしゃいます。完璧な治療効果を求めて患者さまに我慢を強いるのではなく、患者さまの幸せを考える視点も大切ではないか、山田医師は語っています。

どうすれば糖化が防げるのか

糖質を必要以上に摂取していまうと体内のタンパク質と結合してAGEが生まれ、糖尿病をはじめとした様々な生活習慣病になる危険性が高まるだけでなく、肌の老化や肥満など見た目としてもイヤな状態に陥ります。ですので、糖化を防ぐ食べ物などが特集された下記の記事を参照して、糖化対策を行うことをおすすめします。
糖化を防ぐ食べ物

糖質の多い食品ベスト10を控えるだけでもゆるい糖質制限が行える。糖質オフと糖質ゼロに騙されず、低糖質の食事メニューでダイエットしよう。糖質の多い食品と脂質を一緒になんてカロリーも多く最悪だ!糖質と炭水化物をごっちゃにしていないか?

オリゴ糖とは

オリゴ糖とは、どのような糖なのでしょうか?オリゴ糖は、単糖が2個から10個結びついたものを指していて、ミネラルの吸収促進や腸内細菌を増やす働きなどがあります。
オリゴ糖の効能
このような働きから多くの人が悩む便秘や血糖値の上昇、糖尿病などの生活習慣病を改善するためにオリゴ糖のチカラに注目が集まっています。オリゴ糖には多くの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

腸内細菌を増やして腸内環境を整えるならオリゴ糖を大量に摂取しようというのは間違いです。どんなに良い物でも過剰摂取はマイナス効果を生みます。オリゴ糖をどのように活用すれば良いのか学んでいきましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

オリゴ糖を使いこなせば腸内環境を整えて健康的にダイエットができます。

オリゴ糖の効能

オリゴ糖の効能としては、腸内細菌を増やして腸内環境を整えることによって、便秘解消、ダイエット、美肌、血糖値の改善、糖尿病の改善などが考えられます。
オリゴ糖の効能

オリゴ糖で便秘を改善

オリゴ糖で便秘を改善されるのは、腸まで届いたオリゴ糖を善玉菌が食べて乳酸や酢酸などの酸を出し、悪玉菌が酸に負けるために善玉菌が増えて悪玉菌が減ります。

また、便が溜まる大腸は中性ですが、善玉菌が酸を出すことで酸性に近づいてしまうので、酸を出そうとぜん動運動が活発になります。それだけでは足りない場合には、酸を薄めようと水分量を増やすので便が柔らかくなります。大ぜん動については、下記の特集記事を参照して下さい。


オリゴ糖の効能
▶大ぜん動

オリゴ糖で血糖値を改善

オリゴ糖で血糖値を改善できるのは、オリゴ糖は甘いにもかかわらず、難消化性なので消化・吸収できません。なので、血糖値を急上昇させることがありません。血糖値を下げる方法については、下記の特集記事を参照して下さい。


オリゴ糖の効能
▶血糖値を下げる方法

オリゴ糖で糖尿病を改善

オリゴ糖で糖尿病を改善できるのは、さきほどの血糖値のところで血糖値に変化を与えないと話しましたが、これに加えて、インスリン濃度にも影響を与えないので、糖尿病の改善に役立ちます。糖尿病の食事療法については、下記の特集記事を参照して下さい。


オリゴ糖の効能
▶糖尿病の食事療法

オリゴ糖の種類

オリゴ糖の種類は、難消化性オリゴ糖6種類と消化性オリゴ糖1種類の合計7種類があります。これらのうち、腸まで届くのは、消化できない難消化性オリゴ糖です。※イソマルトオリゴ糖が消化性オリゴ糖でそれ以外が難消化性オリゴ糖です。
オリゴ糖の効能

ビートオリゴ糖

ビートオリゴ糖は、砂糖大根とも呼ばれる甜菜から摂れるオリゴ糖で、大腸の善玉菌99.9%を占めるビフィズス菌のエサに最速でなるというオリゴ糖です。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、ニンニクや玉ねぎなどから摂れるオリゴ糖で、特定保健用食品に認可を受けています。砂糖のような慣れ親しんだ甘味が特徴です。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は、牛乳(牛の初乳)や母乳から摂れるオリゴ糖で、食品として作る場合には、乳糖を酵素反応させて作られます。母乳に含まれるってことは赤ちゃんは豊富に摂取できるわけですね。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖は、大豆などのマメ科の植物から摂れるオリゴ糖で、少糖類であり砂糖の7割程度の甘さがあります。ラフィノース、ショ糖、スタキオースなどが大豆オリゴ糖に含まれます。

乳果オリゴ糖

乳果オリゴ糖は、乳糖とショ糖を酵素処理することで摂れるオリゴ糖で、ラクトスクロースと呼ばれ、全てのオリゴ糖の中で最も甘いのが特徴です。

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は、食物繊維のキシランを酵素分解することで摂れるオリゴ糖で、単糖のキシロースが二つ合わさったキシロビオースが主成分です。

イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖は、味噌や醤油、ハチミツなどに含まれていますが、トウモロコシから作られて食品になるオリゴ糖です。スーパーなどでも良く見かける特定保健用食品に認可を受けているオリゴ糖です。

オリゴ糖で腸内環境を整える

オリゴ糖を摂取すると腸内細菌のエサになります。悪玉菌や日和見菌は食べるだけですが、善玉菌は乳酸や酢酸などを出して、悪玉菌はこの酸に弱くてやられてしまいます。ですので、オリゴ糖だけでも腸内環境を整えるチカラがあります。

オリゴ糖と砂糖の甘さ比較表

オリゴ糖と砂糖の甘さ比較をしてみると下記表のようになります。

オリゴ糖の種類 甘さ(%)
大豆オリゴ糖 70~75
乳果オリゴ糖 50~70
イソマルトオリゴ糖 40~65
キシロオリゴ糖 40~50
フラクトオリゴ糖 30~60
ガラクトオリゴ糖 20~25
ビートオリゴ糖 20~25

オリゴ糖のランキング

オリゴ糖のランキングの上位は下記の通りです。
オリゴ糖の効能

順位 商品 オリゴ糖 配合量
1位 カイテキオリゴ
  • ラフィノース
  • ミルクオリゴ糖
  • 乳糖
  • フラクトオリゴ糖
  • イソマルトオリゴ糖
  • 環状オリゴ糖
ほぼ100%
2位 はぐくみオリゴ
  • ガラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • ラフィノース
オリゴ糖原料のみ使用
3位 オリゴのおかげ
  • 乳果オリゴ糖
55%
オリゴ糖の市販

オリゴ糖の市販としてはドラッグストアで下記のようなものが買えます。
オリゴ糖の効能

  • イソマルトオリゴ糖シロップ
  • オリゴ糖シロップ
  • オリゴのおかげ ダブルサポート
オリゴ糖の食品ランキング

オリゴ糖の食品ランキングとしては、下記のようなものがオリゴ糖の含有量が多いです。

順位 食品名 含有量
1位 ヤーコン 8.0g
2位 きな粉 7.0g
3位 甜菜 5.0g
4位 ささげ 4.0g
5位 いんげん 3.7g
6位 ごぼう 3.6g
7位 えんどう豆 3.1g
7位 あずき 3.1g
9位 たまねぎ 2.8g
9位 エシャロット 2.8g
オリゴ糖の糖質

オリゴ糖の糖質はどれくらいなのでしょうか?オリゴ糖は、100gあたり75gから85gでかなり高糖質です。ただし、オリゴ糖は低GIで、血糖値を上げにくいという特徴があります。低糖質ダイエットのライザップでもオリゴ糖をおすすめしています。


オリゴ糖の効能
▶ライザップでオリゴ糖をおすすめ

オリゴ糖のカロリー

オリゴ糖のカロリーは、難消化性の性質であるガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ラクトスクロース、大豆オリゴ糖、キシロオリゴ糖などは、1gあたり2キロカロリー、イソマルトオリゴ糖などの消化性オリゴ糖は1gあたり4キロカロリー程度です。

オリゴ糖のてんさい

オリゴ糖のてんさいとは、何なのでしょうか?てんさいとは、甜菜と書く砂糖大根とも呼ばれるものです。大根とは関係ないアカザ科のフダンソウ属の植物です。ビートオリゴ糖やラフィノースと呼ばれるものです。

オリゴ糖の100パーセント

オリゴ糖の100パーセントなのは、てんさいです。天然のオリゴ糖であり、純度が高く他のオリゴ糖とは全くの別物と言えます。細かく言うと、精製過程において98%程にはなってしまいます。

オリゴ糖は危険?副作用は?

オリゴ糖に危険はないのでしょうか?適量のオリゴ糖を摂取する分においては、危険性や副作用などはありません。ですが、大量に摂取することによって、お腹がゆるくなり下痢をする可能性はあります。
オリゴ糖の効能

オリゴ糖は赤ちゃん

オリゴ糖は赤ちゃんに与えることができます。なぜなら、母乳にもオリゴ糖が含まれているからです。赤ちゃんにオリゴ糖を与える場合には、下記が適量になります。

  • 6ヵ月未満:0.5g/日
  • 6ヵ月以上:1g/日

オリゴ糖の使い方

オリゴ糖の使い方としては、コーヒーや紅茶などの飲み物に入れたり、ヨーグルトに入れるのが甘味が加わって良いでしょう。また、赤ちゃんの場合には、ミルクに入れるのも良いでしょう。
オリゴ糖の効能

オリゴ糖とヨーグルト

オリゴ糖とヨーグルトの相性は抜群であり、ヨーグルトに入っている乳酸菌やビフィズス菌の善玉菌が腸内環境を整えるだけでなく、オリゴ糖が善玉菌のエサになって、さらに腸内フローラを改善してくれます。
オリゴ糖の効能

オリゴ糖を英語

オリゴ糖を英語では、[oligosaccharide]と表記します。

オリゴ糖の効能で便秘や糖尿病、血糖値の改善!食品の糖質やカロリーのまとめ

オリゴ糖の効能で便秘や糖尿病、血糖値の改善ができる。オリゴ糖の種類は豊富で気になる食品の糖質やカロリーを抑える。オリゴ糖の市販ランキングも見逃せないが、てんさいなら100パーセント危険なしで赤ちゃんでも大丈夫なのか。ヨーグルトの使い方も気になるよね?

糖質オフの危険性?

糖質オフの危険性?何を言っているの?糖質オフすればダイエットになるし、糖尿病対策にもなるからいいことばっかりでしょ!って思うアナタは落とし穴にまだ気づいていないだけなのです。

糖質オフの危険性

糖質オフというのは、摂取する糖質を制限するのですから、ダイエットに繋がるのは当然です。ですが、安易に糖質オフをするとダイエットどころか命を落とす危険性まであるのです。

ダイエット先生ダイエット先生

糖質オフは誰でも簡単に出来るダイエットなので流行るのは当然ですが、そこには危険性が潜んでいるので注意が必要です。

糖質オフのダイエット

糖質オフをするダイエットとは、摂取する糖質の量を制限して、その上で筋トレを中心にしたトレーニングを行って痩せるというのが本来の方法です。これを踏まえて糖質オフの危険性を見て行きます。

糖質オフの危険性

糖質オフの危険性1:人工甘味料

糖質オフの危険性一つ目は、人工甘味料です。糖質オフすればダイエットになるからと言って、糖質オフと書かれた商品がスーパーやコンビニなどに所狭しと並んでいます。

この糖質オフの商品には、人工甘味料が使われているものが少なくないので、この危険性に注意が必要です。糖質オフだと甘味が少ないから、人工甘味料で甘味をプラスして誤魔化しているんですね!

でも、人工甘味料ってどんな危険性があるんだろう?って思いますよね。人工甘味料には、ホルモンに影響を与えて脂肪を蓄えて太る危険性があるのです。また、味覚を鈍くし、依存性という危険性もあります。

糖質オフの商品に使われる人工甘味料の代表的なものは、サッカリン・アスパルテーム・スクラロース・アセスルファムK(acesulfame-K)などですので、これらは危険性があると覚えておく必要がありますね!

糖質オフの危険性2:体脂肪

糖質オフの危険性二つ目は、体脂肪です。糖質オフをした上で高負荷な筋トレを行っていれば良いのですが、多くの糖質オフダイエットを行っている女性たちは糖質オフだけをしているという危険性です。

糖質オフの危険性

糖質オフだけをやっていると体重は落ちます。この時に落ちるのは、体内の水分です。糖質オフをすると肝臓にある糖質が使われます。

肝臓に糖質1gを貯蔵する時に水分3gがくっついた状態なので、肝臓の糖質が使われると一緒に水分が減るのです。ですので、体重が減っても体脂肪は減らず水分が減っているだけという危険性です。

体脂肪が減っていればダイエットは成功へ導けるのですが、水分が減っているだけという危険性の高い方法では、一時的に痩せても、リバウンドによって太る危険性がとても高いのです。

糖質オフの危険性3:病気

糖質オフの危険性三つ目は、病気です。糖質オフを行う事によって、病気になる危険性があります。これは、栄養の片寄りによって病気の危険性が増すのです。

糖質オフの危険性

脳のエネルギー

糖質オフの食生活を送ると脳の栄養源であるブドウ糖が不足するので、集中力がなくなり、イライラしやすくなるので、暴飲暴食の危険性が増します。

ケトン体の害

糖質オフでブドウ糖が足りなくなると体脂肪を燃焼してエネルギーに変換しますが、この際に代謝物となるのがケトン体です。脂肪が燃焼されるなら良いのでは?というのは安易な考えです。

ケトン体が増えると体液が酸性に傾いて、悪心や嘔吐を引き起こす危険性があり、最悪の場合には昏睡状態などを引き起こす危険性まであります。

ドロドロ血液

糖質オフの食生活は、同時にタンパク質や脂質を多く摂取するとも言えます。過剰なタンパク質は肝機能を悪化させ、過剰な脂質は血液汚染により動脈硬化や心筋梗塞・脳卒中の危険性があります。

食物繊維

糖質オフを行うと穀物やイモ類それから果物などから本来であれば摂取できる食物繊維や様々な栄養素が不足するので、腸内環境が悪化して便秘の原因になります。便秘になると太る危険性が高くなります。

危険性のないダイエットは?

糖質オフのダイエットは危険性が多く存在するので、やめた方が良いというのが結論ですね。じゃあ、危険性のないダイエットとは何なのか?

糖質オフの危険性

ダイエットは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスで痩せるか太るかが決まります。ですので、太る危険性が少ないのは摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やすダイエット方法です。

消費カロリーを増やすには、有酸素運動や筋トレなどを行ってカロリーを消費し、代謝をアップする体質改善によって普段の生活を送るだけで消費カロリーが多くなるようにする必要があります。

摂取カロリーについては、食生活全般を見直した上で、置き換えダイエットを行うのが最もやりやすいダイエット方法ではないかと考えられます。

置き換えダイエットや断食(ファスティング)はリバウンドの危険性があるのでは?と思われるかも知れません。確かに間違った方法で行うとリバウンドの危険性があります。

ですが、これは間違った運動のやり方と行うと太る危険性があるのと同じです。ですので、正しいやり方で、置き換えダイエットや断食を行う必要があります。

また、この際に使う代替え食となる酵素ドリンクの選び方を間違えるとリバウンドの危険性が高まります。酵素ドリンクは、無添加・原液100%である必要があります。

これに加えて、発酵時に糖類を使っていなければ最高だと言えます。芸能人が使っていたり、安かったりして、人気の酵素ドリンクの多くは添加物が入っていて、原液を加水によって薄められた低品質なものです。

このような低品質な酵素ドリンクを使って、置き換えダイエットや断食を行うと痩せる効果が薄いだけでなく、ダイエット後にリバウンドによって、ダイエット前より太る危険性がとても高いのです。

じゃあ、無添加原液100%の酵素ドリンクを選びたいんだけど、どうすればいいの?って思いますよね!

ですので、味についても見極めた上で、無添加原液100%のものだけを厳選し、その中で酵素数・成分・発酵時の糖類・コスパ・カロリーなどを総合的に判断してランク付けしたのが下記の特集記事です。
体質改善を行う使用例も整理して記載されています。

酵素ドリンクランキング?
下記画像を今すぐタップ♪


糖質オフの危険性
▶無添加酵素ドリンクのランキング

糖質オフの危険性!流行りのダイエットに潜む3つの落とし穴のまとめ

糖質オフの危険性を考えた事はありますか?テレビや雑誌で糖質オフが取り上げられ、流行りのダイエットになっていますが、そこには多くの人が気づいていない落とし穴があるのです。これを知らないとヤバいですよ!

糖質制限ダイエットで4キロを3ヵ月で減量した成功例を検証し考察

糖質制限は、ダイエットを行う場合の一つの方法である食事(酵素)制限の中の1案です。また、糖質制限は、糖尿病の対策として医者から指示されて行う場合もあります。ですが、この糖尿病は、高強度の筋トレを行うことで完治することも可能です。但し、筋トレで治せるのは、先天的ではなく後天的な糖尿病の場合のみです。話がずれましたが、糖質制限ダイエットについて考察を行います。

下っ腹の贅肉をダイエットで落として健康的にスタイルを変える

「下っ腹の贅肉が気になっていた」というコメントがあります。ダイエットを始める動機として最も多いお腹周りの贅肉が気になってという典型的なものです。お腹周りの贅肉なので、有酸素運動を行うことがベストなのですが、運動が嫌いな場合には食事(酵素)を制限することで落とすことも可能です。ですが、あくまでも糖質を制限して少な目にするだけで糖質をカットしてはダイエットを失敗し、リバウンド街道まっしぐらになりますので注意が必要です。

炭水化物を制限してダイエットするがお菓子やケーキなどの甘味にも注意

「糖質は、甘いものや、ご飯や麺類、パンなどの主食に含まれています。」というコメントがあります。ここで注意したいのが、食事(酵素)をする時のご飯などの炭水化物だけを制限したのでは意味がなくて、甘いものにも糖質はもちろん含まれています。特に和菓子に比べて洋菓子は糖分が多く危険です。どうしても甘いものを食べたい場合には、アンコなどを使った和菓子にするとだいぶ糖分を少なくすることができます。また、砂糖不使用のチョコを食べるのも一案です。

糖質も余れば脂肪になるのでダイエット中は制限が必要

「糖質を取ると、エネルギーとして消費しきれなかったものは脂肪として蓄積」というコメントがあります。はい、確かに間違ってはいません。ですが、糖分は脳の唯一のエネルギー源です。ですので、全く糖質を摂取しないと脳は栄養不足になり働かなくなります。デスノートのエルがやっていた串ドーナッツや砂糖まみれのコーヒーのように糖分を摂取しても脳を働かせれば糖分は消費されます。むしろ、油の方が脂肪の原因になることを忘れない方が身のためです。

コーヒーにも砂糖を入れずに糖質を除いてダイエット

糖質制限と脂質制限でダイエット効果を考える

「糖質を制限する事で、脂肪の蓄積を抑え、痩せやすい体になる」というコメントがあります。確かに糖質を制限することで摂取カロリーも減りますので一時的に脂肪を含めた体重が減ります。ですが、必要な糖質についても制限した場合には、マイナス影響がありますし、そもそも痩せ易いカラダにはなりません。制限するのであれば、糖質よりも脂質の方がダイエットには重要です。

極端な糖質制限は返ってリバウンド体質を生みダイエットも失敗する

「毎食糖質制限はきついので、夜だけ制限」というコメントがあります。はい、これが結果的に功を奏したと言っていいでしょう。きつくてもストイックに毎食糖質制限をしていたら、一時的に脂肪を含めた体重が落ちても、最終的にはリバウンド体質に変わり、少しの糖質でも反応するようなカラダになってしまうのです。人のカラダは栄養が足りなければ、摂取した栄養を少しでも多く吸収しようとするようになるのです。生きる為のカラダの正常な反応です。

主食を代えてストレスを減らし筋肉を付けてダイエットに励む

「ご飯の代わりに木綿豆腐を主食にした」というコメントがあります。単純に主食である炭水化物の分を食べないようにするとお腹が空いてストレスになってしまうので、その代わりとなる何等かもものをプラスすることが重要です。この例の場合には、木綿豆腐を主食にしていますので、たんぱく質がプラスされています。この状態で筋トレやジョギングなどを行えば、筋肉が付きやすく基礎代謝アップしてダイエットに繋がります。

なぜそうするのか?

糖質制限ダイエットは、糖尿病になった人が病院に行って、お医者さんから指導を受けて始めることがあり、マイナス面もあるが糖尿病の改善という病気対策の即効性に重きを置いたやり方だと言えます。でも、ずっと続けてはダメです。それはなぜか?

4キロを3ヶ月で減らしダイエットをゆっくり行うリバウンド知らずの結果

「3ヶ月目に突入ですが、体重は4キロほど減り」というコメントがあります。ダイエットによって急激な体重変動は、リバウンドなどのマイナス現象が起きやすく問題があります。ですが、この場合には、1ヵ月に1~2キロ程度という理想的な体重減少ですので、良い体重変動と言えます。ダイエットをする場合には、ゆっくりと体重を減らして行くことが結果的に成功することに繋がるのです。

ぽっこりお腹を解消するには?

中年太り女性の気になる部位というと、ぽっこりお腹が最も多く、『ザ・中年太り』の代表的な体型が、ぽっこりお腹と言ってもいいほどです。では、この中年女性の大きな悩みとも言えるお腹の脂肪をスッキリ落とすには、どうすれば良いのでしょうか?

太り易いカラダを作る糖質制限は脳の活動も制限する

糖質制限はダイエットの方法として使われたり、糖尿病の方の治療目的で行われることがあります。確かに糖質を制限することで一時的に大きな体重減少を達成することができます。ただそれは、一時的なものです。

糖質制限で痩せた場合には、糖質を摂取した際に急激な血糖値の上昇があり、太り易くなってしまいます。一生糖質を摂取しないというのなら、まだ良いですが、そのようなことができますか?ストレスになりませんか?

糖質制限でお腹が空きストレスが溜まって太る

ダイエット先生ダイエット先生

糖質制限ダイエットってしたことある?


リバウンド女子リバウンド女子

あるよ!


ダイエット先生ダイエット先生

どう?痩せられた?


リバウンド女子リバウンド女子

う~ん、痩せたけど、結局リバウンドして太った。。。


「糖質制限は、ご飯、パン、麺、お菓子といった炭水化物を制限することです。」という口コミがあります。糖質制限においては、主に主食である炭水化物を制限しますので、当然お腹が空きます。他のおかずなどの制限があるものやないものがあり、おかずの制限がなければ、おかずを多く食べることで比較的お腹が空きにくくストレスが少ないと考えられます。

ですが、おかずで脂質を摂り過ぎれば当然ですが、太ります。また、おかずの制限も多い場合には、お腹が空きやすく、ストレスも溜まってドカ食いやリバウンドの危険性が高まります。

ブドウ糖がなくなると脳が栄養不足で危険がいっぱい

ダイエット先生ダイエット先生

糖質制限ダイエットしている時ってどうだった?


リバウンド女子リバウンド女子

お腹が空きやすくって、頭がぼぉ~っとしてたかも


ダイエット先生ダイエット先生

糖質を摂取しないと脳のエネルギーが不足してしまうことが原因ね!


リバウンド女子リバウンド女子

そっかぁ、頭が働かないと困ることって多いよね。


「脳の活動エネルギーはブドウ糖のみなので、完全に断ってしまうと低血糖状態となり、脳の活動が鈍くなる」という口コミがあります。糖尿病対策やダイエットの為とはいえ、糖質制限を極端にやってしまうと、たとえ痩せられたとしても、脳に栄養が行かず、一日中起きている間ぼーっとなったり、運転中でもやたら眠くなったり、普段の仕事でもイライラしたり、今まで以上にカラダがだるくなったりと言った様々な悪害があります。

生活習慣や人によって必要なブドウ糖の量は異なる

「一日中、頭を使ったり、運動量が多い人は、活動量が少ない人と比べて、ブドウ糖を必要とする量は多くなります。」という口コミがあります。デスノートのL(エル)が映画の中でコーヒーに溢れる砂糖を入れたり、串ドーナッツを食べたりと脳で使うブドウ糖摂取の為に、糖分を大量に摂っていましたが、頭を使うということは、それだけ糖質が必要ということなのです。

基礎代謝が低下すれば太り易くなるので筋トレが効果的

リバウンド女子リバウンド女子

最近太り易くなった気がする。


ダイエット先生ダイエット先生

それはきっと基礎代謝が低下しているのよ。


リバウンド女子リバウンド女子

基礎代謝?


ダイエット先生ダイエット先生

そう、基礎代謝が高ければ普段の生活で多くのカロリーを消費できるのよ。


リバウンド女子リバウンド女子

基礎代謝を高くするにはどうしたらいいの?


ダイエット先生ダイエット先生

そうね、運動が一番で、特に筋トレなどの無酸素運動が効果的よ。


リバウンド女子リバウンド女子

筋トレかぁ、苦手だなぁ


「基礎代謝量は、年齢が重なるにつれて、また筋肉量が少ない人ほど低くなっていきます。」という口コミがあります。ダイエットの基本で学んだように、基礎代謝が低くなれば当然太り易くなります。ですので、何もしないでいれば自然と基礎代謝は低くなってしまうので、定期的に運動をして基礎代謝をアップさせる必要があります。

運動には、ジョギングなどの有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動があります。基礎代謝をアップさせるのに効果的なのは、筋トレなどの無酸素運動になります。

糖質は一番最初に使われるが脂質は中々使われず贅肉になる

「エネルギーとして使われる順番は、①糖質②たんぱく質③脂肪の順です。」という口コミがあります。ですので、糖質は比較的簡単に消費できます。糖質を摂取してダラダラしていたら無理ですが、脳がブドウ糖をエネルギーにしていることから、頭を使う仕事や勉強を行ったり、運動で糖質が最初に消費されるので、少しの運動でも糖質は消費されます。一番の問題は脂質なのです。

運動とタンパク質などの栄養が筋肉を作り上げる

「筋肉量を増やすには、良質なたんぱく質を普段の食事から摂り、無理のない適度な運動をすることです。」という口コミがあります。食事をまったくしないで、運動をするとまともにチカラが出ないので、筋トレの効果も半減します。また、筋肉は分解と合成を繰り返していますが、筋トレで筋肉を鍛えても、合成する際にタンパク質や各種ビタミンがないと合成できずに、筋肉量がアップできません。

糖質制限は脳の活動も制限し太り易いカラダを作るのまとめ

糖質制限はダイエットや糖尿病対策として行われますが、極端な糖質制限を行うことで脳の活動が制限されて、結果的にリバウンドし太り易いカラダになってしまいます。完璧よりも少しゆるいくらいが成功への近道の場合もあります。炭水化物を全く食べないのは弊害もあるということなのです。

糖質制限は脳の活動も制限!リバウンド体質を作る痩せるブログのまとめ

炭水化物・糖質制限ダイエットはあまりにも有名で医者も勧めているくらいです。ですが、糖質制限をすると脳の活動が制限されて、リバウンド体質を作ることもあるというのです。当ブログでは、一時的に痩せる効果があったとしても、その後に太るようでは意味がないと考えています。

脳の栄養源

糖質は脳の唯一の栄養源だから、甘いものはいくら食べてもいいんだ!っていう言い訳をして、糖質が大量に含まれたお菓子やジュース、砂糖入りコーヒーなどを好んで摂取する人がいます。

確かに、糖質を完全カットしてしまったり、極端な糖質制限をしてしまうと脳への栄養が足りなくなり、様々な問題が発生してしまいます。だからといって、脳の為に大量の糖質を摂取してしまうのは、悪習慣と言わざるを得ません。

糖質制限や糖質カットは、ダイエットとしてブームを引き起こしたくらいですから、痩せる効果は確かにあります。しかも、糖質カットをすると大きな体重減少があるので、多くの人々が糖質カットダイエットに飛びついたのです。

ですが、糖質カットには、大きな落とし穴があります。脳への栄養が糖質であるという問題や、糖質カットによるダイエットがリバウンドの原因になり、ダイエット前より不格好に太ってしまうという問題があります。

ダイエット先生ダイエット先生

糖質の過剰摂取も、糖質カットも、カラダに悪影響がある食習慣です。

糖質を過剰摂取する悪習慣でどうなる?

糖質を必要以上に摂取するという悪習慣を続けていると、当然ですが太ります。摂取した糖質を消費し切るくらい頭を使ったり、運動をしたりすれば良いですが、糖質を摂取するのは簡単でも、糖質を消費するのは大変です。
糖質の習慣
糖質の過剰摂取という悪習慣を改善するダイエットは、糖質カットという問題のあるダイエットとは異なる健康で美しいスタイルを作りたい女性に最適なダイエット方法と言えます。

糖質を過剰摂取する悪習慣とは?

糖質は脳にとって非常に重要な栄養源です。そんな糖質でも過剰摂取してしまうと、太ってしまうだけでなく、カラダに様々な悪影響を与えてしまいます。一刻も早く糖質過剰摂取の悪習慣を断ち切りましょう。
糖質の習慣
お米離れが叫ばれている現在において、特に朝食は、甘いパンとコーヒーで目覚めのひと時を!という人も多いのではないでしょうか?甘いものが目を覚ましてくれるという人もいるようです。

この朝食に甘いパンや砂糖の入ったコーヒーというような多くの糖質を摂取する習慣は、アナタの健康を左右する内臓に多くの負担をかける悪しき習慣なのです。

下記のグラフにあるように朝は、膵臓の活動が低くなっていますので、糖質を分解するインシュリンの分泌量が少なくなっているのです。こんな状態の時に、糖質が一気に押し寄せて来たらどうなるのでしょうか?
糖質の習慣
そう、過剰な糖質を分解する為に、休んでいる膵臓を叩き起こして激務をさせることになり、細胞の老化を促進させてしまいます。細胞が老化すれば、カラダは老い、太りやすく痩せにくくなってしまいます。

では、甘いものは全く食べてはダメなのでしょうか?そんなことはありません。糖質を摂取するなら、適した時間帯に食べるように習慣づけを行いましょう。

糖質を摂取するのに適した時間帯というのは、膵臓が活性化している時ですね。この時であれば、インシュリンが大量に分泌されますので、膵臓にかかる負担が少なく、糖質を楽に処理することが出来ます。

糖質を摂取するのに適した具体的な時間は、16時から17時の間に間食として食べます。この時に摂取する糖質についても、ダイエットを考えるならば、カカオ70%以上のチョコレートなどを選択することで太りにくく痩せ易くなります。

ダイエット先生ダイエット先生

チョコは太るというイメージは、甘いチョコの話です。


糖質カットというと、炭水化物カットとイコールなイメージがあると思います。炭水化物を食べるのは、朝・昼・晩の食事を行う時ですよね!ということは、先ほどの16時から17時の間には当てはまりません。

まぁ、早く夕食を食べる人はギリギリ入るかも知れませんが、一般的には夕食を食べるには難しい時間帯ですよね。じゃあ、食事を行う時には炭水化物をカットするしかないのでしょうか?

そんなことはありません。炭水化物にも色々なものがあります。一般的に食べられている白米は、糖質の塊と言って良い食品です。ですので、白米という糖質を摂取することで血糖値が急上昇して、脂肪がつきやすくなります。

この糖質の塊である白米を、栄養価が高く、血糖値の急上昇も起こらない発芽玄米に代えることによって、この糖質を過剰摂取してしまう悪習慣から逃れることが出来ます。

発芽玄米には、糖質も含まれていますが、それ以上にGABAを始めとした多くの栄養素が含まれ、完全栄養食と呼ばれるほどに栄養豊な食品です。発芽玄米は自宅で簡単に作ることが出来ます。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。

発芽玄米で糖質過剰摂取の悪習慣を断ち切る!下記画像を今すぐタップ♪

糖質の習慣

話を甘いものに戻します。甘いお菓子なども糖質の過剰摂取に繋がりますが、朝食時や各食後、そして、仕事のお供としてコーヒーを飲む人は多いと思います。

このコーヒーですが、ブラックで飲むことによって、ダイエット効果がありますが、コーヒーにミルクや砂糖を入れてしまうと膵臓に負担がかかり、細胞の老化とともに太る原因になってしまいます。

ブラックコーヒーでダイエット!下記画像を今すぐタップ♪


糖質の習慣

但し、コーヒーなどに含まれるカフェインは、ストレスホルモンを増加させ、カラダの中に摂り入れた酵素の働きを邪魔してしまうので、1日に1~2杯程度にとどめることが望ましいです。

カフェインを摂取する習慣がある人は多いのですが、摂取し過ぎると老化や太る原因となってしまうので、ノンカフェインの飲み物を摂取する習慣に変えて行くことが推奨されます。

先ほどのコーヒーについても、ノンカフェインのコーヒーも売られていますので、そのようなコーヒーを選択することで、ストレスによる悪影響がなく、ダイエットを行うことが出来ます。

コーヒー以外でもノンカフェインの飲み物は色々売られていますので、アナタの好みに合わせて飲みやすいものを選択しましょう。糖質を含まず、ノンカフェインの飲み物を飲む習慣を身につけるだけでも、健康的に痩せられます。

コーヒーや紅茶にミルクを入れる人も多いのですが、牛乳は紅茶に含まれる有効成分を破壊するだけでなく、日本人の多くは乳糖を分解できないので、出来るだけ控えることが望ましいと考えられます。

また、コーヒーミルクとして売っている商品の多くは、牛乳ではなく、油から作られたものですので、牛乳以上に害があり、カラダの老化を早めますので、こちらも摂取を控えることをオススメします。

リバウンド女子リバウンド女子

牛乳だけじゃなく、偽物のミルクにも気をつけて!


牛乳の代わりとして推奨されるものとして、豆乳があります。豆乳は、畑の肉と呼ばれる大豆から作られたもので、日本人のカラダに慣れ親しんだ食品なので、消化吸収も良くオススメできる食品です。

この豆乳を使った豆乳ヨーグルトを摂取することで、良質なタンパク質と乳酸菌を摂取できます。ですので、朝食には是非、豆乳ヨーグルトをオススメします。毎朝の快便により、ぽっこりお腹も解消され、健康的なスタイルをゲットできますね!

糖質を過剰摂取する悪習慣でどうなった?

糖質の過剰摂取という悪習慣を改善するダイエットは、糖質カットという問題のあるダイエットとは異なる健康で美しいスタイルを作りたい女性に最適なダイエット方法と言えます。
糖質の習慣
糖質を必要以上に摂取するという悪習慣を続けていると、当然ですが太ります。摂取した糖質を消費し切るくらい頭を使ったり、運動をしたりすれば良いですが、糖質を摂取するのは簡単でも、糖質を消費するのは大変です。

糖質の悪習慣:はじめの一歩

糖質を過剰摂取するという悪習慣から抜け出すことが、健康的で老化を防ぐダイエットには重要であるということが分かりました。では、糖質を過剰摂取していたアナタは、まず何から始めれば良いのでしょうか?
糖質の習慣
それは、ダイエットに失敗し、リバウンドして太りやすくなってしまったアナタの体質を変えることです。

糖質摂取は老化の悪習慣!内臓活動ダイエットのまとめ

糖質を必要以上に摂取することは老化を促進する悪習慣と言えます。内臓活動ダイエットでは、糖質を抑えて細胞を若々しく保つことによって、痩せ易い体質を作り、リバウンドして太ることのない方法を推奨しています。

野菜の糖質という落とし穴

野菜はカラダに良いし、ビタミンや食物繊維がたっぷりだから、どんなに食べても大丈夫!と思っていませんか?サラダという名前で売られているポテトサラダやマカロニサラダは意外と高カロリーだったりします!

ポテトもマカロニも、糖質たっぷりですし、マヨネーズを使ったドレッシングで和えられていますから、カラダに悪影響があり、ダイエットの大敵とも言える存在でもあるのです。食べたらすぐ太るとかじゃないですけどね…

ダイエット先生ダイエット先生

サラダというヘルシーなイメージで売っているポテトサラダやマカロニサラダなどには注意が必要です!

野菜の糖質でどうなる?

糖質を控えるとダイエットや健康に良いというので、炭水化物を少な目にしているというアナタ!ポテトサラダやマカロニサラダ、そして、一部の野菜に多くの糖質が含まれていることを見逃していませんか?
野菜の糖質
糖質を控えるダイエットは、ある一定のダイエット効果はあります。但し、極端な糖質制限や糖質カットはリバウンドの危険性があります。また、糖質制限しているつもりが、野菜の糖質をガッツリ摂取してしまっている場合もあるので注意が必要です。

ダイエット先生ダイエット先生

糖質を考える時に野菜を忘れがちなので、サラダはダイエット食などというイメージを一度捨てましょう!

野菜の糖質とは?

野菜というとビタミンや食物繊維が豊富で、健康維持やダイエットに効果的な食品というイメージがあります。確かに、多くの野菜には、ビタミンや食物繊維、酵素など多くの栄養が詰まっていて、健康維持やダイエットに効果的です。
野菜の糖質
ですが、一部の野菜には、多くの糖質が含まれているということも、食事をする上で考慮しなければなりません。また、サラダというのは名ばかりで、実際は糖質やマヨネーズなどが多く入った太る原因になるようなサラダもあるから注意が必要です。

食事をする上で、糖質が気になるというのは、糖質によって血糖値が急上昇して脂肪がつき易くなってしまうからですよね?ですので、糖質が多く含まれる野菜は、太る原因になることを知る必要があります。※食べてはダメという訳ではありません。
野菜の糖質
糖質が多い野菜としては、ジャガイモ・カボチャ・サツマイモなどの芋系の野菜が多いです。これに加えて、抗酸化力が高く、健康維持やダイエットに効果的なニンジンも糖質が多いので、この点には注意が必要です。

ここで気をつけて欲しいのは、糖質が多く含まれている野菜は食べないということではありません。この糖質を考慮した上で、バランス良く食べることが大切なのです。特にニンジンは糖質が多いことを踏まえても、健康維持やダイエットに絶大な効果がある野菜ですので、積極的に食べたい野菜です。

リバウンド女子リバウンド女子

ニンジンのジュースって甘いもんね!


カボチャについても、カロテンやビタミンなどが豊富ですので、糖質が多いことを考慮して他の食品とバランスを取って食べるようにして下さい。カボチャには糖質が多いことを意識して献立を考えることが重要です。

糖質が多いとか少ないとか考えずに、野菜のビタミンや食物繊維そして酵素を摂取したいという場合には、酵素ドリンクを飲むようにすると良いでしょう。酵素ドリンクは、多くの野菜・果物・野草などから栄養素と酵素を凝縮しているので、健康とダイエットに大きな効果が得られます。

天然熟成野草酵素の効果

糖質の少ない野菜

糖質を気にせず野菜をもりもり食べたいという場合には、糖質の少ない野菜を選ぶと良いでしょう。下記に記載した野菜は、糖質が少ないので、大量に食べたとしても、太る原因にはなりません。※これが全てではなく一部です。

  • レタス
  • アスパラガス
  • チンゲン菜
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • セロリ
  • キュウリ
  • キャベツ
  • 白菜
  • キノコ類
  • ホウレンソウ
  • ピーマン
  • トマト

ダイエット先生ダイエット先生

糖質をいつ摂るか?ということもダイエットには重要なポイントです!


糖質が多い野菜を摂取してしまうと、糖質を分解する為に内臓が働く必要があります。糖質を摂取するなら、夕方が良いのですが、野菜は毎食食べたいものです。普段の食事では、糖質の少ない野菜を食べて、夕方に糖質の多い野菜を使ったサラダを食べるのも良いでしょう。

夕方に食べると言っても、忙しくて中々難しい!という場合には、スムージーを飲むというのも一つの賢い選択です。スムージーは自分で作ることも出来ますが、手間もお金もかかるので、市販品を買ってしまった方が、手軽で便利です。

野菜の糖質でどうなった?

糖質を控えるダイエットは、ある一定のダイエット効果はあります。但し、極端な糖質制限や糖質カットはリバウンドの危険性があります。また、糖質制限しているつもりが、野菜の糖質をガッツリ摂取してしまっている場合もあるので注意が必要です。
野菜の糖質
糖質を控えるとダイエットや健康に良いというので、炭水化物を少な目にしているというアナタ!ポテトサラダやマカロニサラダ、そして、一部の野菜に多くの糖質が含まれていることを見逃していませんか?

リバウンド女子リバウンド女子

ポテトサラダとかマカロニサラダって、サラダという名前に騙されてたかも!!!

野菜の糖質:はじめの一歩

野菜の糖質を気にしていない人はとても多く、野菜は全てダイエットに効果的だと思っている人もいるくらいです。野菜の糖質を考慮した上で、野菜を上手に摂取することで、健康的にダイエットできるということが分かりました。
野菜の糖質
では、野菜の糖質を考慮せずに、サラダだから、いくら食べても大丈夫!と考えて食べて来たアナタは、まず、何から始めれば良いのでしょうか?それは、ダイエットに失敗し、リバウンドして太りやすくなってしまったアナタの体質を変えることです。

野菜の糖質が落とし穴!内臓活動ダイエットのまとめ

野菜というとビタミンや食物繊維が豊富でダイエットと健康の強い味方というイメージですが、野菜の中には糖質が多く含まれて細胞の老化を促進したり、太る原因になることもあるので、そんな落とし穴にハマらないようにしなければなりません!

糖質の多い食品!ランキングで糖質オフや低糖質でも食べちゃダメ理由のまとめ

糖質の多い食品を控えるだけでもゆるい糖質制限が行える。糖質の多い食品のランキングメニューと脂質なんてカロリーも多く最悪だ!糖質オフや糖質ゼロだから食べていいものではない。低糖質の食事メニューでレシピを組み、糖質と炭水化物をごっちゃにしていないか?糖質とは?

糖質で糖化から美肌への道

糖質を多くとると糖化が起こります。糖化とは、タンパク質や脂肪が糖分とくっついて、肌が黄色くくすむ、老化する現象を言います。ですので、糖質は必要以上に摂取してはダメでなんです。
糖質の多い食品ベスト10
そんなこと言っても既にいっぱい糖質を摂ってるし、ストレス解消にもなるから甘い物がやめられない!って場合には、糖質を完全にカットすると逆にストレスになって肌にもよくありません。

ですので、甘い物は少し減らす程度で、カラダの外側から結果をコミットするライザップグループのエステナードリフティを使うことで、美容効果を促進できます。


目の下のたるみ改善方法で即効性抜群
▶エステナードリフティで目の下のたるみ取り

食べても飲んでも太らない流行りのこんな方法知ってる?

ダイエット方法で注目をあびているのが、痩せ菌ダイエットです。痩せている人には痩せ菌が多く、デブの人にはデブ菌が多いという分かりやすさが人気となっているのでしょう。

そんな流行りの痩せ菌ダイエットに使えるサプリを、ヤセ菌・デブ菌・短鎖脂肪酸の3つを主軸にして順位付けを行ったのが下記の痩せ菌ダイエット人気ランキングです。これを使えば、キレイに痩せること間違いなし♪


痩せ菌サプリ
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング