ビタミンCがレモン1個分ではダメ!

ビタミンCの多い食品ベスト10には、どのようなものがあるのでしょうか?ビタミンCがレモン1個分というとなんだか大量のビタミンCが入っているような気がします。これって、レモンが酸っぱいから、酸っぱいものにはビタミンCがいっぱい入っているに違いない!という思いこみから来ているんですね。
ビタミンCがレモン1個分
だから、果物とかの食材やサプリなんかでも、ビタミンCがどれくらい入っているかの比較基準として、レモンを使って表して、ビタミンCがいっぱい入っているレモンよりも、もっとスゴイよ!というのをアピールしているんですね。

さて、このビタミンCですが、お肌の美容に良いというイメージが強いのですが、ダイエット効果もあるというので、今まで気づかなかったビタミンCの効果・効能について調べてみました。きっと役立つ情報だと思いますよ!

ダイエット先生ダイエット先生

ビタミンCを十分に摂取するだけで、ダイエットできるなら簡単で誰でもできるんじゃないかな?

ビタミンCとは

ビタミンCとは、水溶性ビタミンの1種であり、ほとんどの動物は、ブドウ糖を基にしてウロン酸サイクルからビタミンCを体内で合成することができますが、ヒトやモルモット等は生合成に必要なL-グロノ-γ-ラクトン酸化酵素が欠損しているので、体内でビタミンCを合成できません。
ビタミンCがレモン1個分

ビタミンCがレモン1個分

ビタミンCがレモン1個分という表現が良く使われますが、レモン1個にはどれくらいのビタミンCが入っているのでしょうか?もちろん個体差はありますが、レモン1個には、20mgのビタミンCが入っているとされています。

ビタミンCは一日に

ビタミンCは一日にどれくらい必要なのでしょうか?性別や年齢によって必要量は異なるのでしょうか?また、ビタミンCが不足するとどうなってしまうのでしょうか?体内で合成できないから気になりますよね!

ビタミンCの必要量

ビタミンCの必要量は、年齢や性別それから妊娠時や喫煙しているかどうかによっても異なってきます。それらを整理した一覧が下記になります。尚、喫煙者は下記に35mgをプラスします。

性別 男性 女性
年齢等 推定平均
必要量
推奨量 目安量 推定平均
必要量
推奨量 目安量
0~5(月) 40 40
6~11(月) 40 40
1~2(歳) 30 35 30 35
3~5(歳) 35 40 35 40
6~7(歳) 45 55 45 55
8~9(歳) 50 60 50 60
10~11(歳) 60 75 60 75
12~14(歳) 80 95 80 95
15~17(歳) 85 100 85 100
18~29(歳) 85 100 85 100
30~49(歳) 85 100 85 100
50~69(歳) 85 100 85 100
70 以上(歳) 85 100 85 100
妊婦(付加量) +10 +10
授乳婦(付加量) +40 +45
ビタミンCがレモン4個分が必要

ビタミンCは年齢や性別、状況によって必要量が異なることが分かりましたが、非喫煙者の成人女性であれば、75mgが必要なので、レモン4個分のビタミンCが必要だということです。

ビタミンCの摂取量

ビタミンCの摂取量は、多すぎても少な過ぎてもダメです。どちらの場合でも、カラダに影響がでますので、推奨量を目安に目的に応じて摂取量を調整するようにしましょう。

ビタミンCの吸収率

ビタミンCの吸収率はとても高く、一日に200mgまでは90%の吸収率を誇ります。ですが、1,000mgを越えると吸収率は50%以下と大幅ダウンします。また、一日に400mg摂取すると飽和状態になり血しょうでのビタミンC濃度は増えなくなります。

ビタミンCの摂り過ぎ

ビタミンCの摂り過ぎによる悪影響としては、おならが大量に出たり、下痢をしたり、場合によっては結石の原因になります。個人差はありますが、一日に3,000mgを越えるようなビタミンCの摂取は悪影響がある危険性があります。

ビタミンCの不足

ビタミンCの不足が不足することによって、下記のような症状が出る危険性があります。ビタミンCはすぐに使われて蓄えて置けないので、毎日必要量を摂取するようにしましょう。

  • 一般症状:壊血病・鉄欠乏性貧血・食欲不振・下半身のむくみ
  • 口の症状:歯茎が腫れる・歯茎から出血しやすい・歯がぐらつく・歯が抜ける
  • 肌・毛の症状:傷が治りにくい・紫斑(あざ)ができやすい・過角化症(表皮や粘膜の角質層の肥厚化)・皮膚が乾燥し、きめの粗いうろこ状になる・光線過敏性皮膚炎・毛の乾燥やねじれ
  • 筋肉・骨の症状:筋肉痛・関節痛・骨膜化出血・骨の成長不良(小児)
  • 精神症状:うつ・疲労感・倦怠感
美容やダイエットに必要なビタミンCの摂取量

健康維持の為に必要なビタミンCの量は、800mgとされています。これに対し、美容やダイエットに必要なビタミンCの量は、2,000mgとされています。但し、個人差がありますので、摂取して体調が悪くなった場合には、摂取量を減らしましょう。

ビタミンCの食材

ビタミンCの食材としては、下記のようなものがあります。

食材名含有量
(mg/100g)
一単位あたり重量
(可食部)
一単位可食部あたりの
成分含有量
トマピー 200mg 1個80g(68g) 136mg
赤ピーマン 170mg 1個150g(135g) 230mg
黄ピーマン 150mg 1個150g(135g) 203mg
パセリ 120mg 1本5g(5g) 6mg
唐辛子 120mg 10本30g(27g) 32mg
芽キャベツ(ゆで) 110mg 1個10g(10g) 16mg
ケール 81mg 1枚200g(194g) 147mg
青ピーマン 76mg 1個35g(30g) 23mg
にがうり(油炒め) 75mg 1個193g(193g) 145mg
ルッコラ 66mg 1パック50g 33mg
のびる 60mg 10本35g(28g) 17mg
ブロッコリー(ゆで) 54mg 1個165g(165g) 89mg
カリフラワー(ゆで) 53mg 1個250g(250g) 131mg
しし唐辛子(油炒め) 49mg 1パック90g(90g) 44mg
かぶの葉(ゆで) 47mg 1株33g(23g) 11mg
かいわれ大根 47mg 1パック50g(50g) 24mg
さやえんどう(ゆで) 44mg 1枚22g(22g) 10mg
キャベツ 41mg 1枚50g(50g) 21mg
ミニトマト 32mg 1個15g(15g) 5mg
西洋かぼちゃ(ゆで) 32mg 厚さ1cm1枚25g 8mg
葉ねぎ 32mg 1本20g(19g) 6mg
高値漬け 30mg 1枚120g(120g) 36mg
クレソン 26mg 1わ40g(34g) 9mg
しその葉 26mg 10枚10g(10g) 3mg
あしたば(ゆで) 23mg 1わ175g(175g) 40mg
大根の葉(ゆで) 21mg 1本分180g(180g) 37mg

ビタミンCの果物

ビタミンCの果物としては、下記のようなものがあります。

果物名含有量
(mg/100g)
一単位あたり重量
(可食部)
一単位可食部あたりの
成分含有量
アセロラ 1700mg 1個8g(6g) 102mg
ゆず(果皮) 150mg 1個分40g(40g) 60mg
キウイフルーツ(黄肉種) 140mg 1個100g(85g) 119mg
70mg 1個250g(228g) 160mg
キウイフルーツ(緑肉種) 69mg 1個100g(85g) 59mg
あけび(果肉) 65mg 1個分30g(30g) 20mg
いちご 62mg 1個25g(25g) 16mg
パパイア 50mg 1個400g(260g) 130mg
レモン(果汁) 50mg 1個分36g(36g) 18mg
きんかん 49mg 1個10g(9g) 4mg
かぼす(果汁) 42mg 1個分18g(18g) 8mg
はっさく 40mg 1個250g(163g) 65mg
バレンシアオレンジ 40mg 1個分200g(120g) 48mg
ゆず(果汁) 40mg 1個分25g(25g) 10mg
グレープフルーツ 36mg 1個400g(280g) 101mg
なつみかん 38mg 1個350g(193g) 73mg
ライム(果汁) 33mg 1個35g(35g) 12mg
温州みかん 32mg 1個100g(80g) 26mg
ドリアン 31mg 1袋260g(221g) 69mg

ビタミンCの効果・効能

ビタミンCの効果・効能には、ダイエット効果・美肌効果・免疫力アップ・精神の安定・疲労回復などがあります。概ね不足すると起こる症状の逆と考えると理解しやすいと思います。

ビタミンCのダイエット効果

ビタミンCのダイエット効果としては、下記のようなものが考えられます。
ビタミンCがレモン1個分

筋肉量のアップ

筋肉の主原料はタンパク質ですが、筋肉を作る際に必要なコラーゲンの生成を助けるのがビタミンCです。筋トレをしても筋肉量が増えない場合には、タンパク質に加え、ビタミンCとHMBサプリを摂取することが推奨されます。
HMBサプリで筋密度をアップ

セルライトの抑制

セルライトは落ちにくく見た目もイヤですが、セルライトはコラーゲンが正常に作れないのも原因なのでビタミンCが役立ちます。なぜならば、ビタミンCによって、コラーゲンの生成が助けられるからです。
セルライトを撃退

過酸化脂質の抑制

過酸化脂質は、中性脂肪やコレステロールが溜まったものが、活性酸素によって酸化されたヤバイ脂肪です。必要以上に増えた過酸化脂質は、糖質や脂質の代謝を悪化させます。この酸化を抑えてくれるのが、抗酸化物質としてのビタミンCです。
中性脂肪を下げるには?

ビタミンCの監修医師・病院

欠乏すると壊血病(出血、関節痛、倦怠感)になります。食品ではパセリ、ブロッコリー、ピーマン、みかん、苺、緑茶、芋類などに含まれます。と中野区医師会で語られています。

タンパク質は、筋肉を主原料であるので、不足すると頑張って筋トレをしているのに全然、筋肉量が増えないよ…ってことになってしまいます。ですので、下記のタンパク質の多い食品を参考に必要量を摂取するようにしましょう。


ビタミンCの多い食品
▶タンパク質の多い食品

脂質はダイエットをしている女性に毛嫌いされるのですが、控えなければならないのは悪質な脂質だけで、良質な脂質は積極的に摂取すべきです。そうすることで体脂肪が燃えやすくなり、肌の乾燥も抑えられます。脂肪の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶脂肪の多い食品

炭水化物は、糖質を多く含んでいるので炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットによって迫害されています。ですが、糖質は脳のエネルギー源であり、不足すれば頭痛や吐き気なども引き起こします。糖質の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶糖質の多い食品

ナトリウム・塩分は、昔から私たち日本の食卓に多く含まれるミネラルであるため、過剰摂取が多くの医者などから指摘され、塩分の多い食品は控えるようにと指導されていることと思います。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶塩分の多い食品

カルシウムというと牛乳というイメージがありますが、乳糖が分解できない多くの日本人にとっては当てはまりません。詳しくは、下記のカルシウムの多い食品の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶カルシウムの多い食品

鉄分はマグネシウムと混同されやすいのですが、別物です。偏った食生活を送っていなければマグネシウムが不足することは考えにくいのですが、鉄分は女性に不足しやすく貧血の原因になるので、下記の鉄分の多い食品の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶鉄分の多い食品

ビタミンAは、目に良いビタミンというイメージが強いですが、それだけではなく生殖作用や感染予防などもあります。詳しくは、下記のビタミンAの多い食品の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンAの多い食品

ビタミンEは、強力な抗酸化作用の他、冷え性や肩こり、不妊症、コレステロールを下げるなどの効果が期待できます。めまいや老化防止などにも役立つビタミンEの多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンEの多い食品

ビタミンKは、欠乏すると出血傾向となり、骨粗鬆症や動脈硬化に関連しているのですが、納豆に含まれているのは知ってるけど、あとは良く分からないというのが本音ではないでしょうか?ビタミンKの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンKの多い食品

ビタミンB1は、チアミンとも呼ばれ、糖質および分岐脂肪酸をエネルギーに変換してくれるので、ダイエット効果も期待できます。不足すると脚気や神経炎などの症状が起きる危険性があるので、下記のビタミンB1の多い食品の特集記事を参照して積極的に摂取するように下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンB1の多い食品

ビタミンB2は、野菜や穀類などの植物性食品よりも、肉や魚などの動物性食品に多く含まれていて、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生だけでなく、体脂肪の燃焼にも大きく関わっています。ビタミンB2の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンB2の多い食品

ビタミンB6は、タンパク質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素、神経伝達物質である生理活性アミンの代謝の補酵素、ホルモン調節因子などとして働くので、不足すると痙攣やてんかん発作、貧血などを引き起こします。ビタミンB6の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンB6の多い食品

ビタミンB12は、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こります。ビタミンB12の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンB12の多い食品

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つだけでなく、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症、妊娠しやすい体作りなどの効果も期待されています。ビタミンDの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ビタミンDの多い食品

ナイアシンは、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3とも呼ばれます。三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠なので、健康的なダイエットに活躍する栄養素です。ナイアシンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶ナイアシンの多い食品

葉酸というと妊活をする女性に効果が高いとされて話題になっています。ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助けます。葉酸の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶葉酸の多い食品

パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助し、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関連しています。皮ふや粘膜の健康維持による美肌を目指すならパントテン酸の多い食品を下記の特集記事から参照し積極的に食べるようにしましょう。


ビタミンCの多い食品
▶パントテン酸の多い食品

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれており、それぞれの食品をバランス良く摂取することで、腸内環境を整えて便秘を解消して、美肌やダイエットの効果が得られます。健康的にダイエットするなら、下記の水溶性食物繊維の多い食品を下記の特集記事から参照し、積極的に食べるようにしましょう。


ビタミンCの多い食品
▶水溶性食物繊維の多い食品

コレステロールは、何でも悪者というわけではなく細胞膜やホルモン、消化液の材料になるので必要なものです。減らしたいのは、悪玉コレステロールと呼ばれるものですが、コレステロールを下げる食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶コレステロールを下げる食品

コレステロールの中でも減らしたいのが悪玉コレステロールですが、この悪玉コレステロールは、LDLコレステロールと呼ばれます。善玉はHDLと呼ばれますが、LDLコレステロール値を下げる食品は下記の特集記事を参照して下さい。
LDLコレステロール値を下げるには?

短鎖脂肪酸は、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造の脂肪酸の中で、酢酸、プロピオン酸、酪酸などが代表的です。痩せ菌ダイエットのポイントになる短鎖脂肪酸を増やす食品一覧については、下記の特集記事を参照して下さい。
短鎖脂肪酸を増やす食品

コラーゲンは、肌のたるみだけではなく、髪や爪にも良いので、美肌・美髪・美爪を目指す女性にとっては欠かせない栄養素ですね。コラーゲンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶コラーゲンの多い食品

マグネシウムは、単純に摂取量に気をつけるだけではなく、カルシウムとのバランスも大切です。不足すると偏頭痛や便秘の原因になるので、バランスの良い食生活を心がけましょう。マグネシウムの多い食品は、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶マグネシウムの多い食品

腎臓は、尿を作る・カラダのバランス調整・血圧調整・ホルモンの生成を行っているとっても大切な臓器です。腎臓病にならないために、腎臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


ビタミンCの多い食品
▶腎臓に良い食べ物・飲み物

肝臓は、食べ物の栄養素を代謝・解毒作用・胆汁の生成と分泌を行っているとっても大切な臓器です。肝臓病にならないために、肝臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


ビタミンCの多い食品
▶肝臓に良い食べ物・飲み物

カリウムは、カラダの中で過剰になった塩分を排出してくれる働きがあります。むくみで悩む女性や高血圧で悩む中高年の人々の救世主となってくれるのが、このカリウムの多い食品たちです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンCの多い食品
▶カリウムの多い食品

ビタミンCの美肌効果

ビタミンCの美肌効果としては、コラーゲンが重要な役割を果たします。私たちのカラダは水分とタンパク質でほとんどができていて、カラダの20%はタンパク質なのです。さらに、タンパク質の30%がコラーゲンなので、これが不足すれば肌が劣化するのは容易に想像できます。

ビタミンCは、肌を作り、肌の弾力を保つ働きがあるコラーゲンの生成を助けるだけでなく、コラーゲンとコラーゲンを繋げる役割もはたしています。ビタミンCは、これに加えて美白効果まであるのです。

ビタミンCの美白効果

ビタミンCの美白効果としては、メラニン色素の無色化によってシミの原因を減らします。これに加えて、シワやストレッチマークと呼ばれる妊娠線を目立たなくする効果もあります。
ビタミンCがレモン1個分

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは、抗酸化作用や美白成分としても知られる美容成分で、水溶性で不安定な成分であるビタミンCを安定させ、効果的に皮膚へ浸透させるために誘導体化して、吸収率をアップさせています。

ビタミンCを吸収

ビタミンCを吸収させたいからと言って、肌に直接ビタミンCが含まれる食材でパックをしても効果がないばかりか、お肌に悪い影響を与えてしまいます。キュウリパックなんてやっていませんか???

ビタミンCの美容液

ビタミンCを配合した美容液というか、ビタミンC誘導体を配合した毛穴の悩みを解決してくれる美容液としては、ソワンがおすすめです。なぜなら、毛穴の開き・毛穴の黒ずみ・角栓の全てに対応する美容液だからです。
毛穴の美容液

ビタミンCをサプリで

ビタミンCをサプリで摂取する場合には、摂取する場合には、摂り過ぎに注意しなければなりません。サプリで摂取する場合には、他の食品からも摂取していることを考慮して、1,000mgまでを推奨とされています。

ビタミンCの多い食品!飲み物の摂取量で効果ありサプリ過剰摂取NGのまとめ

ビタミンCの多い食品は摂取量で効果が異なる。ビタミンCの効能は野菜や果物など食べ物や飲み物なら良いがサプリの過剰摂取は副作用が危険性が高い。高濃度な誘導体を含む化粧水が人気だが、肌の奥まで浸透させて療法レベルまで引き上げないと意味がないのを知ってる?

おでこのしわは、目の下のたるみやほうれい線と並んで老け顔の代表的な症状だと言えるでしょう。このおでこのしわは中高年だけのものではなく、20代の女性でもなる原因があるんです。


おでこのしわをなくしたい
▶おでこのしわをなくしたい

悪玉と言われるLDLコレステロールが高いのをチェックするだけでなく、善玉のHDLコレステロールが低い場合もチェックしないとヤバい病気のリスクが高まります。


HDLコレステロールが低いなら善玉を増やす
▶HDLコレステロールが低いなら善玉を増やす!

スギ花粉を中心に日本人の多くが苦しんでいる花粉症ですが、食べ物や飲み物などで体質改善を行い、基本的な対策を徹底的に行うことで、薬に頼らずとも症状をかなり軽減することが可能です。


花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング
▶花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング

毎日の仕事や家事での疲れだけでなく、マラソンや筋トレなどの運動で疲労が溜まってパフォーマンスが向上しない時に、疲労回復サプリメントを使うことで今まで得られなかった最高のパフォーマンスを引き出すことができます。


疲労回復サプリメントのランキング
▶疲労回復メントのランキング

食物繊維は便秘解消、コレステロールの抑制、糖尿病の予防、高血圧の予防など生活習慣病やそれに繋がる多くの問題を解決してくれます。ですが、必要量を毎日摂取することは中々難しいので野菜ジュースで補うのも一つの手です。


食物繊維の多い野菜ジュースランキングベスト10
▶食物繊維の多い野菜ジュースランキングベスト10

カリウムやカフェインを含む飲み物や食べ物は利尿作用が強く、むくみを解消し、代謝アップすることによってダイエット効果があります。また、ツボ押しもむくみ解消には効果的です。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるから通常時とは食事の重要度が異なります。風邪やインフルエンザに感染してしまった場合でも薬を使ったいいのかどうかすら困ってしまうくらいなのです。妊娠中に何が良くて何がダメなのか、下記の特集記事を参照して下さい。


妊娠中の薬や運転時のシートベルト
▶妊娠中の薬や運転時のシートベルト

ビタミンCの多い食品ベスト10などでビタミンCがレモン1個分というと多い気がするが、ダイエット効果には、一日の摂取量として不足している。ビタミンCの多い食品で果物やサプリで必要量を!ビタミンc誘導体の美容液なら肌を美白できるが、効能も同じと勘違いしてない?

ビタミンCがレモン1個分というと多い気がするが、ビタミンCでダイエット効果を得るには、一日の摂取量として不足していて、果物などの食材やサプリでも必要量を考えないと効能がない!ビタミンc誘導体の美容液は吸収が良いので肌を美白できるが、同じだと勘違いしてない?

ビタミン剤を摂取する場合には、単一のビタミンだけでなく、マルチビタミンなどで満遍なくビタミンを摂取した上で、特に効果を得たいビタミンをプラスして摂取するのが、ビタミン剤の比較ランキングで間違いのない使い方だと言えます。
ビタミン剤の比較ランキング

ビタミンCが不足しないように、食べ物に気をつけるのって結構大変で、今の野菜は昔に比べて栄養価がめちゃめちゃ落ちてるから、大量に食べない限り無理なんです。だから、不足を簡単に補うには青汁ダイエットで人気のランキングでおすすめの青汁を使うと楽ですよ!
青汁ダイエットの人気ランキング