葉酸とは、なんですか?

葉酸の多い食品ベスト10にはどんなものがあるのでしょうか?葉酸とは、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間です。水に溶けやすく、加熱に弱いため、調理によって成分が失われてしまわないように調理法を工夫しないとすぐ不足してしまいます。ビタミンMやビタミンB9とも呼ばれます。
葉酸の食べ物でダイエット
葉酸と聞くと妊娠を望む女性が妊活のために葉酸サプリなどで摂取するというのが一般的ですが、ダイエット効果や育毛効果など男性にも必要なビタミンなのです。葉酸の効果を最大限に発揮させるためにはどうすれば良いのでしょうか?

ダイエット先生ダイエット先生

葉酸は妊活に加え、美容やダイエット、育毛など様々な効果が期待できます。

葉酸とビタミン

葉酸と他のビタミンには深いかかわりがあります。特にビタミンC・ビタミンE・ビタミンB12について、葉酸とどのようなかかわりがあるのか見て行きましょう。
葉酸の食べ物でダイエット

葉酸とビタミンC

葉酸とビタミンCは、吸収率向上に関係してきます。葉酸は水溶性のビタミンなので吸収率が低めです。この葉酸の吸収率をアップしてくれるのが、ビタミンCなのです。ビタミンCは美容やダイエットに良いですが、レモン1個分では不足してしまいます。
ビタミンCがレモン1個分では不足

葉酸とビタミンE

葉酸とビタミンEは妊活に大きく関係してきます。ビタミンEは妊娠ビタミンとも呼ばれ、不妊治療に用いられます。子宮内膜を厚くし、着床の準備を整える黄体ホルモンを活性化するからです。ビタミンEでダイエットするだけでなく、葉酸と組み合わせて妊活に取り入れましょう。
ビタミンEでダイエット

葉酸とビタミンB12の違い

葉酸とビタミンB12の違いというか、この二つには深いかかわりがあります。葉酸はDNAの合成や再生、血液の合成をする働きから造血ビタミンとも呼ばれます。ビタミン12は葉酸の働きを助け、葉酸の吸収も助けます。ビタミン12欠乏症には気をつけて下さいね!
ビタミン12欠乏症に気をつけろ

葉酸の効果・効能

葉酸の効果・効能には実に様々なものがあり、女性であれば、美肌や生理不順などに効果があり、男性であれば前立腺がんなどに効果があります。女性も男性も共通する効果としては、妊活・ダイエット・便秘解消・育毛などがあります。

葉酸の効果:いつから

葉酸の効果はいつから現れるのでしょうか?これは、カラダの血液や細胞が入れ替わる期間に関係してきます。人間の場合には、3ヵ月から4ヵ月程度かかると言われていますので、4ヵ月前から葉酸の摂取を心がけると良いということになります。遅くても妊娠1ヵ月前からは飲む必要があります。

葉酸の効果:いつまで

葉酸の効果はいつまで摂取しつづける必要があるのでしょうか?女性の妊娠をメインに考えた場合には、妊娠をして3ヵ月目までを目安に摂取を続ける必要があります。4ヵ月目以降は、得たい効果に合わせて摂取量を調整します。

葉酸の効果:妊活

葉酸の効果で妊活が挙げられます。これは、女性だけではなく、男性にも当てはまります。女性の場合は、子宮内膜に対する働きがあり、男性の場合には、精子の染色体異常に対する働きがあります。これにより女性と男性の双方から妊活が行えるわけです。
葉酸の食べ物でダイエット

葉酸の効果:妊娠前

葉酸の効果で妊娠前はどのようなものがあるのでしょうか?一つ目は、妊娠しやすいカラダ作りです。もう一つは、神経管閉鎖障害という赤ちゃんの先天的な奇形のリスクを下げる効果があります。

葉酸の効果:妊娠しやすい

葉酸の効果で妊娠しやすいというのは、子宮内膜を厚くして着床を助ける効果があるからです。これによって、女性が妊娠しやすい状態になって、男性の精子を受け入れる準備が整うというイメージですね。

葉酸の効果:妊婦

葉酸の効果で妊婦さんに考えられるものとしては、下記のものがあります。

  • 赤ちゃん:神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減
  • 赤ちゃん:流産・死産のリスクを軽減
  • 母体:貧血を予防
  • 母体:免疫機能や消化管機能を正常に保つ
  • 母体:高血圧や心疾患のリスクを低減

葉酸の効果:男性

葉酸の効果で男性に考えられるものとしては、育毛や前立腺がんの予防が挙げられます。これ以外に男性と女性共通のものとして、妊活やダイエットなどもありますので、葉酸は女性のための栄養素ではありませんよ!

葉酸の効果:育毛

葉酸の効果で育毛が挙げられます。これは、葉酸に髪の毛につやとハリを作るたんぱく質を合成し、毛包の細胞分裂を促進させる働きがあるので、育毛に効果があるとされているのです。

葉酸の効果:前立腺がん

葉酸の効果で前立腺がんの予防が挙げられます。前立腺がんは、男性がなりやすい癌の種類の第四位になるほど、発症しやすい癌ですが、デンマークの研究結果において、葉酸を摂取することによって、前立腺がんの発症率が12%減少することがわかっています。

葉酸の効果:ダウン症

葉酸の効果でダウン症の予防が挙げられます。ダウン症の原因は、精子や卵子の分裂異常・受精卵の分裂異常・遺伝がありますが、葉酸を必要量摂取することでリスクを70%下げる研究結果から厚生労働省が推奨するビタミンになっているのです。

葉酸の効果:便秘解消

葉酸の効果で便秘解消が挙げられます。葉酸の細胞分裂促進で腸内の粘膜細胞も代謝されことにより、腸の動きが正常化して便秘解消に繋がると言われています。
葉酸の食べ物でダイエット
この葉酸の便秘解消効果に加えて、腸内環境を整える乳酸菌を摂取することによって、頑固な便秘を解消して美容とダイエットの効果を得ることができます。これは乳酸菌ダイエットと呼ばれ、乳酸菌サプリを上手に取り入れることが重要です。
乳酸菌サプリのランキング

葉酸の効果:美肌

葉酸の効果で美肌が挙げられます。葉酸の働きによって、たんぱく質を合成することにより、肌が生まれ変わり、肌荒れが治るので美肌を手に入れることができるのです。
葉酸の食べ物でダイエット
美肌には、毛穴の三大悩みを解決することが重要です。毛穴の開き・毛穴の黒ずみ・角栓という三大悩みを解決するには、葉酸で内側からケアし、毛穴の美容液で外側からケアして、相乗効果を得ることが美肌への近道です。
毛穴の美容液で美肌をゲット

葉酸の効果:ダイエット

葉酸の効果でダイエットが挙げられます。葉酸には、血液を作る働きがあるので、血流量アップにより冷えが改善され、代謝がアップして痩せやすい体質に生まれ変わります。

ですが、体質改善には非常に期間がかかりますので、これに加えて気になるお腹周りの体脂肪を落とす漢方薬をダイエットに取り入れると効果的です。痩せたとウワサの漢方薬は、防風通聖散です。ダイエットの上級者は最終的に漢方薬にたどり着きます。
防風通聖散!口コミで痩せた効果

葉酸の効果なし

葉酸の効果なしと感じてしまっている場合には、摂取量が足りていません。妊活を行う女性の場合には、食事性葉酸で1040μg必要であり、合成葉酸で520μg必要なのです。全然足りてないんじゃないですか?
葉酸の食べ物でダイエット

血液検査の葉酸値が高い

血液検査の葉酸値が高い場合には、葉酸サプリなどによって過剰摂取が考えられます。なぜならば、通常の食事で摂取された葉酸であれば、過剰分は尿と一緒に排出されるので問題ないからです。

血液検査の葉酸値が低い

血液検査の葉酸値が低い場合には、アルコールの常用・ピルの服用・抗がん剤など特定の薬の服用・妊娠などが考えられます。このような場合において、葉酸サプリを服用することが推奨されるのです。

葉酸の必要量

葉酸の必要量は、女性や男性で異なるのでしょうか?また、年齢によっても異なるのでしょうか?そして、妊活ビタミンとも言われる葉酸は、妊娠の前後において必要量は異なるのでしょうか?

葉酸の摂取量

葉酸の摂取量は、通常時であれば下記の通りです。

  • 食事:240μg
  • サプリ:120μg

葉酸の摂取量で妊娠初期

葉酸の摂取量で妊活中や妊娠初期は、下記の通りです。

  • 食事:1,040μg
  • サプリ:520μg

葉酸の摂取量で妊娠中期

葉酸の摂取量で妊娠中期は、下記の通りです。

  • 食事:480μg
  • サプリ:240μg

葉酸の摂取量で上限値

葉酸の摂取量で上限値は、下記の通りです。

  • 18~29歳の食事:1,800μg
  • 18~29歳のサプリ:900μg
  • 30歳以上の食事:2,000μg
  • 30歳以上のサプリ:1,000μg

葉酸の不足

葉酸の不足は、アルコールの常用・ピルの服用・抗がん剤など特定の薬の服用・妊娠などによって起こりますが、不足するとどのような症状が発生するのでしょうか?

葉酸の欠乏症

葉酸の欠乏症になると、貧血・胎児の障害リスク・認知症・粘膜系疾患などが発症する危険性があります。このような症状が出た場合には、アルコールを控え、葉酸とビタミンB12を摂取するようにしましょう。
葉酸の食べ物でダイエット

アザルフィジンと葉酸欠乏症の副作用

アザルフィジンEN錠250mg/アザルフィジンEN錠500mgというアザルフィジンを摂取すると副作用として葉酸の吸収が低下して、葉酸欠乏症を引きおこす危険性があります。摂取する際には十分に注意を払いましょう。

葉酸の過剰摂取

葉酸の過剰摂取は、通常の食生活を送っているだけであれば、過剰分が尿と一緒に排出されるので問題になりません。ただし、葉酸サプリなどによって大量の葉酸を一気に摂取した場合には、過剰症が危惧されます。

葉酸の過剰症

葉酸の過剰症は、葉酸の摂取上限値を越えるような状態が続くと発熱・蕁麻疹・紅斑・かゆみ・呼吸障害などを引き起こす危険性があります。葉酸サプリの用途を守って摂取するようにすれば、過剰症の危険はないと考えられます。

葉酸の副作用

葉酸の副作用としては、過剰摂取による過剰症が考えられます。葉酸はビタミンですので、普通に摂取している分においてはカラダに害がある副作用はありませんが、葉酸サプリなどで過剰摂取に陥るとカラダに害があります。

葉酸の吸収率

葉酸の吸収率は、食べ物から得られるものにおいては、50%程度です。葉酸サプリにおいては、吸収率をアップさせる工夫がされていますが、高いものでも85%程度です。この吸収率をアップさせる為には、ビタミンB12を一緒に摂取する必要があります。

葉酸の食べ物

葉酸の食べ物としては、肉や魚の内臓系と野菜が代表的なものです。100g中の葉酸含有量としては、肉のレバーが圧倒的に多いのですが、他の部位と違いレバーを大量に食べるのは難しいですよね…

葉酸の多い食品一覧

葉酸の多い食品一覧として、葉酸を多く含む食品を下記の表にまとめました。

食品名 含有量(μg/100g) 一単位あたり重量(可食部) 一単位可食部あたりの成分含有量
鶏肝臓 1300μg 1個40g 520μg
牛肝臓 1000μg 1切れ40g 400μg
豚肝臓 800μg 1切れ30g 243μg
スモークレバー 310μg 厚5cm長さ10cm3枚45g 141μg
フォアグラ 220μg 厚1cm角6cm45g 99μg
いわのり(素干し) 1500μg 1枚10g(10g) 150μg
えだまめ(ゆで) 260μg 30さや75g(39g) 93μg
めキャベツ(ゆで) 220μg 5個50g(50g) 110μg
アスパラガス(油いため) 220μg 1本20g(20g)
3本60g(60g)
44μg
132μg
洋種なばな(ゆで) 240μg 1/4わ50g 120μg
ケール 120μg 1枚200g(194g) 233μg
そらまめ(ゆで) 120μg カップ1杯100g(75g) 90μg
ブロッコリー(ゆで) 120μg 1個165g(165g) 198μg
茎にんにく(ゆで) 120μg 10本100g(100g) 120μg
ほうれん草(油いため) 140μg 1わ210g(200g)
1/2わ105g(100g)
280μg
140μg
とうもろこし(ゆで) 86μg 1本220g(154g) 132μg
ドリアン 150μg 1袋260g(221g) 332μg
アボガド 84μg 1個230g(161g) 135μg
マンゴー 84μg 1個300g(195g) 164μg
ひよこまめ(ゆで) 110μg カップ1杯130g 143μg
玉露(抽出液) 150μg カップ1杯200g 300μg

葉酸のレシピ

葉酸のレシピとして、ほうれん草ポタージュを紹介します。

材料
  • ほうれん草:5株
  • 玉ねぎ:1/2個
  • ジャガイモ:小1個
  • 水:100cc
  • 豆乳:200cc
  • 塩コショウ:適量
  • ごま油:適量
作り方
  • 玉ねぎ・ジャガイモは薄切り、ほうれん草は4等分にする
  • ジャガイモを水にさらす
  • 中火でごま油を熱し、香りがたってきたところで野菜を投入
  • しんなりしたら 塩コショウを適量
  • 水を入れて沸騰直前まで熱して火を止める
  • 豆乳を入れて ミキサーにかける
  • カップに移して生クリームとパセリをトッピングして完成

葉酸の果物

葉酸の果物ランキングは下記の通りです。※100g中

  • 1位:枝豆(260μg)
  • 2位:モロヘイヤ(250μg)
  • 3位:パセリ、芽キャベツ(220μg)
  • 4位:菜の花(190μg)
  • 5位:グリーンアスパラガス(180μg)
  • 6位:クレソン(150μg)
  • 7位:こねぎ(120μg)
  • 8位:サニーレタス(120μg)
  • 9位:そら豆、にんにくの芽、ブロッコリー、わけぎ(120μg)

葉酸の野菜

葉酸の野菜ランキングは下記の通りです。※100g中

  • 1位:ドリアン(150μg)
  • 2位:ライチ(100μg)
  • 3位:いちご(90μg)
  • 3位:チェリモヤ(90μg)
  • 5位:パッションフルーツ(86μg)
  • 6位:アボカド(84μg)
  • 6位:マンゴー(84μg)
  • 8位:まくわうり(50μg)
  • 9位:グーズベリー(47μg)
  • 10位:アセロラ(45μg)

葉酸のサプリメントでおすすめ基準

葉酸のサプリメントでおすすめ基準としては、厚生労働省が推奨する合成葉酸(モノグルタミン酸型)400μgの摂取が可能であるかと無添加かどうかだけでなく安全かどうかという基準に基づいて、おすすめかどうかの判断基準となります。

なお、合成葉酸ではなく、天然葉酸の場合には、吸収率の違いから800μg摂る必要があります。妊活、妊娠中(初期、中期、後期)、授乳期の5つのステージにおける葉酸摂取量は下記の通りです。

時期/栄養素 葉酸(μg) ビタミンB6(mg) ビタミンB12(μg) 鉄(mg) ビタミンC(mg)
妊活中 480 1.2 2.4 6.5 100
妊娠初期 480 1.4 2.8 9 110
妊娠中期 480 1.4 2.8 21.5 110
妊娠後期 480 1.4 2.8 21.5 110
授乳期 340 1.5 3.2 9 145
摂取上限 1,000 45 なし なし なし

葉酸の監修医師・病院

欠乏すると造血障害(巨赤芽球性貧血)、神経障害、腸機能障害などを起こします。また、葉酸には過敏症があり発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害を訴える事があります。と中野区医師会で語られています。

タンパク質は、筋肉を主原料であるので、不足すると頑張って筋トレをしているのに全然、筋肉量が増えないよ…ってことになってしまいます。ですので、下記のタンパク質の多い食品を参考に必要量を摂取するようにしましょう。


葉酸の多い食品ベスト10
▶タンパク質の多い食品

脂質はダイエットをしている女性に毛嫌いされるのですが、控えなければならないのは悪質な脂質だけで、良質な脂質は積極的に摂取すべきです。そうすることで体脂肪が燃えやすくなり、肌の乾燥も抑えられます。脂肪の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶脂肪の多い食品

炭水化物は、糖質を多く含んでいるので炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットによって迫害されています。ですが、糖質は脳のエネルギー源であり、不足すれば頭痛や吐き気なども引き起こします。糖質の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶糖質の多い食品

ナトリウム・塩分は、昔から私たち日本の食卓に多く含まれるミネラルであるため、過剰摂取が多くの医者などから指摘され、塩分の多い食品は控えるようにと指導されていることと思います。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶塩分の多い食品

カルシウムというと牛乳というイメージがありますが、乳糖が分解できない多くの日本人にとっては当てはまりません。詳しくは、下記のカルシウムの多い食品の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶カルシウムの多い食品

鉄分はマグネシウムと混同されやすいのですが、別物です。偏った食生活を送っていなければマグネシウムが不足することは考えにくいのですが、鉄分は女性に不足しやすく貧血の原因になるので、下記の鉄分の多い食品の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶鉄分の多い食品

ビタミンAは、目に良いビタミンというイメージが強いですが、それだけではなく生殖作用や感染予防などもあります。詳しくは、下記のビタミンAの多い食品の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンAの多い食品

ビタミンEは、強力な抗酸化作用の他、冷え性や肩こり、不妊症、コレステロールを下げるなどの効果が期待できます。めまいや老化防止などにも役立つビタミンEの多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンEの多い食品

ビタミンKは、欠乏すると出血傾向となり、骨粗鬆症や動脈硬化に関連しているのですが、納豆に含まれているのは知ってるけど、あとは良く分からないというのが本音ではないでしょうか?ビタミンKの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンKの多い食品

ビタミンB1は、チアミンとも呼ばれ、糖質および分岐脂肪酸をエネルギーに変換してくれるので、ダイエット効果も期待できます。不足すると脚気や神経炎などの症状が起きる危険性があるので、下記のビタミンB1の多い食品の特集記事を参照して積極的に摂取するように下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンB1の多い食品

ビタミンB2は、野菜や穀類などの植物性食品よりも、肉や魚などの動物性食品に多く含まれていて、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生だけでなく、体脂肪の燃焼にも大きく関わっています。ビタミンB2の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンB2の多い食品

ビタミンB6は、タンパク質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素、神経伝達物質である生理活性アミンの代謝の補酵素、ホルモン調節因子などとして働くので、不足すると痙攣やてんかん発作、貧血などを引き起こします。ビタミンB6の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンB6の多い食品

ビタミンB12は、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こります。ビタミンB12の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンB12の多い食品

ビタミンCは、壊血病の予防・治療のほか、鉄分、カルシウムなどミネラルの吸収促進に用いられ、美肌・骨形成・コラーゲン合成・免疫力強化・ダイエットなどの効果が期待できます。ビタミンCの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンCの多い食品

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つだけでなく、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症、妊娠しやすい体作りなどの効果も期待されています。ビタミンDの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ビタミンDの多い食品

ナイアシンは、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3とも呼ばれます。三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠なので、健康的なダイエットに活躍する栄養素です。ナイアシンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶ナイアシンの多い食品

葉酸というと妊活をする女性に効果が高いとされて話題になっています。ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助けます。葉酸の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶葉酸の多い食品

パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助し、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関連しています。皮ふや粘膜の健康維持による美肌を目指すならパントテン酸の多い食品を下記の特集記事から参照し積極的に食べるようにしましょう。


葉酸の多い食品ベスト10
▶パントテン酸の多い食品

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれており、それぞれの食品をバランス良く摂取することで、腸内環境を整えて便秘を解消して、美肌やダイエットの効果が得られます。健康的にダイエットするなら、下記の水溶性食物繊維の多い食品を下記の特集記事から参照し、積極的に食べるようにしましょう。


葉酸の多い食品ベスト10
▶水溶性食物繊維の多い食品

コレステロールは、何でも悪者というわけではなく細胞膜やホルモン、消化液の材料になるので必要なものです。減らしたいのは、悪玉コレステロールと呼ばれるものですが、コレステロールを下げる食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶コレステロールを下げる食品

コレステロールの中でも減らしたいのが悪玉コレステロールですが、この悪玉コレステロールは、LDLコレステロールと呼ばれます。善玉はHDLと呼ばれますが、LDLコレステロール値を下げる食品は下記の特集記事を参照して下さい。
LDLコレステロール値を下げるには?

短鎖脂肪酸は、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造の脂肪酸の中で、酢酸、プロピオン酸、酪酸などが代表的です。痩せ菌ダイエットのポイントになる短鎖脂肪酸を増やす食品一覧については、下記の特集記事を参照して下さい。
短鎖脂肪酸を増やす食品

コラーゲンは、肌のたるみだけではなく、髪や爪にも良いので、美肌・美髪・美爪を目指す女性にとっては欠かせない栄養素ですね。コラーゲンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶コラーゲンの多い食品

マグネシウムは、単純に摂取量に気をつけるだけではなく、カルシウムとのバランスも大切です。不足すると偏頭痛や便秘の原因になるので、バランスの良い食生活を心がけましょう。マグネシウムの多い食品は、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶マグネシウムの多い食品

腎臓は、尿を作る・カラダのバランス調整・血圧調整・ホルモンの生成を行っているとっても大切な臓器です。腎臓病にならないために、腎臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


葉酸の多い食品ベスト10
▶腎臓に良い食べ物・飲み物

肝臓は、食べ物の栄養素を代謝・解毒作用・胆汁の生成と分泌を行っているとっても大切な臓器です。肝臓病にならないために、肝臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


葉酸の多い食品ベスト10
▶肝臓に良い食べ物・飲み物

カリウムは、カラダの中で過剰になった塩分を排出してくれる働きがあります。むくみで悩む女性や高血圧で悩む中高年の人々の救世主となってくれるのが、このカリウムの多い食品たちです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


葉酸の多い食品ベスト10
▶カリウムの多い食品

葉酸サプリ

葉酸サプリでおすすめできるのは、基準をクリアした下記です。

妊娠したいなら
下記画像を今すぐタップ♪

数量限定
残りわずか

ダイエット
▶公式サイトへ!

※『公式サイトへ』をタップしても、公式サイトへ移動しない場合にはキャンペーンが終了している可能性があります。

葉酸の多い食品ベスト10!ダイエット効果と妊活の女性以外に男性ものまとめ

葉酸の多い食品ベスト10だけで効果を得るのは難しく不足する分を葉酸サプリなどで補給する必要がある。葉酸の多い食品は妊活の女性だけに必要なのではなく男性にも効能があり葉酸欠乏症を防ぐ必要がある。妊娠・ダイエット・美容・育毛などに、いつから摂取すれば良いのか?

悪玉と言われるLDLコレステロールが高いのをチェックするだけでなく、善玉のHDLコレステロールが低い場合もチェックしないとヤバい病気のリスクが高まります。


HDLコレステロールが低いなら善玉を増やす
▶HDLコレステロールが低いなら善玉を増やす!

食物繊維の多い食べ物は料理の仕方によって摂取量が全く異なってきます。せっかく食物繊維の多い食べ物を選んでも調理中に水溶性食物繊維が流れ出してしまったらもったいないですよね?


食物繊維の多い食べ物で料理おすすめレシピ
▶食物繊維の多い食べ物で料理おすすめレシピ

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時に呼吸が止まってしまうのだが、寝ている本人は気づくことがなく、一緒に寝ている人にチェックしてもらうかイビキなどを録音するしかないのです。知らずに放置していると多くの合併症を招く怖い症状なのです。


睡眠時無呼吸症候群の治し方
▶睡眠時無呼吸症候群の治し方

妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるから通常時とは食事の重要度が異なります。風邪やインフルエンザに感染してしまった場合でも薬を使ったいいのかどうかすら困ってしまうくらいなのです。妊娠中に何が良くて何がダメなのか、下記の特集記事を参照して下さい。


妊娠中の薬や運転時のシートベルト
▶妊娠中の薬や運転時のシートベルト

葉酸の多い食品だけで効果を得るのは難しく食べ物で不足する分を葉酸サプリなどで補給する必要がある。葉酸とは妊活の女性が使うものと思われているが男性にも効能があり葉酸欠乏症を防がなければならない。妊娠・ダイエット・美容・育毛などに、いつから摂取すれば良いのか?

栄養はバランス良く摂ると良いと言いますが、特にビタミンB群はお互いを助け合い、相乗効果が期待できますので、ビタミンB群でダイエットや美肌などを手に入れたい場合には、他のビタミンB群も摂取するようにしましょう。
ビタミンB群でダイエット

ビタミン剤を摂取する場合には、単一のビタミンだけでなく、マルチビタミンなどで満遍なくビタミンを摂取した上で、特に効果を得たいビタミンをプラスして摂取するのが、ビタミン剤の比較ランキングで間違いのない使い方だと言えます。
ビタミン剤の比較ランキング

葉酸が不足しないように、食べ物に気をつけるのって結構大変で、今の野菜は昔に比べて栄養価がめちゃめちゃ落ちてるから、大量に食べない限り無理なんです。だから、不足を簡単に補うには青汁ダイエットで人気のランキングでおすすめの青汁を使うと楽ですよ!
青汁ダイエットの人気ランキング