ビタミン剤の比較ランキングで人気のニキビや口内炎などに効果が高い医薬品の処方一覧があれば、皮膚科でビタミン剤をもらう時に役立ちますよね!食べ物から得るビタミンとビタミン剤の違いや種類による働き方などの役割を整理します。下痢や尿で流れて困っていませんか?
ビタミン剤の比較ランキング
ビタミン剤とは、様々なビタミンを医薬用に製剤化して医薬品としたもので、合成品であるものがほとんどであり、脂溶性ビタミンでさえも吸収率を良くするために水溶性に変化させています。

ビタミン剤とは

単独のビタミン剤では、A・B1・B2・B6・Cなどがあり、複数のビタミンを混ぜて混合ビタミン剤としたものでは、下記のようなものがあり複合ビタミン剤とも言われます。

  • ビタミンB2とビタミンB6
  • ビタミンB1とビタミンB6とビタミンB12
  • ビタミンB1とビタミンB2とビタミンB6とビタミンB12
  • ビタミンCとパントテン酸カルシウム

医薬品やサプリメントなどのビタミン剤を使って、ニキビなどを改善して美肌を手に入れたり、ダイエットや様々な病気を改善するのに効果が高いのはどれなのか?どのような摂り方をすればいいのか?総合的に考えて行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

ビタミン剤の比較ランキングで人気のビタミンを使えば、美肌と健康でスリムなスタイルを手に出来ます!

女性において、ビタミンサプリメントの継続的な摂取で、循環器疾患発症リスクの低下がみられた

ビタミン剤を皮膚科で

ビタミン剤を皮膚科で処方してもらえるのは、下記の3点があります。
ビタミン剤の比較ランキング

  • シミ消し・メラニン抑制:ハイドロキノン
  • 肌荒れ全般:シナール錠
  • 肝斑・シミ:トランサミン

肌の悩みの中でも、毛穴の三大悩みと呼ばれる毛穴の開き・毛穴の黒ずみ・角栓を改善するなら、ビタミン剤でカラダの内側をケアし、毛穴の美容液で外側から肌を通してケアを行う必要があります。

ビタミン剤のシナール錠

ビタミン剤のシナール錠は、ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸(ビタミン5)が配合され、シミ・そばかすの緩和や予防、ニキビ・肌荒れ・口内炎という美肌効果抜群のビタミン剤です。

このビタミン剤のシナール錠に加えて、お肌の悩み全般に効果がある結果をコミットするライザップグループのエステナードリフティという美顔器を組合せれば、鬼に金棒となって、美肌を手に入れることが出来るでしょう。


目の下のたるみ改善方法で即効性抜群
▶エステナードリフティで目の下のたるみ取り

ビタミン剤の処方

ビタミン剤が処方される場合に、保険適用になるのか、保険適用外になるのかは治療内容によって異なります。ニキビ治療のようなものだと、同じビタミン剤の種類でも保険適用外になることが多いです。

ビタミン剤の医薬品とサプリメントの違い

ビタミン剤の医薬品とサプリメントの違いはどこにあるのでしょうか?医薬品は、治療や予防に使うものであり、サプリメントは栄養の補給に使うものです。現在における医薬品とサプリメントのビタミン剤は境目がないと言って良いでしょう。

ですので、値段や天然ものかどうかなどという品質でどちらを使うかを選ぶと良いかも知れません。ビタミンEやカルシウムなどは天然ものの方が明らかに吸収率や効果が高いので選ぶ際の参考にしましょう。

ビタミン剤の効果的な飲み方とタイミング

ビタミン剤の効果的な飲み方とタイミングを守ることによって、ビタミン剤の効果・効能を最大限に発揮して、美肌やダイエットの効果、病気の症状改善を早めることが出来ます。
ビタミン剤の比較ランキング

ビタミン剤の効果的な飲み方

ビタミン剤の効果的な飲み方は下記の通りです。

  • 十分な量の常温水で飲む
  • 適量を守って飲む
  • 効果を実感するために継続して飲む
  • 相乗効果がある組合せで飲む
  • 密封して冷暗所で保存する
  • 妊娠中はビタミンAの摂り過ぎに注意する
  • 喫煙者はβ-カロチンを避ける
ビタミン剤の効果的なタイミング

ビタミン剤の効果的なタイミングは下記の通りです。

  • 食事と一緒に飲む
  • アミノ酸は食事やスポーツの前に飲む
  • カルシウム・マグネシウムは空腹時に飲む
  • コラーゲンは夜に飲む

ビタミン剤でニキビを治す

ビタミン剤でニキビを治すなら、下記を摂るようにします。
ビタミン剤の比較ランキング

ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1・ B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンに分かれていますが、肌荒れ・ニキビ改善に欠かせないビタミンです。ビタミンB群で美肌を目指すなら下記を参照して下さい。
ビタミンB群で美肌を目指す

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用やメラニンを抑制するなどの働きと抗ストレスホルモンの生成に関わりがあり、ニキビの予防と改善にチカラを発揮してくれます。ビタミンCで美肌を目指すなら下記を参照して下さい。
ビタミンCで美肌を目指す

ビタミンA

ビタミンAは、免疫力を高めてアクネ菌の繁殖を抑制し、肌の潤いを保つので、ニキビや乾燥による肌トラブルの改善が期待できます。ビタミンAで美肌を目指すなら下記を参照して下さい。
ビタミンAで美肌を目指す

ビタミンE

ビタミンEは、血行促進効果があるので新陳代謝を活発にするので、ニキビ肌を回復させる効果が期待できます。また、抗酸化作用により紫外線などから肌を守ってくれます。ビタミンEで美肌を目指すなら下記を参照して下さい。
ビタミンEで美肌を目指す

ビタミン剤以外でニキビを治す

ビタミン剤以外でニキビを治すなら、下記を摂るようにします。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、ターンオーバーを正常化し、肌の水分保持力を高めてくれます。ターンオーバーが乱れれば肌の再生が遅くなり、ニキビの改善も遅くなり悪化が懸念されます。オメガ3脂肪酸で美肌を目指すなら下記を参照して下さい。
オメガ3脂肪酸で美肌を目指す

イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンと似た作用があり、皮脂の分泌を抑制する、肌を瑞々しく保つ働きがあるので、ニキビや肌荒れの改善に役立ちます。イソフラボンで美肌を目指すなら下記を参照して下さい。

乳酸菌

乳酸菌は、腸内環境を整えて肌荒れやニキビの原因となる便秘を解消してくれます。食物繊維や各種ビタミンに加えて、乳酸菌サプリを摂取することで乳酸菌ダイエットだけでなく、美肌が目指せます。
乳酸菌で美肌を目指す

ビタミン剤で尿が真っ黄色

ビタミン剤で尿が真っ黄色になるのは、リボフラビン(ビタミンB2)を必要以上に摂取したために尿から排出されたためです。逆に毎回、尿の色が透明に近い場合には、ビタミンB群が不足している可能性がありますので、欠乏症の症状が出ていないか確認しましょう。
ビタミンB群の欠乏症

ビタミン剤と下痢

ビタミン剤で下痢になる場合には、ビタミンCを過剰摂取した場合やマグネシウムの摂り過ぎが考えられます。下痢の原因が神経の乱れである場合には、ビタミンBによる神経の乱れを正常にする働きが活用できます。

ビタミン剤で人気

ビタミン剤で人気なものは、その価格が安価でありながら、効果が実感できるものが多いです。ここで、もうひとつ考えたいのが、合成品のビタミン剤によるカラダへの影響です。人気のビタミン剤で一時的に効果が感じられても、後々カラダを壊したら意味がありません。
ビタミン剤の比較ランキング

サプリメントと医薬品のビタミン剤の比較

サプリメントと医薬品のビタミン剤の比較をしてみると、成分の量と、性質が異なります。基本的には、サプリメントよりも医薬品の方が成分量が多く含まれている傾向にあります。だから、医薬品の方が効果を実感できることが多いんですね!

ビタミン剤のランキング:美容

ビタミン剤のランキングで美容に関するものは下記の通りです。

  • 1位:マルチ ビタミン&ミネラル(サントリー)
  • 2位:29アミノマルチビタミン&ミネラル(アサヒ)
  • 3位:マルチミネラルビタミンサプリメント(ニュー・サイエンス)

ビタミンの構造式

それぞれのビタミンで構造式には特徴があります。

  • ビタミンDの構造式:6員環が、二重結合の橋でつながっているのが中心部分
  • ビタミンAの構造式:二重結合、単結合が交互に続く
  • ビタミンKの構造式:p-キノン
  • ビタミンEの構造式:Y字型飽和脂肪酸の繰り返し(イソプレノイド側鎖)
  • ビタミンB1の構造式:チアゾール
  • ビタミンB2の構造式:3つ環が並んでいる
  • ビタミンB6の構造式:ピリジン環
  • ビタミンB12の構造式:Co(コバルト)が入っている
  • ビタミンCの構造式:ラクトン(環状エステル)で二重結合が入っている場合がある
  • ナイアシンの構造式:小さい、ニコチン酸
  • パントテン酸の構造式:唯一環がない
  • ビオチンの構造式:テトラヒドロチオフェン(飽和5員環で、S含む)
  • 葉酸の構造式:プテリジン(6員環が2個並んで、Nが4つ、少しNの位置が違う)

ビタミンの種類一覧

ビタミンの種類一覧としては、代表的なもので13種類あり、水溶性と脂溶性の2種類がありますので、次の項でビタミンの働きと一緒に一覧表にまとめます。

ビタミンの働き一覧

ビタミンの働き一覧を、ビタミンの種類一覧と合わせて一覧表にまとめたのが下記です。ビタミンの種類より、リンク先に進むとそれぞれのビタミンに対する詳しい内容が参照できます。

ビタミンの働き一覧
種類 働き・作用 欠乏症
ビタミン剤の比較ランキングビタミンA 眼の健康。粘膜、皮膚の免疫力維持。がんの予防。 夜盲症。皮膚の免疫力の低下による感染症。
子供の成長障害(歯、骨)。
ビタミン剤の比較ランキングビタミンD カルシウムの吸収をサポートし、血液中のカルシウム濃度を一定に維持。 くる病(子供)。
骨軟化症や骨粗しょう症(大人)。
ビタミン剤の比較ランキングビタミンE 抗酸化作用で老化を抑える。血行の促進。 溶血性貧血。運動機能の低下。生理痛や冷え性。
ビタミン剤の比較ランキングビタミンK 骨の形成や血液の凝固をサポート。 骨粗しょう症。血液の凝固不足。新生児の出血性疾患。
ビタミン剤の比較ランキングビタミンB1 精神機能の維持。
糖質の代謝をサポート。
反射神経の異常、ウェルニッケ脳症。心臓肥大。
手足のしびれや脚気。
ビタミン剤の比較ランキングビタミンB2 抗酸化作用(過酸化脂質の分解)
脂質の代謝をサポート。
口唇炎、口角炎、皮膚炎。
子供の成長障害。
ビタミン剤の比較ランキングビタミンB6 タンパク質の代謝をサポート。神経物質の合成。 皮膚炎。貧血。
免疫力の低下。湿疹。
ビタミンB12 赤血球の合成をサポート。
神経伝達をスムーズにする。
正常な睡眠。
悪性貧血。
神経系統の障害。
けんたい感や疲労感。
ナイアシン
(ビタミンB3)
(ニコチン酸)
糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポート。
アルコールの分解。
皮膚炎。神経障害。胃腸病。口舌炎。ペラグラ。
パントテン酸
(ビタミンB5)
糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポート。
免疫抗体の合成をサポート。
手や足の感覚異常や痛み。
副腎機能の異常。めまい。
葉酸
(ビタミンB9)
(ビタミンM)
赤血球や脂肪の合成をサポート。 悪性貧血(巨赤芽球貧血)。
脊椎の異常。
ビオチン
(ビタミンH)
(ビタミンB7)
糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポート。
健康な皮膚や髪を維持。
脱毛。皮膚炎。
けんたい感や食欲不振。
ビタミン剤の比較ランキングビタミンC コラーゲンの合成をサポート。抗酸化作用で老化やがんを抑える。 皮膚下や歯茎からの出血。壊血病。
骨の成長不全。

ビタミンの効果

ビタミンは、三大栄養素と比較すると必要とする摂取量が微量なため微量栄養素と呼ばれ、代表的なもので13種類あり、水溶性と脂溶性の2種類があります。ビタミンの効果は、多種多様ですが、美容や健康、ダイエットに深いかかわりがあります。

ビタミンの役割

ビタミンの役割としては、おおむね下記のような内容が考えられます。

  • 他栄養素と合成して体への吸収を助ける
  • 細胞を活性化させて免疫力をつけて病気になりにくくする
  • 体内の血液の循環を良くする
ビタミンで口内炎

ビタミンは、細胞を活性化して、粘膜の生成を促すので、ビタミンで口内炎を改善させることが可能です。逆にビタミン不足になると口内炎が発生する可能性が高くなります。

ビタミンの食べ物

ビタミンは代表的なものだけで13種類ありますので、それぞれが含まれる食べ物も多種多様です。ビタミンの食べ物としては下記のようなものが代表的なもので、一例として紹介します。

名 称 種 類 食品で多く含まれるもの 効 果
ビタミンA 脂溶性 うなぎ、レバー、チーズ、にんじん 視力低下の予防、皮膚や髪の保護など
ビタミンB1 水溶性 豚肉、レバー、大豆、豆類、ごま 乗り物酔いや、記憶力の低下を防ぐなど
ビタミンB2 水溶性 レバー、卵、いわし、うなぎ、サバ、牛乳 肥満の防止や、視力低下の予防など
ビタミンC 水溶性 イチゴ、緑黄色野菜類、いも類 風邪の予防や、ストレスの解消など
ビタミンD 脂溶性 煮干し、かつお、マグロ 虫歯予防や、骨粗鬆症など
ビタミンE 脂溶性 植物油、かぼちゃ、ほうれん草 抜け毛予防や、疲労回復など

ビタミン剤の比較ランキング!人気で効果が高い医薬品の処方一覧のまとめ

ビタミン剤の比較ランキングで人気のニキビや口内炎などに効果が高い医薬品の処方一覧があれば、皮膚科でビタミン剤をもらう時に役立ちますよね!食べ物から得るビタミンとビタミン剤の違いや種類による働き方などの役割を整理します。下痢や尿で流れて困っていませんか?

女性ホルモンと似た働きをするというと大豆イソフラボンがあるが、これは体内でエクオールに変換できる一部の人だけに限られる話です。ですので、エクオールサプリで直接エクオールを摂取することが更年期症状を改善させる近道だと言えるでしょう。


エクオールサプリメント比較おすすめランキング
▶エクオールメント比較おすすめランキング

食べても飲んでも太らない流行りのこんな方法知ってる?

ダイエット方法で注目をあびているのが、痩せ菌ダイエットです。痩せている人には痩せ菌が多く、デブの人にはデブ菌が多いという分かりやすさが人気となっているのでしょう。

そんな流行りの痩せ菌ダイエットに使えるサプリを、ヤセ菌・デブ菌・短鎖脂肪酸の3つを主軸にして順位付けを行ったのが下記の痩せ菌ダイエット人気ランキングです。これを使えば、キレイに痩せること間違いなし♪


痩せ菌サプリ
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング