乳酸菌の食品とは?

乳酸菌の食品とは、何なのでしょうか?乳酸菌って、ヨーグルトとかキムチそれから漬物なんかにも入っているけど、乳酸菌の食品はどんなものなんだろう?って気になりますよね!乳酸菌は、小腸に作用して免疫力アップやアトピー性皮膚炎などの改善にチカラを発揮します。
乳酸菌の食品のランキング
乳酸菌の食品は腸内環境を改善するものなので、便秘・下痢改善やダイエットにも効果は期待できますが、それはどちらかというと大腸に作用するビフィズス菌の方が効果が高いです。

ですので、乳酸菌の食品のランキングを行う当記事としては、小腸への作用で免疫力アップやアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の改善効果があるのかどうかを主眼において、順位付けを行って行きます!

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌の食品を摂取すると腸内環境を整えて、免疫力アップやアトピーや花粉症などの症状に効果が期待できます!

乳酸菌の食品のランキングを作った理由

乳酸菌の食品のランキングブログは既に数えきれないほど存在しているのに、なぜ、このようなランキング記事を書こうと思ったのか?ここからお話したいと思います。

乳酸菌の食品のランキング

このランキング記事を書く前に、乳酸菌の食品のランキング記事をいくつも読んでみました。読んでみると、その多くは有名人が使っているからとか、人気で売れているからとか、低価格だからというものばかりで、中には単に記事作成者がオススメと言っているだけのものまであります。

要するに、本当に良い乳酸菌の食品でアレルギー症状や免疫力に効果が高いオススメなランキングを作っているのではなく、有名人・人気・低価格という乳酸菌の食品自体の品質に着目していないランキング記事ばかりだったのです。

このような単に売れれば良いという乳酸菌の食品のランキングを見て、乳酸菌の食品を買ったら後悔する人が大勢出てしまうと思いました。そんな不幸な人を少しでも出さないように、私が本当に良い乳酸菌の食品のランキングを作ろうと考えました。

世間知らずだった頃の失敗談

まだ乳酸菌の食品を知って間もない頃、どの乳酸菌の食品も大差ないだろうから安くて人気なのを選べばいいか!と安易に考えて便秘解消やダイエット効果があるという広告に踊らされ安物の乳酸菌の食品を使って便秘改善を試みました。
乳酸菌の食品のランキング
ですが、この安くて人気の乳酸菌の食品を飲み続けても、便秘改善には繋がらず、便通も良くならないし、ダイエットにも全くなりませんでした。どんなに安くても効果がないなら、ゴミをお金で買ったのと同じです。

このように安くて人気だからという理由だけで安易に乳酸菌の食品を選ぶとひどい目に遭います。安物買いの銭失いなだけでなく、劣化品の乳酸菌の食品を飲むことで、健康を害し、太りやすく痩せにくい最悪の体質にもなってしまうので気をつけましょう。

そもそも乳酸菌は小腸に作用して免疫力アップを行い、花粉症やアトピーの改善がメインの効果です。便秘改善によるダイエットをするなら乳酸菌ではなくビフィズス菌を摂取すべきだったのです。多くの間違った情報に騙されていたことに気づきました…

安物に騙されない

アナタも失敗談にあるような安いだけで人気の乳酸菌の食品に騙された経験はありませんか?安物の乳酸菌の食品は、腸内フローラを整える効果がほとんどなく、免疫力アップできないばかりか、カラダに害のある添加物まみれだったりするのです。
乳酸菌の食品のランキング
このような劣化品の乳酸菌の食品を使って、腸内環境を改善しようとしたところで、効果のないものは続けても意味がなく、免疫力アップ効果が期待できない高価なラムネを買ったようなものです。

本来、腸内フローラを整えて、免疫力アップが期待できる良質な乳酸菌の食品であれば、飲み続けることで免疫力アップによりアトピーや花粉症が良くなって行くことを実感できるのです。そんな効果のない劣化品の乳酸菌の食品に騙されてはダメですよ!

乳酸菌の食品でこうなれる!

高品質な乳酸菌の食品を摂取することによって、免疫力アップや花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が良くなり下記のような未来が待っています。もう、苦しまなくていいんですよ!
乳酸菌の食品のランキング

乳酸菌の食品で花粉症の改善

  • 花粉症の薬による眠気から解放され、仕事での評価がアップする
  • 眠気・鼻水・クシャミなどによる危険がなくなり、運転を楽しめる
  • 涙や鼻水で化粧落ちがなくなり、綺麗になって恋人ができる
  • 不快な毎日から解放され、恋人や旦那さんとのデートを楽しめる
  • 何もしたくない無気力から解き放たれ、楽しい毎日を過ごせるようになる

乳酸菌の食品でアトピー性皮膚炎の改善

  • 人と会って話す機会が増え、自然と恋人が出来るようになる
  • 自信を持って目を見て話せるので、面接に合格するようになる
  • コミュニケーションが取りやすくなり、営業成績が上がる
  • 同窓会や結婚式で久しぶりに会う人に綺麗になったと言われ恋が芽生える
  • イジメから解放されて、生きるのが楽しくなる
  • 流行りの髪型やオシャレを楽しめるようになり、モテ度がアップする

乳酸菌の食品で免疫力アップ

  • 風邪をひかなくなりインフルエンザへの抵抗力が増すので元気にイキイキと過ごせる
  • 病気で休むことがなくなり、学業や仕事の効率アップして評価上昇
  • 様々な病気にかかりにくくなるので、健康で長生きできる

乳酸菌の食品の効果

乳酸菌の食品の効果は、小腸に作用するのでメインとして、免疫力アップやアトピーなどのアレルギー症状の改善があり、サブとして便秘改善によるダイエットや美肌などが期待できます。
乳酸菌の食品のランキング
世の中に出回っている間違った情報により、乳酸菌の食品というと便秘改善やダイエットの効果が高いと誤解されているかも知れませんが、便秘改善をするなら大腸に作用するビフィズス菌の方が有効です。

菌の名前 乳酸菌 ビフィズス菌
生息場所 小腸 大腸
免疫アップ効果
アレルギー改善効果
便秘解消効果
美肌効果
ダイエット効果

上記のように乳酸菌とビフィズス菌では、腸内で作用する場所が異なるので、環境改善が行われる腸の働きによって、効果も異なって来るのです。あくまでも主な働きなので、乳酸菌の食品に便秘改善や美容効果がないわけではありません。

腸内細菌の種類

腸内細菌は、1,000種類ほどいるのですが、この細菌たちは大きく3種類に分類することができます。その3種類というのが、善玉菌・悪玉菌・日和見菌です。このうちの善玉菌を増やすことが出来るのが、乳酸菌の食品です。

分類 働き
乳酸菌の食品のランキング善玉菌 免疫力を高めたり、ビタミンを作ったり、腸内を酸性にしてウイルスや毒素の進入を防ぐ。
乳酸菌の食品のランキング悪玉菌 有害物質を作り出し、腸内を腐敗させたり、動きを鈍らせて便秘になりやすくする。
乳酸菌の食品のランキング日和見菌 最大勢力であり、善玉菌と悪玉菌の優勢な方に味方する
善玉菌・日和見菌・悪玉菌のバランス

では、善玉菌・日和見菌・悪玉菌のバランスは、どのようなバランスが良いのでしょうか?これらの理想的なバランスは、善玉菌2割・日和見菌7割・悪玉菌1割だと言われています。この理想バランスに近づけるために、乳酸菌の食品が不可欠だと言えるでしょう。

乳酸菌の食品の口コミ

乳酸菌の食品の口コミを見てみると効果を正しく理解して免疫アップやアレルギー改善されたという良い口コミから、便秘改善やダイエットに効くという広告に踊らされて思ったほど効果がないと感じた悪い口コミまで数多くあります。
乳酸菌の食品のランキング

乳酸菌の食品は効果なしの悪い口コミ

乳酸菌の食品の口コミで、効果なしの悪い口コミには下記のようなものがあります。低品質な乳酸菌の食品を使っていたり、メインの効果である免疫力アップではない効果を期待したものが多いようです。

女性NG

便秘は乳酸菌の食品を飲む前よりは改善されましたが、思ったほどスッキリせず、それでもお腹は空くので食べてしまうこともあり、ダイエットにはなりませんでした。(28歳・女性)


女性NG

ダイエットしたくて便秘解消に効果があるという乳酸菌の食品を買って飲んでいたのですが、ぽっこりお腹が少し凹む程度にはウンチが出ましたが、体重は体重はほとんど変わりませんでした。(41歳・女性)


女性NG

便秘が改善されて美肌になると聞いていたのですが、ダメな乳酸菌の食品だったのか便秘にもあまり効果がなく、当然お肌もキレイになることはありませんでした。(33歳・女性)

乳酸菌の食品は効果ありの良い口コミ

乳酸菌の食品の口コミで、効果ありの良い口コミには下記のようなものがあります。乳酸菌の食品の効果を正しく理解して、免疫力アップやアトピー、花粉症などのアレルギー症状が改善されたというものが多いですね!

女性OK

長年悩んでいた花粉症による鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、クシャミなどが、乳酸菌の食品を飲むようになってから改善されて、だいぶ楽になりました。飲み続けて治るといいなぁ♪(37歳・女性)


女性OK

皮膚のかゆみと見た目の問題でアトピー性皮膚炎がイヤで仕方がありませんでした。ステロイド剤は症状が悪化するだけで良くならず困っていたのですが、乳酸菌の食品を飲むようになって少しずつ症状が改善されてきました。結婚式までには見せても恥ずかしくない肌になれそうです♪(29歳・女性)


女性OK

毎年何度も風邪をひき、インフルエンザに感染することも珍しくなかったのですが、乳酸菌の食品を飲み始めてから、滅多に風邪をひくことはなくなり、インフルエンザにも今のところ感染せず元気な毎日を送れるようになって、嬉しいです♪やっぱり健康が一番大切ですよね?(42歳・女性)

乳酸菌の食品の選び方

乳酸菌の食品を飲めば腸内環境が改善されるなら、どれを飲んでも良いの?と思うかも知れませんが、乳酸菌の食品は数えきれないほどあり、その効果はピンキリです。では、どんな基準で選べば良いのか?
乳酸菌の食品のランキング
乳酸菌の食品を選ぶ基準は、腸まで届くか・菌の種類・菌の数・続けやすさなどで決まります。これらの基準を徹底的に比較した上で、おすすめの乳酸菌の食品をランキング化しています。

選び方1:腸まで届くか

乳酸菌の食品を選ぶ基準の一つ目は、腸まで届くかです。乳酸菌の食品をせっかく飲んでも、体温や胃酸などに負けて、改善したい腸内まで届かなければ意味がないですよね?

選び方2:乳酸菌の種類

乳酸菌の食品を選ぶ基準の二つ目は、乳酸菌の種類です。腸内環境にいる菌との相性は人によって異なるので、乳酸菌の食品に入っている乳酸菌の種類が少なければ、相性が合わずに便秘改善効果が期待できないので意味がありませんよね?

選び方3:乳酸菌の数

乳酸菌の食品を選ぶ基準の三つ目は、乳酸菌の数です。腸内フローラを整える為には、乳酸菌が5,000億個必要だとされています。乳酸菌の食品だけで補う必要はありませんが、出来る限り多い方が腸内環境を改善する効果が高いと言えます。

仮に乳酸菌5,000億個を全て一般的なヨーグルト(100ml)で摂取しようとすると、500個も食べなければならないので現実的ではありません。

注)一般的なヨーグルト:ヨーグルト(固形)には、1ml中に1,000万個の乳酸菌が存在しなければならないと乳等省令で決まっているので、少なくても100ml中に10億個は存在するので、これを基準にしています。

選び方4:続けやすさ

乳酸菌の食品を選ぶ基準の四つ目は、続けやすさです。その乳酸菌の食品がどんなに腸内環境を改善してくれると言っても、価格があまりにも高ければ続けるのはムリですよね?

乳酸菌の食品のランキング:『一覧』

乳酸菌の食品を選ぶ基準に従って順位付けを行い、それぞれの乳酸菌の食品の違いが比較しやすいように一覧表にしましたので、気になるポイントを比べて見て下さい。
乳酸菌の食品のランキング

※スマホ画面に一覧表が表示し切れていない場合には、横にスワイプすることで内容を確認できます。

順位 1位 2位 3位 4位
品名 乳酸菌革命 ウイルキラDiet ラクスラ アレルライトハイパー
乳酸菌の種類 16種類 6種類 3種類 1種類
乳酸菌
5,000億個以上に
必要な摂取量
5,000億個(10粒) 5,000億個(10g) 6,390億個(3粒) 5,000億個(2粒)
1袋内容量 62粒 100g 90粒 60粒
乳酸菌
5,000億個以上に
必要な金額
62粒/10粒=6回
2,730円/6回
=455円
100g/10g=10回
2,980円/10回
=298円
90粒/3粒=30回
5,980円/30回
=199円
60粒/2粒=30回
4,140円/30回
=138円
価格 初回無料 2,730円
+ルイボスティー
980円 980円
定期縛り なし 3回 4回 なし
公式サイト ▶公式サイトへ ▶公式サイトへ ▶公式サイトへ ▶公式サイトへ

乳酸菌の食品のランキング:『個別』

乳酸菌の食品を選ぶ基準である腸まで届くか・乳酸菌の種類・乳酸菌の数・続けやすさなどを徹底的に比較したランキングの上位から順に、それぞれの乳酸菌の食品を細かく説明して行きます。実際に使ってどうったのかは、レビュー記事を参照して下さいね!

1位:乳酸菌革命

乳酸菌の食品のランキングにおいて見事、第1位に輝いたのは、「乳酸菌革命」です。腸まで届くか・乳酸菌の種類・乳酸菌の数・続けやすさなどすべてにおいて高評価を得ています。

乳酸菌革命は、大腸に作用するビフィズス菌が含まれていますので、便秘を解消し、美肌やダイエット効果が期待できます。美容やダイエット目的で選ぶなら、乳酸菌革命が1位だと言って良いでしょう。

他に比べて初回の価格が高いのですが、2回目以降の価格においては、最も安いので長く続けるならコスパが最も高いと言えます。更に、初回特典にSOD酵素が含まれたルイボスティーが10日分もプレゼントされます。

また、三大乳酸菌と呼ばれるビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌をはじめとした主役級の乳酸菌が16種類も凝縮されて配合されている点も注目ポイントです。この為、ananやFYTTE、美人百花などの有名女性誌にもこぞって紹介されています。

乳酸菌の食品のランキング

特徴

  • 三大乳酸菌(ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌)を始めとする主役級の乳酸菌を16種類も配合
  • 耐熱性に優れた有胞子乳酸菌を配合
  • 耐熱性カプセルで乳酸菌を胃酸や胆汁から守る
  • カプセルを除いて添加物不使用
  • ananやFYTTE、美人百花などの有名女性誌にて紹介
  • 定期縛りなし

乳酸菌革命の効果とメリット

乳酸菌革命を選ばれる事でアナタが得られる効果とメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?安価ではありませんが、これを見れば乳酸菌革命に価格以上の価値があるのは明白です。

  • 多くの主役級乳酸菌が配合されているので、アナタの腸内環境と相性が合いやすく、便秘が解消されやすい
  • 耐熱性に優れた乳酸菌を配合しているので、腸まで届き、腸内フローラを整えて、便秘解消しやすい
  • 耐熱性カプセルに乳酸菌を入れているので、腸まで届き、腸内フローラを整えて、便秘解消しやすい
  • カプセル以外に添加物が入っていないので、妊婦さんでも安心して続けられる
  • 有名女性誌に紹介されているので、信頼感が高く、安心して続けられる
  • わずらわしい定期縛りがないので、好きな時に止められるからストレスにならない
  • 乳酸菌生産物質が配合されているので効果をすぐに実感できる
乳酸菌生産物質とは?

乳酸菌生産物質とは、乳酸菌がエサを食べて、増えたり活性化して発酵作業を行う過程で作り出されるものです。ヨーグルトの表面に出る透明の液体がコレで、乳酸菌の効果は乳酸菌生産物質によるものなのです。
乳酸菌の食品のランキング
ヨーグルトや他の乳酸菌の食品を摂取した場合には、乳酸菌から乳酸菌生産物質を作り出してもらうので効率も悪く腸内に馴染みにくいのですが、乳酸菌革命で直接的に乳酸菌生産物質を摂取すれば効率良く腸内にも馴染みやすいので効果をすぐに実感できます。

限定特典

乳酸菌革命を本記事経由で購入することで、下記の限定特典が手に入ります。ただし、限定特典は人件費を還元しているものですので、電話注文は対象外でネット注文のみが対象となります。

  • 特典1:美容や痩身、アレルギー・アトピー緩和、妊活に効果のあるルイボスティーを10日分プレゼント
  • 特典2:全国送料無料
  • 特典3:翌月以降もずっと割引価格

総論

三大乳酸菌と呼ばれるビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌をはじめとした主役級の乳酸菌が16種類も入っているから、アナタの腸内環境との相性と合いやすく、便秘解消によって、ダイエットしやすいと言えます。

また、熱に強い乳酸菌を配合しているだけでなく、耐熱性カプセルに包むことで確実に腸まで届き、腸内フローラを整えます。これに加えて、添加物が使われていないので、妊婦さんや授乳中の女性でも安心して飲むことができます。

評価

乳酸菌の食品のランキング
腸まで届くか:★★★★★
乳酸菌の種類:★★★★★
乳酸菌の数 :★★★★
続けやすさ :★★★★★

毎日スッキリ実感♡
【乳酸菌革命】
下記画像を今すぐタップ♪

ルイボスティー
プレゼント!
残りわずか

乳酸菌の食品のランキング
▶公式サイトはコチラ!

※『公式サイトはコチラ!』をタップしても、公式サイトへ移動しない場合にはキャンペーンが終了している可能性があります。

乳酸菌革命の口コミ

ここでは、乳酸菌革命と他の乳酸菌の食品との比較が目的なので、細かな特徴や使ってみた効果などについては別に口コミとしてレビュー記事を書きました。ここから公式サイトに訪れる事により、他では手に入らない特典が付きますので、気になる方は読まれることをオススメします。


乳酸菌の食品のランキング
▶乳酸菌革命のレビュー記事!

2位:ウイルキラDiet

乳酸菌の食品のランキング第2位に輝いたのは、「ウイルキラDiet」です。腸まで届くか・乳酸菌の種類・乳酸菌の数・続けやすさなどすべてにおいて高評価を得ています。

5,000億個の乳酸菌を摂取する為の金額は若干3位に劣りますが、定期2回目以降の価格が3位の半額程度なので、月々の負担を考えるとこちらの方がコスパが高いので2位に選んでいます。

また、多くは加工において加熱処理がされており、この際に乳酸菌が死滅する可能性がありますが、ウイルキラは粉状に乾燥させており乳酸菌が休眠状態にあるので、水分で目覚めて生きた乳酸菌を摂取できる点も順位評価にプラスの影響を与えています。
乳酸菌の食品のランキング

特徴

  • 粉状なのでヨーグルトに混ぜたり、料理に使えます。
  • 痩せ菌配合の乳酸菌が簡単に摂取出来ます。
  • B-3菌が痩せ菌を強力サポートします。
  • B-3菌・ミルクオリゴ糖・ラクリス菌・難消化性デキストリン・K-1・フェカリス菌・EC-12・酵母・納豆菌を配合
  • 加熱処理を行わず粉状に乾燥させているので乳酸菌が仮眠状態で生きている

ウイルキラDietの効果とメリット

ウイルキラDietを選ばれる事でアナタが得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?安価ではありませんが、これを見ればウイルキラDietに価格以上の価値があるのは明白です。

  • 使い勝手の良い粉末状なので、ヨーグルトや乳酸菌食品に混ぜるとダイエット効果が倍増する
  • 話題の痩せ菌が摂取できるので、痩せやすい体質になれる
  • 腸内フローラを整える強力な乳酸菌によって便秘解消が期待でき、毎朝スッキリできる
  • 腸内フローラを整えるのに必要な5,000億個の乳酸菌が摂取できるので、短期間で便秘解消ができる
  • 乳酸菌が生きているので、腸内フローラを整える効果が高く、ダイエット効果を実感し易い

総論

他の乳酸菌の食品と違い粉状になっているので、ヨーグルトなどに混ぜて摂取が可能です。また、腸内環境改善に必要な5,000億個の乳酸菌を摂取する為に必要な金額も安いので、乳酸菌の食品としての効果があり、更に価格的に続けやすいという評価に繋がりました。

また、乳酸菌だけでなく、難消化性デキストリン・ミルクオリゴ糖・納豆菌というダイエットをサポートする成分が入っているのも魅力的です。

評価

腸まで届くか:★★★★★
乳酸菌の種類:★★★☆☆
乳酸菌の数 :★★★★
続けやすさ :★★★★★

痩せ菌ダイエット?
【ウイルキラDiet】
下記画像を今すぐタップ♪
残りわずか

乳酸菌の食品のランキング
▶公式サイトはコチラ!

※『公式サイトはコチラ!』をタップしても、公式サイトへ移動しない場合にはキャンペーンが終了している可能性があります。

ウイルキラDietの口コミ

ここでは、ウイルキラと他の乳酸菌の食品との比較が目的なので、細かな特徴や使ってみた効果などについては別に口コミとしてレビュー記事を書きました。ここから公式サイトに訪れる事により、他では手に入らない特典が付きますので、気になる方は読まれることをオススメします。


乳酸菌の食品のランキング
▶ウイルキラのレビュー記事!

3位:乳酸菌の食品のラクスラ

乳酸菌の食品のランキング第3位に輝いたのは、「ラクスラ」です。腸まで届くか・乳酸菌の種類・乳酸菌の数・続けやすさなどすべてにおいて高評価を得ており、中でも乳酸菌の数は他を圧倒しています。5位以降の乳酸菌の食品では、5,000億個を摂取するのは困難を極めます。

ですが、このラクスラは定期2回目以降の価格が2位の倍するので、比較すると続けにくいと感じた為、5,000億個の乳酸菌を摂取する為の金額は安いのですが、3位に甘んじる結果となりました。
乳酸菌ダイエット人気ランキング

特徴
  • 酵母菌・麹菌・乳酸菌を配合
  • 酵素・難消化性デキストリン・サラシア・フラクトオリゴ糖・ガルシニアカンボジア・ハトムギを配合
ラクスラの効果とメリット

ラクスラを選ばれる事でアナタが得られる効果とメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?安価ではありませんが、これを見ればラクスラに価格以上の価値があるのは明白です。

  • 腸内フローラを整えるのに必要な5,000億個の乳酸菌が摂取できるので、短期間で便秘解消ができる
  • 腸内フローラを整える強力な乳酸菌によって便秘解消が期待でき、毎朝スッキリできる
総論

一見すると価格が高いように思えるかも知れませんが、腸内環境改善に必要な5,000億個の乳酸菌を摂取する為に必要な金額は最も安いので、乳酸菌の食品としての効果があり、更に価格的に続けやすいという評価に繋がりました。

また、乳酸菌だけでなく、酵母菌や麹菌そして酵素・難消化性デキストリン・サラシア・フラクトオリゴ糖・ガルシニアカンボジア・ハトムギというダイエットをサポートする成分が入っているのも魅力的です。

評価

腸まで届くか:★★★★★
乳酸菌の種類:★★★☆☆
乳酸菌の数 :★★★★★
続けやすさ :★★★★

ラクスラの口コミ

ここでは、ラクスラと他の乳酸菌の食品との比較が目的なので、細かな特徴や使ってみた効果などについては別に口コミとしてレビュー記事を書きました。ここから公式サイトに訪れる事により、他では手に入らない特典が付きますので、気になる方は読まれることをオススメします。
ラクスラのレビュー記事!

4位以降

乳酸菌ダイエットに人気の食品を、1位から3位まで紹介して来ました。おすすめの乳酸菌の食品については、ここまでで十分だと考えていますので、4位以降については簡単に紹介しますので、興味があって見てみたいという場合には、下記の特集記事を参照して下さい。
乳酸菌の食品で便秘解消

乳酸菌の食品のランキング!口コミは便秘やダイエット効果とアトピーのまとめ

乳酸菌の食品のランキングでは便秘やダイエットに効果がある口コミが多い。だが、乳酸菌の食品は小腸に影響を与えアトピーなど免疫改善に役立つものだ。腸内環境が整い下痢やおなら対策にもなるが…DHCの市販品やamazonで海外のを買う前にその人気に騙されてない?

乳酸菌の食品の目的

乳酸菌の食品の目的は、何なのでしょうか?それは、欧米化された現代の食生活では、腸内環境を整えるために必要な善玉菌が不足しているため、乳酸菌という善玉菌を食品のかたちで補うことで、腸内環境を改善して健康なカラダを作るというものです。

乳酸菌の食品で腸内フローラを育てる

私たち人間の腸内は、数100兆個で1,000種類ほどの細菌が集団を作り、その姿形や色は実に華やかで、まるでお花畑のようだと言われています。お花畑を意味するfloraと組合せ腸内フローラとも呼ばれています。

腸内細菌のバランスが変化する期間

日々変化する腸内細菌のバランスが完全に変化するまでには、平均3.5日かかります。ですので、少なくても3日に1度は腸内細菌における善玉菌や痩せ菌を増やす食品を摂取する必要があります。
乳酸菌の食品のランキング

乳酸菌の監修医師・病院

乳酸菌の監修医師・病院ですが、下記が挙げられます。

便秘改善、免疫活性、アレルギー発症の緩和、血中コレステロールの低下、発がんリスク低減などの効果があり、腸内環境を整えることで免疫細胞が正常に働き、有害なウイルスや細菌から体を守ってくれるため、風邪やインフルエンザ予防に期待されるというのが、汐田総合病院の記事として挙げられています。
汐田総合病院の乳酸菌による効果

ビフィズス菌の監修医師・病院

ビフィズス菌の監修医師・病院ですが、痔の治療で有名な平田肛門医院にて、便秘下痢対策に、ビフィズス菌を増やすことが推奨されています。赤ちゃんのお腹は、ビフィズス菌が95%もいるという話からビフィズス菌の大切さを語られています。
平田肛門医院でビフィズス菌の解説
ビフィズス菌の比較ランキング
順天堂大学医学部附属順天堂医院教授・小林弘幸先生は、ビフィズス菌は大腸で酢酸を産生し、腸のぜん動運動を促すため、便秘改善に効果があります。と言われています。乳酸菌とビフィズス菌の違いである酢酸がここでも出てきましたね!
ビフィズス菌を解説された小林弘幸先生

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種なので、乳酸も産生しますが、同時に酢酸と呼ばれる物質も作り出すのです。酢酸には強い殺菌能力があり、悪玉菌の繁殖を防いで、腸内環境を整えます。と語られているのは、東戸塚メディカルクリニックの北川光一院長です。
東戸塚メディカルクリニックの北川光一院長

乳酸菌とは?

乳酸菌ダイエットをするのは良いけど、そもそも乳酸菌とは、どのようなものなのでしょうか?乳酸菌は、代謝により乳酸を産生する細菌類の総称で、私たちのカラダにはビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などが住んでいます。

乳酸菌には大きく分けて丸い菌である球菌と棒状の菌である桿菌があります。乳酸桿菌は、ヨーグルトや発酵乳に使われていて比較的メジャーなのですが、乳酸球菌の方が、免疫力を高めるTNF-α誘導能が高く注目が集まっています。

乳酸菌の区分 乳酸菌の種類 TNF-α誘導能
乳酸球菌 エンテロコッカス
フェカリス
EF-2001
1.0
乳酸球菌 エンテロコッカス
フェカリス
0.8
乳酸桿菌 ラクトバチルス
アシドフィルス
0.35
乳酸桿菌 ビフィド
バクテリウム
ビフィダム
0.15
乳酸桿菌 ビフィド
バクテリウム
アドレセンテス
0.15

乳酸菌の種類

痩せるヨーグルトの種類として、便秘改善やコレステロール値の低下、血糖値上昇の抑制の効果が期待できる菌種を整理します。
乳酸菌おすすめ

効果・効能 菌種
潰瘍性大腸炎の改善 ブレ―ベヤクルト菌
BB536株
免疫力強化 SN13T株
LP28株
GCL1176株
LKM512株
クレモリスFC株
KW3110株
ラブレ菌
HN019株
LGG株
SBT2928株
(ビフィズス菌SP株)
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
HSK201株
SN35N株
BB536株
シロタ株
Bb-12株
花粉症予防・改善 GCL1176株
KW3110株
L-55株
LGG株
HSK201株
K-2株
BB536株
シロタ株
アトピー性皮膚炎の改善 GCL1176株
LKM512株
クレモリスFC株
KW3110株
L-55株
LGG株
K-2株
アトピー性皮膚炎の改善 クレモリスFC株
ブレ―ベ・ヤクルト菌
サーモフィラス菌1131株
ブルガリア菌2038株
便秘解消 N-1株
シロタ株
BB536株
ブルガリア菌2038株
サーモフィラス菌1131株
B.ブレーベ・ヤクルト株
NY1301株
HOKKAIDO株
K-1株
HSK201株
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
SBT2928株
(ビフィズス菌SP株)
LGG株
OS株
GCL2505株
HN019株
BE80株
L-55株
ラブレ菌
KW3110株
クレモリスFC株
GCL1176株
コレステロール値
の低下
N-1株
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
クレモリスFC株
GCL1176株
血糖値上昇抑制 クレモリスFC株

植物性乳酸菌

乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に分かれていて、植物性乳酸菌の方が、熱や胃酸などに強い為に、腸まで届く可能性が高く、乳酸菌ダイエットには有効だと考えられています。

乳酸菌農業

乳酸菌は、腸内に入って腸内フローラを整えて、便秘解消に役立つのでダイエット効果が期待できますが、この乳酸菌を使った農業も注目されています。

これは乳酸菌農法って言われていて、乳酸菌によって病原菌の活動を抑えたり、乳酸によってミネラル成分が植物に吸収されたりすることで、安全で健康な植物を育てようっていうものです。乳酸菌ってスゴイですね!

乳酸菌で育毛

発酵によって作られて乳酸菌によって、体内でIGF-Iというアミノ酸が多く作り出されるので、乳酸菌が育毛に効果があると言われています。これに加え、乳酸菌H61には老化予防や抜け毛予防に効果があると言われています。

注目度の高い乳酸菌

乳酸菌ダイエットをやろうと思っているアナタなら、きっと聞いた事があるんじゃないかな?って思う乳酸菌製品について少々触れてみたいと思います。

l-92乳酸菌

l-92乳酸菌とは、アトピー、鼻炎、花粉症などのアレルギー症状に働くと言われている注目の乳酸菌です。腸内フローラを整えるので、体質改善全般に効果が期待できる乳酸菌ですが、l92乳酸菌の商品は特にアレルギー症状に効果が高いと言われています。

乳酸菌ショコラ

乳酸菌ショコラは、生きた乳酸菌をチョコレートが守ってくれるから、いつでもどこでも食べられるというのが売り文句のお菓子です。とっても人気ですが、チョコレートは熱に弱いので、体温にも負けてしまうのを知った上で食べましょう。

乳酸菌の英語

乳酸菌を英語では、「Lactic acid bacteria」というように表記します。

乳酸菌は学名ではない

乳酸菌は正式な学名ではありません。乳酸菌株の名前は学名なのですが、乳酸菌は通称であり、腸内環境を整える有用菌という善玉菌を指します。

乳酸菌の定義

乳酸菌の定義は、下記を満たすものです。

  • 細胞形態が桿菌もしくは球菌である
  • グラム陽性である
  • カタラーゼ陰性(嫌気性菌)である
  • 内生胞子をつくらない
  • 運動性がない(鞭毛を持たない)
  • 消費したブドウ糖から50%以上の乳酸を生成する細菌
乳酸菌と温度

乳酸菌が生きて育っていくための温度は種類によって異なります。栄養素が充分にあり、酸素の少ないところで下記のような温度帯で生きています。

乳酸菌の種類 生育温度
高温性乳酸菌 45度
中温性乳酸菌 25度から37度
低温性乳酸菌 10以下

乳酸菌の効果

乳酸菌の効果としては、小腸の善玉菌を増やすことによる効果が考えられます。小腸の働きは、食物を消化し、栄養を吸収することに加えて、カラダに良いものを栄養として吸収し、悪いものは排出する働きがあります。これが小腸の免疫システムです。

乳酸菌と花粉症

乳酸菌は、小腸の善玉菌です。小腸は身体全体の免疫力における70%を担っているので、乳酸菌を摂取することによって、免疫過剰による花粉症の症状を和らげて改善し、治る可能性が高いと考えられます。実際に花粉症が治ったという口コミをする人も多いです。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌は、小腸の善玉菌で、ビフィズス菌は大腸の善玉菌です。ですので、小腸の働きによる免疫力アップが得たいなら乳酸菌を摂取し、大腸の働きによる便秘解消やダイエットの効果が得たいならビフィズス菌を摂取しましょう。

乳酸菌効能

乳酸菌効能としては、整腸作用により善玉菌を増やすだけでなく悪玉菌を減らす効能があり、小腸・大腸のレセプターを刺激する免疫作用により風邪やインフルエンザの予防、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状抑制や生活習慣病の予防が期待できます。

また、脳腸相関により、心と身体の状態を整え、ストレスや不眠症、うつ病などの症状緩和の効能が期待できます。

乳酸菌でおすすめ

乳酸菌でおすすめなのは、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌です。動物性乳酸菌に比べて植物性乳酸菌は圧倒的に数が多く、牛乳から作られた動物性ヨーグルトより、野菜から作られた漬物などの発酵食品の方が乳酸菌が比較にならないほど多いのです。

乳酸菌ヨーグルト

乳酸菌はヨーグルトを作る過程で入っているものです。それに対し、ビフィズス菌はヨーグルトを作る過程で必要なものではないので、市販ヨーグルトでビフィズス菌が入っているものは後から添加しているものと考えましょう。

カルピスの乳酸菌

カルピスの主な原料は、乳酸菌と牛乳です。カルピスに使われている乳酸菌は、1919年からずっと大切に受け継がれて来たという歴戦の勇者です。カルピスは、カルピス菌と呼ばれる乳酸菌と酵母を発酵させて作られています。

プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌とは、免疫の根本を強くする乳酸菌です。体内にウイルスが侵入した際に、他の免疫細胞に指令を出して、免疫機能全体を活性化させます。免疫機能が上がれば、アレルギー症状などにも良いと考えられますね。

乳酸菌飲料

プラズマ乳酸菌を含む乳酸菌飲料を飲んだ人とプラズマ乳酸菌を含まない乳酸菌飲料を飲んだ人を比べた際に、プラズマ乳酸菌を含む乳酸菌を飲んだ方が血液中のウイルスへの免疫応答性が高くなったことが検証により確認されています。

乳酸菌の食品の監修医師や病院

乳酸菌の食品の監修医師や病院には、下記があります。

北青山Dクリニック:乳酸菌の食品『Dr.Flora Bio(ドクターフローラビオ)』は、ヒト由来の乳酸菌フェカリスFK-23”を中心に、医師ならではの着眼点から選ばれた成分を独自に配合した食品です。

日比野佐知子医師(Rサイエンスクリニック広尾院長):ヒト由来のベビー乳酸菌を配合した不調からカラダを守る乳酸菌の食品が、「ベビー乳酸菌 クリスパタス菌配合」です。

乳酸菌ダイエットの口コミ

乳酸菌ダイエットの口コミを見てみると効果があって痩せたという人から、効果なしで全然痩せないという人まで様々です。効果なしという人の多くは、摂取した乳酸菌との相性が悪く、腸に悪い食事をしている傾向にあるようです。
乳酸菌ダイエット人気ランキング

乳酸菌ダイエットで効果なしの悪い口コミ

乳酸菌ダイエットの口コミで、効果なしの悪い口コミには下記のようなものがあります。

女性NG

快便にはなりましたが、便秘だった時よりも、お腹が空くようになって食べ過ぎて太ってしまいました。(20代・女性)


女性NG

お通じは良くなり、ぽっこりお腹は解消されましたが、体重はほとんど変わりませんでした。(40代・女性)


女性NG

お腹がゆるくなったのか、毎朝3回もトイレに駆け込みます。忙しいったらありゃしません。(30代・女性)

乳酸菌ダイエットで効果ありの良い口コミ

乳酸菌ダイエットの口コミで、効果ありの良い口コミには下記のようなものがあります。

女性OK

便秘でお腹がむくんでいたのですが、お腹まわりがスッキリして履けなかったスカートが履けるようになり、2キロのダイエットができました。(30代・女性)


女性OK

お通じがとっても良くなり、3キロ痩せました。気づいたらニキビや吹き出物がなくなり美肌もゲットして嬉しいです。(40代・女性)


女性OK

便秘でぽっこりお腹が悩みだったのですが、快便になったお陰でカラダのラインが出る服装も着られるようになりました。(20代・女性)

腸内環境改善のランキング

腸内環境を整えることによって、ダイエットして痩せる効果や美肌、アレルギー症状の改善などが期待できるという腸内環境改善のランキングが下記の特集記事に記載されているので参考にして下さい。
腸内環境改善のランキング

乳酸菌の食品のビフィーナS

ビフィーナSは、森下仁丹から出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の数 50億個
菌の種類 ビフィズス菌ロンガム種
アシドフィルス菌
ガセリ菌末
成分 エリスリトール、
食用油脂、
オリゴ糖(ラフィノース)、
ゼラチン、
グリセリン、
乳化剤(大豆由来)、
酸味料、増粘剤(ペクチン)、
香料、
着色料(クチナシ、カロチノイド)
乳酸菌の食品の乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12は、久光製薬から出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の数 1兆個
菌の種類 乳酸菌EC-12
成分 還元麦芽糖水飴、
難消化デキストリン、
ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、
ミルクエキス末、
セルロース、
ソルビトール、
香料、
ステアリン酸カルシウム、
酸味料、
甘味料(ステビア)
乳酸菌の食品の善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラは、フジッコから出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の数 20億個
菌の種類 クレモリス菌FC株
成分 ゼラチン、
デキストリン、
貝カルシウム、
アルギン酸カリウム、
ショ糖脂肪酸エステル
乳酸菌の食品のビヒダスBB536

ビヒダスBB536は、森永乳業から出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の数 150億個
菌の種類 ビフィズス菌BB536
成分 乳蛋白消化物/HPMC、
アルギン酸Na、
炭酸Ca、
リン酸Ca、
カラメル色素
乳酸菌の食品のラブレカプセル

ラブレカプセルは、カゴメから出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の数 100億個
菌の種類 ラブレカプセル
成分 デンプン、
還元麦芽糖水飴、
HPMC、
ステアリン酸カルシウム
乳酸菌の食品の花菜の選べる乳酸菌:すこやか健菌ナノ型

花菜の選べる乳酸菌:すこやか健菌ナノ型は、株式会社花菜から出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の種類 紅麹末
殺菌乳酸菌
有胞子性乳酸菌
殺菌ビフィズス菌
成分 イソマルトオリゴ糖、
麦芽糖、
デキストリン、
結晶セルロース、
ステアリン酸カルシウム、
微粒、
二酸化ケイ素、
HPC
乳酸菌の食品の花菜の選べる乳酸菌:うつくし美菌5000億

花菜の選べる乳酸菌:うつくし美菌5000億は、株式会社花菜から出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の種類 殺菌フェカリス乳酸菌
ケフィア
ラブレ菌殺菌体
成分 イソマルトオリゴ糖、
麦芽糖、
デキストリン、
結晶セルロース、
ステアリン酸カルシウム、
微粒二酸化ケイ素
乳酸菌の食品の乳酸菌とケフィアの力

乳酸菌とケフィアの力は、やずやから出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の種類 ケフィア
胞子性乳酸菌
ラクトフェリン
成分 難消化性デキストリン、
フラクトオリゴ糖
乳酸菌の食品のラクテクト

ラクテクトは、サントリーから出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の種類 乳酸菌
フコイダン
ラクトフェリン
ラクチュロース
成分 マルチトール、
フコイダン含有メカブ抽出物、
HPMC、
ビタミンB1、
酸化ケイ素、
ビタミンB6、
ビタミンB2、
着色料(酸化チタン)、
ステアリン酸Ca、
タルク、
グリセリン、
増粘剤(アラビアガム)、
光沢剤 (原材料の一部に乳成分を含む)
乳酸菌の食品のプロディア

プロディアは、サントリーから出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の数 15億個
菌の種類 プロテクト乳酸菌S-PT84
成分 マルチトール、
澱粉、
デキストリン、
セルロース、
HPMC、
ビタミンB1、
ステアリン酸Ca、
酸化ケイ素、
ビタミンB6、
ビタミンB2、
着色料(酸化チタン)、
タルク、
グリセリン、
増粘剤(アラビアガム)、
光沢剤
乳酸菌の食品のライラック乳酸菌

ライラック乳酸菌は、アテリオ・バイオ株式会社から出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の種類 有胞子乳酸菌ライラック01株
成分 有胞子性乳酸菌末(オカラ粉末、有胞子性乳酸菌)、
プルラン、
二酸化チタン
乳酸菌の食品の善玉ガード

善玉ガードは、株式会社・子育てのミカタから出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の種類 乳酸菌LCKT11
生ビフィズス菌BB536
熟成蔵づくり酵素
成分 ルチトール、
イソマルトオリゴ糖、
デキストリン、
フラクトオリゴ糖、
アカシア食物繊維、
植物発酵エキス末、
澱粉、
ビフィズス菌乾燥原末、
乳酸菌粉末、
貝カルシウム、
甘味料(キシリトール、スクラロース)、
香料、
微粒二酸化ケイ素、
ステアリン酸カルシウム、
クエン酸、
リン酸三カルシウム(一部にバナナ、大豆、
ごま、カシューナッツを含む)
乳酸菌の食品のカゴメ植物性乳酸菌・ラブレ

カゴメ植物性乳酸菌・ラブレは、カゴメから出ている乳酸菌の食品です。菌の種類などは下記の通りです。

菌の種類 ラブレ菌(KB290株)
成分 乳酸菌末(デンプン、
還元麦芽糖水飴、乳酸菌)、
HPMC、
ステアリン酸カルシウム、
(原材料の一部に大豆を含む)

痩せる腸内細菌とは?

私たちの腸内には100兆個という何だか想像もつかないような数の腸内細菌がいますが、これらのバランスを整えることによって、痩せる腸内細菌があると言います。どんなものなのでしょうか?
痩せる腸内細菌

腸内フローラ改善が口コミで痩せると話題

腸内フローラ改善は、比較的最近出て来た腸内フローラという言葉がインパクトがあるせいで、腸内フローラを改善しようという人々に口コミで広がり、痩せると話題になっています。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。
腸内フローラ改善!口コミで痩せる効果がスゴイ

痩せる乳酸菌のヨーグルト

痩せる乳酸菌のヨーグルトには、雪印メグミルクのSBT2055株・森永乳業のB3というビフィズス菌・タカナシ乳業のLGG・あせひら乳業のLP28・トマトの乳酸菌のLP14などが有名ですね。
乳酸菌の食品のランキング

痩せる乳酸菌で森永乳業

痩せる乳酸菌で森永乳業のものは、ビフィズス菌B3で、腸内フローラと肥満の関係に着目して発見された特別なビフィズス菌で、体脂肪の低減などの効果が確認されています。

乳酸菌ダイエットでDHC

乳酸菌ダイエットでDHCのものは、善玉菌ダイエットというものであり、ビフィズス菌B-3がスマートな菌活を応援するというキャッチコピーで売り出されています。

乳酸菌ダイエットでヤクルト

乳酸菌ダイエットでヤクルトに含まれる乳酸菌シロタ株100億個以上を1ヵ月程度飲用することによって、飲用後に腸内に棲むビフィズス菌が増加することで、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれます。

乳酸菌ダイエットでカルピス

乳酸菌ダイエットでカルピスの中でも、カラダカルピスに含まれる乳酸菌CP1563株は、ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株と呼ばれ、脂肪燃焼効果が高いのでダイエットに適しているとのことです。

乳酸菌の食品でダイエット

乳酸菌の食品でダイエットできるのは、なぜなのでしょうか?これは、乳酸菌の食品によって、腸内環境が改善されて、便秘が解消されることにより、新陳代謝が活発になって、体脂肪を燃焼しやすくなるからです。

乳酸菌ダイエットのやり方

乳酸菌ダイエットのやり方としては、乳酸菌の食品は食後に摂る方法が良いようです。タイミングとしては、朝・昼・夜のどの食事の後でも良いのですが、夜の間に腸内環境を整えて朝の排便に備えると言う意味では、夜の食事が終わってからがベストだと考えられます。

乳酸菌ダイエットの効果

乳酸菌ダイエットの効果としては、便秘解消・代謝アップ・自律神経のバランスが整う・活性酸素除去効果などが考えられます。これらの相乗効果によって、乳酸菌ダイエットで痩せることができるのです。

乳酸菌の食品で便秘を解消

乳酸菌の食品で便秘を解消できるのは、乳酸菌の食品によって腸内に善玉菌が増え、腸のぜんどう運動を促進して悪玉菌が減ることによって、腸内環境が改善されるからです。
乳酸菌の食品のランキング
この乳酸菌の食品に加えて、便秘の解消に役立つのが水溶性食物繊維です。どのような食品に水溶性食物繊維が多く含まれているか分からないと思うので、水溶性食物繊維の多い食品ベスト10を作成しましたので、下記の特集記事を参照して下さい。
水溶性食物繊維の多い食品ベスト10
水溶性食物繊維が注目されていますが、不溶性食物繊維も重要です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合は、水溶性1:不溶性2が理想とされています。

便秘の種類と原因

とその前に、便秘の種類と原因について考えて行きましょう。便秘には種類がいくつもあり、それぞれの原因があります。便秘の原因に合わせて対策を実施しないと便秘を解消することは難しいでしょう。

便秘解消方法

便秘の種類とその原因がわかったら、それに対応する適切な便秘解消方法を行う必要がありますね。しかも、即効すぐに効果を実感できた方法だとうれしいですよね?

腸内細菌のバランスが変化する期間

日々変化する腸内細菌のバランスが完全に変化するまでには、平均3.5日かかります。ですので、少なくても3日に1度は腸内細菌における善玉菌や痩せ菌を増やす食品を摂取する必要があります。

便秘薬おすすめランキング

頑固な便秘に悩んで便秘薬に頼るしかない場合に、どのような便秘薬を選べば良いのか分からないという人も多いかと思います。即効性が高いタイプや優しいタイプなどを考慮して便秘薬おすすめランキングを作りましたので、下記の特集記事を参照して下さい。
便秘薬おすすめランキング

乳酸菌の食品でニキビを改善

乳酸菌の食品でニキビを改善できるのは、乳酸菌の食品によって、腸内環境が改善されて新陳代謝が活発になるのと、便秘が解消されることで腸内に便や老廃物が減りますので、肌質が改善されてニキビが改善されるのです。
乳酸菌の食品のランキング
乳酸菌の食品を飲むだけでも、ニキビを改善する効果が期待できますが、これに加えてカラダの外側から結果をコミットするライザップグループのエステナードリフティを使うことで、美容効果を促進できます。


目の下のたるみ改善方法で即効性抜群
▶エステナードリフティで目の下のたるみ取り

乳酸菌の食品で免疫力アップ

乳酸菌の食品で腸内環境を整えると免疫力アップが期待できます。免疫力が向上することによって、風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなりますし、アレルギー症状も改善できます。

アレルギー症状には、食物アレルギー・花粉症・アレルギー性皮膚炎など様々なものがありますが、これらは腸内環境を整えることによって、改善されます。

乳酸菌の食品の悪い口コミ

乳酸菌の食品の悪い口コミを読んでいると、そもそもその乳酸菌の食品自体が粗悪な商品である場合や乳酸菌の食品に即効性を求めている場合、それからその乳酸菌の食品と自分の腸内細菌との相性が良くない場合がほとんどのようです。
乳酸菌の食品の悪い口コミ

乳酸菌の食品の良い口コミ

乳酸菌の食品の良い口コミを読んでいると、乳酸菌の食品の商品が高品質なもので、自分の腸内細菌と相性の良い乳酸菌が入っていて、効果が出るまでじっくりと長い期間において乳酸菌の食品を飲み続けているという特徴がみられます。
乳酸菌の食品の悪い口コミ

乳酸菌の食品の飲み方

乳酸菌の食品の飲み方としては、乳酸菌が熱でやられてしまうと腸内で活躍できなくなってしまうので、水かぬるま湯で飲みます。ベストなのは、40℃程度のぬるま湯です。この温度が乳酸菌の増殖能力が最大限に発揮されます。60℃だと30分で全滅、100℃だと一瞬で全滅です。

乳酸菌の食品を飲むタイミング

乳酸菌の食品を飲むタイミングは、食前なのか、食後なのか迷うかと思います。通常胃酸は食前の空腹時にはpH1~2と強酸性ですが、食事をすると濃度が薄まるのでpHは4~5まであがります。このタイミングで飲めば、乳酸菌を生きたまま腸に届く可能性が高くなります。
乳酸菌の食品のランキング
ですので、乳酸菌の食品を飲むタイミングとしては、食後の胃酸が薄まっている時に飲むのがベストです。では、朝・昼・晩で一番良いのは?という場合は、晩で、夕食後に飲むのが良いです。これは、深夜22時から2時までが腸のゴールデンタイムだからです。

乳酸菌の食品で下痢

乳酸菌の食品で下痢になるのは、乳酸菌の食品に難消化性デキストリンという水溶性食物繊維が含まれている場合には、便を柔らかくする作用があるために、乳酸菌の食品の摂取量やカラダとの相性によっては下痢になることがあります。

乳酸菌の食品の副作用

乳酸菌の食品の副作用は、過剰摂取した場合に起きる可能性があります。副作用の内容としては、下記のようなものが考えられます。
乳酸菌の食品のランキング

  • お腹がゆるくなって、下痢になったりする場合もある
  • 乳酸菌を摂取し始めると、腸内で細菌がよく活動するので、お腹が張り、おならが出やすくなる可能性がある

乳酸菌の食品とおなら

乳酸菌の食品で改善できるのは、おならの臭いです。腸内環境が悪化していて悪玉菌が優位になっていると腸内に腐敗臭が充満した状態になり、悪臭漂う「おなら」が出るのです。

ですが、乳酸菌の食品によって、腸内環境が整えられると善玉菌が増えて、腸内の腐敗臭が減ります。おならは、腸のガスですので、キレイなガスを出しても臭いが少なく、臭くない「おなら」になります。

おならと蠕動運動

腸内にある便を肛門に向かって押し出す運動を、蠕動運動と言います。難しい感じなので読めない人もいるかと思いますが、「ぜんどう」運動と読みます。

で、この蠕動運動がスムーズに行われないと便が長期間にわたって腸内に留まり、便秘になって悪臭を放つ、おならが出るわけです。これを改善しようと乳酸菌の食品を飲んでも改善が難しいです。

乳酸菌の食品は、腸内環境を改善する働きはしてくれますが、蠕動運動は促進してくれません。便秘を改善して、おならを減らすなら乳酸菌の食品ではなく、蠕動運動の200倍のスピードで便を押し出す下記の大ぜん動を起こすようにすると良いでしょう。
大ぜん動の起こし方

乳酸菌の食品を市販

乳酸菌の食品を市販で買う場合には、近くのスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどを見て回るかと思います。そんな中で見つかる乳酸菌の食品は安価で買いやすいですが、効果がイマイチなものが多い傾向があります。
乳酸菌の食品のランキング

乳酸菌の食品を海外

乳酸菌の食品を海外のもので探す場合には、その乳酸菌の食品の安全性に特に注意が必要です。海外の特徴としては、効果はあるけど副作用が強すぎたり、日本人の腸内細菌に合わなかったり、添加物が異常に多いなどが考えられます。

健康やダイエットのために、乳酸菌の食品を飲んでいるのに、食品添加物によってカラダに悪影響を受けて、便秘は解消されたけど、他の病気になったのでは意味がありません。食品添加物の害については、下記の特集記事を参照して下さい。
食品添加物の害

乳酸菌の食品をDHC

乳酸菌の食品をDHCで探してみると、乳酸菌EC-12が見つかります。この乳酸菌の食品は、乳酸菌EC-12に加えて、善玉菌のエサとなるラクチュロースがプラスされている点が特徴です。

乳酸菌の食品をamazon

乳酸菌の食品をamazonで探してみると「ヤクルト Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット)」・「ディアナチュラスタイル 48種の発酵植物×食物繊維・乳酸菌」・「ヨーグルト10個分の乳酸菌」などが見つかります。
乳酸菌の食品のランキング

乳酸菌の食品を楽天

乳酸菌の食品を楽天で探してみると「ガセリ菌プレミアム」・「アレルケア」・「ビフィーナS」などが見当たります。amazonや楽天で見つかるような乳酸菌の食品と比べても、当記事で最上位に選ばれたアレルライトハイパーは優れています。
乳酸菌の食品のランキング

乳酸菌の食品で人気の高いおすすめは?

乳酸菌の食品で人気なのは、当記事内において、乳酸菌ダイエットでは腸まで届くか・痩せる乳酸菌の種類・乳酸菌の数・続けやすさなどを基準にしてランキング化し、アレルライトハイパーがもっともおすすめであると判断されました。
アレルライトハイパーのレビュー記事

流行りのこんな方法知ってる?

ダイエット方法で注目をあびているのが、痩せ菌ダイエットです。痩せている人には痩せ菌が多く、デブの人にはデブ菌が多いという分かりやすさが人気となっているのでしょう。

そんな流行りの痩せ菌ダイエットに使える食品を、ヤセ菌・デブ菌・短鎖脂肪酸の3つを主軸にして順位付けを行ったのが下記の痩せ菌ダイエット人気ランキングです。これを使えば、キレイに痩せること間違いなし♪

痩せ菌とデブ菌はテレビや雑誌などの様々なメディアで取り上げられて、痩せ菌ダイエットは人気沸騰中と言っても過言ではありません。痩せ菌ダイエットについては、下記の特集記事を参照して下さい。


乳酸菌の食品のランキング
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。

また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。