添加物の影響って?

添加物は人体への影響がないのか…私たちが普段食べている食品の多くに添加物が入っているのは、ご存知ですよね。昔に比べて時の流れが早く、多忙な日々を過ごす私たちには添加物はなくてはならないと言っても良いのです。
添加物の影響
昔であれば、食べ物を買ってすぐに食べるから保存料などの添加物は不要だったかも知れないが、現代においては最低限の保存料がなくては普通の食生活を送るのは困難だと言わざるを得ません。

なので、最低限の保存料は仕方がないとも言えます。ここで取り上げるのは、必要不可欠でもなく、それでいて人体への影響が大きく危険と考えられる添加物を取り上げるので、出来るだけ控えてもらえたらと思います!

先生

添加物の人体への影響は少なからずあります。最低限でも添加物が入っていれば消化酵素を多く使わなくてはなりません。

危険な添加物

添加物なしの食生活は現代において非常に困難なので、自給自足でもやらない限り妥協は必要です。だからと言って、人体への影響が大きいハイリスクな添加物まで許容するのは危険極まりありません。
添加物の影響
ですので、ここでは、添加物の中でも、人体への影響が大きく、病気などの原因になって、リスクが高いと考えられるものを取り上げて警笛を鳴らそうと思います。特に危険な添加物を7つ取り上げますね!

添加物1:亜硝酸塩(ナトリウム)

人体への影響が大きく危険な添加物の一つ目は、亜硝酸塩(ナトリウム)です。体内に入ると発がん性物質にもなると言われている危険な添加物です。

主な食品

亜硝酸塩という添加物が使われる食品には、ハムやウインナーなどの食肉加工品・イクラや明太子、魚肉ソーセージそれからパック野菜(サラダ)などが挙げられます。どれも身近な食品で添加物など気にされていないのでは?
※コンビニサラダは安全だとテレビで放送されていましたが、安易に信じず、添加物が使われていないか良く確認されてから購入するようにして下さい。

目的

亜硝酸塩という添加物が使われる目的は何なのか?これも気になるところですよね。この添加物は、発色剤に使われ、黒ずみを防いでピンク色を保つ目的で使われます。要するに見た目の問題です。

リスク

亜硝酸塩という添加物を摂取するとアナタのカラダにどのような影響があるのか?気になりますよね!この添加物が人体へ与える影響には、頭痛・うつ症状・記憶障害・発がん性などが考えられます。食品の見た目の為に、こんな影響があるなんて、怖すぎですよね!

添加物2:合成甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK)

人体への影響が大きく危険な添加物の二つ目は、合成甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK)です。体内に入ると発がん性物質にもなると言われている危険な添加物です。

主な食品

合成甘味料という添加物が使われる食品には、ノンカロリーなダイエット飲料やゼリーなど・ノンアルコールドリンク・ガム・アメ・アイスなどに使われています。どれも身近な食品で添加物など気にされていないのでは?

目的

合成甘味料という添加物が使われる目的は何なのか?この添加物は、その名の通り、食品に甘味をもたらす目的で使われます。飲み物や食べ物に甘味を求めながら、カロリーを気にするあまり添加物にまみれます。

リスク

合成甘味料という添加物を摂取するとアナタのカラダにどのような影響があるのか?気になりますよね!この添加物が人体へ与える影響には、発がん性・内臓疾患・失明や視力低下・精子減少・うつ症状・記憶力低下などが考えられます。怖いですね!

添加物3:タール色素(合成着色料)

人体への影響が大きく危険な添加物の三つ目は、タール色素(合成着色料)です。体内に入ると発がん性物質にもなると言われている危険な添加物です。

主な食品

タール色素という添加物が使われる食品には、菓子類・アイス・清涼飲料水・福神漬け・紅ショウガ・ソーセージ・ジャム・医薬品などが挙げられます。どれも身近なもので、医薬品に含まれるなんて困りますよね!

目的

タール色素という添加物が使われる目的は何なのか?これも気になるところですよね。この添加物は、着色に使われます。要するに見た目の問題です。

リスク

タール色素という添加物を摂取するとアナタのカラダにどのような影響があるのか?気になりますよね!この添加物が人体へ与える影響には、発がん性・不妊症・胎児への影響などが挙げられます。妊婦さんは特に注意が必要ですね!

添加物4:安息香酸Na

人体への影響が大きく危険な添加物の四つ目は、安息香酸Naです。体内に入ると白血病の原因にもなると言われている危険な添加物です。

主な食品

安息香酸Naという添加物が使われる食品には、清涼飲料水・栄養ドリンク・シロップ・果汁・キャビア・マーガリン・なんちゃって醤油や酢などです。どれも身近な食品で添加物など気にされていないのでは?

目的

安息香酸Naという添加物が使われる目的は何なのか?これも気になるところですよね。この添加物は、保存料に使われ、細菌やカビの増殖を抑えて腐敗を防ぐ目的で使われます。保存目的でも安全なものを使って欲しいものですね!

リスク

安息香酸Naという添加物を摂取するとアナタのカラダにどのような影響があるのか?気になりますよね!この添加物が人体へ与える影響には、発がん性・神経障害・細胞の突然変異・食欲不振・めまいなどです。どれも怖いですね!

添加物5:ソルビン酸、ソルビン酸K(カリウム)

人体への影響が大きく危険な添加物の五つ目は、ソルビン酸です。体内に入ると発がんや免疫障害にもなると言われている危険な添加物です。

主な食品

ソルビン酸という添加物が使われる食品には、コンビニ弁当・ソーセージ・ハム・クリーム類・漬物・佃煮・あんこ類・煮豆・清涼飲料水・ワイン・ジャム・シロップなどです。どれも身近な食品で添加物など気にされていないのでは?

目的

ソルビン酸という添加物が使われる目的は何なのか?これも気になるところですよね。この添加物は、保存料に使われ、細菌やカビの増殖を抑えて腐敗を防ぐ目的で使われます。保存目的でも安全なものを使って欲しいものですね!

リスク

ソルビン酸という添加物を摂取するとアナタのカラダにどのような影響があるのか?気になりますよね!この添加物が人体へ与える影響には、発がん性・免疫障害・肝臓肥大などです。どれも怖いですね!

添加物6:防カビ剤

人体への影響が大きく危険な添加物の六つ目は、防カビ剤です。体内に入ると発がんや染色体異常にもなると言われている危険な添加物です。

主な食品

防カビ剤という添加物が使われる食品には、グレープフルーツやレモン、バナナ、オレンジなど海外から輸送されて来る柑橘類や果物全般と考えると良いです。どれも身近な食品で添加物など気にされていないのでは?

目的

防カビ剤という添加物が使われる目的は何なのか?これも気になるところですよね。この添加物は、その名の通り、カビを防ぐ目的で使われます。長期の輸送に食品が耐えられるように防カビ剤が使われていますが、危険性がとても高いです!

リスク

防カビ剤という添加物を摂取するとアナタのカラダにどのような影響があるのか?気になりますよね!この添加物が人体へ与える影響には、発がん性・先天性障害・遺伝子損傷・染色体以上などです。どれも怖いですね!

添加物7:グルタミン酸ナトリウム(アミノ酸等)

人体への影響が大きく危険な添加物の七つ目は、グルタミン酸ナトリウムです。体内に入るとアルツハイマー病やパーキンソン病にもなると言われている危険な添加物です。

主な食品

グルタミン酸ナトリウムという添加物が使われる食品には、加工食品全般・原材料名に調味料(アミノ酸等)と記載された調味料全般などです。どれも身近な食品で添加物など気にされていないのでは?

目的

グルタミン酸ナトリウムという添加物が使われる目的は何なのか?これも気になるところですよね。この添加物は、うまみ成分に用いられ、家庭でも簡単に美味しいと感じる料理が出来ると言われる調味料に多く含まれます。時間短縮が命を削ります。

リスク

グルタミン酸ナトリウムという添加物を摂取するとアナタのカラダにどのような影響があるのか?気になりますよね!この添加物が人体へ与える影響には、アルツハイマー病やパーキンソン病、うつ病、多動性障害、不眠症などが考えられます。脳に関する病気が多いのが特徴的で、とっても怖いですね!

添加物対策

人体への影響が大きい添加物について取り上げて、その怖さを知るともう何も食べられない!という恐怖におびえる女性もいるのですが、きちんと対策もすれば大丈夫です。
添加物の影響

摂取

まず、インスタント食品やお菓子それからコンビニ弁当などには手を出さないようにするのが大前提です。次に、清涼印象水やゼロカロリーのドリンクも控えます。

これだけでも、人体への影響が大きい添加物をかなり減らせます。現代において、添加物を完全排除するのは困難なので、極力摂らないようにするという考えじゃないと生きて行けません。

排出

出来る限り添加物の摂取量を減らすのと同時に、排出も行わないとカラダへの影響がどんどん大きくなって行きます。その為にはどうすれば良いのか?

添加物は、アナタのカラダにとって毒素です。ですので、毒素排出(デトックス)を行えば添加物による影響を抑えられます。デトックスには何を行えば良いのか?そこが問題ですよね!

デトックス

添加物など人体への影響が大きい毒素をカラダから排出するには、どうすれば良いのか?ここで使われるのが、医者も推奨する断食という方法です。

断食というと修行僧が行うような水だけ飲んで行う修行をイメージするかも知れませんが、ここで言う断食は、必要な栄養は摂取するが、普通の食生活ではないと考えて下さい。

具体的には、断食中に摂取するのは、水やノンカフェインのドリンクなどと酵素液です。メインの栄養は酵素液で摂取するので、これらには添加物が入っていない必要があります。

添加物という毒素排出(デトックス)をするのに断食をやるのだから、そこで使う酵素液に添加物が入っていたら本末転倒ですよね!ですから、無添加で余計なものが入っていない原液100%の酵素液である必要があります。

酵素液は安くて人気が高いものの多くに添加物が入っています。ですので、無添加で原液100%のものは、全体から見るとほんの一部です。それらを見つけて、更に酵素数・成分・添加物・糖類・コスパなどを総合的に調査を行いました。

長期間に渡る調査・検証により、やっとランキング記事が完成しましたので、アナタに見てもらえる状態になりました。ここから選べば間違いありません。

酵素液ランキング!
下記画像を今すぐタップ♪


添加物の影響
▶酵素液ランキング!

添加物の影響に恐怖!危険度が高いワースト7のまとめ

添加物は多くの食品に使われていて保存などが便利である一方で、人体への影響が大きく危険度の高い添加物も複数存在します。恐怖さえ感じるハイリスクなワースト7をまとめたので、これだけは避けた方が身のためですよ!

スギ花粉を中心に日本人の多くが苦しんでいる花粉症ですが、食べ物や飲み物などで体質改善を行い、基本的な対策を徹底的に行うことで、薬に頼らずとも症状をかなり軽減することが可能です。


花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング
▶花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング

運動や食事制限を頑張っているのにダイエットを成功できない!という場合には、腸内環境を整える痩せ菌サプリを使った痩せ菌ダイエットがおすすめです。医学誌にも掲載される痩せ菌やデブ菌とはどのようなものなのでしょうか?


痩せ菌サプリダイエット
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング