ビタミンB6とは

ビタミンB6の多い食品ベスト10にはどのようなものがあるのでしょうか?ビタミンB6とは、水溶性ビタミンで皮膚炎の予防を行う過程で発見されたビタミンです。基本的な役割として、代謝に関連する体内の多くの他の酵素の補酵素として働きます。
ビタミンB6でダイエット
ビタミンB6の効果や効能は多岐に渡り、ダイエットや美肌のように女性に嬉しい効果から、うつやアレルギー症状のような多くの人が悩む病的な症状の改善に役立つという素晴らしいビタミンです。

このビタミンB6ですが、その摂り方によって働きが変わって来て、間違った摂り方をしていると効果が薄かったり、過剰摂取による過剰症の危険まであります。どうすれば、美肌とスリムなスタイル、そして様々な症状の改善が行えるのかを見て行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

ビタミンB6は、ダイエットと美肌に効果があるのでそれだけでも摂取する価値があるという女性は多いですね!

ビタミンB6の効果・効能

ビタミンB6の効果・効能は多岐に渡り、美肌・ダイエット・うつ病・つわり・ADHD・アレルギー症状・動脈硬化・脂肪肝などに効果があるとされています。それぞれについて考えて行きます。
ビタミンB6でダイエット

ビタミンB6の効果:美肌

ビタミンB6の効果としては、美肌が挙げられます。ビタミンB6は、アミノ酸とたんぱく質の代謝に深く関わっていて、タンパク質の合成を助けて皮膚や粘液を丈夫に保つので、肌荒れや吹き出物を防止して美肌を作り出します。

年を重ねるごとに増えて来るシワや目の下のたるみ、大人ニキビや吹き出物などを改善して美肌を手に入れるならビタミンB6を摂るだけでなく、結果をコミットするライザップグループのエステナードリフティを使うことで、美容効果を促進できます。


目の下のたるみ改善方法で即効性抜群
▶エステナードリフティで目の下のたるみ取り

ビタミンB6の効果:うつ病

ビタミンB6の効果としては、うつ病の改善が挙げられます。ビタミンB6は、セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質の生成を助けるので、うつ病の改善するために働いてくれます。
ビタミンB6でダイエット
たかが、うつ病と甘く見ていると大変なことになります。うつ病で自殺する人も大勢いますし、うつ病になると太る原因にもなるので、いつまでも若々しくスリムでいたい女性は、うつ病の予防・改善を行わなければなりませんね!
うつ病で太る

ビタミンB6の効果:つわり

ビタミンB6の効果としては、つわりの改善が挙げられます。妊娠すると、アミノ酸の一種であるトリプトファンの代謝がうまくいかず、キサンツレン酸という物質が通常よりも増加してつわりの原因になります。

このアミノ酸の代謝を活性化してくれるのが、ビタミンB6なんです。妊娠中には食生活にも気をつけないと妊娠糖尿病になる危険性もあります。これがきっかけで、本格的な糖尿病にもなってしまう場合もあるので、妊娠中の栄養摂取には気を配りましょう。
糖尿病の食事療法で妊娠糖尿病を防ぐ

ビタミンB6の効果:ダイエット

ビタミンB6の効果としては、ダイエットが挙げられます。ビタミンB6は、タンパク質の代謝に大きく関わっていて、糖質・脂質の代謝にも関連しています。
ビタミンB6でダイエット
筋肉の材料になるタンパク質の合成を促す働きとタンパク質の成分であるアミノ酸の合成を促す働きがあるので、女性におすすめな筋トレダイエットを行う際には、タンパク質とHMBサプリに加えてビタミンB6を摂取すると相乗効果が期待できます。
女性向け筋トレダイエットにHMBサプリ

ビタミンB6の効果:筋肉

ビタミンB6の効果としては、筋肉が挙げられます。筋肉の主原料はタンパク質ですが、このタンパク質の合成を促す働きをビタミンB6がしてくれます。タンパク質は常に分解と合成を繰り返しているので、この時の合成の材料が足りないと筋肉が減少して行きます。
ビタミンB6でダイエット
ダイエットをする女性の多くが筋トレを嫌がりますが、その理由のひとつがムキムキになるかも!という心配です。ですが、これは筋肥大を行う筋トレを行ってしまっているからです。女性向けの筋トレでは筋密度を上げる筋トレを行わないとダメなんです!
女性向け筋トレメニュー

ビタミンB6の効果:ADHD

ビタミンB6の効果としては、ADHDの改善が挙げられます。自閉症やADHDなどの発達障害は、脳の機能障害によって神経の伝達が正常に行われていない状態になると出る症状です。

ですので、神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの合成に必要不可欠なビタミンB6が重要になってくるんです。ADHDなどの発達障害になった場合には、栄養素の変換が上手くできなくなるので通常よりも多くのビタミンB6が必要になってきます。

ビタミンB6の効果:動脈硬化

ビタミンB6の効果としては、動脈硬化の改善が挙げられます。ビタミンB6は、ビタミンB12や葉酸とともに摂取することで、動脈硬化の一因となるホモシステインを抑制するだけでなくコレステロール低下も期待できます。

動脈硬化を防ぐためには、その原因となる中性脂肪やLDLコレステロール値を下げる必要があります。その為には、ビタミンB6を摂取するだけでなく、他の食事療法や運動なども合わせて行う必要があります。
LDLコレステロール値を下げるには?

ビタミンB6の効果:脂肪肝

ビタミンB6の効果としては、脂肪肝の改善が挙げられます。ビタミンB6は、脂質の代謝を助けて肝臓への脂質の蓄積を防ぎ、脂肪肝を予防・改善する効果があります。

お酒をたくさん飲む人は、肝臓に脂肪が蓄積しやすく脂肪肝になるリスクが高いです。脂肪肝を放置して進行すると肝硬変になり、やがて肝臓ガンになる危険性があります。お酒は太るだけでなく様々な病気のリスクをアップさせるので、ほどほどにしましょう。
お酒は太る原因

ビタミンB6の効果:アレルギー症状

ビタミンB6の効果としては、アレルギー症状の改善が挙げられます。ビタミンB6を適量摂取することによって、免疫のバランスを正常な状態にし、アレルギー症状を緩和する働きがあります。
ビタミンB6でダイエット
アレルギー症状には、花粉症・アレルギー性皮膚炎・喘息・アレルギー性鼻炎などなど様々なものがありますが、このようなアレルギー症状を改善してくれるのはビタミンB6だけではありません。
アレルギー性鼻炎が原因で咳が止まらない

ビタミンB6の働き

ビタミンB6の働きは、たんぱく質からエネルギーをつくり出す代謝において、100種類程度の酵素の働きを助ける補酵素としての役割があり、これによりビタミンB6は皮膚や粘膜の健康維持を行います。

ビタミンB6とタンパク質

ビタミンB6とタンパク質には深いかかわりがあり、筋肉の材料であるタンパク質の合成時にビタミンB6のチカラが必要なんです。筋トレをしてタンパク質は摂っているんだけど、筋肉がつかないという場合には、ビタミンB6が不足しているのかも知れませんね!

ビタミンB6の摂り方

ビタミンB6の摂り方としては、ビタミンB群をバランス良く摂ることが重要です。なぜならば、ビタミンB6とビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ナイアシン・パントテン酸などは相互に作用しているからです。

ビタミンB6とB2

ビタミンB6はB2に深いかかわりがあります。ビタミンB6が活性化する為には、ビタミンB2のチカラが必要なんです。ですから、ビタミンB2が不足すればビタミンB6の不足にも繋がります。ビタミンB2の効果的な摂取方法を参考にしましょう。
ビタミンB2の効果的な摂取方法

ビタミンB6とB12

ビタミンB6は、ビタミンB12や葉酸とともに摂取することで、動脈硬化の一因となるホモシステインを抑制するだけでなくコレステロール低下も期待できます。ビタミンB12は葉酸の補酵素なので、この三つは一緒に摂ると相乗効果が高まります。

ビタミンB6の必要量

ビタミンB6の必要量は、女性や男性といった性別によって異なるのでしょうか?また、年齢によって必要な摂取量は異なるのでしょうか?また、つわりにも関係するので、女性の場合には妊娠時に必要量が増えることが想像できますね!

ビタミンB6の摂取量

ビタミンB6の摂取量は下記の通りです。

年齢 男性(mg) 女性(mg)
推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量 推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量
0~5 (月) 0.2 0.2
6~11 (月) 0.3 0.3
1~2 0.4 0.5 10 0.4
</ td>
0.5 10
3~5 0.5 0.6 15 0.5 0.6 15
6~7 0.7 0.8 20 0.6 0.7 20
8~9 0.8 0.9 25 0.8 0.9 25
10~11 1.0 1.2 30 1.0 1.2 30
12~14 1.2 1.4 40 1.1 1.3 40
15~17 1.2 1.5 50 1.1 1.3 45
18~29 1.2 1.4 55 1.0 1.2 45
30~49 1.2 1.4 60 1.0 1.2 45
50~69 1.2 1.4 55 1.0 1.2 45
70以上 1.2 1.4 50 1.0 1.2 40
妊婦(付加量) +0.2 +0.2
授乳婦(付加量) +0.3 +0.3

ビタミンB6の吸収率

ビタミンB6の吸収率は、水溶性のビタミンであることから水と一緒に摂取することで高めることができます。また、食品を調理する際に流れ出てしまうので、水分を多く含み、水分を摂取しない料理では吸収率が低くなってしまいます。水分も一緒に摂取できるレシピが向いていますね。

ビタミンB6の不足

ビタミンB6の不足は、単純にビタミンB6を含む食品などを食べる量が減るだけでなく、ビタミンB2が不足することによっても起こります。なぜなら、ビタミンB6が活性化するには、ビタミンB2が必要だからです。また、アルコール依存症や薬剤によっても引き起こされます。

ビタミンB6の欠乏症

ビタミンB6の欠乏症になると、末梢神経障害・脂漏性皮膚炎・舌炎・口角炎・うつ病・錯乱・痙攣発作・貧血・麻痺性発作・聴覚過敏・脳波異常・免疫力低下などの症状が発生する危険性があります。ビタミンB6の効果とは逆と考えると分かりやすいですね!

ビタミンB6の過剰摂取

ビタミンB6の過剰摂取は通常の食生活を送っている中では、必要以上のビタミンB6が尿などと一緒に排出されるので問題ありません。ですが、薬やサプリメントなどで過剰摂取によるリスクが発生する危険性があります。

ビタミンB6の過剰症

ビタミンB6の過剰症になると、感覚神経障害・末梢感覚神経障害・骨の疼痛・筋肉の脆弱・精巣萎縮・精子数の減少などになる危険性があります。カラダに良いビタミンB6も摂り過ぎは良くないということです。

ビタミンB6は妊娠中

ビタミンB6は妊娠中に摂取することによって、つわりを軽減してくれる働きがあります。摂取量としては、18歳から49歳の妊婦の推奨量は一日に1.4mgで、摂取してもよい上限量は一日に45mgまでです。

ビタミンB6の食品一覧

ビタミンB6の食品一覧は下記の通りです。

食品名 含有量(mg/100g) 一単位あたり重量(可食部) 一単位可食部あたりの成分含有量
みなみまぐろ 1.08mg 刺身10切れ150g 1.62mg
くろまぐろ 0.85mg 刺身10切れ150g 1.28mg
かつお 0.76mg 1切れ100g 0.76mg
テラピア 0.67mg 1さく100mg 0.76mg
きはだまぐろ 0.64mg 刺身10切れ150g 0.96mg
さけ 0.64mg 1切れ80g 0.51mg
かつお節 0.53mg 大さじ2杯1g 0.01mg
まさば 0.51mg 1切れ80g 0.41mg
さんま 0.51mg 1尾150g(105g) 0.54mg
ます 0.49mg 1切れ100g 0.49mg
とびうお 0.47mg 1尾300g(180g) 0.85mg
めばちまぐろ 0.46mg 刺身10切れ150g 0.69mg
とらふぐ 0.45mg ぶつ切り1切れ30g 0.14mg
かわはぎ 0.45mg 1尾200g(70g) 0.32mg
きびなご 0.44mg 1尾10g(7g) 0.03mg
まかじき 0.44mg 1切れ100g 0.44mg
まいわし 0.44mg 1尾150g(68g) 0.27mg
ぼら 0.43mg 1尾600g(300g) 1.29mg
にしん 0.42mg 1尾200g(110g) 0.46mg
ぶり 0.42mg 1切れ100g 0.42mg
まあじ 0.40mg 1尾80g(40g) 0.18mg
さわら 0.40mg 1切れ80g 0.32mg
牛肝臓 0.89mg 1切れ40g 0.36mg
ビーフジャーキー 0.85mg 1袋50g 0.43mg
七面鳥 0.72mg 薄2枚80g 0.58mg
鶏ひき肉 0.68mg 卵大1かたまり50g 0.34mg
鶏ささみ 0.66mg 2本80g 0.46mg
鶏肝臓 0.65mg 1個40g 0.26mg
鴨肉 0.61mg 薄1枚40g 0.24mg
豚肝臓 0.57mg 1切れ30g 0.17mg
鹿肉 0.54mg 厚1cm1枚100g 0.54mg
ローストビーフ 0.47mg 1切れ15g 0.07mg
くじら肉 0.46mg 刺身1切れ8g 0.04mg
生ハム 0.43mg 薄1枚7g 0.03mg
にんにく 1.50mg 1個70g(64g) 0.96mg
とうがらし(果実) 1.00mg 10本30g(27g) 0.27mg
ピスタチオ(いり) 1.22mg 10粒8g(4g) 0.05mg
ひまわりの種(フライ) 1.18mg 大さじ1杯9g 0.11mg
ごま(いり) 0.64mg 大さじ1杯6g 0.04mg
くるみ(いり) 0.49mg 1個4g 0.02mg
バターピーナッツ 0.48mg 10粒8g 0.04mg
らっかせい(いり) 0.46mg 10粒9g 0.03mg
ほしのり 0.61mg 1枚3g 0.02mg
焼きのり 0.59mg 小10枚3g 0.02mg
ほしのり 0.51mg 小10枚3g 0.02mg
あおのり(素干し) 0.49mg 大さじ1杯2g 0.01mg
小麦胚芽 1.24mg 大さじ1杯8g 0.10mg
きな粉(全粒大豆) 0.72mg 大さじ1杯7g 0.04mg
黒砂糖 0.72mg 大さじ1杯9g 0.06mg
抹茶 0.96mg 大さじ1杯6g 0.04mg

ビタミンB6の飲み物

ビタミンB6の飲み物は下記の通りです。

飲料名 含有量
抹茶(まっちゃ) 0.96
玉露茶(ぎょくろちゃ) 0.69
煎茶(せんちゃ) 0.46
紅茶(こうちゃ) 0.28
純米吟醸酒(じゅんまいぎんじょうしゅ:清酒) 0.14
吟醸酒(ぎんじょうしゅ:清酒) 0.12
純米酒(じゅんまいしゅ:清酒) 0.12
本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ:清酒) 0.09
ピュアココア 0.08
ミルクココア 0.07
玉露茶(ぎょくろちゃ:浸出液) 0.07
黒ビール 0.07
清酒(せいしゅ)(上撰:じょうせん) 0.07
スタウトビール 0.06
淡色ビール 0.05
紹興酒(しょうこうしゅ) 0.03
赤ワイン 0.03
甘酒(あまざけ) 0.02
白酒(しろざけ) 0.02
ロゼワイン 0.02
白ワイン 0.02
インスタントコーヒー 0.01
紅茶(こうちゃ:浸出液) 0.01
玄米茶(げんまいちゃ:浸出液) 0.01
番茶(ばんちゃ:浸出液) 0.01
釜炒り茶(かまいりちゃ:浸出液) 0.01
煎茶(せんちゃ:浸出液) 0.01
スイートワイン 0.01
薬味酒(やくみしゅ) 0.01
本味醂(ほんみりん) 0.01
合成清酒(ごうせいせいしゅ) 0.01
梅酒(うめしゅ) 0.01
発泡酒(はっぽうしゅ) 0.01

ビタミンB6のお菓子

ビタミンB6のお菓子は下記の通りです。

菓子名 含有量
成形ポテトチップス 0.54
芋花林糖(いもかりんとう) 0.32
ブリットル 0.23
黒花林糖(くろかりんとう) 0.21
御惚気豆(おのろけまめ) 0.21
三嶋豆(みしままめ) 0.19
肉まん 0.18
五家宝(ごかぼう) 0.15
南部煎餅(なんぶせんべい:胡麻入り) 0.14
甘辛煎餅(あまからせんべい:米菓) 0.13
ミルクチョコレート 0.11
ミートパイ 0.11
成形ポテトチップス 0.54
芋花林糖(いもかりんとう) 0.32
ブリットル 0.23
黒花林糖(くろかりんとう) 0.21
御惚気豆(おのろけまめ) 0.21
三嶋豆(みしままめ) 0.19
肉まん 0.18
五家宝(ごかぼう) 0.15
南部煎餅(なんぶせんべい:胡麻入り) 0.14
甘辛煎餅(あまからせんべい:米菓) 0.13
ミルクチョコレート 0.11
ミートパイ 0.11
揚げ煎餅(あげせんべい:米菓) 0.11
南部煎餅(なんぶせんべい:落花生入り) 0.11
霰(あられ:米菓) 0.09
甘納豆(小豆:あずき) 0.09
カバーリングチョコレート 0.08
蕎麦(そば)ボーロ 0.07
白花林糖(しろかりんとう) 0.07
甘納豆(隠元豆:いんげんまめ) 0.07
コーンスナック 0.06
プレッチェル 0.06
ハードビスケット 0.06
デニッシュペストリー 0.06
八つ橋(やつはし) 0.06
柚餅子(ゆべし) 0.06
串団子(くしだんご:醤油) 0.06
金鍔(きんつば) 0.06
ホワイトチョコレート 0.05
ワッフル(カスタードクリーム入り) 0.05
イーストドーナッツ 0.05
シュークリーム 0.05
塩煎餅(しおせんべい:米菓) 0.05
銅鑼焼き(どらやき) 0.05
茶通(ちゃつう) 0.05
串団子(くしだんご:餡) 0.05
ソフトビスケット 0.04
ソーダクラッカー 0.04
オイルスプレークラッカー 0.04
ババロア 0.04
カスタードプディング 0.04
ケーキドーナッツ 0.04
チョココロネ 0.04
クリームパン 0.04
雛霰(ひなあられ:関東風) 0.04
瓦煎餅(かわらせんべい) 0.04
あんまん 0.04
草餅(くさもち) 0.04
切山椒(きりざんしょ) 0.04
菓子名 含有量
軽羹(かるかん) 0.04
鹿の子(かのこ) 0.04
生八ツ橋(なまやつはし:餡入り) 0.04
甘納豆(豌豆:えんどう) 0.04
小麦粉霰(こむぎこあられ) 0.03
サブレ 0.03
ワッフル(ジャム入り) 0.03
バターケーキ 0.03
パイ皮 0.03
ジャムパン 0.03
麦落雁(むぎらくがん) 0.03
月餅(げっぺい) 0.03
カステラ 0.03
柏餅(かしわもち) 0.03
キャラメル 0.02
ロシアケーキ 0.02
パフパイ 0.02
ウエハース 0.02
ミルクゼリー 0.02
オレンジゼリー 0.02
ホットケーキ 0.02
アップルパイ 0.02
スポンジケーキ 0.02
餡(あん)パン 0.02
衛生(えいせい)ボーロ 0.02
雛霰(ひなあられ:関西風) 0.02
中華風クッキー 0.02
塩釜(しおがま) 0.02
巻き煎餅(まきせんべい) 0.02
磯部煎餅(いそべせんべい) 0.02
(おこし) 0.02
唐饅頭(とうまんじゅう) 0.02
粽(ちまき) 0.02
タルト 0.02
大福餅(だいふくもち) 0.02
黍団子(きびだんご) 0.02
外郎(ういろう) 0.02
ショートケーキ 0.01
蜀黍落雁(もろこしらくがん) 0.01
落雁(らくがん) 0.01
松風(まつかぜ) 0.01
最中(もなか) 0.01
栗饅頭(くりまんじゅう) 0.01
カステラ饅頭(まんじゅう) 0.01
桜餅(さくらもち:関西風) 0.01
鶯餅(うぐいすもち) 0.01
今川焼き(いまがわやき) 0.01
揚げ煎餅(あげせんべい:米菓) 0.11
南部煎餅(なんぶせんべい:落花生入り) 0.11
霰(あられ:米菓) 0.09
甘納豆(小豆:あずき) 0.09
カバーリングチョコレート 0.08
蕎麦(そば)ボーロ 0.07
白花林糖(しろかりんとう) 0.07
甘納豆(隠元豆:いんげんまめ) 0.07
コーンスナック 0.06
プレッチェル 0.06
ハードビスケット 0.06
デニッシュペストリー 0.06
八つ橋(やつはし) 0.06
柚餅子(ゆべし) 0.06
串団子(くしだんご:醤油) 0.06
金鍔(きんつば) 0.06
ホワイトチョコレート 0.05
ワッフル(カスタードクリーム入り) 0.05
イーストドーナッツ 0.05
シュークリーム 0.05
塩煎餅(しおせんべい:米菓) 0.05
銅鑼焼き(どらやき) 0.05
茶通(ちゃつう) 0.05
串団子(くしだんご:餡) 0.05
ソフトビスケット 0.04
ソーダクラッカー 0.04
オイルスプレークラッカー 0.04
ババロア 0.04
カスタードプディング 0.04
ケーキドーナッツ 0.04
チョココロネ 0.04
クリームパン 0.04
雛霰(ひなあられ:関東風) 0.04
瓦煎餅(かわらせんべい) 0.04
あんまん 0.04
草餅(くさもち) 0.04
切山椒(きりざんしょ) 0.04
菓子名 含有量
軽羹(かるかん) 0.04
鹿の子(かのこ) 0.04
生八ツ橋(なまやつはし:餡入り) 0.04
甘納豆(豌豆:えんどう) 0.04
小麦粉霰(こむぎこあられ) 0.03
サブレ 0.03
ワッフル(ジャム入り) 0.03
バターケーキ 0.03
パイ皮 0.03
ジャムパン 0.03
麦落雁(むぎらくがん) 0.03
月餅(げっぺい) 0.03
カステラ 0.03
柏餅(かしわもち) 0.03
キャラメル 0.02
ロシアケーキ 0.02
パフパイ 0.02
ウエハース 0.02
ミルクゼリー 0.02
オレンジゼリー 0.02
ホットケーキ 0.02
アップルパイ 0.02
スポンジケーキ 0.02
餡(あん)パン 0.02
衛生(えいせい)ボーロ 0.02
雛霰(ひなあられ:関西風) 0.02
中華風クッキー 0.02
塩釜(しおがま) 0.02
巻き煎餅(まきせんべい) 0.02
磯部煎餅(いそべせんべい) 0.02
おこし 0.02
唐饅頭(とうまんじゅう) 0.02
粽(ちまき) 0.02
タルト 0.02
大福餅(だいふくもち) 0.02
黍団子(きびだんご) 0.02
外郎(ういろう) 0.02
ショートケーキ 0.01
蜀黍落雁(もろこしらくがん) 0.01
落雁(らくがん) 0.01
松風(まつかぜ) 0.01
最中(もなか) 0.01
栗饅頭(くりまんじゅう) 0.01
カステラ饅頭(まんじゅう) 0.01
桜餅(さくらもち:関西風) 0.01
鶯餅(うぐいすもち) 0.01
今川焼き(いまがわやき) 0.01

ビタミンB6の調味料

ビタミンB6の調味料は下記の通りです。

調味料名 含有量
ガーリックパウダー 2.32
バジル(粉末) 1.75
パセリ(乾燥) 1.47
パン酵母(乾燥) 1.28
生姜(しょうが:粉末) 1.03
酒粕(さけかす) 0.94
黒砂糖(くろざとう) 0.72
パン酵母(圧搾) 0.59
カレー粉 0.59
固形コンソメ 0.4
トマトペースト 0.38
溜り醤油(たまりしょうゆ) 0.22
トマトピューレー 0.2
豆板醤(とうばんじゃん) 0.2
再仕込み醤油(さいしこみしょうゆ) 0.18
濃口醤油(こいくちしょうゆ) 0.17
チリソース 0.15
粒入りマスタード 0.14
豆味噌(まめみそ) 0.13
薄口醤油(うすくちしょうゆ) 0.13
即席味噌(そくせきみそ:粉末) 0.12
米味噌(こめみそ:赤色辛味噌) 0.12
トマトソース 0.12
米味噌(こめみそ:淡色辛味噌) 0.11
練りマスタード 0.1
麦味噌(むぎみそ) 0.1
ハヤシルウ 0.08
白醤油(しろしょうゆ) 0.08
和三盆糖(わさんぼんとう) 0.08
カレールウ 0.07
即席味噌(そくせきみそ:ペースト) 0.07
トマトケチャップ 0.07
麺露(めんつゆ:三倍濃厚) 0.07
顆粒風味調味料 0.06
洋風だし 0.06
濃厚ソース 0.06
中華出汁(ちゅうかだし) 0.05
米味噌(こめみそ:甘味噌) 0.04
マヨネーズ(卵黄型) 0.04
和風ドレッシング 0.04
牡蠣油(かきあぶら) 0.04
麺露(めんつゆ:ストレート) 0.04
中濃ソース 0.04
サウザンアイランドドレッシング 0.03
鶏がら出汁(とりがらだし) 0.03
ウスターソース 0.03
マヨネーズ(全黄型) 0.02
椎茸出汁(しいたけだし) 0.02
鰹出汁(かつおだし) 0.02
米酢(こめす) 0.02
鰹昆布出汁(かつおこんぶだし) 0.01
林檎酢(りんごす) 0.01
穀物酢(こくもつす) 0.01

ビタミンB6の果物

ビタミンB6の果物は、下記の通りです。

順位 食品名
1位 バナナ
2位 乾燥プルーン
3位 アボガド
4位 干しぶどう
5位 干し柿
6位 マンゴー
7位 キウイフルーツ
8位 メロン
9位 ゆず
10位 ライチ
11位 パインアップル
12位 レモン
13位 イチジク
14位 いよかん
15位 オレンジ
16位 スイカ
17位
18位 きんかん
19位 びわ
20位 みかん

ビタミンB6の野菜

ビタミンB6の野菜は、下記の通りです。

順位 食品名
1位 とうがらし
2位 にんにく
3位 ししとうがらし
4位 パブリカ
5位 モロヘイヤ
6位 かいわれだいこん
7位 芽きゃべつ
8位 乾燥した切干大根
9位 西洋かぼちゃ
10位 シソ
11位 ピーマン
12位 レッドキャベツ
13位 ヤングコーン
14位 玉ねぎ
15位 日本かぼちゃ
16位 カリフラワー
17位 しょうが
18位 そら豆
19位 ニラ
20位 しその実
21位 とうもろこし
22位 ブロッコリー
23位 キャベツ
24位 たらの芽
25位 ミニトマト
26位 長ネギ
27位 菜の花
28位 ニンジン
29位 バジル
30位 水菜
31位 グリンピース
32位 ごぼう
33位 ズッキーニ
34位 はくさい
35位 グリーンアスパラガス
36位 枝豆
37位 オクラ
38位 サニーレタス
39位 セロリ
40位 トマト
41位 ほうれん草

ビタミンB6の監修医師・病院

欠乏すると成長障害、痙攣、動脈硬化、貧血、脂肪肝、皮膚炎、口内炎、舌炎、神経炎などを起こします。大蒜、ピスタチオ、鮪、鶏肉、海苔、レバーなどに含まれます。と中野区医師会で語られています。

タンパク質は、筋肉を主原料であるので、不足すると頑張って筋トレをしているのに全然、筋肉量が増えないよ…ってことになってしまいます。ですので、下記のタンパク質の多い食品を参考に必要量を摂取するようにしましょう。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶タンパク質の多い食品

脂質はダイエットをしている女性に毛嫌いされるのですが、控えなければならないのは悪質な脂質だけで、良質な脂質は積極的に摂取すべきです。そうすることで体脂肪が燃えやすくなり、肌の乾燥も抑えられます。脂肪の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶脂肪の多い食品

炭水化物は、糖質を多く含んでいるので炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットによって迫害されています。ですが、糖質は脳のエネルギー源であり、不足すれば頭痛や吐き気なども引き起こします。糖質の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶糖質の多い食品

ナトリウム・塩分は、昔から私たち日本の食卓に多く含まれるミネラルであるため、過剰摂取が多くの医者などから指摘され、塩分の多い食品は控えるようにと指導されていることと思います。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶塩分の多い食品

カルシウムというと牛乳というイメージがありますが、乳糖が分解できない多くの日本人にとっては当てはまりません。詳しくは、下記のカルシウムの多い食品の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶カルシウムの多い食品

鉄分はマグネシウムと混同されやすいのですが、別物です。偏った食生活を送っていなければマグネシウムが不足することは考えにくいのですが、鉄分は女性に不足しやすく貧血の原因になるので、下記の鉄分の多い食品の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶鉄分の多い食品

ビタミンAは、目に良いビタミンというイメージが強いですが、それだけではなく生殖作用や感染予防などもあります。詳しくは、下記のビタミンAの多い食品の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンAの多い食品

ビタミンEは、強力な抗酸化作用の他、冷え性や肩こり、不妊症、コレステロールを下げるなどの効果が期待できます。めまいや老化防止などにも役立つビタミンEの多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンEの多い食品

ビタミンKは、欠乏すると出血傾向となり、骨粗鬆症や動脈硬化に関連しているのですが、納豆に含まれているのは知ってるけど、あとは良く分からないというのが本音ではないでしょうか?ビタミンKの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンKの多い食品

ビタミンB1は、チアミンとも呼ばれ、糖質および分岐脂肪酸をエネルギーに変換してくれるので、ダイエット効果も期待できます。不足すると脚気や神経炎などの症状が起きる危険性があるので、下記のビタミンB1の多い食品の特集記事を参照して積極的に摂取するように下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンB1の多い食品

ビタミンB2は、野菜や穀類などの植物性食品よりも、肉や魚などの動物性食品に多く含まれていて、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生だけでなく、体脂肪の燃焼にも大きく関わっています。ビタミンB2の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンB2の多い食品

ビタミンB6は、タンパク質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素、神経伝達物質である生理活性アミンの代謝の補酵素、ホルモン調節因子などとして働くので、不足すると痙攣やてんかん発作、貧血などを引き起こします。ビタミンB6の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンB6の多い食品

ビタミンB12は、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こります。ビタミンB12の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンB12の多い食品

ビタミンCは、壊血病の予防・治療のほか、鉄分、カルシウムなどミネラルの吸収促進に用いられ、美肌・骨形成・コラーゲン合成・免疫力強化・ダイエットなどの効果が期待できます。ビタミンCの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンCの多い食品

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つだけでなく、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症、妊娠しやすい体作りなどの効果も期待されています。ビタミンDの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ビタミンDの多い食品

ナイアシンは、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3とも呼ばれます。三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠なので、健康的なダイエットに活躍する栄養素です。ナイアシンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶ナイアシンの多い食品

葉酸というと妊活をする女性に効果が高いとされて話題になっています。ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助けます。葉酸の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶葉酸の多い食品

パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助し、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関連しています。皮ふや粘膜の健康維持による美肌を目指すならパントテン酸の多い食品を下記の特集記事から参照し積極的に食べるようにしましょう。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶パントテン酸の多い食品

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれており、それぞれの食品をバランス良く摂取することで、腸内環境を整えて便秘を解消して、美肌やダイエットの効果が得られます。健康的にダイエットするなら、下記の水溶性食物繊維の多い食品を下記の特集記事から参照し、積極的に食べるようにしましょう。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶水溶性食物繊維の多い食品

コレステロールは、何でも悪者というわけではなく細胞膜やホルモン、消化液の材料になるので必要なものです。減らしたいのは、悪玉コレステロールと呼ばれるものですが、コレステロールを下げる食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶コレステロールを下げる食品

コレステロールの中でも減らしたいのが悪玉コレステロールですが、この悪玉コレステロールは、LDLコレステロールと呼ばれます。善玉はHDLと呼ばれますが、LDLコレステロール値を下げる食品は下記の特集記事を参照して下さい。
LDLコレステロール値を下げるには?

短鎖脂肪酸は、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造の脂肪酸の中で、酢酸、プロピオン酸、酪酸などが代表的です。痩せ菌ダイエットのポイントになる短鎖脂肪酸を増やす食品一覧については、下記の特集記事を参照して下さい。
短鎖脂肪酸を増やす食品

コラーゲンは、肌のたるみだけではなく、髪や爪にも良いので、美肌・美髪・美爪を目指す女性にとっては欠かせない栄養素ですね。コラーゲンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶コラーゲンの多い食品

マグネシウムは、単純に摂取量に気をつけるだけではなく、カルシウムとのバランスも大切です。不足すると偏頭痛や便秘の原因になるので、バランスの良い食生活を心がけましょう。マグネシウムの多い食品は、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶マグネシウムの多い食品

腎臓は、尿を作る・カラダのバランス調整・血圧調整・ホルモンの生成を行っているとっても大切な臓器です。腎臓病にならないために、腎臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶腎臓に良い食べ物・飲み物

肝臓は、食べ物の栄養素を代謝・解毒作用・胆汁の生成と分泌を行っているとっても大切な臓器です。肝臓病にならないために、肝臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶肝臓に良い食べ物・飲み物

カリウムは、カラダの中で過剰になった塩分を排出してくれる働きがあります。むくみで悩む女性や高血圧で悩む中高年の人々の救世主となってくれるのが、このカリウムの多い食品たちです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


ビタミンB6の多い食品ベスト10
▶カリウムの多い食品

ビタミンB6のサプリメント

ビタミンB6のサプリメントは、欠乏症にでもなっていない限り必要ありません。なぜビタミンB6が不足して欠乏症になっているのかの原因をつきとめて、それに対する正しい対応を行いましょう。

ビタミンB6の薬

ビタミンB6の薬は、ピリドキシン塩酸塩です。消耗性疾患・妊産婦・授乳婦などによりビタミンB6の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給が必要な場合やビタミンB6欠乏症の予防および治療、ビタミンB6依存症の場合に使用します。

ビタミンB6依存症

ビタミンB6依存症の症状は、痙攣・ビタミンB6反応性貧血・シスタチオニン尿症・キサンツレン酸尿症などです。

ビタミンB6と腸内細菌

ビタミンB6は腸内細菌でも作られるので、腸内環境を整えることが重要です。腸内環境を整えるには、食物繊維や乳酸菌を摂取することが有効です。乳酸菌はサプリなどで摂取するのが効率的です。
ビタミンB6でダイエット
なぜならば、乳酸菌の種類は多種多様で、腸内細菌と相性が良くないと腸内環境を整える効果が低いからです。便秘解消などの乳酸菌ダイエットを行う場合には、最適な乳酸菌サプリを選ぶようにしましょう。
乳酸菌サプリのランキング

ビタミンB6の多い食品ベスト10!摂り方で美肌やダイエット効果のまとめ

ビタミンB6の多い食品ベスト10でダイエットの効果だけでなく美肌・うつ・つわり・ADHD・アレルギー・動脈硬化・脂肪肝に効能がある。ビタミンB6の多い食品・飲み物・果物・サプリ・薬の摂り方で働きが異なる。不足しなければ過剰摂取も問題ないと思ってない?

日焼けは夏だけのものと思っていませんか?紫外線のUVBは4月から8月以外はほとんどありませんが、UVAは年間を通して強いので夏以外でも日焼け対策は必要です。でも、毎日日焼け止めクリームを塗るのって大変じゃないですか?


ホワイトヴェールは効果なし悪い口コミは嘘
▶ホワイトヴェールは効果なし悪い口コミは嘘?

毎日の仕事や家事での疲れだけでなく、マラソンや筋トレなどの運動で疲労が溜まってパフォーマンスが向上しない時に、疲労回復サプリメントを使うことで今まで得られなかった最高のパフォーマンスを引き出すことができます。


疲労回復サプリメントのランキング
▶疲労回復メントのランキング

ビタミンB6はダイエットの効果があるだけでなく、美肌・うつ・つわり・ADHD・アレルギー・動脈硬化・脂肪肝の効能があります。ビタミンB6を含む食品・飲み物・果物・サプリ・薬の摂り方で働きが違ってきます。不足しなければ過剰摂取も問題ないと思っていませんか?

栄養はバランス良く摂ると良いと言いますが、特にビタミンB群はお互いを助け合い、相乗効果が期待できますので、ビタミンB群でダイエットや美肌などを手に入れたい場合には、他のビタミンB群も摂取するようにしましょう。
ビタミンB群でダイエット

ビタミンB6が不足しないように、食べ物に気をつけるのって結構大変で、今の野菜は昔に比べて栄養価がめちゃめちゃ落ちてるから、大量に食べない限り無理なんです。だから、不足を簡単に補うには青汁ダイエットで人気のランキングでおすすめの青汁を使うと楽ですよ!
青汁ダイエットの人気ランキング