肥満細胞で太る?

私って肥満細胞が多いから、少し食べただけでも太っちゃう体質なの…そんな話を聞いたことはありませんか?でも、それってダイエットに関する知識の間違いなのです。じゃあ、肥満細胞ってなんなの?
肥満細胞
肥満細胞とは、脂肪とは関係のない細胞なのです。アレルギーの発生原因となる花粉などのアレルゲンがカラダの中に入って来た際にヒスタミンを分泌させるのが肥満細胞です。

肥満細胞は、鼻の粘膜や血管のまわりなどに多く存在しています。ですので、花粉症で鼻水やクシャミがたくさん出て困るのは、鼻の粘膜にある肥満細胞が反応して発生しているのです。

カラダにとって有害と判断されるアレルゲンをカラダの外に排出しようとする働きですので、アナタのカラダを守る大切なものであることは確かです。ですが、肥満細胞と太るということは関係ありません。

では、なぜ、太ることに関係しないのに肥満細胞と呼ばれるのでしょうか?それは、アレルゲンへの反応として細胞が膨張して膨れ上がった状態が太った肥満体型を連想させることから肥満細胞と呼ばれているだけなのです。

花粉症の改善として、ヨーグルトを食べることが挙げられますが、これは、腸内環境を改善することによって、免疫をアップさせることが狙いです。

肥満細胞の分化に関与する転写因子 肥満細胞は多分化能血液幹細胞の子孫である. 多分化能血液幹細胞の子孫のうち, 赤血球と血小板の分化にはGATA-1とGATA-2が関与し, マクロファージ, B細胞, 好中球の分化にはPU. 1が関与する. GATA転写因子とPU. 1は上記の細胞の分化に対しては拮抗的に働くが, 肥満細胞の分化にはGATA転写因子とPU. 1が協調的に働く点に特色がある.

脂肪細胞で太る!

肥満細胞で太ると思っていた人は、脂肪細胞のことと勘違いしていたのでしょう。脂肪細胞であれば、太る原因になります。脂肪細胞とはどのようなものなのでしょうか?
肥満細胞
脂肪細胞は、分解と合成を繰り返しています。これには、血糖値が関係しているので、血糖値を急上昇するような食品がダイエットを行う人たちの間で控えられているのはその為です。


▶ 発芽玄米なら血糖値が急上昇せず、栄養満点でダイエットに最適な食品!


脂肪細胞は太る原因にしかならないのでしょうか?それも違います。脂肪細胞は多くのホルモンを分泌しています。その中でレプチンとアディポネクチンが注目すべき存在です。

レプチンとアディポネクチンのような良いホルモンは肥満して来ると分泌が低下し、逆に動脈硬化や糖尿病・高血圧を悪化させるような悪いホルモンは肥満して来ると分泌が活発になります。肥満は健康も害するのです。

レプチンとは、脳の満腹中枢に信号を出すことで、食べ過ぎを防ぐ働きをしてくれています。また、交感神経を使い脂肪を蓄えずに消費することを促進してくれるダイエットを後押ししてくれるホルモンです。

アディポネクチンとは、血糖値・中性脂肪・血圧を調整してくれるホルモンで、別名長寿ホルモンとも呼ばれています。この働きによって、心筋梗塞・脳梗塞・動脈硬化・糖尿病などを改善してくれる働きをしてくれる頼もしい存在です。

レプチンとアディポネクチンを多く分泌させることが、肥満防止と健康向上に役立つことは誰の目にも明らかです。では、どのようにすれば、レプチンとアディポネクチンの分泌を向上させられるのでしょうか?

良質なタンパク質の摂取

低脂肪で良質なタンパク質を摂取することで、レプチンとアディポネクチンの分泌が促されます。その為に食べると良いのが、豆乳ヨーグルトです。低脂肪で高タンパク、乳酸菌も豊富で便秘解消にもなります。
肥満細胞


▶ 豆乳ヨーグルトで肥満防止!


乳酸菌サプリのランキング!

適度な有酸素運動

適度な有酸素運動を行うことによって、レプチンとアディポネクチンの分泌が促されます。適度なとはどのような状態かというと、運動時に鼻から呼吸が行えるレベルです。かといって、ゆる過ぎてもダメです。
肥満細胞
有酸素運動は、開始して20分までは、血液中の脂肪が燃焼され、20分以降からは、皮下脂肪や内臓脂肪が燃焼されるので、30分程度は続けて実施するようにしましょう。

良質な睡眠

仕事に追われ忙しい毎日を送っていると一番初めに削られてしまうのが睡眠時間です。睡眠は質が重要と言われますが、それとともに時間も必要です。
肥満細胞
良質な睡眠を得る為にベットルームを整えることも重要ですし、十分な睡眠時間を確保する為の努力も必要です。睡眠を軽々しく考えてはいけません。軽視すれば、健康被害や命の危険にも繋がります。

脂肪細胞はいつ増えるのか?

脂肪細胞には、増えやすい時期があります。これが、冒頭で肥満細胞が多いからと言っていた人のいう太る原因になっているところです。実際は、脂肪細胞が正しいのですが…
肥満細胞
脂肪細胞が増えやすいのは、胎児期・乳児期・思春期です。それ以降は増えないのかというと、太るメカニズムに記載している通り、脂肪滴が膨れ上がることで増加が発生します。詳しくは、下記の太るメカニズムを参照して下さい。


▶ 太るメカニズム!痩せる前にやることがある


褐色脂肪細胞の働き

脂肪細胞の中には、褐色脂肪細胞というものがあり、この褐色脂肪細胞によって、白色脂肪細胞内の脂肪が燃焼されてエネルギーとして使われるので、肥満防止に大きなチカラを発揮します。

増えすぎた脂肪はどうすれば良いのか?

脂肪が増えて肥満体型になってしまって、運動をした方が良いのはわかっているが、忙しくて時間もないし、運動するのは苦手という方には、酵素断食(ファスティング)が推奨されます。
肥満細胞
酵素断食(ファスティング)は、果物や野菜・野草などから抽出された栄養素と酵素をギュッと凝縮した酵素ドリンクを使った断食方法です。水だけの断食と違い辛さが少なく修行僧でなくても十分に実践可能です。詳しいやり方は、下記の特集を参照して下さい。


▶ 酵素断食(ファスティング)で肥満解消!


脂肪細胞は減らせない?

幼児期や思春期に一気に増え、その後も太ることを繰り返すと数を増殖する脂肪細胞ですが、残念ながら数を減らすことはできないのです。では、どうやって痩せるのでしょうか?

それは、大きくなった脂肪細胞を小さくすることで痩せるのです。脂肪細胞を小さくすることを、脂肪が燃焼するという表現を用いているに過ぎません。

脂肪を燃焼させるには?

では、脂肪を燃焼させるにはどうしたら良いのでしょうか?運動時に効果があるのは、既に説明した有酸素運動です。それに加えて、筋トレも脂肪を減らし肥満防止に役立ちます。
肥満細胞
筋トレというと女性はムキムキになるから敬遠しがちですが、綺麗に痩せてリバウンドしないダイエットを行う為には、筋トレは必須とも言えるものなので、正しく学んで引き締まったスタイルを作り上げましょう。

筋トレを行うことによって、筋肉量が増加し、脂肪が燃焼されやすくなります。また、筋肉量が多くなると基礎代謝がアップして消費カロリーが増えるので、痩せやすく肥満防止にもなります。筋トレについては、下記を参照して下さい。


▶ 筋トレで肥満防止!


筋トレをしているのに筋肉がつかない

筋トレを頑張っているのに中々筋肉量が増えなくて、体脂肪率が下がらない!と嘆いているアナタは、もしかしたら栄養不足かも知れません。筋トレをいくら頑張っても、筋肉の材料であるタンパク質をはじめとした栄養が不足していれば筋肉量は増えません。

では、どうすれば良いのか?そんなアナタの悩みを解決してくれるのが、HMBサプリです。これを使えば筋肉がつき難い女性でも、体脂肪が落ちてダイエットが出来ます!

良いのは分かるけど同じようなHMBを使ったサプリが多すぎて、選ぶだけでも大変かと思います。ですので、多くのHMBサプリの中から、HMB配合量・続けやすさ・コスパなどの面から厳しく査定して、徹底比較ランキング記事を書いたので参照して下さい。

最も効果があるのはどれだ!
下記画像を今すぐタップ♪


肥満細胞
▶女性の筋トレダイエットに最適なサプリ!

ダイエット先生ダイエット先生

肥満細胞って知ってる?


リバウンド女子リバウンド女子

肥満細胞?太る原因になる細胞!


ダイエット先生ダイエット先生

残念!それは間違いで、肥満細胞ではなく脂肪細胞のことよ。


リバウンド女子リバウンド女子

じゃあ、肥満細胞ってなんなの?


ダイエット先生ダイエット先生

肥満細胞は、免疫に関係する細胞で膨れる姿から肥満細胞と呼ぶのよ!


リバウンド女子リバウンド女子

紛らわしい!肥満細胞じゃなくって、脂肪細胞が太る原因なんだね(^^♪

肥満細胞で太るは間違い!痩せるとは脂肪を減らすダイエットのまとめ

肥満細胞が多いせいで太るから諦めるしかない…そんなダイエットの知識は間違いと言わざるを得ません。痩せるとは脂肪を減らすということですが、肥満細胞とは関係ないのです。リバウンドしない正しいやり方で、地道に努力することだけが、綺麗なスタイルを手に入れる唯一の方法だと心得ましょう。

病に勝つために

痩せて綺麗になりたいとか、スリムになって好きな服を着たいと言うレベルではなく、痩せないと病気が悪化する!糖尿病の食事療法や運動療法をやらないと合併症で命にもかかわると言われたら、原因と症状をチェックして予防する治療法を必死に行うのではないだろうか?
糖尿病の食事療法

間違っていた

今まで体重を減らすことがダイエットして痩せることだと間違っていた女性が体脂肪を減らす方法を学ぶことで、スムーズに痩せることができるようになります。そう、今までの苦労がウソのように簡単に!
体脂肪を減らす方法

どこを目指すのか

ダイエットして痩せるのはいいけれど、どのレベルを目指すのかによってやり方が異なります。女性が体脂肪率をモデルのようにする為には、かなりの努力を要するのが当たり前でしょう。
女性が体脂肪率をモデルのように