太るメカニズム

ダイエットをこんなに頑張っているのに、なんで痩せないの?っていうかむしろ太ってない?なんで太るの?どうして太るのか理解不能!もう無理かも…そんな諦めムードになっていませんか?
太るメカニズム
ダイエットして痩せようとするのは良いのですが、痩せようとするということは何らかの原因で現在、太ってしまっているからですよね?ということは、太るメカニズム・原因を知って、それを止めないとダメじゃないですか?

片方では、太る原因になるようなことをしていて、もう一方では、ダイエットして痩せようとしているのだから、体重はプラスマイナスで変わらずだったり、マイナスになっても少しだけだったり、場合によってはプラスになることもあるでしょう。

では、どうしたら良いのでしょうか?まずは、太るメカニズムをしって、太る原因を取り除くことで体重が増えることをなくしましょう。そうすれば、ダイエットして痩せるチカラのみになって体重はマイナスになりますよね?

太るメカニズム

どのようにして太るのかについて、まずは説明して行きます。太るという意味ですが、これは体重が増えるということではありません。脂肪が増えるということです。筋肉が増えて体重が増えるなら太るとは言いません。
太るメカニズム
では、脂肪が増えるというのはどのようなことでしょうか?それは、アナタのカラダに400億個程度存在している脂肪細胞が大きくなり、肥大することを脂肪が増えると言っています。

脂肪細胞は、細胞の中に脂肪滴と呼ばれる中性脂肪を蓄える風船が入っています。この脂肪滴に血液中から中性脂肪が摂り込まれて、風船はどんどん膨らんで最大で3倍程度まで膨らみます。

脂肪滴の役割としては、人が生きる為、行動する為に必要なエネルギーを蓄え、外部からの衝撃に対しカラダを守るというものがあります。だから、打撃や投げられた際の衝撃に耐える為にプロレスラーにはある程度の脂肪が必要なのです。

また、この脂肪滴がカラダに蓄えられているから、水さえ飲んでいれば、すぐに動けなくなることも、生きて行けなくなることもありません。脂肪滴がエネルギーとクッションになってくれているからです。
太るメカニズム
さて、話がちょっとずれましたので、戻します。中性脂肪を取り込んだ脂肪滴が3倍まで膨らむと脂肪細胞は分裂します。そう数が増えるのです。分裂した脂肪細胞はまた3倍まで膨らむと更に分裂をするということを繰り返します。

脂肪細胞は、お腹を中心に、お尻や太ももなどに多く存在しますが、血液や内臓に比べてエネルギーが使いにくいので、危機的状況に陥るまで使われないような仕組みになっているのです。

有酸素運動で、開始20分までは、血液中の脂肪が燃焼されて、20分以降から皮下脂肪や内臓脂肪が燃焼されます。血液中の脂肪が脂肪滴に取り込まれることから、20分未満でもダイエット効果があることがわかります。

また、脂肪細胞の脂肪滴に取りこまれた中性脂肪は、中々燃焼されずエネルギーとして使われにくいので、有酸素運動を開始してから20分以降でないと脂肪が減らないということが分かります。

血液中の中性脂肪が太る原因になる:太るメカニズム

血液の中にある中性脂肪が、脂肪細胞の脂肪滴に取りこまれることで、脂肪滴が膨らんで脂肪が増えて行くことを説明しました。ということは、血液中に中性脂肪が少なければ、脂肪滴が膨らむこともなく脂肪が増えませんよね?
太るメカニズム
では、中性脂肪とは何なのでしょうか?中性脂肪は、消化時に脂肪酸とグリセロールに分解されて使われ、余った分が再合成されて、中性脂肪になり血液の中へ流されます。

では、中性脂肪はなぜ血液中に増えるのでしょうか?これが分かれば、太る原因がわかりますよね?この中性脂肪が増えて、太る原因は大きく2つあります。

中性脂肪の摂取:太るメカニズム

これは、食事などによって、外部から中性脂肪を摂取することによって、中性脂肪が脂肪酸とグリセロールに分解され使われますが、この摂取が多すぎると余って中性脂肪が血液中に流れて行きます。

血糖値が高い状態が継続

血糖値というのは何だのでしょうか?これは、血液の中に存在する糖の量です。カラダに存在するエネルギー源で最も早く使えるのが、血液の中にある糖です。

この糖は、脳の唯一のエネルギー源であり、カラダを動かす為にも必要なエネルギーなので、カラダ中に巡っている血液が糖を運んでカラダを動かしているのです。

この血液中にある糖の量を血糖値と言って、糖がなくなればカラダを動かすことが簡単にできなくなってしまうので、常にある程度の高さを保っているのです。

エネルギー源になるのなら、血糖値は高い方が良いのでは?と思うかも知れませんが、血管の中には糖だけでなく他の栄養分も流れる必要があるので、糖が多ければ流れが悪くなり詰まってしまいます。

では、血糖値が高くなって多くなった糖はどうすれば良いのか?この糖は、筋肉や肝臓に溜め込んでいるのです。この筋肉や肝臓にも糖が満杯になったらどうなるのか?その糖の行き先が脂肪細胞なのです。

血液中の糖がグリコース→フルクトース→DHAP→グリセロールと変換され、肝臓の脂肪酸と合成されて、中性脂肪となり、この中性脂肪が血液中を流れます。これにより、血液中の糖が少なくなり血糖値が下がります。

ということは、血糖値が急上昇するような炭水化物を食べると脂肪が増えるということになります。炭水化物といえば、ご飯ですが、日本人のほとんどは白米を食べています。
太るメカニズム
白米は、玄米から栄養素を削り取った糖質の塊で粕とも呼ばれています。この白米ではなく、発芽玄米であれば、血糖値を急上昇させることなく、GABAなどの多くの栄養素が含まれているので、脂肪が溜まり難くなります。


▶ 発芽玄米を簡単に作って脂肪を溜めないカラダを作る!


痩せるにはどうしたら良いのか?:太るメカニズム

太るメカニズムについて学んで来ましたが、では、痩せるにはどのようにすれば良いのでしょうか?太るメカニズムで学んだことをもとに考えて行きましょう。

まずは、有酸素運動によって、脂肪を燃焼させることによって、脂肪を減らして痩せることができます。もう一つは、血糖値の低い状態が続けば痩せることができます。また、筋トレをすることでスタイルを美しくすることができます。

有酸素運動:太るメカニズム

有酸素運動をすることで、20分までは血液中の中性脂肪が燃焼されるので、脂肪細胞の脂肪滴が膨らむことを防げます。20分以降からは、皮下脂肪や内臓脂肪が燃焼されて、脂肪が減ります。
太るメカニズム


▶ 有酸素運動で脂肪を燃焼し痩せる!


血糖値が低い状態を維持:太るメカニズム

炭水化物カットなどで血糖値が低い状態が続けば、痩せることができます。ですが、このようにして痩せるとリバウンドの危険性が高まります。それは、なぜでしょうか?
太るメカニズム
血糖値が低いということは、血液の中の糖が足りない状態です。糖が足りなければ生きて行けないので、血糖値を上げようとします。この時に行われるのが糖新生です。

糖新生で作られる糖の原料は、中性脂肪とアミノ酸です。この割合は、中性脂肪1に対しアミノ酸9です。アミノ酸はタンパク質であり、カラダの中にある筋肉の原料です。

糖新生の際には、筋肉を分解してアミノ酸を作り出し、中性脂肪から分解されたグリセロールとあわせて糖が作られます。炭水化物をカットすることによって、痩せますが、筋肉量が減るのです。

筋肉量が減るということは、基礎代謝が低下するということです。基礎代謝は、一日に消費するカロリーの多くを担っていますので、これが低下するということは太りやすくなるということです。


▶ 基礎代謝が低下すると太りやすくなる!


筋肉量を増やす:太るメカニズム

炭水化物をカットして血糖値が低い状態が続くと筋肉量が低下して、基礎代謝が低下して太りやすく痩せにくくなるということを説明しました。ということは、筋肉量を増やせば基礎代謝が上がって痩せ易くなりますよね?
太るメカニズム
筋肉量を増やす為には、筋トレをすることが効果的です。ダイエットの為に行うような筋トレであれば、自宅で自重筋トレを行うレベルで十分な効果があります。


▶ 自宅で筋トレを行って基礎代謝をアップして痩せる!


筋トレをしているのに筋肉がつかない

筋トレを頑張っているのに中々筋肉量が増えなくて、体脂肪率が下がらない!と嘆いているアナタは、もしかしたら栄養不足かも知れません。筋トレをいくら頑張っても、筋肉の材料であるタンパク質をはじめとした栄養が不足していれば筋肉量は増えません。

では、どうすれば良いのか?そんなアナタの悩みを解決してくれるのが、HMBサプリです。これを使えば筋肉がつき難い女性でも、体脂肪が落ちてダイエットが出来ます!

良いのは分かるけど同じようなHMBを使ったサプリが多すぎて、選ぶだけでも大変かと思います。ですので、多くのHMBサプリの中から、HMB配合量・続けやすさ・コスパなどの面から厳しく査定して、徹底比較ランキング記事を書いたので参照して下さい。

最も効果があるのはどれだ!
下記画像を今すぐタップ♪


太るメカニズム
▶女性の筋トレダイエットに最適なサプリ!

酵素断食(ファスティング):太るメカニズム

摂取カロリーを抑えながら、カラダに必要な糖質・栄養素・酵素を十分に摂取する酵素断食(ファスティング)を行うことで、安全で簡単なデトックスとダイエットが行えます。
太るメカニズム


▶ 酵素断食(ファスティング)で綺麗に痩せる!


ダイエット先生ダイエット先生

太るメカニズムって知ってる?


リバウンド女子リバウンド女子

どうやって太るのか?ってことだよね!良く分からないかも…


ダイエット先生ダイエット先生

痩せる方法を行っても、太るメカニズムを知らずにやってたらどうなる?


リバウンド女子リバウンド女子

太ると痩せるが打ち消し合って効果がでない!


ダイエット先生ダイエット先生

その通り!痩せることばかりに気を取られていると太る方に足元をすくわれるってことね。


リバウンド女子リバウンド女子

そっかぁ、太るメカニズムって大切なんだね(^^♪

太るメカニズムを徹底解明!痩せる前にやることがあるのまとめ

痩せる前に太るメカニズムを知らないとダイエットの効果を得ることは難しいと思いませんか?片方では体重を増やしているのに、もう一方で減らそうとしているのだから、変化はあまりない状態に陥っているのです。どのようにして太るのか?それを徹底解明することで成功への道を確実に突き進むことができるでしょう。

下半身で気になるここを何とかしたい!

下半身で一番気になるところというと、ぷよぷよかむっちむちな太ももではありませんか?マッサージや筋トレを頑張ってみても、なかなか引き締まってくれなくて困りますよね!そんな時には、家庭用のマシンが良いですよ!
ボニックプロの口コミ