スロージョギングは効果なし?

有酸素運動として代表的なウォーキング・ジョギング・ランニングであるが、それぞれどのような違いがあるのだろうか?まずは、大きな分類では、走ると歩くという違いがある。では、走るのと歩くのではどう違うのか?
犬とジョギング

歩くウォーキングでは、右足か左足のどちらかが地面についている瞬間がある。しかし、走るジョギング・ランニングでは、右足も左足も宙に浮いている瞬間があるのである。だから何なんだ?と言われてもそれだけである。

続いて心拍数を基準にウォーキング・ジョギング・ランニングを見て行こう。ウォーキング・ジョギング・ランニングにおける心拍数は概ね以下のようになっている。心拍数での痩せ方についても特集が組まれているので、参照願う。

  • ウォーキング:120回/分
  • ジョギング:120~140回/分
  • ランニング:140回以上/分

▶ 心拍数で痩せる!


有酸素運動と20分という時間

ウォーキング・ジョギング・ランニングと言った有酸素運動を行う際には、20分という時間がポイントとなる。開始してから20分までは、酸素のチカラで血中の脂肪が燃焼される。これにより、健康増進となる。
20分間
有酸素運動を開始してから20分以降は、皮下脂肪と内臓脂肪が酸素のチカラで燃焼される。これにより、健康増進とともにダイエット効果が得られる。ダイエットを考えた場合に有酸素運動を、20分以上続けるように言われるのはこの為である。

また、有酸素運動は、空腹の状態である方が効果的であるので、朝に行う方が良いとされる。これは、空腹時には糖質が不足している為に、カラダの脂肪が最初から運動エネルギーとして使われる為である。

そして、有酸素運動と組み合わせて行う筋トレだが、有酸素運動を行う前に行うことが推奨される。これは、筋トレで十分なチカラを出すことに加え、有酸素運動による脂肪燃焼効果を高める為である。


▶ 筋トレを組合せて行うサーキットトレーニング!


正しいウォーキング

犬とウォーキング

  • 背筋を伸ばして顎を引き姿勢を正した状態で肩のチカラを抜いて立つ。
  • つま先を意識して蹴り出すように歩く。
  • 足を地面に着く際には、踵から順に柔らかく着く。
  • 普段歩くよりも歩幅を広くすることでウォーキング効果が高まる。
  • 肩のチカラを抜いたまま、肘を直角に曲げ大きく腕を振る。
  • 腕は左右ではなく、前後に振り、特に後ろに引くことを意識する。

正しいジョギング・ランニング

ランニング女性

  • 背筋を伸ばして顎を引き姿勢を正した状態で肩のチカラを抜いて立つ。
  • 膝が内や外に向かないようにし、親指を意識する。
  • ももを意識して上げ、地面をつま先で蹴るように走る。
  • ドタバタ煩く走ると膝と腰に必要以上の衝撃が加わり怪我の原因になる。
  • 踵からドンと足を着いてしまうと足への負荷が大きく太くなる原因にもなる。
  • 足を着く際には、足の指の付け根が地面に付くようにする。
  • 肩のチカラを抜いたまま、肘を直角に曲げ大きく腕を振る。
  • 腕は左右ではなく、前後に振り、特に後ろに引くことを意識する。
  • ウォーキングよりも、疲れによりフォームが崩れやすいので、姿勢に注意する。

有酸素運動と水分補給

ウォーキング・ジョギング・ランニングと言った有酸素運動を行う際には、多くの汗をかくので、水分補給を十分に行う必要がある。運動前後に水分補給するのは勿論だが、運動中にも適宜水分補給するようにする。
常温水を飲む
運動をしてカラダが熱くなると冷たい飲み物が飲みたくなるが、カラダを冷やすものは避けたい。とはいえ、運動中に白湯を飲むのは大変なので、常温水が推奨される。常温水であれば、カラダを冷やすこともなく、置いておいても温度を気にする必要がない。


▶ 常温水で痩せる!


スロージョギングでダイエット

有酸素運動には、ウォーキング・ジョギング・ランニングに加えて、スロージョギングというものがある。スロージョギングは、筋肉痛にもなりにくく、消費カロリーも高いので、ダイエットに大きな効果がある。
ランニング女性
スロージョギングは、その名の通り、通常のジョギングよりも、ゆっくりと走るジョギングの方法である。どのくらいのスピードかというとウォーキングと変わらないくらいゆっくりなのである。

フォームはジョギングなのにスピードはウォーキングなので、消費カロリーはあるのだが、疲労度は少なく、普段あまり運動をしない人でも取り組みやすく、心肺機能に負担が少ないのでお年寄りでも可能なのである。

スピードがウォーキングと同じくらいなのにも関わらず、スロージョギングでは、ウォーキングの2倍の消費カロリーがある。楽なスロージョギングで、2倍の消費カロリーなら是非とも取り組みたい運動である。

スロージョギングも有酸素運動なので、続けることで血中脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪を減少させることができる。また、コレステロール減少・血糖値の低下の効果もあるので、健康増進にも効果的である。

スロージョギングでは、基本的にはジョギングと同様な走り方なのだが、歩幅を通常の半分程度にして、跳ねるように、ゆぅ~くりと走る。ジョギングでは前に蹴り出すように走るが、スロージョギングは上に跳ねるように走ることになる。中々前には進めないことになる。


▶ ジョギング前に飲むと効果的なドリンク!


ダイエットに失敗し、リバウンドして太りやすくなってしまったアナタの体質を変えることです。

ダイエットに失敗し、リバウンドして太りやすくなってしまったアナタの体質は、太りやすく痩せにくい代謝が悪い状態になってしまっています。その体質を変えるのに有効なものとして考えられるのが、酵素ドリンクです。
血液型別ダイエット
酵素ドリンクには、野菜や果物そして野草などから抽出した栄養素や酵素が豊富に詰まっています。この酵素ドリンクを飲むことがリバウンドにどう関連して来るのでしょうか?

ダイエットに失敗し、太りやすくなってしまったアナタが脂肪を落とす為に重要なのは、代謝を上げて太りにくい体質を作るということです。代謝を上げる為には筋トレをすることも大切ですが、カラダに必要な栄養や酵素を摂取することも重要なのです。

栄養や酵素が不足すれば、健康なカラダを作ることができず、酵素も無駄遣いされて代謝も低下して太りやすくなってしまいます。そのような状態になり、リバウンドしない為に、まず最初にやるべきなのが、酵素ドリンクを飲むことなのです。

リバウンド女子リバウンド女子

体質改善がダイエットの鍵だよね!


酵素ドリンクを飲むことによって、カラダに必要な栄養素と酵素を摂取することができ、代謝が正常に行われるようになって、太りにくく痩せ易い体質に少しずつ変化して行きます。

でも、酵素ドリンクって色んな種類があって、どれを選んだら良いかわからないと思うかも知れません。酵素ドリンクに限らず、アナタが買い物をする時に優先する項目は何でしょうか?

酵素ドリンクの各項目についてランキング化することによって、アナタが優先する項目に最適な酵素ドリンクをBEST7までのランキングにし、選びやすくした記事がありますので、下記を参照して下さい。


酵素ドリンクランキング!下記画像を今すぐタップ♪


ジョギングダイエット
▶酵素ドリンクランキングをチェック!


ダイエット先生ダイエット先生

ダイエットにジョギングって取り入れてる?


リバウンド女子リバウンド女子

う~ん、何回かやったけどジョギングって続かないよ。


ダイエット先生ダイエット先生

そうね、運動量も多いし中々大変だよね。スロージョギングはどう?


リバウンド女子リバウンド女子

スロージョギング?やったことない。どんなの?


ダイエット先生ダイエット先生

スロージョギングは、ゆっくり歩くように走るジョギングよ!


リバウンド女子リバウンド女子

スロージョギングで痩せるならやってみようかな(^^♪

痩せる効果なし?間違ったジョギング方法では体脂肪を落とせない!のまとめ

間違った「ジョギング」方法では、痩せる効果を得ることができないばかりか怪我をする危険性もあります。リバウンドしないダイエットでは、筋トレと有酸素運動である「ジョギング」を組合せて正しく行うことで体脂肪を上手に落とすことが可能になります。また、ウォーキングやランニングとの比較も行います。

どうしなきゃいけないのか

体重をいくら落としても体脂肪率が落ちなければ意味がありません。ダイエットでは体脂肪率を落とす方法を選択して諦めずにコツコツと続けることが重要なのです。
体脂肪率を落とす方法

どこを目指すのか

ダイエットして痩せるのはいいけれど、どのレベルを目指すのかによってやり方が異なります。女性が体脂肪率をモデルのようにする為には、かなりの努力を要するのが当たり前でしょう。
女性が体脂肪率をモデルのように

もういや!

こんなに頑張ってダイエットしているのになんで痩せないの?そんな痩せたいという悩みを抱える40代の女性に必見のダイエットがあります。これを見ずしてダイエットをしようなんて、無茶です!
40代の女性がダイエットするなら

簡単に痩せるには…

筋トレでダイエットしたいと考える女性が、引き締まった綺麗なスタイルを手に入れる為には、女性が筋トレで失敗しない為のポイントを学び、気になる部位別の1週間筋トレメニューを組み、筋トレ効果を増す食事をするというような総合的な筋トレ対策が必要です。

女性は、筋トレをしてダイエットをする場合には、ムキムキになりたいわけではありませんよね?ですから、筋肥大ではなく、筋密度を上げる筋トレを行ってダイエットする必要があります。

また、40代女性のような中年女性であれば、若い女性とは違った筋トレのやり方がありますので、女性用の筋トレなら良いというわけではありません。これに加え、必要に応じて有酸素運動も取り入れると筋トレ効果が倍増します。
筋トレダイエットをする女性に人気なのは…