ウォーキングで痩せない?ウォーキングをしても全然痩せない!と嘆いていませんか?ダイエットできない原因は、歩き方のポイントがずれてしまっているからかも知れません。減量効果が倍増する3つの秘密をお教えしますね!
ウォーキングで痩せない
ウォーキングでダイエットをしようと思って、歩き始めたんだけど全然効果が感じられない!もしかして、ウォーキングをしても気晴らしになるくらいでダイエット効果なんてないのかな???

ウォーキングって痩せないの?

そんな風にウォーキングでは痩せないんじゃないだろうか?という疑問を持っている女性も多いのではないでしょうか?確かに、ウォーキングは負荷の軽い運動ではありますが、痩せないということはありません。歩き方にポイントがあるだけです。

ダイエット先生ダイエット先生

ウォーキングのポイントを押さえれば、痩せないなんてことはありません。

日常生活圏に設定したルートを用いたウォーキングの実践とその効果、体育の科学

ウォーキングで痩せないとどうなる?

お腹周りの脂肪や太ももの脂肪が気になって、ダイエットを始めようとウォーキングしだしたのはいいけれど、全然痩せないと感じるとダイエットを諦めてしまう女性がとても多いのです。
ウォーキングで痩せない
ウォーキングのポイントを押さえることは、ウォーキングでのダイエット効果を倍増させて効率良く痩せる効果を得ることが出来ます。このウォーキングのポイントを押さえれば、途中で諦めて痩せないなんてことはなくなります。

ダイエット先生ダイエット先生

ウォーキングのやり方を間違えると効果が薄く痩せないだけではなく、場合によっては足が太くなる危険性もあります。

ウォーキングで痩せないのはなぜ?

ダイエットの為に始めたウォーキングなのに全然痩せないとなるとやる気がなくなってしまいますよね!でも、ここで諦めたら試合終了です。そう、ダイエットを諦めたら痩せることは出来ないのです。
ウォーキングで痩せない
でも、ウォーキングをしても痩せないんだけど、どうして?それは、ウォーキングで痩せるポイントを押さえられていないからです。ウォーキングのポイントを押さえれば、みるみる痩せて行きますよ!

ウォーキングの効果

ウォーキングのポイントを見る前に、ウォーキングを行うことによって、どのような効果があるかを考えて行きます。この効果を知ることによって、やる気も断然違ってきますからね!

運動することが苦手でカラダを動かすことが少ない場合には、ウォーキングをすることによって、体温が上昇し代謝がアップして、脂肪を燃焼する効果を感じることが出来ます。

冷え性に多いのが、運動不足によって血行が悪くなっていることがありますが、ウォーキングをすることによって、体温が上がるとともにふくらはぎを中心に血流が改善され、全身の血の巡りが良くなり、冷えも解消されます。冷えを改善してダイエットするには、下記の特集記事を参照して下さい。

ウォーキングで痩せないポイント1:歩く時間

ウォーキングで痩せない人が痩せる為のポイント第1は、ウォーキングをする時間についてです。ウォーキングは有酸素運動ですので、筋肉も鍛えられますが、メインは運動時に脂肪を燃焼させることです。

有酸素運動による脂肪の燃焼は、開始して20分までは、血中脂肪が燃焼され、20分以降からは体脂肪や内臓脂肪が燃焼されます。ですので、体脂肪や内臓脂肪を減らすには、20以上のウォーキングが有効になります。

もちろん、20分未満でもダイエット効果はありますが、ダイエット効果が薄くなります。では、長時間のウォーキングをすれば良いのか?というとそれも間違いです。

確かに長時間のウォーキングをすることによって、脂肪燃焼がずっと続き痩せる効果があります。ですが、それと引き換えに脂肪がつき易い体質になってしまうのです。ウォーキングのダイエットを止めてしまうとリバウンドして太る危険性が発生してしまうのです。
酵素ドリンクでダイエット
ずぅ~~~~っと、ウォーキングのダイエットを続けて止めないというのであれば、長時間のウォーキングを行う方が脂肪が燃焼しますので、ダイエットに良いと言えます。

ですが、ある程度痩せたらウォーキングダイエットを止めるとか、ダイエットで納得する体型になったら、ウォーキングをする日を少なくするという場合には、長時間のウォーキングはマイナスになります。

では、どれくらいのウォーキング時間が最適なのでしょうか?リバウンドの危険性も少なく、筋肉も落ちにくく、脂肪も適度に落ちるという観点から考えると30分程度が最適と考えられます。長時間の運動で脂肪が増えるについては、下記の特集記事を参照して下さい。


長時間の運動で脂肪が増える!
下記画像を今すぐタップ♪


ウォーキングで痩せない
▶長時間の運動で太る!


ウォーキングで痩せないポイント2:いつ歩くのか

ウォーキングで痩せない人が痩せる為のポイント第2は、ウォーキングをする時間帯についてです。筋トレと有酸素運動はどちらが先かや、筋トレと有酸素運動は朝と夜どちらに行うべきかなどと関連する話です。

どちらも大差がないという話もありますが、それでは回答になりませんので、ダイエットにとって最適なのはどうなのかという話をします。ウォーキングを1日に1度だけ行う場合には、朝行うのが適しています。

朝ウォーキングを行うことによって、体脂肪や内臓脂肪を効果的に燃焼させることが出来ます。但し、朝ウォーキングする場合には、十分な水分と糖分を摂取してからウォーキングを始めて下さい。
ウォーキングで痩せない
これに対し、筋トレは夜に行う方が効果的です。筋トレをして筋肉量を増やすには、筋トレ後にタンパク質やビタミンを摂取して、眠る必要があります。これを行いやすいのが、夜だからです。

朝筋トレを行っても良いのですが、筋トレ後にタンパク質やビタミンを摂取できても、寝るのは難しい場合が多いでしょう。ですので、朝はウォーキングなどの有酸素運動を行って、夜は筋トレを行うのが正しい順番になります。

続いて、筋トレとウォーキングなどの有酸素運動を同じ時間帯に行う場合に、どちらを先に行うかですが、これは、筋トレを先に行って、その後にウォーキングなどの有酸素運動を行います。
ウォーキングで痩せない
これは、高負荷な筋トレを行って最大限重い負荷で筋トレを行うには、その前にウォーキングなどの有酸素運動を行っているとパフォーマンスが低下してしまうからです。また、有酸素運動で糖質が使われてしまうことも問題です。

筋トレの前には、パフォーマンスを最大化する為に糖質の摂取が必須です。そして、筋トレ後にウォーキングなどの有酸素運動を行えば、ウォーキング開始時にすぐ体脂肪や内臓脂肪が燃え始めます。

筋トレで既に準備が整っているからですね!ウォーキングなどの有酸素運動と筋トレの順番については、下記の特集記事を参照して下さい。もっと詳しい内容が解説されています。

ウォーキングで痩せないポイント3:歩く距離

ウォーキングで痩せない人が痩せる為のポイント第3は、ウォーキングをする距離についてです。ウォーキングをする上で、距離は考えなくて良いです。なぜならば、優先するのは時間だからです。

ウォーキングでは腕の振りを意識しましょう。足幅は大きめに、少し早足で歩くことが大切です。一生懸命歩いてお腹が空いてドカ食い、なんて状態になっては意味がありません。適度な水分補給とブドウ糖摂取を除き、必要以上のカロリー摂取は避けましょう。

ウォーキングを始めたばかりの頃は、30分でも少しの距離しか歩けませんが、ウォーキングを続けて慣れて来ると同じ30分でも長い距離を歩くことが出来るようになります。

ですので、歩く距離は考えなくて良いです。どちらかというと歩き方を気をつけて、ダラダラと歩かず、その時の自分に出来るスピードで颯爽とウォーキングをすれば良いのです。正しいウォーキングのフォームについては、下記の特集記事を参照して下さい。

ウォーキングで痩せないとどうなった?

ウォーキングのポイントを押さえることは、ウォーキングでのダイエット効果を倍増させて効率良く痩せる効果を得ることが出来ます。このウォーキングのポイントを押さえれば、途中で諦めて痩せないなんてことはなくなります。
ウォーキングで痩せない
お腹周りの脂肪や太ももの脂肪が気になって、ダイエットを始めようとウォーキングしだしたのはいいけれど、全然痩せないと感じるとダイエットを諦めてしまう女性がとても多いのです。

リバウンド女子リバウンド女子

ウォーキングをしても中々痩せないと諦めちゃうよね…

ウォーキングで痩せない:はじめの一歩

ウォーキングで痩せないと嘆いてる女性は、正しいウォーキングが出来ておらず、痩せる為に必要なウォーキングのポイントがずれてしまっているということが分かりました。どんなに頑張っても、間違ったウォーキングでは効果は薄いのです。
ウォーキングで痩せない
では、今まで間違ったウォーキング方法を行っていたことで、全然痩せることが出来なかったアナタは、まず、何から始めれば良いのでしょうか?

筋トレをしているのに筋肉がつかない

筋トレを頑張っているのに中々筋肉量が増えなくて、体脂肪率が下がらない!と嘆いているアナタは、もしかしたら栄養不足かも知れません。筋トレをいくら頑張っても、筋肉の材料であるタンパク質をはじめとした栄養が不足していれば筋肉量は増えません。

では、どうすれば良いのか?そんなアナタの悩みを解決してくれるのが、HMBサプリです。これを使えば筋肉がつき難い女性でも、体脂肪が落ちてダイエットが出来ます!

良いのは分かるけど同じようなHMBを使ったサプリが多すぎて、選ぶだけでも大変かと思います。ですので、多くのHMBサプリの中から、HMB配合量・続けやすさ・コスパなどの面から厳しく査定して、徹底比較ランキング記事を書いたので参照して下さい。

最も効果があるのはどれだ!
下記画像を今すぐタップ♪


ウォーキングで痩せない
▶女性の筋トレダイエットに最適なサプリ!

ダイエットはいつが効果的なのかウォーキングを考える

ダイエットには、食事(酵素)改善を行うものと運動を行うもの、また、その二つのハイブリッド版など様々なものが存在します。運動には、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動があります。ウォーキングは、普段の生活にも組み込むことができるので比較的、手軽に始められるダイエット方法と言えます。では、そのウォーキングはいつどのように行えば良いのでしょうか。

カロリー消費と下半身の筋肉強化はウォーキングで

リバウンド女子リバウンド女子

ウォーキングって、ダイエットに効果あるの?


ダイエット先生ダイエット先生

ウォーキングも正しく行えば有酸素運動だからダイエット効果があるのよ。


リバウンド女子リバウンド女子

下半身の贅肉が気になるんだけど、効果ってある?


ダイエット先生ダイエット先生

あるわよ。ウォーキングでは足をメインに使うから、下半身の筋肉が鍛えられて引き締まるのよ。


「ウォーキングは、カロリーを消費するだけでなく程よく筋肉もつき下半身がキレイに痩せられます。」という口コミがあります。ウォーキングは、正しく行うことでカロリーを消費し、脂肪を燃やすとともに、下半身を中心に筋肉がついてバランス良くダイエットすることができます。有酸素運動は脂肪燃焼がメインですが、無酸素運動のように筋肉増量にもなります。但し、筋肉増量は無酸素運動より劣ります。

ウォーキングは朝と夜なら朝が良い理由

リバウンド女子リバウンド女子

ウォーキングって、いつ行えばいいの?


ダイエット先生ダイエット先生

朝か夜なら朝行うのが効果的ね。もちろん、両方ウォーキングしてもOKよ。


「朝ご飯の前がウォーキングに1番効果的な時間」という口コミがあります。ウォーキングに限らずですが、朝に時間のかかる習慣を組み込むことで、自然と夜は早い時間に寝ることになります。

夜早く寝るということは、夕食の時間も早くなります。無駄な夜食を食べることもありません。また、朝のウォーキングでお腹が空き、朝食を美味しく頂けます。

何よりも、夜に比べて朝であれば、暗闇を歩くことにはなりませんので、安全性が高くなります。また、太陽の光を浴びることによって、体内時計を正常に戻すこともでき、夜も寝つきが良くなります。そして、早寝早起きの好循環となります。

速い速度で大股で姿勢を正してウォーキングが痩せる秘訣

リバウンド女子リバウンド女子

ウォーキングって、ただ単に歩けばいいの?


ダイエット先生ダイエット先生

ダメよ。ダラダラゆっくり歩いても効果は薄いの。


リバウンド女子リバウンド女子

じゃあ、どうすればいいの?


ダイエット先生ダイエット先生

速く、大股で、姿勢を正すことがポイントね!


「速い速度でウォーキングして大股で、しっかり前を見ながらお腹を凹ませながらウォーキングするとくびれもつくのでおすすめです」という口コミがあります。ウォーキングの仕方についても、ただ単純に歩くというだけでなく、効果的な方法が存在します。

ゆっくりダラダラとウォーキングしていたのでは、効果が薄く、せっかく朝早く起きてウォーキングしているのに、もったいないです。競歩をするわけではないですが、イメージとしてはスピードを競う競歩のような感じで、速い速度を意識してウォーキングすることで、消費カロリーがアップして、脂肪が燃焼し易くなります。

小股でチョコチョコとウォーキングしていたのでは、効果が薄く、せっかく朝早く起きてウォーキングしているのに、もったいないです。一歩一歩普段の歩き方とは一風違ったような大股でウォーキングをすることによって、消費カロリーがアップして、脂肪が燃焼し易くなります。

姿勢を正しお腹を凹ませウォーキングをすることによって、見た目にもかっこよく、自然と速度アップして大股になり、消費カロリーがアップして、脂肪が燃焼し易くなります。普段の生活の中でも、姿勢を正すことはダイエットに繋がるので、気を付ける必要があります。

大股で速い速度でウォーキングすると、ふくらはぎが大きく伸び縮みして、ポンプとしての役割をはたします。そうしますと、下半身の血液が全身に巡ります。下半身の血液が滞ると、むくみにも繋がります。重力の問題もあり、足には血液が滞り易いので、健康とダイエットの為に、むくみ解消は重要な課題です。

ウォーキング!ダイエットはいつが効果的なのかのまとめ

ウォーキングには適した時間帯があります。また、ウォーキングには効果的なやり方が存在します。それは、速度であったり、足の運びであったり、姿勢であったりします。いつ、どのように行うのかが、とても重要なので良く考える必要があります。朝、酵素ドリンクを飲んで、ウォーキングをすれば効果倍増です。

靴を履いて歩くと靴底がすり減りますが、このすり減り方によって歩き方が正しいかどうかが分かります。正しい歩き方をしないとつまずきや転倒の危険が高まるだけでなく、歩いているのに太りやすいという損した気分になるので正しい歩き方を身につけましょう!

ウォーキングを行うことで有酸素運動の効果により、ダイエットできるというのは皆知ることでしょう。しかし、正しいウォーキングを出来ている「ちょいぷよ」女性はほとんどいないと言って良いでしょう。当ブログでは、一時的に痩せることができても、その後に太ってしまうようでは、意味がないと考えています。

歩く走るを続けてリバウンドせずダイエット成功

毎日3回食べる食事(酵素)ですから食事(酵素)制限をするというのが、ダイエットを志す人にとって最初に思いつくことかも知れません。ですが、食事(酵素)を制限するというのは、栄養バランスの面でもマイナス面があります。それに対し運動することはダイエットだけでなく、多くのプラス面があるのです。

20分以上運動しリバウンド知らずのダイエットへの道

基本的に運動を始めて20分程度したあたりから脂肪が燃え始めます。ですが、20分未満では意味がないということはありません。細切れであっても、10分でも5分でも運動をするということはカロリーも消費しますし、筋力アップして基礎代謝が上がりますので無駄な運動というのは存在しないのです。

歩くことで脂肪を燃やしリバウンドから脱出する

ジムに行くなどの気合が入った運動はできない方でも、ウォーキングであれば歩くだけなので気軽にできますし、今までの生活を少し変えるだけで、ダイエットを行うことができるのです。例えば、通勤時の自転車を歩きに変えたり、電車通勤時に1駅分前に降りて1駅分をウォーキングに変えたりすることも可能です。

歩き続ければリバウンドから遠ざかりダイエットできる

歩く場合には、服装や靴を選ばないので、今まで通りの恰好でウォーキングが始められます。もちろん、着替えて靴も変えてウォーキングを始めても構いません。ですが、日々の生活に取り入れてしまうことでウォーキングが長く続けやすいのです。継続は力なりと言いますので、続けることでダイエットに成功し易くなります。

ランニングをしてカロリーを消費してダイエットに成功する

歩くのも良いですが、準備が面倒でもランニングができれば、ウォーキングからランニングに変更できれば更に効果的です。ランニングの方が時間当たりの消費カロリーが大きい為にダイエット効果が大きくなります。また、爽快感もあり、ストレス解消にもなります。汗をかくので通勤時には難しいかも知れませんが、ダイエットを本気で考えるならランニングの方がおすすめです。

歩く走るを続けてリバウンド知らずのダイエットのまとめ

食事制限だけでなく、ウォーキングやランニングのような有酸素運動を生活に取り入れることで、長く続けることが容易でダイエットに成功しやすいと考えられます。ストレス解消にもなるのでドカ食い防止にも繋がります。リバウンドをせずにヤセる為に有酸素運動をすることが有効です。

「ウォーキング」ということは、「ちょいぷよ」女性が考えている以上にダイエットに効果的だということが研究の結果として出ています。日頃から「ウォーキング」することが多ければ、リバウンドの危険性も低くなります。当ブログでは、一時的に痩せるだけでは意味がないと考えています。

1年で10キロ減量に成功したウォーキングダイエットの口コミを検証し考察

1年で10キロの減量ということは、1ヵ月あたり833グラムなので1キロ未満であり、ゆっくりとしたペースで痩せているのでリバウンドする可能性もかなり低いので良いダイエット方法と言えます。

身長や元の体重などにもよりますが、概ね1ヵ月に1~2キロ程度の減量であれば、カラダに対する負担も少なく、ストレスも低いので続けやすくリバウンドする可能性が減るのです。ゆっくりペースのウォーキングダイエットの口コミを検証し考察して行きます。

目標を定め日々のスケジュールを決めダイエット成功させる口コミ

「1日1回時間を決めて歩くというものです。」という口コミがあります。ダイエットは続けることが最も重要ですが、その為には日々のスケジュールを定め、目標に向けて前進して行くことが大切です。学校の授業や会社での仕事と違って、自分の意志のみで始め、自分でスケジュールを決めて行うダイエットなので、途中でやめたからと言って誰も指摘も注意もしないのです。自分の意志のみがダイエット成功の為の一番のポイントという口コミです。

有酸素運動で新陳代謝をアップしてダイエットする口コミ

「歩くことで有酸素運動に繋がり、体内の新陳代謝が良くなるため、体重の減少に繋がります。」という口コミがあります。ウォーキングは筋トレと異なり有酸素運動なので、運動時のカロリー消費が激しく、脂肪を燃やす効果が高いです。但し、一緒に筋肉も落ちやすいので注意が必要です。ダイエットしてとにかく脂肪を減らしたいというのであれば、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が良い方法となる口コミです。

早く歩いて時間もかけるダイエット方法は負荷が軽い口コミ

「時間の目安は1時間以内で、歩くスピードもあまり遅くなく、少し早い歩き」という口コミがあります。有酸素運動にはウォーキングやジョギング、水泳など様々なものがありますが、その中でもウォーキングは負荷が小さい為に時間当たりの消費カロリーが少なく脂肪の燃焼量が少ない有酸素運動です。ですので、少しでも早めに歩き、時間も1時間程度は続けることがダイエットの成功に繋がります。ウォーキングはある程度の時間続ける必要がある口コミですね。

有酸素運動はストレスを発散し続けやすいダイエットの口コミ

「慣れてくると歩くことが楽しくなってきます。」という口コミがあります。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動の特徴とも言えますが、ある程度の時間続けているとストレスが発散されて、心の中から綺麗に浄化されて行くような感覚に陥ります。これによって、爽快感を感じ、またこの感覚を味わいたい為にウォーキングやジョギングを行うという好循環が生まれます。有酸素運動でストレスを発散し、続けやすいダイエットの口コミですね。

ペースを守り目標に向けて日々続けることがダイエットの秘訣という口コミ

「場所や時間を決めて、自分のペースでできる」という口コミがあります。ウォーキングだけに限りませんが、ダイエットはアナタのやる気次第なので、自分のペース行える代わりに、自分の意志が弱いと途中でやめてしまって挫折します。最初にきちんと目標を決めて、日々のスケジュールを立て、ゆっくりペースでも良いのでとにかく続けることがダイエットを成功する秘訣とも言えるという口コミです。

1年で10キロ減量したウォーキング口コミ検証のまとめ

有酸素運動であるウォーキングをきちんと目標を定めた上で、毎日のスケジュールを決めて続けて行くことで、ダイエットに成功をおさめることができます。有酸素運動は、消費カロリーが大きく、基礎代謝もアップします。全身をバランス良く鍛えることでスタイルも良くなるという口コミです。酵素ドリンクをダイエットに取り入れることで効果を更にアップさせることが可能です。

「ちょいぷよ」女性が1年で10キロという大きな減量を果たしたことは、とても素晴らしいことです。ウォーキングでの消費カロリーは思ったよりも少ないので、口コミよりも更に多くの努力が必要だったと言えるでしょう。10キロ痩せて、「リバウンドしない」ダイエットを行うということは精神的な強さも必要です。

ウォーキングで痩せない!3つのポイントでダイエット効果倍増のまとめ

ウォーキングをしても全然痩せない!と嘆いていませんか?ダイエットできない原因は、歩き方のポイントがずれてしまっているからかも知れません。減量効果が倍増する3つの秘密をお教えしますね!

間違っていた

今まで体重を減らすことがダイエットして痩せることだと間違っていた女性が体脂肪を減らす方法を学ぶことで、スムーズに痩せることができるようになります。そう、今までの苦労がウソのように簡単に!
体脂肪を減らす方法

簡単に痩せるには…

筋トレでダイエットしたいと考える女性が、引き締まった綺麗なスタイルを手に入れる為には、女性が筋トレで失敗しない為のポイントを学び、気になる部位別の1週間筋トレメニューを組み、筋トレ効果を増す食事をするというような総合的な筋トレ対策が必要です。

女性は、筋トレをしてダイエットをする場合には、ムキムキになりたいわけではありませんよね?ですから、筋肥大ではなく、筋密度を上げる筋トレを行ってダイエットする必要があります。

また、40代女性のような中年女性であれば、若い女性とは違った筋トレのやり方がありますので、女性用の筋トレなら良いというわけではありません。これに加え、必要に応じて有酸素運動も取り入れると筋トレ効果が倍増します。

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

HMBサプリ女性用
▶HMBサプリ