酵素の多い食品を食べることで体内酵素を節約してダイエットして簡単に痩せるという酵素栄養学の考え方がある一方で酵素の多い食べ物で太る!というものがある。酵素の3種類である食物酵素と代謝酵素、消化酵素の働きによって効果が異なるのはなぜかを医師に確認してみよう!
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
酵素の多い食品でダイエットして痩せる!という話がある一方で、酵素の多い食べ物を食べると太るという話があります。同じ酵素が多い食品なのに、なぜ全く逆の効果があるというウワサがあるのでしょうか?

酵素の多い食品で太る?痩せる?

どちらかが嘘で、どちらかがホントなのか?それとも、酵素が多い食品の中でも、どれかを食べるとダイエットして痩せる効果があって、どれかを食べるとガリガリに悩む女性が、ふっくら太ることができるという話なのでしょうか?

酵素には、食べ物に含まれる食物酵素とヒトの身体の中にある体内酵素と呼ばれる代謝酵素、消化酵素があります。酵素ダイエットを行う場合でも、この3種類の酵素を正しく理解して行わないとトンデモダイエットに騙されることになりますよ!

ダイエット先生ダイエット先生

酵素で痩せたいのか、太りたいのかによって、酵素の使い方が異なるので正しく酵素を理解しましょう。

多孔質,多非晶質レーヨンに担持したフタロシアニン誘導体により,チオール,アミンなどの悪臭成分の除去機構を速度論的に解析し,酵素類似の反応機構で除去できることを明らかにした.

酵素は食べ物から摂取できる

私たちの体はたくさんの栄養素で作られています。その一つが酵素ですが、この酵素の働きというのはとても重要です。例えば、酵素の働きで食べたものを消化したり分解したりします。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
また体を動かしたりトイレで排泄をしたりするのも酵素の働きです。もし、酵素が不足してしまうなら元気がなくなったり肌の張りがなくなったりさらには体が冷えやすくなるなどの症状が出てきますし、

完全になくなってしまうなら私たちは生活できなくなるどころか生きていけなくなってしまいます。しかし、残念なことに一生のうちに体の中で作られる量は遺伝子によって決められていますし、一日で作られる量もほぼ決まっています。

しかし、この酵素は食べ物から摂取することができます。例えば、キャベツやダイコン玉ねぎなどにはたくさん含まれています。野菜があまり好きではない人であればお肉をたくさん使った野菜炒めやお好み焼きなどにするとたくさんの野菜を食べることができます。

ほかにも、納豆やチーズやヨーグルトやキムチなどの発酵食品にも含まれています。また、フルーツにもたくさんの酵素が含まれています。例えば、熟したバナナやイチゴやリンゴなどです。上手に取り入れましょう。

酵素配合のダイエット食品で体内を綺麗にする

今まで様々なダイエットに挑戦してきたという女性は少なくありません。しかし毎日過度な運動をしたり、厳しいカロリー制限を行っていると、どうしてもストレスが溜まりやすくなり、暴飲暴食によりリバウンドをしてしまう悪循環を引き起こします。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
そこで無理なく毎日続けられるダイエット方法として、多くの女性が利用しているのが酵素成分が豊富に含まれている美容食品を利用する方法です。

酵素とはもともと人間の体に備わっている成分の一つですが、年齢を重ねると体内の酵素成分がどんどん失われていき、体の基礎代謝が落ちて便秘になったり、脂肪が燃焼しにくくなり痩せにくい体となってしまう危険があるのです。

そこで体に不足している栄養素を補給する方法として、酵素ドリンクを利用したダイエット方法が人気になっています。方法は普段食べている食事三食分に対して、一食をドリンクに置き換えるだけの簡単な方法です。

酵素ドリンクを摂取することでカロリー制限を簡単に行えるだけではなく、体内の整腸作用を促してお通じを改善してくれるので、便秘がちな方は下半身太りを防ぐことが出来ますし、

体の中に老廃物を溜め込む心配がなくなるので、美しい体形を手に入れることが可能になります。

酵素を利用した食品一覧

酵素を利用して食品加工されたものは数多くあります。いわゆる発酵食品として昔ながらの多くの食品がありますし、健康にも良いとされているものが多くなっています。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
その大部分は微生物のもつ酵素によって作られるものです。簡単に一覧で書き出すとみそ・しょうゆ・納豆・醸造酒・チーズ・パン・ヨーグルト・漬物・かつお節・ビールなど他にも書ききれないほど多くの種類です。

納豆は納豆菌を利用し、ヨーグルトは乳酸菌を利用して作られ、ビールは麦芽と酵母の組み合わせで作られるなどそれぞれ違った酵素の作用によって加工されています。

最近では微生物から酵素を取り出して、精製した酵素剤が作られており、これが食品加工に応用されるまで進歩しました。

酵素は生物の体内で形成されるのですが、生物の体内でおこる化学反応を促進するための触媒の役割をするたんぱく質です。生物が生きていくためには欠かせないものであり、微量でも生体内の化学反応の促進を助けてくれるので広く利用されます。

人類が生きていくのに欠かせない上に、世界中の食品が酵素の力によってつくられ人類の助けとなっています。又、薬品や健康増進のための酵素食品にも広く応用されており、その研究はますます進歩するでしょう。

さまざまな酵素食品の一覧

昨今健康や美容に効果が期待できるとして酵素食品が注目を集めており、手軽かつ効率的に酵素を取り入れるため、酵素食品なども登場しています。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
そんな酵素ですが、やはり毎日の食事で自然に摂取できるのが理想的なので、酵素を多く含む食品の一覧をチェックし、意識的にレシピに取り入れてみるのも良いでしょう。

たとえば酵素は野菜や果物に多く含まれていることは有名ですし、他にも発酵食品などにも含まれています。もっとも酵素にもいろいろ種類が存在しており、おもな種類としては、

たんぱく質を分解するプロテアーゼやでんぷんを分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼといった酵素があります。

そこでプロテアーゼが多い食品としては、ゴーヤや玉ねぎといった野菜に、キウイやパパイヤ、パイナップルやリンゴ、メロンなどの果物があり、麹や納豆、塩辛などの発酵食品も含まれます。

またアミラーゼを多く含む食材は大根やキャベツ、蕪や生姜といった野菜類に、梨やバナナなどの果物があり、リパーゼを多く含む食材は人参やホウレンソウ、ズッキーニやトマト、アボカドなどがあり、

他にもスイカや苺、グレープフルーツなどの果物や、甘酒やチーズ、味噌などの発酵食品も同様です。ちなみにこれらの食品のうち、野菜や果物は生の状態で食べることが基本です。

酵素の食品と利用について

酵素には主に「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。体内に入ってきた食べ物を分解・吸収してエネルギーに変換し、また、そのエネルギーを筋肉を動かすなどの生命活動に使ったり、陳新代謝を促して美容や健康を促進したりします。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
しかし一生の内に生成できる酵素の数は決まっており、1日で生成できる量もほぼ決まっていると言われています。そのため、酵素を使いすぎると疲れが溜まったり肌トラブルを引き起こしたりします。

使いすぎないように注意は必要ですが、足りないぶんは食品から補うことも可能です。消化酵素はキャベツ、大根、玉ねぎなどの野菜類、リンゴ、バナナ、みかんなど柑橘類のフルーツにも多く含まれています。

また、代謝酵素は納豆、みそ、醤油、チーズなどの発酵食品に多く含まれているので、日常の中で手軽に取り入れることができるものです。

ただ、毎日食べるのは大変ですし、生のまま食べることが推進されています。酢の物や漬物などなら生で食べられますが、調理方法が面倒という方もいるので、ドリンクや酵素食品を利用するのもいいでしょう。

酵素食品なら毎日決められた量を摂取するだけなので食品から摂取を考えるよりも手軽に取ることができます。

酵素を食品から取り入れる

酵素には体内に入ってきた栄養素を分解し吸収されやすいようにする作用がある消化酵素と吸収された栄養素をエネルギーに変換する代謝酵素があります。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
体内で生成されますが量は決まっており不足すると体調不良として現れるため、美容と健康のために食品からも積極的に取り入れる事をオススメします。

酵素を多く含む食品といえば野菜や果物です。ヨーグルトやチーズ、納豆や味噌といった発酵食品にも多く含まれています。これらの食品をただ食べれば良いわけではありません。

酵素は熱に弱く、約50度以上でほとんど破壊されてしまいます。なるべく生のまま食べる事が必要です。また野菜や果物をすりおろすと酵素を守っている細胞膜を破壊することが出きるのでより多く体内に取り入れることが出来ます。

ジュースやスムージーにすると野菜や果物を同時に摂取しやすいです。生野菜や果物を食べるのが苦手であったり忙しくてしっかり食事が出来ない場合やもっと気軽に取り入れたいと考えている方に酵素食品やドリンクで摂取するのもオススメです。

酵素食品やドリンクは体内に効率的に吸収されるよう作られているため気軽に効果的に酵素を取り入れることが出来ます。自分にあった方法で取り入れてみてください。

酵素はさまざまな食品加工が施されています

酵素は人の身体を構成している素材であるたんぱく質で、生物の体内に存在している生命を維持にするにおいて欠かせない物質です。消化器官で食べ物を消化したり分解したり、栄養分を元にエネルギー生産といった生命活動全般に重要な役目があります。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
人は昔から酵素の存在をそれほど意識しないでお酒やパン、チーズや味噌などの発酵食品の製造を行ってきました。近代になると酵素の研究は進みその存在感は大きくなり、日常品や医薬などのさまざまな分野で欠かせない技術になっています。

日本では酵母はもちろん麹菌を利用し酵素を活用した歴史があります。世界で初めて微生物由来の酵素を産業化したこともあり、世界の産業界において重要な位置にあると言えます。人はその存在を認識する以前から食品加工分野に酵素の力を使っていました。

現在さまざまな酵素が発見されたり開発されていて、その目的に応じていろいろな使われて方がされています。特に食品加工に活躍していて、飲料や製菓・製パン、エキスや醸造といった多方面にわたっていろいろな商品がリリースされています。

食品加工分野での今後ますますの多種多様な健康に良い商品がリリースされることが期待されるでしょう。

食品添加物の酵素の目的について

食品添加物の中には酵素が含まれています。食品添加物と聞くと保存料や甘味料・旨味成分であるアミノ酸のことが思い浮かぶ人も多いです。しかし、ここには68個もの酵素も含まれています。

特定の食品の製造や加工のときになくてはならないものと定義されていて用途は様々です。糖分や甘味の需要も高く、酵素が使用されているケースが多く見られます。菓子パンなどの材料に使われていることも多いという印象があるようです。

食パンであれば自分でトレーに乗せて選んでいく町のパン屋さんであれば200円から300円で買うことができますが、スーパーなどで販売されている安い食パンを買おうと思えば100円や100円以下のものもあります。

この意味としては安い原料を使って、うまくボリュームを出して柔らかさを維持できるように作るために酵素の力が必要になってきます。よく聞くイヌリナーゼはイヌリンを加水分解してフルクトースにするための酵素です。

これは自然界において色々な植物によって作られている多糖類の一群です。栄養成分の表示では盗塁ではなく食物繊維に属しています。キク科の植物は肥大している根や地下茎、そしてそれに由来する塊茎などに栄養源を貯蔵するための手段として用いられています。

酵素に対して必要な食品表示

酵素は食物から摂取することができます、体内に取りこまれたあとで消化や代謝のサポートに使われます。つまり食品に含まれているものが体に影響を及ぼすと言うことです。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
そのため、どのような種類が含まれているのか購入者が知り得る状態にして、購買の適切な判断ができるようにする必要があります。そこで重要なのが食品表示です。

酵素は、そもそもその食材が持っているものと人工的に追加されるものがあります。加工食品に含まれる場合には食品添加物と言う呼び方になります。

食品の加工や保存の目的で添加される物質です。含まれる量を記載する必要はありませんが、記載に方法は守ることが求められます。なお、天然に含まれるものについては表示の義務はありません。

食品表示は食品表示法に規定されているもので、義務事項です。使われている物質名を含有量の多い順に記載しなければいけません。また、物質名は企業ごとに好きに決めて良いわけではなく、それぞれの物質によって呼び方が決められています。

これは記載がばらつくことで表示する意味がなくなるからです。同じ種類の物質であれば統一した名称で表示します。都合の悪いものを記載しないようなこともゆるされません。

食物酵素とは一体どのような働きをしているのかを知ろう

健康に対する意識が社会で広まっている昨今、食物酵素を豊富に含む食品に注目が集まっています。しかし、健康に役立つことは知ってはいるものの、食物酵素がどのようなものなのかを深く理解していない人が多いのも事実です。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
酵素にはヒトの身体の中に含まれているものとそうではないものがあり、前者は体内酵素(潜在酵素)、後者は体外酵素と呼ばれています。食物酵素とは、体外酵素の一種であり、名称が示す通り野菜や果物、発酵食品などといった食物に含まれている酵素全般を指しています。

食物酵素のはたらきは一言でいうと、体内酵素と栄養素の強化といえます。食物酵素は、体内に取り込んでもすぐに分解されてしまい、体内に吸収されることはほとんどありません。

しかし、食べ物を口で噛み砕いた瞬間から事前消化の働きがはじまり、体内に入ったときにある程度分解された状態にしておくことによって、消化器にかかる負担と体内酵素の消費量を抑えつつ消化をすすめられるようにします。

また、食物酵素が他の食べ物に含まれている特定の栄養素に働きかけて強化されると、ビタミンやミネラルなどにように体内酵素の活性化も後押しすることができます。

食物酵素は単体で身体に影響がでることはほとんどありませんが、他の物質に働きかけることで間接的に影響を与えます。

炭水化物分解酵素を多く含む食品とは

私たちが食品を体内に摂取して栄養分として代謝吸収することが出来るのは、酵素の働きのおかげと言えます。人体でも日々生成されていますが、加齢にともない生成量は減少することもあり食事でも補給する必要があります。
酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い
ダイエットを成功させる上でも酵素は重要な役割を担っています。食事の栄養分を熱分に代謝させるためにも酵素の働きが不可欠だからです。そこで酵素の種類や働きの違い、多く含む食品について検討しておきましょう。

一口に酵素と言っても種類があり、作用する栄養素の違いに応じてたんぱく質を分解するプロテアーゼ・炭水化物を分解するアミラーゼそして脂肪分を分解するリパーゼに分類することが出来ます。

なかでも炭水化物は酵素の働きで分解されることで体内に取り入れる糖分量を減少させることが可能になり、脂肪細胞に糖分が溜め込まれて肥満になる連鎖を断ち切ることになります。

そこで肥満防止やダイエット成功のカギは、炭水化物分解酵素を多く含む食品を意識して積極的に取り入れるのが効果的です。炭水化物分解酵素を多く含む食品には、山芋や大根、バナナなどの野菜に多く含まれています。

ただし酵素は48度以上加熱されると活性を喪失するので、そのままの状態で食べる方法を選択するのが重要です。

酵素の多い食べ物で太るとダイエットの違い!同じ食品なのに何で?のまとめ

酵素の多い食品を食べることで体内酵素を節約してダイエットして簡単に痩せるという酵素栄養学の考え方がある一方で酵素の多い食べ物で太る!というものがある。酵素の3種類である食物酵素と代謝酵素、消化酵素の働きによって効果が異なるのはなぜかを医師に確認してみよう!

医師も認める酵素とは?

酵素を摂取する時に、健康増進やダイエットなどに効果があるものなのに添加物が入っていたり、栄養素が水分などで薄められていたら意味がありません。
酵素は効果なし
ですので、無添加で野菜や果物、野草、漢方などから摂取した酵素をギュッと濃縮して、何も加えていない酵素食品を選ぶ必要があります。そんな酵素食品を厳選してランキング化したのが下記の特集記事です。

下記画像を今すぐタップ♪

ランキング
▶無添加な酵素をギュッと濃縮