帳消しダイエットとは?

帳消しダイエットとは、何なのでしょうか?食べたものをなかったことにしてくれる怪しげなサプリは見たことがありますが、そういうものではないようです。
帳消しダイエット
この帳消しダイエットは、『得する人損する人』という人気テレビ番組テレビ番組で紹介され、ガンバレルーヤのよしこさんが、3週間で5.3キロ痩せて、ウエストも9㎝細くなったという驚きの結果が出ています。

さらに、内臓脂肪の面積は4割減り、皮下脂肪の面積は3割減ったのです。無理な食事制限や運動が不要のこの帳消しダイエットのやり方を分かりやすく説明して行きますね!

ダイエット先生ダイエット先生

帳消しダイエットなら無理な食事制限が不要なのでリバウンドの危険性が少ないですね!

帳消しダイエットのやり方

帳消しダイエットのやり方は、太りやすい料理メニューを食べる時に太る原因となるような栄養素を帳消しにする食材を一緒に食べることで太りにくくするというものです。
帳消しダイエット

帳消しダイエットの決定版

帳消しダイエットは太る食べ物や飲み物の太る原因を打ち消すもので、太りにくくしようというダイエット方法です。

帳消しダイエットが全く無意味とはいいませんが、効果が薄いし、そもそも好きな物と一緒に食べたくないものや嫌いなものを食べなければならずストレスになります。

いちいち考えながら食べるのも楽しくないですよね?これもまたストレスになります。ですので、何を食べても帳消しにする腸リセットダイエットをしてはどうでしょうか?


ダイエット
▶腸リセットダイエット

帳消しダイエットの一覧

ん?どういうことだ?って良く分からないかも知れないので、2017年11月2日放送の『得する人損する人』において紹介されていた料理メニューと帳消し食材について帳消しダイエットの一覧として説明して行きますね!

帳消しダイエットでカレー

帳消しダイエットでカレーにおすすめなのは、らっきょうの汁です。カレーとらっきょうを一緒に食べる人はいるかと思いますが、らっきょうの汁には水溶性食物繊維が溶けだしています。

これをカレーにスプーン1杯かけるだけで、カレーが太りにくいメニューに大変身します。これに加え、脂質が多いカレーにはタンパク質が多い食品を加えると良いでしょう。

また、サラダと野菜や果物のジュースを食べたり飲んだりしてから、カレーを食べるのも帳消しダイエットに使えます。赤身の肉を使うと脂肪を燃やすL-カルニチンが豊富なので脂肪燃焼効果が高いといえます。

帳消しダイエットで寿司

帳消しダイエットで寿司におすすめなのは、ガリと緑茶です。まぁ基本的には、ヘルシーな料理メニューである寿司ですが、腸内環境を荒らす可能性があるので、毒消し効果があるガリと緑茶が必要になります。

これに加え、腸内環境を整えることが出来る乳酸菌サプリを使うことによって、寿司を食べた後にはいつも調子が悪くなるという人の悩みが解決できます。詳しくは下記の乳酸菌ダイエット人気ランキングを参照して下さい。


帳消しダイエット▶乳酸菌ダイエットで人気のランキング

帳消しダイエットでピザ

帳消しダイエットでピザにおすすめなのは、オリーブオイルです。腸内環境の改善になり、良質な油であるオリーブオイルによって、排便を促します。便秘解消にもオリーブオイルは使えます。
オリーブオイル

帳消しダイエットメニュー1:ラーメン+チャーシュー

帳消しメニューの一つ目は、太る原因になるラーメンに帳消し食材のチャーシューの追加です。たんぱく質とビタミンが不足しているラーメンにチャーシューのLカルニチンが、糖質や脂質の排出を促してくれます。

糖質の応用方法

ラーメンの麺には多くの糖質が含まれています。糖質が含まれる食品は、主食となる炭水化物に多いのですが、糖質を排出する帳消し食材は糖質の多い食品全般に使えることになります。ですので、下記の特集記事が参考になります。


帳消しダイエット
▶糖質の多い食品

タンパク質の応用方法

帳消し食材のチャーシューにはタンパク質が含まれていますが、チャーシュー以外にもタンパク質の多い食品はいくらでもありますし、もっとカロリーの低い食品もあります。ですので、下記の特集記事が参考になります。


帳消しダイエット
▶タンパク質の多い食品

ビタミンの応用方法

ラーメンに不足しているビタミン類を補うことによって、帳消しダイエットを行うのであれば、チャーシューに多いビタミンB群が含まれる他の食品でも、同様の効果が期待できます。ビタミンB群の多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンB群の多い食品

帳消しダイエットメニュー2:ラーメン+バナナ

帳消しメニューの二つ目は、太る原因になるラーメンに帳消し食材のバナナの追加です。バナナに含まれるカリウムがラーメンの過剰な塩分を排出します。ラーメン1杯に、バナナは1本で帳消しできます。

塩分の応用方法

ラーメンは確かに塩分の多い料理ですが、日本の食卓には多くの塩分の多い食品が並ぶことが多いでしょう。このような塩分が多い食品に対してバナナのようなカリウムが多い食品が帳消し食品として使えるわけなので、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶塩分の多い食品

帳消しダイエットメニュー3:ハンバーグ+大根おろし

帳消しメニューの三つ目は、太る原因になるハンバーグに帳消し食材の大根おろしの追加です。ハンバーグのひき肉は脂質が多くミネラルが不足しています。大根で不足を補い、さらに余分な脂質を排出させます。

大根おろしは1人前(60g)でも炭水化物量は2.4グラム程度なので、多めに追加してもダイエットの妨げになりません。

脂質の応用方法

ハンバーグは肉汁したたる感じが食欲をそそる代表的な料理なので、脂質が多いのは当然ですが、ハンバーグ以外にも多い食品はありますよね!ですので、脂肪の多い食品ランキングである下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶脂肪の多い食品ランキング

ビタミンCの応用方法

帳消し食材として使われる大根ですが、ビタミンCが豊富なことで有名です。ビタミンCは美肌効果もありますので、ダイエットして美肌も手に入れたい女性には最適だと言えますね!詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンCの多い食品

帳消しダイエットメニュー4:焼き肉+ブラックコーヒー

帳消しメニューの四つ目は、太る原因になる焼き肉に帳消し食材のブラックコーヒーの追加です。肉の飽和脂肪酸は体脂肪になりやすいのですが、コーヒーに含まれるメラノイジンが余分な脂肪を吸着して排出を促してくれます。

ブラックコーヒーは、カフェインやクロロゲン酸などの脂肪燃焼効果もあります。コーヒーの飲み過ぎは逆効果になりますので、1日3杯までにしましょう。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶コーヒーで痩せる

帳消しダイエットメニュー5:お好み焼き+グレープフルーツジュース

帳消しメニューの五つ目は、太る原因になるお好み焼きに帳消し食材のグレープフルーツジュースの追加です。お好み焼きの糖質をグレープフルーツのイノシトールが吸収しにくくしてくれます。

お好み焼き1人前に対し、果汁100%のグレープフルーツジュースを1杯(200cc)が適量です。飲み過ぎれば糖質の摂取量が増えて太ります。また、グレープフルーツは下記のような薬と飲み合わせが悪いので注意が必要です。

  • ネオーラル
  • サンディミュン
  • プログラフ
  • リポトール
  • ヒポバス
  • カルブロック
  • アテレック
  • アダラート
  • ワソラン
  • ハルシオン

帳消しダイエットメニュー6:ホットドック+プルーン

帳消しメニューの六つ目は、太る原因になるホットドックに帳消し食材のプルーンの追加です。脂質の多いホットドックは、食物繊維とアントシアニンが豊富なプルーンを合わせることで脂質の吸収を防げます。

ホットドック1つに対し、プルーンは2粒が適量です。プルーンの栄養の50%は炭水化物(糖質)で、10粒でおにぎり1つ分の炭水化物量なので注意が必要です。

アントシアニンの応用方法

プルーンにはビタミンやミネラルも多く含まれており、アントシアニンも豊富です。ブルーベリーやプルーンには目の調節機能を回復させる成分が含まれていますが、下記で特集されているアスタキサンチンにも注目が集まっています。


帳消しダイエット
▶アイジャストはアスタキサンチンを配合

帳消しダイエットメニュー7:たらこパスタ+リンゴジュース

帳消しメニューの七つ目は、太る原因になるたらこパスタに帳消し食材のリンゴジュースの追加です。パスタに多く含まれる糖質の燃焼をりんごジュースで助け、ビタミンやミネラルも多いので栄養バランスを整えます。

ですが、リンゴジュースには、アップルペクチンが微量しか含まれていないので、リンゴを食べる方が良いでしょう。

たらこパスタ1人前に対し、リンゴを半個分程度が適量です。また、オスモチンは、トマトやピーマンにも多く含まれています。こちらの方が糖質の心配がありません。

乾麺パスタを生パスタ風に!

乾麺パスタを一工夫するだけで、もっちもちの生パスタ風にすることができます。やり方は下記の通りです。

  • 乾麺パスタを水に浸けて1時間放置
  • 水から出して、1分から2分程度茹でる

帳消しダイエットの応用

帳消しダイエットの帳消しメニューを紹介して来ましたが、このメニューの考え方をもとに他のメニューについても応用して行きましょう。じゃないと、他のものを食べる時に帳消しできませんからね!

帳消しダイエットの効果

帳消しダイエットの効果は、置き換えダイエットのようなカロリーカットと違い時間はかかると考えた方が良いでしょう。太る原因になるものを打ち消す食事をするというものですからね!

帳消しダイエットの嘘

帳消しダイエットの嘘としては、言葉のまま食事をしたカロリーが帳消しになるようなイメージを持たれてしまうと嘘になってしまいます。あくまでも、太る原因になる食べものを食べた時にその原因を相殺するだけです。

帳消しダイエットでチョコやクッキー

帳消しダイエットでチョコやクッキーにおすすめなのは、温かいココアです。ココアに含まれる不溶性食物繊維様のリグニンがコレステロール値を下げてくれます。LDLコレステロール値を下げるには?を参照して下さい。
LDLコレステロール値を下げるには?

帳消しダイエットでケーキ

帳消しダイエットでケーキにおすすめなのは、抹茶豆乳です。抹茶豆乳には、脂肪の吸収の抑制や排出を促す効果があります。

帳消しダイエットで豆乳

抹茶豆乳はちょっと苦手という人には、豆乳ヨーグルトがおすすめです。豆乳ヨーグルトを作る方法についは、下記の特集記事を参照して下さい。
豆乳ヨーグルトを作る方法

帳消しダイエットでパン

帳消しダイエットでパンにおすすめなのは、パンの糖質をすぐに使ってしまうということです。ダイエットですので、筋トレで糖質を使うのが最も効率的でしょう。パンの糖質も消費できて、体脂肪率も下がるので一石二鳥です。


帳消しダイエット
▶女性向け筋トレダイエット

帳消しダイエットでポテトチップス

帳消しダイエットでポテトチップスにおすすめなのは、青のりと液体のプルーンが入った温かい紅茶です。プルーンのソルビトールと水溶性食物繊維に、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

血糖値を抑えることは糖尿病の改善にも役立ちます。ですので、糖尿病予備軍だったり、糖尿病になってしまった人にプルーンはおすすめと言えるでしょう。詳しくは、下記の糖尿病の食事療法を参照して下さい。
糖尿病の食事療法

帳消しダイエットで豚しゃぶ

帳消しダイエットで豚しゃぶにおすすめなのは、ごま油です。ごま油には、リノール酸・オレイン酸・ゴマリグナンが含まれており、ビタミンEも豊富で、下記のような効果があります。

  • むくみ解消
  • 女性ホルモンの代謝
  • 抗酸化作用
  • 血行の促進
  • 前立腺がんや胃がんの防止
  • 活性酸素や悪玉コレステロールの増加を抑える
  • お肌の老化防止
  • 動脈硬化、脳血管障害、生活習慣病の予防
  • 肝機能の向上

ごま以外にもビタミンEが豊富な食品はありますので、下記のビタミンEの多い食品を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンEの多い食品

帳消しダイエットでサラダ

帳消しダイエットでサラダにおすすめなのは、エゴマです。そもそもサラダは太りにくいと考えるかも知れませんが、野菜には芋類やニンジンのように糖質が多いものがあるので注意が必要です。

エゴマに含まれるα-リノレン酸やロズマリン酸の働きによって、ダイエット効果が得られます。エゴマはシソ科の植物のため、シソ油と書かれている場合もあります。加熱せずに毎日スプーン1~2杯程度つかいましょう。

帳消しダイエットで冷えた弁当

帳消しダイエットで冷えた弁当におすすめなのは、温かいみそ汁です。弁当に入っている脂肪分を温かいみそ汁によって、溶かす働きがあるだけでなく、発酵食品である味噌が腸内環境を整えてくれます。

帳消しダイエットで天ぷら

帳消しダイエットで天ぷらにおすすめなのは、お酢です。お酢に含まれる多くの有機酸が、脂肪燃焼効果を上げたり、脂肪分解を促進したり脂肪を溜まりにくくする働きがあります。

帳消しダイエットで揚げ物

帳消しダイエットで揚げ物におすすめなのは、レモンです。レモンに含まれるビタミンCが美容とダイエットという女性に嬉しい効果を与えてくれます。

帳消しダイエットでグラタン

帳消しダイエットでグラタンにおすすめなのは、サラダとあったかいスープです。炭水化物だらけのグラタンですから、ビタミンを加えるのは良いのですが、野菜の糖質には、気をつけましょう。
野菜の糖質

帳消しダイエットでステーキ

帳消しダイエットでステーキにおすすめなのは、ニンニクだれや生姜だれです。脂肪燃焼効果の高いので、肉の脂肪により太るのを防いでくれます。糖質の少ないサラダも良いですね!

帳消しダイエットでおでん

帳消しダイエットでおでんにおすすめなのは、おにぎりです。海苔をまいた梅干入りにすることで、食物繊維と血糖値の上昇を抑えます。炭水化物は代謝に必要なエネルギーなので、不足するのもダメです。

おでん

加熱中は、具材に含まれている空気や水分が膨張し、出汁を十分に吸い込むことができません。ですので、下記のようにすると美味しくできます。

美味しいおでんの作り方
  • 大根・卵・こんにゃくのような味が染みにくい食材を30分ほど煮込む
  • 鍋を火から下ろし、じっくりと冷ますことで具材に出汁が染み込みやすくなる
  • 練り物を加えて15分ほど煮込む

帳消しダイエットでオムライス

帳消しダイエットでオムライスにおすすめなのは、パセリです。パセリに含まれるパナジウムが脂質、糖質の代謝を上げてくれます。

帳消しダイエットでスナック菓子

帳消しダイエットでスナック菓子におすすめなのは、野菜ジュースです。これは、野菜に含まれるビタミンや食物繊維がスナック菓子に不足しているからですね。

帳消しダイエットで「うどん」

帳消しダイエットで「うどん」におすすめなのは、タマゴです。血糖値が上がりやすい「うどん」にタマゴのタンパク質が効果的に血糖値の急上昇をおさえます。タマゴは生でも、ゆでても構いません。

帳消しダイエットで白米ごはん

帳消しダイエットで白米ごはんにおすすめなのは、サラダです。白米ごはんは、玄米を精米して栄養素を削り取った糖質の塊ですが、サラダなどの食物繊維が多い食品を先に食べると血糖値の急上昇をおさえてくれます。

ですので、これは一緒に食べるというよりも、白米ごはんを食べる前にサラダなどの食物繊維が多いものを食べるという食べる順番ダイエットだとも言えます。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶食べる順番ダイエット

帳消しダイエットで米

帳消しダイエットで米を食べる際には、白米のように玄米を精米して栄養素を削り取った糖質の塊を食べるのではなく、玄米を発芽させて発芽玄米として食べることで、白米のマイナスを帳消しにできます。発芽玄米の作り方は下記を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶発芽玄米の作り方

帳消しダイエットで、ご飯

帳消しダイエットで、ご飯というと、お米のことを指しているのか、食事全体のことを指しているのか分かりませんね。お米のことを指しているのであれば、既に説明済みですし、食事全体であれば、食べるご飯に合わせたメニューの項目を参照して下さい。

帳消しダイエットで炭水化物

帳消しダイエットで炭水化物におすすめなのは、体内で糖質をエネルギーに変換する酵素の働きを助けてくれるオスモチンです。オスモチンはリンゴ、トマト、キウイ、ピーマンなどに含まれています。

帳消しダイエットで餃子

帳消しダイエットで餃子におすすめなのは、酢と胡椒です。醤油やラー油を使わずに、酢と胡椒で食べてみて下さい。味も美味しいですが、餃子の糖質と脂質で太るのを防いでくれます。

帳消しダイエットで唐揚げ

帳消しダイエットで唐揚げにおすすめなのは、レモンとパセリです。どちらもそのまま丸ごと食べるようにします。レモンは汁を絞るのではなく、良く洗って小さく切って、皮ごと食べます。

帳消しダイエットでトンカツ

帳消しダイエットでトンカツにおすすめなのは、からしとキャベツです。どちらもトンカツを食べる時には定番とも言えますが、より積極的に食べることで太る原因を減らすことができます。
帳消しダイエット

帳消しダイエットで塩分

帳消しダイエットで塩分におすすめなのは、カリウムの多い食品です。塩分を摂りすぎると、むくみや高血圧の原因になりますので、カリウムの多い柿酢などを積極的に摂取するようにしましょう。

帳消しダイエットの考え方

帳消しダイエットの考え方としては、食べたものの脂肪を燃焼させるために下記を行います。
帳消しダイエット

  • 栄養のあるものを加えて帳消し
  • 体を温めるものを加えて帳消し
  • 消化をよくするものを加えて帳消し
  • 余分なものを吸収を抑えるものを加えて帳消し

栄養のあるものを加えて帳消し

栄養のあるものを加えて帳消しするのは、下記のようなものです。

  • メニュー:菓子・酒・ファーストフードなど
  • 加える:ビタミン(生野菜、フルーツなど)・ミネラル(豆類、海草など)・たんぱく質(枝豆、豆腐など)・良質な油(アマニ油、エゴマ油、シソ油など)

体を温めるものを加えて帳消し

体を温めるものを加えて帳消しするのは、下記のようなものです。

  • メニュー:小麦粉の加工品・氷の入ったものなど
  • 加える:それ自体が温かいもの(スープなど)・寒い所でとれたもの(リンゴ、サケなど)・収穫時に地中にあるもの(ジャガイモ、ニンジンなど)・香りの強い薬味やスパイス(七味唐辛子、しょうが、ネギなど)・良質の油(アマニ油、エゴマ油、シソ油など)

消化をよくするものを加えて帳消し

消化をよくするものを加えて帳消しするのは、下記のようなものです。

  • メニュー:肉メインのもの・加工食品・揚げ物
  • 加える:生の食べ物(キャベツ、大根おろしなど)・発酵食品(納豆、漬け物、キムチなど)・ネバネバ食品(なめこ、オクラなど)

余分なものを吸収を抑えるものを加えて帳消し

余分なものを吸収を抑えるものを加えて帳消しするのは、下記のようなものです。

  • メニュー:麺類・揚げ物・スナック菓子など
  • 加える:食物繊維(野菜やキノコなど)・酸っぱいもの(レモン、ゆずなど)・良質の油(アマニ油、エゴマ油、シソ油など)

タンパク質は、筋肉を主原料であるので、不足すると頑張って筋トレをしているのに全然、筋肉量が増えないよ…ってことになってしまいます。ですので、下記のタンパク質の多い食品を参考に必要量を摂取するようにしましょう。


帳消しダイエット
▶タンパク質の多い食品

脂質はダイエットをしている女性に毛嫌いされるのですが、控えなければならないのは悪質な脂質だけで、良質な脂質は積極的に摂取すべきです。そうすることで体脂肪が燃えやすくなり、肌の乾燥も抑えられます。脂肪の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶脂肪の多い食品

炭水化物は、糖質を多く含んでいるので炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットによって迫害されています。ですが、糖質は脳のエネルギー源であり、不足すれば頭痛や吐き気なども引き起こします。糖質の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶糖質の多い食品

ナトリウム・塩分は、昔から私たち日本の食卓に多く含まれるミネラルであるため、過剰摂取が多くの医者などから指摘され、塩分の多い食品は控えるようにと指導されていることと思います。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶塩分の多い食品

カルシウムというと牛乳というイメージがありますが、乳糖が分解できない多くの日本人にとっては当てはまりません。詳しくは、下記のカルシウムの多い食品の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶カルシウムの多い食品

鉄分はマグネシウムと混同されやすいのですが、別物です。偏った食生活を送っていなければマグネシウムが不足することは考えにくいのですが、鉄分は女性に不足しやすく貧血の原因になるので、下記の鉄分の多い食品の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶鉄分の多い食品

ビタミンAは、目に良いビタミンというイメージが強いですが、それだけではなく生殖作用や感染予防などもあります。詳しくは、下記のビタミンAの多い食品の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンAの多い食品

ビタミンEは、強力な抗酸化作用の他、冷え性や肩こり、不妊症、コレステロールを下げるなどの効果が期待できます。めまいや老化防止などにも役立つビタミンEの多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンEの多い食品

ビタミンKは、欠乏すると出血傾向となり、骨粗鬆症や動脈硬化に関連しているのですが、納豆に含まれているのは知ってるけど、あとは良く分からないというのが本音ではないでしょうか?ビタミンKの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンKの多い食品

ビタミンB1は、チアミンとも呼ばれ、糖質および分岐脂肪酸をエネルギーに変換してくれるので、ダイエット効果も期待できます。不足すると脚気や神経炎などの症状が起きる危険性があるので、下記のビタミンB1の多い食品の特集記事を参照して積極的に摂取するように下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンB1の多い食品

ビタミンB2は、野菜や穀類などの植物性食品よりも、肉や魚などの動物性食品に多く含まれていて、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生だけでなく、体脂肪の燃焼にも大きく関わっています。ビタミンB2の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンB2の多い食品

ビタミンB6は、タンパク質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素、神経伝達物質である生理活性アミンの代謝の補酵素、ホルモン調節因子などとして働くので、不足すると痙攣やてんかん発作、貧血などを引き起こします。ビタミンB6の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンB6の多い食品

ビタミンB12は、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こります。ビタミンB12の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンB12の多い食品

ビタミンCは、壊血病の予防・治療のほか、鉄分、カルシウムなどミネラルの吸収促進に用いられ、美肌・骨形成・コラーゲン合成・免疫力強化・ダイエットなどの効果が期待できます。ビタミンCの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンCの多い食品

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つだけでなく、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症、妊娠しやすい体作りなどの効果も期待されています。ビタミンDの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ビタミンDの多い食品

ナイアシンは、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3とも呼ばれます。三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠なので、健康的なダイエットに活躍する栄養素です。ナイアシンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶ナイアシンの多い食品

葉酸というと妊活をする女性に効果が高いとされて話題になっています。ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助けます。葉酸の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶葉酸の多い食品

パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助し、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関連しています。皮ふや粘膜の健康維持による美肌を目指すならパントテン酸の多い食品を下記の特集記事から参照し積極的に食べるようにしましょう。


帳消しダイエット
▶パントテン酸の多い食品

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれており、それぞれの食品をバランス良く摂取することで、腸内環境を整えて便秘を解消して、美肌やダイエットの効果が得られます。健康的にダイエットするなら、下記の水溶性食物繊維の多い食品を下記の特集記事から参照し、積極的に食べるようにしましょう。


帳消しダイエット
▶水溶性食物繊維の多い食品

コレステロールは、何でも悪者というわけではなく細胞膜やホルモン、消化液の材料になるので必要なものです。減らしたいのは、悪玉コレステロールと呼ばれるものですが、コレステロールを下げる食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶コレステロールを下げる食品

コレステロールの中でも減らしたいのが悪玉コレステロールですが、この悪玉コレステロールは、LDLコレステロールと呼ばれます。善玉はHDLと呼ばれますが、LDLコレステロール値を下げる食品は下記の特集記事を参照して下さい。
LDLコレステロール値を下げるには?

短鎖脂肪酸は、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造の脂肪酸の中で、酢酸、プロピオン酸、酪酸などが代表的です。痩せ菌ダイエットのポイントになる短鎖脂肪酸を増やす食品一覧については、下記の特集記事を参照して下さい。
短鎖脂肪酸を増やす食品

コラーゲンは、肌のたるみだけではなく、髪や爪にも良いので、美肌・美髪・美爪を目指す女性にとっては欠かせない栄養素ですね。コラーゲンの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶コラーゲンの多い食品

マグネシウムは、単純に摂取量に気をつけるだけではなく、カルシウムとのバランスも大切です。不足すると偏頭痛や便秘の原因になるので、バランスの良い食生活を心がけましょう。マグネシウムの多い食品は、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶マグネシウムの多い食品

腎臓は、尿を作る・カラダのバランス調整・血圧調整・ホルモンの生成を行っているとっても大切な臓器です。腎臓病にならないために、腎臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


帳消しダイエット
▶腎臓に良い食べ物・飲み物

肝臓は、食べ物の栄養素を代謝・解毒作用・胆汁の生成と分泌を行っているとっても大切な臓器です。肝臓病にならないために、肝臓に良い食べ物や飲み物そして悪い食べ物を下記の特集記事を参照して知ることから始めましょう。


帳消しダイエット
▶肝臓に良い食べ物・飲み物

カリウムは、カラダの中で過剰になった塩分を排出してくれる働きがあります。むくみで悩む女性や高血圧で悩む中高年の人々の救世主となってくれるのが、このカリウムの多い食品たちです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶カリウムの多い食品

帳消しダイエットの本

帳消しダイエットについてもっと詳しく知りたいと言う場合には、帳消しダイエットの本を読んでみるのも良いですね。さらに詳しい帳消しダイエットのメカニズムやメニューが知れますよ!

ダイエット
▶帳消しダイエット本を手に入れる!

打ち消しダイエット

打ち消しダイエットというのは、帳消しダイエットのことです。食べ物や飲み物の太る原因を他の食べ物や飲み物によって打ち消すことで、太る原因を減らすというものです。たとえば、塩分で、むくみなどの原因になるので、カリウムを多く含む食品を一緒に食べて、むくみの原因を打ち消しという理屈です。

水溶性食物繊維の応用方法

リンゴやトマト・ピーマンというような果物や野菜には、水溶性食物繊維が多く含まれています。便秘には、乳酸菌と食物繊維が良いと言われますが、特に水溶性食物繊維の多い食品である下記は積極的に摂取しましょう。


帳消しダイエット▶水溶性食物繊維の多い食品

帳消しダイエット!3週間で5キロ痩せた方法と食材を応用するやり方のまとめ

帳消しダイエットが得する人損する人で取り上げられ、ガンバレルーヤのよしこが3週間で5キロ以上痩せた!帳消しダイエットのやり方は食事メニューに対して太る原因を帳消しにする食材を食べるというものだ。この方法を応用すれば、ラク痩せできる。食事制限で失敗してない?

なぜ、あの人は食べても太らないのか?帳消しダイエットの決定版!

ダイエットの基本は摂取カロリーと消費カロリーの差し引きです。摂取カロリーの方が多ければ太りますし、消費カロリーの方が多ければ痩せます。でも、大量に食べてるのに痩せてる人っていますよね?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。

  • デブ菌:余分な栄養を吸収する
  • 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する

だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!

  • 「私って食べても太らない体質なの…」
  • 「ダイエットのコツ?特にないよ!」

っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。先ほどの水溶性食物繊維ですが、やせ菌などのエサになり、腸内環境を改善するという働きがあります。

痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。ぽっちゃりわがままボディー(笑)の私でも、たった2週間で3.6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。


帳消しダイエット
▶痩せ菌サプリ人気ランキング