血管を若返らせる方法は何?

血管を若返らせる方法は何があるのでしょうか?家光素行医学博士によると、カラダの硬い人は血管が老化して、血管が硬くなっている可能性があります。
血管を若返らせる方法は
600人のカラダの硬さと血管年齢を調べたところ…下記のように5歳も差がありました。

カラダの硬さ 血管年齢
カラダの柔らかい 血管年齢の平均49歳
カラダの硬い 血管年齢の平均54歳

カラダの硬い人は、日頃からカラダを動かしていない可能性が高いのです。習慣的に運動をしていない人は、動脈硬化のリスクが高くなります。だからといって諦める必要はありません。血管は柔らかく若返らせることができるのです。

先生

血管を若返らせることで健康、美肌、スリム体型など多くの女性が手に入れたいものが手に入ります!

ラクトトリペプチドのチーズ

血管を若返らせる食べ物には、ブルーチーズがあります。ブルーチーズには「ラクトトリペプチド」と呼ばれる成分が含まれていて、血管柔軟性や血圧への有効だという研究結果が出ています。

血管を若返らせる食べ物

血管を若返らせる食べ物には、トマト、納豆、酢タマネギ、酢生姜、レモン酢、大豆製品、くるみ、亜麻仁油、えごま油、果物、海藻類、ブロッコリースプラウト、ブルーチーズ、チョコレート、牛乳、ビーツなどがあります。
血管を若返らせる方法は

レモン

皮を下にして絞ると香り成分が多く出て美味しく感じます。

血管を若返らせる食べ物:ビーツ

血管を若返らせる食べ物には、ビーツがあります。ビーツはダイコン系でボルシチに欠かせない食材です。あまり目にすることがないかも知れませんが、真っ赤なその見た目は一度見たら忘れないことでしょう。

なぜビーツが血管を柔らかくするのかというと、ビーツには、硝酸塩(NO3)が含まれていて、この硝酸塩が口の中で一酸化窒素に変えて、それをカラダが吸収して血管が柔らかくなります。硝酸塩の含有量は1370mgで、ホウレン草やセロリの数倍も多いのです。

ビーツには、ベタシアニンというポリフェノールが含まれ、これも血管を柔らかくしてくれます。ベタシアニンは抗酸化作用があり、活性酸素を取り除き、老化を防ぐ効果があります。

血管を若返らせる食べ物:トマト

血管を若返らせる食べ物には、トマトがあります。トマトに含まれるリコピンには高い抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの酸化を抑制するため動脈硬化の予防や改善に期待ができます。

血管を若返らせる食べ物:納豆

血管を若返らせる食べ物には、納豆があります。ナットウキナーゼを夕食後~寝る前に摂取することで、血栓のもととなるたんぱく質を分解してくれるため血液サラサラの効果が期待できます。

また、納豆には、ビタミンKが多く含まれることも特徴的です。他のビタミンに比べ、ビタミンKを含む食品は少ないので、納豆などのビタミンKの多い食品について、下記を参照して積極的に食べるようにしましょう。


血管を若返らせる方法は
▶ビタミンKの多い食品

血管を若返らせる食べ物:酢タマネギ

血管を若返らせる食べ物には、酢タマネギがあります。酢には内臓脂肪の低下効果、血糖値の上昇抑制、血圧の低下などの効果があり、タマネギには「硫化アリル」という血液凝固を遅らせて血栓をできにくくする作用があります。

血管若返りレシピ

この硫化アリルは水に溶けやすく、水にさらすと流れ出てしまいます。でも、タマネギが辛くて苦手だと食べられませんよね?ですので、辛いタマネギの食べやすい血管若返りレシピとして下記があります。

  • オニオンスライス:タマネギをスライスした上に鰹節と生卵の黄身をのせる
  • タマネギドレッシング:タマネギおろし、醤油、酢、オリーブオイル、みりん、塩、コショウを混ぜる

血管を若返らせる食べ物:酢生姜

血管を若返らせる食べ物には、酢生姜があります。しょうがの辛味成分であるジンゲロールには抹消血管を拡張する作用のほか、抗酸化作用があります。

このショウガオールですが、レンチンするだけでショウガに含まれるショーガオールが33倍にアップします。ショウガは刻んだものやすりおろしたものでOKですし、スーパーで売られているチューブタイプでもOKです。

下記の楽痩せダイエットで、ショウガオールを使ったダイエット方法が詳しく書かれていますので、参考にして下さい。


血管を若返らせる方法は
▶楽痩せダイエット

血管を若返らせる食べ物:レモン酢

血管を若返らせる食べ物には、レモン酢があります。レモンにはポリフェノールの一種であるエリオシトリンという成分が含まれ、ビタミンCとともに血管の酸化を防いで血液サラサラ効果や免疫力アップが期待できます。

また、クエン酸には血液の流れを良くします。レモンは皮を一緒に食べると効果的です。レモンのようなビタミンCの多い食品は風邪の予防や美肌対策に効果的でもありますので、下記の特集記事を参照して積極的に食べるようにしましょう。


血管を若返らせる方法は
▶ビタミンCの多い食品

血管を若返らせる食べ物:大豆製品

血管を若返らせる食べ物には、大豆製品があります。レシチンやリノール酸といったコレステロールを分解したり悪玉コレステロールを減らしたりする働きのある成分があります。LDLコレステロール値を下げるには下記の特集記事を参照して下さい。
LDLコレステロール値を下げるには?

血管の柔軟性を維持したり血管内皮細胞に直接作用して一酸化窒素を作る働きがあるイソフラボン、強い抗酸化作用を持つ大豆サポニンなども入っています。大豆はタンパク質の多い食品でもありますので、詳しくは下記を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶タンパク質の多い食品

血管を若返らせる食べ物:くるみ

血管を若返らせる食べ物には、くるみがあります。くるみには、α-リノレン酸、リノール酸、ビタミンE、ポリフェノールなどの血管を若返らせる成分が含まれています。

栄養素 効果
α-リノレン酸 体内で血液サラサラ効果のあるDHA・EPAに変換
リノール酸 悪玉コレステロールの低下作用
ビタミンE、
ポリフェノール
抗酸化物質の作用によって、血液中の悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化するのを防ぐ

オメガ3脂肪酸は、主に青魚やエゴマオイル、アマニオイルなどに多く含まれています。オメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして動脈硬化を防ぎます。これにより脳梗塞や心筋梗塞を予防します。

また、脳内の神経細胞の老化を防ぎ、認知症の予防にも繋がります。クルミは、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。それだけではなく、クルミにはオメガ3脂肪酸が豊富なのです。オメガ3脂肪酸については下記の特集記事を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、下記のような効果があると厚生労働省の「脂質」に関する記事に記載されています。

  • 血中中性脂肪値の低下
  • 不整脈の発生防止
  • 血管内皮細胞の機能改善
  • 血栓生成防止作用等

クルミは、すり潰してパウダー状にすることで、普通に食べるよりもクルミの栄養素を2倍以上吸収することができます。パウダー状にすることで、表面積が増えるために吸収率が上がります。

血管を若返らせる料理

血管を若返らせる料理として、クルミパウダー作り方を下記に示します。

  • むいたクルミをフードプロセッサーに30秒かける

血管を若返らせる方法は
クルミパウダーは、豆乳に入れたり、サラダにかけたり、味噌汁に入れたりと様々な使い方があります。クルミのミネラルとしては、亜鉛、銅、マンガン、マグネシウムのような細胞がきちっと働くためのものが豊富です。

また、ビタミンEやカロテノイドの抗酸化作用で美肌効果が期待できます。クルミには、アミノ酸の一種であるトリプトファンが含まれています。これは、脳内のメラトニンというホルモンの材料で、不眠の改善になります。

それだけでなく、腸内細菌の環境を整えたり、食欲中枢を抑えてくれてダイエット効果も期待できます。腸内フローラを整えるには、乳酸菌サプリがおすすめです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶乳酸菌のランキング

血管を若返らせる食べ物:亜麻仁油、えごま油

血管を若返らせる食べ物には、亜麻仁油、えごま油があります。血管の健康維持に役立つオメガ3脂肪酸のα-リノレン酸が含まれていますが、酸化しやすいのでサラダにかけるなどして早めに使い切りましょう。

血管を若返らせる食べ物:果物

血管を若返らせる食べ物には、果物があります。果物のミネラル分であるカリウムには、高血圧の最大の敵であるナトリウムの排出を助けるという働きがあります。カリウムの多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶カリウムの多い食品

血管を若返らせる食べ物:海藻類

血管を若返らせる食べ物には、海藻類があります。海藻類に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維といってコレステロールを吸着してそのまま排出するので血管が若返ります。水溶性食物繊維の多い食品は、下記の特集記事を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶水溶性食物繊維の多い食品

血管を若返らせる食べ物:ブロッコリースプラウト

血管を若返らせる食べ物には、ブロッコリースプラウトがあります。ブロッコリースプラウトにはスルフォラファンという抗酸化作用のある栄養素が含まれています。

血管を若返らせる食べ物:チョコレート

血管を若返らせる食べ物には、チョコレートがあります。チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、抗酸化作用により活性酸素を抑え、血圧低下や血管を広げる作用が期待できます。
血管を若返らせる方法は

血管を若返らせる食べ物:牛乳

血管を若返らせる食べ物には、牛乳があります。牛乳などに含まれるカルシウムは、血圧を下げるのに必要な栄養素の一つですので不足がないよう摂る必要があります。カルシウムの多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶カルシウムの多い食品

血管を若返らせる食べ物:唐辛子

血管を若返らせる食べ物には、唐辛子があります。カプサイシンによって代謝を上げて痩せやすい身体を作ります。抗酸化作用によって、美肌効果もあります。
カプサイシン
シミ、シワ、肌荒れの解消に役立ちます。老化、喫煙、酸化した食べ物などの影響で活性酸素ができます。この活性酸素をカプサイシンが除去してくれます。美肌を作るには、エステナードリフティという美顔器がおすすめです。


血管を若返らせる方法は
▶エステナードリフティで目の下のたるみ取り

血管若返り飲み物

血管若返り飲み物には、どのようなものがあるのでしょうか?赤ワインのように珍しいものは除くと多くは、お茶が良いとされています。

血管を若返らせるお茶

血管を若返らせるお茶には、緑茶、桑の葉茶、グァバ茶、ウーロン茶などがあります。特に伊藤園に代表されるような緑茶はおすすめですので、下記の特集記事を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶伊藤園のお茶

血管を若返らせる運動

血管を若返らせる運動には、どのようなものがあるのでしょうか?体操やストレッチ、血管しごきなんてものまでありますので、一つずつ試してみて、やりやすいものから続けてみましょう。

血管を若返らせる体操

血管を若返らせる体操というのは、運動すると血管に血液が流れます。そうすることで血管の中の壁から一酸化窒素が作り出されます。それが血管を流れると、痛んだ血管が修復し、血管が広がって血流が良くなります。

血管年齢の若返りゾンビ体操のやり方

血管年齢の若返りゾンビ体操のやり方は下記の通りです。下半身を足踏みしながら、上半身を動かす組み合わせです。

下半身は、かかとを浮かせてつま先でその場で足踏みする

  • その場で1分、足踏み
  • 15秒休憩
  • 上記を3回繰り返す

血管を若返らせるストレッチ

血管を若返らせるストレッチには、どのようなものがあるのでしょうか?ストレッチをすると筋肉が血管を圧迫します。ストレッチをやめるとその圧迫が解放されます。それによって血流が増えます。それが繰り返されることで血管が若返ります。

通常のストレッチは、筋肉をほぐします。これに対し、血管ストレッチは太い血管を柔らかくします。血管ストレッチのポイントは、筋肉と太い血管が多い下半身です。

丁宗鐵医師によると、カラダが硬くなると血管も硬くなります。血管が硬くなるとカラダが硬くなります。この悪循環から抜け出すためには、血管をすぐ柔らかくできないので、カラダを柔らかくするのです。

血管年齢の若返りストレッチ

下半身のストレッチを行うことで、全身の血流改善に繋がります。血管ストレッチは、太もものつけ根、ヒザの裏、ふくらはぎに対して行います。血管ストレッチのやり方は下記の通りです。
血管を若返らせる方法は

ヒザ裏のストレッチのやり方

ヒザの裏にある太い動脈である膝窩動脈を刺激するストレッチです。

  • ストレッチする足を前へ出す
  • 両手をヒザの上に置く
  • 反対側の足を軽く曲げる
  • 腰を落としヒザの裏を伸ばす
  • ヒザの裏が伸びているのを意識する
  • このまま30秒間キープする
  • 左右の足を同様に行う
  • 椅子に座る
  • 片足を伸ばして、つま先を上げる
  • 身体をできる範囲で前に倒す

※1日に2回、朝と晩行うと効果的です。

太もものストレッチ

太ももの前を通る太い動脈である大腿動脈を刺激するストレッチです。

  • 両手、両ヒザをついて座る
  • ストレッチする足を後ろに伸ばす
  • この状態で30秒間キープする
  • 左右の足を両方行う

※ポイントは、呼吸を止めずに足をのばすことです。

上記がツラい場合には、下記を行いましょう。

  • うつ伏せの状態から上半身を起こす
  • 太ももの前が伸びていることを意識する

※1日に2回、朝と晩行うと効果的です。

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎの奥を通る太い動脈である後脛骨動脈を刺激するストレッチです。

  • 立ヒザをついて座る
  • 反対側の足を外側に少し広げる
  • 太ももを胸で押すように身体をゆっくり前へ倒す
  • この時、なるべくカカトを上げない
  • この状態で30秒間キープする
  • 上記を左右の足で両方行う

※1日に2回、朝と晩行うと効果的です。

上山博康医師によると、下半身には人間の筋肉の半分があります。ふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれ、足の筋肉を使うことが老化を防ぐには足腰の弱りが老化の現れなのですごく大切です。

血管を若返らせる血管しごき

年齢と共に硬くなる血管ですが、血管を刺激するとある物質が発生します。血管が広がって柔らかい血管になります。

井上正康医学博士によると、血管を柔らかくする一番大事なのは、動脈に一酸化窒素(NO)というガスを血管の壁で発生させることです。

血管を刺激することで一酸化窒素が発生し、血管の緊張を和らげて拡張します。そうすることで血管が柔らかくなるのです。血管しごきを実践することで、実践前平均170の最高血圧が2週間後には平均150まで下がったという改善効果が確認されています。

手の平にある労宮というツボを押すことで、血流改善・リラックス効果が得られます。合谷というツボを押すことで、頭痛や肩こりの改善効果が得られます。百会というツボを押すことで、頭痛や目の疲労などの改善効果が得られます。

血管しごきのやり方

血管しごきのやり方で、手に対するものは下記の通りです。

  • 両手の指をぐっと合わせてギュッと締め付ける
  • 片方の手を引き抜く
  • 両手を3回ずつ行う

血管しごきのやり方で、腕に対するものは下記の通りです。

  • 手の平を腕に密着させる
  • 手首から肩に向かってしごく
  • 脇の下を掘り起こすように刺激する

血管しごきのやり方で、こめかみに対するものは下記の通りです。

  • 手の平をこめかみに押し付ける
  • イタ気持ちいいくらいの強さでしごく

血管しごきのやり方で、頭のてっぺんに対するものは下記の通りです。

  • 頭のてっぺんに両手をおいてしごく

血管しごきのやり方で、顔のてっぺんに対するものは下記の通りです。

  • 手の平か指先で顔の皮膚をしごく
  • しごく場所は、額、眉、頬、アゴなど顔全体

丁宗鐵石によると、動脈の周辺というのは、動脈だけじゃなくて静脈やリンパ管が豊富に存在しています。血管とリンパ管を一緒にマッサージしていることになりますので、免疫もかなり活性化する効果があります。

血管拡張

姫野友美医師によると、お風呂に入る時に、にがりなどのマグネシウムを入れることですごく血管拡張して血行が良くなるのでポッカポカ暖かくなります。

中山久徳医師によると、有酸素運動では適度な筋肉が鍛えられるとともに内側から血管を刺激することが出来ます。歩幅を広くするなど負荷を意識したウォーキングがおすすめです。これにより、一酸化窒素が血管内皮細胞から放出される効果も高いです。


血管を若返らせる方法は
▶ウォーキング

血管年齢が高い原因

血管年齢が高い原因には、どのようなものがあるのでしょうか?下記のようなものが動脈硬化が進むことで血管年齢が高くなる主な原因です。
血管を若返らせる方法は

  • アルコールの過剰摂取
  • 肉中心の食生活
  • 喫煙
  • 運動不足
  • ストレス
ステロイドは血管をかたくする

これ以外に特例的かも知れませんが、アトピー性皮膚炎などで使われるステロイド剤は血管をかたくするのです。ステロイド剤の危険性については、下記の特集記事を参照して下さい。


血管を若返らせる方法は
▶ステロイド剤

血管年齢が若い

なんといってもすごいのが、この農学博士の血管年齢が若いことです。実年齢よりも20歳以上も若く、とても90歳を越えているようには見えません。これは、魚に血管年齢を若返らせる秘密があるに違いありません。

血管を若返らせるサプリメント

血管を若返らせるサプリメントとしては、ニンニクを始めとした黒い食品がおすすめです。血管年齢を若返らせるとともに免疫力をアップさせて、病気になりにくく、健康的で長生きできるようになります。

血管年齢の若返りにんにくサプリ

血管年齢の若返りにんにくサプリは、多くの種類があります。下記のにんにくサプリの特集記事では、多くのにんにくサプリを比較して最適なものが分かるようになっていますので、参考にしてみて下さい。


血管を若返らせる方法は
▶黒にんにくサプリ

血管を若返らせる方法をもっと知りたい

血管を若返らせる方法をもっと知りたいと思われるなら、下記の特集記事がおすすめです。本記事で記載した内容を越える様々な血管年齢の若返り方法が見つかりますよ!


血管を若返らせる方法は
▶血管年齢を下げる方法

血管を若返らせる方法は?食べ物の料理レシピや運動のストレッチ体操のまとめ

血管を若返らせる方法は、食べ物の料理レシピや飲み物のお茶、運動のストレッチ体操がある。血管を若返らせる方法は他にサプリメントもあるがステロイドは血管をかたくするので注意したい。血管年齢が高い原因に対処して血管が若返り、若い女性のようなぴっちぴちの肌になる?

女性ホルモンと似た働きをするというと大豆イソフラボンがあるが、これは体内でエクオールに変換できる一部の人だけに限られる話です。ですので、エクオールサプリで直接エクオールを摂取することが更年期症状を改善させる近道だと言えるでしょう。


エクオールサプリメント比較おすすめランキング
▶エクオールメント比較おすすめランキング

悪玉コレステロールを減らすには食べ物や運動が重要なカギを握っています。その中でもクルミは世界各国で注目され、多くの研究論文が発表されて医師たちが認める血管若返り効果があるので、積極的に食べるようにしましょう!


悪玉コレステロールを減らすには
▶悪玉コレステロールを減らすには?

悪玉と言われるLDLコレステロールが高いのをチェックするだけでなく、善玉のHDLコレステロールが低い場合もチェックしないとヤバい病気のリスクが高まります。


HDLコレステロールが低いなら善玉を増やす
▶HDLコレステロールが低いなら善玉を増やす!

腰痛持ちだという人の多くが朝起きた時に腰が痛いのに、しばらくすると痛みがなくなるのでなんでだろう?と疑問に思っている場合が多いようです。病気の場合もありますが、それ以外なら体操などの対策法があります。


朝起きると腰が痛い病気
▶朝起きると腰が痛い病気?

血管は若い頃は柔らかくしなやかですが、食生活や生活習慣、老化現象などによって硬くなってしまいます。硬くなった血管は老廃物が溜まり血流が悪化します。血管の老化はカラダの老化と直結し、様々な病気の原因になります。


血管を強くする食べ物や飲み物の発酵食品一覧とレシピ
▶血管を強くする食べ物や飲み物の発酵食品一覧とレシピ

夕方になると足がパンパンになってしまうことが多い足のむくみですが、たかが、むくみと甘く見ていると下肢静脈瘤のような重篤な症状に悩まされることになるかも知れません。むくみの症状が軽いうちに対策を行いましょう!


足のむくみをとる方法で解消が即効
▶足のむくみをとる方法で解消が即効!

毎日の仕事や家事での疲れだけでなく、マラソンや筋トレなどの運動で疲労が溜まってパフォーマンスが向上しない時に、疲労回復サプリメントを使うことで今まで得られなかった最高のパフォーマンスを引き出すことができます。


疲労回復サプリメントのランキング
▶疲労回復メントのランキング

靴を履いて歩くと靴底がすり減りますが、このすり減り方によって歩き方が正しいかどうかが分かります。正しい歩き方をしないとつまずきや転倒の危険が高まるだけでなく、歩いているのに太りやすいという損した気分になるので正しい歩き方を身につけましょう!


歩く速度が速い人と遅い人の正しい歩き方
▶歩く速度が速い人と遅い人の正しい歩き方!

食物繊維の多い食べ物は料理の仕方によって摂取量が全く異なってきます。せっかく食物繊維の多い食べ物を選んでも調理中に水溶性食物繊維が流れ出してしまったらもったいないですよね?


食物繊維の多い食べ物で料理おすすめレシピ
▶食物繊維の多い食べ物で料理おすすめレシピ

食物繊維は便秘解消、コレステロールの抑制、糖尿病の予防、高血圧の予防など生活習慣病やそれに繋がる多くの問題を解決してくれます。ですが、必要量を毎日摂取することは中々難しいので野菜ジュースで補うのも一つの手です。


食物繊維の多い野菜ジュースランキングベスト10
▶食物繊維の多い野菜ジュースランキングベスト10

冷え性というと手足の末端などが冷えるというだけのようなイメージですが、実際には、下痢や便秘、頭痛、生理不順などになるだけでなく、症状が悪化すると動脈硬化や脳梗塞、がんなどの生活習慣病のリスクまで高まります。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶冷え性対策の食べ物や飲み物

肩や肩甲骨周りのストレッチを行うことで慢性的な肩こり、猫背、眼精疲労、スタイルの悪化などを解消することができます。しかも、椅子に座ったり、寝たまま行えるストレッチが数多いので、誰でも簡単に行えますよ!


肩甲骨ストレッチ体操で肩こり解消
▶肩甲骨ストレッチ体操で肩こり解消

妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるから通常時とは食事の重要度が異なります。風邪やインフルエンザに感染してしまった場合でも薬を使ったいいのかどうかすら困ってしまうくらいなのです。妊娠中に何が良くて何がダメなのか、下記の特集記事を参照して下さい。


妊娠中の薬や運転時のシートベルト
▶妊娠中の薬や運転時のシートベルト

食べ物などから摂取した糖質や脂質がエネルギーとして消費されないと中性脂肪として肝臓に蓄積されて行き、脂肪肝になります。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、脂肪肝になっても症状が出ないので、脂肪性肝炎、肝硬変、肝がんになって自覚症状が出た時にはもう遅いのです。下記の特集記事を参照して脂肪肝のうちに治しましょう!


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶脂肪肝が治る運動や食事レシピ

糖質の摂り過ぎによって血糖値が高い高血糖の状態が続くと2型糖尿病を発症し、それでも生活習慣を改めないと、状態が悪化して、合併症として、脳梗塞や心筋梗塞、がんなどの生活習慣病を引き起こします。ですので、下記の血糖値を下げる方法を参考に高血糖にならないように気をつけて下さい。


血糖値を下げる方法
▶血糖値を下げる方法

普段の血糖値は正常値であっても、食後に急激な血糖値の急上昇から急下降が起こる血糖値スパイクは中年太りの男性だけでなく、若い女性にも増加しているという調査結果が出ています。生活習慣病を招く血糖値スパイクの予防については、下記の特集記事を参照して下さい。


血糖値スパイクの予防
▶血糖値スパイクの予防