冷え性とは?

冷え性とは、どのようなものをいうのでしょうか?手足の冷え、指先、足先などの末端冷え性、低体温をイメージしますが、それだけではなく、下痢や便秘、頭痛、生理不順なども冷え性による症状なのです。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
気温が低く寒い時期はもちろんのこと夏でもクーラーで冷やされた室内で寒くてツライ思いをしていませんか?周りの人たちより明らかに着こんでいるのに寒いなら冷え性対策が必要です!

温かい靴下や手袋、マフラーなどでカラダを冷やさないことは当然として、食べ物や飲み物、運動によって冷え性を改善することができます。どのようなものが、カラダを芯から温めてくれるのでしょうか?

ダイエット先生ダイエット先生

たかが冷えと侮っていると血流や代謝の悪化によって太りやすくなり健康も害するので対策を打ちましょう!

冷え性対策とは?

冷え性対策とは、どのようなものがあるのでしょうか?日本人女性のおよそ7割が冷え性に悩んでいます。カラダが冷えると血流が悪くなり免疫力が低下します。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
冷え性を放置すると、動脈硬化や脳梗塞、がんなどの生活習慣病のリスクを高めます。冷えに関する本を60冊以上も執筆し、2万人以上の冷え性の患者を診察してきた川嶋朗医師が、冷え性に効く食べ物を教えてくれます。

たかが冷え性と思っていると大きな病気の引き金になりかねません。川嶋朗医師が行った体温と免疫力の関係を調査によると、体温が1℃下がると免疫力は30%ダウンします。

ですので、冷え性を放置すれば、免疫力の低下に繋がり、病気にかかりやすいカラダになってしまうのです。冷え性で手袋や厚着をしても、全然冷え性が治らない女性は多いのですが、外側から温めるのも大切ではありますが、それだけでは冷え性の改善にはなりません。

カラダの内側から温めることが、もっと大切なのです。カラダの内側から温めるためには血流を良くする必要があります。血流改善の効果が期待できる成分は大きく2つあります。

血流改善成分 効果
ナイアシン 血管を広げる
β-グルカン 血液をサラサラにする

冷え性対策の栄養素であるナイアシンの多い食品には、どのようなものがあるのでしょうか?ナイアシンを含む食べ物については、下記に特集記事を書いていますので、そちらを参照して下さい。


三大栄養素でダイエット
▶ナイアシンの多い食品

β-グルカンの多い食品としては、まいたけ、しいたけ、エリンギ、なめこ、ひらたけ、パンの酵母、オーツ麦、大麦などがあります。

冷え性対策の食べ物

冷え性対策の食べ物として、このナイアシンとβ-グルカンの両方が含まれている食材というのが、マイタケです。血管を広げてくれるナイアシンは、キノコ類に多く含まれています。

ナイアシンが多く含まれるキノコ類の100gあたりのナイアシン量とβ-グルカン量は下記の通りです。

食品 ナイアシン β-グルカン
マイタケ 9.1mg 2.3mg
えのきたけ 6.8mg 0.24mg
ぶなしめじ 6.6mg 1.8mg

では、マイタケは1日どれくらい食べれば良いのでしょうか?マイタケを1日に100g程度が目安量です。この食材は冷え性の予防・改善だけでなく、脂肪を分解する効果も期待できます。ですので、ダイエット食材として人気が高いのです。

このレシピを教えてくれるのは、管理栄養士の望月理恵子さんです。

マイタケとミョウガのかき揚げのレシピ

ミョウガには、ミョウガジアールという辛み成分が含まれていて、この成分が血流を良くしてくれます。血液をサラサラにする脂溶性のβ-グルカンは、油で調理すると吸収率が高まります。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

材料
  • マイタケ:100g
  • ミョウガ:20g
  • タマネギ:30g
  • 水:適量
  • てんぷら粉:適量
  • 揚げ油:適量
作り方
  • ミョウガとマイタケを細かく刻む
  • てんぷら粉につけ
  • 180℃のサラダ油で3分程度、揚げる

血流を良くすることは、血管の老化を防ぐことにも繋がります。血管が硬くしなやかさが失われてしまうと血流が悪化し、カラダは内側から老化して行きます。血管を若返らせる方法は下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶血管を若返らせる方法は?

マイタケの具だくさん味噌汁のレシピ

みそのような発酵食品は、体温を上げる働きがあります。これは特にレシピを書く必要はありませんね。味噌汁を作る時にマイタケを刻んで入れればいいだけです。

発酵食品に多く含まれているのが乳酸菌です。しかも、牛乳から作られたヨーグルトのような動物性ではなく、植物性乳酸菌で量と種類が豊富です。

乳酸菌は小腸に多く存在する善玉菌で、便秘解消に良いと思われがちですが、小腸のメインの働きは免疫力アップなので風邪やインフルエンザの予防、アレルギー症状の改善に役立つのです。

便秘解消なら大腸に多く存在するビフィズス菌を摂取する方が効果的です。なぜなら、大腸の善玉菌の99.9%がビフィズス菌だからです。

で、話を乳酸菌に戻しますが、毎日の食事から乳酸菌を摂取しているつもりでも、実際は量が全然足りておらず、腸内の種類との相性も一致できていないので効果が感じられないのです。

ですので、乳酸菌の量と種類を兼ね備えた乳酸菌サプリが必要となってきます。この乳酸菌サプリを摂取することで、小腸の腸内環境が改善され、免疫力アップとアレルギー症状の改善に役立ちます。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶乳酸菌のランキング

カラダが温まる食品のその差とは?

食品医学研究所の平柳要医学博士によると、ショウガが一番カラダを温めるそうです。但し、ショウガはどんな食べ方をしてもカラダを温めるわけではありません。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
料理とカラダの温まり方は下記の通りです。温かいものを食べているので、全く温まらないというものはありません。ショウガのカラダを温める効果が高まるものはどれかというものです。

ショウガでカラダが温まるのは、ショウガオールによって、お腹周りの血流を高め持続的にカラダを温めます。但し、ショウガオールは生のショウガには、ほとんど含まれていません。

血流を改善することで血管年齢を下げる効果も期待できます。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶血管年齢を下げる方法

ショウガオールを引き出す条件

ショウガオールを引き出す条件には、下記の2点が必要です。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

  • 100℃程度で加熱
  • 30分程度じっくり加熱

下記で温まり方が×になっている料理も、後ほど説明するウルトラ蒸しショウガを使えばカラダを温める料理に生まれ変わります。

料理名 調理法 温まり方 NG理由
ショウガ湯 おろしショウガを生のまま × 100℃に達していない
ショウガ焼き おろしショウガを焼く × 100℃をはるかに超える高温で加熱して、ショウガオールが壊れる
厚揚げ おろしショウガを生のまま × 100℃に達していない
炊き込みご飯 千切りショウガを炊く 100℃近い温度で30分ほど加熱される
イワシ煮付け スライスしたショウガを煮る × 00℃ほどでじっくり加熱しているが、ショウガオールが汁に溶け出してしまう

ショウガオールを最大限引き出す方法

ショウガオールを最大限引き出す方法は、ウルトラ蒸しショウガです。これによって、炊き込みご飯よりも多くのショウガオールを引き出せます。

ウルトラ蒸しショウガの作り方

ウルトラ蒸しショウガの作り方は、下記の通りです。

  • ショウガを皮が付いたまま厚さ2mm程度にスライスする
  • 重ならないように並べ30分蒸す
  • 天日なら1日、室内なら7日干す

ショウガオールについては、下記の特集記事でさらに詳しく説明していますので、参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶ショウガオールで楽痩せダイエット

ウルトラ蒸しショウガを下記に使えば、カラダを温める効果が得られます。

  • 厚揚げ:細かく刻んでのせる
  • ショウガ湯:粉にして、湯に入れる
  • サラダ:細かく刻んでトッピング
  • 味噌汁:細かく刻んで入れる

冷え性対策の飲み物

冷え性対策の飲み物には、ココア、ほうじ茶、ルイボスティー、ショウガ湯などがあります。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

体を温める飲み物のココア

体を温める飲み物のココアに含まれるテオブロミンは、末梢の血管を拡張する効果があるといわれており、血流を良くします。 体温を上げる、血圧を下げるほか、ポリフェノールが豊富なため美肌やダイエットにも効果が高いといわれています。

自律神経を整え、リラックス作用もありますから、良質な睡眠を得るためにも使えますね!睡眠不足はお肌に悪いだけでなく、様々な病気の原因なります。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶睡眠不足解消法

体を温める飲み物ほうじ茶

体を温める飲み物のほうじ茶は、お茶の葉を発酵させたものでピラジンという成分が含まれているため、血液のめぐりを促進して、身体を温めてくれます。またカフェインも少ないのでリラックス効果もあります。

体を温める飲み物でノンカフェイン

体を温める飲み物でノンカフェインのものとしては、そば茶、ごぼう茶、ルイボスティー、黒豆茶、しょうが湯などがあります。

体を温める飲み物のそば茶

体を温める飲み物のそば茶には、ルチンという栄養素が含まれ、毛細血管を強くする働きがあります。

体を温める飲み物のごぼう茶

体を温める飲み物のごぼう茶に含まれるサポニンという成分は、血流改善効果があり、血液がさらさらになるので手足の先まで血行がよくなり冷え性が改善されます。また、食物繊維が豊富なので便秘解消にも役立ちます。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶食物繊維の多い食品

体を温める飲み物のルイボスティー

体を温める飲み物のルイボスティーは、5分以上沸騰させることで抗酸化作用を最大化させて、アンチエイジング効果もあり、カラダを芯から温めてくれます。

体を温める飲み物の黒豆茶

体を温める飲み物の黒豆茶には、アントシアニンというポリフェノールが含まれ、貧血予防、血行促進作用、血圧を下げる効果があります。また、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンも豊富です。

体を温める飲み物ではない麦茶

体を温める飲み物ではない麦茶は、発酵させていないお茶なので温めて飲んだとしても、飲んでもその場だけ口と喉と胃が暖まるだけで芯から温まるわけではありません。

体の芯から温まる飲み物

体を温める飲み物で重要なのは飲み物の温度が高くて一時的に温かいと感じるものではなくて、体の芯から温まる飲み物かどうかです。身体の芯が温まるということは、飲み終わった後も暖かさが継続するということです。

体を温める飲み物のレシピでしょうが湯

体を温める飲み物のレシピでしょうが湯は、単にショウガをすりおろしたものを湯に入れるだけでは効果は薄く、ウルトラ蒸しショウガを使用することがポイントです。体を温める効果が持続するのは、ショウガオールのチカラですからね!

温かい飲み物の効果

温かい飲み物の効果で痩せるというのは、一時的に口と喉と胃が温まるというのではなく、体の芯から温まる飲み物を飲んだ場合の話です。もし、温かい飲み物なら体が温まると思い込んでいると逆効果になる危険性があります。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

温かい飲み物で逆効果

温かい飲み物で逆効果になるのは、飲んだ際に舌にある神経で熱さを察知し、体は体温調節のために汗をかきます。汗をかいて体温を下げようとするので体が冷えてしまいます。飲み物の温度という意味では常温のものがベストです。

温かい飲み物で代謝アップ

温かい飲み物で代謝アップというのは、冷たい飲み物を飲み過ぎると内臓の温度が下がり、基礎代謝も低下します。逆に温かい飲み物であれば内臓も温まるのですが、これは一時的なので体の芯から温まる飲み物を選ぶと良いでしょう。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

温かい飲み物で落ち着く

寒い時に温かい飲み物を飲むとホッと落ち着くのですが、これは体温と心理的な温かさは関係するというもので、脳の同じ部分で体が温まると心も温かいと感じるという説があります。もちろん、熱過ぎるのはダメですよ!

温かい飲み物の飲み過ぎ

何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しといいます。温かい飲み物だから飲み過ぎが良くないのではなく、何でも飲み過ぎは良くありません。水ですら致死量がありますからね!また、単に温かいだけの飲み物では体を冷やすし、熱過ぎる飲み物はマイナス効果が大きいです。

冷え性対策の運動

冷え性対策の運動として、冷え性を治すストレッチと体の中で大きな筋肉が集まる下半身を鍛えることができるスクワットがおすすめです。スクワットについては、下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶スクワット正しいフォームのやり方

冷え性を治すストレッチ

冷え性を治すストレッチのやり方は、下記の通りです。この指組みをやると、指先にある毛細血管のよじれが修正できて指先の方まで血流が行くので、冷え性の改善に繋がります。

  • 指の第一関節を外側から組む
  • 生卵を包むイメージで組んだ手を丸める
  • 上記を1分程度続ける
  • 1日の回数は制限なく、冷えを感じた時に行う

指先は血流の折り返し地点なので、指先を刺激することで指先だけでなく全身の血のめぐりが良くなります。

冷え性対策で男性

冷え性対策で男性におすすめなのは、何といっても筋トレです。女性に比べて筋肉がつきやすく、筋肉がついてゴツゴツになったとしても何の問題もないですから、まずはプランクから始めてみましょう。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶プランクで痩せた

冷え性対策のグッズ

冷え性対策のグッズには、下記のようなものがありますので、好みの合わせて選んでみましょう。

  • ベッドルームアスレチクス ルームブーツ マリリン
  • 極暖 足が出せるロングカバー
  • 冷えとり シルク ウール 靴下 ボーダー柄 4足セット
  • プラスマイナスゼロ ミニ セラミックファンヒーター
  • シエルスラン シルク&コットン二重編みレッグウォーマー
  • モグ トゥーウォーマー
  • おかえり足のおうち
  • 背もたれ付き低反発ぬくもりクッション あったか座椅子
  • ルルドふわポカエリア ホットカーペット 一人用
  • 骨盤ゆたんぽ よもにん
冷え性対策のグッズプレゼント

冷え性対策のグッズプレゼントに選ぶなら下記のようなものが良いでしょう。

  • サウナスーツ
  • 腹巻
  • ももひき
  • ネックウォーマー
  • 芯からあったまる葛湯

冷え性対策の靴下

冷え性対策の靴下には、下記のようなものがあります。ただし、寝る時に靴下を履くと、足裏の汗が体温を吸収して外に逃がしてしまい、足先の血行不良から、代謝が悪くなるので脱いで寝ましょう。

  • kasane lab. シルクとコットンの重ね履きくつした
  • 千代治のくつ下 冷えとり靴下
  • くらしきぬ 冷えとり靴下
  • kasane lab. シルクとコットンのお手軽冷えとり
  • 日本製靴下アップル 冷え取り靴下ハーフ
  • くらしきぬ くらしきぬの冷えとり靴下
  • 千代治のくつ下 シルクソックス

冷え取り健康法とは

冷え取り健康法とは、元医師の進藤義晴先生が提唱している健康法のことです。冷えこそがすべての病気の原因であると考え衣・食・住・息・動・想(心)の生活・環境すべてにわたって冷えをとるという考え方の健康法です。

冷え取り健康法のやり方

絹5本指靴下→綿orウール5本指靴下→絹の先丸靴下→綿orウールの先丸靴下という順番で靴下を重ね履きします。下半身を温めることで冷えがなくなり体が健康になるという冷えとり健康法の1つです。

冷え取り健康法のシューズやパンプス

冷え取り健康法のシューズやパンプスとしては、下記のようなものがあります。

  • ラウンドトゥボタンカジュアルシューズ
  • くしゅくしゅアンクルブーツ
  • やわらかコインローファー
  • ラウンドトゥヒールパンプス
  • ローファーおでこベルトシューズ

冷え性の漢方薬

冷え性の漢方薬には、下記のようなものがあります。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

  • 当帰芍薬散:冷えとむくみ
  • 加味逍遥散:ホルモンバランスの乱れや自律神経失調症などが影響する冷え
  • 桂枝茯苓丸:全身循環を改善し、血液をサラサラにしながら冷えを解消
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯:末端の冷えがあり、しもやけなどの症状
  • 柴胡桂枝乾姜湯:身体を温めながら、自律神経の乱れも整える
自律神経で冷え性の漢方薬

自律神経で冷え性の漢方薬としては、柴胡桂枝乾姜湯が適しています。精神的に落ち込みやすいなどの場合にこの漢方薬を使用することで、自律神経が整うので、眠りの改善にも役立ちます。

自律神経は、胃や腸の働きや心臓の拍動、代謝や体温の調節などを行っています。興奮しているときに優位になる交感神経とリラックスしているときに優位になる副交感神経の二つの状態があります。

冷え性自律神経改善

冷え性自律神経改善としては、そのタイミングによって、異なったケアを行うと良いでしょう。

  • 朝:踏み台昇降のような簡単な運動
  • 昼:目元をホッとタオルで温め
  • 夜:浴槽に浸かり首を温める

冷え性改善の食事

冷え性改善の食事としては、ビタミンAとビタミンEが含まれるニンジン、食物繊維が豊富なゴボウ、ビタミン・ミネラル・食物繊維が含まれるワカメ、クエン酸を含む梅干し、そして何度も出て来るショウガを取り入れると冷え性改善に繋がります。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
ビタミンAは、健康な血を作る働きがあります。ビタミンAは眼にも良いビタミンとして有名ですね。ビタミンAの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶ビタミンAの多い食品

ビタミンEは血行をよくする働きがあります。がんや生活習慣病の予防、認知症予防にも効果があり、アンチエイジングのビタミンとも呼ばれています。ビタミンEの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶ビタミンEの多い食品

食物繊維は、血行をよくし、腸内環境を整えてうんちと一緒に老廃物を排出してくれます。毒素が溜まっていると代謝が落ちて冷え性の原因になるので、水溶性と不溶性の食物繊維をバランス良く食べるようにしましょう。

手足の冷え対策

手足の冷え対策を考える時に、指先が冷えているということは、足先も冷えています。なぜならば、体の冷えというのは下半身から上半身に上がって来るのが一般的だからです。

冷え性対策で足

冷え性対策で足は、最も先に行わなければなりません。足は冷えていても寒いというのはありますが、指先に比べると何が作業をする時に使うことが少ないので後回しにされがちです。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

足が冷える

ですが、全身の筋肉の半分以上を占めている足が冷えるということは、単純に代謝が半減すると考えられます。冷えると血行が悪化し、更に冷えを加速して、どんどん体が冷たくなって行きます。

末端冷え性とは?

末端冷え性とは、体温はそれほど低くないのに、手足など体の末端まで血液が行き届かず血行が悪くなって、指先や足先が冷えている状態です。血流が悪化すると血管の老化にも繋がります。

指先の冷え対策

指先の冷え対策には、手湯、手の運動、マッサージ、首や肩を温める、早足で歩くなどとともに手袋などで温めるというものがあります。手袋をするとキーボードが打てないという場合には、指先が出る手袋がおすすめです。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

足先の冷え解消

足先の冷え解消としては、足湯や足首のストレッチ、足のツボ、足のマッサージなどがあります。足湯は分かるでしょうから、それ以外について見て行きましょう。

足首のストレッチ

足首のストレッチのやり方は下記の通りです。

  • 椅子に座り、左足を右のももの上にのせる
  • 足の裏側から左足の指の間に右手の指を入れて足全体をつかむ
  • グルグルと足首を回す
  • 左回りで10回、右回りを10回行う
  • 右足も同様に行う
足のツボ

足のツボとしては、下記が冷え性改善に役立ちます。
冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下

ツボ 場所
合谷 手の人差し指と親指の付け根、骨と骨の間
太谿 内くるぶしとアキレス腱の間
足のマッサージ

足のマッサージは、足の甲をマッサージしてリンパを流すというものです。

  • 足を両手で左右から包み込むように持つ
  • 親指で、足の指の骨の間をほぐす
  • 足首の方から足先に向かってマッサージする

冷えと便秘の関係

冷えと便秘の関係は、体が冷えると血の巡りが悪くなり、お腹も冷えて、大腸もスムーズに働かず、便を排出しにくくなってしまいます。お腹を中心に体を温めるとともに大腸の腸内環境を改善する必要があります。

大腸の腸内にいる善玉菌の99.9%はビフィズス菌ですので、下記の特集記事を参考にビフィズス菌サプリを摂取すると便秘解消にはとても効果的です。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶ビフィズス菌で便秘解消

急な冷えで脳卒中

急な冷えで脳卒中になる危険性が高まるのは、温かいところから寒いところに移動することによって、急激に血圧が上がり、脳卒中や不整脈などの症状が出やすくなるからです。高血圧で悩んでいる場合には、下記の特集記事を参考に対策を打ちましょう。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶高血圧を解消する方法

冷え性の原因

冷え性の原因としては、代謝が悪いや血流が悪いなどが冷えにもつながるわけですが、ではそういったことが起こる根本的な問題は何なのでしょうか?冷えの根本的な原因として大きく3つのことが挙げられます。

  • 過度のストレス
  • 背骨・骨盤のゆがみ
  • 腸内環境の乱れ

適度なストレスであれば生活に張りを与えてくれるので良いのですが、過度なストレスになってしまうと心身を痛めつけて、過食食や拒食症だけでなく様々な病気を引き起こします。ストレスで痩せると言う場合には、下記の特集記事を参考にして下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶ストレスで痩せる

骨盤のゆがみは普通に生活している中では気づきにくいものですので、骨盤のゆがみで体の冷えを感じたり、太りやすくなったりすることで間接的に気づく可能性があるくらいです。骨盤のゆがみを矯正するには、下記の特集記事が参考になります。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶骨盤矯正

腸内環境の乱れは、大腸に起こると便秘になりやすくなり、小腸に起こると免疫力が低下して風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、アレルギー症状に悩まされるようになります。小腸の腸内環境を整えるには、小腸に多く存在する善玉菌を摂取する必要があります。

大腸の善玉菌はビフィズス菌でしたが、小腸の善玉菌は乳酸菌です。この乳酸菌はヨーグルトやキムチなどにも含まれていますが、自分の腸内に合う乳酸菌を必要な量摂取するのは食べ物では難しいので、乳酸菌サプリを摂ると良いでしょう。

冷え症と冷え性の違い

ところで、冷え症と冷え性の違いを分かっていますでしょうか?冷え症とは、自律神経系の乱れからくる血管障害のことを言い、手足や腰、腹部など、特定の部位に極度の冷えを生じる症状をいいます。

冷え性は、睡眠や食生活、運動不足など、生活習慣の乱れにより、身体の特定の部位に冷えを感じる症状をいいます。冷え性の方が軽く、冷え症は重度なのですが、一般的にはどちらも同じように使われます。

冷え性改善法にはどのようなものがある?

冷え性改善法にはどのようなものがあるのでしょうか?この記事でも様々な冷え性対策を説明してきましたが、これ以外にも冷え性改善法は存在しますので、下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶冷え性改善法

冷え性で太る

これまでに説明したきたように冷え性になってしまうと血行が悪化して、代謝も落ち太る原因になります。熱を生み出し、放出していればエネルギーが使われるのでイメージがつきやすいかと思います。冷え性不眠で太るという特集記事は下記を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶冷え性不眠は太る

体温が1度下がると、基礎代謝が10~12%減ります。逆に、体温が1度上昇すると、基礎代謝が10~12%上昇します。ですので、体温が下がると太り、体温が上がると痩せる傾向になるのです。

冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下!指先と足先の末端を温めるのまとめ

冷え性対策で指先と足先の末端を温めるには食べ物や飲み物、漢方、運動以外に靴下などのグッズもある。冷え症と冷え性の違いを知り便秘の原因になる自律神経改善を行い手足の冷え性を治すにはどうすれば良いのか?急な冷えで脳卒中を起こす前に冷え取り健康法を実践しよう!

置き換えダイエットというと、フルーツ青汁や酵素ドリンク、プロテインなど色々ありますが、その多くが若い女性用のものばかりで、中年太りに悩む30代や40代女性向けが少ないのです。そこで、40代の開発者が作り上げたのがヨガフルーツスムージーというアラフォー女性向けの栄養機能食品です。


ヨガフルーツスムージーは効果なし口コミは嘘
▶ヨガフルーツスムージーは効果なし口コミは嘘!

薄毛というと脂ぎったおっさんのイメージが強かったのですが、色んな意味で女性の男性化が進んだ現代においては、20代の若い女性までもが薄毛に悩んでいます。ただし、女性の薄毛は男性と違い抜け毛よりも毛髪が細くなるという特徴があります。


女性の薄毛対策治療は治る克服スレ
▶女性の薄毛対策治療は治る克服スレ

スギ花粉を中心に日本人の多くが苦しんでいる花粉症ですが、食べ物や飲み物などで体質改善を行い、基本的な対策を徹底的に行うことで、薬に頼らずとも症状をかなり軽減することが可能です。


花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング
▶花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング

夕方になると足がパンパンになってしまうことが多い足のむくみですが、たかが、むくみと甘く見ていると下肢静脈瘤のような重篤な症状に悩まされることになるかも知れません。むくみの症状が軽いうちに対策を行いましょう!


足のむくみをとる方法で解消が即効
▶足のむくみをとる方法で解消が即効!

風邪やインフルエンザ、アレルギー症状などで鼻水が止まらない場合には、原因別に対処法を選択する必要があります。ハウスダストが原因なのに風邪薬を飲んでも意味ないですからね!


鼻水が止まらない原因別対処法
▶鼻水が止まらない原因別対処法!

靴を履いて歩くと靴底がすり減りますが、このすり減り方によって歩き方が正しいかどうかが分かります。正しい歩き方をしないとつまずきや転倒の危険が高まるだけでなく、歩いているのに太りやすいという損した気分になるので正しい歩き方を身につけましょう!


歩く速度が速い人と遅い人の正しい歩き方
▶歩く速度が速い人と遅い人の正しい歩き方!

冷え性を改善するサプリ

冷え性になるのは血流が悪化して代謝が落ち、腸内環境が乱れるからです。血流が良く、代謝が良い女性は、腸内環境が良く、食べたそばから代謝してしまうので、食べても太らない体質になっています。

このような背景があるから、たくさん食べても痩せている人の腸内には痩せ菌が多く、少ししか食べなくても太っている人の腸内にはデブ菌が多いのです。

この痩せ菌とデブ菌は、医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されるほど注目を集めている信頼度の高いものです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


冷え性対策の食べ物や飲み物、運動に靴下
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング