えっ肝臓を温めるだけで痩せるの?

肝臓を温めるという単純で簡単な行為を行うだけで、ダイエット効果を得られて誰でも痩せられるというのだから驚きですよね!今までやっていた辛く苦しいダイエットが馬鹿らしくなって来ることでしょう。
肝臓を温める
でも、肝臓を温めると何でダイエット出来るんだろう。そして、肝臓を温めるって具体的にどうやって温めたらいいんだろう。そんな疑問に分かり易く回答して行きますね♪

ダイエット先生ダイエット先生

肝臓は解毒や代謝に大きく関わる重要な臓器です。

肝臓を温めるとどうなる?

肝臓を正しく温めることによって、誰でも簡単にダイエット効果が得られて痩せることが出来ます。しかも、無理・無茶なダイエット方法ではないので、リバウンドの心配がないのも魅力の一つです。
肝臓を温める
肝臓を温めるダイエットは、今まで極端な食事制限やストイックな運動を行って、一時的には痩せたけど、その後にリバウンドして太ってしまったというような女性に最適なダイエット方法です。

ダイエット先生ダイエット先生

肝臓を温めることで老廃物が排出されるので健康的にダイエットが可能です。

肝臓を温めるだけの簡単ダイエットとは?

肝臓を温めるだけで簡単にダイエット出来るというけれど、何で肝臓を温めるとダイエット出来るのか?疑問に思いますよね!そんなアナタの疑問にお答えする為にまずは、肝臓について簡単に説明します。
肝臓を温める
肝臓は横隔膜の直下にあり、腹部の右上を占拠し、一部分は左上腹部にも侵略するほど大きく臓器の中で最大のものです。また、「沈黙の臓器」と呼ばれる程、重症になるまで症状が表れないことも特徴の一つです。

肝臓では、エネルギー代謝や解毒作用、アルコール分解、胆汁の分泌などを含め500程度の働きがあり、体内エネルギーの三分の一を消費するほど、働き者なのです。体の疲れや肌のくすみを感じたら、肝臓が弱っていると考えましょう。

肝臓を温める効果

肝臓を温める効果には、基礎代謝、デトックス、疲れにくくなる、安眠、二日酔い改善などがあります。それぞれについて見て行きましょう。

肝臓を温める効果1:基礎代謝

肝臓を温めることによる効果の第1は、基礎代謝の向上です。基礎代謝をアップさせることはダイエットの基本でもありますね。肝臓を温めることで基礎代謝も向上させられるのです。

肝臓を温めることにより、血行が良くなり、肝臓への血流量が増えて肝臓の働きが高まり、基礎代謝でエネルギーを多く使う肝臓が働くことにより基礎代謝が高まります。基礎代謝とダイエットについては下記の特集記事を参照して下さい。


基礎代謝とダイエット!下記画像を今すぐタップ♪

肝臓を温める


肝臓を温める効果2:デトックス

肝臓を温めることによる効果の第2は、デトックスについてです。肝臓には解毒作用があり、カラダの中にある老廃物を排出する効果が高まることと、基礎代謝が向上することによって、体温が上昇し、胃腸の働きも活発になることが理由です。

肝臓を温めることによって、デトックス効果が得られますが、デトックスをするということはダイエットにも繋がります。カラダの中に老廃物が溜まっていれば代謝が悪く脂肪が落ちにくいからです。

肝臓を温める効果3:疲れにくくなる

肝臓を温めることによる効果の第3は、疲れにくくなることです。肝臓を温めることによって、代謝が上がり、カラダに十分な栄養を吸収できるようになります。それとともに有害物質の排出も行われます。

ですので、肝臓を温めることによって、肝臓の機能が高まり、疲労感や倦怠感というものを感じることが少なく、疲れにくいカラダになれるのです。有害物質によるカラダへの悪影響については、下記の特集記事を参照して下さい。

肝臓を温める効果4:安眠

肝臓を温めることによる効果の第4は、安眠についてです。肝臓が弱かったり、悪かったりすると眠りに中々つけなかったり、睡眠が浅く質が悪いことが多く、寝ても疲労感が全く抜けず、スッキリしない状態で昼間も眠いままだったりします。

肝臓がこのような状態ですとカラダの冷えやイライラそして胃腸などの機能低下にも繋がります。まさに悪循環ですね!肝臓を温めて活性化させることでカラダが元気になり、安眠することが出来ます。安眠とダイエットについては下記の特集記事を参照して下さい。

肝臓を温める効果5:二日酔い改善

肝臓を温めることによる効果の第5は、二日酔いの改善です。肝臓を温めることによって、肝臓の機能か活性化してアルコールの分解を促進することが可能です。

飲み過ぎたり、肝臓の機能が弱っていたりして、アルコールを分解できないと二日酔いの原因であるアセトアルデヒドという有害物質がカラダに残って吐き気や頭痛というような二日酔い症状が出るのです。お酒とダイエットについては、下記の特集記事を参照して下さい。


お酒とダイエット!下記画像を今すぐタップ♪

肝臓を温める


肝臓を温める効果6:美肌効果

肝臓を温めることによる効果の第6は、美肌効果です。肝臓が元気であればグルタチオンという成分を合成して、美白効果がある肌色メラニンを生成して、お肌を白くしてくれます。美肌、小顔効果を得たいなら下記の美顔器がおすすめです。


肝臓を温める
▶エステナードリフティ!

肝臓を温める方法

肝臓を温める方法には、半身浴、シャワー、ドライヤー、湯たんぽ、使い捨てカイロ、手当、こんにゃく湿布、ホッとタオル、マッサージ、腹巻、呼吸、岩盤浴などがあります。それぞれについて見て行きましょう

肝臓を温める方法1:半身浴

肝臓を温める方法の第1は、半身浴です。半身浴では、通常より少ない湯量で40度前後のぬるめのお湯に20分程度、ゆっくり浸かり汗をじわじわとかくというものです。

この半身浴を行っている時に、右腹の少し上部分をマッサージすることにより、肝臓を温める効果がアップして、ダイエット効果がアップします。半身浴については、下記の特集記事を参照して下さい。

肝臓を温める方法2:シャワー

肝臓を温める方法の第2は、シャワーです。半身浴をするには、ちょっと時間がないと言う場合には、このシャワーで肝臓を温めると言う方法が良いでしょう。

シャワーで肝臓を温める場合には、右腹の少し上部分にシャワーをかけるようにします。シャワーの温度は熱めの温度の方が効果的です。シャワーとダイエットについては、下記の特集記事を参照して下さい。


シャワーとダイエット!下記画像を今すぐタップ♪

肝臓を温める


肝臓を温める方法3:ドライヤー

肝臓を温める方法の第3は、ドライヤーです。半身浴やシャワーすら時間がないと言う場合には、ドライヤーで肝臓を温めるという方法があります。これなら、裸にならなくても出来るので手軽ですね!

ドライヤーで肝臓を温める場合にも右腹の少し上部分に温風をかけるようにします。ずっと同じ場所に温風を当て続けると低温やけどの危険があるので、気をつけて下さい。

肝臓を温める方法4:湯たんぽ

肝臓を温める方法の第4は、湯たんぽです。寒い季節に布団の中に入れた湯たんぽは、とってもぬくぬくで気持ちいいですよね!湯たんぽがないと眠れないという女性も多いかと思います。

この湯たんぽですが、肝臓を温める道具としても有効活用できます。肝臓のように大きな臓器を温めると血液が温まりカラダ全身が温まるので、冷えの防止にもなります。但し、ドライヤー同様に低温やけどには十分に注意して下さい。

肝臓を温める方法5:使い捨てカイロ

肝臓を温める方法の第5は、使い捨てカイロです。肝臓を一日中温めることが出来る便利なアイテムが、使い捨てカイロです。寒い冬には、使い捨てカイロが手放せないという女性も多いことでしょう。

しかも、使い捨てカイロには貼るタイプのものがあり、下着に貼り付けることが可能なのでとっても便利です。肝臓を温める場合には、右腹の少し上部分に貼り付けましょう。これも低温やけどには十分に注意して下さい。

肝臓:ホッカイロ効果

肝臓をホッカイロで温める効果としては、肝臓が温まると血行が良くなり、肝臓への血流量が増えることで肝臓の働きが高まります。肝臓は人体の中で一番大きな臓器であり、基礎代謝を管理しているので肝臓が活性化すれば代謝アップでダイエットになります。

基礎代謝の1/3は肝臓で担っており、毎日全身の血液の40%が流れてきて、不要な老廃物やアルコールなどの有害物質を代謝して無毒化してくれています。肝臓を元気にするには、肝臓を温めるとともに肝臓に良い食べ物を食べると良いでしょう。


肝臓を温める
▶肝臓に良い食べ物

肝臓の温め時間

肝臓の温め時間はどれくらいがよいのでしょうか?肝臓を温めることで効果が実感できるのは、1時間から2時間温めれば十分です。これを、1週間に1回から2回行いましょう。長時間のカイロ貼り付けは低温やけどや逆効果の危険があるので気をつけましょう。

肝臓カイロで自律神経

肝臓カイロで自律神経を整えるためには、肝臓の位置に背中側からカイロを貼ると効果があります。寒くなると胸がざわついたり不安や焦燥感を感じたりする場合、肝臓を温めて脳の血流を促すことで、心が休まります。

肝臓を温めるカイロの場所

肝臓を温めるカイロの場所は、右胸の下です。

肝臓を温めるカイロの位置

肝臓を温めるカイロの位置は、前からでも後ろからでも、両側から挟み込んでも良いです。

肝臓を温める方法6:手当

肝臓を温める方法の第6は、手当です。シャワーやお風呂、そして使い捨てカイロなど道具を何も使いたくないとか、出先で何もないけど肝臓を温めたいという場合にも使えるのが手当てです。

これは、単純に肝臓に手を当てて温めるという方法です。痛みがある時に自然と手を当てていると思いますが、整体などでも気を送る時に手を当てます。手当を行う時にも肝臓を温める場所は、右腹の少し上部分です。

肝臓を温める方法7:こんにゃく湿布

肝臓を温める方法の第7は、こんにゃく湿布です。こんにゃくは食べるものというイメージしかないかも知れませんが、こんにゃく湿布は、自然療法で用いられる昔からある治療法です。

こんにゃく湿布は、10分程度茹でたこんにゃくをタオルに包んで、肝臓を温めます。温める場所は、右腹の少し上部分ですが、こんにゃくは高温になっているので、やけどに注意して下さい。

肝臓を温める方法8:ホットタオル

肝臓を温める方法の第8は、ホットタオルです。こんにゃく湿布より手軽に出来るのが、ホッとタオルです。ホッとタオルは、水で濡らしたタオルを軽く絞り、電子レンジで1分半程度チンすることで完成します。

このホッとタオルも、温める場所は、右腹の少し上部分です。こんにゃく湿布に比べるとすぐに冷めてしまいますので、冷めたらまたレンチンして温めてから、再度、肝臓を温めて下さい。

肝臓を温める方法9:マッサージ

肝臓を温める方法の第9は、マッサージです。肝臓のマッサージってどうすればいいのか分からないというのが正直なところでしょう。肝臓をマッサージすると血流がアップして温まります。

肝臓を温めるマッサージは、右脇腹の肋骨に下から指を差し込んで、ぐっと持ち上げる感じで行います。ちょっと怖い感じもするかも知れませんが、カラダのチカラを抜いてチャレンジしてみましょう。

肝臓を温める方法10:腹巻

肝臓を温める方法の第10は、腹巻です。これもかなりエコな肝臓を温める方法です。腹巻を用意すれば良いだけですし、洗って何度も使えます。低温・高温に限らずやけどの心配も不要です。

腹巻で肝臓を温めることにより、血流がアップして代謝が向上します。もちろん、肝臓が温まるので、他の効果もあり、腹巻をするだけで自然とダイエットできてしまうのです。

肝臓を温める方法11:呼吸

肝臓を温める方法の第11は、呼吸です。呼吸法によって、肝臓を温める方法です。どのようにして呼吸で肝臓を温めるのかというと、腹式呼吸によって肝臓を温めることが出来ます。

肝臓を温める呼吸を行うには、ヨガが効果的です。ヨガには様々な進化版がありますが、どのヨガでも呼吸は重要なポイントになっています。ヨガについては、下記の特集記事を参照して下さい。


ヨガとダイエット!下記画像を今すぐタップ♪

肝臓を温める


肝臓を温める方法12:岩盤浴

肝臓を温める方法の第12は、岩盤浴です。岩盤浴を行うことによって、全身を満遍なく温めて発汗を促し、老廃物を排出してデトックスとダイエット効果が見込まれます。

この岩盤浴で肝臓を温めることによって、更なるダイエット効果を得ることが出来ます。岩盤浴で肝臓を温める為に、右腹の少し上部分にタオルをあてて発汗を更に促します。岩盤浴については、下記の特集記事を参照して下さい。


岩盤浴とダイエット!下記画像を今すぐタップ♪

肝臓を温める


肝臓を温めるとどうなった?

肝臓を温めるダイエットは、今まで極端な食事制限やストイックな運動を行って、一時的には痩せたけど、その後にリバウンドして太ってしまったというような女性に最適なダイエット方法です。
肝臓を温める
肝臓を正しく温めることによって、誰でも簡単にダイエット効果が得られて痩せることが出来ます。しかも、無理・無茶なダイエット方法ではないので、リバウンドの心配がないのも魅力の一つです。

ダイエット先生ダイエット先生

肝臓が温まると代謝もアップしてダイエットに効果的です。

肝臓を温める自律神経

肝臓を温めると自律神経の乱れが改善されます。自律神経はその名の通り、頭で考えて手足を動かすのとは違い、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するため24時間動いてくれています。カラダを休める時は副交感神経、活発に動く時は交感神経が活性化されます。

肝臓の温めすぎ

肝臓を温めると自律神経が改善されてダイエット効果もあるから温めまくればいいのかというと…温めすぎってのもダメなんです。必要以上に温めると吐き気や嘔吐など不調の原因になります。週2回、1回につき2時間までが良い効果を得られる目安です。

肝臓の温めで白髪

眼精疲労が白髪の原因の一つになっているなんて…眼精疲労になると、肩や首周りの筋肉が硬くなって、首筋の動脈の血管伸縮運動が悪化します。栄養は血液にのって運ばれるので、首から頭に栄養が行かなければ白髪や抜け毛の原因になるのです。

  • 額の両サイドやこめかみに出る白髪:視神経の使いすぎ
  • 後頭部の眼球の後ろ辺りに出る白髪:眼球神経の使いすぎ

白髪の原因になる眼精疲労を軽減させるなら下記の特集記事が参考になります。


肝臓を温める
▶眼精疲労の治し方!

肝臓と腎臓の温め

で、肝臓と白髪の関係ですが、これは、髪の毛を黒くするメラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイトが極端に減っていることに肝臓が関与しているからです。また、肝臓と関連する腎臓も機能低下によりメラニン色素が減ります。

腎臓の機能が悪くなるとカルシウムの吸収率が悪くなってしまい、髪の毛の色素であるメラニンの動きが鈍くなるのです。腎臓に良い食べ物については、下記の特集記事を参照して下さい。


肝臓を温める
▶腎臓に良い食べ物

脂肪肝を温める

脂肪肝を温めるような入浴の方法としては、血圧の高さで注意点が分かれます。脂肪肝が治る運動や食事レシピについては、下記の特集記事を参照して下さい。


肝臓を温める
▶脂肪肝が治る運動や食事レシピ

血圧が高い

血圧が高く、入浴すると疲労感を感じる場合には、下記のように入浴しましょう。

  • お湯の温度は38から40℃
  • 入浴時間は10~15分間
  • 食後や運動後の入浴は最低1時間は空けること
血圧が低い

血圧が低く、入浴すると疲労感を感じる場合には、まず体を温めることと代謝機能を高めることを優先し、クエン酸風呂がおすすめです。

肝臓を温めるだけ!12の方法と5つの効果で簡単ダイエットのまとめ

肝臓を温めるという簡単な方法で5つもの効果があり、誰でも無理なくダイエット出来るというのだから、知らないと損する情報だと言えるでしょう。肝臓がどれだけ重要かということが改めて身に染みることになりますよ!

肝臓を温める:はじめの一歩

肝臓を温めることによって、多くのダイエット効果があり、誰でも簡単に痩せられるということが分かりました。肝臓を温めるという簡単な方法なので、誰でも無理なく痩せられること間違いなしですよね!
肝臓を温める
でも、肝臓を温めるって言っても、中々面倒で続きそうもないと考える人も多いでしょう。ダイエットは続けなければ意味がありませんので、簡単で単純なものが最も優れているのです。

誰でも簡単に、お腹に貼るだけで、42℃の温度でお腹をずっと温めて脂肪燃焼してくれるのが、ヒートスリム42℃です。お腹の脂肪は頑固なので、ヒートスリム42℃を使うと効果的に体脂肪が落ちます。
肝臓を温める
その効果は上記画像を見れば一目瞭然です。ジーパンの上にのった醜いお腹の体脂肪がスッキリ落ちて、ウエストに綺麗なくびれが出来ていますよね?こんな風になるには、これまで説明した方法だけでは難しくヒートスリム42℃を使う必要があります。

ヒートスリム42℃の@cosmeによる評価

ヒートスリム42℃の@cosmeによる評価を見ることで、実際にヒートスリム42℃を使った多くの人の実体験が分かります。ヒートスリム42℃は、@cosmeのボディ・バスグッズ部門において第1位を獲得しています。

これは、ヒートスリム42℃にダイエット効果があることの大きな証明になりますね!@cosmeは使用者の辛口評価で有名ですが、そんな中で最大7つの☆において、☆5.1という高得点を叩きだしています。
肝臓を温める

食べても痩せたい!

ダイエットは食事制限をしないと痩せられないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。痩せる為には、腸内環境を整えて、痩せ菌を増やし、デブ菌を減らすことで食べても痩せる体質に変えることができます。

ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。

  • デブ菌:余分な栄養を吸収する
  • 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する

肝臓を温める
だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!

  • 「私って食べても太らない体質なの…」
  • 「ダイエットのコツ?特にないよ!」

っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。

痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。ぽっちゃりわがままボディー(笑)の私でも、たった2週間で3.6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


肝臓を温める
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング