脂肪肝とはどんな病気?

脂肪肝とはどんな病気なのでしょうか?脂肪肝は、中性脂肪やコレステロールが肝臓にどんどんたまっていく病気です。食事の糖質や脂質が中性脂肪として肝臓に蓄積されて行きます。
脂肪肝が治る運動や食事レシピ
脂質は小腸で吸収され肝臓で脂肪酸に分解、糖質はブドウ糖に分解されて、小腸から吸収された後、肝臓で中性脂肪に変化という流れを辿ります。これに加え、過度のアルコール摂取や極端な食事制限によるダイエットによる低栄養性脂肪肝もあります。

脂肪肝は症状が改善されずに放置されると、脂肪性肝炎、肝硬変、肝臓がんと悪化して行く危険性があります。ですので、症状が進行する前に脂肪肝の状態で治す必要があるのです。では、脂肪肝の治療法には、どのようなものがあるのでしょうか?

ダイエット先生ダイエット先生

健康的なダイエットをすることは様々な病気の予防、改善に繋がります。脂肪肝も例外ではありません!

脂肪肝は治る?

脂肪肝は治る病気なのでしょうか?脂肪肝の原因は、過食や大量の飲酒などで中性脂肪が多く作られると、肝臓の外に運び出す能力が落ちて、肝臓内に脂肪が溜まってしまうものなので、中性脂肪が減れば治るわけです。中性脂肪を下げるには、下記の特集記事が参考になります。
中性脂肪を下げるには?
脂肪肝が治る運動や食事レシピ

脂肪肝の治療方法

脂肪肝の治療方法としては、運動や食事改善、薬やサプリメントなどが考えられます。病院に行って医師の診断を受けて治療するにせよ、自分で改善をしようと考えるにせよ、まずは運動や食事改善から行うのが普通です。まぁ生活習慣病ですからね!

脂肪肝の治療法

脂肪肝の治療法には、過剰になっている中性脂肪を消費するための運動や中性脂肪を過剰にさせないようにする食事改善が前提にあり、それでも改善できない場合には、薬やサプリメントなどを使うと考えましょう。

脂肪肝で運動

脂肪肝で運動としては、軽めの運動が推奨されます。筋トレのような無酸素運動よりもウォーキングのような有酸素運動が良いというわけです。ダイエットのためには、筋トレの方が良いのですが、筋トレは肝臓に負担がかかるので脂肪肝が治ってから筋トレは行いましょう。

で、脂肪肝を治すために行う有酸素運動ですが、毎日20分程度続けられるものが良く、下半身の大きな筋肉を動かすものが効率的です。ですので、美尻を作る運動の下記の特集記事が参考になります。

美尻筋トレは筋トレと言っていても、実際には有酸素運動なので、肝臓への負担を心配する必要はありません。この美尻王子が推奨する体操なら自宅で毎日行えますよ!


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶美尻筋トレのやり方

脂肪肝で食事改善

脂肪肝で食事改善をする場合には、糖質と脂質を少なくするような食事内容にする必要があります。どちらを少なくする場合でも、少ない食品と多い食品を知る必要があり、栄養バランスも考える必要があります。

糖質の多い食品については、下記の特集記事が参考になります。糖質については、人工甘味料などで糖質ゼロにしているものがありますが、人工甘味料は糖質ゼロでもカラダへの害悪により太る原因になるという報告もあるので気をつけましょう。


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶糖質の多い食品

脂肪の多い食品については、下記の特集記事が参考になります。脂質は少なすぎると体脂肪を燃焼する着火剤が足りなくなり、体脂肪が燃えにくくなるので、良質な脂質は積極的に摂るようにしましょう。


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶脂肪の多い食品

脂肪肝改善レシピ

脂肪肝改善レシピとして、キノコの蒸し焼きを説明します。

材料
  • しいたけ:1パック
  • ひらたけ:1パック
  • しめじ:1パック
  • 藻塩:2つまみ
作り方
  • しめじはバラバラにする
  • 野菜をカットする時は、繊維を傷めないようになるべく包丁は使わない
  • しいたけも手で裂いてバラバラにする
  • ひらたけもカサの部分から裂いてバラバラにする
  • 火の付いていないフライパンにキノコを全部入れる
  • キノコは60度を超えると細胞が壊れるので、なるべく低音調理
  • 蓋をして初めて火を付ける
  • 弱火で3分蒸し焼きにする
  • 3分たったら蓋を開け中身を混ぜて、再度蓋をして3分蒸す
  • 味付けは藻塩ふたつまみのみして、軽く混ぜる

コーヒーで脂肪肝の改善効果

コーヒーで脂肪肝の改善効果があるというのは、アメリカのデューク大学が発表した研究で、コーヒーとお茶に含まれるカフェインが、肝臓の細胞に溜まった脂肪を減らしてくれるそうです。毎日、マグカップ2杯程度が適量のようです。コーヒーダイエットについては、下記の特集記事が参考になります。


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶コーヒーダイエット

脂肪肝の医者、病院

脂肪肝の医者、病院としては、脂肪肝外来を行っている厚生中央病院や脂肪肝について詳しく説明しているあかね会、柏市医療公社柏市立柏病院などがあります。運動や食事改善を行っても脂肪肝が改善しないようであれば、このような病院に通院されることをおすすめします。

脂肪肝と非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)の違い

脂肪肝と非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)の違いは、何なのでしょうか?アルコールを摂取しないのにアルコール性肝障害に似た肝障害が起こるのが、非アルコール性脂肪性肝疾患 nonalcoholic fatty liver disease(NAFLD:ナッフルド)です。

NAFLDのうち、進行しないのが単純性脂肪肝で、肝硬変や肝細胞癌に進行するのがNASH(ナッシュ:nonalcoholic steatohepatitis)です。NAFLDの原因は、肥満、糖尿病、高脂血症などがあります。糖尿病の食事療法については、下記の特集記事が参考になります。


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶糖尿病の食事療法

脂肪肝の血液検査

脂肪肝の血液検査は、超音波検査やCTスキャンなどの画像検査と一緒に合わせて診断に使われます。では、血液検査においてどのような数値が出たら脂肪肝の疑いがあるのでしょうか?
脂肪肝が治る運動や食事レシピ

脂肪肝の数値が高い

脂肪肝の数値が高いかどうかは、特にγ-GTP(もしくはγ-GT)、ALT(GPT)、AST(GOT)の値が基準値内であるかどうかが重要です。肝臓・胆道系疾患に関係する血液検査項目の基準値は下記の通りです。

項目 基準値
ALT(GPT) 30 IU/L以下
AST(GOT) 30 IU/L以下
γ-GTP 50 IU/L以下
ALP(アルカリホスファターゼ) 100~325 IU/L
総ビリルビン<非抱合型(間接)・抱合型(直接)ビリルビン> 0.2~1.2 mg/dL

脂肪肝の原因

脂肪肝の原因には、代謝性と肝毒性によるものがあります。脂肪肝の原因のほとんどは中性脂肪合成亢進であり、まれに中性脂肪分解障害のものがあります。
脂肪肝が治る運動や食事レシピ

脂肪肝の原因で代謝性のもの

脂肪肝の原因で代謝性のものには、糖尿病、高脂血症、肥満、高カロリー輸液、低栄養、腸管吸収不全、ステロイド、急性妊娠脂肪肝、糖原病、Reye症候群、
うっ血肝があります。

脂肪肝の原因で肝毒性のもの

脂肪肝の原因で肝毒性のものには、アルコール、四塩化炭素、リン、アミオダロン、化学療法(タモキシフェン)、テトラサイクリンがあります。

脂肪肝の症状は?

脂肪肝の症状は、ほとんどありません。 肝臓は沈黙の臓器と称されるように、あまり自覚症状が出ません。ですが、脂肪肝だけの特徴的な症状ではないとはいえ、下記のような症状はあります。

  • 朝の寝起きがつらい
  • 疲れがたまりやすい
  • 頭がぼーっとする
  • 体がむくむ
  • くも状血管腫
  • 腹水
  • 黄疸

肝脂肪を減らす食べ物

肝脂肪を減らす食べ物としては、タイなどの白身魚、サンマ、鶏ささみ、牛肉(赤身)、豚肉(赤身)、豆腐、高野豆腐、納豆、酢、サトイモ、ほうれん草、タアサイ、わかめなどがあります。

脂肪肝になり、肝臓が弱っている状態ですので、そのような時には、肝臓に良い食べ物を食べるようにしたいですよね?ですので、下記の肝臓に良い食べ物の特集記事を参考に食事内容を改善して行きましょう。


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶肝臓に良い食べ物

肝臓は、有害物を解毒する働きがありますが、老廃物を水と一緒に尿として排出してくれるのは腎臓ですので、両者はとても深いかかわりがあります。ですので、肝臓だけでなく、腎臓に良い食べ物を食べることも大切であることが分かりますね?


脂肪肝が治る運動や食事レシピ
▶腎臓に良い食べ物

脂肪肝のCT値

脂肪肝のCT値だけでは判断できませんが、30以下ぐらいで、肝臓の濃度が低下して脈管との白黒さが同一~反転していている場合は脂肪肝の可能性が高く、血液検査の値などと合わせて判断します。

脂肪肝のエコー所見

脂肪肝のエコー所見の肝腎コントラスト陽性は、あくまで脂肪肝の疑いを示したものでしかないので、他のCTや血液検査の結果と合わせて総合的に判断されます。脂肪肝は、組織学的に肝小葉を構成する肝細胞の30%以上に脂肪化が認められる病態です。

脂肪肝が治る運動や食事レシピ!サプリは治療薬の治療方法に使える?のまとめ

脂肪肝が治る運動や食事レシピを使う治療法は病院で脂肪肝の治療薬を処方してもらうのと同じような効果はあるのか!血液検査の数値を減らす程度でサプリやコーヒーは治療方法として意味がないのかを考える。CTやエコーでヤバイ状態になってからでは遅いでしょ?

脂肪肝の薬

脂肪肝の薬よりも食事改善や運動の方が脂肪肝の改善にはとても大切です。それを踏まえた上で、脂肪肝に使う薬ですが、タナベ胃腸薬ウルソというものがあります。ウルソは、胆汁の流れを改善する効果が期待できます。

脂肪肝の治療薬に副作用は?

脂肪肝の治療薬であるウルソは、過剰摂取した場合に副作用があります。どのようなものかというと腹痛を伴う下痢です。また、体質によっては、アレルギー症状を引き起こす場合があります。

ウルソの効果的な飲み方

ウルソの効果的な飲み方としては、飲酒前に飲むと効果的ですが、そもそも脂肪肝なのですからアルコールを飲むなという話もあります。ウルソの効果が出るまでには、半年から1年程度かかるので気長に続ける必要があります。ウルソを服用できないのは、完全胆道閉塞、激症肝炎の人です。

脂肪肝のサプリ

脂肪肝のサプリとしては、オルニチン、タウリン、亜鉛、スクワレン、スコルジニン、クエン酸、ビタミン、サポニン、マカなどの有効成分が入っているものが考えられます。

これらを含むサプリメントはいくつかありますが、中でもおすすめなのが、「レバリズム-L」です。国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンから抽出したオルニチン、タウリン、亜鉛などが十分に摂取できます。脂肪肝のサプリで、しじみと牡蠣とスクワレンが全て入っているのはレバリズムだけです。

また、肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含み、肝臓の解毒作用をアップするシスチン、ビタミンB2やビタミンEも含んでいます。国の定めた基準量の栄養成分を含んだ栄養機能食品なので信頼度が非常に高いです。


脂肪肝
▶レバリズム

肝臓に負担をかけない

肝臓に負担がかかる体型として、体脂肪が多く太っているというのが典型例です。ですので、食べても太りにくい体質になることによって、体脂肪を減らし肝臓への負担を減らせます。

でも、食べても太らない体質なんてなれるのでしょうか?そのような体質になるためには、腸内環境を痩せている人と同じ痩せ菌で満たす必要があります。これが多くの医者が推奨している痩せ菌ダイエットです。
睡眠不足解消法
痩せている人の腸内には痩せ菌が多く、太っている人にはデブ菌が多いというものなのですが、痩せ菌やデブ菌は、医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されていているので、医学的にも信頼度の高いものだと言えます。

この痩せ菌を増やして、デブ菌を増やす痩せ菌ダイエットには、痩せ菌サプリが必要です。痩せ菌サプリについては、下記の特集記事で詳しく説明しているので、そちらを参照して下さい。


痩せ菌サプリでダイエット
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング