ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルトは森永や明治などのメーカーがおすすめしています。ビフィズス菌の多いヨーグルトを食べることで腸内フローラが改善されて便秘解消やダイエット効果が期待できるからです。
ビフィズス菌ヨーグルト
ヨーグルトというと乳酸菌のイメージですが、作る過程で必要な乳酸菌にプラスしてビフィズス菌を入れることで、腸内環境を整えるチカラがアップします。

乳酸菌は小腸に多い善玉菌なので免疫力向上に役立ちますが、ビフィズス菌は大腸の善玉菌の99.9%を占めるので、頑固な便秘に悩んでいるならビフィズス菌ヨーグルトがおすすめです。どのヨーグルトが良いか分かりますか?

ダイエット先生ダイエット先生

ビフィズス菌ヨーグルトを毎日食べることで腸内の善玉菌が増えて便秘を改善する効果が期待できます!

ビフィズス菌ヨーグルトメーカー

ビフィズス菌ヨーグルトメーカーには、二つの意味があります。一つは、ビフィズス菌ヨーグルトを作っているメーカーです。もう一つは、ビフィズス菌入りヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーです。

ビフィズス菌ヨーグルトを作っているメーカーとしては、森永や明治などが有名です。ヨーグルトを作るヨーグルトメーカーとしては、ヨーグルティアが有名ですので、下記の特集記事を参照して下さい。


作り方
▶ヨーグルトの作り方

ビフィズス菌ヨーグルトの森永

ビフィズス菌ヨーグルトの森永から出ているものは、ビヒダスです。ビヒダスは、食べるヨーグルトだけでなく、飲むヨーグルトもあり、菌種は、ビフィズス菌BB536を使用しています。

ビフィズス菌ヨーグルトの明治

ビフィズス菌ヨーグルトの明治から出ているものは、残念ながらありません。明治ブルガリアヨーグルトは乳酸菌LB81であり、プロビオヨーグルトは乳酸菌LG21や1073R-1、PA-3乳酸菌というように乳酸菌だけです。

ビフィズス菌ヨーグルトでおすすめ

ヨーグルトにはビフィズス菌入りのものとそうでないものがあります。発酵させるのに必要な乳酸菌は腸内環境を改善させるために役立ちますが、人間にとって健康のためにならない悪玉菌を減らし、健康に役立つ善玉菌を増やす効果を期待するならビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶのがおすすめです。
ビフィズス菌ヨーグルト
ビフィズス菌は腸内で酢酸を作り出すため、この菌が多く生息する腸では悪玉菌が増えるのを防いだり腸の粘膜を保護したりといった効果が得られやすくなります。

この酢酸によってアレルギーが起こりにくくなったり肥満も防ぐ効果があることも分かってきています。ビフィズス菌の入っていないヨーグルトでも乳酸菌が入っているので、今いる善玉菌を助けて腸内環境を整えるのに役立ちますが、乳酸菌は酢酸を作り出すことはできないのでビフィズス菌ほど積極的な効果は得られにくいと考えられます。

漬け物や味噌などでも乳酸菌は摂れますが、ビフィズス菌を摂取するにはヨーグルトやサプリメントなどが主な方法で、なかでもヨーグルトは食品として摂取できるのが特徴で、乳酸菌も一緒に摂ることができます。ヨーグルトは美味しく食品としてビフィズス菌を摂取したい人におすすめです。

ビフィズス菌の多いヨーグルト

ビフィズス菌の多いヨーグルトとしては、下記があります。
ビフィズス菌ヨーグルト

  • 森永:ビヒダスヨーグルト
  • 雪印メグミルク:ナチュレ恵megumi
  • co-op:プレーンヨーグルト生乳100%
  • 小岩井:生乳100%ヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルトで無糖

ビフィズス菌ヨーグルトで無糖のものとしては、下記があります。

  • 森永:ビヒダスプレーンヨーグルト脂肪ゼロ
  • 雪印メグミルク:ナチュレ恵megumi脂肪0
  • co-op:プレーンヨーグルト脂肪0

ビフィズス菌入り飲むヨーグルト

ビフィズス菌入り飲むヨーグルトとしては、下記があります。

  • 雪印メグミルクのガセリ菌SP株ヨーグルト
  • グリコのビフィズス菌Bifix

ビフィズス菌ヨーグルトランキング

ビフィズス菌ヨーグルトランキングとして下記がベスト4であり四天王です。
ビフィズス菌ヨーグルト

  • 1位…森永:ビヒダスヨーグルトのビフィズス菌BB536
  • 2位…雪印メグミルク:ナチュレ恵megumiのビフィズス菌SP株
  • 3位…小岩井:生乳100%ヨーグルトのビフィズス菌BB-12
  • 4位…co-op:プレーンヨーグルト生乳100%のビフィズス菌BB-12

ビフィズス菌ヨーグルトの効果

腸内環境が身体の調子をつかさどると言いますが、実際に腸内環境が乱れると便秘や体調の不調だけでなくメンタル的にもバランスが乱れ、日々の生活がスムーズでなくなります。
ビフィズス菌ヨーグルト
腸内環境を整えるのに効果があるのはまず食物繊維ですが、腸内細菌のエサになるビフィズス菌も忘れてはいけません。

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいてそれぞれバランスが保てているときには快腸と言えますが、一旦バランスが崩れると腸内環境が悪くなり体調不順につながります。

腸内細菌のバランスを自然な状態に整えるのがビフィズス菌ですが、摂取する時間によって効果が異なります。ビフィズス菌は大腸と小腸まで届くのに時間がかかるので、一番効果が期待できるのは朝一番に飲むことです。

多めの水と一緒に摂取することがお勧めです。サプリで摂る場合はできるだけ多くの種類の菌が含まれているものを選ぶ方がいいです。なぜなら効果のある菌は人によって違うからです。

もし数種類しか菌が入っていない場合すべて自分に合わない菌であったならばせっかく摂取しても意味がありません。それにプラス水溶性、不溶性の食物繊維を毎日欠かさず摂れば腸内環境がかなり改善されることが期待できます。

ビフィズス菌ヨーグルトで便秘解消

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌には便秘を改善する効果があると聞いたことのある人も多いでしょう。腸内に悪玉菌が多いと腸がアルカリ性になってしまい、細菌が繁殖しやすい状態となります。
ビフィズス菌ヨーグルト
腐敗発酵も促進するため、ガスが発生することでお腹が張ってしまうということです。ビフィズス菌は発酵することで乳酸を作ったり、酢酸を生み出すという効果があります。

酢酸には腸内を酸性にするという働きがあるため、酸性に弱い悪玉菌の増殖を抑えてくれるということです。結果として腸内に善玉菌が多くなるということです。

善玉菌が優勢になると消化吸収が活性化されますし、便を押し出す動きも活発になります。ヨーグルトで便秘を改善したいという場合、ビフィズス菌との相性がポイントとなります。

体質にとってどの菌が合うのかは異なってくるため、いろいろなヨーグルトを試してみると良いでしょう。便秘を改善するためには朝と夜の2回に分けてヨーグルトを食べるのもおすすめです。

1日に食べる量は200~300gで良いとされており、食べ過ぎると下痢になってしまうこともあるので注意が必要です。ちなみに、食事をしてから食べたものが消化されるまでには24~72時間かかると言われています。そのため最低でも3日間は同じヨーグルトを食べてみましょう。

ビフィズス菌ヨーグルトでダイエット

ビフィズス菌はダイエットに効果があると言われています。それは腸内フローラの環境を改善する効果があるためです。腸内フローラは近年話題になっている単語ですが、大腸の中の菌の集団がお花のような形に見えることからその名前が付きました。
ビフィズス菌ヨーグルト
腸内の菌は善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3種類で構成されています。近年の研究から痩せている人や痩せやすい体質の人はこの菌の割合が、善玉菌優位であることが分かったのです。

善玉菌を増やすには腸内環境を整えることが大切ですが、その際にビフィズス菌がとても役に立つのです。ビフィズス菌を積極的に摂取することによって、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があると言われています。

腸内環境を整えるだけで食べても太りにくい痩せ体質に近づけるというのは素晴らしい発見です。またそれ以外にも免疫力の向上などにも効果が期待できるため、体質改善を行いたい人にも向いています。

ビフィズス菌は、ヨーグルトで気軽に摂取することができます。様々なフレーバーのヨーグルトがありますから、ダイエット中のおやつや自分へのご褒美としても気軽に摂取することができます。

日頃からビフィズス菌を摂取して、ダイエットや体質改善に役立出るようにしましょう。

ビフィズス菌ヨーグルトの作り方

腸内フローラの環境改善が全身の健康につながるという認識から、その改善につながることに直結するビフィズス菌といった乳酸菌で作る食品が人気となっています。
ビフィズス菌ヨーグルト
その乳酸菌の食品の代表格といえばヨーグルトであり、ビフィズス菌の酵素によって乳製品の脂肪分を吸着することで固めた食品です。

基本的にヨーグルトは市販品で購入することが多いですが、製品の中には発酵が進んで酸味が強く食べづらいため苦手という人も多いといえます。

ただ健康に良いとわかっているので酸味を少なくして食べたいと思った時には手作りにするとよいです。実はヨーグルトの作り方はとても簡単で、パック一本分の牛乳か豆乳そして少量の砂糖と市販品のヨーグルトもしくは乳酸菌の粉末を用意するだけです。

その作り方は、ヨーグルトメーカーがある場合には問題ないですが無い場合には大きめの密閉容器を用意してアルコールもしくは煮沸殺菌できれいに乾燥しておきます。

そして牛乳か豆乳の中に少量の砂糖とヨーグルトもしくは乳酸菌の粉末を入れて混ぜて、それをヨーグルトメーカーもしくは密閉容器に流しいれます。

メーカーの場合には温度調節をしてくれるので設定どおりに置くだけで完成し、密閉容器の場合は発酵が進む35度から40度を目安にお湯を沸かしその中に入れて毛布でくるみ放置するだけです。そして開けてみて固まっていれば完成になります。

ビフィズス菌ヨーグルトの培養

ビフィズス菌ヨーグルトの培養をしても、家庭ではビフィズス菌がない状態のヨーグルトが出来上がります。ビフィズス菌は嫌気性なので、空気の無い内臓が生きる場所です。
ビフィズス菌ヨーグルト
ビフィズス菌入りヨーグルトを種菌としてヨーグルティアなどでヨーグルトを作ったとしても、ビフィズス菌を家庭で増やすことはできず、単に乳酸菌ヨーグルトが出来上がるだけです。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれ、腸内環境を整えることで知られています。そんなビフィズス菌には他にどんな効果があるのか見ていきましょう。
ビフィズス菌ヨーグルト
まず、ビフィズス菌と聞いて思い浮かぶのは便秘解消などの整腸作用ですよね。これはビフィズス菌が産出する乳酸や酢酸といった有機酸が、悪玉菌の増殖を防ぐことで腸内環境が改善され得られる効果です。

次に感染防御作用もあります。ビフィズス菌は腸内の善玉悪玉のバランスを整えるので、病原菌の感染を防ぐ効果があるのです。風邪やインフルエンザなどに有効なので感染予防ために摂取したいですね。

次に血中脂質改善作用についてです。脂質の代謝がスムーズにいかないと血中のコレステロール値や中性脂肪が増えていきます。ビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やすので、腸内のバランスを整え脂質代謝を改善する効果があるのです。

つまり肥満や、それに伴う動脈硬化や心筋梗塞の予防になります。このようにビフィズス菌には、便秘解消だけではなく健康への嬉しい効果が沢山あります。

善玉菌を増やし腸内環境を改善するには一回摂れば永遠に効果が続くという訳ではないので、毎日継続することが大切です。ヨーグルトやサプリメントなどで摂取して美味しく気軽に続けたいですね。

ビフィズス菌と乳酸菌

健康のために毎日ヨーグルトを食べるようにしているという人も多いことでしょう。実際ヨーグルトを手に取ってその表示を見てみると、乳酸菌やビフィズス菌が入っているという表示を目にするものです。
ビフィズス菌ヨーグルト
では、ヨーグルトに入っている乳酸菌とビフィズス菌には一体どんな違いがありますか。また、乳酸菌入りとビフィズス菌入りがあったら、どちらを購入したらよいのでしょうか。

基本的に言って、ヨーグルトの発酵には乳酸菌が不可欠であるため、全てのヨーグルトに乳酸菌は入っていると言うことができます。それに加えて、あるヨーグルトにはビフィズス菌が入っているというわけです。

ここで言うビフィズス菌は、人の腸内に最も多く存在している有用な菌であると言われています。実際には、私たちの腸内に存在している乳酸菌とビフィズス菌とを比べてみると、その割合は何と乳酸菌が0.1パーセントでビフィズス菌が99.9パーセントであると言われているほどなのです。

こうした事実に照らして考えてみると、乳酸菌入りとビフィズス菌入りのどちらを選ぶべきかがおのずと分かるでしょう。ビフィズス菌が豊富に入っているヨーグルトを摂取して、より一層の健康増進を図りたいものです。

ビフィズス菌ヨーグルト以外

ビフィズス菌ヨーグルト以外で、便秘解消のためにビフィズス菌を摂取したいのであれば、ビフィズス菌が配合されたサプリメントを飲むのが良いでしょう。

ビフィズス菌ヨーグルトおすすめランキング!便秘解消でダイエットのまとめ

ビフィズス菌の多いヨーグルトは乳酸菌とチカラを合わせ便秘やダイエットに効果があるという。ビフィズス菌の飲むヨーグルトメーカーは明治や森永以外はないのか?無糖培養の作り方も含めおすすめランキングを紹介しよう。大腸の99.9%を占める善玉菌のちからとは!

ビフィズス菌サプリ

乳酸菌サプリに比べて少ないのですが、ビフィズス菌サプリは複数存在します。さらにいうと乳酸菌サプリとして売られていてビフィズス菌が入っていたりするものもあります。

ビフィズス菌は大腸の善玉菌ですので、自分の大腸に合うビフィズス菌の種類を摂取し、大腸の腸内環境を変えられるほどの数量を摂取しないと意味がありません。

摂取したビフィズス菌と腸内の善玉菌の相性が悪ければ、善玉菌は増えませんし、腸内の悪玉菌を減らす効果があるビフィズス菌の数量がなければ焼け石に水で効果はありません。

ですので、ビフィズス菌の種類と数量を考慮した上で、ビフィズス菌サプリを選ぶランキング記事を作成しましたので、下記を参照して下さい。


ダイエット
▶ビフィズス菌サプリランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7