ビフィズス菌ヨーグルトは森永や明治などのメーカーがおすすめしています。ビフィズス菌の多いヨーグルトを食べることで腸内フローラが改善されて便秘解消やダイエット効果が期待できるからです。
ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルト

ヨーグルトというと乳酸菌のイメージですが、作る過程で必要な乳酸菌にプラスしてビフィズス菌を入れることで、腸内環境を整えるチカラがアップします。

乳酸菌は小腸に多い善玉菌なので免疫力向上に役立ちますが、ビフィズス菌は大腸の善玉菌の99.9%を占めるので、頑固な便秘に悩んでいるならビフィズス菌ヨーグルトがおすすめです。どのヨーグルトが良いか分かりますか?

ダイエット先生ダイエット先生

ビフィズス菌ヨーグルトを毎日食べることで腸内の善玉菌が増えて便秘を改善する効果が期待できます!

ビフィズス菌による免疫調節作用としては、Th1/Th2バランスの改善や制御性T細胞の誘導などの機序が報告されている。またBB536は、花粉症臨床試験の中で花粉飛散に伴う腸内細菌叢の変動を抑制するなど、整腸作用を介した間接的な免疫調節作用も示唆されている。本稿では、BB536摂取による花粉症改善効果を中心にビフィズス菌による抗アレルギー作用及びその作用機序について紹介する。

ビフィズス菌ヨーグルトメーカー

ビフィズス菌ヨーグルトメーカーには、二つの意味があります。一つは、ビフィズス菌ヨーグルトを作っているメーカーです。もう一つは、ビフィズス菌入りヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーです。

ビフィズス菌ヨーグルトを作っているメーカーとしては、森永や明治などが有名です。ヨーグルトを作るヨーグルトメーカーとしては、ヨーグルティアが有名ですので、下記の特集記事を参照して下さい。


作り方
▶ヨーグルトの作り方

ビフィズス菌ヨーグルトの森永

ビフィズス菌ヨーグルトの森永から出ているものは、ビヒダスです。ビヒダスは、食べるヨーグルトだけでなく、飲むヨーグルトもあり、菌種は、ビフィズス菌BB536を使用しています。

ビフィズス菌ヨーグルトの明治

ビフィズス菌ヨーグルトの明治から出ているものは、残念ながらありません。明治ブルガリアヨーグルトは乳酸菌LB81であり、プロビオヨーグルトは乳酸菌LG21や1073R-1、PA-3乳酸菌というように乳酸菌だけです。

ビフィズス菌ヨーグルトでおすすめ

ヨーグルトにはビフィズス菌入りのものとそうでないものがあります。発酵させるのに必要な乳酸菌は腸内環境を改善させるために役立ちますが、人間にとって健康のためにならない悪玉菌を減らし、健康に役立つ善玉菌を増やす効果を期待するならビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶのがおすすめです。
ビフィズス菌ヨーグルト
ビフィズス菌は腸内で酢酸を作り出すため、この菌が多く生息する腸では悪玉菌が増えるのを防いだり腸の粘膜を保護したりといった効果が得られやすくなります。

この酢酸によってアレルギーが起こりにくくなったり肥満も防ぐ効果があることも分かってきています。ビフィズス菌の入っていないヨーグルトでも乳酸菌が入っているので、今いる善玉菌を助けて腸内環境を整えるのに役立ちますが、乳酸菌は酢酸を作り出すことはできないのでビフィズス菌ほど積極的な効果は得られにくいと考えられます。

漬け物や味噌などでも乳酸菌は摂れますが、ビフィズス菌を摂取するにはヨーグルトやサプリメントなどが主な方法で、なかでもヨーグルトは食品として摂取できるのが特徴で、乳酸菌も一緒に摂ることができます。ヨーグルトは美味しく食品としてビフィズス菌を摂取したい人におすすめです。

ビフィズス菌の多いヨーグルト

ビフィズス菌の多いヨーグルトとしては、下記があります。
ビフィズス菌ヨーグルト

  • 森永:ビヒダスヨーグルト
  • 雪印メグミルク:ナチュレ恵megumi
  • co-op:プレーンヨーグルト生乳100%
  • 小岩井:生乳100%ヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルトで無糖

ビフィズス菌ヨーグルトで無糖のものとしては、下記があります。

  • 森永:ビヒダスプレーンヨーグルト脂肪ゼロ
  • 雪印メグミルク:ナチュレ恵megumi脂肪0
  • co-op:プレーンヨーグルト脂肪0

ビフィズス菌入り飲むヨーグルト

ビフィズス菌入り飲むヨーグルトとしては、下記があります。

  • 雪印メグミルクのガセリ菌SP株ヨーグルト
  • グリコのビフィズス菌Bifix

ビフィズス菌ヨーグルトランキング

ビフィズス菌ヨーグルトランキングとして下記がベスト4であり四天王です。
ビフィズス菌ヨーグルト

  • 1位…森永:ビヒダスヨーグルトのビフィズス菌BB536
  • 2位…雪印メグミルク:ナチュレ恵megumiのビフィズス菌SP株
  • 3位…小岩井:生乳100%ヨーグルトのビフィズス菌BB-12
  • 4位…co-op:プレーンヨーグルト生乳100%のビフィズス菌BB-12

ビフィズス菌ヨーグルトの効果

腸内環境が身体の調子をつかさどると言いますが、実際に腸内環境が乱れると便秘や体調の不調だけでなくメンタル的にもバランスが乱れ、日々の生活がスムーズでなくなります。
ビフィズス菌ヨーグルト
腸内環境を整えるのに効果があるのはまず食物繊維ですが、腸内細菌のエサになるビフィズス菌も忘れてはいけません。

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいてそれぞれバランスが保てているときには快腸と言えますが、一旦バランスが崩れると腸内環境が悪くなり体調不順につながります。

腸内細菌のバランスを自然な状態に整えるのがビフィズス菌ですが、摂取する時間によって効果が異なります。ビフィズス菌は大腸と小腸まで届くのに時間がかかるので、一番効果が期待できるのは朝一番に飲むことです。

多めの水と一緒に摂取することがお勧めです。サプリで摂る場合はできるだけ多くの種類の菌が含まれているものを選ぶ方がいいです。なぜなら効果のある菌は人によって違うからです。

もし数種類しか菌が入っていない場合すべて自分に合わない菌であったならばせっかく摂取しても意味がありません。それにプラス水溶性、不溶性の食物繊維を毎日欠かさず摂れば腸内環境がかなり改善されることが期待できます。

ビフィズス菌ヨーグルトで便秘解消

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌には便秘を改善する効果があると聞いたことのある人も多いでしょう。腸内に悪玉菌が多いと腸がアルカリ性になってしまい、細菌が繁殖しやすい状態となります。
ビフィズス菌ヨーグルト
腐敗発酵も促進するため、ガスが発生することでお腹が張ってしまうということです。ビフィズス菌は発酵することで乳酸を作ったり、酢酸を生み出すという効果があります。

酢酸には腸内を酸性にするという働きがあるため、酸性に弱い悪玉菌の増殖を抑えてくれるということです。結果として腸内に善玉菌が多くなるということです。

善玉菌が優勢になると消化吸収が活性化されますし、便を押し出す動きも活発になります。ヨーグルトで便秘を改善したいという場合、ビフィズス菌との相性がポイントとなります。

体質にとってどの菌が合うのかは異なってくるため、いろいろなヨーグルトを試してみると良いでしょう。便秘を改善するためには朝と夜の2回に分けてヨーグルトを食べるのもおすすめです。

1日に食べる量は200~300gで良いとされており、食べ過ぎると下痢になってしまうこともあるので注意が必要です。ちなみに、食事をしてから食べたものが消化されるまでには24~72時間かかると言われています。そのため最低でも3日間は同じヨーグルトを食べてみましょう。

ビフィズス菌ヨーグルトでダイエット

ビフィズス菌はダイエットに効果があると言われています。それは腸内フローラの環境を改善する効果があるためです。腸内フローラは近年話題になっている単語ですが、大腸の中の菌の集団がお花のような形に見えることからその名前が付きました。
ビフィズス菌ヨーグルト
腸内の菌は善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3種類で構成されています。近年の研究から痩せている人や痩せやすい体質の人はこの菌の割合が、善玉菌優位であることが分かったのです。

善玉菌を増やすには腸内環境を整えることが大切ですが、その際にビフィズス菌がとても役に立つのです。ビフィズス菌を積極的に摂取することによって、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があると言われています。

腸内環境を整えるだけで食べても太りにくい痩せ体質に近づけるというのは素晴らしい発見です。またそれ以外にも免疫力の向上などにも効果が期待できるため、体質改善を行いたい人にも向いています。

ビフィズス菌は、ヨーグルトで気軽に摂取することができます。様々なフレーバーのヨーグルトがありますから、ダイエット中のおやつや自分へのご褒美としても気軽に摂取することができます。

日頃からビフィズス菌を摂取して、ダイエットや体質改善に役立出るようにしましょう。

ビフィズス菌ヨーグルトの作り方

腸内フローラの環境改善が全身の健康につながるという認識から、その改善につながることに直結するビフィズス菌といった乳酸菌で作る食品が人気となっています。
ビフィズス菌ヨーグルト
その乳酸菌の食品の代表格といえばヨーグルトであり、ビフィズス菌の酵素によって乳製品の脂肪分を吸着することで固めた食品です。

基本的にヨーグルトは市販品で購入することが多いですが、製品の中には発酵が進んで酸味が強く食べづらいため苦手という人も多いといえます。

ただ健康に良いとわかっているので酸味を少なくして食べたいと思った時には手作りにするとよいです。実はヨーグルトの作り方はとても簡単で、パック一本分の牛乳か豆乳そして少量の砂糖と市販品のヨーグルトもしくは乳酸菌の粉末を用意するだけです。

その作り方は、ヨーグルトメーカーがある場合には問題ないですが無い場合には大きめの密閉容器を用意してアルコールもしくは煮沸殺菌できれいに乾燥しておきます。

そして牛乳か豆乳の中に少量の砂糖とヨーグルトもしくは乳酸菌の粉末を入れて混ぜて、それをヨーグルトメーカーもしくは密閉容器に流しいれます。

メーカーの場合には温度調節をしてくれるので設定どおりに置くだけで完成し、密閉容器の場合は発酵が進む35度から40度を目安にお湯を沸かしその中に入れて毛布でくるみ放置するだけです。そして開けてみて固まっていれば完成になります。

ビフィズス菌ヨーグルトの培養

ビフィズス菌ヨーグルトの培養をしても、家庭ではビフィズス菌がない状態のヨーグルトが出来上がります。ビフィズス菌は嫌気性なので、空気の無い内臓が生きる場所です。
ビフィズス菌ヨーグルト
ビフィズス菌入りヨーグルトを種菌としてヨーグルティアなどでヨーグルトを作ったとしても、ビフィズス菌を家庭で増やすことはできず、単に乳酸菌ヨーグルトが出来上がるだけです。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれ、腸内環境を整えることで知られています。そんなビフィズス菌には他にどんな効果があるのか見ていきましょう。
ビフィズス菌ヨーグルト
まず、ビフィズス菌と聞いて思い浮かぶのは便秘解消などの整腸作用ですよね。これはビフィズス菌が産出する乳酸や酢酸といった有機酸が、悪玉菌の増殖を防ぐことで腸内環境が改善され得られる効果です。

次に感染防御作用もあります。ビフィズス菌は腸内の善玉悪玉のバランスを整えるので、病原菌の感染を防ぐ効果があるのです。風邪やインフルエンザなどに有効なので感染予防ために摂取したいですね。

次に血中脂質改善作用についてです。脂質の代謝がスムーズにいかないと血中のコレステロール値や中性脂肪が増えていきます。ビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やすので、腸内のバランスを整え脂質代謝を改善する効果があるのです。

つまり肥満や、それに伴う動脈硬化や心筋梗塞の予防になります。このようにビフィズス菌には、便秘解消だけではなく健康への嬉しい効果が沢山あります。

善玉菌を増やし腸内環境を改善するには一回摂れば永遠に効果が続くという訳ではないので、毎日継続することが大切です。ヨーグルトやサプリメントなどで摂取して美味しく気軽に続けたいですね。

ビフィズス菌と乳酸菌

健康のために毎日ヨーグルトを食べるようにしているという人も多いことでしょう。実際ヨーグルトを手に取ってその表示を見てみると、乳酸菌やビフィズス菌が入っているという表示を目にするものです。
ビフィズス菌ヨーグルト
では、ヨーグルトに入っている乳酸菌とビフィズス菌には一体どんな違いがありますか。また、乳酸菌入りとビフィズス菌入りがあったら、どちらを購入したらよいのでしょうか。

基本的に言って、ヨーグルトの発酵には乳酸菌が不可欠であるため、全てのヨーグルトに乳酸菌は入っていると言うことができます。それに加えて、あるヨーグルトにはビフィズス菌が入っているというわけです。

ここで言うビフィズス菌は、人の腸内に最も多く存在している有用な菌であると言われています。実際には、私たちの腸内に存在している乳酸菌とビフィズス菌とを比べてみると、その割合は何と乳酸菌が0.1パーセントでビフィズス菌が99.9パーセントであると言われているほどなのです。

こうした事実に照らして考えてみると、乳酸菌入りとビフィズス菌入りのどちらを選ぶべきかがおのずと分かるでしょう。ビフィズス菌が豊富に入っているヨーグルトを摂取して、より一層の健康増進を図りたいものです。

ビフィズス菌ヨーグルト以外

ビフィズス菌ヨーグルト以外で、便秘解消のためにビフィズス菌を摂取したいのであれば、ビフィズス菌が配合されたサプリメントを飲むのが良いでしょう。

ビフィズス菌ヨーグルト以外での発酵食品

善玉菌が増えやすい食事は野菜などを中心として肉を少なめに摂ることです。さらに必要に応じて善玉菌を含んでいる食品を摂ることで効果さらに上がります。

馴染みが深いものとしてヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌がよく言われますがビフィズス菌ヨーグルト以外では日本の伝統食品と言われている漬物屋味噌にも豊富に乳酸菌が含まれています。

外から生きた善玉菌を取り込むと腸に到着する前に死んでしまうこともあります。しかし、特定保健用食品と謳っているものであれば便の中でも生きていることを国が審査しています。

また一日に必要な効果のある摂取量も明記されているので安心です。海外のものであると、キムチやザワークラウトもその一種となります。このような植物由来の乳酸菌に詳しい問われている教授は乳製品のような脂肪や糖分を含んでいないし食物繊維を同時に摂取することが可能というメリットもあります。

しかし、塩分の取りすぎも懸念されていて塩を使用していない長野のすんき漬けなどが良いとされています。近年では旨味調味料を使っている漬物も多いですが、これは乳酸菌の効果が減ってしまうこともあるので注意が必要です。

自分で作るときにはしっかりと混ぜて腐らないように管理することも大切になってきます。

製造が難しい特別なビフィズス菌入りヨーグルト

ビフィズス菌入りヨーグルトは特別なものです。乳酸菌と同じようにビフィズス菌も全てのヨーグルトに入っていると思っている人が多いでしょう。ですが、この菌が入っていないヨーグルトもあります。一般的なものは乳酸球菌で発酵させたもので、この菌は加えられていません。

乳酸菌にも整腸作用などはありますが、ビフィズス菌はより強く作用します。また、ビタミンBを作り出す働きもあります。アレルギーを抑える作用やコレステロールを下げる作用も期待することができるでしょう。ビフィズス菌は腸のコレステロールを吸収されにくいコプロスタノールに分解してくれます。ただし、人のお腹の中のビフィズス菌は酸素や酸にとても弱くてすぐ死んでしまうので、定期的に補ってください。

弱いビフィズス菌が多いため、この菌をたくさん含むヨーグルトの製造は難しいです。家庭用のヨーグルトメーカーでは強いビフィズス菌であっても増殖させることはできません。この菌が入ったヨーグルトを作るためには特殊な設備を用意しなければいけません。酸素を遮断する必要もあります。

本当に特別なビフィズス菌入りヨーグルトは製造が難しい故に価格が高めですが、それだけの価値は充分にあると言えるでしょう。アレルギーやコレステロールに悩んでいる人は取り入れましょう。

ビフィズス菌ヨーグルトを食べるためには無糖タイプがおすすめ

ビフィズス菌ヨーグルトは店頭でも多数陳列されており、豊富な種類もあるため、どれを選択すれば悩んでしまうことも多いです。一番、気を付けなければならないことは、整腸作用やアレルギー対策、病気の予防にも優れて健康にも良いため、ついつい食べ過ぎがちになりやすい点です。

ビフィズス菌ヨーグルトのほとんどが加糖で砂糖などを使用して甘く味を付けて食べやすくしているため、その糖分の摂取量が豊富になってしまう点があります。糖分の摂り過ぎでは、糖尿病といった生活習慣病にかかる恐れもあるため、幾ら体に良いからと言って食べ過ぎることは考えものです。

それ以外にもカロリーも高くなってしまうため肥満の原因となるため、ダイエットには適していないため注意を要します。最近はビフィズス菌ヨーグルトでも無糖タイプも販売され、甘さが全くないタイプの商品もありおすすめです。

ところが無糖タイプは糖が存在しない分だけ、味のおいしさが感じられず単体で食べるのには適していない状態となります。そのため価格も安く抑えられている場合もありますが、無糖タイプは甘さが存在しない分だけフルーツやサラダなど料理に使うことも適しています。

無糖タイプの方が糖分やカロリーを気にしなくても済み、甘さを人工甘味料で補うなどして食べれば良いため、健康にも大変おすすめになります。

ビフィズス菌の効果が期待できる明治ブルガリアヨーグルト

腸内環境を整えると便秘が解消されたりお肌の調子が良くなったり、健康や美容に良い効果が期待出来ると言われています。腸内環境を整えるには、運動や規則正しい生活の他に食生活を見直すことも大切です。

そんな腸に良いとされる食べ物のひとつが発酵食品です。発酵食品にも色々ありますが、ヨーグルトもそのうちのひとつです。ヨーグルトも沢山の種類がありますが、青と白のパッケージが目印の明治ブルガリアヨーグルトも多くの方に馴染みのあるヨーグルトです。

実際、明治ブルガリアヨーグルトはスーパーなどでも良く見掛け食べたことがある方も多いのではないでしょうか。明治ブルガリアヨーグルトは、1971年に日本で初めて発売されたプレーンヨーグルトで、1996年には腸内細菌のバランスを整え、

おなかの調子を良好に保つ効果があるとして、トクホ食品として認められたお墨付きのヨーグルトです。そんな明治ブルガリアヨーグルトには、ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株の2種類の乳酸菌が含まれいます。

乳酸菌の頭文字のアルファベットとそれらの菌の末尾の数字を組み合わせて「LB81」と名付けら、このLB81が入っているのは明治ブルガリアヨーグルトだけです。

このLB81はビフィズス菌を増やし腸内環境を整える効果があります。それにより排便回数が増加、アンモニアの減少や便の臭いの軽減などの様々な効果もあると言われています。

ヨーグルトを食べてダイエットするのをおすすめ

ヨーグルトを食べると腸内に善玉菌が増える効果があります。善玉菌で腸内環境を整えることで、便秘を防ぐと排便を促すこうかがります。基礎代謝を高める働きをすることで、消費カロリーを上げる効果があります。

ダイエットすることで、食事が偏ると、腸内環境のバランスが悪くなって、それにより基礎代謝が落ちることがあります。それは消費カロリーを減らして太りやすい体質にします。ダイエットをすることが効果になります。

そのために腸内のバランスを取るようにするのをおすすめします。ヨーグルトを食べることで善玉菌を摂取することで痩せやすい体質に変えていきます。

プレーンのヨーグルトは糖質が少なく、良質なタンパク質が多いため、カロリー制限をする時に便利です。肉と比べて脂質が少ないため、肉よりも安心して食べられます。太る心配がありません。

乳製品には体の調子を整えるのに必要なカルシウムも含まれているので、ダイエットをする時には必ず食べた方がいいです。それで必要な栄養を摂取できます。他の食べ物よりも楽に手に入ります。

ダイエットをする時にヨーグルトを食べるなら、いろいろな効果があります。菌の種類によっても効果に違いがありますので、いろいろな種類のを食べてみると良いでしょう。

便秘におすすめなヨーグルトと食べ方とは

便秘は腸内の環境が乱れたために起こります。あまりにもひどい便秘になると肌荒れを起こすだけでなく免疫力が低下し、風邪をひきやすくなります。便秘を改善することで体調も整っていくのでなんとなく便通がない、固くて出にくいといった場合は食生活を見直すようにします。

便秘におすすめな食べ物にヨーグルトがあります。ヨーグルトにはビフィズス菌や乳酸菌が含まれており、これらの菌が腸内に届くことで便秘を改善していきます。

具体的にはBE80株やLGG株、ガゼリ菌、ブルガリア菌、ラブレ菌などがありますが、自分の体に合わない場合もあるので、最低でも2週間は食べ続けることが必要になります。

また、しばらくたつと腸は慣れてきて、食べていたヨーグルトを食べても何も変化しなくなることもあります。そのような時はヨーグルトに含まれている乳酸菌の種類を変えて、再び2週間ほど続けてみましょう。そうすることで次第に便通が整っていくので、根気よく毎日続けることが大切です。

なお、ヨーグルトは食後に食べるのがポイントです。食後に食べることで乳酸菌は胃酸と戦う必要がなく、きちんと腸まで運ばれていきます。また、夜食べることで寝ている間に腸内が整っていきます。

ビフィズス菌ヨーグルトおすすめランキング!便秘解消でダイエットのまとめ

ビフィズス菌の多いヨーグルトは乳酸菌とチカラを合わせ便秘やダイエットに効果があるという。ビフィズス菌の飲むヨーグルトメーカーは明治や森永以外はないのか?無糖培養の作り方も含めおすすめランキングを紹介しよう。大腸の99.9%を占める善玉菌のちからとは!

ビフィズス菌と乳酸菌は便秘関係どっちがいい?同時や納豆菌、酪酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌は、別の腸内細菌に分けられていますが、以前はどちらも乳酸菌と呼ばれていました。この乳酸菌の研究が進んだことでビフィズス菌について情報が増え、細分化されたというわけです。
ビフィズス菌と乳酸菌
で、ビフィズス菌と乳酸菌が腸内フローラを改善して、腸内環境を整えることによって、腸が乱れて悪玉菌が増えると便秘にも下痢にもなりやすくなります。

頑固な便秘を解消したり、免疫力をアップしたりするには、ビフィズス菌と乳酸菌ではどっちがいいのでしょうか?これは、大腸と小腸の善玉菌が何なのか?そして、大腸と小腸の働きが何なのかを知ることで自然と理解できてしまいます!

ダイエット先生ダイエット先生

カラダが元気になるのも、病気になるのも、内臓を中心としてアナタの身体のチカラ次第です!

ビフィズス菌と乳酸菌の関係

ビフィズス菌と乳酸菌の関係は、大腸と小腸の関係とも言い換えられます。なぜならば、大腸の善玉菌の99.9%を占めるのがビフィズス菌であり、小腸の善玉菌が乳酸菌だからです。
ビフィズス菌と乳酸菌

よくわからないビフィズス菌と乳酸菌の関係

乳酸菌は、代謝によって乳酸を作り出す働きのある細菌の総称です。乳酸菌は生物の中に存在していて健康に関与しています。人にも古くから腸内に存在していることがわかっています。
ビフィズス菌と乳酸菌
腸内は多くの種類の細菌が存在していて、その働きから善玉菌と悪玉菌に分けることができます。善玉菌は健康に良い影響を与えるもので腸内の割合を高くすることが健康に大切と言われています。そのためには体内生成に頼るのではなく、食事によって摂取することが欠かせません。

食事によって摂取できる乳酸菌の1つにビフィズス菌があります。つまりビフィズス菌は乳酸菌の一つの分類という関係にあります。他の乳酸菌と違って、乳酸の産出と同時に酢酸も作り出すことができます。

腸内は善玉菌と悪玉菌の割合で環境が変化します。善玉菌を増やすことも重要ですが、悪玉菌を減らすことも同じように重要です。酢酸は悪玉菌の繁殖を抑える強い殺菌能力があります。

つまりビフィズス菌は善玉菌を増やして、悪玉菌を増やさない働きがあると言うことです。ビフィズス菌と言っても50種類近いものが存在していて、そのうち10種類ぐらいが人の健康に影響すると言われています。より効果が高く、しっかり腸まで届くものを選ぶ必要があります。

ビフィズス菌と乳酸菌のどっち?

ビフィズス菌と乳酸菌のどっちが、どこに存在している善玉菌なのかを知ることがとても大切です。腸内の善玉菌を増やすことで、便秘解消や免疫力アップに繋がることはなんとなくわかっているでしょう。
ビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌どっちがいい?

では、ビフィズス菌と乳酸菌どっちがいい?と言った場合には、目的が何なのか?によります。免疫力をアップさせたいのか、それとも、頑固な便秘を解消したいのか?という特異なジャンルがあるというわけです。

ビフィズス菌と乳酸菌で便秘解消するなら?

ビフィズス菌と乳酸菌で便秘解消するなら、どっちがいいのでしょうか?この答えは、ビフィズス菌です。なぜなら、大腸の善玉菌がビフィズス菌であり、便秘や下痢に大きく関連しているのが大腸だからです。
ビフィズス菌と乳酸菌
多くの女性が悩む便秘ですが、ウンチをスッキリ出すには、便秘の原因によって、必要なものを摂取する必要があります。ビフィズス菌に加えて、便が硬くて水分が足りない場合には、水溶性食物繊維を多く含む食べ物を食べましょう。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶水溶性食物繊維の多い食品

便が硬いんじゃなくて、便の量が少ないためにうんちが出ないというダイエットで食事制限をしている女性に多い便秘原因の場合には、便のカサ増しを行う不溶性食物繊維を多く含む食べ物を食べましょう。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶不溶性食物繊維の多い食品

水溶性食物繊維や不溶性食物繊維を多く含む食べ物を食べているのにウンチが出ない場合には、腸の動きが悪く、大ぜんどう運動が起こっていないので便が肛門に向かって進む速度が遅くて便秘になっている可能性が高いです。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶大ぜんどう運動で便秘解消

ビフィズス菌と乳酸菌で免疫力アップ

ビフィズス菌と乳酸菌で免疫力アップするのは、どっちがいいのでしょうか?花粉症やアレルギー症状、風邪やインフルエンザに関連する免疫力アップをしたいなら乳酸菌が効果的です。
ビフィズス菌と乳酸菌
なぜなら、乳酸菌は小腸に多い善玉菌であり、ヒトの免疫力の70%程度を担っているのが、小腸だからです。だから、小腸の善玉菌である乳酸菌を活性化させて増やすことで、小腸の働きで免疫力が上がるのです。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶乳酸菌で免疫力アップ

ビフィズス菌と乳酸菌を同時

便秘にも免疫力アップにも効果があるようにするには、ビフィズス菌と乳酸菌を同時に摂取すれば良いのでは?と思うのが自然ですね。身近な食べ物であれば、ビフィズス菌入りヨーグルトを食べればビフィズス菌と乳酸菌を同時に摂取することになります。
ビフィズス菌と乳酸菌
ヨーグルトを作るには乳酸菌が必要なので、ヨーグルトには何らかの乳酸菌が入っています。ビフィズス菌は自然界の食べ物には入っていないので、ヨーグルトにおいても後から添加します。よって、ビフィズス菌入りヨーグルトを食べれば同時に摂取できます。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌と乳酸菌と納豆菌

ビフィズス菌と乳酸菌を同時に摂取することで、大腸と小腸の善玉菌が増えて、腸内環境全体が改善されることは説明しましたが、これに納豆菌をプラスするとさらに腸内フローラが改善されます。
ビフィズス菌と乳酸菌
なぜかというと、納豆菌は善玉菌を増やす働きがあり、納豆と乳酸菌を共存させた実験において、乳酸菌が10倍に増えたという結果も報告されています。納豆と一緒に乳酸菌を摂取するなら植物性乳酸菌が豊富に含むキムチと合わせて、納豆キムチにすると良いでしょう。

ビフィズス菌と乳酸菌と酪酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌だけでなく、酪酸菌を腸内環境に増やすことによって、さらなる健康効果が期待できます。ビフィズス菌が酪酸菌に働きかけて
、過剰な免疫反応を抑制する酪酸を生み出します。

また、酪酸菌の主なものとして、フィーカリバクテリウム・プラウスニッツィ(Faecalibacterium prausnitzii)やクロストリジウム・ブチリカム(Clostridium butyricum)などがあります。

ビフィズス菌を増やすのに役立つ乳酸菌とオリゴ糖

腸内環境を整えてくれる善玉菌のひとつであるビフィズス菌は、乳幼児の頃には腸内にたくさん生息しているものの、大人になるに従い次第に割合が減ってきてしまいます。
ビフィズス菌と乳酸菌
ビフィズス菌が腸内で作り出す酢酸には、悪玉菌が増えるのを抑えてくれたり腸の粘膜を保護する効果にくわえて、花粉症や肥満を予防する効果があることも分かってきており、人の全身の健康に役立つと考えられています。

また乳酸菌も整腸作用やアレルギーの抑制機能・美肌効果などが期待される善玉菌です。ヨーグルトはもちろんキムチや漬け物・味噌などにも入っています。

乳酸菌は生きた状態で腸まで届かなくては意味がないとおもわれがちですが、菌の成分自体に腸内環境を整える効果があるため、殺菌済みのものでも効果が期待できます。

オリゴ糖もビフィズス菌や乳酸菌とともに腸内環境を整えて便秘を解消するために役立つと言われていますが、ビフィズス菌のようにオリゴ糖自体が悪玉菌を退治し減らすことができるわけではありません。

しかしオリゴ糖はビフィズス菌をはじめとした腸内の善玉菌のエサとなり善玉菌を増やすのに役立ちます。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌とオリゴ糖を組み合わせると効果が増すでしょう。

ビフィズス菌や乳酸菌でダイエットしたいなら

ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌や乳酸菌はダイエットに効果があると言われています。腸内細菌は小腸や大腸で摂取した栄養素の消化と吸収を行っていますが、健康な時は善玉菌の方が数が多いと言われています。
ビフィズス菌と乳酸菌
しかし、善玉菌よりも悪玉菌が増えてしまった場合、体にさまざまな悪影響が出てきてしまうのです。腸内細菌のバランスは睡眠不足やバランスの悪い食生活、ストレスなどが原因で乱れてしまうと言われています。

そのため健康的な腸内環境を維持したいという場合、善玉菌を増やす必要があるのです。ビフィズス菌には整腸作用があるため、便秘解消の効果で注目を集めています。また、肥満を防止する効果が期待できる種類もあるということです。

ビフィズス菌にはさまざまな種類がありますが、サプリメントや健康食品を利用すれば手軽に摂取することができます。しかし、菌が体質に合わない場合は下痢などの症状が出てしまうこともあるので注意が必要です。

ダイエットのためにはビフィズス菌を摂取するだけでなく、腸内細菌のバランスを整えることもポイントです。ビフィズス菌などの善玉菌は一度摂取すれば体内にずっと定着するわけではないため、毎日補うようにしましょう。継続することで少しずつ体質を変えることができるのです。

乳酸菌だけでなくビフィズス菌が入っているヨーグルトとは?

ヨーグルトは美味しいということでも人気がありますが、健康に良い影響を与えるということでもかなり注目されている食品です。そんなヨーグルトがなぜ身体によいかというと、乳酸菌が入っている発酵食品ということで腸内環境を良くしてくれるということが一般的に知られています。
ビフィズス菌と乳酸菌
しかし一方であまり知られていないのがヨーグルトの中でもビフィズス菌が入っているものもあるということと、そのビフィズス菌が身体にどのような影響を与えるかということです。

まずビフィズス菌は乳酸菌と同じように体内で糖質や食物繊維を取り込んで乳酸を生成します。ここまでは同じですが、違うのはビフィズス菌の場合はそれ以外に酢酸を多く生成するということです。

実は、この酢酸が腸内環境により良い影響を与えるという調査結果が出ています。というのも酢酸は強い酸性なので、かなり殺菌能力を持っているのです。そしてこの殺菌作用で悪玉菌が繁殖するのを防いでくれるので、健康に良い影響があると言われています。

ただもともとビフィズス菌は体内に数多く存在する菌です。しかし、この菌は年齢とともに減少していく傾向があるとされています。そのため、食事により摂取することでその働きを助けてあげることが必要だと言われています。なのでヨーグルトを購入する際には乳酸菌だけでなくビフィズス菌も含まれているものを選ぶと良いでしょう。

乳酸菌のいろいろな分類とビフィズス菌

乳酸菌と言うと、乳製品を思い浮かべる人が多くいます。名前からして、牛乳に含まれているような気がします。残念ながらそれは間違ってはいませんが正しくはありません。乳酸菌は乳酸を産出できる細菌のことを総称している言葉です。
ビフィズス菌と乳酸菌
乳酸が腸で増殖することで弱酸性になると悪玉菌が増殖しにくい環境になります。乳製品のように動物から由来するものを動物性、食物の発酵によるものを植物性に分類することができます。摂取することで腸に届くことでどちらも同じように善玉菌として機能します。

乳酸菌は、特徴によって大きく分けるとラクトバシラス属、エンテロコッカス属、ラクトコッカス属、ペディオコッカス属、リューコノストック属、ストレプトコッカス属の6つに分類することができます。

そのうちラクトバシラス属は多くの食品の発酵に利用されるものです。また、産出する物質の違いによって分類することもできます。それがヨーグルトなどによく用いられるビフィズス菌です。

ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も産出働きがあります。酢酸は悪玉菌の増殖を抑制する働きがあり、乳酸だけよりもさらに効率よく腸内環境を高めることができるため、積極的に摂ることが期待されます。

ビフィズス菌を増やす働きのある納豆菌

ビフィズス菌は腸内に生息する善玉菌で、腸内フローラを安定化させる働きが存在し、それにより本来の体が持っている免疫細胞が強化され健康体になることが可能です。一方、腸内では悪玉菌も存在し悪玉菌が増加してしまうと免疫細胞が弱まり、病気になったりしやすくなります。

ビフィズス菌は悪玉菌の繁殖を抑えることもでき、腸内を良好な状態に保つことが可能で、アレルギー症状や病気にもなりにくくすることが可能です。ビフィズス菌は、みそやチーズ、ヨーグルトなどといった発酵食品類に主に含まれており、知らず知らずに人間はそれを食べることで取り入れています。

なかでも古来より健康に優れた食品である納豆は、毎日の食卓でも食べられることが多いですが、その納豆のねばねば成分には納豆菌が豊富に存在します。納豆菌はビフィズス菌を増やす働きのある菌で、他にも悪玉菌類を一掃する効果がある優れた菌です。

納豆菌自体は腸内に留まることもなく、排出されてしまう通過菌に分類されますが、胃酸などでも死滅せずにそのまま腸内まで届けてくれます。また悪玉菌の増殖の原因となる腐敗菌などを取り除くこともできるため、健康のためにそれを食べることを各種マスコミなどの報道でも摂取が奨励されています。

乳酸菌とビフィズス菌は結局どっちがいいのかを確認しよう

健康と美容のためには腸内環境を整えておくことも大事ですが、腸内の健康には乳酸菌やビフィズス菌が良いとされています。それゆえ、たっぷり摂れるよう食事に気を使ったり、サプリメントや健康食品を活用している人も少なくありません。

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌として知られており、同じようなイメージもありますが、結局のところどんな違いがあるのか、乳酸菌とビフィズス菌では健康にどっちがいいのか良く知らないという人もあるのではないでしょうか。

その違いも知っておきたいですが、まずどちらも人間の腸内に生息する善玉菌です。ビフィズス菌は主に人間や動物の腸内に生息する菌で酸素があると生きていくことはできません。

これに対して乳酸菌は動物や人間の腸内だけではなく発酵食品にも見られ、酸素があっても生息していけるので自然界に広く生息しているという違いがあります。

どちらも健康には欠かせない菌ですが、特にビフィズス菌は便秘や下痢などの不調を防ぐのにはなくてはならないものです。そして乳酸菌は抗肥満作用もありますので、ダイエットにはなくてはならない善玉菌です。

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも免疫力の強化や抗アレルギー作用がありますので、どちらもバランス良く摂りいれていきましょう。

ビフィズス菌と乳酸菌は便秘関係どっちがいい?同時や納豆菌、酪酸菌のまとめ

頑固な便秘で悩むならビフィズス菌と乳酸菌のどっちがいいのだろうか!大腸の善玉菌の99.9%がビフィズス菌であることを考えれば分かる。同時に摂取すればさらに良いが、ヨーグルト効果に加え納豆菌や酪酸菌だったりオリゴ糖、水溶性食物繊維などで増やす食べ物は何か?

ビフィズス菌の英語!例文帳と追加辞書に法令、意味や読み方辞典網羅

ビフィズス菌の英語での表記や読み方、発音など気になる内容を質問や回答の例文を交えて、特許庁のような法令も例示して辞書や辞典のように分かりにくさをなくし、分かりやすく知りたくないですか?
ビフィズス菌の英語
辞書や辞典って、確かに必要な情報は書いてあるかも知れませんが、面白みがないだけでなく、とにかく読み難くて分かりにくいですよね?なんででしょうか…辞書を作っている人たちの視野が狭くて自分たちが正しいと思い込んでいるのかも知れません。

井の中の蛙という言葉があります。世間的に偉いと言われる人たちは、その人たちでしか分からない言葉を使っています。本人たちは気づいていないから、他のグループと話すと話が通じないのです。辞書や英語も同じようなことが起こっているのかも知れませんね!

ダイエット先生ダイエット先生

ビフィズス菌は大腸の99.9%を占める善玉菌ですが、小腸においては乳酸菌が優勢勢力です!

ビフィズス菌の英語:読み方

ビフィズス菌の英語で表記すると「Lactobacillus bifidus」もしくは「Bifidobacterium」と表記します。片仮名読みの読み方は下記の通りです。
ビフィズス菌の英語

  • Lactobacillus:ラァクトォゥバァシィラァス
  • bifidus:ビィフィダァス
  • bacterium:バァクティィアリィアム

ビフィズス菌の英語:発音

ビフィズス菌の英語表記したものをカタカタではなく、発音記号であらわしたものが下記です。
ビフィズス菌の英語

  • Lactobacillus:læ`ktoubəsíləs
  • bifidus:bífidəs
  • bacterium:bæktíəriəm

ヨーグルトに入っていることで有名なビフィズス菌ですが、日本古来の単語ではなさそうなので、英語っぽく聞こえます。しかし、「菌」の部分は何と訳せばいいのか分からないし日本語風にそのまま読んでも外国人には理解してもらえません。
ビフィズス菌の英語
ビフィズス菌は英語では「bifidobacterium」と言います。外国では学名がそのまま使われているので、海外旅行をしたときにスーパーなどでヨーグルトのラベル表記を見るとこの文字が書いてあるのが確認できるはずです。

発音は、「ビフィドバクテリウム」と読みますが、日本語のカタカナ読みにならないようにアクセントを付けて流れるように発音しましょう。もともと英語ではなくラテン語の単語なので、ローマ字のように読んでもわかってもらえます。

海外でも健康効果が注目されていて人気が高まっているビフィズス菌は、ヨーグルトや乳製品に積極的に使われていて目にすることも多い単語です。

発音まできちんと理解していれば会話の中でも使うことができて、健康食品や料理についての話題でも専門知識があることをアピールしたり、深入りした会話が楽しめます。海外旅行中も腸内環境を保つためにビフィズス菌の入った食品を探すのがおすすめです。

ビフィズス菌の英語:意味

ビフィズス菌の英語で意味というのも変な話で、ビフィズス菌の意味を知りたいという質問に回答するのと変わりません。ビフィズス菌は、グラム陽性の偏性嫌気性桿菌の一種で、放線菌綱Bifidobacteriales目Bifidobacterium属に属する細菌の総称です。
ビフィズス菌の英語
ビフィズス菌を英語にするとBifidobacterium(ビフィドバクテリウム)になります。細胞が菌糸を形成して細長く伸びていく増殖をする放線菌の中のBifidobacteriales目のBifidobacterium属に属する細菌の総称です。

その中の一つである基準書のbifidum(ビフィドゥム)だけを呼ぶこともあります。ビフィズス菌は乳酸を産出する細菌であることから乳酸菌に属します。ただし、乳酸以外に酢酸を産出するため、腸内環境を改善する働きが強いと点で多くの食品に使われています。

英語名はビフィドゥムとなっていますが、元々はビフィドゥスと言うラテン語で「二又の」と言う意味の言葉が使われていました。これは細菌が増殖をするときに菌糸をV字やY字に似た形に分岐する性質を表したものです。

フランス・パスツール研究所によって乳児の糞便中より発見されたときにその分岐した形状がとても特徴的だったことから、その言葉が使われました。それに細菌を意味するバルキスをつけて、バキルス・ビフィドゥスと言うのが当初の呼び方です。

現在日本で使われるビフィズス菌と言う呼び方は、この時のものが由来していると言えます。

ビフィズス菌の英語:例文

ビフィズス菌の英語で例文として、下記のようなものがあります。特許庁にも関連するものですので、例文帳に載せておくと良いでしょう。
ビフィズス菌の英語

  • 新規ビフィズス菌:NEW BACILLUS BIFIDUS
  • ビフィズス菌という細菌:a bacillus called bifidus bacillus
  • ビフィズス菌増殖促進ペプチド:BIFIDOBACTERIA PROLIFERATION-PROMOTING PEPTIDE
  • ビフィズス菌増殖促進剤:BACILLUS BIFIDUS PROLIFERATION ACCELERATOR
  • ビフィズス菌による運動能力の向上:IMPROVEMENT IN CAPACITY FOR LOCOMOTION WITH BIFIDUS BACTERIUM
  • ビフィズス菌含有培養物及びその製造法:CULTURED PRODUCT CONTAINING BACILLUS BIFIDUS AND ITS PRODUCTION
  • 腸内ビフィズス菌増殖促進剤:GROWTH PROMOTER FOR INTESTINAL BIFIDOBACTERIUM
  • ビフィズス菌を含有する発酵乳の新規製造方法:NEW METHOD FOR PRODUCING FERMENTED MILK CONTAINING BACILLUS BIFIDUS
  • ビフィズス菌によるオリゴ糖利用能改善剤:AGENT FOR IMPROVING UTILIZABILITY OF OLIGOSACCHARIDE BY BIFIDOBACTERIA
  • ビフィズス菌の生菌数を維持しているソース分離タイプのヨーグルト:SAUCE SEPARATE TYPE YOGURT KEEPING VIABLE CELL NUMBER OF BACILLUS BIFIDUS

英語で濃縮したという意味のコンクビフィズス菌

ビフィズス菌は乳糖やオリゴ糖などを分解して大腸で乳酸や酢酸を作り、腸内の環境を整える善玉菌として有名です。近年は健康ブームから様々なヨーグルトや乳飲料などに含有されているため、手軽に摂取できます。
ビフィズス菌の英語
ビフィズス菌の一種であるコンクビフィズス菌末は病院で処方される整腸剤などに配合されており、ビフィズス菌の中でも特に整腸作用に有用な働きをする菌です。

コンクとは英語のconcentratedから来ており濃縮したという意味で、水や炭酸水などで薄めて飲む濃縮果汁飲料をコンクジュースと言ったりします。

市販の整腸剤にも量は少なくなりますがコンクビフィズス菌末は配合されており、ドラッグストアなどで処方箋無しで入手できます。大腸の腸内改善効果のあるコンクビフィズス菌末は、小腸の腸内改善効果のあるフェーカリス菌、小腸で有害菌をおさえるアシドフィルス菌末と一緒に摂取するのが望ましく市販の整腸剤にはこれら三種の菌を配合するのが通例です。

大量に摂取するとお腹がゆるくなりますが、整腸効果の現れなので心配する必要はありません。小児から高齢者まで安心して摂取でき、腸内改善効果の他にも便の臭いが臭くなくなる、残便感がなくなるなどの効果も期待できる菌です。

乳酸菌とビフィズス菌の英語

ビフィズス菌と比べられる乳酸菌の英語について考えて行きましょう。乳酸菌を英語にするとlactic acid bacteriaになります。直訳では「乳の酸性の細菌」です。乳酸自体は、糖を分解してエネルギーに変えるときに生成される物質です。
ビフィズス菌の英語
筋肉が糖質をエネルギーに替えるときに生成され、筋肉内を酸性に偏った環境に変えてしまいます。乳酸が蓄積されることで筋肉疲労が起こると言うイメージがありますが、実際には疲労した筋肉を回復させるために使われる物質です。

乳酸が溜まることが悪いようなイメージを持たれてしまいましたが、回復に使われる重要な物質と言うことです。また腸内で健康的な環境を維持するためにも使われています。

乳酸菌を直接示す単語は英語にはありません。その性状に合わせた内容として「乳」を示すlacticと「酸」を示すacidを組み合わせたものになります。

物質てきな観点から考えれば乳酸で一つの用語なので英語で示されているような分割した意味はありません。乳酸を産出する働きのある細菌を総称して示した用語です。日本では「乳酸」で一つの用語になり、言葉として分解することはできません。

一言で示せないと言うことは当て字に近いことになってしまいます。そのため、乳酸を示す場合は、英語よりも日本語の方が向いていると言うことになります。

プラズマ乳酸菌を英語で言うと?特徴や効果は

プラズマ乳酸菌とは英語で表記すると、Lactococcus-lactis-strain-Plasmaとなります。プラズマの語源は免疫細胞のひとつプラズマサイトノイド樹状細胞(pDC)に由来します。
ビフィズス菌の英語
このpDCを活性化させる機能を持った乳酸菌と言うわけです。pDCが活性化すると他の免疫細胞の活性も刺激する現象が起きることが知られており、免疫機能全体の賦活に繋がる効果を有するとみられていて、2017年からはプラズマ乳酸菌が配合された食品の販売が始まり注目を集めています。

乳酸菌と免疫機能には一見無関係のように思われますが、実は腸内には数百種類に及ぶ無数の細菌が生息しており「腸内フローラ」を形成しています。

腸内には免疫機能を担う細胞も相当数存在していますが、良好な腸内フローラの最適化は免疫機能の正常化にも繋がりを持つ訳です。ここでプラズマ乳酸菌が他の乳酸菌と違うのは、小腸で吸収される点にあります。

pDCは小腸に多く存在し免疫細胞全般の司令塔に相当する役割を担っています。従ってpDCをプラズマ乳酸菌で活性化することで、広範な異常細胞を対象に排除する「NK細胞」やウイルスへの抗体を作る「B細胞」なども活性が付与されます。

そのおかげで免疫機能全体が底上げされ、細菌やウイルスなどの外敵による感染症予防などをもたらしてくれるのです。

フェカリス菌とは?英語表記は?

フェカリス菌は乳酸菌の一種であるエンテロコッカス科エンテロコッカス属フェカリス菌の株の一つとされ、英語表記はEnterococcus・faecalis・strainFK-23(読みはエンテロ(腸)コッカス(球菌)・フェカリス・FK-23株)で健常なヒトから分離し同定された乳酸菌株で、熱処理菌を用いた研究により多くの特許が取られています。
ビフィズス菌の英語
特徴として加熱処理菌体が強い免疫調節作用を持つとされ、他には抗腫瘍作用や抗ガン剤の副作用軽減やC型肝炎改善作用や感染症抑制作用等があり、生菌に比べると加熱した方がより免疫調節作用が三倍になると言ったより強くなる点と、加熱しているのでその安全性も確認されています。

また同じ系列に当たるEC-12は英語ではEnterococcus・faecalis EC-12(エンテロコッカス属フェカリス種EC-12株)で、免疫乳酸菌と呼ばれており花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の予防や改善効果があるとされます。

FK-23菌同様に加熱処理して健康効果を発揮するタイプで、免疫力を上げる効果は生菌の約3倍で、1g中に約5兆個の菌が含まれており非常に小さな乳酸菌である為少ない量でたくさんの乳酸菌を腸へ届けるのが特徴です。

酵母という言葉の英語から日本語への成り立ちについて

いわゆる「真菌類」に分類されるのは、大きく分けると一般的にも知られる「きのこ」や「カビ」そして「酵母」の3つの形態に分けることができます。
ビフィズス菌の英語
このうち「酵母」といわれる菌類については、一般的に使われている狭い意味と専門的な生物学における広い意味ではかなり定義が変わってきます。

ですが、日本語での「酵母」、もしくは英語での「イースト」という言葉が一般的に使われる場合は、有機物などの中に含まれる糖分を分解しアルコールへと変え、アルコール発酵を行ういわゆる「子囊菌類」の事を指している場合が多いのです。

これはたとえば、ワインやビール、そして日本酒といった醸造酒や味噌、醤油といったさまざまな酒類や食品の製造過程にも多く関わっています。

「酵母」という言葉そのものも、本来は明治時代のころに日本にヨーロッパからビールの醸造法が伝わったときに、アルコール発酵に使われる成分の英単語「イースト」の日本語訳として作られた言葉だったのです。

これはビールやパンなどの酒や食品を製造するときに、アルコール発酵をもたらす成分であることから、すなわち発酵の母体という意味で日本語では「酵母」というように訳されたと考えられています。

ヨーグルトのビフィズス菌で英語

乳化剤を含有するソースとビフィズス菌を含有するヨーグルトからなるソース分離タイプのヨーグルトを製造する際に、ソースに乳化剤を含有させることにより、ソース中の糖類や有機酸といったビフィズス菌の生残性に悪影響を及ぼす成分のヨーグルトへの分散や移行を抑制することで、保存中のビフィズス菌の生菌数を維持することがきる。を英語に訳すと…
ビフィズス菌の英語
This sauce separate type yogurt comprises a sauce containing an emulsifier and a yogurt containing Bacillus bifidus and can keep the viable cell number of the Bacillus bifidus in preservation by adding the emulsifier to the sauce in production process so as to suppress the dispersion in or migration into the yogurt of harmful components for survivability of the Bacillus bifidus, such as saccharides and organic acids in the sauce.

ビフィズス菌の主な種類とその特徴

ビフィズス菌は自然界に50種類弱も存在しています。哺乳類から昆虫までさまざまな生物の中に存在して健康に関与しています。そのうちで人に関係すると言われているのは10種類程度です。
ビフィズス菌の英語
人種や地域によって腸内に生存する種類が異なることも研究によってわかっています。それぞれの違いと特徴を説明します。

ビフィダム種は、世界で初めて発見された種類で、昔から人の健康に関与してきました。酸素や胃酸に弱いのでそのまま摂取しても腸に届けることが難しい種です。

大腸内に存在する割合が高いのがロンガム種で、他の種と比べて酸に強く大腸に届きやすい種になります。日本人の成人にも棲息しており、この種を含んだヨーグルトが発売されています。

その他に酸に強い種としてアニマリス種があります。腸の炎症を抑える効果があることが研究によって判明し、注目を集めています。乳幼児の大腸に存在しているのがブレーベ種で、アレルギー症状を軽減する効果が期待を集めいています。

日本人が発見したカシワノヘンス種は、これからその特徴を研究していくことになります。免疫力を高めて、ウィルス感染を抑制する効果が発見されたアドレッセンティス種もあります。このように数多くの種類が存在しますが、今後も研究によって新たな働きが発見されるはずです。

ビフィズス菌入りのヨーグルトの役割

ヨーグルトには、乳酸菌入りのものとビフィズス菌入りのものが売られているのが主流と言えます。しかし、乳酸菌いりのものよりビフィズス菌入りのものの方が高い技術が必要になるためたくさんある種類の中でも一部の商品にしか入っていないということがあるのです。
ビフィズス菌の英語
この、ビフィズス菌とは人の腸内に最も多く住んでいる菌であり有用な菌でもあります。そして、この菌の主な舞台は大腸であり大腸の中の大敵でもある悪玉菌と戦ってくれる大切な役割を担っているのです。

しかも、たくさんある菌の中でも乳酸菌の割合とビフィズス菌の割合は乳酸菌が0.1パーセントに対してビフィズス菌が99.9パーセントであり大腸の善玉菌の大多数がビフィズス菌なのであります。

このように、大腸を整える役割を担っている重要な菌であるのです。しかし、近年では感染防御作用やアレルギー予防作用それだけではなく発がん予防作用などの役割も報告されておりこういった点からも何十年と注目されている菌でもあります。

そういったことからも、なんとなく聞き馴染みの良さだけでヨーグルトを購入していた購入者の方はもう一度ビフィズス菌が入ったヨーグルトの購入をおすすめしたいものであります。


ビフィズス菌の英語
▶ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌を増やす方法とは

「ビフィズス菌は健康にいい」と聞いたことはありませんか?今回は、ビフィズス菌を増やす方法についてご紹介します。そもそもビフィズス菌とは、乳酸菌の一種で、大腸菌の増殖を抑える働きがあります。
ビフィズス菌の英語
整腸作用をはじめとして、感染防御作用やアレルギー予防作用、発がん予防作用があるといわれています。しかし、年齢が増すに伴い菌の存在数が減少してしまいます。そのため、普段の食事から積極的に摂取する必要があるのです。

「ビフィズス菌はヨーグルトに入っているもの」と、漠然と思っていないでしょうか。実は、すべてのヨーグルトに含まれているわけではありません。ヨーグルトを買うときはパッケージに「ビフィズス菌入り」と書いてあるものを選びましょう。

また、ヨーグルトメーカーで自分でつくる場合も、なるべくビフィズス菌入りのヨーグルトを使うといいですね。「ヨーグルトは苦手」「いちいちヨーグルトを食べるのは面倒」という方もいるかもしれません。そのような方には、ビフィズス菌のサプリメントをおすすめします。これなら手軽ですよね。

いかがでしたか?おいしくヨーグルトを食べながら、健康になれたら嬉しいですよね。あなたも普段食べているヨーグルトを見直してみませんか?

BIFIDOBACTERIAは和名ビフィズス菌

BIFIDOBACTERIAと書くとわからない、という人でもビフィズス菌といえば一度は耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。ビフィズス菌は数多くの乳酸菌の中のひとつで、特に母乳育児を行っている赤ちゃんの腸内細菌に多く含まれています。

ビフィズス菌は腸に常在する善玉菌として腸内環境を整えています。冬に流行するロタウイルスといった感染症の症状を緩和することでも知られており、健康のためにビフィズス菌入りのヨーグルトを積極的に摂取している人も多いのです。

そして最近注目されているのはアレルギー症状の緩和です。日本人の多くの人が悩んでいる花粉症の症状緩和やアレルギー性皮膚炎といった症状にも効果があるとされており、食品やサプリメントに広く使用されています。ビフィズス菌はひとつではなく、いろいろな種類の菌が存在します。

ただし酸や酸素に弱いという特徴があり、食べ物と一緒に摂取しても異の中で死滅してしまうことが多く、生きたまま腸へ運ぶことが難しいとされてきました。

継続的な研究により胃腸で弱ることなく腸まで届く乳酸菌が発見され、乳製品へ応用されるようになったのです。ビフィズス菌には、整腸作用の他に大腸がん予防・感染症予防・抗アレルギー作用・コレステロール低下など健康に役立つ効果がたくさんあります。

ビフィズス菌の英語!例文帳と追加辞書に法令、意味や読み方辞典網羅のまとめ

ビフィズス菌を英語の読み方やbifidobacteriumの発音、意味や種類などコンクやヨーグルトのビフィズス菌を含めた情報を辞典のように網羅して分かりやすく質問や回答で解説。同じ善玉菌でも乳酸菌とは違うのは増やすことで大腸の腸内フローラ改善で便秘解消に?

ビフィズス菌を増やす食べ物!善玉菌の料理レシピで悪玉菌を減らすのまとめ

ビフィズス菌を増やす食べ物で大腸の善玉菌を優勢にし悪玉菌を減らす効果で腸内フローラを改善して便秘解消で痩せるダイエットには料理レシピが必須だ。ビフィズス菌入りヨーグルトが手軽だが高い。腸内環境が悪化するとどうなるか!サプリで簡単に増えると騙されてない?

ビフィズス菌の種類!ヨーグルトの効果は菌株によって違いがあるぞ

ビフィズス菌の種類には、ヒトにおいて10種類ほどが確認されていて、7種類が主なもので日本人の場合で、多い人では10数種類のビフィズス菌が発見されることもあります。
ビフィズス菌の種類
ビフィズス菌入りヨーグルトに使われるビフィズス菌の種類としては、アニマリス亜種ラクティス、ロンガム、ビフィズス菌ラクティス、ビフィダム、ブレーべが主なものです。

ビフィズス菌一般としては、整腸作用によって大腸の腸内フローラが改善されるので、便秘予防や便秘解消が期待できます。それ以外にそれぞれのビフィズス菌の菌株によって効果・効能が異なるので、ヨーグルトに使われるビフィズス菌の種類について見て行きましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

ビフィズス菌は大腸の99.9%を占める善玉菌ですが、その種類によって効果に特徴があります!

ビフィズス菌の種類:ヨーグルト

ヨーグルトに使われるビフィズス菌の種類とその効果について表にまとめます。菌株の効果は、研究結果によるもので、菌を含むヨーグルトの製品に対する効果・効能ではないことに注意して下さい。
ビフィズス菌の種類
ただし、医薬品、医薬部外品、特定保健用食品などの一部のビフィズス菌を含む製品には善玉菌による整腸作用などの保健効果を含むものが存在します。これらを区別して考えましょう。

ビフィズス菌の種類と効果

ビフィズス菌の種類と効果をアニマリス亜種ラクティス、ロンガム、ビフィズス菌ラクティス、ビフィダム、ブレーべに分けて見て行きましょう。
ビフィズス菌の種類

アニマリス亜種ラクティス
種類 効果 特徴
ビフィズス菌LKM512株
  • 便秘予防と解消
  • 大腸ガンの予防
  • 免疫力強化
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 腸管バリアシステム強化
  • アンチエイジング
  • 寿命伸長
  • 他のビフィズス菌に比べて、桁違いの生存率で腸まで届き増殖する
  • ポリアミンというアンチエイジング作用のある物質を大腸で作り出す
  • 整腸作用から特定保健用食品の関与成分になっている
ビフィズス菌・Bifix
  • 便秘予防と解消
  • メタボリック症候群の予防改善
  • グリコによってヒトから発見されたビフィズス菌
  • 腸まで生きて届いて他より早く増殖する
  • 機能性表示食品の関与成分になっている
ビフィズス菌BE80株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • 便秘型過敏性腸症候群の改善
  • 膨満感や腹部の膨張を軽減
  • ダノンが世界70カ国に展開するビフィズス菌BE80株
  • 高い生存率で腸に到達する
  • おなかの不快感をやわらげる効果で機能性表示食品
ビフィズス菌Bb-12株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • 免疫力強化
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • 感染症の感染リスク低減・症状軽減
  • ピロリ菌対策
  • 胃腸機能回復・改善
  • 世界的に利用される信頼性の高いビフィズス菌
  • 整腸作用から特定保健用食品の関与成分になっている
ロンガム
種類 効果 特徴
ビフィズス菌BR-108
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • 免疫力強化
  • NK細胞活性化
  • 花粉症予防・症状改善
  • 感染症の感染リスク低減・症状軽減
  • インフルエンザ対策
  • 殺菌済みの菌として用いられるビフィズス菌
  • 死菌だが様々な効果が確認されている
ビフィズス菌BB536株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • NK細胞活性化
  • 花粉症予防・症状改善
  • 大腸ガンの予防
  • 骨の健康・ミネラルの吸収促進
  • コレステロール値の低下作用
  • インフルエンザ対策
  • 病原性大腸菌0-157対策
  • 潰瘍性大腸炎の症状を抑制
  • お肌の健康・美肌
  • 森永乳業が開発したビフィズス菌
  • 多くの効果が確認され、世界30カ国以上に輸出される安心と信頼のビフィズス菌
ビフィズス菌SP株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • NK細胞活性化
  • ストレス・気分の改善
  • 病原性大腸菌0-157対策
  • 旧雪印乳業によって発見されたビフィズス菌
  • 生きたまま腸に到達する
  • 特定保健用食品の関与成分になっている
ビフィズス菌JBL01株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
耐酸性のカプセルに入って生きたまま大腸に到達
ビフィズス菌JBL05株
  • 免疫力強化
  • アレルギー症状改善
アレルギー抑制作用を持つ多糖体を産生
ビフィズス菌ラクティス
種類 効果 特徴
ビフィズス菌HN019株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • NK細胞活性化
  • 病原性大腸菌0-157対策
  • ロタウイルス対策
  • 胃腸機能回復・改善
  • ニュージーランドからやってきたビフィズス菌
  • ナチュラルキラー細胞の活性を2倍にするという研究データがある
ビフィズス菌FK120株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • 免疫力強化
  • アレルギー症状改善
  • ガン予防
  • 感染症の感染リスク低減・症状軽減
  • デンマーク伝来のビフィズス菌
  • 整腸作用が高い
  • 特定保健用食品の関与成分になっている
ビフィダム
種類 効果 特徴
ビフィズス菌B.ビフィダム Y株
  • ストレス・気分の改善
  • ピロリ菌対策
  • 胃腸機能回復・改善
  • ヤクルト社によって胃で活躍するために開発されたビフィズス菌
  • 胃の機能を回復、ストレス軽減、ピロリ菌抑制作用など、他のビフィズス菌とは一線を画す効果を期待できる
ビフィズス菌G9-1株
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • アレルギー症状改善
  • 花粉症予防・症状改善
  • 中性脂肪低減
  • コレステロール値の低下作用
  • 血糖値の上昇抑制
  • 定着性の高いビフィズス菌
  • 胃酸の影響を受けず腸まで届く
ブレーべ
種類 効果 特徴
B.ブレーべ・ヤクルト株
(ビフィズス菌BY株)
  • 便秘予防
  • 便秘解消
  • 潰瘍性大腸炎の症状を抑制
  • お肌の健康・美肌
  • 生きたまま腸に到達
  • 腸内環境の改善で美肌効果も期待できる
  • 整腸作用が特定保健用食品の関与成分になっている
ビフィズス菌B-3
  • 腸管バリアシステム強化
  • ダイエット
  • メタボリック症候群の予防改善
  • 体脂肪・内臓脂肪の低減
  • 抗肥満作用
  • 中性脂肪低減
  • 腸内フローラと肥満に着目して発見されたビフィズス菌B-3
  • 体脂肪を減らす効果が期待される

体に良い働きをするビフィズス菌とは

人間の腸内には様々な細菌が活動をしており、腸内細菌の数は数百兆個にも及びます。中でも体に良い働きをしているビフィズス菌の発見は1899年のことでした。
ビフィズス菌の種類
ビフィズス菌とは善玉菌と呼ばれている腸内細菌のことで、他の善玉菌よりも遥かに多くの数が腸内に存在しています。そのためビフィズス菌が人間の腸内に適していることが伺えます。

現在判明しているビフィズス菌は50菌種に分類されていて、菌の住んでいる場所は種類によっても異なっています。人間の体内に住んでいるビフィズス菌は動物の体内には存在していないことから、それぞれのビフィズス菌には適した環境があるということです。

ビフィズス菌は整腸作用をはじめとする腸内環境を整える働きをしています。同じように善玉菌として知られている乳酸菌よりも整腸作用が強いのが特徴です。ビフィズス菌を摂取するタイミングとしては、胃酸の影響が少ない食後がベストです。

ビフィズス菌は餌となる食物繊維やオリゴ糖と一緒に食べることで最大の効果を発揮し、感染予防や骨補強作用や脂肪の蓄積のブロックや体脂肪の低下などの効果もあります。つまりビフィズス菌は健康を保つ大きな役割を果たしていると言えます。

腸内フローラには乳酸菌よりビフィズス菌

LACTOBACILLUSは等を乳酸に退社するための乳酸菌群の大部分を占めているラクトバシラス属に属しています。グラム陽性の通性嫌気性や微好気性・桿菌・非芽胞形成性の真正細菌です。
ビフィズス菌の種類
人間の中ではラクトバシラス属細菌は多くの体の部位における微生物の重要とされる構成要素になります。ヨーロッパの女性ではラクトバシラス属は一般的に膣内微生物の主な最近になります。

多くのLACTOBACILLUS属は数種類の糖から乳酸だけを産生しているホモ乳酸発酵を用いて、いくつかの種類からアルコールや乳酸のどれかを産生することが可能なテヘロ乳酸発酵を用いています。これは呼吸鎖の完全なる呼吸が欠如しているにもかかわらず、酸素耐性になります。

この酸素耐性はマンガンに依存されていて、ラクトバシラス・プランタルムと言われるものにおいて研究されていると説明されています。多くの種類のものは、増殖するために鉄を必要としていないので極めて高い過酸化水素耐性を有しています。

ゲノムの大きさは1、2から3、3mbと大きなばらつきが見られます。タンパク質をコードしている遺伝子の数としては1100個から3200個まで幅があります。ゲノムのコード領域に豊富である複合マイクロサテライトを含んでいて不完全でたくさんのモチーフを持っています。

ビフィズス菌の森永

ビフィズス菌の森永乳業のものには、ビフィズス菌B3、ビフィズス菌BB536、ビフィズス菌M-16Vが有名です。それぞれについて見て行きましょう。

ビフィズス菌B3の特徴とは

ビフィズス菌B3は、年齢とともに気になる体重・体脂肪の増加を抑える力があります。腸内の細菌のバランスを整えてくれる特徴があり、肥満型の人を太りにくい体質に変えることが出来て、脂肪が蓄積されるのを防止して脂肪の減少につなげてくれます。
ビフィズス菌の種類
そして、生活習慣病の引き金となる内臓脂肪・スタイルが気になる皮下脂肪を減らすことが出来ます。同時にお酒を飲む方には嬉しいγ‐GTPも有意に低下させて肝機能の改善も期待が出来て、HDLコレステロールを増加させ動脈硬化の抑制をしてくれます。

肌の保護作用もあり紫外線から肌を守ってくれるので、ダイエットなどで食事制限をして肌荒れなどに悩んでいる方にも美肌効果を期待できます。

酸素があっても繁殖できる乳酸菌にたいして、ビフィズス菌B3は基本的には酸素があると繁殖できない栄養素な為に、食品から摂取することが出来ずにビフィズス菌が添加されている食品から取る必要があります。

現在は、ヨーグルトに含まれていないので、ビフィズス菌B3が含まれているサプリメントを摂取するしかありません。サプリメントの中には、腸内フローラルを整えて痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすものが配合されている物があります。


ビフィズス菌の種類
▶ビフィズス菌B3

ビフィズス菌BB536株の特徴とは

ビフィズス菌BB536株とは正式名称は「ビフィドバクテリウム(ビフィズス菌正式名称)・ロングム(菌の種類)・bb536(菌株名)」と呼び、1969年に発見された生きたまま大腸まで届く代表的なビフィズス菌です。
ビフィズス菌の種類
一般的にビフィズス菌は酸や酸素に弱いものの、この菌は酸素や酸に強い性質を持っている上に、食品に加工を行っても摂取で胃酸などによって死滅しないで生きたまま大腸まで届くと言った他のビフィズス菌とは違う特徴があります。

またビフィズス菌BB536株は整腸作用だけでは無く、アレルギーの症状を緩和する作用やインフルエンザの発症を予防や腸管出血性大腸菌O(オー)157の感染を抑える効果があります。

整腸作用は少量の30g(約カレースプーン1杯分)の摂取の習慣でも十分に高い効果があり摂取開始1週間後から便の性状が改善するほどです。

この作用として便秘では腸内が酸性に保たれて蠕動(ぜんどう)運動が活発化で改善され、下痢を改善する場合では悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を正常に保つことで効果が上がるとされています。摂取によって悪玉菌の繁殖を抑えるので、大腸がんのリスクを減らす効果も期待出来るという所もポイントとなります。

ビフィズス菌M-16V

ビフィズス菌M-16Vは1963年に赤ちゃんの腸内から発見されたビフィズス菌で、腸の機能発達を促して栄養の吸収力を高めたり、免疫機能の発達を助けて感染症から守るという働きがあります。

森永乳業は、ビフィズス菌M-16Vを医療機関へ無償で提供しています。低体重で生まれた赤ちゃんの腸内フローラ改善のために開発したプロバイオティクスです。

ビフィズス菌飲料はどれも同じではない

スーパーやコンビニに行くと多くの乳酸菌入り飲料が並んでいることでしょう。体にいいからと味や見た目だけで判断していると、自分の期待している効果が得られないこともあります。
ビフィズス菌の種類
乳酸菌の数はとても多く、体内に存在するものはわかっているだけで300以上あるとも言われています。それらがすべて同じ効果を発揮するわけではなく、それぞれに特徴を持っているのです。

乳酸菌の代表格と言えばビフィズス菌でしょう。ビフィズス菌の効果は、まずダイエットです。SP株と呼ばれる金はそのものに脂肪燃焼など痩せる効果があるわけではありませんが、腸内環境を整えることで老廃物の排出を促してむくみや便秘から解消されることとなります。

ビフィズス菌BB536にはアレルギー症状の改善効果もあると言われています。花粉症は発症すると毎年悩まされることとなります。これは免疫機能が花粉に過剰反応しているためです。

ビフィズス菌には腸内バランスを整えることで免疫機能の改善効果が期待できます。そのためにつらい花粉症の症状を軽減できるかもしれないのです。

アトピー性皮膚炎の改善にはビフィズス菌LKM512がいいとされています。腸内の皮膚バリア機能を高めると言われており、症状の改善につながります。自分に合った菌を見つけることが重要なのです。

ビフィズス菌の種類とヨーグルトの選び方

腸内には様々な細菌がいますが、その一つがビフィズス菌です。ビフィズス菌は健康に良い働きをする善玉菌の一種で、酢酸という物質をつくる働きがあります。この物質は強い殺菌能力があり、体に悪い働きをする悪玉菌の繁殖を防いで腸内環境を整えます。

しかし、そんなビフィズス菌は様々な種類があり、働きも異なってきます。具体的な違いとしては、ビフィダム菌は整腸作用や悪玉菌の増殖を抑制するほか、ビタミンB群を生成したり、コレステロールを吸収する働きがあります。

ロングダム菌はヨーグルトによく使われているビフィズス菌で、大腸まで届いて善玉菌として働き、悪玉菌を減らしていきます。アドレスセンティス菌は健康な腸内で働いて、ビタミンを合成するという効果を期待できます。

ブレーベ菌は主に赤ちゃんの腸内にいる菌で、抗アレルギー作用に優れています。人によって腸内に棲んでいるビフィズス菌は異なり、体質によって効果のあるものと効果のないものがあります。

ビフィズス菌が入っているヨーグルトを選ぶ場合には、自分の得たい効果の作用がある菌が配合されているものを選ぶことが大切です。また、体質によっては効果がないケースもあるため、自分に合ったものを選ぶのもポイントとなります。

人間の体内に棲むビフィズス菌の種類と特徴

ヨーグルトや乳酸菌飲料の宣伝で耳にする機会が多い「ビフィズス菌」は、現時点で約50種類もの菌種に分類されています。菌の種類によって特徴や生息する場所も異なり、人間と動物でも棲んでいるビフィズス菌の種類は異なります。

また、腸内環境は人それぞれ違うので、どのような種類の菌がどのくらい棲んでいるのかは専門の機関で糞便を詳しく分析しないと判別できません。日本人の場合は一人から十数種類のビフィズス菌が発見されることもあります。

人間の体内で確認されている約10種類のビフィズス菌は、それぞれ異なる特徴を持っています。まずビフィダム菌は世界で初めて発見されたビフィズス菌で、整腸作用や悪玉菌が増殖するのを抑える作用があり、ビタミンB群の精製やコレステロールを吸収する働きがあります。

次にブレーベ菌は、赤ちゃんの腸内に生息するビフィズス菌の中で最も多い菌で、抗アレルギー作用が高いのが特徴です。また、アドレスセンティス菌は成人の体内に多く棲んでいるのが特徴で、腸内でビタミンを合成する働きがあります。

そして、多くのヨーグルトに使用されているロングム菌は大腸まで行き届き、善玉菌を増殖させて悪玉菌を減らすという重要な役割を果たしてくれるのです。

このようにビフィズス菌には様々な種類と特徴があり、それぞれが腸内環境を整える働きをしているので、今後ますます注目を集めることが予想できます。

種類と効果がそれぞれ違うバクテリアビフィズス菌は善玉菌

人間の体の中で微生物の数が最も多いのが、腸の中です。様々なバクテリアが人間が消化できなかったものを分解して消化していて、人間が食べたものは胃でどろどろに溶かされ小腸でその養分が吸収され残ったカスが排出されています。

大腸ではたくさんのバクテリアが働いていて、食べ物のカスから養分を吸い取っていて、いろいろなバクテリアが成長していく様子はまるで植物が成長して森になっていくようです。これは腸内フローラと呼ばれています。

ビフィズス菌も大腸の中で働いているバクテリアの一つです。腸内にいるバクテリアは、いろいろな種類と効果を持っていてその働きによって善玉菌と悪玉菌に分けられていて、そのほかにも日和見菌というバクテリアが存在しています。

善玉菌は酸っぱい乳酸を作りだし悪玉菌が増えるのを抑えていて、腸の働きを良くして排出しやすくしていて、体が必要なビタミンを作りだし病気から体を守る免疫の働きを助けていて、悪玉菌はタンパク質を分解して体に悪い物質を作り出し腸の中の乳酸の働きを打消し免疫の働きを弱めています。

日和見菌は善玉菌と悪玉菌の関係によって働きが変わるバクテリアです。ビフィズス菌は糖から酸っぱい乳酸を作り、病気を起こすバクテリアが増えないように働いているバクテリアです。

ビフィズス菌の種類!ヨーグルトの効果は菌株によって違いがあるぞのまとめ

善玉菌は便秘に関わる大腸のビフィズス菌と免疫力を担う小腸の乳酸菌に大別される。腸内フローラ改善には種類を増やすと相性が合致しやすく摂取数が不足すれば環境を変えられない。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌株の種類によって効果が異なる。おなかの細菌研究で健康に?

ビフィズス菌サプリ

乳酸菌サプリに比べて少ないのですが、ビフィズス菌サプリは複数存在します。さらにいうと乳酸菌サプリとして売られていてビフィズス菌が入っていたりするものもあります。

ビフィズス菌は大腸の善玉菌ですので、自分の大腸に合うビフィズス菌の種類を摂取し、大腸の腸内環境を変えられるほどの数量を摂取しないと意味がありません。

摂取したビフィズス菌と腸内の善玉菌の相性が悪ければ、善玉菌は増えませんし、腸内の悪玉菌を減らす効果があるビフィズス菌の数量がなければ焼け石に水で効果はありません。

ですので、ビフィズス菌の種類と数量を考慮した上で、ビフィズス菌サプリを選ぶランキング記事を作成しましたので、下記を参照して下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


痩せ菌サプリダイエット
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング