ビフィズス菌B3とは

ビフィズス菌B3とは、腸内フローラと肥満の関係に着目して発見された特別なビフィズス菌です。森永が特許第4834798号で、特許も取得しています。
ビフィズス菌B-3
このビフィズス菌B-3を使用した食品として、ヨーグルトがあれば良いのですが、ヨーグルトは今のところ森永乳業からも発売されていないので、ビフィズス菌B-3サプリメントを飲むしかありません。

ダイエット先生ダイエット先生

ビフィズス菌B-3サプリメントを飲むことで腸内フローラを改善して便秘解消!

ビフィズス菌B3の食品

人間の腸内には数百種類、百兆個以上もの細菌が生息し、腸内フローラと呼ばれる環境を形成していることが知られています。世の中には太っている人と痩せている人のように体格に違いがありますが、最近の研究では腸内フローラと体格の間には相関関係が見られることが分かっています。
ビフィズス菌B-3
このビフィズス菌B-3を含んだサプリメントで、痩せ菌ダイエットが行えるのが、痩せ菌ラクビサプリです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。

下記画像を今すぐタップ♪
ダイエット
▶痩せ菌ラクビサプリのレビュー

特に痩せている人の腸内ではビフィズス菌やバクテロイデス菌が腸内環境で優位に立っていると見られているとされます。これらの乳酸菌は盛んに酢酸や短鎖脂肪酸と言う物質を分泌しますが、これらの物質は脂肪組織に脂肪が溜まるのをブロックしてくれることで、太ることを防止していると見られているのです。

なかでもビフィズス菌B3は、腸内フローラと肥満に密接な関連性や機能を有する点で着目され発見された乳酸菌の一種です。ビフィズス菌B3は2002年に発見された乳酸菌で脂肪が溜まりにくい機能を持っているほかにも、腸内環境で善玉細菌が優位に立つことに関与し、結果的に腸内粘膜に多く分布する免疫細胞を活性化する効果までも有することが割ってきました。

ヨーグルトなどの発酵食品にも配合されていますが、普段の生活にビフィズス菌B3を含む食品を意識的に摂取することで便秘予防だけでなく生活習慣病の予防も達成できると言うわけです。

ビフィズス菌B3ヨーグルト

ビフィズス菌は人間の腸内に生息する菌で健康には欠かせない存在となっています。そして、ビフィズス菌は一種類だけではなく、実に多くの種類があり、それぞれ違う特徴があります。
ビフィズス菌B-3
それゆえ、選ぶ際はどのような特徴があるのかも理解しておきたいですがビフィズス菌B3も2002年に発見され話題となrました。どのような特徴があるのかも知っておきたいですが、まず摂取することで脂肪の蓄積を抑える酢酸を作りだしてくれますので、体重の増えすぎや脂肪の増加を防ぐことが期待できます。

さらに内臓脂肪や皮下脂肪の減少効果も期待できますので、生活習慣病予防にも役立ってくれます。そして善玉コレステロールを増やしてくれますので動脈硬化の予防にも良いと言えるでしょう。

さらに腸のバリア機能の回復をサポートするなど体にとても良い菌です。ビフィズス菌B3の摂取方法も知っておきたいですが、手軽に摂取できる方法としてヨーグルトを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

まず、ビフィズス菌は酸素のあるところでは繁殖できないので、現在のところ、ビフィズス菌B3を含むヨーグルトは販売されていません。

とはいえ、ビフィズス菌B3が配合されたサプリメントは販売されていますので、こちらをうまく活用していきましょう。

ビフィズス菌B3の特徴とは

ビフィズス菌B3は、年齢とともに気になる体重・体脂肪の増加を抑える力があります。腸内の細菌のバランスを整えてくれる特徴があり、肥満型の人を太りにくい体質に変えることが出来て、脂肪が蓄積されるのを防止して脂肪の減少につなげてくれます。
ビフィズス菌B-3
そして、生活習慣病の引き金となる内臓脂肪・スタイルが気になる皮下脂肪を減らすことが出来ます。
同時にお酒を飲む方には嬉しいγ‐GTPも有意に低下させて肝機能の改善も期待が出来て、HDLコレステロールを増加させ動脈硬化の抑制をしてくれます。肌の保護作用もあり紫外線から肌を守ってくれるので、ダイエットなどで食事制限をして肌荒れなどに悩んでいる方にも美肌効果を期待できます。

酸素があっても繁殖できる乳酸菌にたいして、ビフィズス菌B3は基本的には酸素があると繁殖できない栄養素な為に、食品から摂取することが出来ずにビフィズス菌が添加されている食品から取る必要があります。

現在は、ヨーグルトに含まれていないので、ビフィズス菌B3が含まれているサプリメントを摂取するしかありません。サプリメントの中には、腸内フローラルを整えて痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすものが配合されている物があります。

ビフィズス菌B3のDHC

ビフィズス菌B3のDHCとしては、善玉菌ダイエットが該当します。ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、ラクチュロース(乳成分を含む)、難消化性デキストリン/ヒドロキシプロピルメチルセルロース、セルロース、着色料(カラメル、酸化チタン)が含まれています。

ビフィズス菌B3の口コミ

ビフィズス菌B3の口コミを見てみると、3か月続けましたが、痩せないし腸の調子がよくなることもなかったので飲むのやめましたとか、2カ月飲みましたがデブ遺伝子には勝てませんでした。というものが目立ちます。
ビフィズス菌B-3

ビフィズス菌B3の飲むタイミング

ビフィズス菌B3は腸内フローラと肥満の関係に着目して発見されたビフィズス菌なので、摂取すると体脂肪の低減などの効果が期待できます。
ビフィズス菌B-3
2002年に発見された新しいビフィズス菌ですが脂肪の蓄積をブロックする酢酸をお腹の中で作り出し、腸のバリア機能を回復させる働きもあります。

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、落としにくいのが皮下脂肪でダイエットする場合、どうやって落とすのかが悩みどころです。

ビフィズス菌B3には、内臓脂肪と共に皮下脂肪も減少させる働きがあることがマウスの実験で証明されています。

脂肪が落ちにくいと言われている皮下脂肪も減少する効果が期待でき、腸の慢性炎症も解消してくれるので太りやすい体や疲れやすい体を減少させることができます。

ビフィズス菌B3を効果的に摂取するには飲むタイミングが大事で、胃酸に弱い性質があるので胃酸が薄まって影響を受けにくい食後に摂るのがオススメです。

飲むタイミングでベストなのは夕食を食べた後で、食後30分の胃の状態は食物の消化をするので胃酸の分泌が少なくなります。腸の働きが活発になるのが夜の10時なので、それに一番近い食事である夕食の後に摂取するのが最適です。

ビフィズス菌B3は脂肪の蓄積を抑えるだけでなく、肥満や糖尿病にもつながる炎症を防ぐ効果が期待できるので、日々の摂取で健康な体作りに貢献してくれるでしょう。

ビフィズス菌B3の効果

人によって肥満体型やスリム体型の二つの体型に分かれますが、どんなに食事を摂取しても太りにくい人も居ることは確かです。実際に腸内フローラが関係していると言われ、その大元に当たるのが数あるビフィズス菌の中でもビフィズス菌B3となります。
ビフィズス菌B-3
ビフィズス菌B3の優れた効果は、脂肪・体重の減少に効果がある点、内臓脂肪・皮下脂肪を減少させる点、動脈硬化の予防効果がある点です。

脂っこいを食事をとると脂肪の蓄積が進み、それで体重の上昇につながりますが、それを抑制させる効果がビフィズス菌B3には存在します。

また糖尿病や心臓病などの生活習慣病が存在しますが、こうした生活習慣病の原因となる内臓脂肪・皮下脂肪といった目に見ることができない部分の脂肪を付きにくく出来ます。

さらには悪玉コレストロールによる動脈硬化が起こる心配もありますが、ビフィズス菌B3の摂取がコレストロール値を下げるため動脈硬化を予防することが可能です。

現在は日本人でも食事の欧米化が進んでいることで、生活習慣病のリスクが高まっているため、そういった症状に懸念がある方は積極的にビフィズス菌B3を摂取すると良いかもしれません。

ビフィズス菌B3に焦点を当てたヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなどが存在しますので、毎日の食生活の中でも導入すると良いです。

ビフィズス菌B3とは!食品でヨーグルトを飲むタイミングの口コミのまとめ

ビフィズス菌B3はB-3のようにヨーグルトなどに表記される。口コミではDHCの食品を飲むタイミングでビフィズス菌B3の効果が異なるというものもある。ビフィズス菌B3とは、どのような効果が得られる細菌のか?大腸の善玉菌99.9%を占めるから便秘解消できる?

ビフィズス菌B3サプリ

乳酸菌サプリに比べて少ないのですが、ビフィズス菌サプリは複数存在します。さらにいうと乳酸菌サプリとして売られていてビフィズス菌が入っていたりするものもあります。

ビフィズス菌は大腸の善玉菌ですので、自分の大腸に合うビフィズス菌の種類を摂取し、大腸の腸内環境を変えられるほどの数量を摂取しないと意味がありません。

摂取したビフィズス菌と腸内の善玉菌の相性が悪ければ、善玉菌は増えませんし、腸内の悪玉菌を減らす効果があるビフィズス菌の数量がなければ焼け石に水で効果はありません。

ですので、ビフィズス菌の種類と数量を考慮した上で、ビフィズス菌サプリを選ぶランキング記事を作成しましたので、下記を参照して下さい。


ダイエット
▶ビフィズス菌サプリランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7