乳酸菌発酵とは

乳酸菌発酵とは、乳酸菌という微生物の働きよって、食物を分解して私たち人間の身体の働きに良い影響を与える保存可能な食品にすることです。
乳酸菌発酵エキスとNHK
身近なものであれば、ヨーグルトやキムチなどがあります。牛乳を乳酸菌発酵させればヨーグルトができますので、道具を熱湯消毒し、牛乳にヨーグルトの残りやヨーグルト菌の素を入れて、40度程度に保って一晩おけば乳酸菌発酵されたヨーグルトができます。

キムチもヨーグルト同様に乳酸菌の自家発酵で作ることができます。さらに進めて乳酸菌発酵エキスというものがあり、これがNHKの腸内フローラ改善の放送で取り上げられました。乳酸菌発酵エキスとは、どのようなものなのでしょうか?

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌発酵エキスで腸内環境を改善して痩せ体質を手に入れることができます!

乳酸菌発酵エキスがNHKで取り上げられた

乳酸菌発酵エキスがNHKで取り上げられたのは、2015年2月22日(日)に放送されたNHKスペシャルにおける腸内フローラ特集です。腸内環境改善に短鎖脂肪酸が出て来た回です。
乳酸菌発酵エキスとNHK
当サイトを読まれているなら、短鎖脂肪酸についてはご存知のことかと思います。腸は第二の脳とも呼ばれ、大腸と小腸がチカラを合わせ健康の源と呼べる臓器です。

この腸内環境を整えるというのが、小腸の善玉菌代表である乳酸菌と大腸の善玉菌代表であるビフィズス筋です。これらの細菌は五大栄養素などとは違い栄養があるわけではありません。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、痩せ菌が生み出した短鎖脂肪酸が良い働きをしてくれるのです。短鎖脂肪酸は、学術名としては乳酸菌生産物質と呼ばれます。

短鎖脂肪酸は、具体的には酪酸、乳酸、プロビオン酸、酢酸、吉草酸などを指します。お酢のように酢酸を含んでいる食品もありますが、基本的には腸内細菌が発酵により短鎖脂肪酸を生み出します。

短鎖脂肪酸は、乳酸菌発酵エキスであり、乳酸菌生産物質やとも呼ばれます。海外での研究は、バイオジェニックスと呼ばれており、乳酸菌発酵エキスの第一人者は、東大の光岡知足名誉教授です。 

この短鎖脂肪酸を作り出すための腸内フローラ改善を行うためには、食事改善や運動、ストレスコントロールなどがありますが、忙しいアナタでも簡単に行える方法が下記の特集記事に記載されていますので、参照して下さい。


ダイエット
▶短鎖脂肪酸を作る方法

乳酸菌サプリやヨーグルトなどは、健康にも優れているとして多くの方に食べられることも多いですが、あくまでも乳酸菌は菌そのものであり栄養ではありません。

つまり乳酸菌は良いから摂取して体内に入り込めば、勝手に働いてくれ効果が期待できると安易に捉えがちです。ところが実際は乳酸菌が生成した物質である乳酸菌発酵エキスが大切で、これを生成しやすい様な環境を整えることが重要となります。
乳酸菌発酵エキスとNHK
一方で市販されているヨーグルトは乳脂肪が含まれ、逆にそれを摂取することはがん細胞を作り出してしまう懸念も生じるのも事実です。

ヨーグルトは発酵食品で優れているのですが、一方では乳脂肪や砂糖などの問題も生じるため摂取には注意するべきかもしれません。そこで乳酸菌が生成する乳酸菌発酵エキスが注目され、NHKでも専門家がその摂取を推奨する物質です。

実際に乳酸菌がエサとなる植物繊維やオリゴ糖と結び付くことで、そのエキスが生成され体の健康にも良く、様々な乳酸菌の良い働きを生み出す元になります。

なお乳酸菌発酵エキスはNHKの報道によれば、短鎖脂肪酸とも言われ、これは自然界には存在せず、人間の体内で乳酸菌といった善玉菌の働きで作られる酸です。

これは肥満や糖尿病を始め、がんの治療にも期待されている原因物質になり、これが様々な病気にも効果をもたらすことができるとされます。

乳酸菌発酵エキスが善玉菌を増やす

人間の腸の中には100兆個もの腸内細菌がいます。その種類は人によってさまざまですが、その細菌が腸内に広がっている様子をお花畑にたとえて「腸内フローラ」と名付けられました。
乳酸菌発酵エキスとNHK
この腸内フローラの状態は、生活習慣やストレス、年齢などによって変化していき、腸内フローラのバランスが崩れることで、アレルギーを発症したり免疫力の低下など健康状態に大きな影響を与えることが分かっています。

これまで腸内環境を整えるためには生きた乳酸菌を摂取することが大事とされてきました。しかし、実際には外部から摂取する乳酸菌のほとんどは、熱や強い胃酸に阻まれ腸にまで到達できませんでした。

そんな中、研究によって発見されたのが「乳酸菌発酵エキス」です。これは、腸内フローラを形成している腸内細菌が作り出す物質で、ガンや糖尿病などの疾病やアレルギーのほか、精神疾患や太りやすさなどの体質、将来の老化にまで関係しています。

腸内フローラ内に存在する菌は善玉菌と悪玉菌、そしてどちらでもない日和見菌という3つのグループに分かれています。善玉菌と悪玉菌は腸内で覇権争いをしていて、このどちらか優勢な方につくという性格を持っているのが日和見菌です。

この時、善玉が作り出す乳酸菌発酵エキスは、悪玉菌にとっては苦手物質なので勢力を弱め、日和見菌を善玉菌へと変化させる手伝いをしてくれる大事な物質になるのです。

乳酸菌発酵トマトエキス

乳酸菌発酵トマトエキスは、理研ビタミンとキッコーマンが共同で、便通と腸内フローラ改善効果を確認したものです。「ペディオコッカス ペントサセウスOS株」にて発酵させたものです。
乳酸菌発酵エキスとNHK
排便量、排便回数、排便日数だけでなく、腸内フローラに占めるビフィズス菌の割合が増加していることも確認しています。乳酸菌発酵トマトエキスの摂取は便通の改善に加え、腸内環境の改善が期待できるとのことです。

乳酸菌発酵液の作り方

乳酸菌発酵液の作り方は、米のとぎ汁と塩、砂糖を入れて良く混ぜ、1週間ほど常温で置いておけば、乳酸発酵します。甘酸っぱい香りがするようになれば完成です。

乳酸菌発酵食品

発酵とは、食品に含まれる成分を菌が分解して新たな成分になることを言い、人の身体に与えるメリット増加が期待できます。そのメリットは、元となる食品の栄養価が更に高くなることです。
乳酸菌発酵エキスとNHK
身体的メリットだけで無く、発酵により、旨み成分が増す・香が豊かになる等の食べる際のメリットもあります。美味しい食べ物を食べると人の細胞は活性化され免疫力が向上するので、発酵食品は健康に良い食べ物だと言えます。

発酵に使用する菌は、乳酸・納豆・麹菌等数多くあり、乳酸菌を発酵させた食べ物が乳酸菌発酵食品です。乳酸菌発酵食品は悪玉菌を抑制する効果があるので、便秘や肌荒れ改善効果が期待でき美容効果があると言えます。

また、腸内環境を整えて免疫力を高めてくれるので、アレルギー症状改善や風邪等の病気の罹患確率を下げてくれます。

乳酸菌はヨーグルト・チーズ・納豆・漬物等に多く含まれているので、これらの食べ物を毎日無理なく食べることにより、健康を維持することができます。

どの食品もスーパーで販売されていて、お手頃な価格ですので、コストパフォーマンスが優れた健康食品だと言えます。発酵食品は自分で作ることができますので、自分オリジナルの発酵食品を作ることもでき、オリジナル発酵食品を作り、日々の食卓を一味違うものにすることもできます。

乳酸菌発酵果汁

春先になると毎年の様にくしゃみや鼻水、喉の痛みといったアレルギー症状に苦しむ人が多く出てしまいます。これはヒノキやスギといった花粉にアレルギーを持つ人に生じる症状です。

厄介な事に1度花粉アレルギーが生じると、ヒノキやスギの花粉が大量に飛ぶ春先には毎年アレルギー症状に苦しむ事になります。社会人だと仕事中にもアレルギー症状が出て集中力が低下した結果、大きなミスを起こす恐れもあるので注意が必要です。


乳酸菌発酵エキスとNHK
▶乳酸菌と花粉症

花粉アレルギーを抑制する方法として、薬を飲むという方法もあります。ですが薬という方法だと眠気を誘発したり、胃等に負担を掛ける事になるケースが少なくありません。

しかも毎日飲む訳にも行かないので、もっと手軽に対策したいと望む人が多いです。対策方法としておすすめなのが、乳酸菌発酵果汁飲料を活用する事だったりします。

乳酸菌発酵果汁飲料の中には、花粉アレルギーの抑制効果のある乳酸菌を含んでいる商品もあるので探してみるべきです。こういった乳酸菌発酵果汁飲料は、乳酸菌により腸内環境を整える事で免疫力をアップしてアレルギー症状を抑制する効果を得る事が出来ます。

お陰で薬によりアレルギー症状を抑える方法の様に、身体に余計な負担を掛けずに済む点も魅力的です。もっとも乳酸菌発酵果汁飲料は薬ではないので即効性は期待出来ず、継続して飲み続ける事で徐々に腸内環境を整えて行きます。

乳酸菌発酵果汁飲料

乳酸菌発酵果汁飲料にはいろいろな効果があり、例えば腸内にある悪玉菌を減らすことができ、善玉菌を増やすことが可能です。腸内環境を改善することができ、便秘・下痢などを改善することができます。
乳酸菌発酵エキスとNHK
悪玉菌は体内で悪さをする「大腸菌」のことで、善玉菌はもともと腸内にあるビフィズス菌のことを意味します。

乳酸菌発酵果汁飲料を継続して飲むことによって、体内のビフィズス菌が約3倍増えることが確認されました。ビフィズス菌が増えるので腸内の悪玉菌が自然と減り、善玉菌が次第に増えるということになります。

ビフィズス菌は整腸作用も備えていて、特に乳酸の他に酢酸の産出が腸内の有害菌などを抑制する働きを行うので良いこと尽くしと言えるでしょう。

腸内環境が改善されるのでお通じが良くなり、腸内はもちろんお肌の状態も良くなります。この乳酸は生きて腸まで届くので腸を刺激し、蠕動運動を高めることができ便中の水分を調節したり下痢や便秘に対し非常に効果をもたらすことが可能です。

乳酸菌を摂取することによって便秘や下痢で悩む人の約8割が改善されたと言われています。アトピー性皮膚炎などを改善する効果が期待されていて、幅広い世代の人が乳酸菌発酵果汁飲料の効果を実感しています。

乳酸菌発酵である漬物がよい

今の時代世、中に多く出回っている乳酸菌の入っている食べものは沢山存在し、近年はヨーグルトばかりではなく、チョコレートなどといったお菓子にまで広がっています。
乳酸菌発酵エキスとNHK
生活の中で、色々な種類の乳酸菌を摂取する機会は多くなりましたが、意外にも昔から存在していた食材で乳酸菌発酵の漬物があるのです。普段何気なしに食卓に上がっている漬物を、日々食べている人は多くいるものです。

体に色々な不具合があるために、特に乳酸菌の摂取に気を付けている方は見かけますが、昔から食べている食材で、乳酸菌が摂れていることに気づかない方も中にはいるのです。

何も各社から、効能を謳って販売されている特別のものを食べなくても、自分の家で毎日のように食べているものこそ乳酸菌の一種なのです。

案外知らない人もいるようですが、乳酸菌は種類が非常に多く昔からある漬物も、乳酸菌を摂取する昔の人の知恵による食べものです。現代の漬物は、販売するために各社独自の方法で作られていますが、乳酸菌発酵の漬物はぬか漬けである場合が多いのです。

ぬかに含まれているビタミンや乳酸菌、また酵母や微生物がバランスよく含まれているものです。ぬか床は毎日かき混ぜて空気を入れることで、カビが生えることを抑え微生物の働きを良くします。

ヨーグルトの乳酸菌発酵

健康のためにビフィズス菌の入ったヨーグルトを食べる人も多いでしょう。しかし、ヨーグルトにどのような効能があるのかについてはよく分かっていない人も多いかもしれません。
乳酸菌発酵エキスとNHK
ヨーグルトは牛乳などを乳酸菌で発酵させた発酵食品であり、牛乳の栄養を摂取できることはもちろん、発酵によって得られる効果も期待できます。乳酸菌には腸のぜん動運動を助ける働きや消化吸収を助けるなどの効果があります。

腸に生きたまま届くことで乳酸や酢酸を作るのですが、悪玉菌の生成を防ぐことができますし、腸内環境を整える効果も期待できるということです。

また、免疫力を高めるという効能もあるため、病気の予防にも繋がるでしょう。ちなみに、乳酸菌は生きたまま腸へ届かなくても健康への効果が期待できます。

ヨーグルトには腸のぜん動運動を活発にするという効果があるため、便秘で悩んでいる人におすすめです。また、ヨーグルトの乳酸菌には花粉症の症状を緩和する効能やアレルギーを緩和する効能もあるとされています。

乳酸菌は腸内の悪玉コレステロールの発生を抑制する効果があるため、動脈硬化の予防や高血圧の改善にも効果が期待できるということです。また、腸内環境が改善することにより、美肌効果もあるということです。

自分でできる乳酸菌発酵/h4>
食物が微生物の働きによって分解されると、人間の体に良い保存可能な食品に変化しますが、これを発酵と言います。日常生活の中でなじみがある発酵食品の一つが、ヨーグルトなどの乳酸菌発酵です。
乳酸菌発酵エキスとNHK
ヨーグルトは乳酸菌によってできる乳酸を使って牛乳を固めたものです。自分で作ろうと思えば作ることができるので、腸内環境を綺麗にするために、自分でヨーグルトを作っているという人も少なくありません。

簡単に作り方を説明すると、煮沸消毒した容器に牛乳を半分ほど入れ、市販されているヨーグルト菌の素を入れてよくかき混ぜます。ヨーグルト菌の素がない場合は、ヨーグルトそのものを加えて混ぜてもかまいません。

その後、残りの牛乳を加えてさらによくかき混ぜます。最後にフタをして適温で発酵させていきますが、このとき一定の温度に保つことが大切です。

乳酸菌の培養において重要なのは、悪玉菌の寄生や増殖を防ぐことです。その厳しい環境の中で乳酸菌をうまく培養させていかなければならないということです。煮沸消毒しても空気中にも常にたくさんの菌が存在しているので、悪い菌が入り込まないように注意しましょう。このように自分でヨーグルトを作ることができれば、ヨーグルトを毎日食べる人にとっては、とても経済的です。

乳酸発酵の仕組み

自然の中には様々な細菌がおり、その中には人間に対して有益な働きをする細菌も多くいます。ヨーグルトなどを作る乳酸菌は、そんな細菌の代表的な細菌と言えます。
乳酸菌発酵エキスとNHK
乳酸菌とは生育に必要なためのエネルギーを作るために、ブドウ糖や乳糖などの糖分を分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。乳酸菌が糖分から乳酸を作ることを「乳酸発酵」と言います。

乳酸発酵によってヨーグルトやチーズ、漬物などの発酵食品を作りますが、使われる乳酸菌は食品によって種類が異なります。乳酸発酵の仕組みとしては、まず乳酸菌が糖分を餌として働きます。

糖分でありタンパク質やデンプンを分解して細菌が食べることによって、その過程で様々な現象が引き起こされます。ガスが出たり、匂いが出る、アミノ酸やアルコールが生成などがされますが、どのような現象が起こるかは細菌によって異なります。

良い香りがしたりする場合には「発酵」ということになり、刺激臭などが現れると「腐敗」しているということになります。この二つの違いは、菌の種類や働きが異なることになります。

ヨーグルトの場合は、牛乳にビフィズス菌や乳酸菌などが働くことによって出来上がっていきます。乳酸発酵させたものは、体に対して有益な働きをするため意識して食べることがオススメです。

乳酸発酵と乳酸菌

乳酸菌が行っている過程を乳酸発酵と呼びます。乳酸は、乳酸菌が糖質を代謝してエネルギーを得る際に作られます。グルコースが乳酸菌によつて発酵され、乳酸になります。

乳酸発酵のATP

グルコースを嫌気的に1分子分解すると、2分子のピルビン酸を生じ、2分子のATPを獲得できます。この過程は、解糖と呼ばれます。
ピルビン酸は乳酸菌で発酵されます。

もう一つの発酵経路は、乳酸と同時にエタノールと二酸化炭素を生成するヘテロ乳酸発酵です。

乳酸発酵プロセスの反応式

乳酸菌はブドウ糖や乳糖などの糖類から乳酸菌を生成する菌類の総称で、糖類を発行させて乳酸ができることを乳酸発酵と呼びます。この乳酸生成の一連のプロセスは解糖系と呼び体内に存在する生化学反応経路のことです。
乳酸菌発酵エキスとNHK
この生化学反応経路では乳酸菌がグルコース(別称ブドウ糖)をピルビン酸などの有機物に分解し、グルコースに含まれる高エネルギーを使いやすい状態にします。さらにピルビン酸を発酵することで乳酸を作り出します。

次にこの一連の反応式をわかりやすく説明してみます。乳酸菌が1分子のグルコースを分解すると、2分子のピルビン酸と2分子のATPができます。

ATPはアデノシン三リン酸と呼び、解糖系で生成される物質の一つです。この分解作用の後でピルビン酸が発酵されて乳酸になります。発酵作用には2つの経路があり、一つ目は炭素が3個存在するピルビン酸がそのまま還元されて2個の乳酸のみを生成するホモ型乳酸発酵です。

もう一つは乳酸の他にアルコールや酢酸など乳酸以外のものも作られるヘテロ型乳酸発酵になります。これらの反応式を表してみましょう。ホモ型乳酸発酵は、C6H12O6(グルコース)→2CH3CH (OH)COOH(乳酸)のようになります。

ヘテロ型乳酸発酵は、C6H12O6(グルコース)→CH3CH(OH)COOH(乳酸)+C2H5OH(エタノール)+CO2です。このような過程で乳酸は生成されています。

乳酸発酵 化学式

乳酸発酵とは、乳酸菌が糖類を分解して乳酸を生成する反応のことです。この発酵には2種類あり、それぞれ生成物が異なります。
1つは、乳酸のみを生成します。
乳酸菌発酵エキスとNHK
もう1つは、乳酸と同時にエタノールと二酸化炭素を生成します。2つの化学式は以下の通りです。
C6H12O6(グルコース)→ 2CH3CH(OH)COOH(乳酸)+2ATP
C6H12O6(グルコース)→CH3CH(OH)COOH(乳酸)+C2H5OH(エタノール)+CO2(二酸化炭素)+ATP

乳酸発酵が行われている食品の例として、ヨーグルトが挙げられます。ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、保存性を高める働きがあります。その乳酸菌が乳酸発酵をすることにより、体に消化や吸収がしやすくなります。

同じ乳製品ですが、乳糖不耐症の人がヨーグルトなら食べられるというのはこの乳酸発酵のためだと言われています。最近では、「乳酸発酵漬け」といったものも話題になっています。塩水に野菜などを漬け込むだけです。

有名なものに、キャベツを漬け込んだロシアのザワークラフトがあります。乳酸発酵させた野菜は消化が良く、抗酸化作用が期待できるとあり、胃腸の健康のためにも乳酸発酵の力を借りたいものですね。

乳酸発酵の経路

普段口にする乳製品の多くは、乳酸菌が作り出しているものです。乳酸菌とはブドウ糖をメインとして、糖質を発酵させて乳酸を作り出せる菌のことをさします。乳酸発酵は乳酸菌が乳酸を作り出す発酵の経路のことをさしています。

乳酸は乳酸菌が糖質を分解して代謝する際に生産される産物です。乳酸菌は糖質を持っている独自の酵素で分解してエネルギーを得ています。一分子のグルコース酸が分解され、ピルビン酸二分子分になります。

さらにそこから二分子のATPを得ることができます。このときに多くの酵素が関わり、糖質が解糖されていきます。ピルビン酸はその後乳酸によって発酵されていきます。

乳酸菌により乳酸が生産される「ホモ経路」と乳酸ができるのと同時にエタノールや二酸化炭素などが生成される「ヘテロ経路」のニ経路あります。

このため乳酸菌が作り出すものは乳酸のみではなく、他にもたくさんの副産物が生産されます。人体でもブドウ糖を筋肉が分解して乳酸を作り出す過程がありますが、乳酸を作り出すわけではありません。

ある程度分解された後に細胞内の中に取り組まれて行くので、経路は同じでも産物を作り出すわけではないので、乳酸発酵とは異なります。

ヘテロ乳酸発酵

ヘテロ乳酸発酵とは乳酸発酵の一つの型です。乳酸の他に二酸化炭素やアルコール、酢酸などの副産物を生成しています。発酵は一般的には、微生物が人の生活に役立つものを作ってくれて成り立っていますがそれは微生物が生きて行く上でのエネルギーを作る意味でもあります。
乳酸菌発酵エキスとNHK
乳酸菌は通性嫌気性菌であり酸素があっても生きて行くことが可能ですが、特に酸素を必要としているわけではありません。エネルギーを作るために酸素を必要としていないことでも発酵と呼ばれます。

乳酸菌はブドウ糖を代謝することで乳酸を作ることが特徴でもあります。細胞内の小器官でもあるミトコンドリアを持っていないことによりたくさんのATPを作るためクエン酸回路はなく乳酸が最終代謝物になります。

全ての乳酸菌が乳酸を作っているというわけでもありません。ヘテロ発酵型の場合、キシルロース5ーリン酸まで解糖系とは異なります。

その次にくるグリセルアルデヒド3ーリン酸から先になると解糖系と同じようになります。アセチルりん酸が別れることによりエタノールに変化します。

キシルロース5ーリン酸までの経路としてはペントースリン酸経路の一部となります。簡単にいうと解糖系とは違うことによってエネルギーであるATPを産生しない経路を進むということになります。

乳酸発酵は酵素の働き

世の中に沢山の食べものが豊富になっている現代ですが、その中でも乳酸発酵をさせているものも多く存在しています。それは特定の食べものに限らず、大人も子供も飲める飲料であったり、日常生活の中で欠かさず利用している色々なものに使われています。
乳酸菌発酵エキスとNHK
その多くは、酵素の力を利用して作られているものが殆どであり、人間の身体には必要不可欠であるものを外から摂取するというものです。

元々酵素は人間の身体に備わっているものですが、年齢を重ねると共に体内での製造が減少していきます。現代乳酸発酵を利用し商品化されているものも、この酵素の力を利用しているものです。

含まれている成分を酵素で分解することで、安全にその成分を他のものへと変化させる手助けをしてくれます。人間の身体でいえば、食べものを消化分解するほかにも、人間が生活するうえで必要な働きや、自然治癒力を左右するほど重要な働きがあるのです。

いわば、必要不可欠なこの酵素が体内から無くなるということは、体が動かなくなり生死も左右するほど大切なものとなります。毎日の暮らしの中で、積極的に乳酸発酵の酵素を摂取する必要があるのは、それ相応の理由があるのです。健全な体を維持するために、日々食の中に取り入れるものは自分で決めたいものです。

乳酸発酵と酸素

乳酸菌は、とてもデリケートな生き物です。乳酸菌にも種類があって、酸素がなければ生きられない好気性乳酸菌か、空気に触れると死んでしまう嫌気性乳酸菌なのか知っておくことが、ヨーグルトを作ったりする際の重要な要素になります。
乳酸菌発酵エキスとNHK
好気性の乳酸菌は、酸素で呼吸をして生きています。たっぷりある環境で生きているので自然界に広く生息しています。生命力が強いので家庭でも手作りをして増殖させることができます。

一方嫌気性の乳酸菌は、酸素で呼吸をしていません。空気と同じくらいの濃度の酸素に触れただけで死んでしまいます。酸素なしでどうやって呼吸をしているのかといえば、酸素がない動物の腸などに生息して、栄養がたっぷりある環境でぬくぬくと生息しているので、環境を離れると貧弱なので生きられません。

自然界の環境にさらされると死ぬため家庭での増殖はできません。空気を遮断して温度・湿度・栄養を全て整っている環境を作る必要があります。

人間の腸で生息できるのはどちらなのでしょうか。人間の大腸には酸素がないので好気性のものは生きることができません。大腸の中で生息して働いてくれるのは嫌気性のものです。人由来の乳酸菌は嫌気性のもので、例えばよく聞くビフィズス菌は嫌気性のものになります。

乳酸菌の花粉症を改善する効果は種類と数量!論文で厚生労働省が掲示

乳酸菌が花粉症に効くというのは、誰しもどこかで見聞きしたことがあるでしょう。この乳酸菌の花粉症への効果があるという所以は、免疫量の70%を占める小腸の善玉菌が乳酸菌だからです。
乳酸菌と花粉症
乳酸菌で便秘解消やダイエットを謳っているものもありますが、大腸の善玉菌は99.9%がビフィズス菌ですので、便秘の解消ならビフィズス菌を摂取するのが効果的です。

もちろん、小腸と大腸は繋がっていますから、乳酸菌とビフィズス菌はどちらへの干渉し、乳酸菌で便秘が治る可能性もあります。と話しがそれましたが、乳酸菌の花粉症への効果について厚生労働省が論文を提示しているのでそちらを見てみましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

小腸の善玉菌である乳酸菌を摂取することで花粉症が改善される可能性はありますが、その種類と数量も重要です!

乳酸菌と花粉症の論文

乳酸菌と花粉症の論文が厚生労働省のホームページに掲載されており、民間療法としてヨーグルトなどの乳酸菌入り食品を食べて花粉症などのアレルギー症状が改善したかの研究を行った内容が記載されています。
乳酸菌と花粉症
それによると乳酸菌入りの食べ物に限りませんが、民間療法で花粉症が改善されたケースは30%以下だとされています。残念ながら、摂取した乳酸菌の種類や数量、それに対する被験者の腸内細菌との相性が記載されていません。

摂取した乳酸菌と被験者の腸内細菌との相性が良くなければ乳酸菌はチカラを発揮できません。また、摂取した乳酸菌の数量が少なければ、腸内細菌に対し多勢に無勢で勝ち目がありません。

この点が考慮されておりませんから、相性の悪い乳酸菌に当たってしまった被験者や腸内環境の悪玉菌が多く、摂取した乳酸菌という善玉菌の量が少な過ぎたために効果が得られなかった人が大勢いたと考えられます。

だとするとこの30%以下しか乳酸菌で花粉症を改善する効果が得られなかったのは妥当だと考えられます。たまたま相性が良く、数量も十分であった人が30%程度いたというだけです。この論文に記載の結果から乳酸菌は花粉症に十分な効果があったと考えられます。
厚生労働省に掲載された論文

乳酸菌の花粉症への効果

花粉症は国民病と言われているアレルギー疾患です。花粉が目や鼻の粘膜などに付着することによって、鼻水や目の充血・かゆみなどのアレルギー症状を引き起こします。
乳酸菌と花粉症
なぜアレルギー症状が出るかというと体に入って来た病原菌やウイルスといった異物を排除するのが免疫で、免疫が働くことによって体は感染症などの発生を予防することが可能です。

この免疫には有害な異物を見分ける力があり、体の約70%の免疫細胞は腸に存在していると言われています。腸は消化された食べ物から必要な栄養分を体に吸収することができたり、有害なものを免疫が区分し排除する役割などがあります。

この免疫機能が悪くなったり乱れが生じたりすると、本来なら反応しなくても良いものまで攻撃しているのが花粉症といったアレルギー疾患です。アレルギー症状の人が増加している背景には食生活の変化だったり住環境の変化があげられます。

環境汚染やストレスの増加、微生物による刺激の減少なども言われていますが、特に腸内フローラ(細菌叢)の変化が指摘されています。アレルギー疾患を持つ人の腸内フローラは、健康な人のものと比較すると乳酸菌やビフィズス菌などが少ないそうです。ヨーグルトなどを食べて乳酸菌を補うことが花粉症を改善することができます。

乳酸菌で花粉症にヨーグルト

乳酸菌で花粉症にヨーグルトを選ぶ場合には、腸内フローラを改善するために継続して食べ続けられる美味しいと感じるヨーグルトであることが前提で、さらに「生きて腸まで届く乳酸菌」が入ったものが良いでしょう。
乳酸菌と花粉症
生きて腸まで届くというのは、プロバイオティクスと呼ばれ、腸内環境を善玉菌が優勢な状態に導き易いです。だからといって、死滅してしまった乳酸菌が役立たないということではなく、腸内の善玉菌のエサになるので意味はありますよ。

乳酸菌で花粉症にヤクルト

乳酸菌で花粉症にヤクルト中央研究所において、1日1本8週間にわたりヤクルトを飲み、花粉症の自覚症状とQOLの調査、血液検査を実施した結果、ヤクルトを飲んだグループは有意に花粉症の症状が改善されています。

ヤクルトでは乳製品を含まない乳酸菌飲料も開発されています。それが、温州みかんを乳酸菌ではっ酵させた乳酸菌はっ酵果汁飲料で、アレルギー特定原材料を含まないので安心して飲めますね。

乳酸菌で花粉症にカルピス

乳酸菌で花粉症にカルピスというと、L-92乳酸菌とアレルケアが出てきますね。L92乳酸菌は、乳酸菌の探索研究で発見されたカルピス社独自の乳酸菌であり、免疫機能を調整するチカラによりアトピー性皮膚炎や花粉症をはじめとしたアレル. ギー症状を緩和が期待できます。

L92乳酸菌で花粉症

L92乳酸菌の花粉症への有効性データを開設しているのが、アレルギー学が専門の鳥居新平医学博士と日本アレルギー学会認定専門医である榎本雅夫医学博士です。
乳酸菌と花粉症
花粉症を始めとするアレルギー症状は、現代人の国民病と言われていて、花粉症の原因は免疫バランスのくずれだといいます。免疫システムにおけるTh1とTh2のバランスが取れていればアレルギーは発症せず、バランスが崩れればアレルギー症状が発症します。

Th1は、感染に働くT細胞であり、Th2は、アレルギーに働くT細胞です。これに、Tregという免疫調節に働くT細胞も関わってきます。L-92乳酸菌は、ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株と呼ばれるものです。

L92乳酸菌と花粉症の研究では、花粉症シーズンの6週間におけるL92乳酸菌の摂取で、花粉症の症状が改善されています。また、花粉飛散前の8週間におけるL92乳酸菌の摂取でも予防効果が確認されています。

乳酸菌で花粉症にアレルケア

乳酸菌で花粉症にアレルケアには、アレルギー物質27品目が含まれていません。27品目は食品表示法で定められた特定原材料等27品目で、具体的には、下記です。
乳酸菌と花粉症
乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、カシューナッツ、ごまの27品目を指します。

シールド乳酸菌で花粉症

シールド乳酸菌は森永乳業が開発した乳酸菌の1つです。シールド乳酸菌を腸内に入れることで腸内の免疫細胞の活動を活発化する働きが特徴です。シールド(盾)のように外敵から体を守ることにちなんで「シールド乳酸菌」と命名されました。
乳酸菌と花粉症
腸内の免疫細胞を活発化させる菌であるため、免疫力を高めることによって様々な不調に対処できるのが大きな効果です。免疫力不足は風邪その他様々な日常的な体調不良の引き金になります。

そのためシールド乳酸菌を摂取することで、免疫力不足が原因となりやすい様々な症状を総合的に改善することが期待されます。特に注目すべきはインフルエンザの感染を予防する働きです。

日本農芸化学会2014年度大会では、シールド乳酸菌を摂取したマウスは、摂取していないマウスに比べてインフルエンザ感染の症状が少ないことが発表されたことは、インフルエンザ予防効果に大きな期待がもたれることを示唆しています。

摂取方法には、サプリメントを摂取する味噌汁やヨーグルトに混ぜて食べるなどの様々な方法がありますが、現在は「食べるシールド乳酸菌」という商品も発売されています。これはタブレット状にして食べられるようにしたものであり、サプリメント感覚で摂取することができます。

KW乳酸菌で花粉症

KW乳酸菌は、ヤクルトヘルスフーズ株式会社が製造・販売しており、ノアレ(Noale)と呼ばれるもので、子供がおいしく食べられるというので有名です。
乳酸菌と花粉症
KW乳酸菌は、小岩井乳業(株)とキリンビール(株)が共同開発した乳酸菌で、生きたまま腸まで届くことが特徴です。実際に飲まれた人の中に花粉症やアレルギー症状が改善したという人が多いようです。

食べる乳酸菌で花粉症

食べる乳酸菌で花粉症が改善できるのでしょうか?食べる乳酸菌は、タブレットタイプで、3粒食べるとシールド乳酸菌®(森永乳業の登録商標)が100億個摂取できます。

一見すると多いように思いますが、腸内環境を改善するには、5,000億個程度の乳酸菌が必要なので、全然足りません。そもそも腸内細菌は、100兆から1,000兆もいるんだから、100億じゃ少ないのです。

花粉症と乳酸菌の種類

乳酸菌を利用して、販売されている商品は昔からありますが、近年は特に目を見張る効果のものが出回っていて驚きます。今までもものといえば、腸内環境を良くして便秘などの予防に効果がある商品として販売されていたものが、今ではある特定の乳酸菌を利用することで、花粉症に効果があると謳われているものがあります。
乳酸菌と花粉症
季節によってはくしゃみや鼻水、また目の充血やかゆみなど、さまざまな症状で悩みとなっている方々がとても多いのです。そんな人たちへの朗報となっているのが、花粉症に効果のある種類のヨーグルトです。それは食べるものであったり、飲料として飲むものであったりしますが、今までこのようなものが無かっただけに驚きを隠せません。

乳酸菌の種類も非常に多くありますが、最近の研究が優れていることにより、効果のある症状や病気が特定されて謳ってあると分かりやすくて良いです。このような研究も日進月歩とはいえ、随分と有意義な研究がなされていることを感じずにはいられません。

そのお陰で随分と多くの方々の症状を和らげ、本人の希望を見出すことにつながっているのか計り知れないものです。乳酸菌の特徴を知ることにより、自分の体に合ったものを摂取してみたいものです。

花粉症とヨーグルトの量

花粉症とヨーグルトの量についてです。花粉症をヨーグルトで改善するにはどのくらいの量を食べれば良いのでしょうか?乳酸菌で腸内環境を善玉菌優勢の状態にするには、5,000億個の乳酸菌が必要です。
乳酸菌と花粉症
これを全て一般的なヨーグルト(100ml)で摂取しようとすると、500個も食べなければならないので現実的ではありません。もちろん、もっと多いヨーグルトもありますが、それでも現実的に食べられる量ではありません。

花粉症に効く

花粉症に効くというのは、免疫力のバランスを整えるということです。花粉症だけに効くという食べ物は考えにくく、花粉症だけに効くというのであれば、防護マスクや防護スーツなどの方が適しています。
乳酸菌と花粉症
通常のマスクでは、花粉の大きさより目が粗いので、花粉がすり抜けて意味がありません。花粉が通り抜けられない息苦しいマスクを使わないといけませんね。

乳酸菌の花粉症を改善する効果は種類と数量!論文で厚生労働省が掲示のまとめ

乳酸菌に花粉症を改善する効果があるとヤクルトやカルピス、ヨーグルトなどの食品やドリンク飲料が多くの種類出ている。食べる乳酸菌やL92乳酸菌、アレルケア、KW乳酸菌、シールド乳酸菌など見聞きしたことがあるだろう。このような民間療法に対し厚生労働省が論文を提示している

乳酸菌の種類と効果の食品一覧!花粉症を治す相性と数が多いおすすめ

乳酸菌の種類は、現在までに400種類程度が発見されています。私たち人間の腸内細菌は、3万種類以上いて、それらが100兆から1000兆個も生息していて、1.5キロから2キロの重さがあります。
乳酸菌の種類と効果
さらに乳酸菌は、牛などの乳から発見された乳由来(動物由来)の乳酸菌と野菜などの植物から発見された植物由来、わたしたち人間の腸内から発見されたヒト由来という種類にも分けられます。

乳酸菌は一般的に熱に弱いと思われていますが、これは動物性乳酸菌の話で、野菜や果物に生息する植物性乳酸菌は熱に強く玄米の植物性乳酸菌では90度でも生息していたという実験結果があります。乳酸菌って種類によって色んな違いがあるので見て行きましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌の菌体成分が腸に刺激を与えることで死滅しても腸内環境を改善する効果が期待できる種類もあります!

乳酸菌の種類と効果・効能

乳酸菌の種類と効果・効能は下記のような違いがあります。
乳酸菌の種類と効果

効果・効能 菌種
潰瘍性大腸炎の改善 ブレ―ベヤクルト菌
BB536株
免疫力強化 SN13T株
LP28株
GCL1176株
LKM512株
クレモリスFC株
KW3110株
ラブレ菌
HN019株
LGG株
SBT2928株
(ビフィズス菌SP株)
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
HSK201株
SN35N株
BB536株
シロタ株
Bb-12株
花粉症予防・改善 GCL1176株
KW3110株
L-55株
LGG株
HSK201株
K-2株
BB536株
シロタ株
アトピー性皮膚炎の改善 GCL1176株
LKM512株
クレモリスFC株
KW3110株
L-55株
LGG株
K-2株
アトピー性皮膚炎の改善 クレモリスFC株
ブレ―ベ・ヤクルト菌
サーモフィラス菌1131株
ブルガリア菌2038株
便秘解消 N-1株
シロタ株
BB536株
ブルガリア菌2038株
サーモフィラス菌1131株
B.ブレーベ・ヤクルト株
NY1301株
HOKKAIDO株
K-1株
HSK201株
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
SBT2928株
(ビフィズス菌SP株)
LGG株
OS株
GCL2505株
HN019株
BE80株
L-55株
ラブレ菌
KW3110株
クレモリスFC株
GCL1176株
コレステロール値
の低下
N-1株
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
クレモリスFC株
GCL1176株
血糖値上昇抑制 クレモリスFC株

乳酸菌の種類と相性

今の世の中次々と各社から販売されているものの中に、乳酸菌を利用して作られているものが沢山あり、殆どの人たちは毎日の生活の中で食べているものです。
乳酸菌の種類と効果
今や乳酸菌と聞いてヨーグルトと答える人ばかりではなく、それは普段食べているお菓子などの、チョコレートなどといったものにまで入っているのです。

世の中で便秘など、体調不良を抱えている方々が多いのも一因であり、ヨーグルト以外にも何らかの方法で、より沢山の乳酸菌を摂取したいという表れでもあります。

一口に乳酸菌といっても、その種類の数は想像を絶するほど多くあり、一般にスーパーなどで販売されている商品などに入っているものは、ほんの一部となります。

世間ではひとまとめで乳酸菌といわれていますが、同じ乳酸菌なのにその種類が違うことで、人によっては効果が出たりまたアレルギーが出てしまうことも事実です。

それはひとえに乳酸菌との相性でもあるのですが、合わない人にとっては特定の種類を摂取するだけで体に発疹ができ、体中がかゆくなってしまうのです。同類のように感じられる種類なのに、なぜ一種類だけ相性が悪いのかと疑問が出てしまいます。

飲み続けて好転反応どころか、体中に広がるのは合わないとしか言いようがなく、自分に適した種類を摂取しすることが必要です。

乳酸菌の種類を複数

乳酸菌の種類を複数摂取することによって、自分の腸内細菌叢にいる乳酸菌と相性の良いものとヒットする可能性が高くなります。乳酸菌の種類が少なければ数が多くても相性が悪くて腸内で善玉菌を優勢にできない可能性が高いと考えられます。

乳酸菌の種類と食品

乳酸菌を使っている食品と言えばヨーグルトと反射的に答えられるほど有名だと思います。実際にはその他にもいろいろな種類の食品に含まれています。同じ乳製品ではチーズも多くの乳酸菌を含んでいます。
乳酸菌の種類と効果
体内に摂取して腸内に届くことで善玉菌としての働きは変わりません。摂取しやすいものを選んで継続的に食べましょう。乳酸菌を含む食品は、発酵の元となる食材によって動物性と植物性の2つに分類されます。

動物性は発酵乳が使われた食品です。ヨーグルトや乳酸飲料もその中に含まれます。乳酸菌や酵素を乳に加えて固めたものやそれを発酵させたものをナチュラルチーズと言います。

最近では発酵バターと言われる乳酸菌で発酵させたバターも人気があります。ヨーグルトはさらに機能性の高い乳酸菌を含むものも数多く流通しています。また、固形タイプから飲める液状のものまで形状にも分類があります。

植物性は、味噌や醤油などの大豆加工品や漬物が当てはまります。漬物と言っても日本古来からあるぬか漬けだけではなく、韓国のキムチやドイツのザワークラウト、ピクルスなどがあります。

このように、各国で伝統的に食べられているような食品にも含まれています。日本食は、多くの乳酸菌を摂取することができる理想的な食事と言えます。

乳酸菌の種類と数

乳酸菌の種類はおよそ400種類以上です。その商品ともなると、もはや数えきれないません。ヨーグルトだけでも多くの商品が店頭に並んでいることからも、お分かりいただけるでしょう。
乳酸菌の種類と効果
特に今注目されているものには、次のようなものがあります。

乳酸菌シロタ株は、テレビのCMでももうお馴染みでしょう。1935年から乳酸菌飲料に使われています。生きたまま腸まで届くことが特徴で、ビフィズス菌を増やして悪玉菌が住み着きにくい腸内環境を作ります。大腸がんのリスクを下げると言う報告や小児の急性下痢症や出産後の便秘の軽減についての報告が届いています。

ラブレ菌は、京都の三大漬物の一つである「すぐき漬け」から発見された植物性の乳酸菌です。正式名はラクトバチルス属コアギュランス菌と言います。便通改善や更年期障害による冷えや肩こりや腰痛などの症状改善効果もあると報告されています。また、ラブレ菌を取っている子どもはインフルエンザの罹患率が低いというデータも届いています。

フェカリス菌は、エンテロコッカス属フェカリス菌のことです。免疫力を高める作用があり、花粉症やアレルギーにも効果があるとして、話題を集めています。EC21やFK23などがあります。

その他にも、カゼリ菌SP株やL-92乳酸菌、モラック乳酸菌、LG21など書ききれないほどの種類があります。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌は腸内に住む善玉菌として有名で、腸の働きを助ける役割があります。これらの善玉菌はヨーグルトなどの発酵食品に含まれている物として同一視しがちですが、大きな違いがあります。
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌とビフィズス菌の違いは、乳酸菌が腸内や植物や土壌の中、発酵食品の中にも含まれているのに対し、ビフィズス菌は人や動物の大腸の中にしか生息できないことです。

乳酸菌と違って、ビフィズス菌は酸素がある場所では生きられないため、酸素が届かない大腸にしかいられません。また、形状もビフィズス菌が棒状や先端が二股に分かれたY字型をしているのに対し、乳酸菌は球状や長めの棒状などがあります。

ヨーグルトにビフィズス菌が入っている場合は、成分を添加されて一緒に発酵させた物です。乳酸菌は腸内で糖質を分解すると、乳酸を生成します。一方ビフィズス菌は乳酸に加えて様々な成分が作り出せます。強い殺菌力がある酢酸や葉酸、ビタミンB群などと幅広く人体に役立つ栄養素が生み出されます。

大腸内の両者の菌の割合は、ビフィズス菌が1兆個から10兆個に対して、乳酸菌は一億個から1000億個となっています。大腸の中ではビフィズス菌の方が9割以上を占めることになるでしょう。

小腸の中には酸素が含まれるので、乳酸菌が多く生息しています。どちらも腸の働きを健やかにする作用がありますので、含まれている食品を積極的に取る必要があります。

乳酸菌のサイズってどのくらい?

腸を含め体の健康を保つために、自家製ヨーグルトを作って毎日食べているという人も多いことでしょう。そこで気になるのは、自分が作ったヨーグルトの中には、一体どれほどの乳酸菌が入っているのだろうかということかもしれません。中には、顕微鏡などを使って、その乳酸菌を実際に見てみたいという人もいるものです。

基本的に言って、乳酸菌のサイズは0.5から10マイクロメートルほどであろうと言われています。もちろん乳酸菌の種類によって、このサイズにも多少の違いは生じるものです。

このサイズが実際にはどのくらいなのかを理解するためには、ほかのものと比べてみるのは助けになります。例えば、呼吸器障害などの原因になる汚染物質として有名な微粒子にPM2.5があります。このPM2.5のサイズは2.5マイクロメートルであるため、乳酸菌のほうがかなり小さいということになります。

これほど小さなサイズですとまず電子顕微鏡で見ることはできませんが、光学顕微鏡で確認することは可能であると言えるでしょう。ヨーグルトが出来上がったらその固形の部分ではなく、ホエーつまり乳清の部分を採取して顕微鏡で見てみます。そうすると、乳酸菌を確認することができます。

乳酸菌の種類と効果の食品一覧!花粉症を治す相性と数が多いおすすめのまとめ

乳酸菌の効能で小腸を活性化させて花粉症を治す効果を得るには腸内フローラと乳酸菌の相性が良くなければならないので種類が多い方が良い。それに加え腸内細菌叢を善玉菌が優勢な状態にするには数量が少なくては効果ないのは当然だ。乳酸菌とビフィズス菌の食品でおすすめは?

乳酸菌ヨーグルト効果比較ランキング!種類と数量どっちがおすすめ?

乳酸菌とヨーグルトを食べる目的と言って良いほど、乳酸菌と言えばヨーグルトのイメージが強いのではないでしょうか?これは、ヨーグルト業界が世の中にヨーグルトを食べれば乳酸菌がいっぱい摂取できるよと長年宣伝して来た結果です。
乳酸菌ヨーグルト
実際のところヨーグルトに入っている乳酸菌の種類や数量はたいしたことはなく、そもそも一般的な牛乳から作られた動物性乳酸菌のヨーグルトは植物性乳酸菌に比べて乳酸菌の量が圧倒的に少ないのです。

乳酸菌を多く摂取して腸内フローラを改善したい!というのであれば、ヨーグルトよりキムチや漬物などの植物性乳酸菌が大量に入っている発酵食品を食べた方が便秘解消やダイエット、免疫力アップに効果的だと知ってました?

ダイエット先生ダイエット先生

簡単にいうと乳酸菌は小腸の善玉菌でビフィズス菌は大腸の善玉菌です。

ヨーグルトに乳酸菌が入ってないものはある?

ヨーグルトを作る際には乳酸菌が必要なので乳酸菌が入っていないヨーグルトはありません。ヨーグルトを作る際に使われる乳酸菌で有名なのがブルガリア菌でサーモフィラス菌と一緒に配合されて、ブドウ糖をエサにして乳酸を作ります。
乳酸菌ヨーグルト
無酸素でも生きられますが生きたまま腸に届くのは難しいとされています。それに対し、ビフィズス菌はヨーグルトを作る際に必要なわけではないので、市販ヨーグルトでビフィズス菌が入っているのは後から添加されたものです。

ビフィズス菌入りヨーグルトがおすすめな理由

ヨーグルトにはビフィズス菌入りのものとそうでないものがあります。発酵させるのに必要な乳酸菌は腸内環境を改善させるために役立ちますが、人間にとって健康のためにならない悪玉菌を減らし、健康に役立つ善玉菌を増やす効果を期待するならビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶのがおすすめです。
乳酸菌ヨーグルト
ビフィズス菌は腸内で酢酸を作り出すため、この菌が多く生息する腸では悪玉菌が増えるのを防いだり腸の粘膜を保護したりといった効果が得られやすくなります。この酢酸によってアレルギーが起こりにくくなったり肥満も防ぐ効果があることも分かってきています。

ビフィズス菌の入っていないヨーグルトでも乳酸菌が入っているので、今いる善玉菌を助けて腸内環境を整えるのに役立ちますが、乳酸菌は酢酸を作り出すことはできないのでビフィズス菌ほど積極的な効果は得られにくいと考えられます。

漬け物や味噌などでも乳酸菌は摂れますが、ビフィズス菌を摂取するにはヨーグルトやサプリメントなどが主な方法で、なかでもヨーグルトは食品として摂取できるのが特徴で、乳酸菌も一緒に摂ることができます。

ヨーグルトは美味しく食品としてビフィズス菌を摂取したい人におすすめです。

乳酸菌ヨーグルトの数量

乳酸菌入りのヨーグルトは各メーカーからいろんな種類が発売されておりヨーグルトブームと言っていいほどの時代です。
乳酸菌ヨーグルト
アレルギー改善作用として花粉症、アトピー性皮膚炎に効くと言われています。ガセリ菌、ビフィズス菌入りは

身体本来が持つ免疫力強化の効果があり風邪をひきにくくなるなどの恩恵があります。脂肪分の入っていないものは、

コレステロール値を下げる作用があります。虫歯、歯周病予防にも絶大な効果を発揮します。

歯周病ははぐきと歯の境目にたまった食べかすに菌がたまり悪化すると歯茎が腫れて出血し歯が抜け落ちます。

ヨーグルトを半月間取り続けると虫歯菌のミュータンス菌、歯周病菌が8割がた減少する結果を出した商品もあります。

乳酸菌は口の中の細菌を中和させ抑制させる効能があるので毎日とりたい一品です。乳酸菌入りマウスウオッシュも出ているほどです。

乳酸菌ウン億個と銘打っている商品が多いですが一日どれくらいの個数をとればいいのでしょうか。

人間の腸には1000兆個以上の細菌がいます。一日の摂取めやす量は100億個前後とされています。

ヨーグルトの酸味が苦手な方は飲むヨーグルトなどでも効率よく摂取していくことができます。

ヨーグルトで乳酸菌の数を増やそう

腸の状態を良い状態で保っていくためには、健康的な食生活と適度な運動が必要になるといわれています。そこで気を使っておきたいのが腸の調子を整えてくれる乳酸菌の数を増やすという事です。
乳酸菌ヨーグルト
自然に増えていくというわけではなく、食べ物などに含まれているものが腸にとどまるようにすることが大切です。数を増やしてよい状態を保っていくためには、乳酸菌が多く含まれている食品を積極的にとる必要があります。

そこでお勧めの食べ物がヨーグルトです。デザートとして食べてもおいしいですし、シリアルなどに混ぜて食べてもよいので朝食のおともに最適です。さまざまな食べ方が楽しめるので大人から子供まで取り入れやすいといえるでしょう。

単純に食べやすいというだけではなく乳酸菌の数が多いのも嬉しいところです。通常のヨーグルトでも多くの乳酸菌が含まれていますが、商品によってはより数を多くしたものなど健康に配慮したものも登場しています。

他にもさまざまな健康効果をうたったものが販売されているので、自分の悩みや気になっていることに合わせて選んでみるとよいでしょう。家族みんなで美味しくヨーグルトを食べながら健康管理を続けていくようにしたいものです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類について

便秘解消など健康効果を期待して食べられることが多いヨーグルト。そのヨーグルトに含まれる乳酸菌には様々な種類があり、その数は300種類以上とも言われています。
乳酸菌ヨーグルト
今回はその中でも有名なヤクルト菌、プラズマ乳酸菌、LG21乳酸菌、ガセリ菌SP株、R-1乳酸菌についてご紹介します。まずヤクルト菌は生きたまま腸に届き、腸内にビフィズス菌を増やして腸内環境を改善すると言われています。

次にプラズマ乳酸菌は免疫細胞であるプラズマサイトイド樹上細胞に働きかけウイルスの侵入を防ぐので、風邪予防などが期待出来ます。ヨーグルトの名前にもなっていて有名なLG21乳酸菌は、胃の粘膜についている細菌のピロリ菌の活動を抑制する作用があります。

ガセリ菌SP株は生きたまま長く腸にとどまることが出来ると言われ、整腸作用の他にコレステロール値の低下や内臓脂肪の減少などに効果があります。最後にR-1乳酸菌は、免疫力を高めるNK細胞を活性化させるので、インフルエンザなどに効果があると言われています。

このようにそれぞれに特徴があり効果も違ってきます。ヨーグルトを食べる時は、そのヨーグルトにどういう効果があるのかを調べて効果的に食べたいですね。

乳酸菌をヨーグルトメーカーで比較

乳酸菌をヨーグルトメーカーで比較してみると下記のようになります。

  • 明治ブルガリアヨーグルト:LB81乳酸菌
  • 明治ヨーグルトR-1:1073R-1乳酸菌
  • ナチュレ 恵 megumi:ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株
  • ダノン ダノンビオ:BE80菌
  • 森永ビヒダス:ビフィズス菌BB536
  • 森永ラクトフェリンヨーグルト:ビフィズス菌BB536

ヨーグルトの種類

ヨーグルトは数千年前から存在されているといわれる、ミルクに乳酸菌や酵母で発行させた食べ物です。日本でも色々な商品がありますが、今回はその種類を紹介します。
乳酸菌ヨーグルト
まず、プレーンヨーグルトです。こちらは、生乳を乳酸菌で発酵させた食べ物です。そのままでももちろん、好みに合わせて蜂蜜やジャムなどを乗せたりしても美味しいです。

そこから、さらに寒天に砂糖などが加えられているハードタイプ。かくはんして、液状タイプにしたドリンクタイプ。果肉やジャムなどを加えたソフトタイプなどさらにそこから種類が広がっていきます。

また凍らせてアイスのようにしたフローズンタイプなども存在していきます。

また、世界のヨーグルト国や地域によってさまざまな種類がありますが、有名な所では、カスピ海ヨーグルトやギリシャヨーグルトなどが日本でも手軽に入手できる商品ではないかと思います。

そして、各企業によってその乳酸菌の種類は様々で、企業によっては複数の乳酸菌を使用し味の違いや栄養価・健康効果の差を出してきています。
どのタイプのヨーグルトでも、味で選ぶも良し、生活習慣に合ったもの・効果で選ぶも良しだと思いますので、自分のスタイルに合わせて取り入れてみてください。

ヨーグルト効果比較

ヨーグルトにはさまざまな種類があり、表示を見てみると販売会社によって入っている乳酸菌が異なります。どの乳酸菌が何に効果があるのかわからないこともあり、ヨーグルト効果比較をどのようにしたらよいかわからないこともあります。
乳酸菌ヨーグルト
なお、ヨーグルト全体の効果としては、便秘改善、生活習慣病の予防、美肌効果などがあります。ヨーグルト効果比較としては、乳酸菌の種類がなんであるかしっかりと見る必要があり、一つの乳酸菌だけでなくいくつかのものを摂ることが大切になってきます。

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131菌が含まれているヨーグルトは特に美肌効果があり、別名LB81とも呼ばれています。便秘改善効果もあるので、両方を得たい場合はLB81のヨーグルトを選ぶようにします。

LG21が含まれているヨーグルトは胃にいるピロリ菌の数を減らすことができ、R-1ヨーグルトは免疫力を改善するのに効果があります。この2つは主に健康を維持する効果が期待できるので、日ごろから摂取することで免疫力を高く維持することができます。

内臓脂肪を減らす、コレステロール値を正常にする効果があるのはガセリ菌SP株とクレモリス菌FC株、アセトバクター菌FC株です。クレモリス菌とアセトバクター菌は食物繊維と似た働きをするので食事の前にとるとさらに効果があがります。

ヨーグルトのランキング

ヨーグルトのランキングは、下記の通りです。

  • 1位:R-1ドリンクタイプ 低糖・低カロリー
  • 2位:ナチュレ恵megumi
  • 3位:ダノンBIO

乳酸菌はヨーグルト以外にも含まれている

腸内環境を改善するため、乳酸菌を摂取したいという人もいるでしょう。乳酸菌と聞くとヨーグルトをイメージする人が多いかもしれません。しかし、ヨーグルト以外の食品でもこの菌を摂取することができるのです。
乳酸菌ヨーグルト
ヨーグルト以外でも乳酸菌が多い食品はたくさんありますし、日常的に家庭で食べているものなどもあります。発酵食品の代表であるチーズにもこの菌が多く含まれています。

チーズにはプロセスチーズとナチュラルチーズという2つの種類がありますが、プロセスチーズは加熱処理されているため、乳酸菌がほとんど死滅しているということです。そのため腸内環境を整えたいならナチュラルチーズの方が良いでしょう。

一般的なバターではなく、発酵バターにも乳酸菌が多く含まれています。発酵バターは乳酸菌によって発酵させているため、腸内環境をしっかり整えることができるのです。

漬物やキムチ、ザーサイ、ピクルスなどといった漬物にも乳酸菌は多く含まれていますが、中でもキムチはヨーグルトよりも多く含まれる食品として知られています。また、大豆を発酵させた納豆や味噌、醤油などからもこの菌を摂取することができます。腸内環境を整えるために積極的に食べると良いでしょう。

乳酸菌のヨーグルト作り方

乳酸菌のヨーグルト作り方としては、ヨーグルトメーカーを使うと簡単に作れます。市販のヨーグルトを買ってきて、種菌として使えばとっても安上がりに大量のヨーグルトができますよ!


乳酸菌
▶ヨーグルトの作り方

乳酸菌ヨーグルト効果別ランキング

乳酸菌ヨーグルトランキングをダイエット、免疫力向上、美容効果という効果別に分けて行っていきます。

おすすめダイエットヨーグルトランキング

  • 1位:メグミルク☆恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト
  • 2位:森永☆ビヒダスBB536プレーンヨーグルト 脂肪0
  • 3位:ダノンビオ☆プレーン・加糖 脂肪0

おすすめ免疫力向上ヨーグルトランキング

  • 1位:明治☆プロビオヨーグルトR-1 砂糖0
  • 2位:小岩井☆プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス
  • 3位:チチヤス☆毎朝快調ヨーグルト

おすすめ美容効果ヨーグルトランキング

  • 1位:明治☆ブルガリアヨーグルトLB81プレーン
  • 2位:カゴメ☆植物性乳酸菌ラブレプレーン
  • 3位:メグミルク☆恵megumi ビフィズス菌SP株 カプセルヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルトランキング

ビフィズス菌ヨーグルトランキングは下記の通りです。

  • 1位:森永乳業のビヒダスBB536 プレーンヨーグルト
  • 2位:ビヒダス のむヨーグルト
  • 3位:高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000α(アルファ)

ビフィズス菌ヨーグルトカプセルがお勧めです。

ビフィズス菌ヨーグルトカプセルは、スーパーマーケットやドラッグストアなどでも購入ができますが、ヨーグルトの中に細かい粒々のカプセルが入っているのが特徴です。

ヨーグルトには腸内環境を整える働きのある善玉菌が豊富に含まれていますが、胃酸や熱などに弱い性質があるので、腸に届くまでに死滅してしまいます。

ビフィズス菌ヨーグルトに含まれているカプセルは、腸で溶ける性質を持っているため、胃酸や熱の影響を受けにくく、しっかりと腸に届くのが特徴です。

ビフィズス菌ヨーグルトは優しい酸味が特徴になっており、味もとてもおいしいので、無理なく続けられます。現代は不規則な食生活を続けていたり、運動不足気味の人や、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、便秘気味になったり、臭いの強いおならや便などが出てしまうので悩んでいる人が少なくありません。

腸内の環境が悪くなってしまうと、体調が悪くなる原因になったり、アレルギー疾患の原因になってしまうため、ビフィズス菌ヨーグルトカプセルがお勧めです。

ビフィズス菌ヨーグルトカプセルは、豊富な種類の乳酸菌や善玉菌が含まれており、幅広い年代の人が購入をしています。朝食時やおやつなどに食べる習慣を付けると良いでしょう。

乳酸菌の入ったヨーグルトの効果

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、便秘の解消に効果的という話を聞いたことのある人も多いでしょう。しかし、ヨーグルトは便秘の解消に役立つだけでなく、他にもさまざまな効果があると言われています。

ヨーグルトの効果は配合されている乳酸菌の種類によっても異なってくるため、きちんと知っておくと良いでしょう。腸の中にはたくさんの腸内細菌が存在しています。

しかし、ストレスや乱れた食生活によって悪玉菌が増えてしまった場合、腸内環境が乱れて便秘や肌荒れの原因になってしまうということです。ヨーグルトに含まれている善玉菌を摂取することにより、腸内環境を整えることに繋がります。

また、毎日ヨーグルトを食べることで腸内環境が整ってきますし、便秘の解消だけでなく予防にも役立つということです。また、便秘を解消することでダイエット効果が得られることもポイントです。

便秘の多い人は腸内環境が乱れており、代謝も悪いので痩せにくい状態です。腸内環境を整えることで体の巡りが良くなりますし、痩せやすい体質に改善することができるのです。ヨーグルトはカロリーも低いですし、栄養素が豊富に含まれているため、ダイエット中の間食としてもおすすめです。

ドリンクヨーグルトの乳酸菌について

よく耳にする乳酸菌は人間の健康や美容にとても重要なものです。乳酸菌は腸内の運動を促進させて有害菌の増殖を抑制する働きがあります。人間の腸内には健康を害する悪玉菌がたくさん存在し、それが便秘や体内循環の悪化を引き起こします。

それによって様々な病気の原因となることが多いのです。これを改善するには腸内の善玉菌を増加させて優勢と死悪玉菌の繁殖を抑えることが必要です。乳酸菌はこの善玉菌を多く作りだす大きなサポートとなとなるのです。

乳酸菌は腸内で増殖死滅を繰り返し体外へ排出されていきます。ストレスや老化などによって善玉菌は減少してしまうので積極的に乳酸菌を摂る必要があるのです。

摂取できる食べ物として代表的なのがヨーグルトです。手軽に誰でも摂取しやすいものとしてドリンクタイプのヨーグルトが近年多くの種類が発売されるようになりました。

飲み物としてそのまま、または様々なものと合わせて飲むこともできるので栄養価が高くなるのも利点です。外出先でも気軽に摂取できることで乳酸菌を日常的に取り入れることができるのが人気の理由です。

一番効果的な飲み方としては夜です。夜飲むことで良く朝のお通じがスムーズに行われ便秘の解消、そしてダイエットにもつながります。

ヨーグルトの乳酸菌を比較すると良い

今では世の中で多くの人に利用されているヨーグルトは、体調に良いということで朝食に食べられたり、おやつとして食されるなどなじみ深いものとなっています。

昔初めて出始めたヨーグルトは、味のシンプルなプレーンの商品に、好みで好きなだけ使えるように、顆粒になった砂糖が袋に入って追加されていました。それ以後は果実などが入った甘くて美味しいものが出回り、以前付いていた砂糖の袋はいつしか姿を消していました。

乳酸菌の種類も多い上に、各社が独自の研究で発売している商品の数々は、非常に多くなりました。昔はお腹の調子を整えて良くしてくれるくらいの、効果と知識だったものが、今では特定の身体の症状や病名などといった、具体的な効果を謳った商品に目を見張るばかりです。

商品の数も非常に多くなり、自分に合うのはどれなのか、見た目では一向に分からないものです。そんな時には、ヨーグルトの種類と効能を合わせて、各社の商品を比較することで分かってきます。

中には自分に適合しないものもあるので、効能だけではなく、乳酸菌の種類で比較することも一つの方法です。美味しければ良いという方なら良いですが、折角食べるのであれば、美味しさと共に効果を実感した方がお得というものです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類

健康志向ブームである最近では、腸内環境を整える事に加えて美肌効果やダイエット効果も期待できる食品としてヨーグルトが人気を集めています。市販で売られているヨーグルトの種類も、従来より大変豊富なラインナップが提供されるようになりました。

様々な種類の製品が販売されておりますが、その成分をしっかり見極める事でより一人一人の体合ったヨーグルトを選ぶ事が可能です。例えば、便秘気味の方や肌の調子が悪い方にはLB81が含まれた乳酸菌が含まれたヨーグルトを選ぶといいでしょう。

LB81は、腸のバリア機能を高める抗ペプチドという成分を増やす働きがあるため、バリア機能が弱まった腸内環境を整える効果が期待できます。また風邪を引きやすく免疫力アップを目指したい人は、1073R-1の乳酸菌を含むヨーグルトがおすすめです。

この乳酸菌は、この成分自身が作り出す多糖体の免疫賦活作用により免疫細胞を活性化させ体の抵抗力を高めるといわれています。その他にも胃の免疫力アップを目指したい方、アンチエイジング効果を期待したい方、花粉症やアレルギーを抑えたい方などそれぞれの目的に合った乳酸菌があります。目的に合ったヨーグルトを選ぶ事で、より効果的でワンランク上の快適な生活を手に入れる事ができるでしょう。

乳酸菌が多いヨーグルトにはいろいろな効能があります

乳酸菌が多いヨーグルトにはいろいろな効果があります。糖から乳酸を作ることを乳酸発酵と呼んでいて、乳酸菌は乳酸発酵を利用してヨーグルトなどの発酵食品を作ります。

食品によって使用される乳酸菌の種類は決まっていて、ヨーグルトは乳酸菌が多いことで有名です。ヨーグルトにはいくつかのメリットがあり、例えば乳酸菌によって発酵させるので好ましい風味を生むことができます。

乳酸菌はヨーグルトの保存性をアップする作用があり、酸が作られるのでヨーグルトは酸性になりやすく腐敗菌や病原菌などが増えることを予防することが可能です。

乳酸発酵によって消化したり吸収されやすい形状に変わるので、牛乳を飲むとお腹がゆるくなる人もヨーグルトなら食べることができるでしょう。乳酸発酵はいろいろな働きがあるので、古くから様々な食品に使用されてきました。

現在乳酸菌から整腸作用に効果がある薬品も作られていて、ブルガリア菌やサーモフィラス菌などの乳酸菌は体中に入ると胃酸や胆汁などの働きを受けます。

乳酸菌は腸に行く前になくなってしまったり生きたまま腸に達することもありますが、ヨーグルトの乳酸菌の場合生きたままでもなくなっていても体に良い影響を与えることが可能です。乳酸菌の酵素や菌体成分・発酵によって作成される生成物も有用な作用を行います。

乳酸菌ヨーグルト効果比較ランキング!種類と数量どっちがおすすめ?のまとめ

市販ヨーグルトには乳酸菌とビフィズス菌が入っているものと乳酸菌しか入っていないものがある。多くのメーカが販売するヨーグルトには乳酸菌の種類と数量が異なっているが、どっちがおすすめなのか腸内フローラ改善で便秘解消や免疫力アップの効果比較ランキング

乳酸菌ヨーグルトサプリどっちが手軽?

乳酸菌を摂取して腸内環境を改善するには、ヨーグルトとサプリでどっちが手軽で簡単なのでしょうか?購入するという意味ではスーパーやコンビニで買えるヨーグルトの方が手軽で簡単に買えます。

ですが、腸内フローラを改善するために必要な腸内細菌との相性や善玉菌を増やす効果を考えると乳酸菌の種類と数を大量に摂取できるサプリの方が上です。

乳酸菌によって、ダイエット効果や美容効果、便秘解消、免疫力アップなどの効果を実感したいなら迷うことなくサプリを選ぶべきです。ヨーグルトで効果を実感するには大食いチャンピオンレベルに大量に食べないと効果が実感できません。

乳酸菌おすすめ食べ物と飲み物!ヨーグルト効果でダイエットは嘘か?

乳酸菌は小腸の善玉菌として免疫力アップにおすすめです。便秘解消やダイエットの効果を考えるなら大腸の善玉菌であるビフィズス菌を摂取した方が効果が期待できます。
乳酸菌おすすめ
乳酸菌というとヨーグルトが有名ですが、ビフィズス菌はヨーグルトを作る過程で必要なわけではないので、後から添加している市販ヨーグルトを選ばないとダイエットや便秘を治す効果は期待できないのです。

乳酸菌はヨーグルトだけでなく、多くの発酵食品などに含まれています。乳酸菌を含む食べ物や飲み物でおすすめなのは何があるのでしょうか?薬局やドラッグストア、スーパー、コンビニなどで市販されているものを中心に見て行きましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌とビフィズス菌は混同してしまいがちですが、小腸と大腸でそれぞれ活躍する善玉菌という意味では仲間ですね!

乳酸菌おすすめ市販

乳酸菌が入っている市販のものとしては、何がおすすめなのでしょうか?期待できる効果とともに乳酸菌の菌種を記載した表が下記です。
乳酸菌おすすめ

名前 効果 菌種
オハヨー たっぷり生乳ヨーグルト 花粉症やアトピー性皮膚炎の緩和 l-55乳酸菌
ヤクルトソフール 良い菌を増やして、悪い菌を減らす シロタ株(L. ガゼイYIT9029)
タカナシ乳業 おなかにGG アトピーや花粉症、風邪予防 LGG乳酸菌
チチヤス 毎朝快調ヨーグルト 腸まで届く乳酸菌と食物繊維 L-ガゼイ431菌
オハヨー ロイテリヨーグルト 歯ぐきを丈夫で健康に保つ ロイテリ菌
ソヤファーム 豆乳で作ったヨーグルト 血清コレステロールを低下 4種類
森永 ラクトフェリンヨーグルト 免疫力を高め、善玉菌の増加 ラクトフェリン
ダノンビオ ヨーグルト 整腸作用 ビフィズス菌BE80
小岩井 生乳100%ヨーグルト 整腸作用 ビフィズス菌Bb-12
よつ葉北海道十勝プレーンヨーグルト生乳100 非遺伝子組換え飼料を使用 ビフィズス菌Bb-12
グリコBifiX(ビフィックス)ヨーグルト 胃酸に強いビフィズス菌 ビフィズス菌ビフィックス
メイトー 増加型ビフィズス菌LKM512ヨーグルト アトピーのかゆみの緩和 LKM512
雪印メグミルク ナチュレ恵 megumi 腸内環境を改善 ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株
森永ビヒダスヨーグルトBB536 花粉症などのアレルギー ビフィズス菌BB536

乳酸菌おすすめヨーグルト

乳酸菌の摂取を考えたら、ヨーグルトを食べてみてください。乳酸菌を含んでいる食品の種類は豊富に存在していますが、ヨーグルトは美味しく食べることができる魅力があります。
乳酸菌おすすめ
ヨーグルトは、食事の一つとして食べるだけではなく、おやつとしても食べることができます。しかも、糖類を配合しているヨーグルトを食べれば、子供でも苦みを感じることなく摂取することが可能です。子供から大人まで食べることができる点でおすすめになります。

しかも、ヨーグルトの種類によって、味も異なってきます。牛乳の濃い味わいを感じることができる商品が販売されている一方で、乳製品独特の濃い味わいが薄められている商品も販売されています。

好みの味を購入することができる点でも、飽きることなく食べ続けていくことができるでしょう。また、ヨーグルトには果物が入っているものもあり、乳酸菌とともにビタミン類も摂取したい人におすすめです。

果物には、ビタミン類をはじめとして体に良い成分がたくさん含まれています。普段の食事の中で、ビタミン類を摂取しきれていない人は、工夫を行わないといけません。果物入りのヨーグルトを摂取すれば、乳酸菌とビタミン類を一緒に摂ることができます。

乳酸菌おすすめ飲み物

乳酸菌はお腹の健康に役立つ菌というイメージもありますが、この他にも免疫力を高めたり、アレルギーの緩和にも役立つとされており、健康には欠かせない存在となっています。
乳酸菌おすすめ
そして、ダイエットや美肌など美容の面でも大切な役割を果たしています。健康と美容のためには腸内に善玉菌がたっぷりとあることが大事ですが、食生活の乱れやストレスなどで腸内環境が悪くなっている人も少なくありません。

不足している乳酸菌は食事でも補っていきたいですが、実際に腸までに届くまでには多くが死滅してしまうとも言われています。それゆえ、摂りいれる場合は生きたまま腸まで届いてくれるタイプの乳酸菌を選ぶことがおすすめです。

ヨーグルトやサプリメントからも手軽に摂取することができますが、飲み物から摂ることもおすすめです。最近は実に多くの乳酸菌飲料が販売されており、毎日手軽に良質な菌を補うことができます。

ヨーグルト飲料などの乳製品だけではなく、植物性乳酸菌が摂れるものもありますので、特徴は良く確かめて良いものを選んでいきましょう。

酵素が一緒に摂れるタイプや青汁に乳酸菌が含まれた商品もありますので、好みに合う飲み物を選んでいきましょう。続けていくためには美味しく飲めることも大事ですので、飲みやすさも重視したいところです。

乳酸菌おすすめ食品

乳酸菌は、食品から摂取するのがおすすめです。食品から摂取すれば体内への吸収率も上がるので、大量に食べることなく健康になることができます。食品の中でも、発酵しているものは、乳酸菌が多く含まれています。
乳酸菌おすすめ
ぬか漬けは発酵食品としておすすめになるので、漬物類が好きな人は食べてみるとよいでしょう。その他にも納豆も乳酸菌の宝庫になっています。納豆は、食事の際に食べる機会が多い食品です。

朝食べることで、お腹の働きを活発にさせることができ、元気に一日を過ごすことができます。また夜食べれば、寝ている間に腸内の働きを活発にさせられるので、翌日はすっきりとした状態で過ごせるようになるでしょう。

乳酸菌が入っている商品に注目すれば、毎日を元気に暮らしていくことができますが、基本的に和食には乳酸菌が多く含まれているのでおすすめです。

発酵食品が多いのはもちろん、善玉菌のエサになる食物繊維も豊富に含まれている食材が多いため、お腹の中から健康になることができます。

朝、昼、晩と和食を食べるようにすれば、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす効果を得られるようになり、今まで悩んできた便秘や下痢などの体調不良を改善しやすくなります。

乳酸菌の効果

アレルギーで悩んでおり、症状を軽減する方法を知りたいという人も多いでしょう。完治させる手段はまだ見つかっていませんが、症状を軽減する方法はいくつか提案されているのです。
乳酸菌おすすめ
その方法の一つに乳酸菌を摂取するというものがあります。そもそもアレルギーはなぜ起こるのかということですが、これは人間の体に備わっている免疫細胞の反応によって起こるものだと言われています。

そのため本来なら体を健康に保つために重要な働きであると言えるのです。しかし、この細胞が過剰に働きすぎた場合、アレルギー症状が起こってしまうことになります。近年ではこの過剰な反応が腸内環境の悪化によって発生することもあると分かってきました。

アレルギーが腸内環境の影響を受けるということですが、乱れてしまった腸内環境を整えるために必要となるのが善玉菌です。そして、この善玉菌の働きを助けるものが乳酸菌であり、免疫細胞のバランスを調整する効果もあるということです。

そのため乳酸菌を摂取することで辛いアレルギー症状を軽減できるという仕組みです。乳酸菌を摂取するためにヨーグルトを食べるのも良いでしょう。しかし、ヨーグルトを食べても生きたまま乳酸菌が腸に届くとは限りません。生きたまま腸まで届けたいという場合、サプリメントを利用するのがおすすめです。

乳酸菌ダイエット

乳酸菌ダイエットは、小腸の善玉菌が増えるだけなので、ビフィズス菌に比べると期間が、とっても長くかかると考えましょう。ダイエットに使うなら小腸の乳酸菌ではなく大腸のビフィズス菌がおすすめです。
乳酸菌おすすめ

乳酸菌の種類

痩せるヨーグルトの種類として、便秘改善やコレステロール値の低下、血糖値上昇の抑制の効果が期待できる菌種を整理します。
乳酸菌おすすめ

効果・効能 菌種
潰瘍性大腸炎の改善 ブレ―ベヤクルト菌
BB536株
免疫力強化 SN13T株
LP28株
GCL1176株
LKM512株
クレモリスFC株
KW3110株
ラブレ菌
HN019株
LGG株
SBT2928株
(ビフィズス菌SP株)
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
HSK201株
SN35N株
BB536株
シロタ株
Bb-12株
花粉症予防・改善 GCL1176株
KW3110株
L-55株
LGG株
HSK201株
K-2株
BB536株
シロタ株
アトピー性皮膚炎の改善 GCL1176株
LKM512株
クレモリスFC株
KW3110株
L-55株
LGG株
K-2株
アトピー性皮膚炎の改善 クレモリスFC株
ブレ―ベ・ヤクルト菌
サーモフィラス菌1131株
ブルガリア菌2038株
便秘解消 N-1株
シロタ株
BB536株
ブルガリア菌2038株
サーモフィラス菌1131株
B.ブレーベ・ヤクルト株
NY1301株
HOKKAIDO株
K-1株
HSK201株
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
SBT2928株
(ビフィズス菌SP株)
LGG株
OS株
GCL2505株
HN019株
BE80株
L-55株
ラブレ菌
KW3110株
クレモリスFC株
GCL1176株
コレステロール値
の低下
N-1株
SBT2055株
(ガゼリ菌SP株)
クレモリスFC株
GCL1176株
血糖値上昇抑制 クレモリスFC株

善玉菌を増やす飲み物とは

腸の中には悪玉菌、日和見菌、善玉菌があり、年齢とともに悪玉菌が優勢となります。なんとなくだるい、風邪がひきやすくなった、痩せにくくなった、肌あれがひどいといったときは悪玉菌が優勢となっている可能性があります。

悪玉菌が優勢の時は便秘になることがあるので一つの基準として考えると良いでしょう。腸にも体にも良い善玉菌を増やすには、食べ物や飲み物に注目します。善玉菌を増やす飲み物には、グリーンスムージー、豆乳入り飲料、甘酒、酵素ドリンクや乳酸菌飲料、緑茶などがあります。

ですがあまりにも冷たい飲み物は腸内の環境を悪化させてしまうこともあるので、スムージーを作る場合は注意が必要となります。またバナナやはちみつ、オリゴ糖には善玉菌の餌となる乳酸菌が豊富に含まれています。ヨーグルトや豆乳、牛乳とともにミキサーにかけて飲んでも良いでしょう。

甘酒は必須アミノ酸が含まれている美容に良い飲み物です。さらに甘酒の中には食物繊維やオリゴ糖が含まれているので善玉菌を増やすにはとても簡単に摂取できる飲み物となっています。

スムージーを作る時間がない時などは甘酒を飲んでみるのも良い方法となります。緑茶にはカテキンが含まれており、殺菌作用のほか善玉菌の餌にもなっています。体を冷やさないよう常温か温かいものを飲むようにします。

善玉菌を増やす食べ物や飲み物には何があるか

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つが存在しています。腸内の環境が整っていれば善玉菌が優位となり体の健康や美容を保つことができますが、悪玉菌が優位となってしまうと風邪をひきやすくなるなど健康を損ねることが出てきてしまいます。

健康や美容を維持するには善玉菌を増やしておく必要があり、日ごろから食べ物や飲み物に注目することが大切です。善玉菌を増やす食べ物は乳酸菌に注目します。乳酸菌が多い食べ物にはヨーグルトや納豆、キムチ、ナチュラルチーズなどがあります。

食物繊維も善玉菌の餌となるので、バナナやこんにゃく、わかめといったものを摂ると良いでしょう。乳製品に多く含まれていますが、チーズの中でも固いプロセスチーズは加熱加工されていることもあり、あまり乳酸菌が含まれていません。

飲み物には、乳酸菌飲料や甘酒、ワイン、マッコリ、日本酒、酵素ドリンクなどがあります。アルコール類は飲みすぎてしまうと健康を害してしまうので、注意が必要となります。

手軽に摂ることができるのは飲むヨーグルトで、自宅で作る場合はバナナやヨーグルトをメインにはちみつやオリゴ糖を加えると善玉菌を増やすことができます。スムージーなどもしっかりと善玉菌を増やすことができます。

乳酸菌飲料が効果的な症状を知っておく

乳酸菌飲料の魅力は乳酸菌を効率よく補給できることにあり、体調を整えるために効果的です。特定の病気に効果を発揮するものではなく、腸内環境を健全にして免疫力を高めてくれるわけです。

免疫が高くなればほとんどの症状を予防できますから、不規則な生活が続いている方こそ乳酸菌飲料を摂取しましょう。毎日少しずつ飲むのがおすすめで、1日の目安量は100~200mlくらいです。

パッケージに目安量の記載がある場合は、目安量を毎日継続するとよいです。大量に飲んでも実感できるものではないので、継続を意識してください。体調を変えるコツは継続にあり、その理由は体質改善には数ヵ月の時間を要するためです。

ダイエットが数日で成立しない理由も、代謝を高めるために時間がかかるためです。痩せるための近道はなく、継続したことが結果につながります。乳酸菌飲料は代謝機能を上げるために効果的なので、燃焼力の促進・冷え性の予防などに効果的です。

冷え性は肥満の元と言われているように、身体が冷えることにメリットはありません。冷え性は血行不良を招くことで、動脈硬化も促進してしまいます。自身の体温は起床時に計測するのがおすすめで、一日の中で最も正確な数値を得られます。

乳酸菌が多い飲み物とは何か

乳酸菌が多い飲み物と言えば、真っ先に思い浮かぶ代表的なものはヤクルトでしょう。一般に乳酸菌飲料と呼ばれるものの中にも、加工する段階で加熱処理されたものもあれば、加熱されていないものもあります。

実は、乳酸菌は加熱されると死んでしまうという特性があるため、ヤクルトのように比較的賞味期限が短く加熱処理されていないものは多く含んでいると言えるのです。報告によれば、ヤクルト一ミリリットル当たり一千万個以上の乳酸菌が含まれていると言われています。

しかし、乳製品の飲み物である牛乳の場合は過熱による殺菌処理が施されているため、残念ながら乳酸菌は含まれていません。また、乳酸菌が多い飲み物の中には甘酒も含まれており、最近は美容目的で甘酒を飲む人も増えています。

一口に甘酒と言っても、酒粕に砂糖を加えて作るものと、お酒と麹菌から作られるものの二種類があります。そのうち乳酸菌が多く含まれているのは、お酒と麹菌から作られる甘酒です。

この飲み物は栄養価が高いだけでなく、ビタミンや食物繊維も非常に豊富に含まれているゆえに大きな注目を集めている飲み物と言えます。そのまま飲料として飲むこともできますし、料理に使うこともできるため、たいへん使いやすい飲み物と言えるでしょう。

乳酸菌飲料に期待できる効果とは?

一口に乳酸菌飲料と言っても色々な種類があり、期待できる効果も異なるものです。例えば、乳酸菌飲料の代表と言っても決して過言ではないヤクルトを例に取って考えてみましょう。

本来であれば乳酸菌は胃酸に弱く、胃酸によって死んでしまうため、腸内の善玉菌をそれほど増やすことができません。しかし、このヤクルト菌は胃酸に強いという性質を持っているため、腸まで到達してそこで善玉菌を増やす働きをすることができるのです。

こうして、腸内の善玉菌が増えれば、それだけ腸の働きは良くなり、免疫力を向上させる効果が期待できると言えるでしょう。また、免疫力が上がれば、肌荒れなどお肌に関連したトラブルを改善する効果も得られるようになります。

さらに、乳酸菌飲料の中には、胃酸や胆汁などによって死滅してしまわないビフィズス菌を使用して作られているものもあります。このタイプの乳酸菌飲料の特徴は、まさに大腸までビフィズス菌が届くというものです。

そのため、長い腸の終着点とも言える大腸のトラブルをもケアできるのが最大の効果と言えるでしょう。こうした大腸まで届くタイプの乳酸菌飲料の摂取によって、大腸癌や潰瘍性大腸炎などの病気から体を守るよう努めることができます。

乳酸菌おすすめ食べ物と飲み物!ヨーグルト効果でダイエットは嘘か?のまとめ

乳酸菌でオススメな食べ物と飲み物で小腸を活性化させて免疫力をアップできる。市販のヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果や種類は豊富だがダイエット効果なしと言われるのは大腸の善玉菌がビフィズス菌なためである。便秘解消に効くことで痩せるのは乳酸菌ではないでしょ?

乳酸菌は効果なし?便秘や肌、美容やダイエットならビフィズス菌だ!

乳酸菌は効果なしというのは、頑固な便秘解消や腸内からウンチという老廃物を排除したことによる肌、美容やダイエットに対する効果がないということです。
乳酸菌効果なし
全くないということではないのですが、乳酸菌は小腸の善玉菌で、小腸の働きとしては免疫力の70%を担うことで、便秘の解消は小腸ではなく大腸に深く関わります。

では、大腸の善玉菌は何かというと99.9%がビフィズス菌なので、乳酸菌ではなく、ビフィズス菌であれば、便秘解消に関連する効果が得られるでしょう。では、乳酸菌の効果に関して詳しく見て行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌でダイエットをしたり便秘解消するのは難しいでしょう。

乳酸菌の効果

乳酸菌の効果としては、小腸の腸内環境を整えることによって、小腸の働きが活性化して、免疫力がアップするので、病気になりにくくなったり、アレルギー症状が緩和されたりします。

乳酸菌の効果で美容

乳酸菌の効果で美容と言う意味だと、便秘を解消することでの美容効果は薄いのですが、アレルギー症状を緩和するので、アトピー性皮膚炎を改善するという意味の美容に関する効果は期待できます。


乳酸菌は効果なし
▶アトピー性皮膚炎

乳酸菌の効果で肌

乳酸菌の効果で肌トラブルが解消して美肌になるというのは、便秘解消による効果としては、ほとんどありません。便秘が解消されれば美肌効果はあるのですが、便秘の解消には乳酸菌よりビフィズス菌だからです。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌は腸だけでなくお肌にも効果的

お腹の調子を整え腸内環境を改善する働きがある乳酸菌ですが、健康な体作りができるほかに、実はお肌にも良い効果が期待できるといいます。

しかし、乳酸菌が直接肌に働きかけるわけではありません。やはり、腸内環境を整えることが肌にも良い効果を与えることになります。乳酸菌を積極的に摂ることにより、毎日のお通じが順調になり不要なものを溜め込むことがなくなります。

便秘が続くとお腹が重苦しくなるだけでなく、肌の状態も悪化することは多くの女性が経験しているのではないでしょうか。乳酸菌を毎日摂取することで、毎日のお通じがスムーズになり不要なものがしっかりと排出されます。

また、お通じがスムーズになることでトイレのストレスも軽減され、そのことが肌に良い影響を与える可能性もあります。

健康だけでなく美容にも効果が期待できる乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品の他に漬物などの植物性発酵食品にも含まれています。

毎日そういった食品を食べ続けることが難しいのなら、手軽なサプリを利用することも効果的でしょう。とにかく毎日せっせと摂取すること、継続することが大切なので自分のライフスタイルに合わせた方法で乳酸菌を摂ってみてはどうでしょうか。

乳酸菌の効果で便秘

乳酸菌の効果で便秘を解消するのは難しいでしょう。小腸の腸内環境が改善されるので、小腸から大腸への道はスムーズなのですが、大腸の腸内細菌フローラがキレイにならないと便秘解消は難しいのです。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌には便秘を解消する効果がある

乳酸菌は便秘に効果があると聞いたことのある人もいるでしょう。乳酸菌は乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸を作り、腸内環境を酸性に保つという働きがあります。

腸内を酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑制することができますし、大腸に刺激を与えることで腸の運動を活性化させてくれるということです。

大腸は伸縮しながら便を肛門へ送り出す運動を行っていますが、この動きが弱ると便が移動しにくくなるため、便秘になってしまうということです。

便が腸内にとどまる時間が長くなれば悪玉菌が増えてしまいますし、腸内環境はさらに悪化してしまいます。便秘が慢性化してしまうこともあるため、早めに腸内環境を改善することが大切なのです。

便の大部分は水分でできていますが、腸内環境が悪化すると便の中に含まれる水分がかなり少なくなってしまいます。水分が減って便が硬くなることで排便しにくい状態になってしまうため、便秘になってしまうということです。

乳酸菌をきちんと摂取していれば善玉菌を増やすことができますし、腸の運動を活性化させられることはもちろん、程度な水分を含んだ丁度良い硬さの便にすることができるのです。そのため便秘を解消できるということです。

乳酸菌ダイエット

乳酸菌ダイエットのキモとなるのが、便秘の解消です。ですが、そもそもの便秘を解消するためには、乳酸菌を摂取してもウンチが出ることは少なく、大腸の善玉菌であるビフィズス菌のチカラが不可欠です。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌効能

乳酸菌効能としては、小腸の腸内環境を整えるというものがあります。これにより、小腸が活性化するので、小腸の働きとして、免疫力のアップが得られます。

乳酸菌の効果の論文

乳酸菌の効果の論文としては、バイオジェニックス連絡協議会の議員である菅辰彦さんが書かれた「乳酸菌は生菌である必要があるのか」があります。

乳酸菌の効果いつから

乳酸菌の効果は、摂取し始めてからの期間として、いつから実感できるものなのでしょうか?概ね、10日から2週間程度で乳酸菌の効果を実感できる人が多い傾向にあります。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌は長期間の保存効果があります

乳酸菌というのは乳酸という物質を作り出す細菌で、およそ600種以上もの種類が自然界に広く分布し私たちの暮らしに役立っています。

乳酸菌は発酵というプロセスを通じて食品の味を良くしたり、保存期間を高める効果を持っています。乳酸菌は乳酸を作りだす細菌といいましたが、その時に食品に含まれる糖類を分解するのが発酵と呼ばれる現象です。

乳酸の影響で食品自体が酸性になるおかげで腐敗菌や食中毒の原因菌が繁殖しにくくなり、長期間保存できるようになる利点があります。

中でも最も身近なのが牛乳を乳酸菌発酵させて作る発酵乳とチーズです。乳酸菌はもともと牛乳には存在していませんが、製造過程で乳酸菌を加えることでヨーグルトやチーズを作ります。

糠漬けやお酒やみそ・醤油といった日本の食品の発酵にかかわるものも多く、世界中の様々な民族や地域の食生活の歴史を通じてとても大切な役割を果たしてきました。

そしてもう一つ乳酸菌は私たちの健康にとっても欠かすことができません。自然界に広く分布する菌の中には、私たちの体内に存在するものがあり中でも腸の中に善玉菌として多く生息しています。

腸内で腐敗物質や毒素を生み出している悪玉菌と日夜戦っています。

乳酸菌の効果と種類はどうなのか

善玉菌のえさとなる乳酸菌は一つのように感じますが、実は様々な種類が存在しています。ヨーグルトに多く含まれており、市販のヨーグルトのパッケージを見るとメーカーによって力を入れている乳酸菌があり、どれを選んだらよいのか悩むこともあります。
乳酸菌は効果なし
乳酸菌は種類ごとに効果が若干違います。よく耳にするブルガリクス菌やLカゼイシロタ株、LGG菌、植物性のラブレ菌
は腸に作用するものです。

生きたまま腸まで行くので腸内フローラの状態を良くするのに最適な乳酸菌ですが摂取をやめてしまうと、腸内のバランスはもとに戻ってしまいます。継続的に食べるようになるので注意しましょう。

コレステロール値を下げる、内臓脂肪を減らすには機能性表示食品にもなっているガセリ菌SP株は、人間の腸から分解されたものです。肥満傾向の人が数週間食べることで少しずつ脂肪を減らすことができるようになります。

腸内環境を整える効果もあるLカゼイシロタ株やL-92乳酸菌は、アレルギーの症状を緩和したり、免疫力を高めたりします。免疫細胞を強くするので感染症予防にもなり、丈夫な体へと導きます。

これらの乳酸菌を確実に腸へと運ぶには食後が適しているので、意識して摂取してみます。

乳酸菌効果は嘘だったのか

これまで乳酸菌はさまざまな身体の症状に効果があるといわれてきました。とくにインフルエンザに効果をもたらす乳酸菌を配合している飲料は大ヒットしました。
乳酸菌は効果なし
しかし、最近ささやかれている噂のひとつにステマ報道があります。とある健康番組で取り上げられた乳酸菌飲料は、金銭を受け取り番組内で紹介しているというものです。

放送では商品名をあげてアピールしていますが、週刊誌によると代理店を通して制作会社に多額の金額が支払われていたとのことです。一連の騒動から、乳酸菌効果は嘘なのではとの声があがっています。

しかし、乳酸菌には科学的根拠を裏付ける健康効果があるので否定はできません。現に、乳酸菌を健康補助食品として摂取して体質改善に繋がったひとも多くいます。

ただよく言われているのは、乳酸菌は生きたまま腸に届かないと意味がないとの意見です。しかし、免疫力向上に限れば死菌でも効果があると報告されています。

なのでそこまで深刻になる必要はありません。大切なのはどの製品が自分の腸に合うかです。見極めるポイントとして同一銘柄の商品を1週間および2週間程食べ続けてください。1日の摂取量は最低でも100gから150gとなっています。

乳酸菌の効果でカルピス

乳酸菌の効果でカルピス菌のラクトバチルス・ヘルベティカスは、寿命への効果、感染症・腫瘍・循環器疾患の予防、血圧低下作用、疲労回復、ストレス軽減、記憶力向上などが期待されています。

ヨーグルト効果効能

ヨーグルト効果効能としては、下記が挙げられます。もちろん、ヨーグルトの種類によっても異なりますので、考えられる効果や効能を全て挙げたということになります。
乳酸菌は効果なし

  • 免疫力を高める
  • アレルギー症状の予防・改善
  • 花粉症、アレルギー性鼻炎の予防・改善
  • アトピー性皮膚炎の予防・改善
  • 腸内環境の改善(整腸作用)
  • 便秘解消・便秘予防
  • ビタミン不足解消
  • 風邪予防
  • インフルエンザ予防
  • 肝臓病予防、肝機能改善
  • 肌荒れ、ニキビの予防・改善
  • 美肌促進
  • 食中毒の予防
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(がん)予防効果
  • 骨・歯の強化、骨粗しょう症予防
  • 虫歯・歯周病予防
  • 血中コレステロール値を下げる
  • 痛風の予防・改善
  • 精神的ストレスの緩和・解消
  • 下痢の予防と改善
  • 癌(がん)予防

シールド乳酸菌の効果

シールド乳酸菌の効果としては、免疫力のアップとインフルエンザへの効果が、森永乳業のサイトにて記載されています。
乳酸菌は効果なし

シールド乳酸菌は生きたままではないと効果ないのか

人間が生活していく中でいつもウイルスや病原菌によって健康が脅かされている実態があり、病気の原因に繋がることが多いです。
乳酸菌は効果なし
シールド乳酸菌はそういったウイルスや病原菌で健康が脅かされた状態を解消する上で活躍してくれる乳酸菌で、人間の体が本来持っている免疫力を回復してくれる重要な役割を担っています。

シールド乳酸菌はそれを食べることで、腸内に吸収されるときに免疫細胞を活性化させることができ、それが活性化されることで体内に侵入するウイルスや病原菌、体内で発生するがん細胞などを未然に防ぐことが可能です。

ただ乳酸菌と聞くと、唾液や胃酸などによって死滅してしまうことも多く、本来の効果をもたらす上では生きたまま腸まで届けることが重要なポイントとされます。

しかしシールド乳酸菌は死滅した状態でも効果ないこともなく、それを摂取することで腸内から吸収されるときに体全体、体の免疫細胞を活性化させることに繋がります。

実際にシールド乳酸菌を扱う製品は、タブレット状になっていることも多く、口の中でそれを溶かして摂取を行う形と楽に摂取が可能です。

ただ効果ないのかあるのかについては、免疫細胞を活性化させる効果があり、インフルエンザや風邪などにかかりにくくなるとする意見も多いですが、判断が難しい側面もあります。実際に効果ないかあるのかは、日常生活で目に見えて直ぐに現われ出るものではないからです。

「シールド乳酸菌M-1」の効果とは

乳酸菌には腸内の環境を整えるものなど様々な種類がありますが「シールド乳酸菌M-1」は森永乳業が免疫力を高める効果をキーワードに、数千株の中から選ばれた乳酸菌となっています。腸から免疫細胞に働きかけて免疫力を上げる効果が期待できることから、体を守るシールドをイメージして名づけられました。
乳酸菌は効果なし
シールド乳酸菌M-1は腸の免疫細胞に働きか、免疫力を上げる効果があるため、免疫力の低下が気になる時におすすめです。

インフルエンザウイルスの感染を予防があるほか、85歳以上の高齢者がインフルエンザワクチンを摂取した際の効果を高める効果が報告されています。

動物試験ではありますが腸管で全身の粘膜で体を守る働きのあるIgAの産生促進を増やす効果も発見されているほか、女子大生241名を対象とした二重盲検試験では風邪の自覚症状の発現抑制されたという結果もあります。

人由来の乳酸菌でサプリメントなどの健康食品はもちろん、ヨーグルトや味噌汁など生活に身近な食品でも利用できるので取り入れやすい方法で健康に役立ててみてはいかがでしょうか。

最近ではシールド乳酸菌M-1が配合された乳酸菌タブレットやチョコレートなども販売されていますので参考にしてみて下さい。

乳酸菌の種類

乳酸菌の種類としては、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に大きく分けられます。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌としては、しば漬けなどの漬物や みそ、しょうゆ、 甘酒などの発酵食品があります。

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌は、ウシやヤギなどの動物の乳に含まれるもので、ヨーグルトやチーズなどの乳製品が該当します。

知っているようで意外に知らない乳酸菌の種類と効果

乳酸菌は腸によいとよく聞きますが、実際に乳酸菌の種類と効果について知っている人は少ないと言えるかもしれません。

一般的に言って、乳酸菌は何と二百種類以上もあると言われており、それぞれに異なる効果を持っているということができます。

例えば、一般にヤクルト菌とも呼ばれる乳酸菌シロタ株は、胆汁や胃液といった消化液にも強いという特徴があるため、生きたまま腸に到達することができます。そのようにして、腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を改善するという効果が期待できるというわけです。

また、別の種類の乳酸菌としてKW乳酸菌と呼ばれるものがありますが、これには免疫バランスを整える働きがあるため、アレルギーを改善したり免疫力を高める効果があることで知られています。

さらに、乳酸菌の種類と効果を考える上で見逃すことができないのはLG21乳酸菌でしょう。これは他の乳酸菌と比べて胃の中で生きていく力が強いため、ピロリ菌の活動を抑制する効果があるという点で注目を集めています。

フェカリス菌と呼ばれている乳酸菌もあり、これは人体の免疫力を高めるとともに、辛いアレルギーや花粉症の症状を緩和したり予防したりするのに効果を発揮すると言われています。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌の効果としては、大腸の腸内細菌フローラをキレイに育て、便秘を解消してくれます。これにより、美肌、美容、ダイエットなどの副次効果が得られます。

ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルトには、特定保健用食品のものと機能性表示食品のものがあります。

特定保健用食品

特定保健用食品としては、下記が挙げられます。

  • ビフィズス菌BB536株
  • ビフィズス菌LKM512株
  • ビフィズス菌SP株
  • ビフィズス菌Bb-12株
  • ビフィズス菌FK120株
  • ビフィズス菌BY株
機能性表示食品

機能性表示食品としては、下記が挙げられます。

  • ビフィズス菌BifiX
  • ビフィズス菌BE80株
  • ビフィズス菌HN019株

インフルエンザ予防にも期待が持てるシールド乳酸菌

普段元気に過ごしている誰しもは、常に目に見えないウイルスや病原菌などの外敵にさらされており、体内ではそれらから守るべき免疫力が必要となります。

病気を予防し、いつでも健康な体を維持するには、免疫力を高めることが重要です。その免疫力に着目して作られたのが、盾のように外敵から人の体を守る働きを持つことから名づけられた、シールド乳酸菌です。

シールド乳酸菌は、森永乳業が長年の研究から見つけ出し、持っている数千の菌株から選び抜かれた特別な乳酸菌で、腸壁の内側の免疫細胞に刺激を与え、免疫細胞を活性化する働きを持っているのが特徴です。

人間の体内にある免疫細胞の60%ほどは腸内にあり、外敵を見つけたり外敵を攻撃したりするさまざまな役割のある免疫細胞が存在しています。

この免疫細胞が活性化することにより、免疫力が高まりインフルエンザの感染予防や、免疫力が低い85才以上の高齢者のインフルエンザワクチンを摂取後の効果を高める作用があります。

摂取することで体に良い影響を与える微生物のことをプロバイオティクスと言い、乳酸菌はビフィズス菌とともに、ヨーグルトなどのさまざまな食品の中でプロバイオティクスとして利用されています。

シールド乳酸菌の特徴と死菌について

最近では、お通じを快調にするだけでなくアレルギー症状の抑制のために積極的に乳酸菌を摂取する人が増えています。乳酸菌を摂取する事で、腸内環境を整えて免疫力をアップさせる効果が期待可能です。その結果、アレルギー症状を抑制する事が可能です。

そんな中、シールド乳酸菌という言葉を見聞きするケースも増えています。ちなみにシールド乳酸菌とは森永乳業が保有する数千株の中から、免疫力アップ効果を見込める乳酸菌として選び出されたものです。

なのでアレルギー抑制効果といった免疫力に関わる効能を得たい人は、シールド乳酸菌を摂取する事をおすすめします。もっとも乳酸菌の中には、文字通り生きたままの生菌と死んでいる死菌とが存在しているので注意が必要です。

生菌が生きたまま腸に届けば良いのですが、胃酸等の影響で途中で死んでしまう乳酸菌が多かったりします。加えて乳酸菌は熱や水に弱い性質の物が多いので、生きている乳酸菌を商品化するのは難しい面があったのです。

ですがシールド乳酸菌の中には、死菌であるにも関わらず効果が損なわれない物が存在しています。お陰でシールド乳酸菌により、これまで組み合わせて商品化するのが難しかった物も登場しているのです。

ヨーグルトやチーズといった乳製品だけでなく、味噌汁等の熱を持つ商品でもシールド乳酸菌を使った物なら効果を得る事が出来ます。

乳酸菌は効果なし?便秘や肌、美容やダイエットならビフィズス菌だ!

乳酸菌は効果なしと言われるのが便秘や肌トラブル、美容ダイエットなのは小腸の善玉菌だからだ。乳酸菌の効果は免疫力に関するもので、大腸ならビフィズス菌の方が良い。いつから効くかやヨーグルトで効果なしは腸内細菌との相性もある。カルピスの論文で、おすすめの種類は?

乳酸菌でアレルギー性鼻炎改善効果はヤクルトのL92乳酸菌だけ?

乳酸菌とアレルギーは、深いかかわりがあります。乳酸菌は、小腸における善玉菌の最大勢力です。この小腸の働きとして、免疫力の70%を担っているので、乳酸菌の摂取がアレルギー症状を緩和してくれるというわけです。
乳酸菌アレルギー
えっ?腸の善玉菌ってビフィズス菌が99.9%って聞いたよ!という人もいるかも知れませんが、それは、大腸の話です。大腸の善玉菌は、そのほとんどがビフィズス菌です。

そして、大腸の腸内環境が整わないと便秘や下痢になりやすくなるので、頑固な便秘を解消するならビフィズス菌!アレルギー症状を緩和させるなら乳酸菌なのです!では、乳酸菌とアレルギーについてもっと詳しく見て行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌を摂取したのに便秘が治らないと言う人はビフィズス菌を摂取しましょう!

乳酸菌のアレルギー改善効果

乳酸菌のアレルギー改善効果が得られるのは、免疫の70%を担う小腸の腸内環境を改善することで、免疫を過剰反応させる原因になる免疫細胞のバランスを調整します。
乳酸菌でアレルギー

乳酸菌でアレルギー性鼻炎の改善

アレルギー症状は、免疫細胞が過剰に働くことによって起こってしまいます。ですので、バランスが崩れてしまった腸内細菌フローラを改善することで、過剰免疫の原因を取り除いてアレルギー症状を軽減することができるのです。


乳酸菌でアレルギー
▶アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎にも効果のある乳酸菌

乳酸菌はアレルギー性鼻炎に効能があると言われています。乳酸菌にはさまざまな種類があり、ビフィズス菌やラクトバチルス菌などがあえられます。各研究機関などで研究したり開発したものがL.カゼイやシロタ株などです。
乳酸菌でアレルギー
1073R-1やL-92などの乳酸菌はアレルギー性鼻炎に効果があると言われていて話題になっています。アレルギー性鼻炎は体内に異物が侵入した時にそれらを排除する免疫システムがありますが、免疫システムが反応した状態と言えるでしょう。

免疫システムを管理する「ヘルパーT細胞」と呼ばれているリンパ球があり1型(Th1)と2型(Th2)の種類がありますが、Th2から産生する化学伝達物質によってアレルギー症状が引き起こると言われています。

Th1よりTh2の方が多いものがアレルギー性鼻炎です。乳酸菌にはTh2の増加を抑える作用があると言われていて、この免疫システムに作用しアレルギー性鼻炎を改善することが可能です。

乳酸菌は腸内細菌に作用し善玉菌が増えることによって腸から異物の吸収を予防する働きがあります。例えばL-92乳酸菌の研究において免疫を司る細胞に働きかけることによって、抗アレルギー作用などを引き出すことが明らかになりました。

L-92乳酸菌を8週間摂取した場合、アレルギー症状などを改善することができたという報告もあるそうです。

乳酸菌にはアレルギー表示が行われています

加工食品などによく利用される乳化剤や乳酸菌・乳酸カルシウムなどはその名称から「乳製品」と思われがちですが、牛乳とは関係ありません。
乳酸菌でアレルギー
全粉乳や脱脂粉乳、練乳や乳酸菌飲料、発酵乳などの加工食品は牛乳が含まれているので、牛乳アレルギーの人は食べることができないでしょう。

牛乳は「特定原材料」として加工食品においてアレルギー表示を行うことが義務付けられていて、名称の「乳」という文字のあるなしだけでは食べられるかどうかは判断することができません。

誤食しないように食べられる食品を増加するために、アレルギー表示などから食べられる食品やそうではないものをきちんと見分けることが大切です。

牛乳アレルギーの人の多くは牛乳タンパクにあるカゼインが原因で、カゼインは耐熱性を持っていて加熱したとしてもタンパク質構造がほとんど変化しません。

アレルギーが起こる可能性は変わらないので、発酵する場合もカゼイン成分は分解されにくいので、ヨーグルトはもちろんチーズなどの乳酸菌を含む加工食品にも同じように注意しなければいけません。

いろいろなヨーグルトがリリースされていますが購入する際、アレルギー表示をきちんと確認してから購入することをおすすめします。

乳酸菌と乳アレルギーについて

乳酸菌は動物性と植物性があります。乳アレルギーを考える場合、動物性と植物性は異なるアレルギー原因になるので、一方で問題があったとしても他方は問題が無い場合があります。
乳酸菌でアレルギー
乳酸菌を多く含む食べ物としてヨーグルトやチーズがありますが、ヨーグルトやチーズは動物性乳酸菌です。

他方、キムチや漬物は植物性乳酸菌で、ヨーグルトやチーズでアレルギーが出た人でもキムチや漬物はアレルギーが出ない場合があります。乳酸菌は優れた整腸作用があり、コストパフォーマンスに優れた健康食品になります。

乳酸菌の整腸作用により身体の免疫力が上がりますが、免疫力を上げることにより、数多くの感染症等の罹患を防ぐことができます。

免疫力は人が生きていくことに必要不可欠な存在だと言えます。死亡原因一位であるがんは免疫力を上げることにより、罹患確率を下げることができます。

風邪等の罹患も防ぐことができるので、健康的に長生きするためには免疫力を適正に保つことが必要です。

ダイエットにも最適で、整腸作用により便通が良くなり、不要な老廃物が体外に出やすくなります。その結果として、体重が軽くなり、ウエストが引き締まり、美肌を手に入れることができます。

乳酸菌は健康と美を与えてくれる優れた食品だと言えます。

乳酸菌でアレルギー改善にヤクルト

乳酸菌でアレルギー改善にヤクルトを使うのも一つの手ではあります。ヤクルトには、生きて腸内に到達する乳酸菌 シロタ株が1本に400億個入っているので腸内細菌叢を整えてくれます。

乳酸菌でアレルギー改善に乳製品

乳酸菌でアレルギー改善に乳製品を使うのであれば、ヨーグルトがおすすめなのですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と自分の腸内細菌フローラに含まれる乳酸菌の相性に気をつけなければなりません。
乳酸菌でアレルギー
ヨーグルトに入っている乳酸菌と腸内の乳酸菌の相性が良くなければ十分にチカラを発揮できませんし、乳酸菌の量が少なければ腸内環境のバランスを整えるチカラが足りません。1億に対して100が加わってもバランスは変わりません。

乳酸菌を含む乳製品にはアレルギーを抑える効果が

多くの乳製品の中でも、とりわけ乳酸菌の働きと関係が深い発酵乳。では発酵乳で乳酸菌をとるメリットはどこにあるのでしょうか。

メリットはたくさんありますが、発酵乳のタンパク質は乳酸菌によって一部がアミノ酸やペプチドに分解されているうえ柔らかく凝固しているため消化・吸収しやすくなっています。

カルシウムについては含まれる量が多いばかりではなく吸収・利用の効率がいいこともメリットです。

日本人の中には牛乳を飲むことで、おなかがごろごろしたり腹痛や下痢を起こしてしまう乳糖不耐症の人も少なくありません。

発酵乳は乳酸菌の働きで乳糖の30~40%が分解されているおかげで、牛乳よりもこうした症状が発生しにくいといえ、一般の発酵乳には血中コレステロールの量を低下させる効果が期待できることがわかってきました。

とりわけアシドフィルス菌やカゼイン菌、ビフィズス菌などの乳酸菌にコレステロールを吸着して、体外へ排出したり吸収する働きがあると考えられています。

一部の乳酸菌を用いた発酵乳には、花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギーを引き起こす抗体が体内で生産されるを抑える働きが期待できることもわかっていて近年は乳酸菌による免疫調節の働きと、アレルギー抑制に関する研究が目覚ましく進んできています。

アレルギー症状を予防!母乳育児に必要な乳酸菌

母乳にはさまざまな栄養が含まれており、赤ちゃんを病気から守ることができる成分が豊富に含まれています。その栄養成分の1つとして、乳酸菌が昨今注目されています。
乳酸菌でアレルギー
健康志向ブームで以前から注目されている乳酸菌ですが、母乳にも効果があることは知っている人は少ないのではないでしょうか。驚くべきことに、母乳でアレルギーを予防することが可能だといわれています。

母乳の中にはTGF-βとよばれるタンパク質が含まれており、アレルギーを引き起こす免疫細胞の働きを調整する役割をもっています。

このTGF-βを多く含む母乳を飲んでいた赤ちゃんほど、乳幼児期のアレルギー発症率が低い事が最近の研究で判明されました。

つまり、大切な我が子をアレルギーにさせないためにも、この成分が多く含む母乳をつくることが重要なのです。

母乳中のアレルギーを抑える成分を増やす方法として、お母さん自身が複数の乳酸菌を摂取することで効果が期待できるといわれています。

最近では、そんな需要に応えるために3種類の乳酸菌を配合したサプリメントなどが販売されるようになりました。お母さんが数種類の乳酸菌を摂取することで、大切な我が子をアレルギーから守ることが可能なのです。

アレルギー症状の緩和にはビフィズス菌入りのヨーグルト

整腸作用の高い商品の代表はヨーグルトと言っても過言ではありません。しかしヨーグルトなら何でもいいという訳ではないのです。
乳酸菌でアレルギー
ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、より整腸効果の高いビフィズス菌が含まれているとは限らないのです。乳酸菌も良く知られた善玉菌で体にいいことが分かっていますが、人の大腸で最も多く活動しているのはビフィズス菌です。

乳酸菌が糖を分解して乳酸を作り出すのに対し、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出します。腸内環境を整えるためには酢酸が大きな役割があり、ビフィズス菌の働きはとても重要なのです。

そこでより整腸作用を求めるのであれば、ビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶことが大切です。腸は免疫機能が高い臓器です。

腸内環境を整えることで、全身の免疫バランスが改善していくと言われています。アレルギー症状の原因は、免疫機能が過剰に反応してしまうこととされています。

この機能を正常化していくことで、さまざまなアレルギー症状を緩和することにつながるのです。

もしアレルギー症状に悩んでヨーグルトを選んでいるのであれば、ビフィズス菌入りのタイプを選んで購入するようにすればより高い効果が得られるはずです。

子供のアレルギー対策に乳酸菌が役立つ

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーといった症状を持つ子供は食生活が大変です。アレルギーは生活習慣を浮くメタ環境因子が大きく影響しているので注意しておくといいでしょう。
乳酸菌でアレルギー
対策を行いたいときに良いのが乳酸菌L-92と呼ばれるもので小児アトピー性皮膚炎に有効な集団となっています。別名はラクトバチルス・アシドフィルスL-92と呼ばれるもので特別な乳酸菌です。

免疫に関係する細胞にうまく働きかけてくれるので抗アレルギー作用を発動させてくれます。

また成人のアトピー性皮膚炎にも有効という事がわかってきたので需要が増えると言えるでしょう。一般的な乳製品から摂取することが難しいL-92は基本的にサプリメントで補うのが良いです。

サプリメントなら管理された状況下で作られているのでアレルゲンフリーのものが大半となっています。メーカーによっては乳酸菌の研究に力を入れているところもあるので信頼性の高い商品を購入できるのがメリットです。

実際にアレルギーに対して効果があると研究結果が出ているので信頼性はかなり高いと言えます。例えば4歳から15歳までのアトピー性皮膚炎患者を対象にして実験を行なった結果、90%の子供が症状を改善できたという事実を得られているので必見です。

アレルギーに効く乳酸菌とは

腸内環境を改善するのに役立つといった理由で、大きな注目を浴びているのが乳酸菌でしょう。しかし、実際には腸内環境の改善だけではなく、アレルギーにもたいへん効果的であると言われているのです。
乳酸菌でアレルギー
例えば、LGG乳酸菌と呼ばれるものがありますが、これは生きたままの状態での摂取が可能であるため、プロバイオティクスとして効果が注目されています。

期待できる効果としては、花粉症を改善したりアトピー性皮膚炎の発症率を抑えるなど、アレルギー疾患に対する効果も実証されています。

アレルギーに効く乳酸菌としてよく知られているものの一つにビフィズス菌があります。中でも、特にビフィズス菌BB536と呼ばれるものは、花粉症などのアレルギー症状に効果的であると言われています。

一般にアレルギー症状に悩む人の場合、腸内環境が乱れているケースが非常に多いとされています。

しかし、このビフィズス菌BB536は強い整腸作用を持っているため、この種の乳酸菌を摂取しているならば腸内環境を改善でき、アレルギー症状を緩和させることができると言えるのです。

加えて、ビフィズス菌にはアレルギー症状を緩和させる物質であるビタミンB6の合成を促す働きもあるため、是非とも意識して摂取したい乳酸菌の一種と言えるでしょう。

乳酸菌でアレルギーの改善をする

今やどこの家庭にも馴染んでいるヨーグルトですが、その商品一つひとつに使用されている乳酸菌の種類が違うことで、効果や効能といった面で各社謳っている内容が異なります。
乳酸菌でアレルギー
とはいっても、多くの方々が自分たちのために必要だとして利用しているのには、それなりに個人的な理由があるものです。

ある人にとっては、単に美味しくて健康に良いからという理由だったり、またある人には特定の症状があるために、それを改善したいという切実な思いを込めて食べている方もいます。

自分がアレルギーを持っているために、体質を改善したいという人にとっては、その症状に効果のある乳酸菌の摂取は、本人にとってある意味希望の光なのです。

例え食物アレルギーであっても、本人に効果がある方法でなくてなならず、特定の種類の乳酸菌が体調に合っているとなれば、それを使用する価値は大いにあります。しかし良いとされている乳酸菌にも、種類によっては合わない人がいるのも事実です。

これもアレルギーの一種ですが、特定の種類の乳酸菌で調子が悪くなり、かゆみを伴ったアレルギー症状になる人がいます。色々な種類を比べてみることで、本当に自分に合ったもので効果があるものを見極める目も必要です。

乳酸菌でアレルギー改善ならL92

乳酸菌でアレルギー改善ならL92を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?これは、多くのテレビCMや雑誌広告、新聞広告などで見ていることによる印象操作です。知ってるものは安心できるというわけですね。

L92乳酸菌とは

L92乳酸菌とは、どのような乳酸菌なのでしょうか?L92乳酸菌は、カルピス由来の乳酸菌で、免疫細胞であるNK細胞を活性化させる働きがあります。
乳酸菌でアレルギー
また、IgA抗体の分泌を促す働きにより、ウイルスの体内への侵入を阻止します。このような働きによって、L92乳酸菌がアレルギー症状の緩和に役立つと言われているんです。

L92乳酸菌の効能

L92乳酸菌の効能としては、Th1細胞を活性化、Th2細胞のアポトーシス(細胞が自ら死ぬこと)を誘導する、過剰な免疫反応を抑制する制御性T細胞を誘導する可能性があることで下記のような効能が考えられます。

  • 花粉症症状改善
  • 通年性アレルギー性鼻炎改善
  • アトピー性皮膚炎改善
  • ナチュラルキラー細胞(NK細胞)活性化
  • 唾液中の抗ウィルス物質(IgA抗体)を増加
  • インフルエンザウイルス増殖を抑制

L92乳酸菌でアトピー改善

L92乳酸菌でアトピー改善としては、小児アトピー性皮膚炎と成人アトピー性皮膚炎の両方に効果が認められています。

L92乳酸菌で子供の小児アトピー性皮膚炎

1歳から12歳のアトピー性皮膚炎患者50名に対し、8週間に渡ってL92乳酸菌を用いたプラセボ対照試験を行ったところ湿疹重症度判定スコアが改善しました。

成人アトピー性皮膚炎

16歳以上のアトピー性皮膚炎患者49名に対し、8週間に渡ってL92乳酸菌を用いたプラセボ対照試験を行ったところ炎症の強さ、面積、かゆみの程度が改善しました。

L92乳酸菌で花粉症の改善

スギ花粉症の患者23名に対し、6週間に渡ってL92乳酸菌を用いたプラセボ対照試験を行ったところ花粉症の眼の症状が有意に改善しました。

L92乳酸菌の口コミ

L92乳酸菌の口コミには、良い口コミだけでなく、悪い口コミもありますが、これは、腸内細菌との相性によるものが大きいので、自分に合う乳酸菌を探すことが大切です。
乳酸菌でアレルギー

L92乳酸菌ヨーグルト

L92乳酸菌ヨーグルトはないのですが、ヨーグルト味の飲み物として、アレルケア飲料タイプがあります。アレルケア飲料タイプは、人工甘味料ではなく砂糖を使っています。

L92乳酸菌とヤクルトの比較

L92乳酸菌ヤクルトを探してみましたが、L92乳酸菌はカルピス由来のものなので、ヤクルトではありません。どうやら、カルピスのアレルケアとヤクルトのノアレの比較を指しているようです。

L92乳酸菌の商品でスーパー

L92乳酸菌の商品でスーパーで買えるものとしては、「守る働く乳酸菌」だけです。

L92乳酸菌の商品でコンビニ

L92乳酸菌の商品でコンビニで買えるものとしては、スーパーと同様に「守る働く乳酸菌」だけです。なお、ドラッグストアについても同様です。
乳酸菌でアレルギー

L92乳酸菌の特徴について

L92乳酸菌は、2000年頃に研究が始まり、カラダの中からバランスを整える働きがありカラダの中からバランスを整える働きがあります。

乳酸菌の種類もたくさんあり、その中でもアレルギーの適性検査が行われて様々な試験で有用性を厳密に確認されてきました。L92乳酸菌は、家族みんなで健康な毎日を送りたい・安心出来る食品を手軽に続けたい方におすすめです。

ヒト由来の乳酸菌で細長い形をしていて、牛乳や乳製品から摂ることが出来なく、他の乳酸菌と比べてもL92乳酸菌はアレルギー症状への働きと適正に特徴があります。

L92乳酸菌に免疫を改善する可能性があり、免疫細胞を活性化させて、インフルエンザウイルス感染の抑制や免疫細胞の活性化、アトピー性皮膚炎の症状抑制や花粉症の症状緩和などの改善効果が確認出来ます。

中には8週間L92乳酸菌を取り続けた結果、眼と鼻のアレルギー症状が緩和された結果もあり、花粉症でも同じ結果が証明されています。

L92乳酸菌は腸管の免疫細胞が集まっている部分に入り込み、免疫細胞に働きかけて免疫機能を調整することが出来て、アレルギー症状を緩和することに繋がります。

特に継続することが重要なので、気になる方は1度摂り続けてみるとカラダの症状が変化します。

L92乳酸菌を含んだ食品が花粉症に効果的

花粉症の原因には様々な要因が考えられますが、腸内環境を整えることでその症状をおさえることができることがわかっています。
乳酸菌でアレルギー
腸内環境を整えるためには乳酸菌を摂取するのが効果的で、その中でもL92乳酸菌は腸内フローラを正常化させて花粉症の症状を抑えてくれます。

L92乳酸菌を防ぐ製品はサプリメントやヨーグルト、ドリンクタイプなどがあります。日常の食生活で無理なく乳酸菌を摂取したいという方はヨーグルトやドリンクタイプなどが最適ですが、毎日確実にL92乳酸菌を摂取したいという方はサプリメントタイプで摂取するのがおすすめです。

ドラッグストアやコンビニエンスストアなどではL92乳酸菌を効果的に摂取することができるサプリメントが販売されています。

これを毎日摂取することで腸内環境がととのって花粉症だけでなくアレルギーをもとから改善させてくれる働きが期待できます。

不規則な生活や偏った食生活をしていると腸内環境が悪くなり花粉症を悪化させるリスクがありますが、L92乳酸菌のサプリメントや食品を摂取することでそれを改善させてくれるため、春先には多くのショップでL92乳酸菌を含んだサプリメントや食品が販売されています。

L92乳酸菌で効果ない時の対処法

アレルギーが発症するかしないかは、その人の腸内環境が鍵を握っているケースが少なくありません。そのため最近ではアレルギー症状を抑制するために腸内環境を整えようと、乳酸菌を積極的に摂取しようとする人が多いです。
乳酸菌でアレルギー
L92乳酸菌も、アレルギー抑制効果が得られる乳酸菌の1つとして注目を集めています。

そんなL92乳酸菌が持つ抑制効果で特に注目を集めているのが、花粉アレルギーです。春先になるとくしゃみや鼻水、目の痒みや喉の痛みといった症状を毎日の様に訴える人が多くなります。

その原因は杉等の花粉によるアレルギーであり、1度発症すると以降は毎年その症状に苦しめられる様になるので厄介です。

L92乳酸菌はそんな花粉アレルギーの症状を抑制する効果があるので、その目的でこの乳酸菌の入った商品を購入する人が増えています。

ただしL92乳酸菌を摂取しても、花粉アレルギーに対する効果ないと感じている人が少なくないです。そういった人の多くは、薬の様に即効性を求めていたりします。

ですがL92乳酸菌は、摂取する事で徐々に腸内環境を整えて免疫力をアップさせるものです。なので継続して摂取し続ける事が大事であり、効果ないと感じている人も少なくとも2ヶ月は続けてみる必要があります。

同時に免疫力のアップは規則正しい生活によってももたらされるので、L92乳酸菌の摂取と同時に生活習慣の見直しも行うべきです。

子供のアレルギー症状を緩和するL92乳酸菌

乳酸菌は私たちの身体にとって大切なものです。ヨーグルトに含まれていることでも知られていますが、その数はとてもたくさんの種類があります。
乳酸菌でアレルギー
そのなかでもL92乳酸菌と呼ばれるものが最近注目されています。花粉症だけに限らず、最近は多くの子供がアレルギー症状を訴えています。

その原因は特定の物質に対して体が敏感に感じてしまうことで起こります。人にそなわっている免疫反応が過剰に反応してしまうのです。

アレルギーとなる物質は実に様々で、食べ物・花粉・部屋の埃やダニ・化学物質などいろいろなものが存在します。

症状としてはくしゃみや鼻水といったものや目のかゆみ、肌の乾燥や荒れといったものが多く見られます。そんなアレルギー症状を抑えるためには免疫バランスを整えることが大切と言われています。

それに効果的なのがL92乳酸菌と言われているのです。L92乳酸菌は、アレルギー性皮膚炎・鼻炎・花粉症・インフルエンザ抑制といった効果があると言われています。

これは腸に働く菌であるからです。腸というのは人の身体の中で最大の免疫器官とされています。腸内環境を整えることは免疫バランスを整えることにつながるのです。

免疫機能が正常化した腸は全身の免疫機能を改善し、アレルギー症状の緩和につながります。子供に多いアレルギー性皮膚炎を、薬に頼り切ることなく改善できる可能性があり注目されているのです。

乳酸菌でアレルギー性鼻炎改善効果はヤクルトのL92乳酸菌だけ?のまとめ

乳酸菌でアレルギー性鼻炎やアトピー、花粉症の改善効果があるのはヤクルトのL92乳酸菌だけなのか!子供が好きな乳製品でもヨーグルトの効能として乳酸菌が免疫力の70%を占める小腸の善玉菌として働くというのだから他でも良いだろう。商品はスーパーやコンビニにもある?

L8020乳酸菌ヨーグルトを食べてダイエット!痩せるブログ

乳酸菌もヨーグルトもダイエットに効果的な存在であることは、本サイトをご覧の皆さんは既にご存知のことかと思います。このL8020乳酸菌を使うことにより、虫歯や歯周病の予防ができ、それによりダイエットや糖尿病対策にもなるというのが今回の話題です。
L8020乳酸菌ヨーグルト

L8020乳酸菌ヨーグルトを食べて虫歯減少

「L8020乳酸菌ヨーグルトを毎日食べるだけで虫歯菌が8割減少」という口コミがあります。虫歯になるかどうかは、幼き頃に両親や祖父母から、口移しなどで食べ物を与えられた際に、虫歯菌に感染されてしまって、それにより虫歯になり易くなってしまいます。
虫歯を減少
幼き日の過去は変えられませんので、過去については両親や祖父母に愚痴って下さい。これから先については、このL8020乳酸菌ヨーグルトを食べることによって、虫歯になり難くなります。

虫歯になったことが無い人から採取したL8020乳酸菌

「L8020乳酸菌は、虫歯になったことがない人の唾液から採取した乳酸菌」という口コミがあります。この虫歯になったことがない人というのは、幼き頃に両親や祖父母から、虫歯菌を感染させられず、しかも、食後にきちんと歯磨きをしていた人でしょう。他人から採取というところはイメージは良くないですね。

このL8020乳酸菌ヨーグルトですが、食後に歯磨きをした後に、食べるという一風変わった食べ方をします。また、歯磨きの注意点として、食後30分程度してから、歯磨きをした方が歯のエナメル質を傷つけないので、すぐに歯を磨くのはマイナス面もあります。
歯磨きダイエット
なぜ、歯を磨いた後にL8020乳酸菌ヨーグルトを食べるのかというと、歯磨きをすることによってバイオフィルムが除去されますので、L8020乳酸菌ヨーグルトが効果を発揮し易くなるのです。

四国乳業(株)8020ヨーグルト 12個セット
価格:1440円(税込、送料別)

 

歯周病菌も退治するL8020乳酸菌ヨーグルトがダイエットに効果的

「L8020乳酸菌ヨーグルトで、虫歯菌と歯周病菌を退治する」という口コミがあります。虫歯も嫌ですが、歯周病も嫌な存在です。歯周病になると脳血管障害、心臓病、肥満、糖尿病の原因になります。

リバウンド女子リバウンド女子

歯周病を予防するとダイエットになるの?


ダイエット先生ダイエット先生

そうよ。歯周病は肥満や糖尿病の原因になるからね。


リバウンド女子リバウンド女子

じゃあ、歯周病になると痩せ難くなるの?


ダイエット先生ダイエット先生

そう、他のダイエットをしていても中々痩せない原因になるのよ。


歯周病菌を退治し、歯周病にならないようにするということは、糖尿病やダイエットに効果的なのです。歯周病になれば、様々なダイエットを行っても、ブレーキを踏みながらアクセルを踏むように、中々ダイエットが出なくなってしまうのです。また、L8020乳酸菌ヨーグルトは、口腔内のカンジタ菌も退治してくれます。

L8020乳酸菌ヨーグルトを食べてダイエットのまとめ

L8020乳酸菌ヨーグルトは虫歯菌、歯周病菌、カンジタ菌を退治してくれる頼もしい存在です。L8020乳酸菌ヨーグルトを食べて普段の生活をしているだけでダイエット効果があり、痩せることができるとしたら、とっても簡単で嬉しい情報ですよね。リバウンドの心配もないこの方法を試してみませんか?

ヨーグルトを食べるだけでダイエットが行えるのなら、ストレスも少ないのでリバウンドの心配がほとんどなく、長く継続できる方法だと考えられます。口コミ内容から考えても、便秘解消による効果もあり、大きなマイナス面も考えられません。但し、ヨーグルトの原料については選択の余地があります。乳酸菌と一緒に酵素を摂るとダイエットには更に効果的です。

L8020乳酸菌ヨーグルトがダイエットに効果的なのはわかったけれど、ちょっと高価だから毎日食べる分を買うのは大変という場合には、種としてL8020乳酸菌ヨーグルトを買って、それを豆乳でヨーグルトにして大量のL8020乳酸菌ヨーグルトにしてしまいましょう。豆乳ヨーグルトを作るならヨーグルティアが簡単で便利です。

L8020乳酸菌ヨーグルトを食べてダイエット!痩せるブログのまとめ

「L8020乳酸菌ヨーグルト」を食べてダイエットができるというのだから、スーパーから「L8020乳酸菌ヨーグルト」が消えてもおかしくはない。何しろテレビで特集された商品はみんなそうなのだから。。。当ブログでは、一時的に痩せる効果があっても、「リバウンドしない」もの以外は認めていない。

乳酸菌発酵エキスはNHKの腸内フローラ改善!トマト果汁飲料や漬物のまとめ

乳酸菌発酵エキスはNHKの腸内フローラ改善の短鎖脂肪酸として語られた。乳酸菌発酵食品にはトマト果汁飲料やヨーグルト、漬物などがあり、乳酸菌と酵素や酸素の仕組みやATP化学式、反応式が取り上げられる。

乳酸菌サプリ

乳酸菌の種類が多いサプリを摂取することで手軽に腸内フローラを善玉菌優勢の状態にすることができるので、免疫力向上により花粉症やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善が期待できます。

でも、乳酸菌サプリなんて色んな種類があって、どれが良いか分からないよ!というのが、本音じゃないでしょうか?ですので、効果が実感できる乳酸菌サプリをランキング形式でまとめましたので、参考にして下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


痩せ菌を納豆で増やす
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング