脂質異常症とは?

脂質異常症とは、どのようなものなのでしょうか?文字の並びから体脂肪とか中性脂肪とかLDLコレステロールとかそのあたりの脂質が異常な状態になっているのかな?って思いますよね。
脂質異常症
脂質異常症は、血液中にふくまれるコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことをいいます。脂質異常症になると動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなります。

ダイエット先生ダイエット先生

脂質異常症になると血管や血液に関連する多くの病気になりやすくなるので危険です。

脂質異常症は高脂血症や高コレステロール血症と違いがあるのか

脂質異常症は高脂血症や高コレステロール血症と違いがあるのかと思われる人もいるでしょう。脂質異常症は、高脂血症と高コレステロール血症を含んだ病名で2007年7月から使われるようになっています。
脂質異常症

高コレステロール血症とは

高コレステロール血症とは、LDLコレステロールが140mg/dL以上の状態をいいます。

高トリグリセライド血症とは

高トリグリセライド血症とは、トリグリセライドが150mg/dL以上の状態をいいます。

高脂血症とは

高脂血症とは、高コレステロール血症の状態または高トリグリセライド血症の状態もしくは、この両方が発症した状態をいいます。

脂質異常症は英語で

脂質異常症は英語で、「dyslipidemia」・「hyperlipidemia」・「lipid abnormalities」のように表記します。

脂質異常症の略語

脂質異常症の略語は、DLです。これは、dyslipidemiaの略ですね。ちなみに、HTは高血圧で、DMは糖尿病の略語です。

脂質異常症の原因

脂質異常症の原因には、暴飲暴食・運動不足・肥満・喫煙・アルコールの飲みすぎ・ストレスなどがあります。どれも肥満に関連しているものばかりで、LDLコレステロールや中性脂肪が増える傾向にあります。
脂質異常症

脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

脂質異常症の診断基準で空腹時採血による血中脂質検査では、下記のような判断基準を設けています。

コレステロール 数値
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール値 140㎎/dl以上
境界域高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール値 120~139㎎/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール値 40㎎/dl未満
高トリグリセライド(中性脂肪)血症 トリグリセライド値 150㎎/dl以上

脂質異常症の症状

困ったことに多くの場合、脂質異常症の症状は自覚できません。健康診断で値が良くないと言われても自覚症状がないので、脂質異常症はどんどん進行して動脈硬化から血管系の病気を発症するまで気づかない危険性があります。
脂質異常症

脂質異常症の予防

脂質異常症の予防には、食事の改善と運動が必要不可欠です。食事の改善としては、動物性脂肪を控える必要があります。これは、糖質制限ダイエットの真逆になりますので、糖質制限で脂質異常症になる危険性が含まれています。
糖質制限ダイエットやり方

脂質異常症の改善方法

脂質異常症の改善方法としては、どのような食品を選ぶかがポイントになってきます。動物性脂肪を控え、野菜・きのこ・海藻を積極的に摂り、LDLコレステロール値を下げる食品を選ぶようにします。
LDLコレステロール値を下げるには?

脂質異常症の治療法

脂質異常症の治療法には、どのようなものがあるのでしょうか?脂質異常症の治療法としては、食事改善・運動・薬が考えられます。生活習慣の改善で脂質管理が不可能な場合には薬物療法を考慮します。

脂質異常症の薬

脂質異常症の薬は、若年者や女性で絶対リスクが低い場合には控えます。また、皮下脂肪が多い場合には、漢方薬の防風通聖散で痩せるというのも治療法のひとつとして考えられます。
防風通聖散で痩せた

脂質異常症のガイドライン

脂質異常症のガイドラインは、「動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症治療のエッセンス」と題されています。このガイドラインにおいて生活習慣の改善項目が掲げられています。

  • 禁煙し、受動喫煙を回避
  • 過食を控える
  • 肉の脂身、乳製品、卵黄の摂取を控える
  • 魚貝類、大豆製品の摂取を増やす
  • 野菜、果物、未精製穀類、海藻の摂取を増やす
  • 塩分の摂取を1日に6g未満にする
  • アルコールの摂取を1日に25g以下にする
  • 有酸素運動を1日に30分以上行う

脂質異常症の食事療法

脂質異常症の食事療法としては、下記を行うと効果的です。
脂質異常症

  • 摂取エネルギーの適正化
  • 栄養素配分の適正化
  • 脂質制限
  • 炭水化物制限
  • コレステロール制限:1日に300mg以下
  • アルコール制限

脂質制限ダイエット方法

脂質制限ダイエット方法としては、脂質を控えるというダイエットのやり方です。肉や揚げ物、ナッツ類、チョコなどのお菓子を控えめにするダイエット方法だと考えましょう。脂質制限なので、カロリーが自然と控えられます。

この脂質制限ダイエット方法は、中性脂肪を下げることにも繋がります。中性脂肪を下げるには、これに加えてアルコールや糖質制限、運動不足の解消なども加えられます。
中性脂肪を下げるには?

脂質異常症の食事

脂質異常症の食事としては、下記のような点に注意します。

  • 肉の脂身・乳製品・卵黄の摂取を抑え、魚類・大豆製品の摂取を増やす
  • 肉は脂身の少ない赤身肉を適量
  • 牛乳は1日にコップ1杯程度まで
  • 卵は栄養価が高いが、卵黄の摂り過ぎに気をつける
  • 魚は1日に1回以上
  • 食物繊維を積極的に摂る
  • 塩分を控える

脂質異常症の運動

脂質異常症の運動では有酸素運動と筋トレを組合せて行います。有酸素運動は、20分以降から皮下脂肪や内臓脂肪が燃えるので20分から30分程度行うようにします。

筋トレは、高負荷なものを短時間行うだけで効果が持続して、運動をやめた後でもカロリーを消費し続けるという特徴があります。また、基礎代謝がアップするので、積極的に筋トレを行いましょう。

ダイエットでもそうですが、女性の多くが筋トレを敬遠する傾向にあります。これは筋トレでムキムキになるのを嫌だと思うからなのですが、筋肥大ではなく筋密度を高める筋トレならムキムキになどなりません。
女性向けの筋トレでダイエット

脂質とは何かをわかりやすく

脂質とは脂質とは何かをわかりやすくいうと、糖質やタンパク質と並ぶ三大栄養素の一つで、単純脂質・複合脂質と脂肪酸に分かれています。
脂質異常症
食べ物や飲み物によって、体の中に入った脂質は、分解され、小腸から吸収された後、いったん肝臓に運ばれます。その後、体のすみずみまで行き渡り、エネルギーや細胞膜、ホルモンなどの材料として使われたり、体脂肪として蓄えられたりします。

体脂肪は、エネルギーが不足するとエネルギー源として使われます。脂質は、29歳までであれば、必要エネルギーの20%から30%で、30歳からは20%から25%を摂るのが目安になります。

脂質代謝異常症とは

脂質代謝異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまう状態を言います。 この症状を放置すると血管にコレステロールや中性脂肪が溜まって、血管が詰まりやすくなり、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが増大します。

脂質異常と言われたら

脂質異常と言われたら、まずは食生活を見直す必要があります。暴飲暴食を避け、肉の脂肪や揚げ物、アルコールなどを控えるとともに青魚を積極的に食べてDHAとEPAを摂取すると良いです。
DHAとEPAで痩せる

抗リン脂質抗体症候群の判断基準

抗リン脂質抗体症候群の判断基準における検査基準は、下記において12週間以上5年未満の間隔で2回以上陽性となることです。

  • ループス抗凝固因子陽性
  • ELISAで測定したIgG/IgM抗カルジオリピン抗体中等度以上陽性(40U/ml以上)
  • ELISAで測定したIgG/IgM抗β2-グリコプロテインI抗体陽性(>99percentile)

脂質代謝が低いと

脂質代謝が低いと体がエネルギー不足に陥っている状態なので、元気がなくなり様々な病気を発症しやすくなります。脂質代謝が低いというのはどこからなのかが気になりますよね?
脂質異常症

脂質代謝の判断基準

脂質代謝の判断基準としては、下記の正常値を大きく下回る場合が低いと判断されます。

  • 中性脂肪(TG):30〜149mg/dl
  • 総コレステロール(TC):140〜199mg/dl
  • HDLコレステロール:40〜119mg/dl
  • LDLコレステロール:60〜119mg/dl

血中脂質検査の数値

血中脂質検査は血中脂質の数値を見て行いますが、チェックする内容としては、総コレステロール・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロールを総合的に判断します。

血中脂質が高い

血中脂質が高い場合には、動脈硬化のリスクが上がり、血管系の病気にかかりやすくなります。ですので、食事改善や運動などを行って血中脂質を下げる努力が必要です。

血中脂質が低い

血中脂質が低い場合にも安心してはダメです。血中脂質が低いと生命維持を行うことが難しくなります。また、肝臓疾患、アジソン病、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)になっている可能性もあります。

便秘と脂質

便秘と脂質の不足には大きな関係があります。便秘になると乳酸菌や食物繊維の不足を疑いますが、脂質の摂取不足も便秘の原因になります。脂質不足の場合には、オリーブオイルなどの良質な脂質を摂取すると改善する可能性が高いと考えられます。
オリーブオイルで便秘解消

血液中の脂質

血液中の脂質は皮下脂肪や内臓脂肪よりも先に使われるので比較的楽に落とせます。有酸素運動においても、20分までは血液中の脂質が使われるのです。

ジアシルグリセロールは複合脂質である?

ジアシルグリセロールは複合脂質であるというのは間違いです。ジアシルグリセロールは、単純脂質であって、複合脂質には、リン脂質と糖脂質があります。

脂質代謝障害の疑い

脂質代謝障害の疑いがあると言われた場合は、痩せ過ぎの問題です。低コレステロール状態が続くと、細胞膜が壊れてガン細胞が
発生しやすくなり、脳出血を起こしやすくなるので痩せ過ぎも良くありません。

脂質の生体内での役割

脂質の生体内での役割としては、皮下や内臓周辺に貯蔵され、必要に応じて脂肪酸に分解され、エネルギーになったり、細胞の膜を形つくる成分になったりするので重要な役割があると言えます。

脂質異常症を食事療法で治療!診断基準と原因から運動と薬で改善予防のまとめ

脂質異常症の判断基準で食事療法や運動にて改善や予防が可能なのか、薬を使った治療が必要かのガイドラインがあります。脂質異常症は、高コレステロール血症と高脂血症の総称で、脂質異常の症状です。脂質代謝障害になっていると気づいていますか?