股関節を柔らかくする方法

股関節を柔らかくする方法を知りたいということは、股関節が硬いことで何らかの悩みを抱えているはずです。股関節が硬いことで不利になる運動に、バレエやサッカー、野球、相撲などがあります。
股関節を柔らかくする方法
また、妊婦さんも股関節が硬いと出産が困難になるので安産のために股関節を柔らかくする必要があります。それ以外にも、股関節が硬いと冷え性になり太りやすくなったり、転倒して怪我のリスクが高まります。

股関節は歩いたり運動したりする際に下半身を動かす重要な関節なので、ここを柔らかくすることは様々なメリットがあるのです。では、股関節を柔らかくする方法で簡単にしかも短期間で出来るものなんてあるのでしょうか?

ダイエット先生ダイエット先生

股関節が硬いというだけで様々なデメリットがあるのでスリムなスタイルを維持するためにも柔らかくする方法を実践しましょう!

股関節を柔らかくする方法で短期間

股関節を柔らかくする方法で短期間に硬い股関節が柔らかくなるなんてありえるのでしょうか?何を持って短期間というかは人それぞれですが、股関節に限らずカラダを柔らかくするにはストレッチが適しているでしょう。
股関節を柔らかくする方法

股関節を柔らかくする方法ストレッチ

股関節を柔らかくする方法でストレッチをする方法としては、多くの方法があります。短期間に柔らかくするためには、これらの方法を出来る限り数多くやることで効果が最大限に大きくなります。
股関節を柔らかくする方法

股関節を柔らかくするストレッチ:ノーマルエクササイズ

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるノーマルエクササイズは、下記のように行います。

  • 座る
  • 両足の裏をくっつける
  • 足のかかとはつけたまま、かかとを自分側に引き寄せる
  • その後、膝をゆっくりと下げていく
  • 限界まで下げたら20秒キープ
  • 上記を3回実施する
股関節を柔らかくするストレッチ:レッグランジストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるレッグランジストレッチは、下記のように行います。

  • 拳1つ分ほど足を開いて立つ
  • 背筋を伸ばし、左足を大きく前に出す
  • 腰をゆっくりと落とし、右足の膝を曲げる
  • 限界まで下げたら20秒キープする
  • 元に戻し、左足も同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:ツイストストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるツイストストレッチは、下記のように行います。

  • 仰向けに寝る
  • 両手を水平に伸ばす
  • 両膝をつけて立てる
  • 膝を曲げた状態で右にゆっくり倒していく
  • 限界まで倒したら20秒キープ
  • 元に戻して左側に倒す
  • 上記を3回実施する
股関節を柔らかくするストレッチ:ニーアップ

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるニーアップは、下記のように行います。

  • 仰向けに寝る
  • 右足の膝を胸に近づけ、両手で右足の膝を支える
  • ゆっくりと右足の膝を胸に近づけていく
  • 限界まで近づけたら20秒キープする
  • 元に戻し、左足も同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:腸腰筋と太もものストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである腸腰筋と太もものストレッチは、下記のように行います。

  • 椅子を2つ並べ、50cmくらい離れて椅子の右側に立つ
  • 左足を椅子に寝かせるように置く
  • 右足を少しずつ前に踏み出していく
  • その後、ゆっくりと体を下に下げて、20秒キープ
  • ゆっくりと元に戻し、右足も同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:ひねりアキレス腱伸ばし

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるひねりアキレス腱伸ばしは、下記のように行います。

  • 壁の左側に立つ
  • 右足を一歩前に踏み出し、アキレス腱伸ばしの体勢にし、背筋を伸ばす
  • 背中を伸ばしたまま、ゆっくりと右側に体を回転させる
  • 股関節の筋肉が伸びているのを感じながら20秒キープ
  • ゆっくりと戻し、左足も同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:片足前屈

股関節を柔らかくするストレッチの一つである片足前屈は、下記のように行います。

  • あぐらをかいて座る
  • 左足の裏を右足の付け根につけて右足を右斜めに伸ばす
  • 両手を右足の太もも置き、ゆっくりと体を倒す
  • 限界まで伸ばしたら20秒キープ
  • ゆっくりと元に戻し、左足も同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:股関節の外旋筋ストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである股関節の外旋筋ストレッチは、下記のように行います。

  • あぐらをかいて座る
  • 右足の膝を立てる
  • 膝を立てたまま、右足を左足の太もも側に回す
  • 体を右側にひねる
  • お尻近くに筋肉が伸びているのを感じながら20秒キープ
  • ゆっくりと元に戻し、左足も同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:肩入れストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである肩入れストレッチは、下記のように行います。

  • 膝の高さよりも低めの椅子に軽く座り、足を大きく開く
  • 両手を膝の上に置き、足と同様に開いた状態にする
  • 上半身を軽く前に倒して20秒キープ
  • その後、右肩を中に入れ、同じく20秒取り組む
  • 最後に左肩を入れ、20秒間キープする
股関節を柔らかくするストレッチ:股関節の最強ストレッチメニュー

股関節を柔らかくするストレッチの一つである股関節の最強ストレッチメニューは、下記のように行います。

  • 足を伸ばして座る
  • 両足を開いて、膝を立てる
  • 膝を体側に持ってくる
  • 膝は動かさず上半身を前傾させ、手を膝の下に通す
  • 股関節の筋肉が伸びているのを感じたら20秒キープ
  • 上記を3回実施する

股関節を柔らかくする方法で簡単

股関節を柔らかくする方法で簡単なのは、股関節を左右と前後の両方にストレッチするものがあります。股関節が硬いと痛いですが、毎日続けることで少しずつ柔らかくなって行きます。
股関節を柔らかくする方法

股関節を柔らかくする左右のストレッチ

股関節を柔らかくする左右のストレッチは下記のように行います。このストレッチを朝起きた時と寝る前に行います。

  • お尻を床につける
  • 両足を膝を曲げずに伸ばした状態で限界まで開く
  • お尻の横に手をつき、股関節を立てて、腹式呼吸を10回行う
股関節を柔らかくする前後のストレッチ

股関節を柔らかくする前後のストレッチは下記のように行います。このストレッチを朝起きた時と寝る前に行います。
股関節を柔らかくする方法

  • 正座をする
  • 右足を後ろに真っすぐ伸ばす
  • 背筋を伸ばし、腹式呼吸を10回行う
  • 右足を戻し、左足を後ろに真っすぐ伸ばす
  • 背筋を伸ばし、腹式呼吸を10回行う

股関節を柔らかくする方法でバレエストレッチ

股関節を柔らかくする方法でバレエストレッチとしては、大臀筋のストレッチ、大腿四頭筋のストレッチ、内転筋ストレッチについて説明します。

股関節を柔らかくするストレッチ:大臀筋のストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである大臀筋のストレッチは、下記のように行います。

  • 右足を前、左足を後ろで、股関節と膝が直角になるように両足を曲げる
  • 胸を張る
  • 両肩がヒザとカカトに並行になるにお腹から近づける
  • 20秒キープ
  • 足を入れ替えて同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:大腿四頭筋のストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである大腿四頭筋のストレッチは、下記のように行います。

  • 大臀筋のストレッチの体勢から、後ろの足の甲を同側の手で持つ
  • 顔はおへそを覗き込むようにしながら、体重を少し反対側に倒す
  • ストレッチしている足の膝が床から浮かないように股関節を後方に伸ばす
股関節を柔らかくするストレッチ:内転筋ストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである内転筋ストレッチは、下記のように行います。

  • 両脚を開いて床に手をつく
  • 背中を丸めながら骨盤を後ろに倒す
  • カラダを前に伸ばしながら骨盤を前に傾ける
  • 上記を10回繰り返す

股関節を柔らかくする方法でサッカー

股関節を柔らかくする方法でサッカーに効果があるのが、股関節外側のストレッチと股関節内側のストレッチです。それぞれについてやり方を説明して行きます。

股関節を柔らかくするストレッチ:股関節外側のストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである股関節外側のストレッチは、下記のように行います。

  • 床に膝を立て、座る
  • 手は体の後ろに置いて身体を支える
  • 片方の足首をもう一方の膝の上に置く
  • 背筋を伸ばして上半身を起こし、姿勢を正す
  • 足を入れ替えて同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:股関節内側のストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである股関節内側のストレッチは、下記のように行います。

  • 床に膝を立てて座る
  • 手は体の後ろに置いて身体を支える
  • 片方の足を外側に広げる
  • 広げた方の膝を内側に倒して床に近づける
  • 背筋を伸ばして上半身を起こし、姿勢を正す
  • 足を入れ替えて同様に行う

股関節を柔らかくする方法で野球

股関節を柔らかくする方法で野球に効果があるストレッチを説明して行きます。投げること、打つことなど、野球の全ての動作で股関節の柔軟性は重要なのです。

股関節を柔らかくするストレッチ:タオルストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるタオルストレッチは、下記のように行います。

  • 仰向けになる
  • 足の裏にタオルをひっかける
  • 足を頭の方に引っ張る
  • 小刻みにゆらす
股関節を柔らかくするストレッチ:シコストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるシコストレッチは、下記のように行います。

  • 肩幅の倍くらい足を開き、ひざを外に向ける
  • 前かがみになりすぎずに、腰を落とす
  • 小刻みにゆらす
股関節を柔らかくするストレッチ:伸脚ストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである伸脚ストレッチは、下記のように行います。

  • 伸脚のように足を大きく開き片方のひざを立てる
  • 片方はしっかりのばし、つま先を天井に向ける
  • 小刻みに上下にゆらす
  • 足を入れ替え同様に行う
股関節を柔らかくするストレッチ:壁ストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである壁ストレッチは、下記のように行います。

  • あおむけで壁にお尻を当てる
  • 壁に足をつけそのまま大きか開く
  • 小刻みに足をゆらす
股関節を柔らかくするストレッチ:椅子ストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである椅子ストレッチは、下記のように行います。

  • 椅子の背もたれに向かって座る
  • かかとを上げて開く
  • 椅子の背をもち、骨盤立出せ骨盤を前傾させる
  • 小刻みにゆらす
股関節を柔らかくするストレッチ:ドアストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つであるドアストレッチは、下記のように行います。

  • ドアのまえで座り足を開く
  • 両足を壁に引っ掛け、前に体を倒す

股関節を柔らかくする方法で妊婦

股関節を柔らかくする方法で妊婦さんにおすすめな安産効果のあるストレッチを説明します。但し、妊婦さんの場合は、妊娠初期には行わず、安定期である中期や後期に行うようにします。
股関節を柔らかくする方法

股関節を柔らかくするストレッチ:腰痛に効くストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチの一つである腰痛に効くストレッチは、下記のように行います。

  • 背筋を伸ばして座り、右足を軽く持ち上げる
  • 股関節を意識して、脚を大きく回す
  • 左も同様に行い、左右5回ずつ繰り返す
股関節を柔らかくするストレッチ:股関節を伸ばすストレッチA

股関節を柔らかくするストレッチの一つである股関節を伸ばすストレッチAは、下記のように行います。

  • 足の裏を合わせた状態であぐらを組む
  • 手で足を掴み、背筋を伸ばす
  • ゆっくりと深呼吸をする
股関節を柔らかくするストレッチ:股関節を伸ばすストレッチB

股関節を柔らかくするストレッチの一つである股関節を伸ばすストレッチBは、下記のように行います。

  • 足の裏を合わせた状態であぐらを組む
  • 手で片膝もしくは両膝を床に近づける

股関節が硬い

股関節が硬いと冷え性になりやすく転倒のリスクも高まります。股関節が硬いに多いのが、ペシャンコ座りができるということです。冷え性の改善法については、下記の特集記事を参照して下さい。


股関節を柔らかくする方法
▶冷え性の改善法

整形外科の船山敦医師によると股関節が硬い原因として、臼蓋形成不全が挙げられます。臼蓋形成不全とは
どのようなものなのでしょうか?

臼蓋形成不全

臼蓋形成不全とは、股関節の臼蓋という部分のかぶりが浅いために、衝撃を骨の中心で受け止めることができずに骨の端で受けることになり、将来、軟骨がすり減り、骨が変形することで歩きづらくなる可能性があります。
股関節を柔らかくする方法

ペシャンコ座り

ペシャンコ座りができるということは、将来、股関節に悪影響を起こしやすい人だと言えます。ペシャンコ座りをついやってしまう人は、臼蓋形成不全の可能性が高いと言えます。

軟骨の回復

では、すり減った軟骨は治せるのでしょうか?船山敦医師によると残念ながら、摩耗した軟骨は二度と回復しないと言われています。誰でも、50歳くらいから減って来るものです。

臼蓋形成不全の予防法

股関節専門の医学療法士である佐藤正裕先生が、臼蓋形成不全の予防法を教えてくれました。臼蓋形成不全やペシャンコ座りは、お尻周り筋肉が硬くなります。

股関節を守る①

股関節を守る方法の一つ目は、硬さの原因となっている部分であるトリガーポイントで、筋肉を柔らかくします。

股関節のチェック

足の裏を合わせて両足を開いた状態で床からの高さを計ります。一般的な平均値としては、20㎝が目安でこれより高いと股関節が硬いと判定されます。

股関節のトリガーポイント

股関節のトリガーポイントは、尻の横の筋肉である中殿筋のつけ根です。このトリガーポイントを15秒間ほぐします。骨盤の一番張りだした骨のすぐ下の部分です。これを左右同様に行います。

誰かにトリガーポイントを押してもらえる人は、やってもらえば良いのですが、一人でやるしかない場合には、テニスボールなどを使えば一人でも行えます。テニスボールを床に置き、トリガーポイントにゴリゴリ押し付けます。

股関節を守る②

股関節を守る方法の二つ目は、おしりエクボ体操です。これは、普段使っていない筋肉を鍛える体操です。

おしりエクボ体操
  • つま先を正面に向けて、カカトを持ち上げる
  • 持ち上げたカカトをくっつける
  • これにより、おしりにエクボができる
  • この状態で10秒キープする
  • 上記を1日3回行う

これは美尻にも繋がります。下半身を中心に贅肉がついてしまって、垂れ尻で悩んでいると言う場合には、下記の美尻の特集記事が参考になります。


股関節を柔らかくする方法
▶美尻筋トレで女性の巨尻を小尻に

股関節を柔らかくする運動

股関節を柔らかくする運動としては、これまでに説明して来たストレッチや体操のほかにヨガなどがあります。というか、ストレッチなどはヨガと重複する部分がかなりありますけどね…

股関節を柔らかくするヨガのポーズ

股関節を柔らかくするヨガのポーズでは、骨盤は立てて腰は伸ばしたまま、股関節から前傾してみると良いでしょう。股関節が硬いと深く倒れようとしても難しいですからね。

股関節を柔らかくするヨガのポーズの動画
股関節を柔らかくする方法

股関節を柔らかくするツボ

股関節を柔らかくするツボとしては、膝を曲げたときのVラインの際で膝を曲げてから親指で探して圧すと分かりやすいツボです。ツボを5秒押し脱力を5回繰り返します。

股関節が柔らかくならない

これまで説明して来たストレッチや体操をやっても、股関節が柔らかくならない場合には、下記の股関節トレーニングをやってみましょう。

  • 足を前後に大きく広げる
  • 上下に腰を20回動かす
  • 動かす際に前足の骨盤は後ろ回転、後ろ足の骨盤は前回転をする
  • 足を入れ替えて同様に行う

股関節を柔らかくする方法の動画

股関節を柔らかくする方法の動画は数多くありますが、その中でも効果が高くおすすめなのが下記ですので参考にしてみて下さい。

股関節

股関節を柔らかくするメリット

股関節を柔らかくするメリットとしては、下記のようなものがあります。
股関節を柔らかくする方法

  • 基礎代謝があがるので、ダイエット効果がある
  • 疲れにくい身体になる
  • スポーツなどで、けがをしにくくなる
  • 心身の老化を防ぐ
  • 女性ホルモンのバランスが整いやすくなる
  • 姿勢が良くなる
  • О脚やX脚の改善が期待できる
  • 頭痛・肩こり・腰痛の改善が期待できる
  • 冷え症に効く

股関節を柔らかくする方法で簡単ストレッチなら短期間で痩せる効果!のまとめ

股関節を柔らかくする方法で簡単なのに短期間に痩せるメリットがある。股関節を柔らかくする方法のストレッチはヨガやツボにも関係しサッカー、野球、バレエなどの運動や妊婦さんで柔らかくならない悩みを解決する。医者が指摘する冷え性や転倒に繋がる硬い原因の臼蓋形成不全とは?

腰痛体操を行うことで、ツラい腰痛を改善することができます。高齢者やリハビリ目的の人でも出来るものや立ったまま、寝ながら、椅子に座ってというように腰痛体操ストレッチの種類は多種多様なので自分に合うものを選んで実践してみましょう。


腰痛体操ストレッチ
▶腰痛体操ストレッチ!

股関節を柔らかくすると肩こりや腰痛の解消にも

私たちヒトのカラダにおいて、もっとも大きな関節が股関節です。上半身と脚の骨格を繋ぐ重要な役割を果たします。この股関節の機能を高めると必然的に他の関節の痛みが和らぎ、動きも良くなります。

股関節は、太い大腿骨の先端が、骨盤の寛骨臼とボールと受け皿のように組み合わさっています。上半身と下半身を繋ぐ重要な部分で、歩くだけでなく、様々な動作の要になります。

この股関節が悪いと膝の痛みに繋がるだけでなく、肩こりや腰痛、しびれなども引き起こし、全身の体調不良に繋がります。股関節を支える筋肉は20以上ありますが、重要なのは表面ではなく、深層部の体幹が重要です。

この股関節を鍛えるトレーニング・エクササイズとしては、ヨガや相撲の稽古で行われる腰割りが最適です。ヨガには様々なポーズがありますが、初心者でも行える基本ポーズから始めれば簡単に出来ますよ!

下記画像をタップすると関連記事が読めます♪

ヨガポーズの基本
▶ヨガやシコアサイズのやり方

股関節を柔らかくすると痩せる

股関節を柔らかくするメリットにもあるようにダイエット効果、女性ホルモンのバランス調整、冷え性の改善、姿勢改善などの相乗効果で股関節を柔らかくすると痩せるのです。
股関節を柔らかくする方法
股関節を柔らかくすることで痩せる効果はあるのですが、その効果を持ってしても太ったままということは、他のダイエット方法を併用するしかありません。

じゃあ、食事制限するのか!というと、食事制限はストレスが大きく、一時的に痩せてもリバウンドして太ってしまう可能性が高いので、太りやすい体質の人にはおすすめできません。

ですので、腸内環境を整えて自然に痩せるダイエット方法がおすすめです。痩せている人の腸内には痩せ菌が多く、太っている人の腸内にはデブ菌が多いという研究結果があります。

この痩せ菌とデブ菌に着目したヤセる方法が痩せ菌ダイエットです。痩せ菌とデブ菌は医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されるほど信頼性の高いものです。

多くの医師が推奨しているこの痩せ菌ダイエットは、食事制限の必要はなく、普通に食べていても健康的に痩せることができるダイエットです。食事制限はストレスにもなるので、マイナス面も多いのです。

ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。

  • デブ菌:余分な栄養を吸収する
  • 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する

股関節を柔らかくする方法
だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!

  • 「私って食べても太らない体質なの…」
  • 「ダイエットのコツ?特にないよ!」

っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。

痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。ぽっちゃりわがままボディー(笑)の私でも、たった2週間で3.6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


股関節を柔らかくする方法
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング