糖化菌とは?

糖化菌とは、何なのでしょうか?糖化菌は、トウカキンと読み、アミラーゼを産生し、デンプンを糖に分解します。分解された糖が、乳酸菌やビフィズス菌のエサになります。
糖化菌サプリ
糖化菌によって、乳酸菌は10倍にも膨れ上がります。糖化菌は胃酸や熱の影響を受けず生きて腸まで届き、腸粘膜の炎症の治癒促進の効果があることがわかっています。

どうやら、糖化菌は、乳酸菌やビフィズス菌を助けて、腸内環境を整えることによって、様々な効果が期待できるようですね!あまり知られていない糖化菌についてもっと掘り下げて行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

糖化菌を上手に使うことで、乳酸菌やビフィズス菌のチカラを10倍にもアップさせて多くの効果が得られます!

糖化菌と納豆菌

糖化菌と納豆菌の関係は、糖化菌の中でもっとも有名なのが、納豆菌である[Bacillus natto]なのです。乾燥した芽胞生菌の状態で存在可能で、胃酸の強い酸性、アルカリ性、熱やたんぱく質の変性の影響を受けずに腸まで届くのです。

納豆菌以外の糖化菌として、ポリファーメンチカス菌である[Bacillus polyfermenticus]は、潰瘍性大腸炎・過敏性腸炎・クローン病のような腸粘膜の炎症の治癒促進をする働きがあり、コレステロールや中性脂肪の抑制効果もあります。

納豆には、他の食品に少ないビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKの多い食品やその効果・効能などについては、下記の特集記事を参照して下さい。


糖化菌サプリ
▶ビタミンKの多い食品

糖化菌は英語で

糖化菌は英語で[bacillus mesentericus]と表記します。

糖化作用とは

糖化作用とは、糖化が促進する働きと考えれば良いです。糖化というのは、食べ物などの糖質が体内のタンパク質と結びついて、糖化タンパク質になって、カラダの老化を促進することです。

ブドウ糖を分解する細菌

糖化菌は、冒頭で説明したようにブドウ糖を分解する細菌です。このようにして分解された糖が、乳酸菌やビフィズス菌のエサになってチカラを増すので、腸内環境が整うのです。

糖化菌の効果

糖化菌の効果としては、下記のようなものが考えられます。要するに腸内環境が整うことによって生じる効果です。
糖化菌サプリ

  • 便秘解消
  • 糖尿病の予防、改善
  • 免疫力の向上
  • 美肌
  • ダイエット

糖化菌と糖尿病

糖化菌と糖尿病には深いかかわりがあります。これは、腸内環境を整えることによって、糖尿病発症リスクが約4分1低減するという研究結果がでているからですね。ということは、乳酸菌やビフィズス菌にも糖尿病を予防、改善する効果があるわけです。
糖化菌サプリ
肥満と糖尿病は密接に関係していて、デブの腸内には、悪玉菌やデブ菌が多いことが知られていて、この悪玉菌を移植すると痩せたいた個体もデブになるのです。

また、悪玉の腸内細菌によって腸内に炎症が起こり、炎症によって血糖値が上がる可能性もあるのです。炎症により、血糖値のコントロールが悪くなることは、歯周病でも知らています。歯周病が改善すると糖尿病も改善しますので、相互関係があると言って良いでしょう。

糖化菌の食品

糖化菌の食品としては、大豆発酵食品である納豆が代表的ですが、味噌・醤油などにも入っていて、カルピス・ウォッシュドチーズ・ラクレットチーズからも発見されています。

ラクトミンと糖化菌

ラクトミンは、「Streptococcus faecalis、Streptococcus faecium、Lactobacillus acidophilus、またはLactobacillus bulgaricusの生菌菌体を集め、乾燥した後、殿粉、乳糖、白糖など適当な賦形剤またはそれらの混合物と混合したもの」と定められています。

このラクトミンと糖化菌を配合した薬剤として、レベニンS散・ビオスミン散・ビオスリー散・ビオフェルミン散などが挙げられます。

ビオスリー

ビオスリーは、ラクトミン(S.faecalis)+酪酸菌(C.butyrium)+糖化菌(B.mesentericus)の3つが配合された乳酸菌製剤です。

ビオスカイ

ビオスカイもビオスリーと同様にラクトミン(S.faecalis)+酪酸菌(C.butyrium)+糖化菌(B.mesentericus)の3つが配合された乳酸菌製剤です。

糖化菌サプリ!効果は糖尿病から便秘解消・美肌・ダイエットに食品ものまとめ

糖化菌サプリの効果は糖尿病から便秘解消・美肌・ダイエットまで幅広く食品による糖化作用を防ぐ。糖化菌サプリはラクトミン・ビオスカイなど手軽に摂取でき納豆菌と関わりが深い。ブドウ糖を分解する細菌であり、英語でbacillus mesentericusだったか?

酸素と細菌

乳酸菌やビフィズス菌、糖化菌などと酸素の関係を示したのが下記の表です。

種類 生息 菌名
偏性好気性菌 酸素がないと生息できない 糖化菌、納豆菌
偏性嫌気性菌 酸素があると生息できない 酪酸菌、ビフィズス菌
通性嫌気性菌 どちらでも生息できる 乳酸菌

糖化菌サプリ

糖化菌サプリは、乳酸菌やビフィズス菌のエサになるだけです。ですので、同じようにエサになるオリゴ糖や食物繊維を摂取すれば問題ありません。特に重要な水溶性食物繊維の多い食品は下記の特集記事を参照して下さい。


糖化菌サプリ
▶水溶性食物繊維の多い食品

では、乳酸菌を摂取するために乳酸菌サプリを選ぶなら、どのような基準が必要かというと乳酸菌の種類と数です。これに加えてコスパを考えた乳酸菌ダイエット人気ランキングが下記にありますので、参照して下さい。


糖化菌サプリ
▶乳酸菌ダイエット人気ランキング

なぜ、あの人は食べても太らないのか?

ダイエットの基本は摂取カロリーと消費カロリーの差し引きです。摂取カロリーの方が多ければ太りますし、消費カロリーの方が多ければ痩せます。でも、大量に食べてるのに痩せてる人っていますよね?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。

  • デブ菌:余分な栄養を吸収する
  • 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する

だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!

  • 「私って食べても太らない体質なの…」
  • 「ダイエットのコツ?特にないよ!」

っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。

痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。ぽっちゃりわがままボディー(笑)の私でも、たった2週間で3.6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


糖化菌サプリ
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング