エクオールの副作用とは?

エクオールの副作用として心配されているのは、下痢や子宮筋腫の増大、乳がん、不正出血などです。これらはネット上に溢れるデマや嘘なのか、それとも本当に副作用の危険性があるのかについて考えて行きます。
エクオールの副作用
そもそも副作用というのは、効果や効能がある薬による本来の目的による主作用に対し、風邪薬を飲むと眠くなるような好ましくないマイナスの作用を指します。

ですので、薬じゃなければ厳密には副作用とは言わないのですが、薬のように強力でなくても、何らかの作用があるものは相反する副作用があるのが一般的なので、学術的や法律的にどうかではなく、実際、エクオールを摂取するとどうなるのか?を考えて行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

医者や学者など権威ある人の発言は説得力がありますが、本当に知りたいのは実際に自分がどうなるのかですよね?

エクオールには副作用があるのか

エクオールは女性ホルモンに似た働きをすることで注目されていますが、体内でエクオールを作れる人もあれば、作れないタイプの人もあります。
エクオールの副作用
エクオールが作れるかどうかは尿検査で知ることができますので、気になる人は一度調べてみることもおすすめです。そして体内で作れるという人は特別補う必要はないと言えますが、作れないという人もエクオール含有食品を活用すれば無理なくエクオールを取り入れていくことができます。

エクオールには副作用がないのかも気になるところですが、まず、健康食品やエクオール含有食品は薬とは違いますので、大きな副作用の心配はないとされています。

とはいえ、食品アレルギーがある場合は、体に負担となることも考えられますので購入する際はアレルギーの原因となる成分が含まれていないかは良く確認しておきたいところです。

そして、早く結果を出したいからと多めに飲むことは成分の摂りすぎにつながりますので、正しい量を守ることも大事です。もしも飲んで体調に変化が出た場合は一度使用をやめ、早めに医療機関に相談しましょう。

それから婦人科系の疾患がある人は担当の医師に相談しておくことがおすすめです。更年期障害の治療を受けている人も医師に相談しておくとより安心です。

日本女性医学学会学術集会でのエクオールの副作用への見解

日本女性医学学会学術集会において、エクオールを長期摂取することで更年期症状などに改善効果が発表されました。この中で副作用についても語られており、ホルモン補充療法で子宮筋腫の増大や不正出血などの副作用があるとされています。
エクオールの副作用
それに対し、エクオール含有食品を摂取した患者においては、子宮筋腫の増大や不正出血を含め婦人科領域の疾患に影響が出たという例はなく、ホルモン補充療法のように副作用がないので代替療法として勧められています。
日本女性医学学会学術集会のエクオール記事

エクオール含有食品の論文が医学専門誌に掲載

エクオール含有食品の論文が医学専門誌に掲載され、副作用についても確認されています。エクオール含有食品を1年摂取して観察を行ったところ子宮筋腫の増大や不正性器出血、子宮内膜肥厚などの問題も認められなかったと報告されています。
エクオールの副作用
このような副作用がないにも関わらず、ホルモン補充療法のような副作用が危険視されるものと同様に更年期症状改善効果が認められたという検証結果が報告されています。
エクオール含有食品の論文

エクオールの副作用でみられる下痢の症状

更年期の時期を快適に過ごすことができるエクオール含有食品が人気です。閉経前の女性は女性ホルモンの分泌量が少なくなるため、様々な体調不良を起こすことがありますがエクオール含有食品はそれを緩和させてくれる働きが期待できます。
エクオールの副作用
副作用としては下痢が報告されていますが、それ以外にはそれほど重篤なものは報告されておらず、むしろメリットの方が大きいため多くの女性がエクオール含有食品を服用しています。

これまでは女性ホルモンを補う成分というと大豆イソフラボンが有名でしたが、大豆イソフラボンからエクオールを作ることができる体内の環境を持っていない女性も多く、2人に一人がそのような状態とも言われているのが実情です。

エクオールはイソフラボンを摂取しても体内で女性ホルモンのような作用をさせることが出来ない方に最適な成分で、直接摂取することで大豆を積極的に食べなくても更年期の時期を快適に過ごすことができる画期的な成分として高く評価されています。

エクオール含有食品はネットや薬局などで購入することが出来ます。通信販売の定期購入ならショップに出向いて購入する必要もありませんし、買い忘れもないためおすすめの方法として口コミでも人気です。

エクオールの副作用で乳がんになる?

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆の大豆製品に含まれており、女性の健康や美容に効果的な成分として有名です。その健康や美容の効果を生み出す源こそがエクオールだと言われています。
エクオールの副作用
腸内細菌であるエクオール産生菌が、摂取された大豆イソフラボンをエクオールへ変換します。

しかし、この腸内細菌が活発に動いていない人は、大豆イソフラボンやエクオール含有食品を摂取してもエクオールを作り出すことができないため、適切な食生活の維持とエクオールが直接摂取できる健康食品を用いながら腸内環境を整えましょう。

エクオール含有食品の過剰摂取による副作用について、乳がんのリスクを高める可能性があるという噂が流れたことがあります。乳がんになる原因として、女性ホルモンであるエストロゲンの過剰分泌があり、

エストロゲンと同じ働きをするエクオールも同様に乳がんのリスクを高めてしまうのではないか、ということです。結論としては、そのような事実は無く、大豆イソフラボンによって生成したものはエストロゲン効果を緩和する効果があるため、

むしろ積極的に摂取した方が、乳がんの危険性を低下させる可能性があります。明確な発表はありませんが、代替療法として様々な分野で期待されている成分です。

エクオールと乳がんのブログ

エクオールと乳がんのブログを確認するとエクオールが、乳がんを抑制するという証明は現在までのところされていません。乳がんリスクの低減ではなくリスクの増加がないことは動物実験レベルで証明されています。
エクオールの副作用
ただし、乳がん診療ガイドラインに、エクオールのもとになる大豆イソフラボンを摂取することが、乳がん発生リスクを減少させる可能性ありと記載されています。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、味噌汁などの大豆製品全般に含まれていて、私たち日本人にとっては、とっても馴染みの深いものばかりです。もっと昔からの和食を見直しましょう!
乳がん診療ガイドラインの大豆イソフラボン摂取と乳がん発症リスク
乳がんの発症率は女性ホルモンのエストロゲンの量と比例しており、分泌量は30代が最高で40代後半までに一生のほとんどのエストロゲンをくらう形になり、40代後半に乳がんの発症率のピークが訪れます。

それ以降に太ってしまうと肥満体型になって蓄積された脂肪からエストロゲンが生み出され、60代に入ってまた乳がんの発症率のピークが訪れます。ですので、50代以降に肥満にならないことが乳がんの発症率を下げる一つのポイントになります。

エクオール含有食品の摂取と乳がんへの影響

女性ホルモンは加齢とともに減少していく傾向にありますが、そうなると更年期などの不快な症状も出やすくなるとされています。
エクオールの副作用
そこで、女性ホルモンに似た働きを持つ大豆イソフラボンも人気となっていますが、最近はよりエストロゲンに近い働きをすると言われるエクオールへの注目が高まっています。

そして、日本人では体内でエクオールを作れる人は約半数と言われており、どちらの体質であるかは検査で知ることができますので、気になる人は調べてみることもおすすめです。

検査の結果、エクオールが作れないと判断されても、直接エクオールを摂取できるエクオール含有食品も販売されていますので、上手に活用していきましょう。

とはいえ、エクオール含有食品で摂るとなると、体への影響が心配という人も少なくないものです。特に女性が気をつけたい病気としては乳がんがあげられますが、エクオールを取り入れることで乳がんのリスクが高まらないかと気にする人もあります。

乳がんはエストロゲンの過剰分泌が影響しているとされていますので影響は気になるところですが、エクオールは食品ですし、適度に取り入れることはエストロゲンの過剰分泌を抑えるとも言われています。

すでに乳がんを発症している人は医師に相談しておきたいですが、健康な状態で、適切な量を守っていれば、特別乳がんのリスクが高まるという心配はないと言えるでしょう。

気になるエクオールの副作用!子宮筋腫の心配は?

急にカーッと火照ったりめまいがしたり、イライラして気持ちも不安定になることがある更年期の症状に、エクオール含有食品が効くと話題になっています。
エクオールの副作用
エクオールとは女性に嬉しい効果が期待できる大豆イソフラボンが腸内細菌の働きにより変化した成分で、イソフラボンよりもしっかりと効果を感じられるといいます。

イソフラボンと同様に体内では女性ホルモンに似た働きをするため、ホルモンの分泌が減少することが原因で起こる様々な不快な症状に効果が期待できます。

しかし、女性ホルモンを過剰に摂取すると何らかの副作用が起こる心配があるもの、それは大豆イソフラボンでも同じでエクオール含有食品などから必要以上に摂取することで子宮筋腫が大きくなったりすることもあるといいます。

エクオールは大豆イソフラボンよりも効果が高いということで、より副作用の心配が増すのではと心配になるかもしれません。今のところ、エクオールが子宮筋腫の症状に悪影響を与えるという報告はないようですが、

エクオール含有食品として摂取するのなら食品だとはいえ定められた量をきちんと守り過剰摂取にならないように注意しなければならないでしょう。

正しく摂取することで、更年期の症状を和らげる効果のほかにも、骨粗鬆症の予防や美容への効果も期待できるので年齢が気になるようになった女性にはお勧めの成分です。

エクオールと子宮筋腫の関係

エクオールと子宮筋腫の関係は、既に紹介した日本女性医学学会学術集会や論文が医学専門誌に掲載において、エクオール含有食品については副作用がないが、ホルモン補充療法では子宮筋腫が増大する危険性があるとされています。

エクオールの効果・効能

エクオールの効果・効能としては、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、加齢や食生活、生活習慣の乱れから起こるエストロゲンの減少が引き起こす問題を軽減させる効果・効能が期待できます。
エクオールの副作用

  • ホッとフラッシュやめまい、頭痛、肩こり、倦怠感などの更年期症状
  • 脂肪を溜め込みやすく、燃焼しにくい肥満体質になる
  • 肌の弾力が失われ、皮脂分泌が減少することで乾燥して、シワやたるみの増加
  • 骨粗しょう症になりやすく、顔面骨密度も減り、顔のたるみの増加
  • 腱鞘炎や関節痛による手の痛みやしびれ、爪の変形など

エクオールで太る?

エクオールで太るということはありません。エクオールを摂取することで、女性らしいスタイルを維持できる効果があるので、ふっくらしたイメージがあるため誤解されている女性が多いようです。
エクオールの副作用
エクオールのもとになる大豆イソフラボンにバストアップ効果があるというのは、乳腺に働きかけて、乳腺の発達を促すもので全身をぽっちゃりさせるのではなく、胸だけを大きくしようというものです。

バストアップをしたいのならプロに任せるのが一番です。でも、バストアップサロンって高いし、エステ体験すると勧誘がウザいって思いますよね?そんな心配がないバストアップサロンもありますよ!

下記画像を今すぐタップ♪

まな板胸
▶バストアップエステランキング

小林製薬(命の母)エクオールの副作用

小林製薬(命の母)エクオールの副作用は、日本女性医学学会学術集会や論文でのエクオール含有食品の摂取に関する記載からも特に問題がないと考えられます。
エクオールの副作用
また、厚生労働省による「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品等の取扱いに関する指針について」によると大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値は30mgとされています。

小林製薬(命の母)エクオールは、1日の摂取目安量が発酵大豆イソフラボン28mgで、エクオール2mg、イソフラボンアグリコン26mgなので、過剰摂取しない限り副作用の心配はないと判断できます。

更年期症状が出始めるとエクオール2mgでは足りず効果を実感することが難しくなります。そのような状態の場合には、ランキング1位になっているエクオール10mg配合した下記を使ってみるのも良いでしょう。

下記画像を今すぐタップ♪

エクオールの副作用
▶エクオール10mg

エクオールの副作用に恐怖!子宮筋腫や乳がん、下痢って嘘か本当か?のまとめ

エクオールというと小林製薬が販売する命の母が有名だがエクオールの副作用で下痢や子宮筋腫の増大、乳がん、不正出血などは関係しているのか。効能で女性ホルモンの低下を補って更年期症状の軽減をし太る原因を少なくすることでメタボを解消や骨粗しょう病や動脈硬化の予防?