ポリフェノールとは?

ポリフェノールってよく聞くけど、ポリフェノールってどんなものなの?ポリフェノールとは、植物が虫などに食べられないために蓄えている成分で、光合成によってできる植物の渋みや苦みのもとになっていて、5,000~8,000種類程度あるとされています。
ポリフェノール
また、炭水化物・脂肪・たんぱく質・ビタミン・ミネラルや食物繊維に次ぐ7番目の栄養素として研究が進められています。気をつけなければならないのは、水に溶けやすく体に吸収されやすいが、排出もされやすいので4時間おきに摂取する必要があることです。

ポリフェノールは、シミ予防などの美容や健康に良いだけでなく、ダイエットにも効果的なことが分かっています。ツラい食事制限やキツイ運動を必死に頑張らなくても、ポリフェノールを上手に摂り入れて、健康的に痩せたいと思いませんか?

ダイエット先生ダイエット先生

ポリフェノールを活用することで、アンチエイジング効果とダイエット効果を同時に得られます。

ポリフェノールのダイエット効果

多くの植物に含まれているポリフェノールですが、大きく3つのダイエット効果があることが分かっています。食事制限のように減らすのではなく、ポリフェノールを積極的に摂るダイエットなので、ストレスがないので、暴飲暴食によるリバウンドも防げますね!
ポリフェノール

脂肪燃焼

ポリフェノールのダイエット効果一つ目は、脂肪燃焼の効果です。ポリフェノールには、強力な抗酸化作用とともに血液の流れを良くする効果も高い為に、脂肪燃焼効果が高いのです。
ポリフェノール
ポリフェノールの抗酸化作用により、活性酸素を分解して細胞が若返り、内臓の働きが活発になり、代謝がアップして脂肪燃焼に繋がるというわけです。代謝が上がって脂肪燃焼がされやすくなるので、痩せやすく太りにくい体質になってダイエットしやすくなります。

むくみ解消

ポリフェノールのダイエット効果二つ目は、むくみの解消効果です。むくみは、水分を摂り過ぎたり、老廃物によって水分が正常に排出されないだけでなく、血管の機能低下によっても引き起こされます。
ポリフェノール
ポリフェノールの抗酸化作用は、血管の機能低下の原因になる活性酸素やストレスによる酸化を防いでくれます。これによって、血管の機能低下を防ぎ、正常化させることで、むくみの解消に繋がり、ダイエット効果が期待できます。

脂肪を溜める細胞である白色脂肪細胞に対し、ポリフェノールの効果によって、脂肪燃焼してくれる細胞であるベージュ脂肪細胞に変化させることができるので、ダイエットにポリフェノールは、有効なのです。

便秘解消

ポリフェノールのダイエット効果三つ目は、便秘の解消効果です。ポリフェノールを適度に摂ることによって、腸の働きが正常化して便秘の解消に役立ちます。但し、摂り過ぎると下痢になったり、便秘が悪化する危険性があるので、適量を心がけましょう。
ポリフェノール
ポリフェノール以外で便秘解消と言えば、乳酸菌が重要な働きをします。腸内環境を改善するには、1日に5,000億個以上の乳酸菌とアナタの腸内細菌と相性の良い乳酸菌を摂取する必要があります。そのような乳酸菌を見つけるには?
乳酸菌で便秘解消してダイエット!

ポリフェノールの効能

ポリフェノールには、ダイエット効果があると説明しましたが、他にどんな効能があるのでしょうか?老化の原因と言われる活性酸素を除去し、シミ・シワ・たるみなどの老化現象、抗ストレス、アトピー性皮膚炎・動脈硬化・老人性痴呆症・脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病・がんなどの病気を予防・改善だけでなく、O-157や虫歯菌の増殖に効くと言われています。

ポリフェノールを多く含む食品

ポリフェノールには、ダイエット効果だけでなく、様々な健康増進・アンチエイジングの効果があることが分かりました。では、そんな素晴らしいポリフェノールを摂り入れる為には、どのような食品を摂取すれば良いのでしょうか?
ポリフェノール
ポリフェノールは、5,000~8,000種類程度もありますが、大きく分けるとフラボノイド系とフェノール酸系に分けられます。更にフラボノイド系とフェノール酸系の中にも種類があります。

フラボノイド系

ポリフェノールの系統の一つであるフラボノイド系は、アントシアニン・タンニン・イソフラボン・カテキン・ルチン・クエルセチン・ヘスペリジンに分かれています。ルチン・クエルセチン・ヘスペリジンは、ビタミンPと呼ばれていましたね。聞いたことのある名前がいくつかありますよね?

アントシアニン

ポリフェノールの一つであるアントシアニンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。眼精疲労に効くと言われているポリフェノールですね!

  • ビルベリー、ブルーベリー、カシス、クランベリー、ラズベリー、プルーン、アサイー、黒豆、黒米、黒ごま、なす、いちご、ぶどう、紫いも、紫キャベツ、紫たまねぎ、赤しそなど
タンニン

ポリフェノールの一つであるタンニンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。ノロウイルスにも効くと言う殺菌作用があると言われています。

  • 紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーヒー、ワイン、ビール、くるみ・ヘーゼルナッツ、クランベリー・ブルーベリー、シナモン・ターメリック、蜂蜜、チョコレートなど
イソフラボン

ポリフェノールの一つであるイソフラボンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。女性ホルモンと似た働きをすることで有名ですね!

  • 豆腐、納豆、きな粉、大豆煮、油揚げ、味噌、醤油など

イソフラボンでダイエット

カテキン

ポリフェノールの一つであるカテキンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。血圧、コレステロール、血糖値調整効果、抗酸化作用、抗菌作用などの効能があると言われています。

  • 煎茶、番茶、ほうじ茶、赤ワイン、コーヒー、ココア、渋柿、りんご、カカオ、ぶどう、いちご、ブルーベリー、金時豆など
ルチン

ポリフェノールの一つであるルチンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。血液の凝固を阻害するので、血行改善の効果が期待できます。

  • ソバ、トマト、みかん、アスパラガス、小豆、いちじくなど
クエルセチン

ポリフェノールの一つであるクエルセチンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。血行改善、血栓防止、動脈硬化防止の効果が期待できます。

  • 玉ねぎ(特に皮)、ブロッコリー、レタス、リンゴや柑橘類などの果物、緑茶など
ヘスペリジン

ポリフェノールの一つであるヘスペリジンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。血行改善、血栓防止、動脈硬化防止の効果が期待できます。

  • みかん、オレンジ、ライムなど柑橘類の外側の皮や、内の白い筋に多く含まれる

フェノール酸系

ポリフェノールの系統の一つであるフェノール酸系は、クロロゲン酸・エラグ酸・リグナン(セサミン)・クルクミン・クマリン・フェルラ酸に分けられます。聞いたことのある名前がいくつかありますよね?

クロロゲン酸

ポリフェノールの一つであるクロロゲン酸が含まれる食品には、下記のようなものがあります。強い抗酸化作用と脂肪の蓄積を予防するダイエット効果が期待できます。

  • コーヒー、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、ナス、アーティチョーク、ゴボウ、リンゴなど
エラグ酸

ポリフェノールの一つであるエラグ酸が含まれる食品には、下記のようなものがあります。強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。

  • イチゴ、ブルーベリー、クランベリー、赤ラズベリーなどのベリー類、ザクロ、ナッツ類など
リグナン(セサミン)

ポリフェノールの一つであるリグナン(セサミン)が含まれる食品には、下記のようなものがあります。抗酸化作用や抗炎症作用があります。

  • アマニ、ゴマ(特に黒)、米(未精製が良い)、麦(未精製が良い)など

発芽玄米で健康的にダイエット

クルクミン

ポリフェノールの一つであるクルクミンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。肝機能強化、脳機能の活性化が期待できます。

  • ウコン、カレー粉など
クマリン

ポリフェノールの一つであるクマリンが含まれる食品には、下記のようなものがあります。抗菌作用、血液凝固阻害作用が期待できます。ただし、過量摂取では肝毒性や腎毒性が懸念される為、摂り過ぎには注意が必要です。

  • 明日葉、桜の葉(桜餅)、パセリ、はっさく、シナモンなど
フェルラ酸

ポリフェノールの一つであるフェルラ酸が含まれる食品には、下記のようなものがあります。脳機能改善効果があり、アルツハイマー病への効果も期待されています。

  • 米、小麦など穀物や種子類など

気になるポリフェノール

ポリフェノールは、抗酸化作用がとても強く、アンチエイジングやダイエットに効果的ですが、気になるポリフェノールとして、カカオポリフェノールやアカシアポリフェノール、ぶどう種子ポリフェノールがありますので、少々触れておきます。
ポリフェノール

りんごポリフェノール

りんごポリフェノールは、とっても高い抗酸化力を誇っていて、ごまなどに含まれるセサミンの17倍も抗酸化力が高いのです。リンゴポリフェノールは、カテキン・フラボノイド・プロシアニジンなどが含まれていて、プロシアニジンが特に抗酸化力が強いのです。
ポリフェノール
プロシアニジンには、余分な活性酸素を取除き、老化の進行を遅らせる抗酸化作用とコレステロール低減作用や美白作用までもあります。なお、リンゴポリフェノールは、成熟したリンゴよりも未成熟なリンゴの方が10倍も高濃度なんです。リンゴポリフェノールを手軽に摂るには、リンゴ酢がおすすめ!
リンゴ酢で健康増進&ダイエット

カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは、チョコレートの材料として知られるカカオ豆に含まれていて、血圧低下・動脈硬化予防・抗ストレス・美容効果・アレルギーの改善などが期待できます。

アカシアポリフェノール

アカシアポリフェノールは、高脂肪食でも血糖値を抑制・血圧低下・病気やカラダの不調を整える・内臓脂肪や便秘の改善・脂肪の燃焼・脂肪の合成と蓄積を抑えるなどの効果が期待できます。

ぶどう種子ポリフェノール

ぶどう種子ポリフェノールは、ぶどうの種子に含まれる「プロアントシアニジン」のことであり、非常に強い抗酸化力をもっていて、「ポリフェノールの王様」ともいわれています。

ぶどう種子ポリフェノールには、血流改善・肩こり緩和効果・消臭・疲労回復・むくみ抑制・脂質代謝改善・中性脂肪低下効果・美白(シミ改善)・更年期症状の改善など多くの効果が期待できます。

注目の食品

ポリフェノールが特に多く注目の食品としては、ホウレン草と赤ワインがあります。ホウレン草を調理する際には、ポリフェノールが水に溶けやすい為、ゆで過ぎに注意が必要です。
ポリフェノール
赤ワインのポリフェノールは、作られてから5年から10年くらい熟成されたものが最も多いので、安物でも良いので熟成されたものを選ぶと良いです。アルコールが苦手な女性や子供には、アルコールを飛ばした赤ワインのつめを調理に使います。

赤ワインのレシピ

赤ワインのつめは、赤ワインを約5分の1の量になるまで煮詰め、アルコールを十分飛ばし、冷蔵保存することで、1ヵ月程度使用可能です。この赤ワインのつめを使ったレシピを紹介します。

肉じゃが
  • 材料(4人前):ジャガイモ(4個)・タマネギ(1個)・ニンジン(2本)・牛肉(200g)・カツオダシ(2カップ半)・塩(少々)・みりん(大さじ6)・濃口醤油(大さじ4)・赤ワインのつめ(適量)
  • 作り方:適当な大きさに切った野菜を牛肉と炒め、カツオダシと調理料を加えて煮込んだ後に、ワインのつめを加えて更に煮込む

どうしたいのか?

下っ腹や横っ腹の脂肪、ぽっこりお腹、二の腕の脂肪などなど気になる部分があって、本気で痩せたいと思うのなら、どのようなダイエット方法を選べば良いと思いますか?
痩せたいなら体脂肪率を落とす方法

どうなりたいのか?

ダイエットして痩せたい!それは分かります。痩せればそれでいいのでしょうか?体脂肪率を落とす方法ならスタイルが良くなるというわけではありません。女性らしいスタイルを手に入れるには、ただ痩せたいというだけではダメなのです。
痩せたいなら体脂肪率を落とす方法

ポリフェノールを越える逸材

ポリフェノールには、健康増進・アンチエイジング・ダイエット効果などがあり、健康で若々しく長生きする為には、欠かせないと言って良いでしょう。このポリフェノールをも越える逸材があることをご存知でしょうか?
高栄養でカロリーゼロの奇跡

ポリフェノールでダイエット!3つの効果で健康的に痩せたのまとめ

ポリフェノールを上手に摂り入れると、アンチエイジング効果だけでなく健康的に痩せたという調査結果が出ています。ポリフェノールにはどんな効果があるのでしょうか?ダイエットは、ツラく苦しいものだと勘違いしていませんか?

重要なのは?

ダイエットして痩せた時に重要なのは体重でしょうか?それとも見た目でしょうか?たとえ体重が落ちても見た目が痩せたわけじゃなければ意味がなくないですか?体重なんて言わなければいいだけで、見た目が痩せたかどうかが重要でしょう?
見た目が痩せた