腰痛リセット

腰痛リセットとは、長年積み重ねた疲労によって、腰が痛くなってしまった症状をゲームのリセットボタンを押すように、まるでなかったことのように腰がスッキリとラクになるというものです。
腰痛リセット
まぁそこまでいうと大げさですが、若者のように戻れなくても、痛みが和らぎ症状が改善するだけで、まるでリセットされたかのように感じると思いますよ。

内臓や心の痛みもそうですが、外傷のない痛みは他人からは分かりにくいものです。どんなに本人が痛いと言っても動けなくなって入院でもしない限り本気で心配してくれる人などいないのです。だから、自分で症状を改善しましょう!

先生

腰痛の原因は様々ありますが、座る時間が世界一長いと言われる日本人は腰痛人口も必然的に高まります。

腰痛症状チェック

腰痛症状チェックを危険に分けて行ってみましょう。
腰痛リセット

危険度 症状 可能性
じっとしていても痛む 重い脊椎の病気や内臓の病気
背中が曲がってきた 骨粗しょう症によって背骨がつぶれる圧迫骨折
お尻や脚が痛む、あるいはしびれる 腰部脊柱管狭さくや椎間板ヘルニア
脚のしびれにより長く歩けない 腰部脊柱管狭さくや椎間板ヘルニア
体を動かしたときだけ腰だけ痛む 腰の椎間関節や筋肉などが原因

腰痛の原因

腰痛の原因には、下記のようなものが考えられます。
腰痛リセット

  • 筋肉や骨・関節の異常
  • 内臓などの異常
  • 痛みを抑える神経の機能低下
  • 炎症、骨折腫瘍
  • 背骨がゆがんでいる
  • 足の使い方が悪い
  • 血流が滞っている
部位 痛みの特徴
椎間板 おじぎをして姿勢をもどすときの動作で痛みを感じる
椎間関節 腰を後ろにそったり、捻ったりする動作で痛みを感じる
筋肉 前屈みをするときや腰の筋肉に力を入れたときに痛みを感じ、暖めたり、さすったりすることで痛みが和らぐ
神経 腰痛だけでなく、脚とくに膝から下がしびれたり、力が入りにくいなどの症状を伴う
椎骨が破綻したときには強い体動時痛がみられる

腰痛の改善方法

腰痛の改善方法では、動かさないのが良いと思っている人が多いようです。たしかに昔の考え方だと痛みがある時は、安静にするのが良いというものがあったのは事実です。
腰痛リセット

腰痛の対処方法

ですが、現在においては、腰痛の対処方法として、ストレッチや体操など軽くカラダを動かすことによって、動かさないでいるよりも回復が早く、腰痛が改善されるだけでなく、再発防止にも繋がるという研究結果があります。

腰痛の治し方

腰痛の治し方として、テレビ番組の名医のTHE太鼓判やためしてガッテンなどでも放送されたストレッチや体操について説明して行きます。

腰痛でストレッチ

腰が痛くてたまらないのに、ストレッチなんて無理だよ!って思うかも知れませんが、激しい運動ではないので正しくストレッチを行うことは腰痛の改善に繋がります。
腰痛リセット

腰痛の治し方でストレッチ

腰痛の治し方でストレッチを行う場合には、簡単なストレッチであることが重要です。腰痛改善効果が高くても、難しいストレッチでは続けることができないので、結果的に腰痛が治りません。

腰痛改善ストレッチ:うんこ座り

腰痛改善ストレッチ:うんこ座りは、当ブログで以前に紹介した内容です。ヤンキー座りとも言われていて、戸田佳孝医師が推奨するストレッチです。下記の美尻筋トレの記事に詳しく書いています。


美尻筋トレ
▶うんこ座り

腰痛改善ジャックナイフストレッチ

腰痛改善ジャックナイフストレッチは、西良浩一整形外科准教授が推奨する腰痛改善ストレッチです。やり方は下記の通りです。

  • ひざと股関節を深く曲げて、しゃがんで両手を後ろに回して、かかとをつかむ
  • 太ももと胸をくっつけたまま、ゆっくりひざを伸ばして立ち上がる
  • できるだけひざをのばして状態で10秒キープ
  • 上記を5回ずつ朝と晩に行う
腰痛改善寝ながらストレッチ

寝ながら行う腰痛改善ストレッチは、先ほどの西良浩一整形外科准教授が推奨する腰痛改善ストレッチです。やり方は下記の通りです。
腰痛リセット

  • 仰向けに寝て、片足を上げて両手で支える
  • 上げた足のひざをゆっくり伸ばして、10秒キープ
  • 脚を入れ替えて同様に行う
  • 上記を5回ずつ朝と晩に行う

名医のTHE太鼓判で腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

名医のTHE太鼓判の2018年6月11日の放送では、腰痛・ひざ痛・股関節の痛みをテーマにして、腰痛リセットについて説明がされています。
腰痛リセット

名医のTHE太鼓判のひざ裏伸ばしで奇跡の改善

名医のTHE太鼓判のひざ裏伸ばしで奇跡の改善というのは、ワンツースリー体操と壁ピタドローイン、壁ドンストレッチを毎日1分ずつ2週間続けると、腰痛改善が期待できます。

ワンツースリー体操

ワンツースリー体操は、体を上下することで骨盤を支える筋肉が鍛えられ、腹圧が回復し背骨が伸びて腰痛改善が期待できます。

  • 足を大きく広げて背中を伸ばし、息を吐きながらお尻を落とす
  • お尻を落としてから太ももを3回叩いて息を吸い、背中を伸ばしてお尻を3回叩く
壁ピタドローイン

壁ピタドローインは、壁に体をつけることで背骨を一直線に伸ばすと全身の筋肉に力が入り 体幹を鍛えられます。

  • 壁にかかと・腰・背中・後頭部をつける
  • つま先は90度開きひざは内側に寄せる
  • おへそを壁側に寄せて5秒数える
壁ドンストレッチ

壁ドンストレッチは、両手で壁を押しながらヒザ裏を伸ばすと、背中や体幹に力が入り姿勢が良くなります。

  • 壁に肩幅で両手をつく
  • 足を前後に開いて後ろ足のひざを伸ばす
  • 5回壁を押して最後に5秒間止める

腰痛体操

腰痛体操は、腰痛ストレッチとどう違うんだ?と思われるかも知れません。ストレッチは、凝り固まった筋肉を弛めるものですが、静的と動的に分かれます。

腰痛体操についてまとめた下記の記事も参考にして下さい。


立ったまま
▶腰痛体操

下記のように柔軟体操は、ストレッチに含まれますので、ストレッチの方が幅が広いと考えられます。

静的ストレッチ

静的ストレッチは、筋肉を10秒から1分ほど静かに同じ姿勢で伸ばし続けます。これは体操ではありません。

動的ストレッチ

動的ストレッチは、リズムよく弾みをつけて、反動で筋肉を伸ばします。これが、柔軟体操に当てはまります。

ためしてガッテンの腰痛体操

ためしてガッテンの腰痛体操は、腰をねじる、ひじ立て+ひざ曲げ、ひざ抱え、タオルで足上げという4つの方法に分かれます。

腰をねじる
  • 仰向けに寝て、腰をねじる
  • 片方の手で片膝を押さえ、もう片方の手は頭の上方に置く
  • 肩やひざが床につかなくても力を入れない
  • この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸
  • 上記を左右1回ずつ×3セット行う
ひじ立て+ひざ曲げ
  • うつ伏せから、ひじを立て、続いてひざを曲げる
  • この状態で痛みが出る人は、まずは、 ひじ立てのみでも構わない
  • この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸
  • 終わったらうつ伏せに戻る
  • 上記を3セット行う
ひざ抱え
  • 背中を起こさず、片手で片ひざずつ抱えるようにする
  • 両手の指を組んで、両ひざを抱える
  • その状態で両手以外の全身の力を抜き、6回深呼吸
  • らひざを立てたままあお向けに戻る
  • 上記を3セット行う
タオルで足上げ
  • ヒザを立てヒザ小僧にタオルをかける
  • タオルを片足のつま先に引っかける
  • ヒザを伸ばしたまま、手の力でゆっくりと脚を持ち上げる
  • 全身の力を抜き、6回深呼吸する
  • 足を下ろす
  • 左右3回ずつ行う

急な腰痛の対処法は腰を動かさない

重いものを急に持ち上げようとしたときに腰に激痛が起きる時があります。これは比較的原因が分かっているので、それ以降は起きにくくなるでしょう。
腰痛リセット
でももっと簡単なことで腰痛が発生するときがあります。咳をしただけで起きる時もあれば、歩いているときに急に発生するときもあります。

急な腰痛が起きた時にどんな対処法を撮ればよいのか知っておくとそれ以降も生活しやすくなります。

急に発生するときは、腰に急激に負担がかかったのが原因になるでしょう。咳をしたときになるのは、体勢が良くないときに発生してしまいいます。

対処法はとにかく体を動かさないようにします。周りに人がいると違和感を感じられるかもしれませんが、しばらくそのままの状態をキープするようにします。

痛いからと別の姿勢をとると余計に腰に負担がかかる可能性があります。

少し落ち着いたら、楽な姿勢を取ります。最も腰に負担のかからないのは横になる姿勢です。ベンチなどがあるときはそこで横になりましょう。

座る姿勢は一見楽な感じがしますが腰に負担がかかります。痛みが出た時は冷やすようにし、炎症が治まったら血行を良くするために温めます。痛みが取れないときは腰の骨を動かさないようにコルセットやさらしで固定すると良いでしょう。

ガッテンによると腰痛の原因はストレス

健康情報番組の「ガッテン」によると腰痛の原因はストレスであると報告しました。老若男女問わず悩まされている腰痛ですが、その80パーセント以上は検査をしても痛みの原因が特定されていません。
腰痛リセット
たとえ原因が明確にされている椎間板ヘルニアでも痛みの度合は個人差があり、感じ方には心との密接な関係があります。近年解明されたのは痛みをコントロールするドーパミンの分泌が減少することで痛みが慢性化することです。

日常的なストレスがあると脳内物質のバランスが崩れるので、ドーパミンシステムが上手く機能しません。そのためストレスにより痛みが倍増するというメカニズムです。

腰痛は心のSOSと捉えることで具体的な対策を取ることができます。すぐに実践できる方法としては、物事を深刻に考えずよく睡眠を取る。心の満足度をあげるために美味しい食事や好きな映画や音楽など五感を意識すること。

悩みを口に出すとストレスも軽減するので誰かに聞いてもらうのも大切です。適度なウォーキングやなど運動習慣も忘れることなく続けてください。ただし身心の負担にならない程度にとどめてリラックスすることを心がけましょう。

自己流のトレーニングは腰痛改善のさまたげになるので避けてください。


腰痛リセット
▶ストレスで痩せる

腰痛の原因は机と椅子、対処法としてはストレッチが正解です

腰痛の主な原因は無理な姿勢を数時間にわたり、キープし続けている事です。私たちは当たり前のように椅子に座って勉強をしたりパソコンをする生活を送っています。
腰痛リセット
しかし机と椅子が日本で普及したのはつい最近であり、元々は床に座りローデスクで日本人は作業を進めていました。

腰痛の原因は多々ありますが要約すると西洋的な暮らしが原因であり、自宅や会社、そして学校の椅子に長時間座り続ける事で引き起こされます。対処法としてはなるべく椅子に座り続ける暮らしを避ける事です。

数時間座った後はあえてローデスクで作業をしたり、立ちながら読み書きができるスタンディングデスクを使う等、切り替えが大事です。またストレッチもかなり良い対処法となります。

腰に負荷が長時間にわたって掛かる事が要因であり、作業がひと段落する度に腰や背中を伸ばすストレッチをすれば、腰痛のダメージを緩和したり、そもそも腰痛のリスクを下げられます。

オフィスや学校の場合、数時間にわたり机で作業を嫌でもしなければいけませんが、休憩時間や放課後、勤務後は自由でしょう。

作業が終わり次第、ストレッチをすれば萎縮した筋肉を上手く労われます。気の合う同僚や友達に協力してもらって互いに体育の時間でしたようなストレッチをするのもオススメです。

辛い腰痛を和らげるツボの場所

腰痛の原因はいろいろなものがありますが、痛みが辛いときにはツボを押すことによって痛みを和らげることができます。
また、腰痛が起こりそうな時でも、ツボを押すことができれば腰の痛みを予防することができます。
腰痛リセット
まず、腰痛に対して効果のあるツボとして有名なのが腰腿点が挙げられます。

これは手の甲に二つあり、人差し指と中指の骨が交差する辺り、もう一つが中指と薬指が交差する辺りにあります。これは急性や慢性のどちらにも効果があります。

左右の手の甲にあるため4つを押すことによって効果を得ることができるとされています。

他にも、腰にもあるためそこを押すのも効果的です。腎兪、志室、命門というツボで、命門はヘソの真後ろ、腎兪が命門から左右へ指2本分離れたところ、志室は命門から左右に指4本分離れたところにあります。

親指を使って腎兪、志室を30回程度軽くもみほぐします。足を肩幅程度に開いて立ち、腰を大きくゆっくり回しながら押すとより効果的で、命門は女性なら右手をしたに、男性なら左手を下にして中指先を重ねて30回程度押すと良いとされています。

腰痛は慢性化してしまうことも多いため、一時的に痛みを和らげるだけではなくきちんと治療することも大切です。

腰痛リセット!ストレッチや体操の治し方は症状をチェックする改善法のまとめ

腰痛リセットはストレッチや体操で早く治す方法として名医のTHE太鼓判やためしてガッテンで放送されたものです。腰痛リセットをする前に腰痛症状をチェックして治し方を選択します。腰痛の原因に合う対処を行わないと改善されないばかりか症状の悪化になるかも知れません!

腰痛早く治す方法で3秒

腰痛早く治す方法で3秒でできるのが、下記の体操です。

  • 足を肩幅より少し広めに開く
  • 腰を両手にあてる
  • ヒザを伸ばしたまま上半身を後ろに反らす
  • 息を吐きながら3秒キープ
  • 上記を3回繰り返す

腰痛と体重

体重が重いとどうしても腰とひざに負担が大きくなってしまいます。お相撲さんやプロレスラーのように筋肉量も多くても体重自体が重い場合には、腰痛やヘルニアに悩む人が多いようです。

力士やレスラーのように特殊な人じゃなくても、メタボ体型で肥満だというだけで、腰痛の原因になります。ですので、腸内環境を改善して簡単に痩せるのも腰痛改善の一つの方法です。


ダイエット
▶痩せ菌で腸内環境を改善