V字腹筋とは?

V字腹筋って知ってますか?単なる腹筋運動は知ってますよね。その進化版というかちょっと変わったものが「V字腹筋」です。今までの普通のやり方と違って「V字腹筋」は強烈に、お腹の筋肉を刺激しますので、かなりキツイです。
V字腹筋
でも、キツイって事は「V字腹筋」によってお腹の脂肪が燃焼し、筋肉がつくって事が想像できますよね?

そう、筋トレなんだからキツイ方がむしろ良いのです。「V字腹筋」なら短い時間でも効果バッチリ!

今まで悩んでいたお腹の脂肪がウソみたいになくなります。「V字腹筋」を頑張って試してみませんか?

痩せる必要がある女性が最も気になる部位というとお腹周りがランキング上位にいる事は間違いありません。お腹はカラダの中で最も脂肪が付き易い部位なので、気になって当然なのです。

V字バランス

V字バランスというのは、ヨガにおいて座った状態で両足を開いて浮かせて、両手で足の親指をつかんでバランスをとるというものです。

V字腹筋の効果

「V字腹筋」は直接的にお腹の脂肪へ攻撃を仕掛けますので、今まで運動をして来なかったアナタにはちょっと辛い運動です。

でも、有酸素運動と違って「V字腹筋」なら、本当に短い時間で出来るから毎日とか、空いた時間にちょっとずつ出来るんです。

忙しくって運動が出来ないって場合もありますよね?そんなアナタでも「V字腹筋」なら短時間で出来るので続けられます。

そう、たまぁ~にやっても意味がないんです。「V字腹筋」を日々続けるから意味があるんです。継続は力なりとはよく言ったものです。

腹筋運動全般に言える事ですが、「V字腹筋」においても腰痛持ちの女性は気をつける必要があります。心配だったらお医者さんに相談してね!

短時間で効果があり、気になるお腹の脂肪を撃退してくれる「V字腹筋」は本当にオススメです。騙されたと思って試してみる価値はありますよ♪

脂肪はお腹に近づけば近づくほど付き易く、逆にお腹から遠ざかれば遠ざかるほど脂肪が付きにくくなります。よって、太ももやお尻に脂肪が付き易いのは当然という事です。

なぜ、お腹周りに脂肪が付き易いのでしょうか?それは、内臓を守らなければならないのに、肋骨で守られていない為に肉で守らなければならない為です。ダイエットより生命維持が優先されるのは当然です。

痩せる必要がある女性にありがちなのが、極端な食事制限を行って、基礎代謝以下のカロリーしか摂取せずに、基礎代謝が低下し、栄養を過剰に吸収するリバウンド体質になってしまう事です。
断食女性
そんな痩せる必要がある女性が気になるお腹周りの脂肪をスッキリ綺麗にして、クビレを作る方法が今回紹介する「V字腹筋」なのです。ちょっと難易度は高いですが、ダイエット効果抜群なので頑張りましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

お腹周りの脂肪って気にならない?


リバウンド女子リバウンド女子

あぁ一番気になるかも!


ダイエット先生ダイエット先生

「V字腹筋」って知ってる?


リバウンド女子リバウンド女子

普通の腹筋なら知ってるけど、どんなの?


ダイエット先生ダイエット先生

少し高度な腹筋で、「V字腹筋」はカラダをVの字にする運動よ。


リバウンド女子リバウンド女子

この脂肪がなくなるなら「V字腹筋」やってみようかな♪


「V字腹筋」を頑張れば、痩せる必要がある女性のぽっこりお腹を解消してクビレを作ったり、基礎代謝を向上させて「リバウンドしない」ダイエットを成功させる事が可能になります。

腹筋をV字

腹筋を鍛える事で、お腹の中にある内臓を正しい位置に戻してくれる効果があります。痩せる必要がある女性のお腹がポッコリしている原因の一つが内臓のずれですので、腹筋を鍛える事でスッキリお腹になり易くなります。
お腹周りの脂肪
腹筋を鍛えて内臓が正常な位置に戻ると、内臓が活性化してポッコリお腹解消や便秘解消などの痩せる必要がある女性に嬉しい効果が現れてきます。

「V字腹筋」をする事で、深層筋(インナーマッスル)である体幹も一緒に鍛える事ができます。表層筋も大切ですが、深層筋(インナーマッスル)を鍛える事はメリットがいっぱいあります。

「V字腹筋」をして深層筋(インナーマッスル)を鍛えるメリットというのは、痩せる必要がある女性にありがちな丸まった姿勢を改善したり、腰痛を改善したりします。

そうそう中々鍛えにくいんですが、「V字腹筋」なら自然と鍛えられるから、ムキムキにもならないし、女性にオススメMAXです!
骨盤
また、姿勢を改善する事によって、頭痛や肩こりが改善されたり、生理痛が少なくなるなどという痩せる必要がある女性の悩みが解消されます。

「V字腹筋」はどれくらいのペースでやればいいのだろう???と思うかも知れませんが、自宅で行うレベルの腹筋運動ですから、毎日行っても問題ありません。少なくても2日に1回は行いたいところです。
短期間
とはいえ、普段あまり運動をしない痩せる必要がある女性がいきなり「V字腹筋」を始めれば、翌日筋肉痛で、とても「V字腹筋」をできる状態じゃないかも知れません。

そういった筋肉痛で辛い状態であれば、無理して「V字腹筋」をする必要はありません。筋トレ全般に言える事ですが、筋肉痛で動かない部位があるなら、他の部位を鍛えれば良いのです。
スクワットほっそり女性
腹筋が筋肉痛で、「V字腹筋」ができなくても、ジョギングはできるし、腕立て伏せやスクワットだってできます。筋トレは何か一つだと毎日できないかも知れませんが、複数習得すれば、毎日行う事も可能です。


▶ スクワットでほっそり太ももをゲット!綺麗に痩せる「リバウンドしない」ダイエット


V字腹筋のやり方!

さて、実際に「V字腹筋」をやってみましょう。少々難しいですが、痩せる必要がある女性でも、頑張ればできる運動ですので、気合を入れて「V字腹筋」に挑戦です。

  • ヨガマットなどをひいた床の上に仰向けに寝ます。
  • 両手を頭の上に真っすぐ伸ばします。
  • 顎を引いて、ヘソを見るイメージで上半身と両足を持ち上げます。
  • 上半身と両足を持ち上げる際に、腹筋に力を入れます。
  • 息を吐きながら、両手で両足のつま先に触れます。
  • 両手、両足をもとの状態に戻します。

この両手て両足のつま先に触れる動作を20回で1セットとし、3セット行います。この「V字腹筋」が体力的に難しい場合には、1セットから開始しても構いません。また、腰に痛みがある場合には、無理をせずに休息を取りましょう。

他の筋トレでも同様ですが、鍛える部位に意識を集中して行う事で効果がでます。「V字腹筋」では、腹筋に意識を集中して運動を行う必要があります。
ウエストのクビレ
「V字腹筋」に限らず腹筋運動全般に言える事ですが、カラダを持ち上げる時も下す時も、勢いや反動をつけずに、腹筋に意識を集中し、ゆっくりとした動作で行います。早く行っても効果は半減します。

腹筋運動には、様々な方法がありますが、「V字腹筋」は初心者向けではなく、ある程度のトレーニング経験を積んで腹筋に筋肉がついた状態で行うものです。腹筋が足りない場合には、「V字腹筋」ではなく簡単なものから始めましょう。

V字腹筋にコツはあるのか

V字腹筋にコツなんてあるのでしょうか?V字腹筋が出来なくて悩んでいる人にとっては、欲しい情報だと思います。V字腹筋には、筋力も必要ですが柔軟性も必要なのでカラダが硬い場合には、柔軟性も一緒に向上させるのが、V字腹筋のコツになります。

V字腹筋のキープ時間

V字腹筋のキープ時間についてですが、3秒程度で十分効果があります。V字腹筋をキープする時間にこだわらなくても、1秒でもキープすれば反動を行って、V字腹筋を行わない意識に繋がるので、キープさえすれば問題ありません。

V字バランスができない

V字バランスができないので、横にコテンとなってしまって困っているという人もいるかと思います。これは、バランス感覚とともに筋力が不足している為にも起こりますので、V字バランスができないのであれば、腹筋と脚の筋肉を鍛えてから出直しましょう。

V字腹筋の回数

V字腹筋の回数は、どの程度行うと効果的なのでしょうか?これは、やり方のところで紹介したように、20回を1セットとして、3セット行うので、60回を目安に行うのが効率的です。もっと、負荷をかけたいのであれば、回数よりも足首に重りを付けるなどして負荷を上げましょう。

V字腹筋がきつい

V字腹筋がきつい!と嘆く気持ちも分かりますが、きついからこそ筋トレ効果があるのです。筋トレは、きついですが、その代わり短時間で大きな効果を得られます。有酸素運動のように長時間頑張らなくても、短時間のきついV字腹筋で、筋トレ後もカロリー消費が継続するのです。

V字腹筋で腰痛

V字腹筋で腰痛になったという悩みを持たれている人もいます。そもそも、腰に大きな負担がかかるV字腹筋ですから、腰痛やヘルニアを持っている人はV字腹筋をやられるべきではありませんし、正常な人でも、V字腹筋で腰に違和感があったら無理せずに休息を行いましょう。

V字腹筋で体幹を鍛える

V字腹筋で体幹を鍛えることが可能なのか?V字腹筋を行うと腹筋はもちろんですが、カラダ全体の筋肉をバランス良く鍛えることができ、体幹(インナーマッスル)についても鍛えられます。V字腹筋の角度を上げれば負荷が上昇します。

V字腹筋で腸腰筋を鍛える

V字腹筋で腸腰筋を鍛えることが出来るのか?V字腹筋で鍛えられる筋肉は、腹直筋だと言われることが多いのですが、実は、V字腹筋で腸腰筋が一番強烈に鍛えられます。ですので、腸腰筋が太っている原因になっている場合には、大きなダイエット効果が期待できます。

V字腹筋の吉川メソッド

V字腹筋の吉川メソッドとは、どのようなものなのでしょうか?

やり方

  • 仰向けになり、頭の上で手を組む
  • 首を上げて肩も床から浮かせる
  • ひざを軽く曲げて脚を垂直くらいまで上げる
  • 尾てい骨が少し浮いた状態にする
  • 背中を丸めて、ひざと顔をゆっくり近づけて1秒キープする
  • ゆっくり仰向けの状態に戻るが、肩は床に付けない
  • この一連の動作を、ゆっくり10回行う

V字腹筋の動画

普段あまり運動をしないような痩せる必要がある女性にも分かり易いように、正しいやり方を説明して来ましたが、実際に「V字腹筋」の動作を目で確認した方が分かり易いと思いますので、動画を貼り付けますので、参考にして下さい。

V字腹筋

どうですか?アナタがやってみた「V字腹筋」と比べてすごくないですか?この動画と同じように出来れば、あっという間にお腹の脂肪はなくなりますよ!

ん?そんなの無理だって?最初から諦めていたら、いつまで経っても「V字腹筋」が出来るようになりませんよ。

って別に「V字腹筋」が出来るようになりたい訳じゃないか!痩せたいだけですもんね。でも、お腹の脂肪を撃退したいなら…

「V字腹筋」が効果的なので、最初は不格好でも良いからとにかく始めてみましょう。出来ないと言ってやらないといつまで経っても出来ませんよ!

そう大切なのは、やり始める事です。「V字腹筋」が出来るようになるのが、目的ではありませんが、「V字腹筋」が出来るようになると自然と痩せる目的が達成できます。

そう、「V字腹筋」は目的ではなく、手段です。痩せる為の手段に過ぎません。そして、何よりもお腹に直接効くので効率的です。

普段忙しくて時間がない女性でも、「V字腹筋」なら短時間で出来るので問題ありません。これなら言訳も出来ませんよ!

痩せなくても生きては行けるから、様々な言訳をしてやらない女性は多いのです。「V字腹筋」はそんな女性たちの言い訳をぶった切ります!

根性論ではないですが、「V字腹筋」はちょっとやる気を出せば誰だって取り組めるんです。やるか、やらないかの二択だけです。

ちょっと難しいから不格好だっていいんです。「V字腹筋」をやり始めるのが大切で、綺麗に出来るかどうかは二の次です。

いいですか?体操選手の競技じゃないんで、「V字腹筋」が綺麗に出来なくても構いません。お腹周りの脂肪を撃退すればいいんです。

そう、目的は「V字腹筋」が綺麗に出来るんじゃなくて、「V字腹筋」によって、お腹周りの脂肪を綺麗に落とすんですよね?

ぶいじ腹筋より早く

あとからリバウンドして太るとかいうのも分かるけど、とにかく早く痩せたい!今すぐ、緊急で痩せないとまずい!水着になる・薄着になる・ウエディングドレスを着るなどなど、緊急で痩せたいならダイエット方法短期間ってのが重要ですよね?
ダイエット方法短期間で目標達成!

V字腹筋をしているのに筋肉がつかない

V字腹筋を頑張っているのに中々筋肉量が増えなくて、体脂肪率が下がらない!と嘆いているアナタは、もしかしたら栄養不足かも知れません。筋トレをいくら頑張っても、筋肉の材料であるタンパク質をはじめとした栄養が不足していれば筋肉量は増えません。

では、どうすれば良いのか?そんなアナタの悩みを解決してくれるのが、HMBサプリです。これを使えば筋肉がつき難い女性でも、体脂肪が落ちてダイエットが出来ます!

良いのは分かるけど同じようなHMBを使ったサプリが多すぎて、選ぶだけでも大変かと思います。ですので、多くのHMBサプリの中から、HMB配合量・続けやすさ・コスパなどの面から厳しく査定して、徹底比較ランキング記事を書いたので参照して下さい。

最も効果があるのはどれだ!
下記画像を今すぐタップ♪


V字腹筋
▶女性の筋トレダイエットに最適なサプリ!

V字腹筋で痩せる!ぽっこり女性がクビレを作るブログのまとめ

「V字腹筋」を行うことで、ぽっこり女性であっても、お腹周りが痩せる効果があります。当ブログで学ぶ「V字腹筋」で正しくダイエットすれば、憧れのクビレを作ることも可能なのです。ウエストは一番脂肪が付き易い部位でもありますので、特別な運動が必要です。

膨らみ過ぎでしょ

どうしてこうなるまで何もしなかったんだ?と言われても仕方がないような、ぽっこりお腹をへこませるにはどのような痩せる方法があるのでしょうか?
ぽっこりお腹をへこませる

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。

また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。