酵素の種類には、ヒトの体内にある消化酵素と代謝酵素、食べ物に含まれている食物酵素という3種類に大きく分かれるというのが酵素栄養学の一般的な考え方です。
酵素の種類一覧

酵素の種類とは?

さらにいうと、人間のカラダが作り出す酵素の種類としては、3,000種類以上もあると言われています。腸内フローラの善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌に多くの種類があるように酵素にも多くの種類がありますね。

体内酵素の代謝酵素は、自然治癒力や細胞再生に関わり、生きて行くために必要な酵素だと言えます。消化酵素は、食べ物や飲み物を消化、吸収する時に消化器官で分泌されて働きます。これらの酵素たちは種類によって、どのような働きに違いがあるのでしょうか?

ダイエット先生ダイエット先生

酵素は生命活動をスムーズに行うための触媒として働くサポート役です。

多孔質,多非晶質レーヨンに担持したフタロシアニン誘導体により,チオール,アミンなどの悪臭成分の除去機構を速度論的に解析し,酵素類似の反応機構で除去できることを明らかにした.

酵素は膨大な数の種類

酵素は生体内で作られるたんぱく質で、生体内の化学反応に対して触媒の機能があります。生物が生きていくために、生体内でおこる化学反応は膨大な数があり、それに伴って酵素もやはり膨大な種類があります。
酵素の種類一覧
細菌のような単純な生物でも1000種類以上の酵素を必要としています。これを分類すると、触媒する化学反応の型によって6つに分けられ、さらにそれが細分化されていますが、現在でも研究が進むにつれて新しい酵素が発見されて増え続けています。

生物が生きていくためには無数の化学反応を繰り返さなければなりませんが、その化学反応を触媒として進行させる役割をもったたんぱく質が酵素であり、生体内で作られます。人工的に取り出して、さまざまな健康促進のサプリメントも作られています。

健康増進の目的によっても化学反応が異なりますし、同じ目的でも生体内でいくつもの種類の化学反応が必要なため、販売されているサプリメントの中には数十種類から多いもので数百種類含まれているのが普通です。

もちろん含まれている種類が多ければ多いほど効果があると思われるので、サプリメントを選択するときには、何種類の酵素が含まれているかを確認するといいでしょう。

酵素の種類を分類するec番号

酵素は生体の内部で行われる化学反応に対して触媒として機能する分子で、その働きや対応する物質によって多くの種類が存在します。その数があまりに多いため、そのままでは明確な区別ができずわからなくなります。
酵素の種類一覧
そこで国際的に決まった分類方法をするために作られたのがec番号です。ecはEnzyme Commission(酵素の働き)の頭文字をとったもので、文字どおり酵素の反応形式によって分類されて、4組の番号がつけられています。

4組ある最初の番号は6まであり、1が酸化還元反応を触媒とするオキシドレダクターゼ、2が分子の転移を行うトランスフェラーゼ、加水分解反応は3のヒドロラーゼです。

4は原子団の結合や解離に使われるリアーゼ、5はイソメラーゼで分子の異性体を作ります。加水分解エネルギーを利用して、2つの分子を結合させるリガーゼが6です。

このようにして反応ごとに数字を割り当て分類することで、数字を見るだけでその性状がわかるようになります。この数字は個々の酵素を分類するわけではなく、あくまでも反応によるグルーピングです。

そのため同じ番号を持つ違う酵素も存在します。それぞれの酵素を区別するのは数字ではなく名前と言うことになります。

数多い酵素の種類の覚え方

酵素はたんぱく質の一種で、生体の消化や代謝に対して関与する重要な物質です、発見されているだけでも10万はあると言われています。一つの酵素は基本的に一つの働きしかしません。
酵素の種類一覧
そのため反応によって大まかなグループに分けることができます。ただし、その反応だけでも3,000種類ほど発見されているため簡単に覚えることができません。そこで利用されるのがec番号です。

ec番号を使えば、反応によって分けることができ、さらに割り振られた数字によってどのような反応かがわかります。覚え方としてはecの後に続く4組の数字を使います。

1番目が酵素の分類主群、2番目が副群、3番目が副々群、4番目が副々々群となっています。この番号を覚えることで反応がわかるようになり、その酵素のおおよその性状が理解することができます。

名前だけではよくわからない酵素もこの番号があればおよその見当をつけることが可能です。国際生化学連合が提案したもので国際的に共通の分類になります。

そのため名前がわからなかったり、国によって呼び方が違っても、数字が同じであれば同じ反応をすることがわかります。種類が多いものを扱うに当たって、とても合理的な覚え方です。

酵素ドリンクという名前の健康食品の種類

魅力的な体形を維持するためにも、普段から多くの女性がダイエットをしています。しかし毎日しっかり運動をする時間が取れない方や、食事を行う時間帯が不規則になってしまう方も多いので、どんなダイエットも途中で挫折してしまう方が多いのです。
酵素の種類一覧
そんな悩みをお持ちの方におすすめなのが、酵素ドリンクを利用した置き換えダイエットを利用することをおすすめします。

酵素ドリンクという名前の由来は、野菜や果物など豊富な種類の材料から抽出された栄養素や酵素成分が凝縮されて配合されているので、1日3食分の食事のうち一食分を酵素ドリンクに置き換えるだけで簡単に1日のカロリー制限を行うことが可能となります。

ドリンクタイプなので、短時間で摂取することが出来ますし、粉末タイプから濃縮タイプまで様々なスタイルがあるので自宅で使用する物と、外出先で使用する物と使い分けをすることが出来るのも魅力の一つとなっています。

ただ水や炭酸水だけで割って飲んでいると、どうしても味に変化を出すことが出来ないので、空きてしまう方も少なくありません。そこで豆乳や牛乳に割って飲んだり、ヨーグルトにかけて食べるなど、様々な食べ方で味に変化を出していくと続けていきやすくなります。

生物の生活に必要な酵素の種類

酵素は、生物が生きていく上でなくてはならないものです。生体で起こる化学反応の全てに対して触媒として機能する分子です。その酵素自体はたんぱく質を基にして構成されています。
酵素の種類一覧
生物が消化し、吸収、分布、代謝、排泄の全過程において関与しています。いろいろな過程に関与しますが、1つに対して1つの働きしかありません。体内には数多くの種類が存在していることがわかっています。

酵素はその働きによって分類することが可能です。食べ物を消化吸収するために使われるのが消化酵素です。消化する栄養素の種類によって対応するものが異なります。

例えばデンプンは、唾液に含まれているアミラーゼ、たんぱく質は胃液にあるプロテアーゼ、膵液に含まれるリパーゼは脂肪を分解します。

アルコールの分解に使われるのはアセトアルデヒド脱水素酵素です。消化されて吸収された栄養を代謝に使うのが代謝酵素です。新陳代謝を促すことや不要なものを汗や尿にして排出する働きがあります。

また怪我や病気の治癒にも使われたり、免疫力を高めることも重要な機能です。そのほかに食物に含まれている食物酵素もあります。いろいろな種類があるため体の働きを助けてもらうためにバランスよく摂取することが重要です。

生化学の世界に多くの種類存在している酵素

生化学からの見地では酵素は、生体内で反応する触媒としての役割を担っています。本体成分は主にタンパク質から構成されていて、この作用を受けることによって変化する物質のことを基質と呼んでいます。
酵素の種類一覧
そして酵素は働きかける相手が限定されていて、このことを基質特異性と呼び単体としての種類は何千種も確認済みです。独特の立体構造を有していて基質と作用する特定の部分が存在していてこの部分は活性部位と名付けられており、

この部位を通して基質と酵素が一体となって酵素基質複合体を形成します。この結果基質は分解されるのですが、酵素の方は複合体になる前と機能構造に変化はありません。

このような性質から触媒として機能していると定義されました。主成分がタンパク質なので熱や光、酸やアルカリなどの影響を受けやすい点に一般的に連想される触媒と違って注意が必要になってきます。

さらに温度によって活性の度合いが変化してきます。最も機能的に作用する温度のことは最適温度とされていてタンパク質という性質からも考えて35度から40度くらいが最適温度になっています。

高温で機能を失ってしまった場合は復活することはありません。また酵素の働きを補助する役割を担っている補酵素も存在しています。

体内酵素の種類について

酵素は人が生きて行く上では欠かせない存在です。酵素と言っても種類があり、大きく分けると体内酵素と体外酵素の2つに分けることが出来ます。
酵素の種類一覧
体内酵素は身体が自ら作り出す酵素のことを意味しており、体内酵素を分けると消化酵素と代謝酵素の2つの種類に分けられます。食事をすると食べ物は口の中で噛み砕かれ、胃の中で消化、小腸を通った後は大腸で栄養が吸収される、この時活躍するのが消化酵素です。

消化酵素の働きには、糖分を分解してブドウ糖や麦芽糖に変化させるアミラーゼ、タンパク質やペプチドを分解してアミノ酸に変化させるプロテアーゼ、脂質を分解して脂肪酸に変化させるリパーゼは、消化酵素の働きで生じるものです。

一方、代謝酵素は消化酵素が分解して作り出した栄養分を、体内の細胞組織に届ける働きを持つものです。細胞に栄養が届くとエネルギーとなり、活力を生み出すことが出来るようになります。

新陳代謝を高め、骨や皮膚、血液を作り出す、余分な毒素を排出する、余分な脂肪を分解するなど、体内環境が整えられるので免疫力もアップします。

尚、二つの酵素はバランス良く使われることが望ましく、食べ過ぎなどで消化酵素を多く利用すると代謝酵素の量が減るなどで肥満に繋がります。

酵素の種類と働きにはどんなものがある?

酵素とひと言で言っても色々と種類があります。酵素は元々たんぱく質の一種ですが、約3000種類を超えるとも言われているのです。その個々が違う働きや動きをすることで、身体の健康が保たれています。
酵素の種類一覧
代表的なものとして、消化酵素・代謝酵素・食品酵素などに分かれます。消化酵素はその名の通り、消化吸収をスムーズにする働きがあります。

代謝酵素は消化酵素が分解し作った栄養素を、体内にある細胞へ送り届ける役割をします。骨や血液を作ったり、新陳代謝を活発にしたりする手助けをしてくれるのです。この2つは体内酵素と言われて身体の中に存在しています。

食品酵素は体外酵素と言って、身体の中には無く食品に含まれているものです。摂取することで消化酵素の働きを抑えてくれ、抑えられた分代謝酵素を使うことができ、ダイエットなどにも効果を発揮してくれます。

食品酵素は熱に弱いため、生での摂取が良いとされているのです。身近な食べ物に多いですが、食べ方にも注意するとより効果的に働いてくれるでしょう。

このように酵素と言っても、存在している場所によって働きは違ってくるのです。酵素の種類と働きを良く理解する事で、ダイエットや健康的な身体作りに役立てることができます。

体内酵素の種類の中の代謝酵素について

酵素は生命維持において必要不可欠な物質でです。健康や美容に大きなサポート力となり、人間が基本的なせいk津をしていく上で重要な働きをするものです。
酵素の種類一覧
酵素には体外酵素と体内酵素という種類があります。その体内酵素では消化酵素と代謝酵素があり、補い合いながら生命活動を維持している仕組みです。

ここではその中の代謝酵素について説明をしていきます。代謝酵素は代謝をコントロールする酵素であり、吸収した栄養素を体全体に送り出す働きを担っています。また免疫力を上げてホルモンのバランスを整える働きもあるのです。

そのため病気に打ち勝つためにはこれが必要不可欠です。更に新陳代謝や体内の毒素を体外へ排出する働きもあるので、これが減少してしまうと様々な病気や老化を引き起こすことにつながります。

代謝酵素が十分に体内にあれば、病気の原因である老廃物を排出させて、更に細胞の活性化につながることでアンチエイジング効果やダイエット効果も得ることが出来ます。

酵素は様々な食品に含まれていますが、効率的に摂れる方法としてサプリがあります。毎日の必要量を確実に摂れるので健康や美容に大きな効果となり多くの方が利用して人気が高まっています。

食物酵素にはいろいろな種類があります

体外にある酵素には食物酵素があり、いろいろな種類があります。食物酵素は消化を助けたり摂取することによって体内の消化酵素などの消費を抑制することが可能です。
酵素の種類一覧
消化酵素の消費を抑制した分、代謝酵素を使用することができ新陳代謝やデトックスが活発になるので痩せやすい体質に整えることができます。

食物酵素は野菜や果物などの身近な食品に含まれていて、熱に弱いので加熱してしまうとせっかくの栄養素がなくなってしまいます。そのまま生の状態で食べることによって食物酵素を摂取することが可能です。

酵素を多く含む食品には例えばパパイヤやバナナ、キウイやリンゴなどの果物があります。野菜の場合はアボカドや大根、ニンジンやセロリなどがあげられるでしょう。

パパイヤは特に酵素の王様と呼ばれているほど酵素をたくさん含んでいて、パパイヤに含まれている「パパイン」と言われている酵素は医薬品にも指定されているほどです。

バナナは手軽に食べられますが青いものより完熟している黒く変色したものの方が多く酵素を含んでいます。リンゴは赤より青リンゴの方がダイエットに効果的で、プロシアニジンを含んでいるので便利です。皮に栄養素が多く含まれていて皮ごと食べるようにしましょう。

酵素の種類と作用を知っておこう

一口に酵素といってもその種類はいくつかあり作用も違ってきます。大きく分けるとするならば、体内酵素と体外酵素のふたつに分けられています。
酵素の種類一覧
体内酵素は、人間の身体が自ら作り出している酵素のことを指します。この体内酵素にはさらに消化酵素と代謝酵素があり、それらはお互いに補い合いながら生命活動を維持している仕組みです。

それぞれの酵素の種類と作用を見ると、消化酵素は食べ物を消化するのにとても大切な酵素です。そしてもう一つの代謝酵素は、消化酵素が分解した栄養素を身体にある細胞へと届ける役割を担っています。

この酵素は、体外酵素の代表的なものとして挙げられる食物酵素によって補うことができます。食物酵素は私たちが普段摂取している果物や野菜などといった、身近な食材に多く含まれているものです。

ただ、熱に弱いという性質ももっているため加熱してしまうことでは補えません。生のまま食べることで、食物酵素を効果的に摂取することが可能となっています。酵素を多く含むミソなどの発酵食品を摂取することでも有効です。

効率よく食物酵素を補うためにサプリメントなどが開発されており、摂取することによって身体に不可欠な酵素を有効に摂取することができます。

酵素の種類一覧と数がスゴイ!ヒトの生化学にて異常な働きで触媒するのまとめ

酵素はヒトの体内に3000種類以上の数があり代謝酵素や食物酵素などは大まかな区分けに過ぎない。異なる化学反応を触媒とする常識外れの働きをするものもあり、温度に弱いから扱いにくいと安易に判断できない。酵素の種類一覧を使った覚え方と生物への特徴的な作用を考察!

医師も認める酵素とは?

酵素を摂取する時に、健康増進やダイエットなどに効果があるものなのに添加物が入っていたり、栄養素が水分などで薄められていたら意味がありません。
酵素は効果なし
ですので、無添加で野菜や果物、野草、漢方などから摂取した酵素をギュッと濃縮して、何も加えていない酵素食品を選ぶ必要があります。そんな酵素食品を厳選してランキング化したのが下記の特集記事です。

下記画像を今すぐタップ♪

ランキング
▶無添加な酵素をギュッと濃縮