太りたいのに太れない女性なんているの?と多くの女性は思うかも知れません。なぜなら、ここ日本において痩せてる女性が綺麗だと言われて太った女性はダイエットを頑張るという図式が常識となっているのだから当然です!
太りたいのに太れない女性

太りたいのに太れない女性の悩みとは?

そんな風に多くの女性が思っているのに、太りたいのに太れない女性は、ダイエットして痩せるのとは真逆である太りたい!と考えているのだから、誰にも理解されずに一人悩むしかありません。

秋や冬であれば服装で誤魔化せる痩せ過ぎの悩みも、暖かくなって来ると誤魔化せなくなります。スリムを通り越してガリガリな体型では、不健康で貧相なイメージで見られてしまいますよね?

先生

太りたいのに太れない女性が健康的に太るには3つの視点から対策を練る必要があります。

「現在より太りたい」と志向している率は、男の「痩せ群」(47%)に比べて女の「痩せ群」(5%)で有意(p<.05)に低かった。理想の美容体型として、筋肉質体型を選んだ率は男(84%)、女性(52%)だった。「痩せ群」についてみると男に比べて女で細め日のシルエットを志向している割合が高かった。

太れない女性の3視点

太りたいのに太れない女性はどのようにすれば太れるのか?太りたいのに太れない女性は、デブになりたいのではなく、健康的に太りたいので、その点を考慮して考えて行きます。

太りたいのに太れない女性

太る方法1:体力

太りたいのに太れない女性が太る方法一つ目は、体力です。太りたいのに太れない女性の多くは、突然ガリガリになったというよりも、小さい頃からガリガリで太れなかったという経歴があります。

太りたいのに太れない女性

小さい頃には、体育の時間などで運動を強制的にやらされますが、この時にも太りたいのに太れない女性は、体力がなくてすぐにバテテしまう傾向にあります。

要するに体力が不足しているので、太りたくても太るだけの栄養が不足してしまうです。食べ物や飲み物から得られる栄養は、まずは生命維持に使われます。

ここで多くの栄養が使われると太りたくても、太るだけの栄養がないので太れないとなります。じゃあ、体力をつけようと頑張るのですが、そもそもの体力が不足しているので中々体力が向上しません。

このような悪循環で太りたいのに太れない女性は、小さい頃からずっと太れないのです。じゃあ、このまま体力を向上させられないのか?と諦めてはダメです。

体力は一日や二日でどうにかなるものではありません。体力も体質改善の一つですから、ゆっくり時間をかけて改善させるゆとりを持つことが大切です。

では、体力をつける為の運動として、まず何から始めれば良いのか?それが、スクワットです。自宅で省スペースで可能なので、毎日行えますし、筋力と循環機能の両方が鍛えら、体力がつきやすいのです。

太る方法2:食事

太りたいのに太れない女性が太る方法二つ目は、食事です。太りたいのに太れない女性の多くが、そもそもの食事量が少なく太れないのは当たり前と周りから言われても仕方ない状態です。

太りたいのに太れない女性

でも、いっぱい食べようと思っても、食べられないものは食べられませんよね?太りたいからと言って、無理矢理食べても太れるわけではありません。

そもそも、それで太れるのなら、太りたいのに太れない女性のままで悩んでいるはずもなく、ほどよく肉がついて健康的なスタイルになっているはずです。

じゃあ、どうすれば良いのか?先ほどの体力作りとも関連するのですが、良質なタンパク質とビタミンを摂取する食事を心がけます。でも、タンパク質が豊富な肉って苦手なんだよね…

という声が聞こえて来そうですね!確かに、タンパク質と言うと肉のイメージがあると思いますが、タンパク質を含む食品は、肉ばかりではありません。

むしろ肉にはタンパク質だけでなく、カラダに悪い脂肪が多く含まれているので、避けてもらって構いません。肉以外でタンパク質を摂取するには、魚や大豆などが良いですね。

魚からタンパク質を摂取すると同時に良質な脂肪も摂取できます。また、大豆からタンパク質を摂取すると女性ホルモンを補助する大豆イソフラボンも摂取できます。

低下した女性ホルモンを補うには、大豆イソフラボンを腸から吸収する際に、エクオールとして吸収する必要があります。その為には、大豆製品を積極的に摂取し、フラクトオリゴ糖を多く含む食品を一緒に食べると効果的です。

フラクトオリゴ糖を多く含む食品には、玉ねぎ・ゴボウ・トマト・にんにく・バナナ・アスパラガス・ねぎ・チコリ・大豆などがあります。これに加えて腸内環境を整える体質改善も必要です。

このような事から、太りたいのに太れない女性が太る為には、魚や大豆から多くのタンパク質を摂取するような食生活を送ると良いと考えられます。

太る方法3:腸内環境

太りたいのに太れない女性が太る方法三つ目は、腸内環境です。太りたいのに太れない女性は、どんなに食べても太れない場合が多いのは、腸内環境に問題があると考えられます。

太りたいのに太れない女性

消化不良や食欲不振が小さい頃から続き、年齢を重ねて女性ホルモンの影響も受け、生活習慣やストレスなどで心身への負担が大きくなって、どんどん太れない悪循環になって行く…。

健康的に痩せているのなら良いけれど、ガリガリで不健康そうに見え、実年齢よりも老けてさえ見える!だから太りたいのに、太れない!どうすればいいの?

太りたいと悩むアナタの太れない体質は、長い時間をかけて作られて来ました。長い時間をかけて作られた体質は、すぐには変わらないと覚悟する必要はあります。太りたいのに太れない女性は、どんなに食べても太れない場合が多いのは、腸内環境に問題があると考えられます。

良質な栄養素を含む食品を食べても、腸内環境に問題があれば、十分に栄養が吸収できずに便として排出されてしまいます。腸内細菌によって栄養の吸収がブロックされたら、太れるわけがありません。

このような腸内環境を改善して、必要な栄養を吸収できるようにする必要があります。また、栄養の吸収が難しいような腸内環境においても、栄養が吸収できるような超低分子なものである必要があります。

これに加えて、内臓に負担のかかる添加物が入っていないことも重要で、体質改善をしながら、カラダに負荷がかからず、出来る限り多くの栄養を吸収できるようなものでなければなりません。

このような厳しい条件を満たすのが、MRE新酵素が含まれるMREビオスです。MRE新酵素は、日本国内の特許だけでなく、国際特許も取得済みなので、他では真似することができない唯一無二の存在なのです。

MRE新酵素には、細胞内のゴミ掃除・栄養素を隅々まで届ける・腸内フローラを整え免疫アップ・超低分子なので吸収率が高いという特徴があり、太りたいのに太れない女性にピッタリなのです。もっと知りたいなら、下記画像を今すぐタップ♪


太りたいのに太れない女性

太りたいのに太れない女性の悩み!3つの視点で健康的に生まれ変わるのまとめ

太りたいのに太れない女性は、世間が思っているよりずっと多く、痩せたい人よりも悩みが深いのが特徴です。太りたいのに太れない女性が健康的に生まれ変わるにはどうすれば良いのか?3つの視点から考えて行きます。

太りたい女性が太るための最終手段

食事改善や運動などを頑張ってみたけど、やっぱりガリガリのままで全然太れない!そんな悩める女性に朗報です。今まで何をやっても太れなかった女性がウソみたいに、ふっくら出来たと言うのがコレです!