アトピー性皮膚炎の治療にステロイドはダメ?

アトピー性皮膚炎の治療に病院を訪れるとステロイド剤(軟膏)を処方されるのが一般的です。このステロイド剤を使って、アトピー性皮膚炎は治りましたか?

アトピー性皮膚炎の治療

ステロイド剤を使うとアトピー性皮膚炎が治る・完治するどころか、悪化したという話を良く耳にします。アナタもそうではありませんか?お子さんの場合は、かきむしって更に悪化される場合が多いようです。

アトピー性皮膚炎を治療する名医の方たちは、ステロイド剤を使わずに完治を目指します。そんな名医の方たちが語る3つの原因から、アトピー性皮膚炎を治す方法を導き出されます。

先生

アトピー性皮膚炎の治療には、根本原因を解決することが大切です。そうでなければ対処療法でしかなく、いつまでも治りません。

名医が語る3つの原因

アトピー性皮膚炎になるのは、何らかの原因があるはずですよね!多くの皮膚科では、アトピー性皮膚炎の患者にはステロイド剤が処方されますが、それを良しとしない名医たちは、アトピー性皮膚炎の原因をどう考えているのでしょうか?

アトピー性皮膚炎の治療

原因1:アレルゲン

アトピー性皮膚炎になる原因の一つ目は、アレルゲンです。アレルゲンというのは、アトピー性皮膚炎の症状を出す原因となる物質を言います。

アレルゲンには、食事・ダニ・ホコリ(ハウスダスト)・カビ(ピティロスポルム(マラセチア)が急増)・花粉・動物の毛やフケなどがあります。

対策

アトピー性皮膚炎になる原因にはアレルゲンがあり、アレルゲンの多くは室内を清潔に保つことで少なく出来ると考えられます。毎日の掃除を欠かさず、空気清浄機などでハウスダストなどを排除します。

食事改善

アトピー性皮膚炎になる原因にはアレルゲンの中でも、他と異なるのが食事です。どんなに綺麗な環境にいても、食事がアレルゲンになっていたら意味がありませんからね!ファストフードは特に気をつけましょう。

アトピー性皮膚炎の治療

では、アトピー性皮膚炎の症状が出ないような食事改善をするには、どうすれば良いのでしょうか?アトピー性皮膚炎の発症原因となるのは、高カロリーの植物油(リノール酸)や過剰な動物性タンパク質です。

これらを全てカットするのは、難しいですが食べる量を少なくしたり、食べる回数を少なくするなどして、少しずつ摂取量を減らすことでアトピー性皮膚炎の症状が軽減されて行きます。

  • 食物油:大豆油、ごま油、なたね油、紅花油へナフラワー遁、米油など
  • 食物油を含む食べ物:揚げ物、マーガリン、ドレッシング、マヨネーズ、食物性クリーム、インスタントカレールー、グラタンの素、シチューの素、インスタントラーメン、シーチキン、スナック菓子、クッキー、ドーナツ、菓子パンなど
  • 動物性タンパク質:焼肉、ハンバーグ、ハム、ソーセージ、卵料理など
  • 原因2:刺激物

    アトピー性皮膚炎になる原因の二つ目は、刺激物です。アレルゲン以外の刺激物もアトピー性皮膚炎の症状を発症する原因になります。これは日常生活に直結するので、改善が難しいのです。

    アトピー性皮膚炎の原因になる刺激物には、石鹸、洗剤、化粧品、入浴剤などの化学成分、添加物、乾燥、汗やアカ、汚れ、衣類の摩擦などがあります。これ以外にも過労やストレス、睡眠不足、緊張、悩みなどもアトピー性皮膚炎の原因になります。

    対策

    アトピー性皮膚炎になる原因になる刺激物は、生活に密着しているものばかりですので、かなり気をつけないと症状を抑えるのは困難です。

    アトピー性皮膚炎の症状が出る刺激物は、直接肌に触れるものばかりです。まず、洗濯に使う洗剤や手やカラダを洗う石鹸などは、刺激が弱い天然素材が使われたものを選びます。

    入浴剤については余計なものが入っていないものを手に入れるのが困難なら、使わない方が良いです。衣類の摩擦を完全に避けるのは無理ですが、肌への刺激が少ない素材の服を選ぶことは出来ます。

    保湿

    アトピー性皮膚炎になると、皮膚のセラミドが減少するので、水分が蓄えられません。乾燥は痒みに繋がり、衣類の摩擦などで更に痒みが強まって、かきむしる原因になります。ですので、症状が落ち着いている時に、保湿するようにします。

    原因3:体質

    アトピー性皮膚炎になる原因の三つ目は、素因とも言いますが、本人や家族がアレルギー性の病気を持っていたり、アレルギーに関連する免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質を持っている場合です。

    アレルギー性の病気というのは、アトピー性皮膚炎だけでなく、アレルギー性鼻炎や喘息、結膜炎などです。このようなアトピー性皮膚炎の素因を持っているとアトピー性皮膚炎になりやすい原因になります。

    対策

    アトピー性皮膚炎になる原因の最後に挙げられた体質ですが、ここが最も重要です。なぜならば、同じアレルゲンや刺激物に触れたり、摂取したりしても、アレルギー体質でなければアトピー性皮膚炎の症状が発症しないからです。

    どんなに汚い部屋に住んでいても、どんなにカラダに悪い食事をしていても、アトピー性皮膚炎にならない人は大勢います。それはなぜなのか?アトピー性皮膚炎になる体質ではないからです。

    ですので、アトピー性皮膚炎を完治させるには、根本原因となる体質改善を行うしかありません。でも、体質改善って具体的にどうすれば良いのか分かりませんよね?

    この体質改善に使えるのが、国際特許取得済みのMRE新酵素が含まれたMREビオスです。このMREビオスは、体質改善自然免疫力強化を目的に開発された酵素液です。

    体質改善に使う為、無添加で原液100%なだけでなく、発酵に糖類を使わず、酵素の原材料にも糖になるものが含まれていません。

    発酵に糖類が使われていないだけなら他にも存在しますが、酵素液に糖類が含まれていないなんて他に聞いた事がありません。通常の酵素液であれば、発酵時に糖類を使っていなくても素材に野菜や果物などの糖質が含まれているからです。

    糖質は人間にとって必要なものですが、糖によってカラダの中にあるタンパク質が糖化して糖化タンパク質になります。タンパク質が劣化して糖化タンパク質になると、血管が衰え老化が促進されて、免疫力が低下します。

    体質改善を行おうとしているのに、糖質が含まれたものを摂取すれば、免疫力が低下して体質改善どころか改悪されてしまいます。これでは意味がありませんよね?

    このような糖化による老化対策にもなるMREビオスであれば、普段の食生活にプラスするだけで、カラダへの負担もなく、ノンストレスで取り組める体質改善が行えます。

    また、MREビオスは、医療機関でも使われているので、信頼と実績は桁違いです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さいね!


    アトピー性皮膚炎の治療

    症状の経過【写真】

    MREビオスを使って、アトピー性皮膚炎が改善された症例写真です。但し、これは個人の症例であり、効果が保証されているものではありません。この症例では当初ステロイド剤を使っていましたが、1ヵ月経過後からは使用を中止しています。

    アトピー性皮膚炎の治療

    アトピー性皮膚炎の治療にステロイドは逆効果!名医が語る3つの原因のまとめ

    アトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤(軟膏)は逆効果です。名医が語る3つの原因から、アトピー性皮膚炎の完治を目指します。食事や入浴剤、ダニやカビだけではありません。対処療法ではなく根本から治る方法でなければ意味がありません!

    薄毛というと脂ぎったおっさんのイメージが強かったのですが、色んな意味で女性の男性化が進んだ現代においては、20代の若い女性までもが薄毛に悩んでいます。ただし、女性の薄毛は男性と違い抜け毛よりも毛髪が細くなるという特徴があります。


    女性の薄毛対策治療は治る克服スレ
    ▶女性の薄毛対策治療は治る克服スレ

    カラダがかゆくなる乾燥肌以外の原因

    肌が乾燥してかゆいというのは分かるけど、乾燥しているからクリームなどで保湿を行ってもかゆいことってありますよね?このようなかゆい原因は、どんな理由なのでしょうか???

    タイプ カラダの状態
    アトピー性皮膚炎の治療
    かゆくなる人
    血行が悪いので血流の遅い
    アトピー性皮膚炎の治療
    かゆくならない人
    血行が良いので血流の速い

    寒い外では冷えたカラダを温めるため、より多くの熱を運ぼうとします。ホースを抑えると水の勢いが増すように、血管を圧縮して血流を速くします。

    寒い屋外から温かい室内に入ってカラダが急激に温まると圧縮されていた血管が反動で大きく膨張します。この際に皮膚の近くにある神経に触れてしまいカユミが発生します。

    血管の収縮によるかゆみ対策

    かゆくなった場所を水で冷やします。水をかけにくいところは、水の入ったペットボトルを当てることで同様の効果が得られます。これは、水で冷やすと血管が元の太さに戻るので神経を刺激しなくなってかゆみが治まるのです。

    血管の収縮によるかゆみの根本対処

    水をかける対策は、対処療法でしかありません。根本原因は、血行の悪さにあるのですから血行を良くする必要があります。

    対策1:血行を良くする食べ物

    血行を良くするための食べ物としては、シナモンがあります。小さじ一杯(3グラム)程度を毎日摂取することで血行が改善されます。トーストやココアなどにかけると良く合います。

    対策2:血行を良くするマッサージ

    血行を良くするマッサージとして、太ももの大きな筋肉をほぐすというものがあります。やり方は下記の通りです。

    1. 両手で太ももの付け根を握る
    2. 握る時のチカラ下限はスポンジが潰れる程度
    3. 握った手を前後に10回
    4. ねじる様に左右に10回
    5. 反対の足も同様に朝と夜の2回行う

    アトピー性皮膚炎の医師・病院

    アトピー性皮膚炎の医師・病院としては、東京医科大学病院の坪井良治医師や

    帝京大学医学部附属病院の小林茂俊医師、

    慶応義塾大学病院の天谷雅行医師などがいらっしゃいます。

    アトピー性皮膚炎に効く他の方法は?

    アトピー性皮膚炎にステロイド剤は逆効果というのは分かったけど、じゃあ、アトピー性皮膚炎に効く、体質改善効果があるものはないのだろうか?というアナタの為に、アトピー性皮膚炎の治療に有効なランキング記事を作りました。
    アトピー性皮膚炎の治療に有効なのは?