ダイエットするなら脂肪燃焼ゾーンで脂肪を燃焼させる?させない?

有酸素運動を行う場合のポイントとして、脂肪燃焼ゾーンで運動を継続するというものがあります。この脂肪燃焼ゾーンというのは、最大心拍数の65%~70%程度のことを指します。ですが、ダイエットしたい場合には、この脂肪燃焼ゾーンに執着する必要はなく、体重を減らす要因は他にあるとするのが、この指摘内容です。
有酸素運動

エネルギーとして何を消費するかより、カロリー消費量が重要

ダイエット先生ダイエット先生

運動をするにはエネルギーが必要なのは、知ってるよね?


リバウンド女子リバウンド女子

は~い、知ってます。だから、ご飯を食べるんですね。


ダイエット先生ダイエット先生

まぁ、間違ってはいないわね。エネルギー源ってどんなものがある?


リバウンド女子リバウンド女子

え~と、糖分とか脂肪分とかですよね?


ダイエット先生ダイエット先生

そうね、糖分については、脳の唯一のエネルギー源だから、特に気を付ける必要があるのよ。


「重要なのはエネルギー源ではなく、カロリーの総消費量」という口コミがあります。エネルギー源というのは、運動をする為に何を使ってカラダを動かすのかということです。このエネルギー源として、糖分を使えば、摂取した糖分が消費され、脂肪分を使えば、摂取した脂肪分が消費されます。ですが、このエネルギー源ではなく、カロリー消費量が痩せる為には、重要であるという口コミです。

高強度のトレーニングが消費カロリーを増加させる

「トレーニングの強度が高いほど、トータルの消費カロリーが多くなる」という口コミがあります。有酸素運動でも、無酸素運動でも、トレーニングを行う場合には、強度が存在します。筋肉に対して弱いチカラで運動を行えば、強度は低く、逆に強いチカラで運動を行えば、強度は高くなります。この高い強度でトレーニングを行うことで、運動による消費カロリーが多くなるという口コミです。

トレーニング完了後も脂肪燃焼が、24時間まで継続する

「脂肪の燃焼はトレーニング終了後、最大で24時間持続する」という口コミがあります。筋トレなどの無酸素運動では、基礎代謝をアップさせて、カロリー消費をアップさせますが、ジョギングなどの有酸素運動では、運動時の消費カロリーがポイントになります。ですが、脂肪の燃焼は、運動時だけでなく、トレーニング完了後、長い場合には、24時間継続して脂肪燃焼が行われるという口コミです。

高強度なら脂肪燃焼が早いが、怪我のリスクが高まる

「高強度のトレーニングを行う場合には、疲労や怪我などのリスクが伴うが、脂肪の燃焼が早い」という口コミがあります。低強度のトレーニングに比べ、高強度のトレーニングは、どうしても怪我などのリスクが高くなります。例えば、ランニングマシンであっても、速度を早くしたり、傾斜をきつくすれば、強度が高くなりますが、怪我をする可能性が高くなるということです。

有酸素運動も無酸素運動も高強度の方が効果が高い

これは、筋トレなどの無酸素運動においても同様です。10キロの重さを扱うより、20キロの重さを扱う方が、強度が高くなり、脂肪燃焼も、基礎代謝も、筋力アップも増大しますが、疲労が溜まり易く、怪我のリスクも高まります。ですので、初めは強度を低くして、正しいフォームを身に着けることから始めることが重要です。

トレーニング強度を交互に変え、疲労回復に努める

「低強度と高強度の運動を交互に行い、体が回復する十分な時間を与えるのが良い」という口コミがあります。疲労回復という面を考えるならば、この口コミのように、高強度と低強度のトレーニングを交互に行うことで、低強度のトレーニング時に疲労を十分に回復させるという方法も一案です。無理をすると怪我をして続けることが難しくなるという口コミです。
ダイエットに失敗し、リバウンドして太りやすくなってしまったアナタの体質を変えることです。

ダイエットに失敗し、リバウンドして太りやすくなってしまったアナタの体質は、太りやすく痩せにくい代謝が悪い状態になってしまっています。その体質を変えるのに有効なものとして考えられるのが、酵素ドリンクです。
カレーは飲み物
酵素ドリンクには、野菜や果物そして野草などから抽出した栄養素や酵素が豊富に詰まっています。この酵素ドリンクを飲むことがリバウンドにどう関連して来るのでしょうか?

ダイエットに失敗し、太りやすくなってしまったアナタが脂肪を落とす為に重要なのは、代謝を上げて太りにくい体質を作るということです。代謝を上げる為には筋トレをすることも大切ですが、カラダに必要な栄養や酵素を摂取することも重要なのです。

栄養や酵素が不足すれば、健康なカラダを作ることができず、酵素も無駄遣いされて代謝も低下して太りやすくなってしまいます。そのような状態になり、リバウンドしない為に、まず最初にやるべきなのが、酵素ドリンクを飲むことなのです。

リバウンド女子リバウンド女子

体質改善がダイエットの鍵だよね!


酵素ドリンクを飲むことによって、カラダに必要な栄養素と酵素を摂取することができ、代謝が正常に行われるようになって、太りにくく痩せ易い体質に少しずつ変化して行きます。

でも、酵素ドリンクって色んな種類があって、どれを選んだら良いかわからないと思うかも知れません。酵素ドリンクに限らず、アナタが買い物をする時に優先する項目は何でしょうか?

酵素ドリンクの各項目についてランキング化することによって、アナタが優先する項目に最適な酵素ドリンクをBEST3までのランキングにし、選びやすくした記事がありますので、下記を参照して下さい。


優先項目別の酵素ドリンクBEST3!下記画像を今すぐタップ♪
カレーは飲み物


脂肪燃焼ゾーンが脂肪を燃焼するは嘘?ホント?のまとめ

有酸素運動によるダイエットで痩せる為には、脂肪燃焼ゾーンが脂肪を燃焼させやすいので、この心拍数を維持することが重要だという話があります。ですが、この脂肪燃焼ゾーンが大切ではないという異論が出てきました。それは、嘘なのか?ホントなのか?
酵素ドリンクを使うことで、効果的に脂肪燃焼が出来ます。

ダイエットの間違い!脂肪燃焼ゾーンで痩せる?口コミ検証ブログのまとめ

ネット上には、「ダイエットの間違い」が実しやかに溢れかえっている。脂肪燃焼ゾーンで痩せることができるのか?そんな疑問も「ダイエットの間違い」を知れば解決できる。当ブログでは、口コミで話題でも、一時的な効果だけで、リバウンドして太ってしまうようなものは認めていません。

AT = {最大心拍数(220-年齢) - 安静時心拍数} × 0.75 + (安静時心拍数)