ストレス軽減し健康になりダイエットに成功する

日々の過度なストレスによって食事(酵素)に気を使って規則正しい生活をしていても、病気になってしまいます。軽い病気ならまだ良いのですが、死に直結するような癌などの病気になったら大変です。お金もかかりますし、何より命が奪われます。原因を辿れば、仕事や人間関係のストレスによって殺されたということなのです。カラダも心も無理をすると命が奪われることを肝に銘じる必要があります。

やりたいことに向かって一生懸命努力するダイエットに向く思考

生き甲斐を持って、一生かけても良いからやってみたいと思う目標があるとストレスは軽減されます。同じことをする場合でも、嫌々やるのと楽しんでやるのでは全く心と体に与える影響が異なります。ライフワークと呼べるような明確な目標を持っている場合には、ストレスを比較的感じ難くなります。

努力とストレス

目標を達成する為に努力して頑張りますので、精神的にも強くなるのでストレス耐性がアップします。やりたいことに向かっているので、その過程で嫌なことがあったり、失敗した場合でも、諦めたりストレスに押しつぶされることが少ないのです。

やりたいことがないと努力もできずダイエットに向かない思考

生き甲斐がないので、明確な目標もなく、日々ルーチンワークのように仕事をこなしているだけという状態であると、少しの失敗や人間関係の悪化によって大きなストレスを感じ、自分で自分の心を暗闇に持って行ってしまうのです。目標がなくなると、何をやるにしても無気力になってしまうでしょう。

病は気から

病は気からという言葉もありますが、無気力になれば免疫力も落ちます。免疫力や自然回復力が落ちれば、自然と病気にもなり易く、病気になればダイエットなど考えられない状態に追い込まれます。

生き甲斐はあるのかないのかダイエットに向く人は?

果たして生き甲斐を持って生きている人はどれくらいいるのでしょうか?政治は悪化し、税金は上がる一方であり、年金や健康保険などの福祉も先行き不安であり、少子化と高齢化で、お先真っ暗と言って良い世の中です。

病気と生き甲斐

生き甲斐を持っている人も、目標がない人、周りに流されてただ生きてきた人、みんな人それぞれでしょう。元気であればともかく、病気にでもなれば生き甲斐など考えることもできなくなるのではないでしょうか

心の強さが病気を退治する

病気になった場合の心の強さが、病気が治るか治らないかの境目で威力を発揮します。人は誰しも一度限りの自分の人生です。どのように生きても良いし、どのような思想や心を持って生きても自由です。人の生き方は誰が決められるものでもなく、自分自身でしか決められないのです。心に悔いが残らないような生き方をしたいものです。

責任転換をするとストレスが増し病気とリバウンド体質を招く

仕事や人間関係でストレスを感じると、そのストレスを誰かのせいにして責任転換をします。特に仕事では上下関係があり、上の立場にいる人間は、下の立場にいる人間に対しストレスをぶつけます。

言葉の攻撃はストレス

ストレスが病気の原因になることは自明の理ですが、世間では物理的な攻撃は避難されますが、言葉による攻撃でのストレスはほとんど避難されません。物理攻撃に比べ精神攻撃は証明し難く裁判でも難しい戦いになります。

心に発生した感情がストレスになりリバウンド体質を生む

何かの問題を他人のせいにするとそのストレスは楽になります。ですが、受けた相手はストレスがかかります。しかも、与えたストレスも反射して周りに対する腹立ちや恨み辛みの感情が心の中に逆巻いて大きなストレスが発生します。怒りの感情はストレスを生み出すのです。

怒りの感情が血液を毒にしリバウンド体質を作り出す

怒っている時の人間の血液には有害な物質が発生していることが確認されています。この有害物質が発生した血液をマウスに注射すると即死します。ストレスを受けた血液が毒になっているわけです。精神神経免疫学では、起こったり、恨み辛みの感情が逆巻いている場合は、免疫力や自然回復力がとても低下している状態であることが分かっています。

人のせいにしていたら永遠に改善されない悪循環に陥る

何か問題が発生した際に、全て他人のせいにして責任転換していると、次に新たな問題が発生した際に同じように相手のせいにしていてはいつまでたってもアナタは改善されず、同じ問題を引き起こします。いつまでも苦しみ心が汚れ、血も汚れ、病気と友達になることになるのです。ですので、問題発生時には、自分に悪いところがないかをまず考えることです。責任転換しても何も良いことはないのです。

頭に血が上った時ほど冷静になり、心を落ち着かせることがダイエットへの近道

どんな問題の時にも自分が悪いと考えるということではありません。問題が発生して頭に血がのぼった時ほど、逆に冷静沈着に考えることが大切なのです。よくよく考えてみると問題の原因が、自分の中にある場合も、自分でも相手でもなく他にある場合もあることが分かったりします。

癖は誰にでもある

なくて七癖という言葉もあります。誰でも自分の話し方や行動に癖があります。普通と思われる人でも様々な個性があるのです。自分では当たり前と思っていたことでも、他人にとっては気になることもあるのは当たり前です。この意識違いが人間関係のトラブルの原因である場合がほとんどなのかも知れません。

大人の階段を登る

自分に問題があれば、失敗を繰り返さないように向上しようと努力するでしょう。このような心懸けをしていれば、日々、向上でき、今日より明日、明日より明後日と大人の階段を登るように成長できるのです。世の中は大人のカラダを持った子供で溢れています。本当の大人と呼べる人は数えるほどしかいないかも知れません。カラダは大人、頭脳は子供という逆コナンたちが世の中を作っているのです。

人を思いやることでストレスが軽減し、リバウンド体質を脱す

守銭奴であったり自分のことしか考えない人間は、ウソの笑顔が見え見えが何だか気持ち悪くなります。相手の何かを恐れているか、過去に行った暴力的発言を覆い隠すように笑顔を繕って、作られた笑顔は本性が丸見えで吐き気がします。それに対し、相手を思いやり自分のことを二の次にするような思想の人物は、同じことに出会ってもストレスを感じることが少ないことが分かっています。

ボランティアを本心から行うような人はストレスが少なくダイエットにも成功し易い

就職活動に有利だからと始めるボランティアは見え透いていますが、そうではなく本当に人のために役に立とうと考えて行っているボランティアは本当に素晴らしく、その人の近くにいると空気が違うと感じることでしょう。

休憩タイム

ワイパー猫

3種類の喜び

ボランティアなど人の為に無償で働くようなことをしている人はストレスが少なくなるのは、与える喜びに対して感動を得るからです。 人は喜びを求めて生きています。その喜びにも大きく分けると3種類あるのです。

奪うことによって得られる喜び
与えられる喜び
与える喜び

奪うことによって得られる喜び

奪うことによって得られる喜びは、人から何等かのものを奪って、独り占めすることによって得る喜びです。お金や地位や名誉、学歴等々になります。奪うのですから略奪ということで、あまりイメージの良くないものが多いです。

非人道的でストレスが生まれリバウンド体質を生み出す喜び

略奪による喜びは確かに喜びではあります。ですが、人から奪わないと自分が喜べないという悪のイメージがあるものです。ですので、必ず奪い合いが生じますし、奪うものがいるということは奪われるものがいるということになります。これは、喜びの影に悲しみが存在する血も涙もないそんな喜びと言えるでしょう。

ストレス社会の背景には略奪の喜びが蔓延し、メタボとリバウンド体質を生んだ

現在の社会は、ストレス社会と言われています。これは、今までに比べて、お金、地位、名誉、学歴などを重要視する価値観が強く広まったことが大きく影響しています。この価値観によりストレスが生まれ、格差も生まれ、普段の生活としても生きにくい世の中で、病気やメタボ、リバウンド体質という意味からも生きにくい世の中を作り出しています。根本の見直しが必要です。

奪うことで得られる喜びは諸刃の剣であり、メタボとリバウンド体質とセット

奪うことによって得られる喜びを求めるという思考の強い人間は、意識か無意識化に関係なく、喜びという利益を巡り、周りの人を傷つけたり無神経なことをする守銭奴であり、自分が良ければ他はどうでも良いという考えになります。ですので、衝突や争いが多くなりますので、結果としてストレスが巨大になります。喜びと引き換えにストレスを受けるという因果関係になるのです。

与えられる喜び

与えられる喜びは、自分以外の誰かに与えてもらうことによって感じる喜びです。両親に育てられたり、母親からの無償の愛を受けるなどは与えられる喜びです。また、問題が発生したり失敗したりして、心が真っ暗闇になっている時に、友達や恋人や家族から励ましてもらうことも与えられる喜びです。どうしようもなく困っている時に他の誰かに助けてもらったりするのも与えられる喜びです。

恩を感じることで心に触れられストレスを解消し、ダイエットの成功へ近づく

与えられた人は、与えてもらったことに恩を感じます。与えてくれた人が苦しんだり困ったりした時には、今度は逆に自分がこの人を助けてあげなくてはならないと心に誓います。与えられる喜びは、恩を感じる心であり周りに対する感謝の心という喜びなのです。涙が流れることもしばしばあります。

心がないと感じられず、喜びが変化し、メタボとリバウンド体質を生む

与えられる喜びの分からない人や与えられることが当たり前になって恩を感じる心がない人が多々見受けられるようになってきています。 このような人にとってこの与えられる喜びは、逆に奪うことによって得られる喜びになってしまっています。心を感じなければ与えられる喜びは存在せず、略奪の喜びと同じ価値しか生まなくなってしまうのです。

求めるのは与えられる喜びにならず、ストレスとリバウンド体質を生む

与えられる喜びは自分から求めるべきものではありません。ですが、誤って与えられることを周りに要求するという略奪思考になります。そうなると周りの人が自分の要求通りに応えてくれるとは限らないという状況になり、自分勝手な思考により不平や不満が増えてストレスが大きくなり、ストレスは病気を生むという悪循環に発展します。

与える喜び

与える喜びは、自分が人に親切にしたことにより相手が喜ぶ、その相手の喜ぶ姿を見ると自分も喜びを感じるというものです。母親が子供に与える無償の愛は、与える喜びになります。

心が綺麗になればストレスが遠ざかりダイエットも成功する

与える喜びを本当の意味で実践し、その真髄を会得する為には、心の底から相手の為に何かをしてあげることを心懸けるということです。上っ面だけの親切のようなものは、この与える喜びにはならないのです。小さな親切大きなお世話とはよく言ったものです。

見返りを期待してはストレスが溜まりリバウンド体質まっしぐら

表面上の行動において他人の為に親切にしても、心の中では他人によく思われたいとかこの人に好かれたいと思って親切をしている方がいるかと思います。見え見えの笑顔が気持ち悪いのと同じで見え透いています。このような心とカラダが矛盾している人は、お礼などの見返りが返ってこなかった時に、自分がこれだけやってあげたのに礼一つも言わないのかと言って、逆に相手を責めるようになるのです。

無償の愛

これでは喜びを与えているとは言えません。喜びを与える風ですが、実は喜びを略奪しているのです。汚い心では与える喜びは得られないということです。母が子に与える無償の愛のようでないと与える喜びには繋がらないのです。

本当の意味

与える喜びの真実を実感していて、この喜びを求めている心の美しい人は、他人から何かを奪おうという考えには及びません。略奪しないのですから周りの人との衝突が自然と少なくなるのです。それに加え、周りに対して過度な要求をすることもありません。ですから自分の中で不平や不満についても少なくなるのです。

心が美しければダイエットに成功する

与える喜びを知っている心の綺麗な人は、大変な労力を使って人に尽くしてあげても決して苦労と感じないのです。この他人の為に行う苦労も喜びとして感じます。それに加え、他人に喜びを与えれば与えるほど自分の喜びも増加するという好循環が生まれています。ですので、与える喜びの真実を知っている心優しき人は、ストレスを感じることが少なく、健康でリバウンド体質を脱しダイエットに成功し易いのです。

ストレスを軽減することがダイエットへの近道のまとめ

日々ストレスを感じると活性酸素が発生し病気を呼び、リバウンド体質になりダイエットの成功は遠くなります。逆に心が美しくストレスが少ない人はカラダも元気に幸せに生きて行くことができるのです。

ストレスを軽減することがダイエットへの近道!痩せる口コミブログのまとめ

「ちょいぷよ」女性が抱えるストレスを軽減させることが、ダイエット成功への近道になります。当ブログでは、ストレスを敵として考え、一時的に痩せるだけでなく、太らないと口コミで話題の方法を検証し、アナタにお届けします。

美肌を手に入れたい

美肌を手に入れるには、カラダの中から綺麗にするのも大切ですが、美顔器を使って外側からのケアも必要です。だからと言って、エステに通い続けるのは金銭的に大変ですよね…そんな時は、家庭用の美顔器を使えばいいんです!

老け顔をなんとかしたい

美肌もだけど、実年齢よりも老けて見える老け顔をなんとかしたい!ブルドッグフェイスやほうれい線、それから何と言っても、目の下のたるみがとってもきになると言う場合には、この美顔器が最適です!
目の下のたるみにエステナードリフティ