維持期間が脱リバウンド?「ちょいぷよ」女性がダイエットして痩せることができても、維持期間が短く、リバウンドして太ってしまうと、それは失敗としか言いようがありません。当ブログでは、リバウンドしてしまうような方法は誤っていると考えて撲滅運動を行っています。
脱リバウンド

体重維持が脱リバウンドしダイエット成功への道

アナタはダイエットに成功し痩せた際に、落ちたその体重をどれくらいの間、保っていられるでしょうか?この痩せた体重を維持できなければリバウンドしているということになります。

パフォーマンスは短期的な練習で向上した。そして,対照群では2週間間後にパフォーマンス低下が検出された。それに対して,介入群においてpre2で向上したパフォーマンスは2週間後も維持された。

痩せたと思った時こそ気を引き締め脱リバウンドを決意

日々ダイエットに取り組み頑張ってダイエットに取り組んだ当初に目標としていた体重まで痩せたとしましょう。痩せたアナタは、頑張って痩せたご褒美と言って 食べないように我慢していた甘いものや油ものを食べたり、ジムに通って汗を流していた生活をやめてゴロゴロしたりするかも知れません。少しくらいなら大丈夫だろう???

思考法がアナタをリバウンド体質にし、ダイエットに失敗させる

これくらいなら大丈夫だろうとか、今まで頑張ったのだから少しくらい良いだろうとか、そんな気のゆるみがリバウンドを引き起こします。リバウンドはアナタが今まで頑張ってきたダイエットを無にしてしまうばかりか、逆にリバウンド体質を生み出してしまう悪循環です。アナタの考え方であり、思考法を変える必要があるのです。

最後まで走り切らないとゴールにならず、リバウンドでダイエッター失格

ダイエットというのはアナタが設定した目標の体重まで痩せた時が成功ではなのです。目標とした体重を維持することが出来てリバウンドしないことが確認されてダイエット成功の卒業証書が受け渡されるのです。設定した目標体重まで痩せても実際の目標は100m走で言えば70mしか走っていません。残り30mを走らなければ、100mを走ったことにはなりません。

休憩タイム

ワイパー猫

気の緩みがダイエットを失敗させリバウンドへの悪循環

どんなことでも最初にたてた目標を達成することは、達成感と充実感があるとともに気が緩んでしまいます。やったーと思って、気が緩みついつい食べてしまってダイエットに失敗してリバウンドしてしまうということです。これではリバウンドとダイエットを繰り返すだけです。目標達成後こそ気を引き締め、最後までダイエットを完了させねばなりません。

減らすより維持する方が大変なダイエットの落とし穴

目標である体重に達した後は、その体重を維持する必要があります。この体重維持はとても大切で、脱リバウンドの為には必須事項と言っていいでしょう。我慢して頑張って痩せた体重を維持するというのは、とても大変です。目標体重をクリアした時点で気が緩んでしまうのが人情というものなので、維持する方が難しいとも言えます。

体重はダイエット前に戻ろうとするのでリバウンドしてしまう

人のカラダはというか、カラダの中に数えきれないほど存在する細胞たちは、状態を記憶します。例えば、細胞が記憶しているから、転んで怪我をして、擦り傷とかがあっても、ちゃんと自己治癒能力で自然と元のように治ります。体重も同じように、ダイエットする前のアナタの体重を記憶していて、ダイエットして痩せてもダイエット前の体重に戻ろうとします。

アナタのカラダが生存本能でダイエットの邪魔をしリバウンドの味方をする

ダイエットしてせっかく痩せたのにもとに戻ろうとするとは何事か!と思うと思います。しかし、体重などが元に戻ろうとする能力は人や動物が長い歴史の中で進化してきて今もある生命維持に欠かせない能力と言っていいのです。ですから、食べる量を減らして体重が減ればアナタのカラダは栄養が入ってくる量が減ったのだから、少ない量の栄養素をできるだけ多く吸収しようとするのです。生存本能ですね。

ホメオスタシスがアナタのリバウンドの原因の一つになってダイエットに失敗

アナタのカラダがが元に戻ろうとする力は、ホメオスタシス機能と呼ばれるものです。ホメオスタシス機能は体重だけでなく、体温維持や水分維持、そしてダイエットに関係する栄養維持など様々なことを維持しようとします。栄養を維持しようとするから、食べる量を減らしても少ない栄養から多くの栄養を吸収しようとして、ダイエットできたかと思ったらリバウンドしたりしてしまうのです。

ホメオスタシスを活用して脱リバウンドでダイエットする

ホメオスタシス機能は、ダイエットをする人にとって邪魔な存在でしかないのでしょうか?敵を知り己を知れば百戦して危うからずといいます。このホメオスタシス機能を知って活用することによって、ダイエットに有利に働かせることも可能なのです。カラダの状態を一定に保つ恒常性がホメオスタシス機能なのです。

体重維持がリバウンドを回避しダイエットへの近道となる

ホメオスタシス機能は、カラダを一定に保ち、変化があれば元に戻るように働きます。ですので、ホメオスタシス機能に対し、ダイエット後の痩せた状態を記憶してもらい、その理想体重を維持してもらえばいいのです。ダイエット前が正常ではなく、ダイエット後が正常だとホメオスタシス機能に記憶させることがポイントです。

記憶を上書きリバウンドせずにダイエットに成功する

ホメオスタシス機能が記憶している体重をダイエット前からダイエット後に書き換えるには、どの程度の期間が必要なのでしょうか?人により若干の違いはありますが、概ね3ヵ月程度かかります。ダイエットの目標体重をクリアしてから、最低でも3ヵ月は体重を維持しなければホメオスタシス機能に記憶の上書きをさせることはできません。維持できなければ、ダイエット前に戻ろうとします。

食事(酵素)を戻せばリバウンドしてダイエット成功は遠のく

ダイエットして痩せた後に体重を維持する為には、ダイエット中と同じように食事(酵素)に気を付ける必要があります。ダイエット前の食事(酵素)に戻してしまうとあっという間に元の木阿弥です。ダイエット後にダイエットによるストレスで食べ過ぎているだけでなく、食べ過ぎなくてもアナタのカラダは栄養を欲しているのを忘れてはなりません。

レプチン減少で満腹にならずリバウンドしてダイエットできなくなる

ダイエットによってアナタのカラダからは、レプチンの分泌量が減少しています。レプチンは脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されますが、レプチンが分泌されることで満腹中枢が刺激され、もう食べなくても大丈夫と脳に指令が行くのです。脳がそう感じないとずっと食べ続けます。酔って満腹中枢が破壊されると、いつもより食べ過ぎてしまう人は多いのではないでしょうか?

満腹中枢が刺激されずにリバウンド

ダイエット中は食事制限をしているので、レプチンの分泌が減少状態に陥っています。ダイエットして体重が減ったからと言ってすぐにダイエット前のように食べ始めるとダイエット前のようにレプチンの分泌量が戻っていませんので、ダイエット後は満腹になり難く食べ過ぎてしまうのです。

知識が抑止力となりリバウンドを防止しダイエットへ導く

ダイエット中には、様々なストレスが発生します。このストレスによって食べ過ぎてしまうこともあります。ストレス太りという言葉もありますからね。ストレス太りだけでなく、アナタのカラダが正常に働いている結果として食べ過ぎるということもあるのです。このような知識を頭に入れるだけでも抑止力となり、ダイエット後の食べ過ぎを予防することになります。

省エネはダイエットの生涯になり、リバウンドへまっしぐら

レプチンの働きは他にもあります。レプチンはカラダの中でエネルギー消費を誘導する働きもしています。エネルギーの消費というのは、カロリーの消費ですから、アナタのカラダに蓄積された脂肪の燃焼に繋がるのです。レプチンが減少状態にあると脂肪の消費効率も落ちて省エネになってしまいます。栄養が少なければ、省エネで生きて行こうとするのが、人も動物ですから自然な働きです。

維持期間が脱リバウンドしダイエット成功のカギのまとめ

目標にした体重まで痩せた後こそ気を緩めず、状態を維持し、食事(酵素)をできる限り長い期間をかけてゆっくり戻すことが重要です。この時間を多くとることが、リバウンドせずにダイエットに成功するポイントになります。アナタもリバウンドはイヤですよね!

維持期間が脱リバウンドしダイエット成功のカギ!痩せるブログのまとめ

「ちょいぷよ」女性がダイエットして痩せることができても、維持期間が短く、リバウンドして太ってしまうと、それは失敗としか言いようがありません。当ブログでは、リバウンドしてしまうような方法は誤っていると考えて撲滅運動を行っています。

どうなれば良いのか?

お腹周りや太もも、二の腕などの脂肪が気になって始めたダイエットだけど、どうなれば成功したと言えるのだろうか?テレビのCMや雑誌の広告で体重が減ったことを強調しているがそれに騙されていないだろうか?
ダイエット成功