痩せ菌レシピ

痩せ菌レシピとは、どのようなものなのでしょうか?痩せ菌レシピとは、腸内の痩せ菌を増やし、デブ菌を減らすことで、短鎖脂肪酸を増やして痩せ体質を作る痩せ菌ダイエットのレシピのことです。
痩せ菌レシピ
痩せ菌レシピの食材としては、ヨーグルト、納豆、らっきょう、酢キャベツ、酢玉ねぎ、なめこ、もち麦、みそ、冷凍キノコ、ガーリックオイル、梅干し、チアシード、ハナビラタケなどがあります。

痩せ菌を増やすためには、発酵食品や食物繊維が多い食品がレシピの材料になって来ることが分かるかと思います。これらの痩せ菌食材を使ったレシピで、痩せ菌ダイエットを簡単に成功させて痩せ体質を手に入れましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

痩せ菌ダイエットをするためには痩せ菌サプリを使うとともに痩せ菌レシピで毎日の食事を一新させましょう!

痩せ菌をキャベツで増やす

痩せ菌をキャベツで増やすことができるのは、なぜなのでしょうか?キャベツには、水溶性食物繊維が豊富であり、腸内細菌の痩せ菌が好物でエサとして最適なのが水溶性食物繊維だからなのです。
痩せ菌をキャベツ

痩せ菌を酢キャベツで増やす

腸内には善玉菌と悪玉菌、そして腸内環境によってどちら側にもなる日和見菌が存在しています。これらの腸内細菌の中で最近発見された「痩せ菌」は、増やすことで太りにくい体質を手に入れることができます。
痩せ菌レシピ
この痩せ菌を増やすため推奨されている食材が「酢キャベツ」です。悪玉菌の過剰繁殖を防ぐ効果のある酢と食物繊維が豊富なキャベツが一度に食べられる酢キャベツで、太りやすくなるデブ菌を抑え、痩せ菌を増やすことができるとされています。

酢キャベツの作り方は非常に簡単で、キャベツ1/2を食べやすいよう細く切り、ポリ袋に入れて塩小さじ2と酢200mlを入れて軽くもみます。冷蔵庫に入れて半日置くと完成で、毎食100gほど食べると良いと言われています。

リンゴ酢を使うとマイルドで食べやすくなるのでおすすめです。酢キャベツはそのまま食べても良いですし、味噌汁やハンバーグに入れるアイデアレシピも紹介されています。

酢キャベツをしばらく続けることで、特に食生活を変えなくても体重が落ちたりウエストサイズがダウンする効果があります。注意点としては、ラーメンやスナック菓子はデブ菌の大好物なので控えた方が効果がアップします。

酢キャベツは簡単に痩せ菌を増やすことができ、続けやすい方法なのでぜひおすすめです。

酢キャベツのレシピ

酢キャベツのレシピは下記の通りです。毎食100g食べることで痩せ菌を増やす効果が期待できます。お味噌汁やハンバーグに入れても良いですが、痩せ菌は熱に弱いのでそのままの方が効果が高いです。

材料
  • キャベツ:1/2個
  • 塩:小さじ2
  • 酢:200ml
作り方
  • キャベツを千切りにして、ポリ袋などに入れ、塩を加えてしんなりとするまでもみ込む
  • 酢を加えてさらに軽くもむ
  • 冷蔵庫で半日漬け込む
黒酢キャベツで痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす酢キャベツをパワーアップさせたのが、黒酢キャベツです。作り方は、酢キャベツで使う酢を黒酢に変えればいいので簡単です。っていうか、こっちの方が効果が高いでしょ!

飲むだけで痩せ菌を増やす

痩せ菌レシピで腸内細菌フローラの痩せ菌を増やすのも良いけれど、毎日作るのって大変だし、飽きたり、そもそも味が好きじゃなかったりすると食べるのがストレスになります。

ストレスはダイエットにも健康にも良くないので、好きなものを食べた上で、痩せ菌を増やすサプリを飲むっていうのもひとつの方法です。簡単なので試してみるのも良いですよ!詳しくは下記レビュー記事を参照して下さい。

興味があるなら下記画像を今すぐタップ♪
ダイエット
▶痩せ菌ラクビサプリ

痩せ菌の効果

痩せ菌の効果について考えてみます。人の腸内にはさまざまな菌が住んでいます。その腸内細菌の中でも、肥満を防ぎ、痩せやすくする働きをする菌がいます。
痩せ菌レシピの食事で効果が高いらっきょうや納豆ヨーグルト、なめこ
腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類が存在します。その中でも、痩せ菌と言われているのは善玉菌と日和見菌の1部の菌です。善玉菌の1種である「ビフィズス菌」と日和見菌の1種である「バクテロイーデス」という菌が「痩せ菌」です。

日和見菌というのは、善玉菌と悪玉菌の数の多いほうに味方するので、腸内環境を善玉菌優勢に保つことが大切です。痩せ菌にどのような効果があるのかというと、脂肪を蓄えず、身体の外に排出する働きがあります。

痩せ菌は食べ物から「短鎖脂肪酸」を作り出します。この短鎖脂肪酸が、脂肪の蓄積をブロックしてくれるのです。そのため、摂取したカロリーを消費し、体内に溜め込まず身体の外に排出することによって、太りにくい身体へと導いてくれるのです。

痩せ菌を増やすには、腸内環境を整えることが効果的です。善玉菌と悪玉菌、日和見菌の割合が2:1:7が理想的だと言われています。善玉菌を増やす食材を積極的に摂取したり、サプリメントなどで補うのも効果的です。善玉菌を増やす食材としては発酵食品が有名です。

痩せ菌の作り方

痩せ菌の作り方としては、痩せ菌を腸内にて増やすという意味の作り方であれば、痩せ菌サプリやデブ菌サプリを飲むというものから水溶性食物繊維の多い食品を食べるというものまであります。

腸内の痩せ菌を増やす食べ物

腸内の痩せ菌を増やす食べ物は、腸内の環境が良いと多くいるとされており、便の状態でも知ることができます。痩せ菌が多い場合は、臭いがほとんどなく、色は黄土色や黄色、適度に柔らかい状態となります。
痩せ菌レシピの食事で効果が高いらっきょうや納豆ヨーグルト、なめこ
一方痩せ菌が少ない場合は、臭いがきつく、ころころとしていたり、逆に水っぽかったりします。便の状態が良くない場合は、体自体が痩せにくくなっているので、注意が必要となります。

痩せ菌を増やす食事としては、乳酸菌が豊富なヨーグルトや納豆、みそ、キムチや漬物があります。このほかに鰹節があるので、おひたしの上に振りかけて食べるようにします。

痩せ菌は増えただけでは体重を維持していくことは難しいです。痩せ菌を維持する必要があるので、栄養源であるオリゴ糖や玉ねぎ、バナナやはちみつ、納豆やこんにゃくを食べるようにしましょう。

玉ねぎやわかめがたっぷり入ったお味噌汁を飲むのも体が温まるだけではく体にも良い作用をもたらします。洋食を好むのであれば、ヨーグルトにはちみつとバナナを入れてスムージーにして摂取するようにします。

痩せ菌を増やすをレシピについて

痩せるためには腸内環境は重要です。腸内環境にはデブ菌と痩せ菌の二種類があり、デブ菌が多いと脂肪や老廃物を体内に溜め込んでしまうためなかなか痩せにくく、痩せ菌が多いとダイエットの効果も現れやすくなります。

腸内環境のバランスとしてはデブ菌4、痩せ菌6が理想的です。つまりダイエットを成功させるためには痩せ菌を増やすことを必要です。

痩せ菌を増やすレシピとしては、簡単なものしてあげられるのが善玉菌でもあるビフィズス菌の入っているヨーグルトと、食物繊維が豊富なさつまいもをレンジなどで柔らかくしたものを和えたものは朝食にもぴったりです。

はちみつやレーズンなどを加えてもおいしく食べられます。しっかり食べたい人にはスープなどもオススメです。

鍋に水と出汁を入れ、ささがきにしたゴボウを入れて火にかけ、火が通ったらなめこを加え、味噌や醤油など好みの味で整えたゴボウ汁、根菜類と玉ねぎや人参、ピーマン、オクラなどを入れトマトとコンソメを加えてものも食べ応えがあります。

他にも、簡単なものとしてはいつも食べている白米に大麦などを加える、きのこや海藻類を積極的に食べることなども痩せ菌を増やすにつながります。

また、デブ菌を増やさないように脂質を控えることも大切です。

痩せ菌と乳酸菌ヨーグルト

痩せ菌は乳酸菌ではありません。乳酸菌は一つの菌ではなく、乳酸を産生する性質を持っている細菌の総称のため様々な種類があります。一つ一つ効果が異なりますが、どの痩せ菌もしっかり腸内環境を整えることができます。
痩せ菌レシピの食事で効果が高いらっきょうや納豆ヨーグルト、なめこ
腸内の環境を整えることで代謝がアップし、痩せやすくなるので、定期的に摂取すると良いでしょう。痩せ菌を増やすにはさまざまな食品がありますが、手軽にとることができるのはヨーグルトです。

腸にしっかり作用したいのであれば、ブルガリクス菌やLカゼイシロタ株、LGG菌や植物性のラブレ菌が適しています。植物性のものは胃酸によって死滅することなく腸に届くのでおすすめとなります。

すでに内臓脂肪が多かったり、コレステロール値が高めであったりする場合は、ガセリ菌SP株入りのヨーグルトが良いです。ガセリ菌SP株は日本人の腸から取り出されているので、体に合いやすい傾向にあります。

機能性表示食品にもなっていることがあるので、内臓脂肪が気になる場合はガセリ菌SP株入りのヨーグルトを食べるようにします。これらの菌はヨーグルトの容器にしっかりと書かれていることが多いです。自分の目的に合わせて選ぶとスムーズに痩せていくことができます。

痩せ菌を増やすヨーグルト

痩せ菌を増やすヨーグルトで痩せ菌を増やす場合におすすめなのは、明治ブルガリアヨーグルト・朝食BifXヨーグルト・おいしいカスピ海・恵 ガセり菌SP株ヨーグルト・ナチュレ恵・ビヒダスプレーンヨーグルト・明治プロビオヨーグルトLG21・明治プロビオヨーグルト PA-3・明治プロビオヨーグルト R-1などがあります。

理化学研究所招聘研究員の辨野義己(べんのよしみ)氏によると、ヨーグルトや納豆の菌類とバナナやリンゴなどの果物類を毎日たくさん食べることで痩せやすい身体を作ることができるとのことです。

ヨーグルトや納豆は整腸作用が高め、バナナやリンゴなどの果物類には便が出やすくなる食物繊維や乳酸菌のエネルギー源であるオリゴ糖が入っているためです。

痩せ菌をヨーグルトと玉ねぎで増やす

痩せ菌をヨーグルトと玉ねぎで増やすことができます。ヨーグルトについては既に説明済みなので、玉ねぎと痩せ菌の関係ですが、玉ねぎには、イヌリンという水溶性食物繊維が含まれているので、短鎖脂肪酸を作ることに繋がり痩せ菌ダイエットになるのです。

痩せ菌に玉ねぎヨーグルト

痩せ菌を増やせる玉ねぎヨーグルトの作り方ですが、下記の通りとっても簡単です。

材料
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • 無糖ヨーグルト:200g
  • 塩:小さじ1/2
作り方
  • 玉ねぎはできるだけ薄くスライスする
  • 切ったら30分寝かす(玉ねぎの辛味成分を飛ばすため)
  • 無糖ヨーグルトに、スライスした玉ねぎと塩を加える
  • よく混ぜ合わせる

痩せ菌を増やすヨーグルトの食べ方

ダイエットをするときには腸内環境が重要ですが、腸内にはデブ菌と痩せ菌の二種類があります。デブ菌が多いと脂肪や老廃物を溜め込みやすく、痩せ菌が多いと体脂肪率も低くなりやすいということがわかっています。
痩せ菌レシピの食事で効果が高いらっきょうや納豆ヨーグルト、なめこ
そんな腸内環境の痩せ菌を増やすためには、ヨーグルトなどの食材を積極的に食べることがオススメです。痩せ菌を増やすは善玉菌の多いヨーグルトを食べるだけではなく、食物繊維が豊富な食べ物と組み合わせることが良いとされています。

まず、オススメなのがグラノーラとの組み合わせです。グラノーラはオーツ麦を潰して食べやすくしたシリアル食品の一種ですが、食物繊維が豊富なだけではなく鉄分なども含まれています。

ただし、選ぶときには糖質やカロリーをチェックしてから選ぶことがポイントとなります。他には、食塩無添加のナッツがオススメです。そこにはちみつを加えればより高い効果が期待できます。

ドライフルーツも美味しく食べることができます。ドライフルーツなら噛み応えもあるため満腹になりやすく、食べ過ぎの予防も可能となります。

もう少しお腹にたまるものが食べたいというときには、レンジなどで柔らかくしたさつまいもを潰してヨーグルトに和えても美味しく食べられます。

痩せ菌を増やす納豆の高い効果

同じものを食べても太らない人は大勢います。そのような人は、痩せ菌と呼ばれる腸内細菌を体内に沢山持っているのです。ヨーグルトや納豆を毎日食べることによって体内の痩せ菌を増やす効果を期待できます。
痩せ菌レシピ
納豆には大豆オリゴ糖が豊富に含まれていて痩せ菌の朝となります。そのため、納豆を食べて大豆オリゴ糖を摂取することで腸内細菌の痩せ菌は飛躍的に増殖するのです。

さらに、納豆は悪玉菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。体の中から健康的な状態に変身できる納豆は、非常に頼りになる食材として絶対的な支持を集めています。

納豆や味噌、チーズや漬物類などの発酵商品をとると、ビフィズス菌が増えますので体脂肪を減らすことにつながります。そして、海藻やキノコ類などの水溶性食物繊維を積極的に摂取することによって、太りにくい体質に変えることができるのです。

子供から高齢者まで誰でも簡単にチャレンジできるやり方ですので、非常に便利で頼りになると選ばれています。このように、痩せ菌を効率的に増やすなら、納豆を中心とした和食を食べるように気を配ることが大切といえます。

無理なく体への負担をかけずに理想的でスリムなプロポーションを手に入れることができるのです。

痩せ菌の食材:納豆で増やすレシピ

痩せ菌の食材である納豆で痩せ菌を増やす場合におすすめなのは、納豆に豆腐と枝豆を加えて、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂取することで痩せ菌を増やして、簡単に痩せることができます。納豆で痩せ菌を増やすレシピは下記の通りです。

痩せ菌の納豆レシピ

材料

  • 納豆:1パック
  • 納豆のタレ
  • 枝豆:50g
  • 豆腐(絹):50g
  • きざみ海苔

作り方

  • 納豆についているタレを入れて、豆腐・枝豆を入れて混ぜる
  • もち麦ごはんにかける
  • ごはんは軽く冷ましてからでないと、納豆キナーゼが非活性になり、栄養が十分に摂取できないので注意する
痩せ菌と納豆

痩せ菌を増やす納豆には、他の食材に少ないビタミンKが豊富に含まれています。このビタミンKによって、美肌効果や骨粗しょう症の予防などの効果が期待できるので、甘く見ていると後悔することになりますよ。

納豆汁

納豆汁のレシピは下記の通りです。

  • 納豆をすりつぶす
  • すりつぶした納豆を味噌のように溶き、なめこを加える

痩せ菌でらっきょうの量は何個

現代様々なダイエット方法が世の中に生まれ、流行を生み出しています。中でも、痩せ菌というキーワードが注目を集めています。これは、善玉菌であるビフィズス菌や日和見菌であるバクテロイデス菌のことを示しており、これらを増やすことで食べても痩せにくい体質になれます。
痩せ菌レシピ
なぜ痩せ菌が増えると、食べても太りにくい体質になれるのかというと、ビフィズス菌やバクテロイデス菌のような腸内細胞は、脂肪細胞が脂肪を取り込もうとする働きを阻害する短鎖脂肪酸という物質を作る働きを持っているからです。

このような働きを持っている腸内細胞は、痩せ体質を形成するためには欠かせません。痩せ菌を増やすには、痩せ菌が好物としている水溶性植物繊維を摂取する必要があります。

水溶性植物繊維が豊富な食べ物として、らっきょうが有名です。らっきょうに含まれている食物繊維は、100gあたり21gと、他の野菜と比較しても多く含まれています。

痩せ菌を増やすためにらっきょうを何個食べれば良いのかというと、小粒のらっきょうであれば一日に10粒・大粒のらっきょうであれば一日に3粒程度が目安です。

らっきょうには、痩せ菌を増やすだけではなく、お通じの改善・中性脂肪やコレステロール値を下げる・内臓脂肪の抑制など、女性に嬉しい効果が得られるため、積極的に食事に取り入れてみましょう。

痩せ菌とらっきょう

痩せ菌とらっきょうには、深いかかわりがあります。らっきょうは水溶性食物繊維が多い食品ですので、腸内フローラを整えてヤセ菌を増やすことに繋がります。ヤセ菌サプリとらっきょうで痩せ体質に生まれ変わりましょう。

らっきょうを食べやすい美味しさにしてくれるのが、らっきょうの甘酢漬けです。このレシピを下記に整理しましたので、是非作ってみて下さい。


痩せ菌レシピ
▶らっきょうの甘酢漬け作り方!

水溶性食物繊維の多いらっきょう漬けのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょう漬けのレシピは、下記の通りです。
痩せ菌レシピ

  • 水に砂糖と酢・トウガラシを加える
  • らっきょうを入れる
  • 陽の当たらない場所で約1ヶ月置く
水溶性食物繊維の多いらっきょうカツのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうカツのレシピは、下記の通りです。

  • 豚バラ肉に豆板醤を広げる
  • 豚バラ肉にらっきょうを1粒乗せて巻く
  • 小麦粉と溶いた卵、パン粉をまぶしてコロモを作って5分ほど揚げる
  • 表面に焦げ目がついてきたら完成
水溶性食物繊維の多いらっきょうのチーズ巻きのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうのチーズ巻きのレシピは、下記の通りです。

  • ハムの上に溶けるチーズを重ね、その上にらっきょうを1粒乗せて巻く
  • つまようじを刺して180度のオーブンで3分ほど加熱する
水溶性食物繊維の多いらっきょうドレッシングのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうドレッシングのレシピは、下記の通りです。

  • らっきょうをつけ汁ごと入れる
  • オリーブオイルと塩コショウを加えてミキサーにかける
水溶性食物繊維の多いらっきょうそぼろ丼レシピのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうそぼろ丼レシピのレシピは、下記の通りです。

  • らっきょうをみじん切りにする
  • フライパンに油(小さじ1)をひいて牛ひき肉を炒める
  • みじん切りにしたシイタケとらっきょうを加えて軽く炒める
  • 豆板醤を加えて軽く炒めた後、ご飯の上に乗せてネギをかける

痩せ菌が好む食材はなめこ

私たちの腸内には、痩せ菌とデブ菌、その菌が存在します。この痩せ菌には脂肪の吸収を抑えてくれたり、脂肪の燃焼を助けてくれる「短鎖脂肪酸」を作りだしてくれるので痩せ菌を増やせば増やすほど結果として痩せやすい身体になることができるのです。

この「短鎖脂肪酸」は腸の中を弱酸性にしてくれたり、免疫力を高めてくれたり、美容にも効果的です。痩せ菌を増やすには痩せ菌が好むエサである食物繊維を摂取する必要があります。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが痩せ菌のエサになるのは水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維が豊富に含まれる食材としてなめこがあります。

特になめこのぬるぬるした部分に多く含まれています。なめこのレシピとして味噌汁やマーボーなめこなどがあります。味噌汁に入れる場合は、なるべくぬめりを流さないようにざるの中に入れて流水でざざっと洗う程度にします。

ぬるぬるした部分を残すことで痩せ菌が喜んで食べる味噌汁になります。マーボーなめこは、豚ひき肉を豆板醤と炒めてなめこを加えてさらに炒めます。片栗粉の代わりになめこでとろみがつくので水溶性食物繊維が豊富にそしておいしく摂取することができます。

痩せ菌の食材:なめこのレシピ

ねばねばが特徴的な、なめこも痩せ菌を増やす食材として、おすすめです。なめこを使った料理レシピを紹介します。
痩せ菌レシピ

痩せ菌のなめこ味噌汁

痩せ菌のなめこ味噌汁のレシピは下記の通りです。

  • なめこを洗う時は、さっと洗い流す程度にする
  • 味噌を溶いた後に、なめこを加えて火を通せば完成
なんばんなめこ

なんばんなめこのレシピは下記の通りです。

  • 薄めたダシ醤油でなめこを煮詰める
  • 良くかき混ぜながら煮る
  • お好みで、唐辛子を最後にかける
麻婆なめこ

麻婆なめこのレシピは下記の通りです。

  • フライパンに、豚ひき肉・豆板醤・なめこを入れて炒める
  • なめこのネバネバが片栗粉の代わりになるので、片栗粉は不要

痩せ菌と酢玉ねぎ

最近話題となっている痩せ菌ですが、腸内にこの痩せ菌が多い人ほど食べても太りにくいと言われています。そのためこの痩せ菌を増やすことで太りにくい体質に近づけると言えますが、痩せ菌が増えることで腸内環境が改善され、老廃物の排出をスムーズに行い血液サラサラ効果を生みだすため、結果代謝の良い痩せやすい体質になると言えます。
痩せ菌レシピ
太りにくい体質になるためには、痩せ菌を増やして根本的に体質を変える必要がありますが、痩せ菌を増やす方法の一つに玉ねぎとビフィズス菌入りヨーグルトを同時に摂取する方法があげられます。

痩せ菌の一つでもあるビフィズス菌には腸内環境を改善する効果がありますが、玉ねぎにはビフィズス菌の餌となるオリゴ糖やイヌリンと言った成分が豊富に含まれています。

そのため玉ねぎとビフィズス菌入りのヨーグルトを同時に食べることでビフィズス菌が増え、腸内環境が改善され痩せやすい体質になると言えます。

しかし玉ねぎヨーグルトと言われる物もありますが、人によっては好き嫌いが分かれる味とも言えるので、一緒に摂取するというよりは、同じ食事の中で個々に摂取することをおすすめします。

特にヨーグルトは空腹時に摂取すると腸までビフィズス菌が届きやすいので、まずヨーグルトを食べてから玉ねぎを使った料理を食べると良いでしょう。

痩せ菌の酢玉ねぎレシピ

痩せ菌のレシピとして酢たまねぎの作り方を説明します。

材料
  • たまねぎ:2個
  • 塩:少々
  • 酢:たまねぎが浸るくらい
  • クコの実:2粒
作り方
  • スライサーや包丁でたまねぎを薄めにスライスする
  • ボウルに スライスしたたまねぎを入れる
  • ひとつまみ塩を加え全体にまぶし混ぜる
  • 容器に移し、酢を入れる
  • 1日冷暗所で放置する

痩せ菌ともち麦

もち麦には水溶性食物繊維が100g当たり9gも含まれます。水溶性食物繊維のβグルカンはもち麦の中央部分に含まれているもので、体の中に入ると水分でゼリー状になり、糖質や脂質を包み込んで吸収を抑える働きがあり、痩せ菌を増やしデブ菌を減らします。

痩せ菌を麦で増やす

痩せ菌を麦で増やす場合におすすめなのは、もち麦です。もち麦には、水溶性食物繊維の1つであるβグルカンが豊富に含まれていて、このβグルカンが、体の中に入ると水分でゼリー状になり、糖質や脂質を包み込んで吸収を抑えるために痩せ菌が増えます。

もち麦を手に入れたら、下記のもち麦ダイエットメニューレシピを使って、色々な料理にアレンジを加えて、もち麦を飽きずに食べ続けることで、ストレスなくダイエットすることが出来るでしょう。


痩せ菌レシピ
▶もち麦ダイエットメニューレシピ

痩せ菌の食材:大麦で増やす

痩せ菌の食材である大麦で痩せ菌を増やすことができるのは、大麦には、100g中10gも食物繊維が含まれていて、その内訳が、水溶性食物繊維6gと不溶性食物繊維4gという良い状態なので、まさに腸内環境を整える痩せ菌を増やす食材だと言えます。

大麦などの水溶性食物繊維を多く食品を集めた下記の水溶性食物繊維の多い食品ベスト10を使えば、どんな食品に食物繊維が多く含まれているかが分かるだけでなく、水溶性と不溶性をバランス良く摂取することが可能です。
水溶性食物繊維の多い食品ベスト10

痩せ菌とみそ

みそには、植物性の乳酸菌が豊富なため、生きて腸まで届き、腸内環境を整えてくれるだけでなく、オリゴ糖が含まれているため、善玉菌のエサになり腸内で善玉菌を増やします。オリゴ糖については、下記の特集記事が参考になります。


痩せ菌レシピ
▶オリゴ糖の効能

痩せ菌とキノコ

痩せ菌を増やすキノコとしては、シイタケ、エリンギ、エノキタケ、マッシュルーム、ナメコ、ブナシメジ、キクラゲ、ヒラタケ、マイタケ、マツタケ、ハタケシメジ、ホンシメジ、ハナビラタケ、タモギダケ、ヤマブシタケ、トキイロヒラタケ、ユキレイタケがおすすめです。

乳酸菌と痩せ菌の違い

乳酸菌と痩せ菌の違いとは何なのでしょうか?乳酸菌は小腸に作用して免疫力アップやアレルギー症状の改善に役立ちます。それに対し、痩せ菌は腸内の最大勢力である日和見菌の痩せ菌を増やすことで、太りにくく痩せやすい体質に変えてくれるのです。目的が全く異なりますね!

なぜ乳酸菌が痩せ菌なのでしょうか。健康的にダイエットを成功させるためには乳酸菌が非常に効果的とされていますが、その理由は乳酸菌を摂取することで腸内の善玉菌が増えるためです。

快便へと導いて便秘症の方でも便秘解消に繋がっていきます。乳酸菌が腸内の善玉菌を増やしそれによって便秘などを解消してくれるのです。体重が増える原因は便秘が考えられますのでそのためダイエット効果が得られるのです。

代謝が悪化するとカロリー消費ができにくい状態になって体重が増えてしまいますが生まれの、腸の中に便があることによって新しく摂取した食べ物を消化吸収するための時間を減らすので代謝の悪化によって回転率が悪くなってカロリー消費がうまくなくなってしまいます。

普段は吸収されないようぶんの志望分野糖分も吸収することになって体質が太りやすくなってしまいます。便秘をそのままにしないためにも乳酸菌が重要になり乳酸菌は痩せ菌だと言われるのはそういった由縁なのです。

便秘を解消するために乳酸菌を積極的に摂取して痩せやすい体質作りを作ることが重要です。本来するべき便が体内に残るせいでそれが体重にプラスしていくというだけではなくてない頭を打つの中に不要物が多く残るせいでも原因となるのです。

乳酸菌を摂取して腸内環境を変えるためには、食事だけでは中々に難しく、腸内の細菌との相性や腸内の細菌の勢力図を書き換えるほどの数が必要なので、乳酸菌サプリを使うと良いでしょう。


痩せ菌レシピ
▶乳酸菌

痩せ菌レシピの食事で効果が高いらっきょうや納豆ヨーグルト、なめこのまとめ

痩せ菌レシピの食事で効果が高いらっきょうの量は何個かや納豆ヨーグルト、なめこ、酢キャベツ、酢玉ねぎ、もち麦、みそ、冷凍キノコなどがおすすめだ。痩せ菌レシピを使えば飽きることなく腸内環境を整えられる。乳酸菌と痩せ菌はどう違うのか痩せ菌サプリなら簡単なのか?

痩せ菌サプリでおすすめは?

痩せている人の腸内には痩せ菌が多く、太っている人の腸内にはデブ菌が多いという研究結果があります。この痩せ菌を増やすためには、どうすれば良いのでしょうか?
痩せ菌レシピ
その答えとなる痩せ菌とデブ菌に着目したヤセる方法が痩せ菌ダイエットです。痩せ菌とデブ菌は医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されるほど信頼性の高いものです。

多くの医師が推奨しているこの痩せ菌ダイエットは、食事制限の必要はなく、普通に食べていても健康的に痩せることができるダイエットです。食事制限はストレスにもなるので、マイナス面も多いのです。

ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。

  • デブ菌:余分な栄養を吸収する
  • 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する

痩せ菌レシピ
だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!

  • 「私って食べても太らない体質なの…」
  • 「ダイエットのコツ?特にないよ!」

っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。

痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。ぽっちゃりわがままボディー(笑)の私でも、たった2週間で3.6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


痩せ菌レシピ
▶痩せ菌サプリ人気ランキング