痩せ菌をなめこで増やす

痩せ菌をなめこで増やすことはできるのでしょうか?味噌汁の具としてメジャーな「なめこ」ですが、食物繊維が豊富で「なめこ」100gあたりの水溶性と不溶性の内訳は下記の通りです。

  • 水溶性食物繊維:1g
  • 不溶性食物繊維:2.3g

この水溶性食物繊維は腸内細菌の痩せ菌のエサになるので、痩せ菌を増やす効果があります。不溶性食物繊維は便のカサを増やして、便秘を解消するので、これも痩せ菌を増やすことに繋がります。
痩せ菌をなめこで増やす
なめこと同じように水溶性食物繊維を多く含む食材として、らっきょうが2017年11月2日放送「主治医が見つかる診療所」で腸内細菌をコントロールして痩せやすいカラダになる方法として紹介されましたので、詳しく見て行きましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

なめことらっきょうは水溶性食物繊維を多く含み痩せ菌のエサになって痩せ菌を増やします!

痩せ菌が好む食材はなめこ

私たちの腸内には、痩せ菌とデブ菌、その菌が存在します。この痩せ菌には脂肪の吸収を抑えてくれたり、脂肪の燃焼を助けてくれる「短鎖脂肪酸」を作りだしてくれるので痩せ菌を増やせば増やすほど結果として痩せやすい身体になることができるのです。
痩せ菌をなめこで増やす
この「短鎖脂肪酸」は腸の中を弱酸性にしてくれたり、免疫力を高めてくれたり、美容にも効果的です。痩せ菌を増やすには痩せ菌が好むエサである食物繊維を摂取する必要があります。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが痩せ菌のエサになるのは水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維が豊富に含まれる食材としてなめこがあります。

特になめこのぬるぬるした部分に多く含まれています。なめこのレシピとして味噌汁やマーボーなめこなどがあります。味噌汁に入れる場合は、なるべくぬめりを流さないようにざるの中に入れて流水でざざっと洗う程度にします。

ぬるぬるした部分を残すことで痩せ菌が喜んで食べる味噌汁になります。マーボーなめこは、豚ひき肉を豆板醤と炒めてなめこを加えてさらに炒めます。片栗粉の代わりになめこでとろみがつくので水溶性食物繊維が豊富にそしておいしく摂取することができます。

なめこを食べて痩せ菌を増やそう

日々ダイエットを試みている方はたくさんいらっしゃると思いますが、自分の周りにいくら食べても太らない人に心当たりがある方も多いと思います。
痩せ菌をなめこで増やす
何故太らないのか不思議に思うこともあると思いますが、良く食べるのに痩せている人には腸の中に痩せ菌が豊富にあることが原因だと言われています。

この痩せ菌はバクテロイデーテスと言う腸内細菌のことで、たくさん食べても痩せている人はこのバクテロイデーテスが多いため、太らないと言うことが分かりました。

そのためこの痩せ菌を増やすことで太らない体質に近づくことが出来るのですが、この痩せ菌の餌となる物が食物繊維であり、特に水溶性食物繊維が効果的となっています。

そしてこの水溶性食物繊維が多く含まれている食物の代表がなめこであり、食物繊維が豊富と言われているゴボウや納豆などと比べてもかなり多くの食物繊維が含まれています。

なめこを積極的に摂取することで痩せ菌の餌が腸内で増え、結果痩せ菌が増殖するため、食べても太らない体質へ近づけることにつながります。また食物繊維は糖質の消化を緩やかにすることで、急な血糖値の上昇を防ぐ効果もあり、肥満を予防することも出来ます。

このように普段からなめこを食べる習慣をつけると、太りにくい体質になってきます。調理する際は、さっと洗い流す程度に汚れを落とし、加熱しすぎないようにすると、食物繊維を含め他の栄養素も減らないのでおすすめです。

痩せ菌と水溶性食物繊維

水溶性食物繊維と痩せ菌には深い関わりがあります。なぜならば、水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサになるので痩せ菌を増やす効果が期待できます。痩せ菌サプリと一緒に水溶性食物繊維も一緒に食べることが推奨されるのはこのためです。

痩せ菌の食材:なめこのレシピ

ねばねばが特徴的な、なめこも痩せ菌を増やす食材として、おすすめです。なめこを使った料理レシピを紹介します。
痩せ菌をなめこで増やす

痩せ菌のなめこ味噌汁

痩せ菌のなめこ味噌汁のレシピは下記の通りです。

  • なめこを洗う時は、さっと洗い流す程度にする
  • 味噌を溶いた後に、なめこを加えて火を通せば完成
なんばんなめこ

なんばんなめこのレシピは下記の通りです。

  • 薄めたダシ醤油でなめこを煮詰める
  • 良くかき混ぜながら煮る
  • お好みで、唐辛子を最後にかける
麻婆なめこ

麻婆なめこのレシピは下記の通りです。

  • フライパンに、豚ひき肉・豆板醤・なめこを入れて炒める
  • なめこのネバネバが片栗粉の代わりになるので、片栗粉は不要

痩せ菌を食事で増やす

同じ食事をしていても、太る人とそうでない人がいます。その原因は、痩せ菌にあることは意外と知られていません。痩せ菌はダイエットに効果的な腸内細菌のことで、具体的にはビフィズス菌とバクテロイデスという菌です。
痩せ菌をなめこで増やす
脂肪の体への取り込みを防ぐ働きをしてくれる菌なので、痩せ菌と呼ばれています。毎日の食事を変えることで、誰でも痩せ菌の多い腸内環境にすることは可能です。

ヨーグルトは痩せ菌の食事ともいえるものなので、日ごろから意識して食べるようにしましょう。ヨーグルトは朝食べるイメージがありますが、効果的なのは夜です。また、納豆はいい菌を増やす効果もあります。

そして、痩せ菌を増やすのは水溶性の食物繊維を防ぐ食事です。らっきょうやニンニク、キノコ類はカロリーも低くて毎食食べてもいい食材です。

豆腐の上に、刻んだ納豆やモロヘイヤを載せて食べるというのはとてもいい方法です。デザートもヨーグルトの中に刻んだバナナを入れるとおなかへの効果が期待できます。

痩せ菌は体質で生まれつきの量が決まっていますが、食事を変えることで増やすことができます。意識することで、体の中から痩せやすい体質になることは誰でも可能なことなので実践しましょう。

痩せ菌にはらっきょうがおすすめ

太ったり痩せたりのカギを握るのは腸内細菌だということがわかってきました。デブ菌と言われているのがファーミキューテス門の細菌で、痩せ菌と言われているのがバクテロイデス属の細菌です。
痩せ菌をなめこで増やす
痩せ菌は食物繊維をエサとして、体重を落とす助けとなる短鎖脂肪酸という物質が生み出します。短鎖脂肪酸は脂肪をため込む働きを抑え、エネルギー代謝を上げるというダイエットに欠かせない作用があります。

この短鎖脂肪酸を活性化するには、バクテロイデス属の細菌やビフィズス菌を元気にすることが大切です。ダイエットに有効な痩せ菌を増やす食材としてあげられるのが「らっきょう」です。

らっきょうを食べるとビフィズス菌が短鎖脂肪酸である酢酸を作りやすいと言われています。また、らっきょうにはフルクタンという脂質の体内吸収を抑える働きのある水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

ただし、痩せ菌はらっきょうを食べれば食べるほど増えるというものではありません。空腹で食したりたくさん食べ過ぎると胃に負担がかかることがあるので、1日5個程度にすることが推奨されています。

食前は胃にダイレクトに届くので、できれば食中や食後に食べる方が良いです。安く手に入る漬け物なので続けやすいですし、手軽に食べられるのでおすすめです。

痩せ菌に有効ならっきょうの適量とは

痩せ菌を増やすことでダイエットがスムーズに行えると話題ですが、その痩せ菌を増やす際に有効なのが「らっきょう」です。痩せ菌のエサである水溶性食物繊維が豊富なので、脂肪をため込まず燃焼させたり食欲を抑える作用を持つ短鎖脂肪酸を効率良く作り出すことができます。
痩せ菌をなめこで増やす
痩せ菌を増やす目的では1日に食べる量は5粒とされています。サイトや情報番組によっては1日の量は3〜4粒(20〜30g)とされていたり、大粒のらっきょうだと3粒だと言われていますが、サイズによるところが大きいのでバラつきがあるのは仕方の無いことだと言えます。

らっきょうが好きな人は1日に20粒も30粒も食べる人がいますが、らっきょうは効能がとても高いため食べ過ぎは身体に負担をかけることがあるので注意が必要です。

らっきょうの量が多すぎると腹痛になったり口臭がきつくなる、おならがくさくなる、胃の粘膜が荒れる、下痢になるなどの症状が出ます。ネギやにんにくと同じ硫化アリルが含まれているためです。

この硫化アリルは熱に弱いので炒めることで負担を軽くすることができますが、効能は下がります。身体に熱がこもっていたりほてりのある人、皮膚や目、唇が乾燥している人、イライラしている人などはらっきょうを控える方が良いと言われています。

痩せ菌を増やすにはらっきょうを何個食べる?

現代様々なダイエット方法が世の中に生まれ、流行を生み出しています。中でも、痩せ菌というキーワードが注目を集めています。これは、善玉菌であるビフィズス菌や日和見菌であるバクテロイデス菌のことを示しており、これらを増やすことで食べても痩せにくい体質になれます。
痩せ菌をなめこで増やす
なぜ痩せ菌が増えると、食べても太りにくい体質になれるのかというと、ビフィズス菌やバクテロイデス菌のような腸内細胞は、脂肪細胞が脂肪を取り込もうとする働きを阻害する短鎖脂肪酸という物質を作る働きを持っているからです。

このような働きを持っている腸内細胞は、痩せ体質を形成するためには欠かせません。痩せ菌を増やすには、痩せ菌が好物としている水溶性植物繊維を摂取する必要があります。

水溶性植物繊維が豊富な食べ物として、らっきょうが有名です。らっきょうに含まれている食物繊維は、100gあたり21gと、他の野菜と比較しても多く含まれています。

痩せ菌を増やすためにらっきょうを何個食べれば良いのかというと、小粒のらっきょうであれば一日に10粒・大粒のらっきょうであれば一日に3粒程度が目安です。

らっきょうには、痩せ菌を増やすだけではなく、お通じの改善・中性脂肪やコレステロール値を下げる・内臓脂肪の抑制など、女性に嬉しい効果が得られるため、積極的に食事に取り入れてみましょう。

らっきょうで痩せた

食べても太りにくい身体づくり、ダイエットなどに効果が期待できるのが「痩せ菌」です。痩せ菌は、ひとの腸内に存在する善玉菌の1種である「ビフィズス菌」と、日和見菌の1種である「バクテロイデス菌」のことを言います。
痩せ菌をなめこで増やす
これらの痩せ菌が増えることによって、太りにくい身体づくりに効果があるのですが、痩せ菌はどうやって増やせばいいのでしょうか。
痩せ菌はいわば生き物です。そのため増やすにはエサが必要です。

痩せ菌のエサとなるのは私たちが摂る食事なので、食生活が大きく関係してきます。エサとなるのはおもにオリゴ糖と食物繊維です。特に水溶性食物繊維が大好物だと言われています。

つまり、水溶性食物繊維を含む食材を摂取することによって、菌を増やすことができるわけです。水溶性食物繊維を含む食材としては、海苔やヒジキ、納豆などがありますが、その中でもずば抜けて多く含んでいるのがらっきょうです。

らっきょうには100gあたり21gもの食物繊維が含まれています。目安としてはらっきょうを1日にだいたい小粒なら10粒、大きいものでしたら3粒ほどが良いとされています。また、らっきょうのつけ汁にも効果があるので、捨てずにお料理などに使うといいでしょう。

痩せ菌を増やせる食材とレシピ

痩せ菌に注目が集まるようになり、ダイエットの強い味方として日々増やすための努力をしている人が多くなりました。痩せ菌はバクテロイデス属の細菌やビフィズス菌のことであり、痩せ菌と反対の立場にあるデブ菌はファーミキューテス門の細菌のことです。

痩せ菌を増やすためには食物繊維が非常に大切なのですが、食物繊維には水溶性と不溶性があります。豆類の白インゲン豆や大豆、ミックスビーンズも良いですし、キャベツやごぼう、モロヘイヤ、れんこん、オクラなどが良いです。

また海藻類やきのこ類も有効ですし、発酵食品やオリゴ糖も効果が期待できます。痩せ菌を増やせるこれらの食材を上手く用いたレシピには、モロヘイヤのだしびたしや切り昆布の炒め煮、柚子胡椒なめたけなどがあります。

一押しの食材として推奨されているのはキャベツやらっきょうであり、これらを用いたらっきょう玉ねぎの甘酢サラダやミニトマトのらっきょうマリネなどのレシピもおすすめです。中でも簡単で続けやすいのが酢キャベツです。

食物繊維がたくさん摂取でき、悪玉菌を抑制する酢を同時に取れるので効率良く痩せ菌を増やすことができます。酢キャベツは千切りしたキャベツに塩と酢を入れて漬けるだけの超簡単レシピなのでおすすめです。


痩せ菌をなめこで増やす
▶痩せ菌レシピ

痩せ菌とデブ菌の腸内での働き

腸の中には良い働きをする善玉菌と悪影響を及ぼす悪玉菌、優勢になっている方の働きをする日和見菌とがあります。この日和見菌の中に痩せ菌やデブ菌が存在し、理想の割合は6対4程度だと言われています。
痩せ菌をなめこで増やす
デブ菌が増えると太りやすくなることが分かっており、いくら一生懸命にダイエットをしてもなかなか痩せられなくなりますので、ダイエットを成功させたい時には腸内環境を見直してみましょう。

痩せ菌があると腸内環境が良好になって血液がサラサラになり、代謝が良くなることも痩せられる理由の一つですが、それ以外にも短鎖脂肪酸を作りだすことで余分な脂肪の吸収が抑えられますので、脂肪を溜め込みやすい人にとってとても重要です。

デブ菌が増えると血液がドロドロになって消化や吸収の働きが鈍り、代謝も低下してしまいますので太りやすくなるのは当然です。痩せ菌を増やしたければ、善玉菌を増やすために乳酸菌を積極的に摂取するのがお勧めです。

乳酸菌はヨーグルトや納豆、漬物などの発酵食品に豊富に含まれているのですが、摂取すると腸の中で善玉菌として働きますので痩せ菌を増やすのに役立ちます。善玉菌の栄養源になるオリゴ糖も効果的ですので、積極的に活用することが大切です。

痩せ菌サプリ

痩せ菌サプリには非常に多くの種類があります。これは痩せ菌ダイエットが一大ブームを引き起こし、多くの会社が痩せ菌サプリと名をつけたダイエットサプリを売り出したからです。そんな痩せ菌サプリを一覧にしたので参考にして下さい。


痩せ菌をなめこで増やす
▶痩せ菌一覧

痩せ菌をなめこで増やす!痩せ菌食材のらっきょうで痩せた量は何個?のまとめ

痩せ菌をなめこで増やすのは水溶性食物繊維を含む食材だからです。痩せ菌をなめこやらっきょうで増やして痩せた人は量を何個くらい食べたのか?痩せ菌レシピの食事でデブ菌を減らすとともに痩せ菌サプリランキングで人気のサプリメントを使えば簡単に痩せ菌ダイエットができる?

痩せ菌サプリのランキング

痩せ菌サプリのランキングを紹介する前に…痩せている人の腸内には痩せ菌が多く、太っている人の腸内にはデブ菌が多いという研究結果があります。この痩せ菌を増やすためには、どうすれば良いのでしょうか?
痩せ菌をなめこで増やす
その答えとなる痩せ菌とデブ菌に着目したヤセる方法が痩せ菌ダイエットです。痩せ菌とデブ菌は医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されるほど信頼性の高いものです。

多くの医師が推奨しているこの痩せ菌ダイエットは、食事制限の必要はなく、普通に食べていても健康的に痩せることができるダイエットです。食事制限はストレスにもなるので、マイナス面も多いのです。

ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。

  • デブ菌:余分な栄養を吸収する
  • 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する

痩せ菌をなめこで増やす
だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!

  • 「私って食べても太らない体質なの…」
  • 「ダイエットのコツ?特にないよ!」

っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。

痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。ぽっちゃりわがままボディー(笑)の私でも、たった2週間で3.6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


痩せ菌をなめこで増やす
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7