痩せ菌を増やす食材とは?

痩せ菌を増やす食材とは、どんなものをいうのでしょうか?そもそも痩せ菌って何かというと、痩せている人の腸内には痩せ菌が多く、デブの腸内にはデブ菌が多いというものです。
痩せ菌を増やす食材
ですので、痩せ菌を増やす食材を食べる食生活を送るようにすれば、デブでも痩せることができるので、痩せる食材がどんなものなのかを知りたいというわけです。じゃあ、厳選7種類を見て行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

痩せ菌を増やす食材を食べ続けることで腸内環境が改善されて痩せ体質に生まれ変われます!

痩せ菌を増やす食品

痩せ菌を増やす食品は、醗酵食品や食物繊維が代表的なもので、腸内環境を整えるために善玉菌を優位にするための食品と言ってもいいでしょう。
痩せ菌を増やす食材

水溶性食物繊維で痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす食材の一つ目は、水溶性食物繊維です。糖や脂肪の吸収を穏やかにしたり、毒素や有害物質を取り除いてくれる働きがあり、善玉菌のエサにもなります。

痩せ菌と麦

痩せ菌を増やす水溶性食物繊維は、大麦や海藻類などに多く含まれています。詳しくは、下記の水溶性食物繊維の多い食品を特集した記事を参照して下さい。


痩せ菌を増やす食材▶水溶性食物繊維の多い食品

オリゴ糖で痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす食材の二つ目は、オリゴ糖です。糖類のなかでも吸収されにくく、大腸まで届いて善玉菌であるビフィズス菌を増やしたり、老廃物や有害物質を自ら吸着して排出してくれます。

痩せ菌と納豆

オリゴ糖は、たまねぎ・ゴボウ・アスパラ・バナナに加え、納豆・豆腐・豆乳などの大豆オリゴ糖は特に腸内環境を改善する働きが強いので積極的に食べるにしましょう。

痩せ菌を増やすヨーグルト

大豆オリゴ糖と醗酵食品としてのヨーグルトの両方を一度に摂取できるのが豆乳ヨーグルトです。豆乳ヨーグルトを作る方法は下記の特集記事を参照して下さい。


痩せ菌を増やす食材
▶豆乳ヨーグルトを作る方法

有用菌で痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす食材の三つ目は、有用菌です。善玉菌と一緒になってくれる細菌であり、醗酵食品である納豆やヨーグルト、キムチなどに多く含まれています。

油で痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす食材の四つ目は、油です。ダイエットをする時には、脂肪分が多い油は敬遠されますが、オリーブオイルは別格です。良い油までカットしてしまうと体脂肪が燃えにくくなります。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、排泄を促したり、腸壁を滑りやすくして便秘の解消に繋がるのです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


痩せ菌を増やす食材
▶オリーブオイルで痩せる

カリウムで痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす食材の五つ目は、カリウムです。腸の筋肉を正常に働かせる作用があるので、カリウムを多く含むたけのこ・ほうれん草・納豆・アボカドなどを積極的に摂取しましょう。

鉄分で痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす食材の六つ目は、鉄分です。鉄分が多い食品というとレバーのような血の味がするものが頭に浮かぶ人が多いんじゃないでしょうか?でもそれだけじゃありません。

どんな食品に鉄分が多いのかは、下記の鉄分の多い食品を特集した記事を参照して下さい。


痩せ菌を増やす食材▶鉄分の多い食品ランキング

痩せ菌を増やすサプリメント

痩せ菌を増やす食材の七つ目は、サプリメントです。痩せ菌を増やす食材を食べるのも大切ですが、毎日欠かさず食べるのは難しいので、サプリメントを併用することで痩せ菌を増やす効果をアップさせます。

痩せ菌を増やすサプリメントは、痩せ菌を増やす食材で痩せないという人たちのために開発されたお手軽食品です。詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。
痩せ菌を増やすサプリメント

痩せ菌を増やすサプリメントとしては、同時にデブ菌も減らし、短鎖脂肪酸を増やすラクビという痩せ菌サプリがおすすめです。詳しくは下記のレビュー記事を参照して下さい。


痩せ菌を増やす食材▶デブ菌減らす方法のラクビはヤセ菌増やすサプリ

痩せ菌のレシピ

痩せ菌のレシピとして、やせ菌増やす大麦ご飯を紹介します。これ以外にも、発芽玄米が痩せ菌レシピとしてはおすすめです。詳しくは下記の発芽玄米の作り方を参照して下さい。


痩せ菌を増やす食材
▶発芽玄米の作り方

材料

  • 白米:2合
  • 大麦:60g

作り方

  • 白米は普通に洗い水加減は2合分
  • 大麦60gと水120ccを加えて炊く

痩せ体質とデブ体質

腸内フローラを整えて、痩せ菌を増やし、デブ菌を減らすことで太りやすいデブ体質から痩せやすい痩せ体質に生まれ変わることができます。痩せ体質になれば少しくらい食べ過ぎても太りにくいのでダイエットがとてもやりやすいのです。

痩せ菌の食事

痩せ菌の食事としては、腸内の環境が良いと多くいるとされており、便の状態でも知ることができます。痩せ菌が多い場合は、臭いがほとんどなく、色は黄土色や黄色、適度に柔らかい状態となります。
痩せ菌を増やす食材
一方痩せ菌が少ない場合は、臭いがきつく、ころころとしていたり、逆に水っぽかったりします。便の状態が良くない場合は、体自体が痩せにくくなっているので、注意が必要となります。

痩せ菌を増やす食事としては、乳酸菌が豊富なヨーグルトや納豆、みそ、キムチや漬物があります。このほかに鰹節があるので、おひたしの上に振りかけて食べるようにします。

痩せ菌は増えただけでは体重を維持していくことは難しいです。痩せ菌を維持する必要があるので、栄養源であるオリゴ糖や玉ねぎ、バナナやはちみつ、納豆やこんにゃくを食べるようにしましょう。

玉ねぎやわかめがたっぷり入ったお味噌汁を飲むのも体が温まるだけではく体にも良い作用をもたらします。洋食を好むのであれば、ヨーグルトにはちみつとバナナを入れてスムージーにして摂取するようにします。


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌を食事で増やす

痩せ菌レシピ

痩せ菌に注目が集まるようになり、ダイエットの強い味方として日々増やすための努力をしている人が多くなりました。痩せ菌はバクテロイデス属の細菌やビフィズス菌のことであり、痩せ菌と反対の立場にあるデブ菌はファーミキューテス門の細菌のことです。

痩せ菌を増やすためには食物繊維が非常に大切なのですが、食物繊維には水溶性と不溶性があります。豆類の白インゲン豆や大豆、ミックスビーンズも良いですし、キャベツやごぼう、モロヘイヤ、れんこん、オクラなどが良いです。

また海藻類やきのこ類も有効ですし、発酵食品やオリゴ糖も効果が期待できます。痩せ菌を増やせるこれらの食材を上手く用いたレシピには、モロヘイヤのだしびたしや切り昆布の炒め煮、柚子胡椒なめたけなどがあります。

一押しの食材として推奨されているのはキャベツやらっきょうであり、これらを用いたらっきょう玉ねぎの甘酢サラダやミニトマトのらっきょうマリネなどのレシピもおすすめです。中でも簡単で続けやすいのが酢キャベツです。

食物繊維がたくさん摂取でき、悪玉菌を抑制する酢を同時に取れるので効率良く痩せ菌を増やすことができます。酢キャベツは千切りしたキャベツに塩と酢を入れて漬けるだけの超簡単レシピなのでおすすめです。


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌レシピ

痩せ菌をヨーグルトと玉ねぎで増やす

痩せ菌をヨーグルトと玉ねぎで増やすことができます。ヨーグルトについては既に説明済みなので、玉ねぎと痩せ菌の関係ですが、玉ねぎには、イヌリンという水溶性食物繊維が含まれているので、短鎖脂肪酸を作ることに繋がり痩せ菌ダイエットになるのです。

痩せ菌に玉ねぎヨーグルト

痩せ菌を増やせる玉ねぎヨーグルトの作り方ですが、下記の通りとっても簡単です。

材料

  • 玉ねぎ:1/2玉
  • 無糖ヨーグルト:200g
  • 塩:小さじ1/2

作り方

  • 玉ねぎはできるだけ薄くスライスする
  • 切ったら30分寝かす(玉ねぎの辛味成分を飛ばすため)
  • 無糖ヨーグルトに、スライスした玉ねぎと塩を加える
  • よく混ぜ合わせる


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌をヨーグルト玉ねぎで増やす

痩せ菌を増やすにはらっきょうを何個食べる?

現代様々なダイエット方法が世の中に生まれ、流行を生み出しています。中でも、痩せ菌というキーワードが注目を集めています。これは、善玉菌であるビフィズス菌や日和見菌であるバクテロイデス菌のことを示しており、これらを増やすことで食べても痩せにくい体質になれます。
ダイエット
なぜ痩せ菌が増えると、食べても太りにくい体質になれるのかというと、ビフィズス菌やバクテロイデス菌のような腸内細胞は、脂肪細胞が脂肪を取り込もうとする働きを阻害する短鎖脂肪酸という物質を作る働きを持っているからです。

このような働きを持っている腸内細胞は、痩せ体質を形成するためには欠かせません。痩せ菌を増やすには、痩せ菌が好物としている水溶性植物繊維を摂取する必要があります。

水溶性植物繊維が豊富な食べ物として、らっきょうが有名です。らっきょうに含まれている食物繊維は、100gあたり21gと、他の野菜と比較しても多く含まれています。

痩せ菌を増やすためにらっきょうを何個食べれば良いのかというと、小粒のらっきょうであれば一日に10粒・大粒のらっきょうであれば一日に3粒程度が目安です。

らっきょうには、痩せ菌を増やすだけではなく、お通じの改善・中性脂肪やコレステロール値を下げる・内臓脂肪の抑制など、女性に嬉しい効果が得られるため、積極的に食事に取り入れてみましょう。


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌をらっきょうで増やす

痩せ菌を酢キャベツで増やすダイエット

腸内には善玉菌と悪玉菌、そして腸内環境によってどちら側にもなる日和見菌が存在しています。これらの腸内細菌の中で最近発見された「痩せ菌」は、増やすことで太りにくい体質を手に入れることができます。
痩せ菌を増やす食材
この痩せ菌を増やすため推奨されている食材が「酢キャベツ」です。悪玉菌の過剰繁殖を防ぐ効果のある酢と食物繊維が豊富なキャベツが一度に食べられる酢キャベツで、太りやすくなるデブ菌を抑え、痩せ菌を増やすことができるとされています。

酢キャベツの作り方は非常に簡単で、キャベツ1/2を食べやすいよう細く切り、ポリ袋に入れて塩小さじ2と酢200mlを入れて軽くもみます。冷蔵庫に入れて半日置くと完成で、毎食100gほど食べると良いと言われています。

リンゴ酢を使うとマイルドで食べやすくなるのでおすすめです。酢キャベツはそのまま食べても良いですし、味噌汁やハンバーグに入れるアイデアレシピも紹介されています。

酢キャベツをしばらく続けることで、特に食生活を変えなくても体重が落ちたりウエストサイズがダウンする効果があります。注意点としては、ラーメンやスナック菓子はデブ菌の大好物なので控えた方が効果がアップします。

酢キャベツは簡単に痩せ菌を増やすことができ、続けやすい方法なのでぜひおすすめです。


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌を酢キャベツで増やす

痩せ菌を増やす納豆の高い効果

同じものを食べても太らない人は大勢います。そのような人は、痩せ菌と呼ばれる腸内細菌を体内に沢山持っているのです。ヨーグルトや納豆を毎日食べることによって体内の痩せ菌を増やす効果を期待できます。
痩せ菌を増やす食材
納豆には大豆オリゴ糖が豊富に含まれていて痩せ菌の朝となります。そのため、納豆を食べて大豆オリゴ糖を摂取することで腸内細菌の痩せ菌は飛躍的に増殖するのです。

さらに、納豆は悪玉菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。体の中から健康的な状態に変身できる納豆は、非常に頼りになる食材として絶対的な支持を集めています。

納豆や味噌、チーズや漬物類などの発酵商品をとると、ビフィズス菌が増えますので体脂肪を減らすことにつながります。そして、海藻やキノコ類などの水溶性食物繊維を積極的に摂取することによって、太りにくい体質に変えることができるのです。

子供から高齢者まで誰でも簡単にチャレンジできるやり方ですので、非常に便利で頼りになると選ばれています。このように、痩せ菌を効率的に増やすなら、納豆を中心とした和食を食べるように気を配ることが大切といえます。

無理なく体への負担をかけずに理想的でスリムなプロポーションを手に入れることができるのです。


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌を納豆で増やす

痩せ菌の効果

痩せ菌は短鎖脂肪酸を作りだす働きを持ちますが、この短鎖脂肪酸には余った脂肪が吸収されるのを抑える作用があります。これが痩せ菌を増やすと脂肪が溜め込まれにくくなってダイエットをスムーズに行えるような効果が得られる仕組みであり、太りやすい人は痩せ菌を増やす努力をしなければなりません。
痩せ菌を増やす食材
腸内環境が悪くなっていて悪玉菌が多い人は便秘や下痢になりやすく、血液がドロドロになっていますので代謝が低下して脂肪が溜め込まれやすい状態になります。

その状態が続くとどんどん循環が滞って太りやすくなるだけでなく健康やお肌にも良くありませんので、善玉菌を増やすように腸内環境を整えることが大切です。

痩せ菌を増やして短鎖脂肪酸を豊富に生み出す環境を作るには、腸内の細菌バランスを整えることが重要です。腸内の最適なバランスは善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7となっていて、善玉菌が優勢いなると日和見菌が善玉菌のような働きをしますので痩せやすくなります。

そこで善玉菌を増やすために取り入れたいのは、乳酸菌やオリゴ糖を含む食べ物です。乳酸菌にはビフィズス菌が含まれていて腸内で善玉菌として働いてくれますので、ヨーグルトや納豆を積極的に摂取しましょう。オリゴ糖は食物繊維などの善玉菌の栄養源になり、果物や海藻類に含まれます。


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌の効果

ヤセ菌を増やしデブ菌を抑える食べ物

ヤセ菌を増やしデブ菌を抑える食べ物は、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維を含む食べ物で、腸内フローラを整える働きがあるものです。善玉菌と悪玉菌のようにヤセ菌とデブ菌は片方が増えれば片方が減ります。

痩せ菌を酢キャベツで増やすダイエット

痩せ菌を酢キャベツで増やす効果が得られるというのを2018年4月21日の「世界一受けたい授業」で放送していました。痩せ菌を増やしデブ菌を減らす酢キャベツの作り方を説明しましょう。

酢キャベツのレシピ

酢キャベツのレシピは下記の通りです。毎食100g食べることで痩せ菌を増やす効果が期待できます。お味噌汁やハンバーグに入れても良いですが、痩せ菌は熱に弱いのでそのままの方が効果が高いです。

材料
  • キャベツ:1/2個
  • 塩:小さじ2
  • 酢:200ml
作り方
  • キャベツを千切りにして、ポリ袋などに入れ、塩を加えてしんなりとするまでもみ込む
  • 酢を加えてさらに軽くもむ
  • 冷蔵庫で半日漬け込む
黒酢キャベツで痩せ菌を増やす

痩せ菌を増やす酢キャベツをパワーアップさせたのが、黒酢キャベツです。作り方は、酢キャベツで使う酢を黒酢に変えればいいので簡単です。っていうか、こっちの方が効果が高いでしょ!

痩せ菌を増やすヨーグルト

痩せ菌を増やすヨーグルトで痩せ菌を増やす場合におすすめなのは、明治ブルガリアヨーグルト・朝食BifXヨーグルト・おいしいカスピ海・恵 ガセり菌SP株ヨーグルト・ナチュレ恵・ビヒダスプレーンヨーグルト・明治プロビオヨーグルトLG21・明治プロビオヨーグルト PA-3・明治プロビオヨーグルト R-1などがあります。
理化学研究所招聘研究員の辨野義己(べんのよしみ)氏によると、ヨーグルトや納豆の菌類とバナナやリンゴなどの果物類を毎日たくさん食べることで痩せやすい身体を作ることができるとのことです。

ヨーグルトや納豆は整腸作用が高め、バナナやリンゴなどの果物類には便が出やすくなる食物繊維や乳酸菌のエネルギー源であるオリゴ糖が入っているためです。

痩せ菌をヨーグルトと玉ねぎで増やす

痩せ菌をヨーグルトと玉ねぎで増やすことができます。ヨーグルトについては既に説明済みなので、玉ねぎと痩せ菌の関係ですが、玉ねぎには、イヌリンという水溶性食物繊維が含まれているので、短鎖脂肪酸を作ることに繋がり痩せ菌ダイエットになるのです。

痩せ菌に玉ねぎヨーグルト

痩せ菌を増やせる玉ねぎヨーグルトの作り方ですが、下記の通りとっても簡単です。

材料
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • 無糖ヨーグルト:200g
  • 塩:小さじ1/2
作り方
  • 玉ねぎはできるだけ薄くスライスする
  • 切ったら30分寝かす(玉ねぎの辛味成分を飛ばすため)
  • 無糖ヨーグルトに、スライスした玉ねぎと塩を加える
  • よく混ぜ合わせる

痩せ菌を麦で増やす

痩せ菌を麦で増やす場合におすすめなのは、もち麦です。もち麦には、水溶性食物繊維の1つであるβグルカンが豊富に含まれていて、このβグルカンが、体の中に入ると水分でゼリー状になり、糖質や脂質を包み込んで吸収を抑えるために痩せ菌が増えます。

痩せ菌の食材:大麦で増やす

痩せ菌の食材である大麦で痩せ菌を増やすことができるのは、大麦には、100g中10gも食物繊維が含まれていて、その内訳が、水溶性食物繊維6gと不溶性食物繊維4gという良い状態なので、まさに腸内環境を整える痩せ菌を増やす食材だと言えます。

痩せ菌の食材:納豆で増やすレシピ

痩せ菌の食材である納豆で痩せ菌を増やす場合におすすめなのは、納豆に豆腐と枝豆を加えて、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂取することで痩せ菌を増やして、簡単に痩せることができます。納豆で痩せ菌を増やすレシピは下記の通りです。
痩せ菌サプリでダイエット

痩せ菌レシピ

材料

  • 納豆:1パック
  • 納豆のタレ
  • 枝豆:50g
  • 豆腐(絹):50g
  • きざみ海苔

作り方

  • 納豆についているタレを入れて、豆腐・枝豆を入れて混ぜる
  • もち麦ごはんにかける
  • ごはんは軽く冷ましてからでないと、納豆キナーゼが非活性になり、栄養が十分に摂取できないので注意する
痩せ菌と納豆

痩せ菌を増やす納豆には、他の食材に少ないビタミンKが豊富に含まれています。このビタミンKによって、美肌効果や骨粗しょう症の予防などの効果が期待できるので、甘く見ていると後悔することになりますよ。

痩せ菌の食材:なめこのレシピ

ねばねばが特徴的な、なめこも痩せ菌を増やす食材として、おすすめです。なめこを使った料理レシピを紹介します。

痩せ菌のなめこ味噌汁

痩せ菌のなめこ味噌汁のレシピは下記の通りです。

  • なめこを洗う時は、さっと洗い流す程度にする
  • 味噌を溶いた後に、なめこを加えて火を通せば完成
なんばんなめこ

なんばんなめこのレシピは下記の通りです。

  • 薄めたダシ醤油でなめこを煮詰める
  • 良くかき混ぜながら煮る
  • お好みで、唐辛子を最後にかける
麻婆なめこ

麻婆なめこのレシピは下記の通りです。

  • フライパンに、豚ひき肉・豆板醤・なめこを入れて炒める
  • なめこのネバネバが片栗粉の代わりになるので、片栗粉は不要
納豆汁

納豆汁のレシピは下記の通りです。

  • 納豆をすりつぶす
  • すりつぶした納豆を味噌のように溶き、なめこを加える

痩せ菌の食事

痩せ菌の食事としては、腸内環境を整え、腸内環境を悪化させないという両面での考え方が重要です。片方で良いことをしていても、片方で悪いことをしていれば打ち消し合ってプラマイゼロになってしまいますからね。

痩せ菌のレシピ

痩せ菌のレシピとして酢たまねぎの作り方を説明します。

材料
  • たまねぎ:2個
  • 塩:少々
  • 酢:たまねぎが浸るくらい
  • クコの実:2粒
作り方
  • スライサーや包丁でたまねぎを薄めにスライスする
  • ボウルに スライスしたたまねぎを入れる
  • ひとつまみ塩を加え全体にまぶし混ぜる
  • 容器に移し、酢を入れる
  • 1日冷暗所で放置する
痩せ菌とらっきょう

痩せ菌とらっきょうには、深いかかわりがあります。らっきょうは水溶性食物繊維が多い食品ですので、腸内フローラを整えてヤセ菌を増やすことに繋がります。ヤセ菌サプリとらっきょうで痩せ体質に生まれ変わりましょう。

痩せ菌を市販

痩せ菌を市販されている食べ物で増やすには、タマネギやヨーグルト、らっきょう、なめこなどがおすすめの食材だと言えます。痩せ菌を増やすには腸内環境を整える食材を食べるというのが基本です。

痩せ菌を食べ物で

痩せ菌を食べ物で増やす際に気をつけなければならないのが、腸内フローラを改善するために良いビフィズス菌や酵素など熱に弱いものが多いということです。火を通す際には、低温で短時間にするようにしましょう。

痩せ菌の食材:水溶性食物繊維

痩せ菌を育てる食材として、水溶性食物繊維が挙げられます。水溶性食物繊維は、水に溶けやすく分解しやすいので、短鎖脂肪酸を作る効果が高いのです。

痩せ菌を増やす水溶性食物繊維

痩せ菌を増やす水溶性食物繊維の多い食品としては下記のようなものがあります。

食材名 食物繊維含有量(100gあたり)
らっきょう 18.6g
かんぴょう(乾) 6.8g
切り干し大根(乾) 5.2g
ニンニク 4.1g
押し麦 6.0g
納豆 2.3g
ゴボウ 2.3g
キャベツの効能は肝臓に良い

キャベツの効能として肝臓に良い効果があります。キャベツに含まれるビタミンUが肝臓の余分な脂肪を代謝してくれます。また、グルコミノレートが肝臓内の有害物質を分解し血液の汚れをキレイにしてくれます。

水溶性食物繊維の多いらっきょう漬けのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょう漬けのレシピは、下記の通りです。
痩せ菌サプリでダイエット

  • 水に砂糖と酢・トウガラシを加える
  • らっきょうを入れる
  • 陽の当たらない場所で約1ヶ月置く
水溶性食物繊維の多いらっきょうカツのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうカツのレシピは、下記の通りです。

  • 豚バラ肉に豆板醤を広げる
  • 豚バラ肉にらっきょうを1粒乗せて巻く
  • 小麦粉と溶いた卵、パン粉をまぶしてコロモを作って5分ほど揚げる
  • 表面に焦げ目がついてきたら完成
水溶性食物繊維の多いらっきょうのチーズ巻きのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうのチーズ巻きのレシピは、下記の通りです。

  • ハムの上に溶けるチーズを重ね、その上にらっきょうを1粒乗せて巻く
  • つまようじを刺して180度のオーブンで3分ほど加熱する
水溶性食物繊維の多いらっきょうドレッシングのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうドレッシングのレシピは、下記の通りです。

  • らっきょうをつけ汁ごと入れる
  • オリーブオイルと塩コショウを加えてミキサーにかける
水溶性食物繊維の多いらっきょうそぼろ丼レシピのレシピ

水溶性食物繊維の多いらっきょうそぼろ丼レシピのレシピは、下記の通りです。

  • らっきょうをみじん切りにする
  • フライパンに油(小さじ1)をひいて牛ひき肉を炒める
  • みじん切りにしたシイタケとらっきょうを加えて軽く炒める
  • 豆板醤を加えて軽く炒めた後、ご飯の上に乗せてネギをかける

やせ菌スープダイエットとは?

やせ菌スープダイエットとは、野菜がたっぷり食べられ、エサとなりやすい水溶性食物繊維をむだなくとれるスープは、「やせ菌」を育てるにはおすすめです。鶏手羽中とオクラ、大麦のカレースープなどがあります。

痩せ菌を増やす食材!体質を変えるデブ必見の厳選された7種類のまとめ

痩せ菌を増やす食材を食生活に取り入れることでデブ体質を痩せ体質に変えることができる。痩せ菌を増やす食材の中で、デブ必見の7種類をまとめたので、これを食べればダイエット効果が得られるだろう。腸内環境が整わないと便秘や下痢に悩む毎日を送ると理解してる?

痩せ菌ダイエット

痩せ菌ダイエットというのは、デブ菌を減らし、痩せ菌と短鎖脂肪酸を増やすダイエット方法です。そのために重宝するのが、痩せ菌ダイエットのサプリです。

デブ菌を基準に順位をつける

デブ菌サプリのランキングは、痩せ菌を増やし、デブ菌を減らすサプリのランキングということです。ですので、デブ菌を減らす効果が口コミにおいて高評価を得ているものだけでなく、明確な基準をもって順位付けしたのが下記です。


痩せ菌を増やす食材
▶デブ菌人気ランキング

痩せ菌サプリのランキング

痩せ菌サプリのランキングにおいては、デブ菌を減らし、痩せ菌と短鎖脂肪酸を増やすという3つが大きな基準になります。痩せている人の腸内には痩せ菌が多く、太っている人の腸内にはデブ菌が多いという研究結果があります。この痩せ菌を増やすためには、どうすれば良いのでしょうか?
痩せ菌を増やす食材
その答えとなる痩せ菌とデブ菌に着目したヤセる方法が痩せ菌ダイエットです。痩せ菌とデブ菌は医学誌の「サイエンス」や「nature」でも掲載されるほど信頼性の高いものです。

多くの医師が推奨しているこの痩せ菌ダイエットは、食事制限の必要はなく、普通に食べていても健康的に痩せることができるダイエットです。食事制限はストレスにもなるので、マイナス面も多いのです。

ダイエットのキモとなる体脂肪率ですが、いっぱい食べているから体脂肪率が多くて太っているのは分かるけど、いっぱい食べているのにスリムで痩せている人は何で痩せているのでしょうか?

ギャル曽根さんを筆頭に、アンジェラ佐藤(佐藤綾里)・石関友梨・井上みえ・小古瀬綾(おごせ綾)・木下ゆうか・服部理沙・もえのあずき・桝渕祥与(ぶっさんorミスさちよ)・三宅智子・ロシアン佐藤・石関友梨など大食いなのに痩せている女性はなぜ太らないのでしょうか?

それは、腸内細菌の痩せ菌とデブ菌が関係しています。

  • デブ菌:余分な栄養を吸収する
  • 痩せ菌:余分な栄養を体外に排出する

痩せ菌を増やす食材
だからデブ菌が多い人は太ってしまい、痩せ菌が多い人は自然と痩せるんです。いくら食べても太らない友達は、この痩せ菌をカラダの中にいっぱい持っているから太らないんですね!つまり、痩せ菌さえ増やせば食べても大丈夫!腸内フローラを整えて、効率良く痩せられるんです!

  • 「私って食べても太らない体質なの…」
  • 「ダイエットのコツ?特にないよ!」

っていう憎き友人は、私たちより多く痩せ菌を持っていただけなんですよ!あの人が食べても太らない理由とか、どうしたらキレイに痩せられるかを、もっと多くの人に知って欲しいと思って、下記の特集記事を書きました。

痩せ菌ダイエットなら腸内環境が痩せ体質に変わるので、お腹の脂肪がどんどん燃えて、細くてうっとりするような二の腕とフェイスラインが綺麗な美人になることができます。ぽっちゃりわがままボディー(笑)の私でも、たった2週間で3.6キロの減量に成功した方法を知りたいアナタは下記の特集記事を参照して下さい。

食べても太らない
痩せ菌をゲットするなら
下記画像をタップ♪


痩せ菌を増やす食材
▶痩せ菌ダイエットおすすめランキング