利尿作用とは何か?その意味

利尿作用とは何か、その意味から考えていきます。多くのブログなどで利尿作用は尿の量を増やすことだと書かれていますが、尿をしやすくする働きなので量だけとは限りません。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
尿量を増やすと膀胱に尿が溜まるので尿をしやすくなりますが、膀胱がいっぱいにならなくても、尿意を感じる神経を刺激すれば排尿したくなります。なので、尿量が増えなくても、利尿作用があるのです。

この前提を踏まえ、利尿作用のある食べ物や飲み物で、むくみを解消してダイエットしたり、利尿作用の少ない食べ物や飲み物で夜間頻尿やドライブや映画鑑賞中にトイレに行きたくなるのを防ぐように対策しましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

利尿作用を上手に活用すれば、余分な塩分を排出してむくみの解消に繋がります。

利尿作用のある飲み物ランキング

利尿作用のある飲み物ランキングを作るにあたって、関口由紀医師監修のもと、何を飲むとおしっこが近くなるのかを検証しました。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
これを知っておくと、夜何度も、おしっこに行きたくなるとかドライブや映画鑑賞中におしっこに行きたくなるのを避けることができます。

また、寒いとおしっこが近くなるのは、カラダが冷えるとおしっこが溜まっている膀胱が縮まり尿意を感じやすくなるからです。

事前調査でおしっこが近くなる飲み物として多く挙げられた5種類を対象に10人の女性で実験を行いました。5種類の飲み物は、コーヒー、オレンジジュース、緑茶、ウーロン茶、水です。

実験内容

実験内容は、1日1種類の飲み物を下記のように合計600ml飲みます。

時間 飲む量
AM 8:00 200ml
AM 9:00 200ml
AM10:00 200ml

少しでもおしっこがしたいと感じたらトイレに行きます。最初の1回を飲んでから、3時間の間に何回おしっこに行ったかで比較します。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
おしっこの回数が多いと、尿の間隔が短いので、その飲み物が尿を近くすると判断できます。より正確な実験にするために下記を対象者10人に徹底してもらいます。

  • 実験中は、23時に就寝
  • 翌日の朝食までの飲食は控える
  • am7:00に起床
  • 朝食は毎日同じ、パン、目玉焼き、チキンの切り身、コップ半分の水とする
  • am7:50にトイレに行って、膀胱を空にする

利尿作用のランキング

この利尿作用の検証を行った結果、下記のようなランキングになりました。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

順位 飲み物 排尿
1位 コーヒー 7回
2位 オレンジジュース 6回
3位 緑茶 5回
同3位 ウーロン茶 5回
5位 3回

利尿作用の成分

利尿作用の成分としては、カフェインとカリウムです。この二つがカラダの中に入ると膀胱が刺激されて、尿意を感じおしっこに行きたくなります。

利尿作用の原理

利尿作用の原理としては、通常であれば、膀胱に尿が500cc程度たまると尿意を感じる神経を刺激して、おしっこに行きたくなります。では、カリウムやカフェインが入ったものを飲むとどうなるのでしょうか?
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

カリウムやカフェインの利尿作用メカニズム

カリウムやカフェインの利尿作用メカニズムは、下記のような流れになります。

  • カリウムやカフェインが入る
  • 膀胱の中でカフェインやカリウムが溶け出る
  • おしっこが200ccくらいでカフェインやカリウムが尿意を感じる神経を刺激する

なので、カリウムやカフェインが多い飲み物を飲むと少ない量でもおしっこに行きたくなるのです。

1回の排尿量は少なくなるが、回数が多くなり、総量としては誤差程度であまり変わりません。カフェインとカリウムは単独でも、おしっこが近くなりますが、両方重なるとその威力が倍増します。

カフェインの利尿作用メカニズム

カフェイン特有の利尿作用メカニズムは、下記のようなものがあります。

  • 交感神経が優位になる
  • 血圧と心拍数が上がる
  • 末梢血管が収縮する
  • 腎臓の血管が拡張する
  • 尿量が増える

カフェインとカリウムの含有量その差

実験で使用した飲み物100mlあたりのカフェインとカリウムの含有量その差は、下記の通りです。オレンジジュースだけでなく、柑橘類や生搾り系はカリウムが多いので尿意を感じやすく、おしっこが近くなります。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

飲み物 カフェイン カリウム
コーヒー 60mg 65mg
オレンジジュース 0mg 180mg
緑茶 20mg 27mg
ウーロン茶 20mg 13mg
0mg 1mg

利尿作用の飲み物でカフェインレス

利尿作用の飲み物でカフェインレスなのは、オレンジジュースのような柑橘類であったり、ルイボスティーのようなハーブティーなどがあります。

利尿作用のお茶でむくみ解消

利尿作用のお茶でむくみ解消するには、どんなお茶を選べば良いのでしょうか?そして、それぞれのお茶には、どのような効果があるのでしょうか?

利尿作用とほうじ茶

利尿作用とほうじ茶について調べてみると、まずカフェインが20mgから30mg程度含まれています。これに加え、カテキン、カフェイン、サポニン、カリウム、GABA、食物繊維、フラボノイドが含まれています。

食物繊維は、腸内環境を整え、不要物の体内循環を防ぐことができ、結果血液ドロドロを防ぎ血流が改善され、血圧降下作用と循環の改善により、体内の老廃物の排出が促され、利尿作用があるのです。

食物繊維の多い食品にも同じように利尿作用が期待できますので、下記の特集記事を参照して、便秘解消にも繋がる食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶食物繊維の多い食品

利尿作用と紅茶

利尿作用と紅茶について調べてみたところ、カフェインとカリウムの効果で利尿作用あることが分かりました。ですが、コーヒーなどに比べるとその作用は低いようです。

利尿作用とアルコール

利尿作用とアルコールについて調べてみたところ、アルコールでおしっこが近くなるのは、下記の3点によるものだということが分かりました。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

  • 抗利尿ホルモンの働きを抑える:抗利尿ホルモンは、尿の量をコントロールする
  • カリウムが含まれる:血液中のカリウム量が増えるとナトリウムと一緒に排尿する
  • カラダが冷える:末端の血管が収縮するので中心部の血液量が増えそれを減らすために水分を排出する

アルコールのカリウム量

アルコール100mlあたりのカリウム量は、下記の通りです。あくまでも100mlあたりなので、大量に飲みやすいビールなどはカリウムを摂取しやすいと言えます。ビール350mlで119mgですよ。

種類 カリウム
赤ワイン 110mg
白・ロゼワイン 60mg
紹興酒 55mg
梅酒 39mg
ビール 34mg
発泡酒 13mg
日本酒 5mg
ウィスキー 1mg
ブランデー 1mg
焼酎 1mg

上記に加えて、アルコールの場合には、何で割るかも重要になります。果物にはカリウムが豊富で、緑茶やウーロン茶にはカフェインが豊富です。これらを加えると利尿作用が跳ね上がります。

利尿作用の即効性

利尿作用の即効性では、果物のようにカリウムが多いものとお茶系のようにカフェインが多い物を一緒に摂取した時です。混ぜた飲み物でもそうですし、ミカンと一緒にお茶を飲んでも利尿作用で即効性があります。

利尿作用のある食べ物ランキング

利尿作用のある食べ物ランキングとして、カリウムの多い食品で摂取しやすいのは下記の通りです。それぞれ100gあたりのカリウム含有量を示しています。

種類 カリウム
アボカド 720mg
大豆(ゆで) 570mg
さつまいも(焼き) 540mg
ドリアン 510mg
ほうれん草(ゆで) 490mg
日本かぼちゃ(ゆで) 480mg
たけのこ(ゆで) 470mg
ケール 420mg

大豆の利尿作用

大豆の利尿作用は、カリウムによるものです。100gあたり570mgのカリウムが含まれていますので、ご飯のおかずとして大豆製品を食べていれば、おしっこに行きたくなってもおかしくありません。

利尿作用とスイカ

利尿作用とスイカの関連についてですが、スイカは90%以上が水分であり、カリウムが多く含まれ、尿を生成するシトルリンとアルギニンというアミノ酸を多く含むからです。

利尿作用の飲み物でノンカフェイン

利尿作用の飲み物でノンカフェインのものには、ルイボスティーやたんぽぽ茶、黒豆茶などのお茶やトマトジュース、りんごジュース、豆乳などがあります。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
これらは、全てカリウムが含まれることで利尿作用があるわけです。中でも豆乳を使った豆乳ヨーグルトは整腸作用もあって、便秘改善にも良いのでとってもおすすめです。豆乳ヨーグルトの作り方は下記を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶豆乳ヨーグルトの作り方

利尿作用とルイボスティー

利尿作用とルイボスティーについて調べてみたところ、ルイボスティーはノンカフェインでありながら、カリウムが100g中350mg入っているので、これが大きな利尿作用を呼んでいます。

カリウムの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶カリウムの多い食品

利尿作用と麦茶

利尿作用と麦茶について調べてみたところ、麦茶は、ノンカフェインであり、カリウムも100ml中6mgしか入っていないので利尿作用は少ない方だと言えるでしょう。

利尿作用と水

利尿作用と水について調べてみたところ、水はノンカフェインであり、カリウムもほとんど入っていないので、利尿作用は少ない方です。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

利尿作用のない飲み物

利尿作用のない飲み物というのはありません。飲み物というからには、水分を含んでいるものなので、水分が膀胱にたまり500ml程度になると何を飲んでも排尿したくなるのは当然なのです。

利尿作用が飲み物で少ないのは?

ですので、飲み物の中でも利尿作用が少ないというのであれば、話は分かります。利尿作用が少ないのは、カリウムとカフェインが含まれていないものなので、水がベストです。

利尿作用の効果

利尿作用の効果には、どのようなものがあるのでしょうか?利尿作用があるのは、カフェインとカリウムであり、それぞれの効果は下記の通りです。

カリウムの利尿作用

カリウムの利尿作用によって、むくみや高血圧の原因になるナトリウム(塩分)を排出してくれます。但し、カリウムは熱に弱く、加熱調理で30%程度なくなってしまいます。

カフェインの利尿作用

カフェインの利尿作用によって、むくみや肌荒れの原因になる老廃物を排出してくれます。

利尿作用でむくみ解消

塩分を過剰摂取することによって、むくみだけでなく、高血圧の原因にもなります。利尿作用によって、むくみだけでなく、高血圧の予防・改善にも役立ちます。塩分の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶塩分の多い食品

利尿作用でデトックス

利尿作用でデトックスできるのは、主にカフェインの作用で、食品添加物、排気ガス、有害ミネラルなどの老廃物の排出を促してくれることで、毒が抜け美肌効果や新陳代謝アップによるダイエット効果もあります。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶美肌になる食べ物

利尿作用のデメリット

利尿作用のデメリットとしては、風邪や暑い夏の日などに水分補給が必要な場合やドライブ、映画鑑賞などの時におしっこが近くなることがあります。

頻尿で悩んでいる場合には、頻尿の原因に合わせた対策を特集した下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶頻尿の原因

また、カフェインによって鉄分の吸収が阻害されて、貧血が起きる可能性があります。鉄分不足にならないように、鉄分の多い食品についても、下記の特集記事で学んでおきましょう。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶鉄分の多い食品

利尿作用で脱水

利尿作用で脱水になる可能性が高いのは、ビールです。ビールはアルコール度数が低いので大量に飲めてしまうだけでなく、抗利尿ホルモンの抑制とカリウムが多いせいで水分不足になってしまうのです。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
大びん1本(633ml)を飲んだ場合

  • アルコールの利尿作用で、ビールに含まれる水分のほとんどが排尿される
  • カリウム220mgによって、利尿作用が働き、排尿される

上記のようにビールで飲んだ以上に水分が排泄されるので脱水になる可能性が高いのです。なお、コーヒーは利尿作用がありますが、そのほとんどは水分であり、コーヒーによって脱水になることは考えられません。

利尿剤とは

利尿剤とは、尿量を増加させる作用を持つ薬物です。ルプラック錠、ラシックス錠、ダイアート錠などがあります。これらの利尿剤には、副作用の心配があります。

利尿剤の副作用

利尿剤の副作用について、ルプラック錠、ラシックス錠、ダイアート錠についてみて行きましょう。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

ルプラック錠の副作用

ルプラックの副作用発生率は4.84%であり、下記の通りです。

  • 低カリウム血症
  • BUN、Cr上昇
  • 高尿酸血症
  • 頭痛・頭重感
  • 倦怠感
  • 口渇
  • めまい・立ちくらみ
ラシックス錠の副作用

ラシックス錠の副作用発生率は2.18%であり、下記の通りです。

  • 貧血
  • 低ナトリウム血症、低カリウム血症
  • 高尿酸血症
  • 発疹、蕁麻疹
  • 食欲不振、悪心
  • めまい、頭痛、起立性低血圧
  • BUN、Cr上昇
ダイアート錠の副作用

ダイアート錠の副作用発生率は4.51%であり、下記の通りです。

  • 高尿酸血症
  • 低カリウム血症
  • BUN上昇
  • クレアチニン上昇

利尿剤の動画

利尿剤の動画で、むくみをとるために利尿剤を使って、かえって病気になって腎不全になってしまう人がいるというものがありましたので載せておきます。

利尿作用

腎臓によって作られる尿という関係がありますので、腎臓に良い食べ物について、下記の特集記事でまとめていますので、腎臓を労わるために食べ物と飲み物についても学びましょう。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶腎臓に良い食べ物

利尿剤で市販

利尿剤で市販のものには、どのようなものがあるのでしょうか?エスエス製薬のアンチスタックスやサプリメントのレグキュートやメリロートがあります。

利尿作用のある食べ物で妊婦におすすめ

利尿作用のある食べ物で妊婦のむくみ解消におすすめなのは、カリウム、たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンC、カルシウム、クエン酸などがあります。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

タンパク質不足がむくみの原因

タンパク質不足がむくみの原因になるのは、むくみの解消に筋肉が必要だからです。タンパク質は、筋肉の主原料であるので、これが不足すると筋肉はどんどん減少して行きます。タンパク質の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶タンパク質の多い食品

ビタミンB群不足がむくみの原因

ビタミンB群不足がむくみの原因になるのは、水分の代謝を良くする働きがビタミンB群にあるからです。ビタミンB群の多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶ビタミンB群の多い食品

ビタミンE不足がむくみの原因

ビタミンE不足がむくみの原因になるのは、血行を促進して老廃物の排出を助ける効果がビタミンEにあるからです。ビタミンEの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶ビタミンEの多い食品

ビタミンC不足がむくみの原因

ビタミンC不足がむくみの原因になるのは、妊娠中のストレスでビタミンCが不足するためです。ビタミンCの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶ビタミンCの多い食品

カルシウム不足がむくみの原因

カルシウム不足がむくみの原因になるのは、妊娠中のストレスでカルシウムが不足するためです。カルシウムの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶カルシウムの多い食品

利尿作用のある食べ物で腹水

利尿作用のある食べ物で腹水をコントロールすることは、食事による治療や、利尿剤などを飲むことによって腹水のコントロールが医療現場で行われていることから可能だと考えられます。

利尿作用の飲み物で妊婦

利尿作用の飲み物で妊婦におすすめなのは、カフェインレスでカリウムが含まれるルイボスティーなどのハーブティーや果物などのカリウムが含まれるものです。

利尿作用の飲み物でコンビニ

利尿作用の飲み物でコンビニで買いやすいのは、オレンジジュースやリンゴジュースなどの果物のジュースです。あとは、カフェインが多いコーヒーや紅茶なども良いですね。
利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング

利尿作用の飲み物でダイエット

利尿作用の飲み物でダイエット効果があるのは、カリウムによる塩分排出効果でむくみ解消とカフェインによるデトックス効果によって、代謝アップによるダイエット効果が考えられます。

利尿作用の飲み物でむくみ解消

利尿作用の飲み物でむくみ解消できるのは、カリウムとカフェインの働きによるものです。中でも、塩分を排出する作用のあるカリウムによるむくみ解消効果は大きいと考えられます。


利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶顔のむくみ解消

利尿作用の飲み物で膀胱炎を解消

利尿作用の飲み物で膀胱炎を解消するのは、尿とともに細菌もスッキリ流してくれる効果を狙うものです。これに加えて、ポリフェノールを多く含むもので、抗酸化作用を得ることも大切です。
ポリフェノールの多い食品

膀胱炎の自然治癒をお茶の利尿作用

膀胱炎の自然治癒をお茶の利尿作用で行う場合には、どくだみ茶のように強い利尿効果があり身体を内側から温める効果による下半身の冷え防止のあるものが良いですが、膀胱炎の症状が進んでしまってからではダメなので病院へGO!

利尿作用と糖尿病の水分必要性

糖尿病の高齢者が水分不足になることによって、高血糖高浸透圧症候群を引き起こす原因の一つとなるのが、利尿作用による脱水です。利尿作用が多い飲み物や食べ物をとる場合には、いつも以上に水分が必要だと心得ましょう。

利尿作用のツボ

利尿作用のツボには、下記のようなものがあります。

ツボ 場所
足三里 膝のお皿の下、指3~4本下がった部分の外側
委中 膝の裏の中心
承山 委中から足首までの中間
太谿 足首の内側のくるぶしとアキレス腱の中間
足心 足裏の真ん中
心臓 左足の足裏、薬指と中指の中間をかかとに向かって進み、3~4cm進んだ部分

利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング!即効性むくみ解消効果ツボのまとめ

利尿作用のある食べ物と飲み物ランキングで即効性のむくみ解消効果でダイエット!利尿作用のない飲み物や少ないものも知ると便利だ。お茶、ツボやサプリでコンビニ市販の利尿剤みたいな副作用なしに膀胱炎や糖尿病に効く。妊婦にノンカフェインやカフェインレスを贈るなら何?

利尿作用のサプリでむくみ解消

利尿作用のサプリとしては、カリウムが豊富に含まれているものが良いことはお分かりですよね?利尿作用のあるサプリでむくみを解消するものとしては、「するっと小町」がおすすめです。

夕方になると脚がパンパンで、ブーツやヒール、パンプスなどが入らなくなった!なんて経験はありませんか?そんな困った悩みを解消してくれるのが、ミニトマト41個分のカリウムを配合した「するっと小町」です。

するっと小町の成分

カリウムだけでなく、むくみを解消してくれる下記の成分も配合しています。

  • ポリフェノール:足のめぐりに良い赤ブドウ葉ポリフェノールを赤ワインの300倍配合
  • 明日葉:食物繊維、マンガン、パントテン酸、ナイアシン、カリウム、銅、カロテン、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンK配合
  • コーンシルク:カラダのめぐりをスムーズにする
  • 松樹皮:抗酸化作用、抗炎症作用で身体のめぐりを良くする
  • 赤ショウマエキス:脂肪燃焼効果のあるポリフェノールを含む
  • マグネシウム:セロリ7.4本分のマグネシウムで300種類以上の酵素の働きをサポート

限定特典

するっと小町を本記事経由で購入することで、下記の限定特典が手に入ります。ただし、限定特典は人件費を還元しているものですので、電話注文は対象外でネット注文のみが対象となります。

  • 初回540円
  • 送料無料

足のむくみスッキリ♡
【するっと小町】


お急ぎください!!!
キャンペーン終了間近
◆先着100名限定◆
品切れ注意!
残りわずか
下記画像を今すぐタップ♪

利尿作用のある飲み物と食べ物ランキング
▶公式サイトはコチラ!

※『公式サイトはコチラ!』をタップしても、公式サイトへ移動しない場合にはキャンペーンが終了している可能性があります。