乳酸菌の殺菌とは

乳酸菌の殺菌とは、何なのでしょうか?これには二つの意味があります。一つは、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品を殺菌処理して雑菌を減らし味だけでなく食中毒の防止を行います。
乳酸菌の殺菌方法
このような殺菌処理は、乳酸菌に限らず多くの食品で行われていますので、最初にこれを思い浮かべる人が多いでしょう。では、もう一つは何なのでしょうか?

乳酸菌による殺菌です。乳酸菌を殺菌に使うという意味で、土壌や農作物に対して乳酸菌を散布するというものです。乳酸菌の殺菌について、前者をメインに後者についても触れて行きましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

生きた乳酸菌が腸まで届くとかいうけど、殺菌処理しちゃったら乳酸菌が死滅するんじゃないのでしょうか?

乳酸菌の殺菌方法

乳酸菌の殺菌方法として、乳酸菌を含むヨーグルトなどの乳製品を殺菌する場合には、低温殺菌か高温殺菌を選ぶことになります。
乳酸菌の殺菌方法
一般的な殺菌方法として、アルコール殺菌もありますが、乳酸菌はアルコールで死滅させることが難しいので、このやり方は使えません。

乳酸菌食品や乳酸菌飲料には殺菌と表示されているものをよく見かけます。乳酸菌の殺菌方法としては生きて腸まで届くことで効果が発揮されるとのことが多く人には知られます。

従って、殺菌と表示されることで菌が死んでしまうのではないかと思ってしまう人も多いと言われています。まず殺菌を行なっている理由としては殺菌処理にはこれだけではなく他の最近などが繁殖するのを抑制して腐敗も防止します。

これにより商品としての味や栄養面を損なわずして販売することができます。発酵していく中でガスが膨張してしまい破裂してしまうこともありますがこれでは商品として販売することもできません。

従って殺菌処理を行って菌を死滅させています。死滅した乳酸菌の死菌は胃酸や熱処理の影響を受けることもなく腸までたどり着けることが可能です。

生菌のように整調作用を促したり免疫力を高めたりする効果はありませんが生成してサポートを行い腸内の乳酸菌を増やしてくれます。

殺菌と表示されている乳酸菌食品でも腸に効果があるものがあるということがわかります。殺菌処理をしているからと行ってその商品を食べないようにするわけではなく色々な種類の乳酸菌食品を継続的にとり続けることが大切です。

乳酸菌の殺菌条件

乳酸菌の殺菌条件として、温度が大きく関係します。乳酸菌が活発に活動できる温度は、40度前後です。低い温度であれば休眠状態になり生きていますが、低温殺菌でも50度以上で死滅してしまいます。
乳酸菌の殺菌方法
他の菌同様、乳酸菌は生きています。そして多くの生き物には適温というものが存在します。食品に使用されることが多い乳酸菌は加熱処理されることも多いのですが、殺菌条件を知っておくことで菌を活かしたまま加熱することも可能となります。

ただ乳酸菌と言ってもその数がかなり多いものです。それぞれに耐熱温度は異なっており、増殖を繰り返しているのです。ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌の多くは、40度前後が適温と言われています。

氷点下まで下がると活動は停止しますが死滅はせず仮死状態となります。再び適温になったときに活動を再開するのです。

一方で高温には弱く、50度以上が長時間続くとやがて死滅してしまいます。殺菌条件を短くしたいのであれば、100度以上の加熱であれば数秒で殺菌されます。

しかし植物性乳酸菌と言われるみそやキムチに含まれる菌は、耐熱温度が高い菌です。発酵が進むことで食品の温度が上昇しますが、80度前後までは耐えられるとも言われています。つまり生きた乳酸菌を調理に取り入れたいということであれば、植物性乳酸菌を含んだ食材をさっと加熱して調理することが望ましいと言えるのです。

特性をよく知ることで、より効果的に摂取できるでしょう。

乳酸菌の殺菌温度と時間

乳酸菌の殺菌温度と時間について見て行きましょう。下記の低温殺菌と高温殺菌のどちらを選んでも乳酸菌は死滅してしまうので、生きている乳酸菌を摂取するには殺菌後に添加するしかありません。

殺菌方法 温度 時間
低温保持殺菌 63度から65度 30分
連続式低温殺菌 65度から68度 30分
高温保持殺菌 75度以上 15分以上
高温短時間殺菌 72度以上 15分以上
超高温瞬間殺菌 120度から150度 1秒から3秒

乳酸菌にはいろいろな種類があり、350種類あると言われています。それぞれの種類によって乳酸菌の特徴にも違いがあり性質も異なります。

乳酸菌の加熱

乳酸菌には増殖しやすい温度や死滅しやすい温度があり、40度以上になると乳酸菌は死滅するそうです。熱に弱いということが特徴的ですが、最も活躍するのは25度~40度ぐらいと言われています。
乳酸菌の殺菌方法
殺菌温度が設定されていて、パッケージの外側に高温での保管はなるべく避けて下さいなどの記載が書かれています。保管する温度は十分気を付ける必要があるでしょう。乳酸菌を効果的に摂取には食事の後が最も効果を発揮すると言われています。

胃酸に弱い特徴があるので胃酸が薄まるような食後に食べると効率良く摂取することが可能です。繁殖しやすい温度は約40度ぐらいと言われていて、食品で摂取する場合は生きた状態に維持するため40度前後で料理をする必要があるでしょう。

特に味噌といった発酵食品には多く含まれていますが、一般的な料理において40度で調理するのはかなり難しく沸騰したら熱によって乳酸菌がなくなってしまいます。適度に冷えたヨーグルトを食べることによって効率良く乳酸菌を生きたまま摂取することが可能です。

乳酸菌の殺菌表示

乳酸菌の殺菌表示は、ペットボトル入りや紙パック入りの乳酸菌飲料などに書かれていて、カルピスにも殺菌の文字があります。
乳酸菌の殺菌方法
スーパーの飲料水のコーナーに置いてある飲み物で乳酸菌飲料の横に殺菌と表示されているものを見かけます。乳酸菌の含まれている飲み物なのに殺菌がしてあったら意味がないのではないだろうかと思ってしまいます。

この菌は糖を分解することで乳酸を作りだすことのできる菌で、同じ乳酸菌と分類されますがその種類は数多く存在しています。この菌の腸内での働きは、大腸菌などの悪玉菌の活動を抑制したり、便を送る腸の運動の手助けをしてくれます。

加熱殺菌によってこのような働きをもった乳酸菌は殺菌されているのですが、乳酸発酵して作りだされた成分は有効となっていて、また殺菌された乳酸菌はすでに存在している腸内の善玉菌の餌になることによって有効に作用するようになっているのです。

また殺菌された菌の残骸が腸内の免疫細胞を刺激して免疫力を高めてくれる効果も確認されています。このようなことから殺菌されているからといって一概に効果が無くなってしまっているとは言い切ることはできません。

飲料メーカーの見解としては乳酸菌は生きていても死んでいても良い作用を身体にもたらすことがわかっていて、体内に取り込まれた乳酸菌は効果を発揮した後には数日で消化されることになるので継続しての摂取を推奨しています。

乳酸菌の死菌

アサヒのカルピスや明治のヨーグルトなどは、加熱殺菌処理により乳酸菌が死菌となっていますが、死んだ菌も腸内で善玉菌の餌になり腸内フローラを改善します。

乳酸菌のシロタ株

乳酸を作る生きた乳酸菌や乳酸と酢酸を作るビフィズス菌が入っているヤクルトやジョア、ミルミルなどの乳製品は、腸内環境を改善して頑固な便秘を解消してくれます。

乳酸菌の殺菌剤

乳酸菌は、主に人間の腸に棲む善玉菌として名高く、食中毒の原因となる菌を殺菌してくれる存在と説明されます。そのため、雑菌が発生している場所に乳酸菌を与えれば、それだけで殺菌剤と同じ働きがあるのではないかという疑問が生じるのは確かです。
乳酸菌の殺菌方法
これについては乳酸菌が活躍する上では、その乳酸を作り出す環境を必要とし、その乳酸が悪玉菌の増殖を抑えることに繋がります。つまり乳酸菌をそのままの状態で殺菌剤で使うことはできず、乳酸を作り出せる状態にあることが必要です。

もっとも悪玉菌の増殖を抑制できるだけであって、総てを殺菌できる点ではないことに注意も必要です。また乳酸がある酸性状態でも、食中毒の原因菌のO-157などは生存できる状態にあり、そういったことからも、殺菌剤に使用できません。

実際に乳酸菌が多いはずのヨーグルトを食べて食中毒であるO-157が起きたという事例も存在するため、乳酸でも耐えてしまう可能性もあります。

なお乳酸菌の効果をより引き出す上では、人間の腸内がもっとも優れ、そこでは免疫細胞にも働きかけ、腸内環境を向上させる働きがあります。

善玉菌の勢力が悪玉菌の勢力を上回ることで殺菌に似た働きが起き、結果として殺菌剤に近い効果を得ることができるとされているだけです。

乳酸菌の殺菌作用

最近は食品や飲料水、発酵商品など様々な乳酸菌が含まれている商品が販売されていますが、気になるのが殺菌表示の記載がされているものです。
乳酸菌の殺菌方法
健康や美容目的で摂取するのに、殺菌作用が施されていると意味がないと感じる人も少なくないでしょう。殺菌作用が施された商品は当然菌が死んでいますが、実は死んでいる菌を体の中に取り入れても効果は期待できるのです。

生きているか死んでいるかは関係なく摂り入れることが、腸内環境を良くすることに貢献します。

食品に乳酸菌が使われているのは体に良い効果をもたらすだけでなく、酸味や香りをプラスできるので美味しさを増す意味合いもあります。

さっぱりとした美味しさは乳酸菌が分解された時にできる乳酸が基になっていますが、酸味が一定数を超えると旨味が減少するので低温加熱で殺菌しているのです。

アルコール商品に含まれている乳酸菌はお酒の発酵の促進を早めて腐らせてしまうことがあるので、低温で加熱処理が施されています。

加熱処理された乳酸菌は死滅するので効果を発揮できないと思いがちですが、死滅した状態でも乳酸自体はなくならないので腸内できちんと作用します。

生きたまま腸に届いても菌が腸に定着して善玉菌を増殖させるわけではないので、摂取する前に菌が生きているか死んでいるかはあまり関係はなく、殺菌作用が施された乳酸菌でも腸には効果的な働きをしてくれます。

乳酸菌の殺菌体の効果とは

乳酸菌の中で殺菌体といわれるものはフェカリス菌と呼ばれ、その中のうち花粉症で免疫の働きが異常になったアレルギー症状を正常にしていくとされ特許になっているFK-23菌や、菌株にあたるEC-12株等が注目されている菌とされています。
乳酸菌の殺菌方法
この菌は加熱殺菌された状態(殺菌乳酸菌)でも加熱や殺菌して摂取する方が免疫力を上げ身体機能に有効と言った身体に良い効果が期待出来る事が研究結果が発表されているもので、実際フェカリス菌を摂取により腸内で身体に刺激による効果が確認されています。

また一般的な乳酸菌と比較すると殺菌しても効果があるだけでなく加工や品質保持がしやすく、そのサイズは1/5と言う大きさ(また形状は一般的な乳酸菌が棒状の形だがフェカリス菌は丸型)であるため、少ない量でたくさんの数の摂取ができると言った効率の良さ上に、身体のすみずみにまでしっかり届くと言った効果とお手軽さの特徴があります。

摂取によって善玉菌のエサとなり、善玉菌の栄養となるその結果腸内免疫細胞が活性化するので善玉菌の働きを助ける事にもつながります。その為、善玉菌が体内にないと効果がないので善玉菌に当たる乳酸菌も一緒に摂取すると安心です。

ラブレ乳酸菌と殺菌表示の関係

乳酸菌飲料などの商品をよく見てみると、無殺菌や殺菌などと表示されているものがあります。健康を思って摂取する乳酸菌が殺菌されていたら意味が無いのではないかと考えてしまいます。
乳酸菌の殺菌方法
結論から言うと、殺菌と表示されている物の菌は死んでいます。しかし、体に与える影響を考えると、生きているかどうかは関係なく、菌を摂取する事自体が大切なのです。

ラブレ乳酸菌の特徴であるさっぱりとした酸味は乳酸菌が分解された時に生成される乳酸がもたらす物です。しかし、酸味が一定量を超えてしまった場合、酸の強さで容器の破損などの原因となったり、旨味の減少を引き起こす理由になるため、菌を低温加熱で菌を死滅させているのです。

乳酸民死滅した状態でもきちんと効果があるのか心配になる方もいるかもしれませんが、乳酸菌が生成する乳酸自体はなくなるわけではなく、腸内でしっかりと働いてくれるのです。

腸内に届き、善玉菌のえさになったり、腸内の老廃物を吸収して体外に排出する働き、免疫細胞を活性化し、健康的な体を作り、病気に負けない体を作る効果が期待できます。殺菌・無殺菌の表示を気にするよりは、自分の体にどの乳酸菌が効果的なのかの見極めのほうが大切です。

シールド乳酸菌の殺菌

森永乳業の「シールド乳酸菌®M-1」は、免疫賦活作用を有する乳酸菌の加熱殺菌体です。たべるシールド乳酸菌タブレットやたべるシールド乳酸菌チョコレートが有名ですね。

乳酸菌粉末が生きてる

乳酸菌粉末が生きてるかどうかはそれほど重要ではないとしている会社と生きているから腸で善玉菌を活性化させるチカラが強いんだ!という会社がありますが、どちらが正しいのでしょうか?

殺菌乳酸菌末

殺菌乳酸菌末ということは、乳酸菌が殺菌されてしまっているので、生きて腸まで届きません。ですが、死滅した菌でも腸内で善玉菌のエサになるので意味はあります。

乳酸菌は効果なし?

乳酸菌は腸内環境の改善に効果なしなのでしょうか?そんなことはありません。小腸の善玉菌は乳酸菌がメインですので、小腸が活性化して免疫力向上の効果が期待できます。
乳酸菌の殺菌方法
大腸については、善玉菌の99.9%がビフィズス菌なので、乳酸菌の効果は低いかも知れませんが、小腸と大腸は繋がっているので、効果なしということはありません。


ダイエット
▶乳酸菌は効果なし?

乳酸菌の殺菌方法!条件は加熱温度で作用するが死菌表示も効果なし?のまとめ

ヨーグルトなどの乳酸菌を含む商品は効果なしではないが死菌より生きてる乳酸菌が腸まで届くと表示したいので加熱温度条件による作用を厳しくチェックする。シールド乳酸菌は殺菌乳酸菌粉末を使っているが効果がある。殺菌剤とは?

乳酸菌サプリ

乳酸菌の種類が多いサプリを摂取することで手軽に腸内フローラを善玉菌優勢の状態にすることができるので、免疫力向上により花粉症やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善が期待できます。

でも、乳酸菌サプリなんて色んな種類があって、どれが良いか分からないよ!というのが、本音じゃないでしょうか?ですので、効果が実感できる乳酸菌サプリをランキング形式でまとめましたので、参考にして下さい。


ランキング
▶乳酸菌サプリのランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7