乳酸菌は効果なし

乳酸菌は効果なしというのは、頑固な便秘解消や腸内からウンチという老廃物を排除したことによる肌、美容やダイエットに対する効果がないということです。
乳酸菌効果なし
全くないということではないのですが、乳酸菌は小腸の善玉菌で、小腸の働きとしては免疫力の70%を担うことで、便秘の解消は小腸ではなく大腸に深く関わります。

では、大腸の善玉菌は何かというと99.9%がビフィズス菌なので、乳酸菌ではなく、ビフィズス菌であれば、便秘解消に関連する効果が得られるでしょう。では、乳酸菌の効果に関して詳しく見て行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌でダイエットをしたり便秘解消するのは難しいでしょう。

乳酸菌の効果

乳酸菌の効果としては、小腸の腸内環境を整えることによって、小腸の働きが活性化して、免疫力がアップするので、病気になりにくくなったり、アレルギー症状が緩和されたりします。

乳酸菌の効果で美容

乳酸菌の効果で美容と言う意味だと、便秘を解消することでの美容効果は薄いのですが、アレルギー症状を緩和するので、アトピー性皮膚炎を改善するという意味の美容に関する効果は期待できます。


乳酸菌は効果なし
▶アトピー性皮膚炎

乳酸菌の効果で肌

乳酸菌の効果で肌トラブルが解消して美肌になるというのは、便秘解消による効果としては、ほとんどありません。便秘が解消されれば美肌効果はあるのですが、便秘の解消には乳酸菌よりビフィズス菌だからです。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌は腸だけでなくお肌にも効果的

お腹の調子を整え腸内環境を改善する働きがある乳酸菌ですが、健康な体作りができるほかに、実はお肌にも良い効果が期待できるといいます。

しかし、乳酸菌が直接肌に働きかけるわけではありません。やはり、腸内環境を整えることが肌にも良い効果を与えることになります。乳酸菌を積極的に摂ることにより、毎日のお通じが順調になり不要なものを溜め込むことがなくなります。

便秘が続くとお腹が重苦しくなるだけでなく、肌の状態も悪化することは多くの女性が経験しているのではないでしょうか。乳酸菌を毎日摂取することで、毎日のお通じがスムーズになり不要なものがしっかりと排出されます。

また、お通じがスムーズになることでトイレのストレスも軽減され、そのことが肌に良い影響を与える可能性もあります。

健康だけでなく美容にも効果が期待できる乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品の他に漬物などの植物性発酵食品にも含まれています。

毎日そういった食品を食べ続けることが難しいのなら、手軽なサプリを利用することも効果的でしょう。とにかく毎日せっせと摂取すること、継続することが大切なので自分のライフスタイルに合わせた方法で乳酸菌を摂ってみてはどうでしょうか。

乳酸菌の効果で便秘

乳酸菌の効果で便秘を解消するのは難しいでしょう。小腸の腸内環境が改善されるので、小腸から大腸への道はスムーズなのですが、大腸の腸内細菌フローラがキレイにならないと便秘解消は難しいのです。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌には便秘を解消する効果がある

乳酸菌は便秘に効果があると聞いたことのある人もいるでしょう。乳酸菌は乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸を作り、腸内環境を酸性に保つという働きがあります。

腸内を酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑制することができますし、大腸に刺激を与えることで腸の運動を活性化させてくれるということです。

大腸は伸縮しながら便を肛門へ送り出す運動を行っていますが、この動きが弱ると便が移動しにくくなるため、便秘になってしまうということです。

便が腸内にとどまる時間が長くなれば悪玉菌が増えてしまいますし、腸内環境はさらに悪化してしまいます。便秘が慢性化してしまうこともあるため、早めに腸内環境を改善することが大切なのです。

便の大部分は水分でできていますが、腸内環境が悪化すると便の中に含まれる水分がかなり少なくなってしまいます。水分が減って便が硬くなることで排便しにくい状態になってしまうため、便秘になってしまうということです。

乳酸菌をきちんと摂取していれば善玉菌を増やすことができますし、腸の運動を活性化させられることはもちろん、程度な水分を含んだ丁度良い硬さの便にすることができるのです。そのため便秘を解消できるということです。

乳酸菌ダイエット

乳酸菌ダイエットのキモとなるのが、便秘の解消です。ですが、そもそもの便秘を解消するためには、乳酸菌を摂取してもウンチが出ることは少なく、大腸の善玉菌であるビフィズス菌のチカラが不可欠です。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌効能

乳酸菌効能としては、小腸の腸内環境を整えるというものがあります。これにより、小腸が活性化するので、小腸の働きとして、免疫力のアップが得られます。

乳酸菌の効果の論文

乳酸菌の効果の論文としては、バイオジェニックス連絡協議会の議員である菅辰彦さんが書かれた「乳酸菌は生菌である必要があるのか」があります。

乳酸菌の効果いつから

乳酸菌の効果は、摂取し始めてからの期間として、いつから実感できるものなのでしょうか?概ね、10日から2週間程度で乳酸菌の効果を実感できる人が多い傾向にあります。
乳酸菌は効果なし

乳酸菌は長期間の保存効果があります

乳酸菌というのは乳酸という物質を作り出す細菌で、およそ600種以上もの種類が自然界に広く分布し私たちの暮らしに役立っています。

乳酸菌は発酵というプロセスを通じて食品の味を良くしたり、保存期間を高める効果を持っています。乳酸菌は乳酸を作りだす細菌といいましたが、その時に食品に含まれる糖類を分解するのが発酵と呼ばれる現象です。

乳酸の影響で食品自体が酸性になるおかげで腐敗菌や食中毒の原因菌が繁殖しにくくなり、長期間保存できるようになる利点があります。

中でも最も身近なのが牛乳を乳酸菌発酵させて作る発酵乳とチーズです。乳酸菌はもともと牛乳には存在していませんが、製造過程で乳酸菌を加えることでヨーグルトやチーズを作ります。

糠漬けやお酒やみそ・醤油といった日本の食品の発酵にかかわるものも多く、世界中の様々な民族や地域の食生活の歴史を通じてとても大切な役割を果たしてきました。

そしてもう一つ乳酸菌は私たちの健康にとっても欠かすことができません。自然界に広く分布する菌の中には、私たちの体内に存在するものがあり中でも腸の中に善玉菌として多く生息しています。

腸内で腐敗物質や毒素を生み出している悪玉菌と日夜戦っています。

乳酸菌の効果と種類はどうなのか

善玉菌のえさとなる乳酸菌は一つのように感じますが、実は様々な種類が存在しています。ヨーグルトに多く含まれており、市販のヨーグルトのパッケージを見るとメーカーによって力を入れている乳酸菌があり、どれを選んだらよいのか悩むこともあります。
乳酸菌は効果なし
乳酸菌は種類ごとに効果が若干違います。よく耳にするブルガリクス菌やLカゼイシロタ株、LGG菌、植物性のラブレ菌
は腸に作用するものです。

生きたまま腸まで行くので腸内フローラの状態を良くするのに最適な乳酸菌ですが摂取をやめてしまうと、腸内のバランスはもとに戻ってしまいます。継続的に食べるようになるので注意しましょう。

コレステロール値を下げる、内臓脂肪を減らすには機能性表示食品にもなっているガセリ菌SP株は、人間の腸から分解されたものです。肥満傾向の人が数週間食べることで少しずつ脂肪を減らすことができるようになります。

腸内環境を整える効果もあるLカゼイシロタ株やL-92乳酸菌は、アレルギーの症状を緩和したり、免疫力を高めたりします。免疫細胞を強くするので感染症予防にもなり、丈夫な体へと導きます。

これらの乳酸菌を確実に腸へと運ぶには食後が適しているので、意識して摂取してみます。

腸内環境を整える「乳酸菌」の効果一覧

まず「乳酸菌」とは、代謝によって乳酸をはじめとする多くの酸を生産する細菌の事です。吸収や消化を促進させ、免疫力を高める善玉菌の代表でもあり、人間が健康に過ごす上で大切な菌でしょう。
乳酸菌は効果なし
乳酸菌を利用した食べ物は沢山あるので、手軽に摂取する事が出来ます。多く含まれているもので代表的なものはキムチやぬか漬け、塩麹やヨーグルトが有名ですね。

そんな乳酸菌ですが、身体に良いという事は知っていても、何故良いのか。そしてどういった効果が期待出来るのか…知られていない事は沢山あります。乳酸菌を摂る事で発揮される効能一覧です。

「整腸作用」腸内環境を悪くしてしまう悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。それと同時に善玉菌を増やしてくれるので、便秘や症状改善に繋がるでしょう。老廃物を溜め込むのを防ぎ、余分な成分を排出する動きもあるので美容の側面でも期待出来ます。

「免疫作用」腸内環境を整える事で、有害物質を迅速に排除します。免疫力が下がってしまうと風邪やインフルエンザになりやすくなるので、免疫力を高めてウィルスから身を守りましょう。ガンや糖尿病等の大病を防ぐという期待もされています。

「脳腸相関」脳と腸は自律神経やホルモン等を介して、密接な関係にあります。腸が第二の脳と呼ばれているように、腸の状態が良ければ良いほどストレスや精神病を避けられるのです。乳酸菌を摂取するほど心の健康にも好影響を齎せます。

乳酸菌効果は嘘だったのか

これまで乳酸菌はさまざまな身体の症状に効果があるといわれてきました。とくにインフルエンザに効果をもたらす乳酸菌を配合している飲料は大ヒットしました。
乳酸菌は効果なし
しかし、最近ささやかれている噂のひとつにステマ報道があります。とある健康番組で取り上げられた乳酸菌飲料は、金銭を受け取り番組内で紹介しているというものです。

放送では商品名をあげてアピールしていますが、週刊誌によると代理店を通して制作会社に多額の金額が支払われていたとのことです。一連の騒動から、乳酸菌効果は嘘なのではとの声があがっています。

しかし、乳酸菌には科学的根拠を裏付ける健康効果があるので否定はできません。現に、乳酸菌を健康補助食品として摂取して体質改善に繋がったひとも多くいます。

ただよく言われているのは、乳酸菌は生きたまま腸に届かないと意味がないとの意見です。しかし、免疫力向上に限れば死菌でも効果があると報告されています。

なのでそこまで深刻になる必要はありません。大切なのはどの製品が自分の腸に合うかです。見極めるポイントとして同一銘柄の商品を1週間および2週間程食べ続けてください。1日の摂取量は最低でも100gから150gとなっています。

乳酸菌の効果でカルピス

乳酸菌の効果でカルピス菌のラクトバチルス・ヘルベティカスは、寿命への効果、感染症・腫瘍・循環器疾患の予防、血圧低下作用、疲労回復、ストレス軽減、記憶力向上などが期待されています。

ヨーグルト効果効能

ヨーグルト効果効能としては、下記が挙げられます。もちろん、ヨーグルトの種類によっても異なりますので、考えられる効果や効能を全て挙げたということになります。
乳酸菌は効果なし

  • 免疫力を高める
  • アレルギー症状の予防・改善
  • 花粉症、アレルギー性鼻炎の予防・改善
  • アトピー性皮膚炎の予防・改善
  • 腸内環境の改善(整腸作用)
  • 便秘解消・便秘予防
  • ビタミン不足解消
  • 風邪予防
  • インフルエンザ予防
  • 肝臓病予防、肝機能改善
  • 肌荒れ、ニキビの予防・改善
  • 美肌促進
  • 食中毒の予防
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(がん)予防効果
  • 骨・歯の強化、骨粗しょう症予防
  • 虫歯・歯周病予防
  • 血中コレステロール値を下げる
  • 痛風の予防・改善
  • 精神的ストレスの緩和・解消
  • 下痢の予防と改善
  • 癌(がん)予防

ヨーグルト効果比較、どのヨーグルトが良いか

ヨーグルトにはさまざまな種類があり、表示を見てみると販売会社によって入っている乳酸菌が異なります。どの乳酸菌が何に効果があるのかわからないこともあり、ヨーグルト効果比較をどのようにしたらよいかわからないこともあります。
乳酸菌は効果なし
なお、ヨーグルト全体の効果としては、便秘改善、生活習慣病の予防、美肌効果などがあります。

ヨーグルト効果比較としては、乳酸菌の種類がなんであるかしっかりと見る必要があり、一つの乳酸菌だけでなくいくつかのものを摂ることが大切になってきます。

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131菌が含まれているヨーグルトは特に美肌効果があり、別名LB81とも呼ばれています。便秘改善効果もあるので、両方を得たい場合はLB81のヨーグルトを選ぶようにします。

LG21が含まれているヨーグルトは胃にいるピロリ菌の数を減らすことができ、R-1ヨーグルトは免疫力を改善するのに効果があります。

この2つは主に健康を維持する効果が期待できるので、日ごろから摂取することで免疫力を高く維持することができます。

内臓脂肪を減らす、コレステロール値を正常にする効果があるのはガセリ菌SP株とクレモリス菌FC株、アセトバクター菌FC株です。クレモリス菌とアセトバクター菌は食物繊維と似た働きをするので食事の前にとるとさらに効果があがります。

シールド乳酸菌の効果

シールド乳酸菌の効果としては、免疫力のアップとインフルエンザへの効果が、森永乳業のサイトにて記載されています。
乳酸菌は効果なし

シールド乳酸菌にはどのような効果があるのか?

シールド乳酸菌は森永乳業が開発した乳酸菌の1つです。シールド乳酸菌を腸内に入れることで腸内の免疫細胞の活動を活発化する働きが特徴です。シールド(盾)のように外敵から体を守ることにちなんで「シールド乳酸菌」と命名されました。

腸内の免疫細胞を活発化させる菌であるため、免疫力を高めることによって様々な不調に対処できるのが大きな効果です。免疫力不足は風邪その他様々な日常的な体調不良の引き金になります。

そのためシールド乳酸菌を摂取することで、免疫力不足が原因となりやすい様々な症状を総合的に改善することが期待されます。

特に注目すべきはインフルエンザの感染を予防する働きです。日本農芸化学会2014年度大会では、シールド乳酸菌を摂取したマウスは、摂取していないマウスに比べてインフルエンザ感染の症状が少ないことが発表されたことは、インフルエンザ予防効果に大きな期待がもたれることを示唆しています。

摂取方法には、サプリメントを摂取する味噌汁やヨーグルトに混ぜて食べるなどの様々な方法がありますが、現在は「食べるシールド乳酸菌」という商品も発売されています。

これはタブレット状にして食べられるようにしたものであり、サプリメント感覚で摂取することができます。

シールド乳酸菌は生きたままではないと効果ないのか

人間が生活していく中でいつもウイルスや病原菌によって健康が脅かされている実態があり、病気の原因に繋がることが多いです。
乳酸菌は効果なし
シールド乳酸菌はそういったウイルスや病原菌で健康が脅かされた状態を解消する上で活躍してくれる乳酸菌で、人間の体が本来持っている免疫力を回復してくれる重要な役割を担っています。

シールド乳酸菌はそれを食べることで、腸内に吸収されるときに免疫細胞を活性化させることができ、それが活性化されることで体内に侵入するウイルスや病原菌、体内で発生するがん細胞などを未然に防ぐことが可能です。

ただ乳酸菌と聞くと、唾液や胃酸などによって死滅してしまうことも多く、本来の効果をもたらす上では生きたまま腸まで届けることが重要なポイントとされます。

しかしシールド乳酸菌は死滅した状態でも効果ないこともなく、それを摂取することで腸内から吸収されるときに体全体、体の免疫細胞を活性化させることに繋がります。

実際にシールド乳酸菌を扱う製品は、タブレット状になっていることも多く、口の中でそれを溶かして摂取を行う形と楽に摂取が可能です。

ただ効果ないのかあるのかについては、免疫細胞を活性化させる効果があり、インフルエンザや風邪などにかかりにくくなるとする意見も多いですが、判断が難しい側面もあります。実際に効果ないかあるのかは、日常生活で目に見えて直ぐに現われ出るものではないからです。

「シールド乳酸菌M-1」の効果とは

乳酸菌には腸内の環境を整えるものなど様々な種類がありますが「シールド乳酸菌M-1」は森永乳業が免疫力を高める効果をキーワードに、数千株の中から選ばれた乳酸菌となっています。腸から免疫細胞に働きかけて免疫力を上げる効果が期待できることから、体を守るシールドをイメージして名づけられました。
乳酸菌は効果なし
シールド乳酸菌M-1は腸の免疫細胞に働きか、免疫力を上げる効果があるため、免疫力の低下が気になる時におすすめです。

インフルエンザウイルスの感染を予防があるほか、85歳以上の高齢者がインフルエンザワクチンを摂取した際の効果を高める効果が報告されています。

動物試験ではありますが腸管で全身の粘膜で体を守る働きのあるIgAの産生促進を増やす効果も発見されているほか、女子大生241名を対象とした二重盲検試験では風邪の自覚症状の発現抑制されたという結果もあります。

人由来の乳酸菌でサプリメントなどの健康食品はもちろん、ヨーグルトや味噌汁など生活に身近な食品でも利用できるので取り入れやすい方法で健康に役立ててみてはいかがでしょうか。

最近ではシールド乳酸菌M-1が配合された乳酸菌タブレットやチョコレートなども販売されていますので参考にしてみて下さい。

乳酸菌は効果なし?サプリメントの評判をチェック

お肌の調子を整えたり、便秘を解消する効果があるとして乳酸菌が注目を集めていますが、効果なしだという意見も見られます。

実際に乳酸菌サプリメントを飲んでいる人は、その効果について口コミでどう評価をしているのでしょうか。乳酸菌サプリメント愛用者の口コミを見ると、やはりお腹の調子が整う・朝スッキリできるなどのコメントが多いようです。

腸内の働きが弱まり便秘が続いてしまうと、吹き出物等の肌トラブルも起きやすくなってきます。乳酸菌サプリメントでお腹の調子を整えているうちに、ニキビ等のトラブルが減ってきたと感じている人も多いようです。

ただし乳酸菌は便秘に対して即効性がある成分ではないため、すぐにお腹がスッキリする、というわけではないようです。

継続して飲みつづけているうちに腸内環境が整っていき、便秘等のトラブルが起こりにくくなる、というサプリメントだといえます。

腸内環境の悪化による便秘は体全体の血行不良を招いたり、冷え性など健康トラブルを引き起こす原因にもなります。

第二の脳とも呼ばれるほど体にとって重要な部位である腸を、しっかりと内側からケアしていきたい人に、乳酸菌サプリメントはぴったりな製品だといえるでしょう。

乳酸菌の種類

乳酸菌の種類としては、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に大きく分けられます。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌としては、しば漬けなどの漬物や みそ、しょうゆ、 甘酒などの発酵食品があります。

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌は、ウシやヤギなどの動物の乳に含まれるもので、ヨーグルトやチーズなどの乳製品が該当します。

乳酸菌は種類によって効果が変わる

乳酸菌と聞くとヨーグルトをイメージする人が多いでしょう。体に良い菌ということを知っている人は多いかもしれません。しかし、具体的にどのような効果があるのかについてきちんと知っておくことが大切です。

乳酸菌というのは善玉菌の一種であり、糖類を食べて乳酸を出す細菌の総称です。一口に乳酸菌といってもそれぞれの性質によって細かく分類されており、さまざまな種類があるということです。

効果もそれぞれ異なっていますし、目的や悩みに合わせたものを選んでいくことが大切です。主な役割は同じとされていますが、細かい部分が異なることもあると知っておきましょう。

一般的にヨーグルトを作る時は牛乳に2種類に乳酸菌を入れて発酵させています。さらにそれぞれのメーカーが他の乳酸菌やビフィズス菌などを添加しているということです。

そのためビフィズス菌は全てのヨーグルトに入っているわけではないのです。乳酸菌の種類により、ヨーグルトの特徴や効果が異なってきます。

食べてすぐに効果を実感できるわけではありませんが、気になるヨーグルトを見つけたら1~2週間は継続して食べてみると良いでしょう。相性が良くないと感じたら別のヨーグルトを試してみるのがおすすめです。

知っているようで意外に知らない乳酸菌の種類と効果

乳酸菌は腸によいとよく聞きますが、実際に乳酸菌の種類と効果について知っている人は少ないと言えるかもしれません。

一般的に言って、乳酸菌は何と二百種類以上もあると言われており、それぞれに異なる効果を持っているということができます。

例えば、一般にヤクルト菌とも呼ばれる乳酸菌シロタ株は、胆汁や胃液といった消化液にも強いという特徴があるため、生きたまま腸に到達することができます。そのようにして、腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を改善するという効果が期待できるというわけです。

また、別の種類の乳酸菌としてKW乳酸菌と呼ばれるものがありますが、これには免疫バランスを整える働きがあるため、アレルギーを改善したり免疫力を高める効果があることで知られています。

さらに、乳酸菌の種類と効果を考える上で見逃すことができないのはLG21乳酸菌でしょう。これは他の乳酸菌と比べて胃の中で生きていく力が強いため、ピロリ菌の活動を抑制する効果があるという点で注目を集めています。

フェカリス菌と呼ばれている乳酸菌もあり、これは人体の免疫力を高めるとともに、辛いアレルギーや花粉症の症状を緩和したり予防したりするのに効果を発揮すると言われています。

乳酸菌とビフィズス菌にはさまざまな効果があります

乳酸菌とビフィズス菌にはいろいろな効果があり、例えば乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌は腸内において糖を分解し乳酸を作ることが可能です。

このことによって腸内を酸性にし悪玉菌などが増殖するのを抑制することができたり、体外から侵入する病原菌の増殖などを阻止することで感染を予防する働きを行います。

病原菌などに汚染されている食べ物を食べたとしても、激しい食中毒の症状が出る人や軽い下痢ぐらいで済む人もいますが、この差は腸内において乳酸菌とビフィズス菌などの善玉菌などが防衛しているかどうかによって症状がそれぞれ異なると言われています。

善玉菌は腸の蠕動運動を活発することができるので、排便を促進することにより便秘や下痢などを防ぐ整腸作用があります。

消化吸収を助けたりビタミンや有機酸などを産生することができ、免疫などを調節する効果があるのでさまざまな健康を助けてくれます。

消化吸収を補うことができたりビタミンや有機酸などの産生、アレルギー症状などを抑えることができ、病気に対する抵抗力も付けることが可能です。

免疫調節などの人にとって有用な働きをしてくれる菌で、特にビフィズス菌や乳酸菌は腸内フローラの舞台である大腸において善玉菌はほぼビフィズス菌になります。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌の効果としては、大腸の腸内細菌フローラをキレイに育て、便秘を解消してくれます。これにより、美肌、美容、ダイエットなどの副次効果が得られます。

ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルトには、特定保健用食品のものと機能性表示食品のものがあります。

特定保健用食品

特定保健用食品としては、下記が挙げられます。

  • ビフィズス菌BB536株
  • ビフィズス菌LKM512株
  • ビフィズス菌SP株
  • ビフィズス菌Bb-12株
  • ビフィズス菌FK120株
  • ビフィズス菌BY株
機能性表示食品

機能性表示食品としては、下記が挙げられます。

  • ビフィズス菌BifiX
  • ビフィズス菌BE80株
  • ビフィズス菌HN019株

乳酸菌は効果なし?便秘や肌、美容やダイエットならビフィズス菌だ!

乳酸菌は効果なしと言われるのが便秘や肌トラブル、美容ダイエットなのは小腸の善玉菌だからだ。乳酸菌の効果は免疫力に関するもので、大腸ならビフィズス菌の方が良い。いつから効くかやヨーグルトで効果なしは腸内細菌との相性もある。カルピスの論文で、おすすめの種類は?

乳酸菌でおすすめのサプリ

乳酸菌でアレルギー改善のサプリには、様々な種類のものがあり、どれを選んだらよいか分からないかと思います。ですので、明確な基準に基づいたランキング記事を作りましたので参考にして下さい。


乳酸菌は効果なし
▶乳酸菌