乳酸菌の学名とは

乳酸菌は学名ではなく乳酸を産生する細菌類の総称です。乳酸菌は、発酵食品のヨーグルトやキムチなど身近な食べ物だけでなく、自然界にも多く存在し、私たちの腸内フローラにおける善玉菌としても生息しています。
乳酸菌の学名
学名は、学術上、動植物につける世界共通の名称なので、普段使うには小難しく話しにくくなるので、一般的には学名は使わずに通称として慣例的な呼び名を設けたのが乳酸菌というわけです。

乳酸菌の学名としては、乳酸菌株の名称が正式な学名にあたります。多くの食品で乳酸菌の分類が分かれており、それぞれに学名がついているので詳しく見て行きましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌の学名を知ったからと言って何なんだ?ということもありますが、知識としてまとめましょう。

乳酸菌の分類

乳酸菌の分類は、1970年代まで4属だけでしたが、現在では20属に分類されています。食品によって分かれているので、それぞれを見て行きましょう。
乳酸菌の学名

漬物:乳酸菌の学名

漬物に使われる乳酸菌の学名は、Leuconostocです。

餅麹:乳酸菌の学名

餅麹に使われる乳酸菌の学名は、Pediococcusです。

ヨーグルト:乳酸菌の学名

ヨーグルトに使われる乳酸菌の学名は、StreptococcusやLactobacillusです。
乳酸菌の学名
普段から多くの人が何気なく食べているヨーグルトは、おなかの調子を整えたり免疫力をアップさせたりさまざまな効能があり、肌をきれいにしたりダイエットにもよいので美容と健康の両方に効果的です。

その秘密は中に入っている乳酸菌で、腸内で善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことによってお通じが良くなったり美肌になるなど嬉しい効果が得られます。

乳酸菌の学名は「lactic acid bacteria」と言い、「Lactobacillus」という属性に分類されます。市販されているヨーグルトにはさまざまな種類があり、異なる働きを持った独自の乳酸菌が使われていますが、多くがラクトバシラス属に属していて、大昔からヨーグルトをはじめとする発酵食品の製造に活用されていました。

チーズにも使われていて、乳酸だけを生成するタイプのものは「Lactococcus」という学名で呼ばれていて、牛乳にも多く含まれています。

「Lactobacillus」は自然界にもたくさん存在するので日本古来の発酵食品である漬物や醤油、納豆、甘酒などにも入っていて、日本人にも馴染みが深い乳酸菌です。それぞれの学名を知っていると、普段食べているヨーグルトのことをもっと深く理解できます。

日本酒:乳酸菌の学名

日本酒と乳酸菌はあまり関係があるようには思われませんが、実際にはなくてはならないものです。乳酸菌は日本酒の発酵において雑菌を抑えて酵母を増殖させる働きがあります。
乳酸菌の学名
また、味についてもコクを出すためにはなくてはならないものです。ただし、火落ちと言って日本酒を悪くする原因にもなることから二面性があることも覚えておかなければいけません。

日本酒を直接作るのは清酒酵母ですが、乳酸菌は酵母を助ける働きがあります。酵母を活かすことができる乳酸菌はLeuconostoc mesenteroidesとLactobacillus sakeiと言う学名です。

どちらも乳酸とアルコール、二酸化炭素を生成する働きがあります。製造工程中に余分な微生物は、乳酸によって死滅します。清酒酵母は乳酸に強いのでそのまま増殖を続けることができます。

そして増殖し、発酵を続けることでアルコールを増えるとその濃度によって乳酸菌が死滅することになります。また、醸造中に白濁して悪くなる火落ちと呼ばれる状態にする乳酸菌の学名はLactobacillusのfructivorans、hilgardii、paracasei、rhamnosusになります。これらを増殖させないために火入れという作業が行われます。

整腸剤:乳酸菌の学名

整腸剤に使われる乳酸菌の学名は、Enterococcusです。

チーズ:乳酸菌の学名

チーズに使われる乳酸菌の学名は、Lactococcusです。
乳酸菌の学名
チーズは、私たちの食生活においてとても身近なものであり芸能人などもよく食べる食材として認知度は高いです。このチーズは、実はアオカビというカビの仲間からつくられています。

アオカビの学名は、ペニシリウムと呼ばれています。由来は、カビを顕微鏡で見た場合には筆状体と呼ばれる筆のような形の構造が見られることが挙げられます。その先端に胞子がついており、この形がアオカビの学名の由来です。

アオカビからは世界で初めての抗生物質であるペニシリンが発見されており世界的にも有名です。ゴルゴンゾーラ、ロックフォールなどの代表的なチーズの製造に用いられるカビもアオカビの一種からつくられています。

チーズには、乳酸菌が極めて多く含まれており整腸作用があります。乳酸菌が入っているといっても菌自体は少なかったり死滅していることも多いのですが、それでも摂取することはおすすめです。

その理由は、乳酸菌の死んだ菌であっても菌体成分はそのままチーズの中に残っているためこのタイプのものでも免疫力が向上するためです。

チーズはヨーグルトに比べて水分が少ない性質を持っているため、少量でも菌体成分を多く摂ることが可能で便秘解消などに役立つメリットがみられます。

醤油:乳酸菌の学名

醤油に使われる乳酸菌の学名は、Tetragenococcusです。

味噌:乳酸菌の学名

味噌に使われる乳酸菌の学名は、Tetragenococcusです。

ワイン:乳酸菌の学名

ワインに使われる乳酸菌の学名は、Oenococcusです。
乳酸菌の学名

ヤクルト:乳酸菌の学名

ヤクルトに使われる乳酸菌の学名は、Lactobacillus casei strain shirota、L.カゼイ YIT 9029で、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株です。ヤクルト菌、LCS、L.カゼイ・シロタ株、乳酸菌 シロタ株とも呼ばれます。

LG21:乳酸菌の学名

LG21に使われる乳酸菌の学名は、Lactobacillus gasseri OLL2716株です。

カルピス:乳酸菌の学名

カルピスに使われる乳酸菌の学名は、Lactobacillus helveticus(ラクトバチルス・ヘルベティカス)です。

ピクルス:乳酸菌の学名

ピクルスに使われる乳酸菌の学名は、Pediococcusです。

ザワークラウト:乳酸菌の学名

ザワークラウトに使われる乳酸菌の学名は、Leuconostocです。


レシピ
▶ザワークラウトに似た酢キャベツ

ラクトバシラス目に属する学名

ラクトバシラス目に属する学名には、Lactobacillus、Enterococcus、Lactococcus、Pediococcus、Leuconostoc、Streptococcusがあります。

ラクトバシラス属 (Lactobacillus)

ラクトバシラス属は、フィルミクテス門バシラス綱ラクトバシラス目ラクトバシラス科に属するグラム陽性の桿菌で、ラクトバチルス・ブルガリクス、ラクトバチルス・ガセリ、ラクトバチルス・アシドフィラスなどがヨーグルト製造に使われます。

ラクトバチルス属

ラクトバチルス属は、ラクトバシラス属のことで、ラクトバチルスとも呼ばれるということです。

エンテロコッカス属 (Enterococcus)

エンテロコッカス属は、ラクトバシラス目エンテロコッカス科に属するグラム陽性の球菌で、回腸、盲腸、大腸に生息しています。

ラクトコッカス属 (Lactococcus)

ラクトコッカス属は、ラクトバシラス目ストレプトコッカス科に属するグラム陽性の球菌で、発酵乳製品に使われます。

ペディオコッカス属(Pediococcus)

ペディオコッカス属は、ラクトバシラス目ラクトバシラス科に属するグラム陽性の球菌で、ピクルスに使われます。

リューコノストック属 (Leuconostoc)

リューコノストック属は、ラクトバシラス目リューコノストック科に属するグラム陽性の球菌で、ザワークラウトに使われます。

ストレプトコッカス属(レンサ球菌属) (Streptococcus)

ストレプトコッカス属は、ラクトバシラス目ストレプトコッカス科に属するグラム陽性の球菌で、ヨーグルトに使われます。

乳酸菌の学名でLACTIS

乳酸菌の学名でLACTISは、ラクトコッカス属 (Lactococcus)を指します。Lactococcus lactisが、プロセスチーズや肉、飲料などに着かれます。

乳酸菌の学名を知っておこう!

乳酸菌とは、発酵することによってブドウ糖からたくさんの乳酸を産生させる細菌類の総称です。代表的な物にラクトバチルス属があります。
乳酸菌の学名
学名をLactobacillus (ラクトバシルス)といい、長い間ヨーグルトの製造に使われてきた乳酸菌です。これは人や動物の腸の中にもすんでいる菌であり、現在市販されているヨーグルトの中にもこのラクトバチルス菌が含まれているものがたくさんあります。

人の腸の中には悪玉菌と善玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌の三種類が住み着いています。日和見菌は日によって悪玉菌になったり、善玉菌になったりしながら体内で生存競争を繰り広げています。

もうひとつ、エンテロコッカス属も重要な乳酸菌です。学名をEnterococcus(エンテロコッカス)といい、哺乳類の腸の中に住んでいる菌として有名な菌です。

そのなかでもエンテロコッカス・フェカリス菌は熱や冷温にも強い菌で、摂氏60度の温度で30分熱しても生き続けることができるというデータがあります。

エンテロコッカス・フェカリス菌を他の乳酸菌と混ぜて整腸薬にしたものが発売されています。コレステロールを減らし、免疫力を高めてくれる機能があることもわかっており、今後の研究が期待されています。

乳酸菌とは

知っているようで意外と知らない乳酸菌についてまとめてみます。今回の記事をチェックすれば「乳酸菌とは」の質問にもしっかりと応えられるようになるとおもいます。
乳酸菌の学名
乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品におおく含まれており、食品ごと含まれる乳酸菌の種類も異なります。乳酸菌とはオリゴ糖などの糖をもとに乳酸をつくりだすことのできる細菌の総称といえます。

乳酸菌は、自然界に広く存在している最近でもあります。乳酸菌は胃腸働きを調整してくれるといわれていますが、この場合の乳酸菌はいわゆる善玉菌です。

善玉菌の働きはプロバイオティクスと呼ばれます。善玉菌の主な種類としては、各種のビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などをあげることが出来ます。

上手に乳酸菌を取り入れることは健康なからづくりには有効な手段となりえますが、乳酸菌は腸内で1週間ほどしかきられないため、意識して摂取する必要があります。

ストレスや加齢などによっても腸内の善玉菌は減少していきます。毎日の食事から乳酸菌を取り込むことは理想ですが、仕事が忙しく食生活が乱れがちの方はサプリメントなどの補助食品を活用して乳酸菌を摂取するのよいのではないでしょうか。

乳酸菌の種類と学名

乳酸菌というのは分類学上の学名ではなく慣例的な呼び方で、種類が豊富で、分かっているだけでも350種類はあり、属や株などによって持つ性質は異なります。
乳酸菌の学名
個々の株などについているラクトバチルスなどは学名になります。日常的に多く摂ることが多く知られているのは乳酸桿菌で、ヨーグルトに使われています。チーズなどの発酵食品に使われているのは乳酸球菌です。

乳酸菌というと腸内に存在している菌が知られ、350種類の中で特に人の健康に役立ちます。代表的なものはラクトバチルス・ガゼリで、胃潰瘍などに起因するピロリ菌を減少させて活動を抑制する働きも期待できます。

この他にもプレーンヨーグルトに多く含まれ整腸作用に優れているものや、酸に強く胃酸で死滅することなく大腸まで届いて善玉菌を増加させて腸内環境を改善するものもあります。

乳酸菌の中でラクトバチルス属は一番大きな属に分類されます。自然界に広く分泌しており、ラクトバチルス属のものは70種類以上も存在します。

ラクトバチルス属は胃などの消化酵素に強く、酵素の存在しない環境にも存在できるため、人だけではなく動物の消化管に多く生息しており、ヨーグルトなどに活用されています。


効果
▶乳酸菌の種類

乳酸菌の効果

まず「乳酸菌」とは、代謝によって乳酸をはじめとする多くの酸を生産する細菌の事です。吸収や消化を促進させ、免疫力を高める善玉菌の代表でもあり、人間が健康に過ごす上で大切な菌でしょう。
乳酸菌の学名
乳酸菌を利用した食べ物は沢山あるので、手軽に摂取する事が出来ます。多く含まれているもので代表的なものはキムチやぬか漬け、塩麹やヨーグルトが有名ですね。

そんな乳酸菌ですが、身体に良いという事は知っていても、何故良いのか。そしてどういった効果が期待出来るのか…知られていない事は沢山あります。乳酸菌を摂る事で発揮される効能一覧です。

「整腸作用」腸内環境を悪くしてしまう悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。それと同時に善玉菌を増やしてくれるので、便秘や症状改善に繋がるでしょう。老廃物を溜め込むのを防ぎ、余分な成分を排出する動きもあるので美容の側面でも期待出来ます。

「免疫作用」腸内環境を整える事で、有害物質を迅速に排除します。免疫力が下がってしまうと風邪やインフルエンザになりやすくなるので、免疫力を高めてウィルスから身を守りましょう。ガンや糖尿病等の大病を防ぐという期待もされています。

「脳腸相関」脳と腸は自律神経やホルモン等を介して、密接な関係にあります。腸が第二の脳と呼ばれているように、腸の状態が良ければ良いほどストレスや精神病を避けられるのです。乳酸菌を摂取するほど心の健康にも好影響を齎せます。


ヨーグルト
▶乳酸菌の効果

乳酸菌の嫌気性

乳酸菌は腸内の環境を整える大切な細菌です。腸内で活動する細菌の中では少数になりますが、酸素があるとなくなってしまう嫌気性がほとんどだからです。
乳酸菌の学名
限られたものしか生存していないので、ヨーグルトなどを食べて補充してあげると腸内環境を改善することができます。酸素があっても生きられる好気性のものもありますが、好気性を摂取しても酸素が少ない大腸では増えることができません。

腸内の乳酸菌は嫌気性のものになるのでその数がどうしても少なくなってしまうでしょう。腸内において乳酸菌を増やすのに嫌気性を利用すると便利です。

嫌気性は酸素があるとなくなってしまう乳酸菌のことで、腸内は酸素がかなり少ない環境にあるので嫌気性にとっては住みやすい環境です。酸素が少ない環境で育つのですが、好気性の乳酸菌より弱い特徴もあります。

体外では酸素がある環境になっているので、酸素に触れると死滅してしまうのでうまく育てるのが難しいという欠点があります。酸素が少ない腸内で強く生きることができるので、摂取する乳酸菌として嫌気性のものがおすすめです。

市販されているものは嫌気性のものが多いので、リーズナブルな価格で気軽に購入することができます。


と好気性
▶乳酸菌の嫌気性

乳酸桿菌

多くの女性が悩む便秘を解消、改善してくれるものとして有名な乳酸菌は、大きくわけて2つの形があり、細長い形をしたものと丸い形をしたものがあります。
乳酸菌の学名
細長い形をしたものが乳酸桿菌といい、丸い形をしたものが乳酸球菌といいます。それぞれが複数繋がった形の菌もいて、連鎖桿菌や連鎖球菌などと呼ばれています。

乳酸菌には様々な種類があり、細かく分類されていて、現在わかっているだけでも350種類もあり、動物や植物と同じように属・種・株の順序で名前がつけられているのです。

この中で乳酸桿菌はヨーグルトに主に使われていて、整腸作用にすぐれています。腸内の免疫細胞に直接働きかけていることから健康維持に効果があると最近の研究ではわかってきました。

例えばヨーグルト1ミリリットルには1000万個以上もの乳酸菌が含まれていますので、少量摂取するだけでも体にとっては非常に大きな健康効果が期待できます。

発酵に使う菌の組み合わせ方によって味わいや舌触りなどが変化するという特徴があり、人によって効果的な菌は違ってきます。だからこそ色んな種類のヨーグルトを食べてみて、自分にはどれが一番良かったかを探すことが健康を維持するためには必要です。

乳酸菌の大きさ

ヨーグルトや乳酸菌飲料などに豊富に含まれている乳酸菌は非常に小さなサイズであるため、目視することはできません。では、乳酸菌の実際の大きさとは一体どれほどなのでしょうか。
乳酸菌の学名
もちろん種類によって大きさも異なりますが、大体0.5マイクロメートルから10マイクロメートルほどであると言われています。ちなみに1マイクロメートルは0.001ミリメートルですから、実際に乳酸菌を自分の目で見てみたいと思うのであれば顕微鏡を使わなければなりません。

乳酸菌の大きさをもう少し分かりやすくするために、別の物と比較してみましょう。例えば、私たちの髪の毛の太さは個人差があるとは言え、大体60から100マイクロメートルであると言われています。

その髪の毛のおよそ16分の1程度の大きさしかないのですから、乳酸菌の大きさは非常に小さいということが容易に理解できるでしょう。

他にも、私たちの身近にあるスギ花粉よりも小さく、スギ花粉のおよそ6分の1程度の大きさに過ぎないと考えられているのです。これほど小さなサイズでありながら、私たちの体に良い影響をたくさん与えてくれる乳酸菌ですから、是非とも毎日意識的に摂取するよう心がけたいと思うことでしょう。

乳酸菌の英語

乳酸菌を英語にするとlactic acid bacteriaになります。直訳では「乳の酸性の細菌」です。乳酸自体は、糖を分解してエネルギーに変えるときに生成される物質です。
乳酸菌の学名
筋肉が糖質をエネルギーに替えるときに生成され、筋肉内を酸性に偏った環境に変えてしまいます。乳酸が蓄積されることで筋肉疲労が起こると言うイメージがありますが、実際には疲労した筋肉を回復させるために使われる物質です。

乳酸が溜まることが悪いようなイメージを持たれてしまいましたが、回復に使われる重要な物質と言うことです。また腸内で健康的な環境を維持するためにも使われています。

乳酸菌を直接示す単語は英語にはありません。その性状に合わせた内容として「乳」を示すlacticと「酸」を示すacidを組み合わせたものになります。

物質てきな観点から考えれば乳酸で一つの用語なので英語で示されているような分割した意味はありません。乳酸を産出する働きのある細菌を総称して示した用語です。

日本では「乳酸」で一つの用語になり、言葉として分解することはできません。一言で示せないと言うことは当て字に近いことになってしまいます。そのため、乳酸を示す場合は、英語よりも日本語の方が向いていると言うことになります。

乳酸菌の学名!LG21ヨーグルトやチーズ、ヤクルトとカルピスは?のまとめ

乳酸菌は分類で学名ではないヨーグルトやチーズ、ヤクルト、カルピス、LG21など種類があり、乳酸桿菌のラクトバチルス属やLACTISのラクトコッカス属がずらりと英語で並ぶ。よく10μm程度しかない大きさの乳酸菌に学名をつけるものだ。

乳酸菌サプリ

乳酸菌の種類が多いサプリを摂取することで手軽に腸内フローラを善玉菌優勢の状態にすることができるので、免疫力向上により花粉症やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善が期待できます。

でも、乳酸菌サプリなんて色んな種類があって、どれが良いか分からないよ!というのが、本音じゃないでしょうか?ですので、効果が実感できる乳酸菌サプリをランキング形式でまとめましたので、参考にして下さい。


ランキング
▶乳酸菌サプリのランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7