飲む日焼け止めの仕組みとは?

飲む日焼け止めの仕組みとは、どのようなものなのでしょうか?塗る日焼け止めは肌に塗ることで紫外線を反射させるのと紫外線を熱に変えて放出するので肌に届きにくくするってのは感覚的に分かりやすいです。
飲む日焼け止めの仕組み
従来の日焼け止めは、クリームやスプレーなど肌に直接塗るものが主流でした。ですが女性は外出時にメイクをすることも多く、化粧崩れや頻繁な塗直しはなかなか大変なことです。

また、プールや海などで泳ごうとすると日焼け止めの成分が流れてしまうかもという不安もあることでしょう。そこで今回は新たな日焼け止めとして飲むタイプのものの仕組みやメリットデメリットについて紹介します。

ダイエット先生ダイエット先生

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めは仕組みが異なるので併用して紫外線対策を万全にしましょう!

肌老化のメカニズムとは

日焼けが何によって引き起こされるかご存知の方は多いでしょうが、主には太陽から放出される紫外線によるものです。紫外線が肌に触れると、肌の奥にあるメラノサイトが刺激され活性酸素を生み出します。
飲む日焼け止めの仕組み
酸素と聞くと体にいいものかと感じる人もいるでしょうが、活性化した酸素が増えすぎると体にとって有害なのです。その活性酸素が皮膚の細胞膜を酸化させることで、肌は老化してしまいます。

またコラーゲンなどが破壊されるとたるんでしまい、シワになってしまいます。他にもメラノサイトが刺激されるとメラニン色素という物質が産生されます。

このメラニン色素が活性酸素と結びつくことで酸化し、黒い色素となり皮膚に沈着します。それが原因で肌のシミができてしまいます。

飲む日焼け止めが肌老化を防ぐ仕組み

紫外線による肌へのダメージの仕組みは活性酸素による酸化現象です。つまりは、この活性酸素の影響を少なくすれば日光による肌老化は防げるという考え方で作られたものが、飲む日焼け止めなのです。
飲む日焼け止めの仕組み
飲む日焼け止めは抗酸化作用をもつ成分が配合されているため、体内に吸収するだけで活性酸素の酸化現象を抑えることができます。もちろん、体内でもこの抗酸化作用をもつ酵素は産生されていますが、年齢とともに分泌量は低下します。

ですが体外から抗酸化成分を取り入れることで、肌の老化を抑える作用を強めることができます。飲む日焼け止めは、従来の塗る日焼け止めとは違い、肌を直接紫外線から守るわけではありません。

体内に皮膚を守る効果や皮膚の自己修復能力を強化する成分を与えることで、日焼けによる肌ダメージを未然に防いだり、素早く修復することでダメージを残さなくしたりするためのものです。

どんな成分でダメージを抑えているの

では、飲む日焼け止めに含まれている代表的な成分を紹介します。「PLエキス」は主にヨーロッパやアメリカで開発された日焼け止めサプリに配合されている成分です。
飲む日焼け止めの仕組み
この成分はシダ植物を原材料とした天然成分であり、体内に発生した活性酸素を破壊し、細胞へのダメージを防ぐ効果があるとされています。肌の変質を起こすDNAへのダメージも同時に防いでくれますので、シミや色素沈着だけでなくシワの防止にもなります。

「Nutrox Sun」はスペインで実に10年以上もの歳月をかけて研究開発した特許成分で、国産の飲む日焼け止めサプリの主成分となっています。

これはローズマリーとシトラスから抽出された天然の抗酸化成分で、研究により最も紫外線への効果が高い割合で配合されています。ローズマリーはハーブの一種で名前は聞いたことがある方も多いことでしょう。

抗酸化作用の高い「ロズマリン酸」「カルノシン酸」を多く含んでいて、アンチエイジングに効果が高いと古来から活用されてきました。シトラスは柑橘類で、スペイン産のオレンジなどが使われています。

もともとスペインは紫外線が極めて高い環境にありますが、そこで育った植物は日本産に比べると高い抗酸化作用を持ちます。それら2つの成分を併せ持つ「Nutrox Sun」を体内に取り入れることで体内の活性酸素を減らし、炎症つまり日焼けに対抗する力が強くなります。

また研究では、放射線を浴びても「Nutrox Sun」の成分を取り入れた細胞はおよそ70%の遺伝子が破壊されなかったという結果が出ています。

飲む日焼け止めのメリット

日焼け止めを塗ったことのある方がほとんどでしょうが、ムラなく全身に塗ろうとすると時間がかかります。スプレータイプでも塗るタイプよりは手軽に行えますが、それでも全身にとなると手間がかかります。
飲む日焼け止めの仕組み
その点、飲む日焼け止めはサプリの一種なので、1日に決まった量を飲むだけです。また、塗るタイプの日焼け止めはお風呂などに入ってクリーム成分を肌から落としてしまうとそれでおしまいですが、飲むタイプの日焼け止めは体内に成分が残ります。

つまり飲み続ける期間が長ければ長いほど肌の修復効果などの効果がよくでます。そして、塗るタイプで困るのが背中や頭皮など塗りにくい部分がどうしても出てしまうということです。

ですが、飲むタイプは体に吸収された成分が全身にいきわたるため、簡単に全身への効果が期待できます。また体内に吸収するため、プールや海などで日焼け止めが落ちる心配もありません。

そして皮膚の弱い方でも使うことができます。塗るタイプのものでは日焼け止めの成分を直接肌に塗布することになります。するとその成分により肌がヒリヒリするなど肌トラブルを起こす人もいます。

もともと飲む日焼け止めはアトピー肌やアルビノなど紫外線過敏症への対策として開発された天然成分によるものなので、肌が弱い人にも向いているといえます。

飲む日焼け止めのデメリットと飲んではいけない人

これだけ便利な飲む日焼け止めですが、デメリットもないわけではありません。まず、サプリですので通常の塗るタイプの日焼け止めと比べるとどうしても割高になります。
飲む日焼け止めの仕組み
また、即座に効果が出るものではなく基本的には飲み続けて肌自体を強くするという目的があるため、飲み始めはあまり効果を実感できないかもしれません。

そしてあまり飲むことをおすすめできない人もいます。まずはエビ・カニなどの甲殻類アレルギーを持つ人です。飲む日焼け止めの中には原料の一部にエビやカニの成分を含んでいることがあります。

しっかりと成分を確認しアレルゲンが含まれていないことを確認してから飲用するようにしましょう。もしなにか異常が起こったときは、飲んでいる日焼け止めを持ち、医師に相談することをおすすめします。

4歳未満に飲ませることもあまりおすすめはしません。サプリは基本的にカプセルですので、小さな子供だと誤飲・窒息の可能性があります。

そして、妊娠中や授乳中の人も使わない方がよいでしょう。サプリに含まれるローズマリーの成分は子宮刺激成分が含まれています。どうしても飲む必要があるときはかかりつけの産婦人科医に相談の上、服用してください。また同じく月経の時も控えておいた方が無難でしょう。

飲む日焼け止めのメカニズム

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと違い、体内に抗酸化成分を取り入れることで肌の自己修復能力を高めてシミやシワ、日焼けを防止するものです。天然由来の成分で作られていますので、安心して飲むことのできるサプリです。
飲む日焼け止めの仕組み
手軽に飲むことができますが、少し費用がかさみます。また成分によっては飲むと異常が起こることもありますので、含まれている成分を確認してから飲むようにしましょう。

飲む日焼け止めの仕組み!効果のメカニズムはニュートロックスサンのまとめ

飲む日焼け止めの仕組みは効果として紫外線対策と肌活性がポイント。飲む日焼け止めのニュートロックスサンによるメカニズムは論文で実験結果の証明が行われている。PLエキスも活性酸素を破壊して肌へのダメージを防ぐが副作用が気になる。どちらも塗る日焼け止めが必要?

飲む日焼け止めでおすすめは?

飲む日焼け止めを使うことで、紫外線対策を完璧に近づけることが可能だということは、美白を目指す女性ならもうお分かりかと思いますが、数ある飲む日焼け止めサプリメントの中からどれを選べば良いのでしょうか?
飲む日焼け止めの仕組み
飲む日焼け止めは、大きく分けて病院で処方されるもの、日本製のもの、海外製のものに分かれます。それぞれに特徴がありますが、日本人の女性が使うのであれば日本製のものがおおすめできます。

飲む日焼け止めサプリに限りませんが、同じ人間でも欧米人と日本人ではカラダの作りが違います。ですから、日本人用に開発したサプリの方が、効果が高いだけではなく、副作用などの問題も起こりにくいのです。

また、病院で処方される飲む日焼け止めもありますが、保険が効かないために飲む日焼け止めも安くなく、診察料なども追加されてとっても高くなってしまいます。

じゃあ、飲む日焼け止めはどれを選べばいいのかというのは、下記の特集記事を参照してもらえればわかります。飲む日焼け止めを選ぶ時の基準を明確にしたランキング記事ですので、納得して選ぶことができますよ!


飲む日焼け止めの仕組み
▶飲む日焼け止め人気ランキング!

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7