飲む日焼け止めの成分とは?

飲む日焼け止めの成分には、どのようなものが含まれているのでしょうか?飲む日焼け止めの種類にもよりますが、紫外線対策と肌代謝成分、美白成分といったところがメインです。
飲む日焼け止めの成分
夏が近づいてくると気温も高くなり、日差しも強くなってきます。紫外線は太陽から降り注いでいるだけではなく、アスファルトに反射し、跳ね返ってくるものもあります。

新雪では約8割、浜辺では約2.5割も反射すると言われています。さらに水は9割以上透過させてしまいます。帽子や日傘だけでは足元から反射した紫外線を防ぐことは難しく、また、紫外線は目や頭皮など様々な部分から吸収され、体にダメージを与えます。

ダイエット先生ダイエット先生

飲む日焼け止めの成分によって肌が黒くなるのを防ぎ白くしようとする効果が期待できるのです!

紫外線は目に見えませんが肌に影響を与えています

太陽から届く光の中には、可視光線と呼ばれる目に見える光のほかに、赤外線、紫外線が含まれています。赤外線と紫外線は目に見えるものではありません。
飲む日焼け止めの成分
肌に影響を与えるのはこの中でも紫外線であり、紫外線はUVA、UVB、UVCと波長によって分けられます。

UVCは大気圏で吸収されてしまうため、地表までは届きませんが、大気圏で吸収されずに残った一部のUVBと、雲の影響を受けにくく物質の透過率の高いUVAは地表まで降り注ぎます。

UVAは紫外線の約9割を占め、肌にダメージを蓄積させます。急激なダメージは与えないものの、肌の表皮の奥にある真皮にまで達し、肌のハリや弾力を失わせる原因になります。また、メラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用も持っています。

地表へ届く紫外線の残り1割がUVBとなります。UVBは肌への影響が強く、短い時間でも炎症反応で肌を赤くさせるサンバーンという現象を引き起こしたり、数日後に肌が黒くなる色素沈着反応であるサンタンという現象を発生させる作用があります。

表皮の細胞を破壊し、DNAを損傷させて、炎症やシミの原因となるのがUVBです。

紫外線は季節、時間、天気で量が変動します

紫外線は夏場は強く、冬場には弱くなります。これは太陽との距離に関係してきます。日本では夏に最も太陽に近くなるため、紫外線が大気圏を通る距離も短くなります。
飲む日焼け止めの成分
大気圏を通る距離が短くなるということは、大気圏で吸収される割合が少なくなるということでもあります。そのため太陽と距離の近い夏場には紫外線があまり吸収されずに地表へ降り注ぐことになり、冬場は太陽から遠ざかるため紫外線の量も夏場に比べて弱くなります。

紫外線の量は天気によっても変動します。UVBは雲や雨に影響を受けるため、晴れている時よりも地表へ届く量が少なくなりますが、薄い雲では透過してしまいます。

その割合は80パーセントとも言われています。また、UVAは雲の影響を受けにくいため、曇りだからと言って油断はできません。

日中、紫外線が強いのは日差しが強くなる午前10時から午後2時頃です。朝や夕方は日差しは弱くなりますが、UVAは時間による変化があまりありません。

紫外線対策のためには日焼け止めを

紫外線は季節や時間によっても地上へ届く量に変動があり、それにより肌への影響も変化します。また、肌は紫外線だけではなく、乾燥もしますので、秋から冬にかけては保湿も美肌には重要なファクターとなります。
飲む日焼け止めの成分
紫外線は、日傘やUVカット対策の衣服、塗る日焼け止め製品だけでは防ぎきることは難しいことです。頭上からだけではなく地面から反射する分もありますし、日傘も地面から反射した紫外線をさらに反射させて肌へ跳ね返らせてしまう可能性もあります。

肌が受けてしまったダメージを内側からケアし、炎症を軽減し、紫外線によるダメージがシミやたるみ、そばかすといった老化の原因になることを抑える働きが期待できるのが、飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めの摂取の仕方やタイミングは?

飲む日焼け止めは薬ではなくサプリメントですので、いつ飲まなければならない、というような時間的な制約はありませんが、より吸収率をよくするために空腹時よりも食後に飲んだほうが良いとされています。

ほかの栄養素と同時に摂取することで吸収されやすくなるためです。お茶などに含まれるカフェインには吸収を邪魔する成分が含まれているため、お茶よりも水でサプリメントを飲むことが推奨されています。

また、摂取後すぐに吸収され効果が得られるわけではありません。炎症を軽減する可能性が上がるとされているのが24時間から48時間後と言われているほどですし、数日間飲んだだけで効果が続くものでもありません。

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めの代用となる製品ではなく、補完するためのものです。塗る日焼け止めと飲む日焼け止めのどちらも使用していたとしても、日焼け止めの効果が高いのは塗る日焼け止めであることを忘れないよう注意をしなければなりません。

併用している場合でも、水や汗などで塗る日焼け止めは流れてしまい紫外線に対する防御が薄くなってしまいますので、何度か塗り直しをすることも大切です。

飲む日焼け止めの成分とは

飲む日焼け止めの有効成分は、主にPLエキスと呼ばれるシダ植物から抽出されたエキスと、ニュートロックスサンです。PLエキスはダイオウウラボシ抽出エキスとも言われます。
飲む日焼け止めの成分
シダ植物から抽出されたPLエキスはごく稀にアレルギーを誘発することもあり、花粉症やかゆみを引き起こす場合もあります。PLエキスは海外製品に多く、国産のものはニュートロックスサンが主成分であることが多いです。

ニュートロックスサンはシトロンやローズマリーから抽出されたもので、シトラス果汁・ローズマリー葉エキス末などと言われることもあります。ニュートロックスサンもPLエキスも同じ抗酸化作用を持つため、効果に違いはほとんどありません。

国産の飲む日焼け止め製品は、果物や野菜から抽出されるポリフェノールやリコピンなどが使われているために副作用や健康への影響はありません。ホルモンバランスが崩れやすい高血圧の方や、妊娠中、授乳中の方は摂取を控えたほうが良いでしょう。

紫外線のダメージの影響で発生する活性酸素がシミやたるみの原因となりますので、その活性酸素の働きを食い止めるために活躍するのが抗酸化作用を持つ成分です。

抗酸化成分にも活性酸素にもいくつも種類があり、一つの種類だけでは活性酸素に対処できる種類の数も限られてしまいます。飲む日焼け止め製品を選ぶ際には、抗酸化成分が多種類含まれているで、アレルギーのある方はその中でもPLエキスが主成分ではない物を選ぶようにするといいでしょう。

体の内側と外側からの紫外線対策で抜かりなく

日差しの強い夏場だけではなく、季節ごとにその季節に合った紫外線対策をすることでシミやたるみといった肌へのダメージを防ぐことが重要となります。
飲む日焼け止めの成分
きちんとケアすることで老化を予防し、綺麗を保つことができます。紫外線対策は塗るタイプの日焼け止めクリームや日傘、洋服だけでは防ぎきれません。

受けてしまった肌へのダメージをケアする目的も併せ、飲む日焼け止めを利用することで内側からのケアも大切になります。

飲む日焼け止めの成分と期待できる効果は?効果ない口コミはなぜか!のまとめ

飲む日焼け止めの成分は効果あるのだが、飲む日焼け止めは効果ないという悪い口コミを目にする。海外製のヘリオケア、iHerbなどは紫外線対策できても副作用が心配だよね…日本製のホワイトヴェールやホワイタス、ミュゼと市販品には成分にどのような違いがあるのか?

飲む日焼け止めでおすすめは?

飲む日焼け止めを使うことで、紫外線対策を完璧に近づけることが可能だということは、美白を目指す女性ならもうお分かりかと思いますが、数ある飲む日焼け止めサプリメントの中からどれを選べば良いのでしょうか?
飲む日焼け止めの成分
飲む日焼け止めは、大きく分けて病院で処方されるもの、日本製のもの、海外製のものに分かれます。それぞれに特徴がありますが、日本人の女性が使うのであれば日本製のものがおおすめできます。

飲む日焼け止めサプリに限りませんが、同じ人間でも欧米人と日本人ではカラダの作りが違います。ですから、日本人用に開発したサプリの方が、効果が高いだけではなく、副作用などの問題も起こりにくいのです。

また、病院で処方される飲む日焼け止めもありますが、保険が効かないために飲む日焼け止めも安くなく、診察料なども追加されてとっても高くなってしまいます。

じゃあ、飲む日焼け止めはどれを選べばいいのかというのは、下記の特集記事を参照してもらえればわかります。飲む日焼け止めを選ぶ時の基準を明確にしたランキング記事ですので、納得して選ぶことができますよ!


飲む日焼け止めの成分
▶飲む日焼け止め人気ランキング!