飲む日焼け止めは効果ない?

飲む日焼け止めは効果ないのでしょうか?薬じゃないから飲んですぐじゃ効果なしっていう悪い口コミがあるのも分かりますが、病院でも処方されたり、医薬品レベルの検査をクリアしていたりするのに効果なしって変じゃないですか?
飲む日焼け止めは効果なし
「飲む日焼け止め」と言われるサプリが人気を集めています。従来の「塗る日焼け止め」と違って手軽で忙しくても続けられる、などの理由で始める人も多いようですが、一方で「効果なし」という声も聞かれます。

「飲む日焼け止め」は本当に効果がないのでしょうか?「飲む日焼け止め」の成分や効果について詳しくお伝えします。何が本当で何が嘘なのかを良く見極めましょうね!

ダイエット先生ダイエット先生

飲む日焼け止めだけでは完全な紫外線対策にはなりません。それは塗る日焼け止めも同じです。ですから、併用が良いでしょう!

「飲む日焼け止め」ってどんなもの?

「飲む日焼け止め」とは一種のサプリメントで、体の中に有効成分を取り込むことで日焼けによって起こった炎症を軽減することを目的としています。
飲む日焼け止めは効果なし
私たちの肌は太陽光を浴びると紫外線のダメージを受けます。肌に影響するのは紫外線A波といわれるUVAと、紫外線B波といわれるUVBです。UVBを浴びると肌の表面が赤くなります。

肌はダメージを受けるとメラニン色素を作り出し、肌を黒くします。またメラニン色素が沈着するとシミやそばかすの原因になるのです。 UVAは肌の奥まで届き体の中で活性酸素を発生させます。これがシワやたるみの原因となります。

その他にも肌が乾燥してバリア機能が弱まったり、吹き出物ができたり、場合によってはガンの原因になったり、紫外線による健康へのダメージは数え切れないほどあります。

「飲む日焼け止め」に含まれる有効成分はこのような紫外線による炎症を軽減しシミ・そばかすの原因を抑制したり、活性酸素の発生を抑制し、シワやたるみの原因を抑制するとされています。

「塗る日焼け止め」とどう違うの?

日焼け止めクリームなどの従来の「塗る日焼け止め」は紫外線が肌に降り注ぐことを防御することを目的としています。SPFや PAの数値が大きいほど紫外線を防ぐ効果が高いとされています。
飲む日焼け止めは効果なし
しかしどんなに日焼け止めを塗って防御しても完璧には紫外線を防ぎきることはできないので肌がダメージを受け、シミやシワ、たるみなどの影響が出てしまうのです。

これに対して「飲む日焼け止め」は受けてしまった紫外線のダメージを軽減させ、体の内側から働きかけることでシミやシワ、たるみなどが起こる前に肌をケアする働きが期待できるものです。

「飲む日焼け止め」という名前で呼ばれてはいますが、実際には紫外線そのもの、日焼けそのものを防ぐ効果はありませんし、「塗る日焼け止め」の代わりになるものでもありません。

よく言われている「飲む日焼け止めは効果なし」「飲んでも効果ない」は紫外線を防ぐ効果はないという意味になります。ただし、紫外線を浴びた後の肌の修復に関してはおおいに効果があります。

「抗酸化サプリ」として考えると効能はたくさんあるのですが、「塗る日焼け止め」とは効果も内容も全く違いますのでどちらが良いかなどと比べることは意味がありません。

「飲む日焼け止め」の成分と働きを教えて

「飲む日焼け止め」の主な成分はフェーンブロック(PLエキスとも言います)とニュートロックスサンというものです。海外製の「飲む日焼け止め」にはフェーンブロックが多く使われており、国産の「飲む日焼け止め」にはニュートロックスサンが多く使われています。
飲む日焼け止めは効果なし
フェーンブロックはアメリカ大陸のシダ植物から抽出された抗酸化成分です。ニュートロックスサンはシトラスやローズマリーから抽出した天然のポリフェノールで黄色人種の日焼け肌のために開発されたものです。どちらも抗酸化作用があるので効果はほぼ同じです。

「飲む日焼け止め」にはフェーンブロックやニュートロックスサン以外にもいろいろな成分が配合されています。活性酸素にもたくさんの種類があるので抗酸化物質の配合量が多いものが効果も上げやすいとも言えるでしょう。

「飲む日焼け止め」の成分は天然成分なので副作用などの心配はありませんが、フェーンブロックはシダ植物が肌のかゆみなどのアレルギー反応を引き起こすことがあると報告されています。国産のメーカーのものの方が安心という声も聞かれます。

妊婦や授乳中の方はホルモンバランスなども乱れやすくなるので医師と相談が必要になります。

「飲む日焼け止め」はどのようにしたら効果が出るの?

「飲む日焼け止め」は飲み続けることで体内の抗酸化力を高めて紫外線から肌を守るはたらきをします。飲んですぐ効くというようなものではないので毎日飲み続けて体の機能を高めていくのです。基本的には毎朝、外に出かける1〜2時間前に規定量を守って摂取します。
飲む日焼け止めは効果なし
夏の日差しがきつい時期には毎日飲むと効果が上がります。また、思いがけず紫外線を浴びてしまった後の応急処置として追加で飲んだり、海やプールなどへ行くときには追加で飲むのも効果が上がる方法です。

「飲む日焼け止め」のサプリには基本の成分以外にもいろいろな美肌効果のある成分が含まれているものが多く、美白効果や美肌効果も期待できます。

「飲む日焼け止め」と「塗る日焼け止め」の使い分けは?

「飲む日焼け止め」と「塗る日焼け止め」はそれぞれ機能や目的が違うので、どちらか一方だけで良いというものではありません。両方
を併用しながら体の中からも外からも美肌をキープしていくやり方がオススメです。
飲む日焼け止めは効果なし
「塗る日焼け止め」は外からの紫外線をブロックする役割があります。1日に何度も塗りなおすことで、紫外線が肌に侵入してダメージを与えるのを防ぎます。

「飲む日焼け止め」は日に当たる当日だけ飲めばいい、とか、飲んだらすぐに効果が出るというようなものではありません。

毎日飲み続けることで肌の抗酸化力をあげ、紫外線などのダメージを受けても肌の自らの回復力をあげてくれ、肌を内側から強くする効果があります。このほかにも、両方を使い分けることで互いの機能を補い合うことができます。

たとえば敏感肌などで「塗る日焼け止め」が使いづらい方には体の内側から効く「飲む日焼け止め」は便利なアイテムです。

目の周りや頭皮部分など、従来の「塗る日焼け止め」が使いにくい部位にも体の内側から肌を守る効果をあげることができるので「飲む日焼け止め」は強い味方になります。

また外でうっかり紫外線を浴びてしまった時にも早めに飲んでおくことで肌の修復力が上がり、浴びてしまった紫外線のダメージを軽減させることはできます。

日差しのきつくなる夏以外にも年間を通して飲み続けることで肌を健康に保ち、美肌力をアップさせることができるのです。

「飲む日焼け止めは効果なし」は嘘!

「飲む日焼け止め」は効果なしというのは嘘です。但し、紫外線を防ぐ効果はないので紫外線を防ぐことのできる日焼け止めなどの「塗る日焼け止め」も必要です。

肌が紫外線を浴びたダメージを軽減して美肌を保つ効果はあるので、両方を併用しながら体の中からも外からも紫外線対策をしていくと効率的に美肌をキープしていくことができます。

飲む日焼け止めは効果なしって本当?日本製は病院や医薬品基準クリアのまとめ

飲む日焼け止めは効果なしなら病院でヘリオケアが処方されるはずはない。飲む日焼け止めの日本製であるホワイトヴェールは医薬品基準の検査をクリアしているし、ミュゼやホワイタスも評価が高い。子供に市販品を飲ませる時は摂取量に注意するよう本ブログでも言ってるでしょ?

飲む日焼け止めでおすすめは?

飲む日焼け止めを使うことで、紫外線対策を完璧に近づけることが可能だということは、美白を目指す女性ならもうお分かりかと思いますが、数ある飲む日焼け止めサプリメントの中からどれを選べば良いのでしょうか?
飲む日焼け止めは効果なし
飲む日焼け止めは、大きく分けて病院で処方されるもの、日本製のもの、海外製のものに分かれます。それぞれに特徴がありますが、日本人の女性が使うのであれば日本製のものがおおすめできます。

飲む日焼け止めサプリに限りませんが、同じ人間でも欧米人と日本人ではカラダの作りが違います。ですから、日本人用に開発したサプリの方が、効果が高いだけではなく、副作用などの問題も起こりにくいのです。

また、病院で処方される飲む日焼け止めもありますが、保険が効かないために飲む日焼け止めも安くなく、診察料なども追加されてとっても高くなってしまいます。

じゃあ、飲む日焼け止めはどれを選べばいいのかというのは、下記の特集記事を参照してもらえればわかります。飲む日焼け止めを選ぶ時の基準を明確にしたランキング記事ですので、納得して選ぶことができますよ!


飲む日焼け止めは効果なし
▶飲む日焼け止め人気ランキング!

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7