乳酸菌とアレルギー

乳酸菌とアレルギーは、深いかかわりがあります。乳酸菌は、小腸における善玉菌の最大勢力です。この小腸の働きとして、免疫力の70%を担っているので、乳酸菌の摂取がアレルギー症状を緩和してくれるというわけです。
乳酸菌アレルギー
えっ?腸の善玉菌ってビフィズス菌が99.9%って聞いたよ!という人もいるかも知れませんが、それは、大腸の話です。大腸の善玉菌は、そのほとんどがビフィズス菌です。

そして、大腸の腸内環境が整わないと便秘や下痢になりやすくなるので、頑固な便秘を解消するならビフィズス菌!アレルギー症状を緩和させるなら乳酸菌なのです!では、乳酸菌とアレルギーについてもっと詳しく見て行きましょう。

ダイエット先生ダイエット先生

乳酸菌を摂取したのに便秘が治らないと言う人はビフィズス菌を摂取しましょう!

乳酸菌のアレルギー改善効果

乳酸菌のアレルギー改善効果が得られるのは、免疫の70%を担う小腸の腸内環境を改善することで、免疫を過剰反応させる原因になる免疫細胞のバランスを調整します。
乳酸菌でアレルギー

乳酸菌はアレルギーにも効果がある

アレルギーで悩んでおり、症状を軽減する方法を知りたいという人も多いでしょう。完治させる手段はまだ見つかっていませんが、症状を軽減する方法はいくつか提案されているのです。
乳酸菌でアレルギー
その方法の一つに乳酸菌を摂取するというものがあります。そもそもアレルギーはなぜ起こるのかということですが、これは人間の体に備わっている免疫細胞の反応によって起こるものだと言われています。

そのため本来なら体を健康に保つために重要な働きであると言えるのです。しかし、この細胞が過剰に働きすぎた場合、アレルギー症状が起こってしまうことになります。

近年ではこの過剰な反応が腸内環境の悪化によって発生することもあると分かってきました。アレルギーが腸内環境の影響を受けるということですが、乱れてしまった腸内環境を整えるために必要となるのが善玉菌です。

そして、この善玉菌の働きを助けるものが乳酸菌であり、免疫細胞のバランスを調整する効果もあるということです。そのため乳酸菌を摂取することで辛いアレルギー症状を軽減できるという仕組みです。

乳酸菌を摂取するためにヨーグルトを食べるのも良いでしょう。しかし、ヨーグルトを食べても生きたまま乳酸菌が腸に届くとは限りません。生きたまま腸まで届けたいという場合、サプリメントを利用するのがおすすめです。

乳酸菌でアレルギー性鼻炎の改善

アレルギー症状は、免疫細胞が過剰に働くことによって起こってしまいます。ですので、バランスが崩れてしまった腸内細菌フローラを改善することで、過剰免疫の原因を取り除いてアレルギー症状を軽減することができるのです。


乳酸菌でアレルギー
▶アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎にも効果のある乳酸菌

乳酸菌はアレルギー性鼻炎に効能があると言われています。乳酸菌にはさまざまな種類があり、ビフィズス菌やラクトバチルス菌などがあえられます。各研究機関などで研究したり開発したものがL.カゼイやシロタ株などです。
乳酸菌でアレルギー
1073R-1やL-92などの乳酸菌はアレルギー性鼻炎に効果があると言われていて話題になっています。アレルギー性鼻炎は体内に異物が侵入した時にそれらを排除する免疫システムがありますが、免疫システムが反応した状態と言えるでしょう。

免疫システムを管理する「ヘルパーT細胞」と呼ばれているリンパ球があり1型(Th1)と2型(Th2)の種類がありますが、Th2から産生する化学伝達物質によってアレルギー症状が引き起こると言われています。

Th1よりTh2の方が多いものがアレルギー性鼻炎です。乳酸菌にはTh2の増加を抑える作用があると言われていて、この免疫システムに作用しアレルギー性鼻炎を改善することが可能です。

乳酸菌は腸内細菌に作用し善玉菌が増えることによって腸から異物の吸収を予防する働きがあります。例えばL-92乳酸菌の研究において免疫を司る細胞に働きかけることによって、抗アレルギー作用などを引き出すことが明らかになりました。

L-92乳酸菌を8週間摂取した場合、アレルギー症状などを改善することができたという報告もあるそうです。

乳酸菌にはアレルギー表示が行われています

加工食品などによく利用される乳化剤や乳酸菌・乳酸カルシウムなどはその名称から「乳製品」と思われがちですが、牛乳とは関係ありません。
乳酸菌でアレルギー
全粉乳や脱脂粉乳、練乳や乳酸菌飲料、発酵乳などの加工食品は牛乳が含まれているので、牛乳アレルギーの人は食べることができないでしょう。

牛乳は「特定原材料」として加工食品においてアレルギー表示を行うことが義務付けられていて、名称の「乳」という文字のあるなしだけでは食べられるかどうかは判断することができません。

誤食しないように食べられる食品を増加するために、アレルギー表示などから食べられる食品やそうではないものをきちんと見分けることが大切です。

牛乳アレルギーの人の多くは牛乳タンパクにあるカゼインが原因で、カゼインは耐熱性を持っていて加熱したとしてもタンパク質構造がほとんど変化しません。

アレルギーが起こる可能性は変わらないので、発酵する場合もカゼイン成分は分解されにくいので、ヨーグルトはもちろんチーズなどの乳酸菌を含む加工食品にも同じように注意しなければいけません。

いろいろなヨーグルトがリリースされていますが購入する際、アレルギー表示をきちんと確認してから購入することをおすすめします。

乳酸菌と乳アレルギーについて

乳酸菌は動物性と植物性があります。乳アレルギーを考える場合、動物性と植物性は異なるアレルギー原因になるので、一方で問題があったとしても他方は問題が無い場合があります。
乳酸菌でアレルギー
乳酸菌を多く含む食べ物としてヨーグルトやチーズがありますが、ヨーグルトやチーズは動物性乳酸菌です。

他方、キムチや漬物は植物性乳酸菌で、ヨーグルトやチーズでアレルギーが出た人でもキムチや漬物はアレルギーが出ない場合があります。乳酸菌は優れた整腸作用があり、コストパフォーマンスに優れた健康食品になります。

乳酸菌の整腸作用により身体の免疫力が上がりますが、免疫力を上げることにより、数多くの感染症等の罹患を防ぐことができます。

免疫力は人が生きていくことに必要不可欠な存在だと言えます。死亡原因一位であるがんは免疫力を上げることにより、罹患確率を下げることができます。

風邪等の罹患も防ぐことができるので、健康的に長生きするためには免疫力を適正に保つことが必要です。

ダイエットにも最適で、整腸作用により便通が良くなり、不要な老廃物が体外に出やすくなります。その結果として、体重が軽くなり、ウエストが引き締まり、美肌を手に入れることができます。

乳酸菌は健康と美を与えてくれる優れた食品だと言えます。

乳酸菌でアレルギー改善にヤクルト

乳酸菌でアレルギー改善にヤクルトを使うのも一つの手ではあります。ヤクルトには、生きて腸内に到達する乳酸菌 シロタ株が1本に400億個入っているので腸内細菌叢を整えてくれます。

乳酸菌でアレルギー改善に乳製品

乳酸菌でアレルギー改善に乳製品を使うのであれば、ヨーグルトがおすすめなのですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と自分の腸内細菌フローラに含まれる乳酸菌の相性に気をつけなければなりません。
乳酸菌でアレルギー
ヨーグルトに入っている乳酸菌と腸内の乳酸菌の相性が良くなければ十分にチカラを発揮できませんし、乳酸菌の量が少なければ腸内環境のバランスを整えるチカラが足りません。1億に対して100が加わってもバランスは変わりません。

乳酸菌を含む乳製品にはアレルギーを抑える効果が

多くの乳製品の中でも、とりわけ乳酸菌の働きと関係が深い発酵乳。では発酵乳で乳酸菌をとるメリットはどこにあるのでしょうか。

メリットはたくさんありますが、発酵乳のタンパク質は乳酸菌によって一部がアミノ酸やペプチドに分解されているうえ柔らかく凝固しているため消化・吸収しやすくなっています。

カルシウムについては含まれる量が多いばかりではなく吸収・利用の効率がいいこともメリットです。

日本人の中には牛乳を飲むことで、おなかがごろごろしたり腹痛や下痢を起こしてしまう乳糖不耐症の人も少なくありません。

発酵乳は乳酸菌の働きで乳糖の30~40%が分解されているおかげで、牛乳よりもこうした症状が発生しにくいといえ、一般の発酵乳には血中コレステロールの量を低下させる効果が期待できることがわかってきました。

とりわけアシドフィルス菌やカゼイン菌、ビフィズス菌などの乳酸菌にコレステロールを吸着して、体外へ排出したり吸収する働きがあると考えられています。

一部の乳酸菌を用いた発酵乳には、花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギーを引き起こす抗体が体内で生産されるを抑える働きが期待できることもわかっていて近年は乳酸菌による免疫調節の働きと、アレルギー抑制に関する研究が目覚ましく進んできています。

アレルギー症状を予防!母乳育児に必要な乳酸菌

母乳にはさまざまな栄養が含まれており、赤ちゃんを病気から守ることができる成分が豊富に含まれています。その栄養成分の1つとして、乳酸菌が昨今注目されています。
乳酸菌でアレルギー
健康志向ブームで以前から注目されている乳酸菌ですが、母乳にも効果があることは知っている人は少ないのではないでしょうか。驚くべきことに、母乳でアレルギーを予防することが可能だといわれています。

母乳の中にはTGF-βとよばれるタンパク質が含まれており、アレルギーを引き起こす免疫細胞の働きを調整する役割をもっています。

このTGF-βを多く含む母乳を飲んでいた赤ちゃんほど、乳幼児期のアレルギー発症率が低い事が最近の研究で判明されました。

つまり、大切な我が子をアレルギーにさせないためにも、この成分が多く含む母乳をつくることが重要なのです。

母乳中のアレルギーを抑える成分を増やす方法として、お母さん自身が複数の乳酸菌を摂取することで効果が期待できるといわれています。

最近では、そんな需要に応えるために3種類の乳酸菌を配合したサプリメントなどが販売されるようになりました。お母さんが数種類の乳酸菌を摂取することで、大切な我が子をアレルギーから守ることが可能なのです。

アレルギー症状の緩和にはビフィズス菌入りのヨーグルト

整腸作用の高い商品の代表はヨーグルトと言っても過言ではありません。しかしヨーグルトなら何でもいいという訳ではないのです。
乳酸菌でアレルギー
ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、より整腸効果の高いビフィズス菌が含まれているとは限らないのです。乳酸菌も良く知られた善玉菌で体にいいことが分かっていますが、人の大腸で最も多く活動しているのはビフィズス菌です。

乳酸菌が糖を分解して乳酸を作り出すのに対し、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出します。腸内環境を整えるためには酢酸が大きな役割があり、ビフィズス菌の働きはとても重要なのです。

そこでより整腸作用を求めるのであれば、ビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶことが大切です。腸は免疫機能が高い臓器です。

腸内環境を整えることで、全身の免疫バランスが改善していくと言われています。アレルギー症状の原因は、免疫機能が過剰に反応してしまうこととされています。

この機能を正常化していくことで、さまざまなアレルギー症状を緩和することにつながるのです。

もしアレルギー症状に悩んでヨーグルトを選んでいるのであれば、ビフィズス菌入りのタイプを選んで購入するようにすればより高い効果が得られるはずです。

子供のアレルギー対策に乳酸菌が役立つ

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーといった症状を持つ子供は食生活が大変です。アレルギーは生活習慣を浮くメタ環境因子が大きく影響しているので注意しておくといいでしょう。
乳酸菌でアレルギー
対策を行いたいときに良いのが乳酸菌L-92と呼ばれるもので小児アトピー性皮膚炎に有効な集団となっています。別名はラクトバチルス・アシドフィルスL-92と呼ばれるもので特別な乳酸菌です。

免疫に関係する細胞にうまく働きかけてくれるので抗アレルギー作用を発動させてくれます。

また成人のアトピー性皮膚炎にも有効という事がわかってきたので需要が増えると言えるでしょう。一般的な乳製品から摂取することが難しいL-92は基本的にサプリメントで補うのが良いです。

サプリメントなら管理された状況下で作られているのでアレルゲンフリーのものが大半となっています。メーカーによっては乳酸菌の研究に力を入れているところもあるので信頼性の高い商品を購入できるのがメリットです。

実際にアレルギーに対して効果があると研究結果が出ているので信頼性はかなり高いと言えます。例えば4歳から15歳までのアトピー性皮膚炎患者を対象にして実験を行なった結果、90%の子供が症状を改善できたという事実を得られているので必見です。

アレルギーに効く乳酸菌とは

腸内環境を改善するのに役立つといった理由で、大きな注目を浴びているのが乳酸菌でしょう。しかし、実際には腸内環境の改善だけではなく、アレルギーにもたいへん効果的であると言われているのです。
乳酸菌でアレルギー
例えば、LGG乳酸菌と呼ばれるものがありますが、これは生きたままの状態での摂取が可能であるため、プロバイオティクスとして効果が注目されています。

期待できる効果としては、花粉症を改善したりアトピー性皮膚炎の発症率を抑えるなど、アレルギー疾患に対する効果も実証されています。

アレルギーに効く乳酸菌としてよく知られているものの一つにビフィズス菌があります。中でも、特にビフィズス菌BB536と呼ばれるものは、花粉症などのアレルギー症状に効果的であると言われています。

一般にアレルギー症状に悩む人の場合、腸内環境が乱れているケースが非常に多いとされています。

しかし、このビフィズス菌BB536は強い整腸作用を持っているため、この種の乳酸菌を摂取しているならば腸内環境を改善でき、アレルギー症状を緩和させることができると言えるのです。

加えて、ビフィズス菌にはアレルギー症状を緩和させる物質であるビタミンB6の合成を促す働きもあるため、是非とも意識して摂取したい乳酸菌の一種と言えるでしょう。

乳酸菌でアレルギーの改善をする

今やどこの家庭にも馴染んでいるヨーグルトですが、その商品一つひとつに使用されている乳酸菌の種類が違うことで、効果や効能といった面で各社謳っている内容が異なります。
乳酸菌でアレルギー
とはいっても、多くの方々が自分たちのために必要だとして利用しているのには、それなりに個人的な理由があるものです。

ある人にとっては、単に美味しくて健康に良いからという理由だったり、またある人には特定の症状があるために、それを改善したいという切実な思いを込めて食べている方もいます。

自分がアレルギーを持っているために、体質を改善したいという人にとっては、その症状に効果のある乳酸菌の摂取は、本人にとってある意味希望の光なのです。

例え食物アレルギーであっても、本人に効果がある方法でなくてなならず、特定の種類の乳酸菌が体調に合っているとなれば、それを使用する価値は大いにあります。しかし良いとされている乳酸菌にも、種類によっては合わない人がいるのも事実です。

これもアレルギーの一種ですが、特定の種類の乳酸菌で調子が悪くなり、かゆみを伴ったアレルギー症状になる人がいます。色々な種類を比べてみることで、本当に自分に合ったもので効果があるものを見極める目も必要です。

乳酸菌でアレルギー改善ならL92

乳酸菌でアレルギー改善ならL92を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?これは、多くのテレビCMや雑誌広告、新聞広告などで見ていることによる印象操作です。知ってるものは安心できるというわけですね。

L92乳酸菌とは

L92乳酸菌とは、どのような乳酸菌なのでしょうか?L92乳酸菌は、カルピス由来の乳酸菌で、免疫細胞であるNK細胞を活性化させる働きがあります。
乳酸菌でアレルギー
また、IgA抗体の分泌を促す働きにより、ウイルスの体内への侵入を阻止します。このような働きによって、L92乳酸菌がアレルギー症状の緩和に役立つと言われているんです。

L92乳酸菌の効能

L92乳酸菌の効能としては、Th1細胞を活性化、Th2細胞のアポトーシス(細胞が自ら死ぬこと)を誘導する、過剰な免疫反応を抑制する制御性T細胞を誘導する可能性があることで下記のような効能が考えられます。

  • 花粉症症状改善
  • 通年性アレルギー性鼻炎改善
  • アトピー性皮膚炎改善
  • ナチュラルキラー細胞(NK細胞)活性化
  • 唾液中の抗ウィルス物質(IgA抗体)を増加
  • インフルエンザウイルス増殖を抑制

L92乳酸菌でアトピー改善

L92乳酸菌でアトピー改善としては、小児アトピー性皮膚炎と成人アトピー性皮膚炎の両方に効果が認められています。

L92乳酸菌で子供の小児アトピー性皮膚炎

1歳から12歳のアトピー性皮膚炎患者50名に対し、8週間に渡ってL92乳酸菌を用いたプラセボ対照試験を行ったところ湿疹重症度判定スコアが改善しました。

成人アトピー性皮膚炎

16歳以上のアトピー性皮膚炎患者49名に対し、8週間に渡ってL92乳酸菌を用いたプラセボ対照試験を行ったところ炎症の強さ、面積、かゆみの程度が改善しました。

L92乳酸菌で花粉症の改善

スギ花粉症の患者23名に対し、6週間に渡ってL92乳酸菌を用いたプラセボ対照試験を行ったところ花粉症の眼の症状が有意に改善しました。

L92乳酸菌の口コミ

L92乳酸菌の口コミには、良い口コミだけでなく、悪い口コミもありますが、これは、腸内細菌との相性によるものが大きいので、自分に合う乳酸菌を探すことが大切です。
乳酸菌でアレルギー

L92乳酸菌ヨーグルト

L92乳酸菌ヨーグルトはないのですが、ヨーグルト味の飲み物として、アレルケア飲料タイプがあります。アレルケア飲料タイプは、人工甘味料ではなく砂糖を使っています。

L92乳酸菌とヤクルトの比較

L92乳酸菌ヤクルトを探してみましたが、L92乳酸菌はカルピス由来のものなので、ヤクルトではありません。どうやら、カルピスのアレルケアとヤクルトのノアレの比較を指しているようです。

L92乳酸菌の商品でスーパー

L92乳酸菌の商品でスーパーで買えるものとしては、「守る働く乳酸菌」だけです。

L92乳酸菌の商品でコンビニ

L92乳酸菌の商品でコンビニで買えるものとしては、スーパーと同様に「守る働く乳酸菌」だけです。なお、ドラッグストアについても同様です。
乳酸菌でアレルギー

L92乳酸菌の特徴について

L92乳酸菌は、2000年頃に研究が始まり、カラダの中からバランスを整える働きがありカラダの中からバランスを整える働きがあります。

乳酸菌の種類もたくさんあり、その中でもアレルギーの適性検査が行われて様々な試験で有用性を厳密に確認されてきました。L92乳酸菌は、家族みんなで健康な毎日を送りたい・安心出来る食品を手軽に続けたい方におすすめです。

ヒト由来の乳酸菌で細長い形をしていて、牛乳や乳製品から摂ることが出来なく、他の乳酸菌と比べてもL92乳酸菌はアレルギー症状への働きと適正に特徴があります。

L92乳酸菌に免疫を改善する可能性があり、免疫細胞を活性化させて、インフルエンザウイルス感染の抑制や免疫細胞の活性化、アトピー性皮膚炎の症状抑制や花粉症の症状緩和などの改善効果が確認出来ます。

中には8週間L92乳酸菌を取り続けた結果、眼と鼻のアレルギー症状が緩和された結果もあり、花粉症でも同じ結果が証明されています。

L92乳酸菌は腸管の免疫細胞が集まっている部分に入り込み、免疫細胞に働きかけて免疫機能を調整することが出来て、アレルギー症状を緩和することに繋がります。

特に継続することが重要なので、気になる方は1度摂り続けてみるとカラダの症状が変化します。

L92乳酸菌を含んだ食品が花粉症に効果的

花粉症の原因には様々な要因が考えられますが、腸内環境を整えることでその症状をおさえることができることがわかっています。
乳酸菌でアレルギー
腸内環境を整えるためには乳酸菌を摂取するのが効果的で、その中でもL92乳酸菌は腸内フローラを正常化させて花粉症の症状を抑えてくれます。

L92乳酸菌を防ぐ製品はサプリメントやヨーグルト、ドリンクタイプなどがあります。日常の食生活で無理なく乳酸菌を摂取したいという方はヨーグルトやドリンクタイプなどが最適ですが、毎日確実にL92乳酸菌を摂取したいという方はサプリメントタイプで摂取するのがおすすめです。

ドラッグストアやコンビニエンスストアなどではL92乳酸菌を効果的に摂取することができるサプリメントが販売されています。

これを毎日摂取することで腸内環境がととのって花粉症だけでなくアレルギーをもとから改善させてくれる働きが期待できます。

不規則な生活や偏った食生活をしていると腸内環境が悪くなり花粉症を悪化させるリスクがありますが、L92乳酸菌のサプリメントや食品を摂取することでそれを改善させてくれるため、春先には多くのショップでL92乳酸菌を含んだサプリメントや食品が販売されています。

L92乳酸菌で効果ない時の対処法

アレルギーが発症するかしないかは、その人の腸内環境が鍵を握っているケースが少なくありません。そのため最近ではアレルギー症状を抑制するために腸内環境を整えようと、乳酸菌を積極的に摂取しようとする人が多いです。
乳酸菌でアレルギー
L92乳酸菌も、アレルギー抑制効果が得られる乳酸菌の1つとして注目を集めています。

そんなL92乳酸菌が持つ抑制効果で特に注目を集めているのが、花粉アレルギーです。春先になるとくしゃみや鼻水、目の痒みや喉の痛みといった症状を毎日の様に訴える人が多くなります。

その原因は杉等の花粉によるアレルギーであり、1度発症すると以降は毎年その症状に苦しめられる様になるので厄介です。

L92乳酸菌はそんな花粉アレルギーの症状を抑制する効果があるので、その目的でこの乳酸菌の入った商品を購入する人が増えています。

ただしL92乳酸菌を摂取しても、花粉アレルギーに対する効果ないと感じている人が少なくないです。そういった人の多くは、薬の様に即効性を求めていたりします。

ですがL92乳酸菌は、摂取する事で徐々に腸内環境を整えて免疫力をアップさせるものです。なので継続して摂取し続ける事が大事であり、効果ないと感じている人も少なくとも2ヶ月は続けてみる必要があります。

同時に免疫力のアップは規則正しい生活によってももたらされるので、L92乳酸菌の摂取と同時に生活習慣の見直しも行うべきです。

子供のアレルギー症状を緩和するL92乳酸菌

乳酸菌は私たちの身体にとって大切なものです。ヨーグルトに含まれていることでも知られていますが、その数はとてもたくさんの種類があります。
乳酸菌でアレルギー
そのなかでもL92乳酸菌と呼ばれるものが最近注目されています。花粉症だけに限らず、最近は多くの子供がアレルギー症状を訴えています。

その原因は特定の物質に対して体が敏感に感じてしまうことで起こります。人にそなわっている免疫反応が過剰に反応してしまうのです。

アレルギーとなる物質は実に様々で、食べ物・花粉・部屋の埃やダニ・化学物質などいろいろなものが存在します。

症状としてはくしゃみや鼻水といったものや目のかゆみ、肌の乾燥や荒れといったものが多く見られます。そんなアレルギー症状を抑えるためには免疫バランスを整えることが大切と言われています。

それに効果的なのがL92乳酸菌と言われているのです。L92乳酸菌は、アレルギー性皮膚炎・鼻炎・花粉症・インフルエンザ抑制といった効果があると言われています。

これは腸に働く菌であるからです。腸というのは人の身体の中で最大の免疫器官とされています。腸内環境を整えることは免疫バランスを整えることにつながるのです。

免疫機能が正常化した腸は全身の免疫機能を改善し、アレルギー症状の緩和につながります。子供に多いアレルギー性皮膚炎を、薬に頼り切ることなく改善できる可能性があり注目されているのです。

乳酸菌でアレルギー性鼻炎改善効果はヤクルトのL92乳酸菌だけ?のまとめ

乳酸菌でアレルギー性鼻炎やアトピー、花粉症の改善効果があるのはヤクルトのL92乳酸菌だけなのか!子供が好きな乳製品でもヨーグルトの効能として乳酸菌が免疫力の70%を占める小腸の善玉菌として働くというのだから他でも良いだろう。商品はスーパーやコンビニにもある?

乳酸菌でアレルギー改善のサプリ

乳酸菌でアレルギー改善のサプリには、様々な種類のものがあり、どれを選んだらよいか分からないかと思います。ですので、明確な基準に基づいたランキング記事を作りましたので参考にして下さい。


乳酸菌でアレルギー
▶乳酸菌