エクオールで女性ホルモンを補う!

エクオールで女性ホルモンを補う事によって、健康的に若々しくダイエットが出来きて痩せられるというので注目が集まっています。女性ホルモンを補うというとエストロゲンに似ている大豆イソフラボンが有名ですね。

エクオールで女性ホルモン

大豆イソフラボンは、腸から吸収されますが、その際にダイゼインという成分のまま吸収される人とエクオールという成分で吸収される人がいて、エクオールとして吸収される人の方が女性ホルモンが活性化されるのです。

では、なぜ、同じ大豆イソフラボンを摂取しているのに、エクオールを作れる人と作れない人がいるのか?女性ホルモンを補って健康的に若々しくダイエットするにはどうすれば良いのか?ここを考えて行きます。

先生

エクオールを増やして女性ホルモンを補えるようになると

女性ホルモンを活性化させるには?

女性ホルモンを活性化させるには、エクオールを増やす必要があると説明しました。このエクオールを作ってくれるのは、腸内細菌です。ここに着目して女性ホルモンを補う方法を考えて行きます。

エクオールで女性ホルモン

やり方1:大豆

エクオールを増やすやり方の一つ目は、大豆です。エクオールを増やすには、大豆イソフラボンが腸から吸収される際に、ダイゼインという成分のまま吸収されるか、エクオールとして吸収されるかが分かれ道となります。

エクオールで女性ホルモン

この原材料となる大豆を食べなければ、そもそもエクオールのもとになる大豆イソフラボンが摂取できませんよね?ですから、日々の生活の中で大豆製品を多く食べる必要があります。

そんな大豆ばっかり食べられないよ!と思うかも知れませんが、大豆は昔から日本人の食卓に多く上がっていた食材です。ですから、大豆を毎食食べるなんて簡単です。

大豆を使った食品には、納豆・味噌・醤油・豆乳・湯葉・豆腐・おから・油揚げ・きな粉など実に様々なものがあります。和食を食べていれば、大豆を食べない日なんてないのではないでしょうか?

やり方2:フラクトオリゴ糖

エクオールを増やすやり方の二つ目は、フラクトオリゴ糖です。フラクトオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。腸内環境を整えるとエクオールが増えやすくなります。

エクオールで女性ホルモン

また、フラクトオリゴ糖には、カルシウムやマグネシウムの体内吸収を促進する効果もあります。カルシウム不足は太る原因になるので、その点でも積極的に摂りたい成分ですね。

では、フラクトオリゴ糖を多く含む食品には、どのようなものがあるのか?そこが気になりますよね!その食品には、玉ねぎ・ゴボウ・トマト・にんにく・バナナ・アスパラガス・ねぎ・チコリ・大豆などです。

ここにも大豆が出てきましたね。ですから、大豆だけを食べてもエクオールを増やす効果はあるのですが、他の食品と合わせると相乗効果によって、更にエクオールが増やせると考えられます。

やり方3:体質改善

エクオールを増やすやり方の三つ目は、体質改善です。どんなに大豆を多く食べても、どんなにフラクトオリゴ糖を多く含む食品を食べても、消化不良や腸内環境の乱れによって、エクオールが吸収できなければ何の意味もありません。

エクオールで女性ホルモン

ここまで説明したエクオールを増やすやり方もですが、食べ物によって体質を改善して行く方法なので、とっても長い時間がかかります。個人差はありますが、最低でも半年は時間が必要と考える必要があります。

では、消化不良や腸内環境の乱れを改善して、エクオールを増やして吸収できるように体質改善を行うには、どうすれば良いのか?ここが気になりますよね!

体質改善に使えるのが、国際特許取得済みのMRE新酵素が含まれたMREビオスです。

このMREビオスは、体質改善自然免疫力強化を目的に開発された酵素液です。ですので、消化不良・食欲不振の改善も期待できます。

この酵素液は、無添加で原液100%なだけでなく、発酵に糖類を使わず、酵素の原材料にも糖になるものが含まれていません。

発酵に糖類が使われていないだけなら他にも存在しますが、酵素液に糖類が含まれていないなんて他に聞いた事がありません。通常の酵素液であれば、発酵時に糖類を使っていなくても素材に野菜や果物などの糖質が含まれているからです。

糖質は人間にとって必要なものですが、糖によってカラダの中にあるタンパク質が糖化して糖化タンパク質になります。タンパク質が劣化して糖化タンパク質になると、血管が衰え老化が促進されて、免疫力が低下します。

ですので、糖化が進むと老化と免疫力の低下によって、太りたいのに太れないという悩みが更に悪化するのです。骨と皮だけのようなガリガリの老人をイメージされると分かりやすいですね。

このような糖化による老化対策にもなるMREビオスであれば、普段の食生活にプラスするだけで、カラダへの負担もなく、ノンストレスで取り組める体質改善が行えます。

また、MREビオスは、医療機関でも使われているので、信頼と実績は桁違いです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さいね!


エクオールで女性ホルモン

ぽっこりお腹を解消するには?

中年太り女性の気になる部位というと、ぽっこりお腹が最も多く、『ザ・中年太り』の代表的な体型が、ぽっこりお腹と言ってもいいほどです。では、この中年女性の大きな悩みとも言えるお腹の脂肪をスッキリ落とすには、どうすれば良いのでしょうか?
中年太り女性が、ぽっこりお腹を解消するには?

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの乱れは、舌の裏を見ることで分かります。女性ホルモンが乱れると血が滞るお血状態になります、肩こりや目の下のくま、シミの原因になります。舌の裏に黒いラインが出るようであるとお血状態です。

この対策には、体を温めることが良いので、カラダを温める食べ物や飲み物を摂取すると良いです。寒い地域で栽培される冬が旬の食べ物が体を温めてくれます。逆に温かい地域で栽培される夏が旬の食べ物は体を冷やします。


エクオールで女性ホルモン
▶カラダを温める食べ物

エクオールの成分について

エクオールは、女性特有の悩みである更年期の症状を改善してくれる成分です。大豆イソフラボンが体内で変換された後にできる成分であり、女性の美容や健康の維持に重要な役割を持つことが分かっています。

しかし、日本人の半数以上がこのエクオールを体内で生成できないことが、最近の実験結果から分かっています。大豆イソフラボンから変換するにあたっては腸内細菌である「エクオール産生菌」の作用が必要ですが、この菌が活性化されていないと十分にエクオールが作られません。

そしてこのエクオールが生成できる割合は、日本人の3割程度であるという結果が出されています。エクオールの体内での量は更年期障害の症状の重さとも比例すると考えられており、症状が重い人ほどエクオールを作り出す能力が低いことが分かっています。

それではどうすれば良いのかというと、有効なのがエクオール含有食品などの健康食品を利用して摂取する方法です。摂取したからといってすぐに腸内環境が変化するわけではありませんが、

毎日習慣として続けていくことで少しずつ腸内環境が改善されていきます。そうして十分な量を摂取できれば、辛い更年期の症状を改善できるだけでなく、シワの改善など肌機能の改善にも役立ちます。

エクオールで太る心配はないのか

エクオールは、更年期に入った女性が感じる色々な体の不調を良くする作用が見られることで近年エクオール含有食品などが登場しており注目されています。

このエクオールはもともとは大豆イソフラボンのことを指しており大豆などに含有されているイソフラボンの成分が、腸内細菌の一種として存在するエクオール産生菌により代謝されることで作り出された物質のことです。

しかし、このエクオール産生菌を持っている女性は2人に1人の割合となっており、持っていない人でも補給できるように直接体内に届けるエクオール含有食品が開発されました。

このエクオールは摂取することで太るのではないかと気にする人はいます。ただ、実際は逆にダイエット効果があるとされてもいます。

これは、エクオールが身体のターンオーバーを上げる効果が認められていることや更年期症状の改善によって心身ともに活発になり運動しやすくなることがあるためです。

さらには、この成分には食欲抑制効果も期待されるため継続的に摂取することでより健康と美容を両立させることができるとされています。

適度な運動や食事を心がけていく中でエクオールを効率よく補給することができれば、美容や健康に対する悩みから解放されやすくなることはいえます。

エクオールで女性ホルモンを補う!中年太りを解消する3つのやり方のまとめ

妊娠している馬の尿から発見されたエクオールが女性ホルモンを補い、健康的に若々しく中年太りが解消できて痩せるというので注目が集まっています。では、このエクオールを増やすにはどのような食べ物が有効なのか?知りたいですよね!


女性ホルモン
▶エクオールを簡単摂取