ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌とは何なのか?と聞かれたら答えに困ってしまいませんか?ビフィズス菌は、ヒトの腸内に最も多くすんでいる有用な菌であり、ヒトの腸内に1兆個から10兆個も住んでいます。
ビフィズス菌と乳酸菌はどう違う
ビフィズス菌というと、腸内環境を整えてくれて、便秘を解消してくれるっていうイメージがありますよね?でも、それって乳酸菌も同じじゃないですか?ってことで、ビフィズス菌と乳酸菌はどう違うのかを中心にビフィズス菌について見て行きたいと思います。

ダイエット先生ダイエット先生

身近な食品から多く摂取できる乳酸菌に比べ、ビフィズス菌の方が触れる機会が少ないですね!

ビフィズス菌と乳酸菌はどう違うのか?

まずは、ビフィズス菌と乳酸菌はどう違うのかというところを見て行きましょう。どっちも腸内環境を整えて便秘を解消してくれるというところは一緒ですが、下記のような違いがあります。
ビフィズス菌と乳酸菌はどう違う

名称 ビフィズス菌 乳酸菌
腸内での生息数 1兆個から10兆個 1億個から1,000億個
大腸内での
善玉菌占有率
99.9% 0.1%
生成物 乳酸・酢酸 乳酸
菌の強さ 弱い 強い
酸素がある中
での生存
×
生息場所 主に大腸 主に小腸

この表にあるように、ビフィズス菌は大腸に主に生息していて、乳酸菌は小腸に主に生息しているので、大腸内での占有率はビフィズス菌の方が高いのは当たり前ですね。では、小腸と大腸の違いについて見て行きましょう。

小腸と大腸の違い

小腸と大腸の違いは、下記の表のようになります。
ビフィズス菌と乳酸菌はどう違う

名称 小腸 大腸
長さ 5mから7m 1.5m
表面積 200㎡ 100㎡
特徴 吸収:栄養を吸収し
不要なものを入れない
排出:いらないもの
を外に排出する
吸収するもの 栄養分
水分
ミネラル
水分
ミネラル
短鎖脂肪酸
腸内細菌の数 ~1兆個 100兆個以上
腸内細菌の種類 通性嫌気性菌 通性嫌気性菌
偏性嫌気性菌
酸素 少しある ほとんどない
病気の頻度 他臓器より低い 他臓器より高い

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌と乳酸菌って同じような使われ方をしていますが、いくつもの違いがあります。

乳酸菌とビフィズス菌のどっちが効く?

ここまで調べたことから、乳酸菌とビフィズス菌のどっちが効くというのが見えてきますね。目的別に乳酸菌とビフィズス菌を使い分けるのが、もっとも効率的だと言えます。まとめると下記の通りです。
ビフィズス菌と乳酸菌はどう違う
ただし、ビフィズス菌にも免疫力向上効果がありますし、乳酸菌にも便秘解消の効果がありますので、どちらが目的に対して大きな効果が期待できるかということです。両方摂取するのがベストだと言えますね!

  • 便秘解消:ビフィズス菌
  • 免疫力向上:乳酸菌

ビフィズス菌の種類

乳酸菌よりも便秘の解消に特化しているビフィズス菌ですが、その種類にはどのようなものがあるのでしょうか?ビフィズス菌の種類は全部で10種類あります。

ビフィズス菌ビフィダム種

ビフィズス菌ビフィダム種は、1899年に世界で初めて発見されたビフィズス菌で、様々な健康に役立つ効果がありますが、酸素や胃酸に弱いので、そのまま飲んでも大腸にはほとんど届きません。

ビフィズス菌ロンガム種

ビフィズス菌ロンガム種は、大腸の中で最も数が多く、他の種よりも酸に強く、胃酸で死滅しにくいので、大腸に届きやすいという特徴があります。

ビフィズス菌アニマリス種

ビフィズス菌アニマリス種は、酸に強くカラダに役に立つ物質を産生してくれます。アニマリス種が産生する物質が腸の炎症を抑える効果があることが判明しています。

ビフィズス菌ブレーベ種

ビフィズス菌ブレーベ種は、乳幼児の大腸に多く、ブレーベ種の数を増やすとアレルギーが起きた時の症状が減ることが分かっています。

ビフィズス菌カシワノヘンス種

ビフィズス菌カシワノヘンス種は、2011年に日本人の1歳半の男の子の糞便から発見されました。

ビフィズス菌アドレッセンティス種

ビフィズス菌アドレッセンティス種は、成人の大腸で数が多く、免疫を調整します。アドレッセンティス種によって、免疫力を高めてウイルスへの感染を減らす効果があることが分かっています。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌の効果としては、下記のようなものがあります。

  • 整腸作用
  • ビタミンの生合成
  • 感染防御
  • アレルギー反応の抑制
  • コレステロールの低下
  • 心理学的な作用

ビフィズス菌で便秘を解消

ビフィズス菌で便秘を解消できることは、その効果である整腸作用によるものです。また、ビフィズス菌は、大腸における善玉菌の99.9%を占めますので、便秘解消には効果的だと言えます。

ビフィズス菌でダイエット

ビフィズス菌でダイエットできるのは、便秘を解消することだけでなく、脂肪の代謝・分解によって血中のコレステロールを下げることが確認されているためです。
ビフィズス菌と乳酸菌はどう違う

ビフィズス菌を増やす

ビフィズス菌は、乳幼児期において大腸内の細菌占有率が95%であるが、中年期には大幅に減少しはじめ、高齢者ではわずか1%未満になる人も多いと言われています。

ですので、中年太りに悩む頃には、ビフィズス菌が少なくなっているので、増やす食品を摂取する必要があります。ビフィズス菌を含む食品としては、ヨーグルトやヤクルト、サプリなどが考えられます。

ビフィズス菌とヨーグルト

ヨーグルトには、乳酸菌が入っていますが、ビフィズス菌については基本的には入っていません。なぜならば、下記の作り方に書かれているようにビフィズス菌入りヨーグルトは作るのが難しいのです。
ビフィズス菌と乳酸菌はどう違う

作り方とポイント

ビフィズス菌入りヨーグルトを作るには、ブルガリア菌・サーモフィラス菌を併用し、酸性や酸素に弱いために下記のようなポイントに注意しなければなりません。

  • プロバイオティクス菌の凍結濃縮菌を使用する
  • 酸を作り出しにくい種菌を使用する
  • 酸素を遮断する容器を使用する
  • 発酵乳の酸素濃度を下げる能力の高い種菌を使用する
  • 抗酸化物質を添加する
ビフィズス菌の多いヨーグルト

家庭のヨーグルトメーカーでビフィズス菌入りのヨーグルトを種菌にして作っても、ブルガリア菌・サーモフィラス菌が増えるだけですので、下記のような商品を買うしかありません。

  • ビフィズス菌BB536株
  • ビフィズス菌LKM512株
  • ビフィズス菌SP株
  • ビフィズス菌Bb-12株
  • ビフィズス菌FK120株
  • ビフィズス菌BY株
  • ビフィズス菌Bifix
  • ビフィズス菌BE80株
ビフィズス菌で森永

ビフィズス菌で森永の商品というと、「クリニコ おなか活き活きビフィズス菌」という顆粒タイプの商品が挙げられます。ビフィズス菌BB536・モラック乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維が含まれています。

ビフィズス菌のB3

ビフィズス菌のB3には、脂肪の蓄積をブロックする酢酸をおなかの中で作り出す働きと腸のバリア機能を回復させる働きがあります。これにより、下記のような効果が期待できます。

  • 体重、体脂肪の減少
  • 内臓脂肪、皮下脂肪の減少
  • 動脈硬化の予防
ビフィズス菌とヤクルト

ビフィズス菌は、ヤクルトの製品でどのようなものに入っているかというと、下記のようなものがあります。

  • ミルミル:ビフィズス菌を120億個以上含む
  • ミルミルS:ビフィズス菌を120億個以上含み、ガラクトオリゴ糖などの栄養成分が入っている
  • BF-1:ビフィズス菌(B.ビフィダム Y株)が含まれ、ストレス社会に生きる人用に開発された

ビフィズス菌と乳酸菌はどう違う?どっちが便秘を解消しやすいのか!のまとめ

ビフィズス菌と乳酸菌はどう違うのか分かるかな?どっちも便秘を解消する効果があるよね。ビフィズス菌を増やす食品の種類では森永のヨーグルトやヤクルト、サプリなどが良いのも知ってる。キーとなるのは腸内細菌、大腸、小腸、酢酸とかな。善玉菌の割合はどれだけだと思う?

スギ花粉を中心に日本人の多くが苦しんでいる花粉症ですが、食べ物や飲み物などで体質改善を行い、基本的な対策を徹底的に行うことで、薬に頼らずとも症状をかなり軽減することが可能です。


花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング
▶花粉症対策の食べ物と飲み物ランキング

ビフィズス菌は大腸に作用して、便秘解消や美肌効果、ダイエット効果などが期待できます。小腸に作用する乳酸菌に比べると若干弱いですが、免疫力アップやアレルギー症状を改善する効果も得られます。ビフィズス菌サプリについては、下記の特集記事を参照して下さい。
ビフィズス菌サプリの比較ランキング

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌BB536は他のビフィズス菌に比べて、酸や酸素に強く、製品の中での生菌数が高く、生きたまま大腸に到達することができるという特徴があります。

ビフィズス菌のサプリ

ビフィズス菌のサプリとして、注目を浴びているのが、結果にコミットでお馴染みのライザップグループで開発されたバイタルフローラです。ビフィズス菌BB536を含む機能性表示食品です。詳しくは下記のレビュー記事を参照して下さい。


バイタルフローラ
▶バイタルフローラのレビュー記事

ビフィズス菌以外のランキング

ビフィズス菌が大腸に多く、便秘解消に効くっていうのは分かったけど、小腸に作用し免疫力アップやアレルギー症状に効果があるとされる乳酸菌サプリにはどのようなものがあるのか気になりますよね?ですので、腸まで届くか・続けやすさ・配合成分などを総合的に評価した下記の特集記事を参考にして下さい。

乳酸菌サプリを比べるなら!
下記画像を今すぐタップ♪


ビフィズス菌
▶乳酸菌のランキング!

最近話題の腸内環境改善方法

腸内環境を整えることは、便秘解消やダイエットに効果がありますが、痩せている人には痩せ菌が多く、太っている人にはデブ菌が多いという痩せ菌ダイエットで痩せるなら下記のランキング記事を参照して下さい。


ビフィズス菌
▶痩せ菌サプリ人気ランキング